超軽量で持ち運びがラク! エレコム『折りたたみキーボード』ポケットに収まるコンパクトな商品を検証レビュー

超軽量で持ち運びがラク! エレコム『折りたたみキーボード』ポケットに収まるコンパクトな商品を検証レビュー

スマホやタブレットの内蔵キーパッドでは、長文を打ちにくい人も多いのではないでしょうか。外出先で仕事をする人におすすめなのがエレコム『折りたたみキーボード』です。スマホやタブレットにぴったりの大きさで使いやすく、ふたつ折りにできて収納がしやすいと評判です。この記事ではエレコム『折りたたみキーボード』を実際に購入し、商品の特徴や使用感などを検証しました。


『折りたたみキーボード』を実際に購入して使ってみた

折りたたみキーボード外箱

スマホやタブレットのキーボードとして発売されているエレコム『折りたたみキーボード』。これまでスマホやタブレットでは文章を入力しにくいといういう人も多かったのではないでしょうか。

しかし、いざ購入となると気になるのは「使いやすいかどうか」ですよね。大きさはどれくらいなのか? ひとつひとつのキーが小さくて打ちにくいのではないか? という心配もあるでしょう。

そこで本記事では、エレコム『折りたたみキーボード』を購入して、実際に使いやすいキーボードなのか、機能性やカスタマイズはすぐれているのかなどを調べてみました。

『折りたたみキーボード』とは?

『折りたたみキーボード』は、タブレットやスマホ用として使うために作られたコンパクトなキーボード。そのため、キー配列はWindows/Android、iOSのどちらにも対応しています。

もちろんパソコンでも使うことができるので、パソコンとタブレット、スマホのすべてを1台のキーボードで使いまわすことも可能。中央でパックリとふたつ折りにできるので、外出先に携帯するにも便利な構造になっています。

キーとキーの間隔が離れているため小型でも打ちやすいように配慮されており、さまざまな操作が割り当てられたマルチファンクションキーや、収納ケースにもなるスタンドなど、スマホやタブレット用に使うのに便利な機能も満載です。

『折りたたみキーボード』のセット内容は?

『折りたたみキーボード』のセット内容 キーボード本体、スタンドになる収納ケース、充電用USBケーブル、取扱説明書

エレコム『折りたたみキーボード』のセット内容はキーボード本体、スタンドになる収納ケース、充電用USBケーブル、取扱説明書の4点。

充電用USBケーブルはUSB挿入口のあるACアダプター(別売り)に挿し込んで使用しますが、なければパソコンやタブレットのUSBを使って有線キーボードとして使用することもできます。

説明書はペアリングの仕方から各キーの使い方まで詳しく書かれているので、困ったときは説明書を見ておけばまず大丈夫でしょう。

『折りたたみキーボード』の評判や口コミをまとめてみた

折りたたみキーボード口コミ

スマホやタブレット用として使うために作られたようなエレコム『折りたたみキーボード』ですが、実際に使っている人はどのように感じているのでしょうか。ここではエレコム『折りたたみキーボード』のポジティブな口コミや、ネガティブな口コミをまとめてみました。

『折りたたみキーボード』のポジティブな評判や口コミ

やはり「軽くてコンパクト」という声が多かったですね。ふたつに折りたたむことができるので収納に便利なのも好印象でした。また軽いのにもかかわらず、「滑り止めがついているので意外と安定性もある」という感想もありました。

『折りたたみキーボード』のネガティブな評判や口コミ

キーボードのサイズに起因する使いにくさをあげる声が多数。具体的には「キーが小さいのにかたい」「キー配列が独特でタッチタイピングができない」「とくにBキーが押しづらい」「Enterキーが小さい」などですね。

また収納ケースとしても使えて便利なスタンドですが、こちらが重いという声もありました。

『折りたたみキーボード』を実際に試してわかったこと

エレコム『折りたたみキーボード』を実際に購入して使ってみました。「デザイン」「打ちやすさ」「付加機能」「管理ツールによるカスタマイズのしやすさ」の4つの観点から、それぞれ検証します。

エレコム『折りたたみキーボード』のデザインは?

まずはエレコム『折りたたみキーボード』の外観から見ていきましょう。

上から見たところ

折りたたみキーボード本体

とにかく小さい! どれくらい小さいか、筆者がふだん使っているパソコンの純正キーボードと比較してみました。

折りたたみキーボードと通常使用のキーボード比較

テンキーレスなので、横幅は純正キーボードと同じくらいの長さ。ただし左側に遊びがある分、ひとつひとつのキーの横幅は純正キーボードよりも短めです。

折りたたみキーボードと通常使用のキーボード比較アップ

奥行は明らかに短いですね。純正キーボードの約3分の2くらいでしょうか。各キーの奥行も同じくらいの比率です。

折りたたみキーボードの電源スイッチ部分

キーボードの左上には「電源スイッチ」「ペアリング切り替えスイッチ」「Windows/Android切り替えボタン」「iOS切り替えボタン」が集まっています。

折りたたみキーボード閉じた画像

キーボードは真ん中から折りたたむことができます。折りたたむと、ポケットに収まるくらいコンパクトになりますよ。

横から見たところ

折りたたみキーボード横からみた画像

キー部分の厚さは約5mm。それ以外の部分の厚さは約8mm。とても薄いです。スタンドがないので、そのままだとかなり低い位置で打つことになるでしょう。

折りたたみキーボード閉じた状態を横から見た画像

折りたたんだときの厚さは約16mm。ポケットに余裕で収まります。

折りたたみキーボード充電用USBケーブルの差込口

充電用USBケーブルの差込口は上側(ファンクションキー側)の側面にあります。

裏から見たところ

折りたたみキーボード開いた状態の裏面

エレコムのロゴがなかなかイカしてますね。四隅と中央部の8カ所に滑り止めが配置されています。

エレコム『折りたたみキーボード』の打ちやすさは?

折りたたみキーボード キーアップ

キーそのものは微妙にへこんでいるみたいですが、触ってみないとわからない程度。押した感触は若干かためで、少し力を入れて打つ必要があります。

打鍵音自体はあまりないのですが、強く打たなければならないため、床に打ちつけたような音がどうしても発生してしまいます。

折りたたみキーボード 折りたたむ部分のアップ

中央で折りたたむ形状のためか、スペースキーが左右に分断された感じになっています。また中央付近の「V」「H」「T」「Y」のキーは、ほかのキーよりも大きめです。

キーピッチは17mm

折りたたみキーボードキーピッチ測定画像

キーピッチは17mm。コンパクトサイズのキーボードなので小さい値になっていますが、キーとキーの間は5mmほどもあり、間違えて隣のキーを一緒に押してしまわないよう配慮されています。

ただ、その分キー自体が小さくなってしまっているので、慣れないと正確なタッチタイピングは難しそうですね。

キーボードの重量は146g

折りたたみキーボード重量測定画像

キーボードだけの重さは146gと超軽量。膝の上に置いて使うというスタイルもいいかもしれません。

折りたたみキーボードを保護ケースに入れた状態で重量を測定している画像

保護ケースに入れると240g。ケースだけでおよそ100gというわけですね。重く感じるかもしれませんが、その分安心して携帯できるといえるでしょう。

手を置いた感触は?

折りたたみキーボードに手をおいた画像

パソコン用にキーボードに慣れた筆者にとっては、とにかく小さくて使いにくいのが率直な感想。これは慣れるよりほかありませんね。薄くてスタンドがないので、高さもかなり低いです。

ただ、軽いわりには滑り止めがしっかりしているので安定性はあります。打っている途中でキーボードが動いてしまう、なんてことはありませんでした。キーがかたいという声もありましたが、かたいというより「ホームポジションから離れたY、Bなどを打つときに指の力が足りず打ち損なう」という感じかもしれません。

試しにいろいろ打ちこんでみた

PC文字打ち込み画面

実際に文字を打ちこんで、キーボードの使いやすさを試してみました。筆者がいつも使っているキーボードと『折りたたみキーボード』の両方で上の画像の文字をタイピングし、かかった時間を比べてみました。

アラーム画像(通常のタイム)

こちらはいつも使っているキーボードでかかった時間。これを基準とします。

アラーム画像(折りたたみキーボードを使用したタイム)

エレコム『折りたたみキーボード』を使ってタイピングした際にかかった時間です。

『折りたたみキーボード』を使ってタイピングしましたが、かなり時間がかかりました。まだタブレット用の小さなキーボードに慣れていないからでしょう。

中央部分で特定のキーが大きくなっている分、その右側のキーが端に離れてしまっており、タッチタイピングができませんでした。しばらくはキーを見ながら打つ必要があるかもしれませんね。

とはいえ、外出時でスマホやタブレットでも使えるキーボードは魅力的。独特なキーの配置に慣れてさえしまえば、どんな状況にも対応できるオールマイティなキーボードとして重宝するはずです。タイピング速度も、使いこむうちに改善されるでしょう。

『折りたたみキーボード』の付加機能は?

『折りたたみキーボード』には、スマホやタブレットで使うときに便利な「マルチファンクションキー」が搭載されています。

折りたたみキーボード「fnキー」と「ファンクションキー」のアップ

「fnキー」と「ファンクションキー」を同時押しすることで、マルチファンクション機能が発動します。ファンクションキーの右下の絵文字で、どんな機能になっているのかわかりますよ。たとえば「fn+F1」なら、その場で検索窓を表示するといった具合です。

とくにメディアプレイヤーで音楽を流しているときに便利なものが多いですね。音量の調整や早送り・巻き戻し、曲の進みや戻しなどが割り当てられています。

また「F10」にはスクリーンショット機能も。スマホやタブレットだと押しにくいボタンが割り当てられていることも多いですから、これは便利ですよね。

管理ツールでカスタマイズしやすい?

折りたたみキーボードと端末

『折りたたみキーボード』には管理ツールによるカスタマイズ機能はありませんが、Android端末で使用する場合は「ELECOM Keyboard Rayout」というアプリをインストールする必要があります。

折りたたみキーボードペアリング切り替えスイッチ

ペアリングした端末は、スイッチひとつでかんたんに切り替えることができます。Android端末に切り替えて、アプリをインストールしましょう。

折りたたみキーボード説明書

説明書にQRコードが記載されていますので、スマホやタブレットで読み取ります。

折りたたみキーボードアプリ

アプリをインストールすれば、パソコンと同じようにキーボードを使うことができますよ。

折りたたみキーボードOS切り替えボタン

もちろん、iOSでも利用可能。Android端末と違って、専用アプリをインストールする必要はありません。ただし、iOSボタンでキーボードの設定を切り替える必要があります。

ELECOM(エレコム)『ワイヤレスBluetoothキーボード(TK-FLP01)』

エレコムキーボードBluetooth折りたたみマルチペアリングブラックTK-FLP01BK エレコムキーボードBluetooth折りたたみマルチペアリングブラックTK-FLP01BK エレコムキーボードBluetooth折りたたみマルチペアリングブラックTK-FLP01BK エレコムキーボードBluetooth折りたたみマルチペアリングブラックTK-FLP01BK エレコムキーボードBluetooth折りたたみマルチペアリングブラックTK-FLP01BK エレコムキーボードBluetooth折りたたみマルチペアリングブラックTK-FLP01BK エレコムキーボードBluetooth折りたたみマルチペアリングブラックTK-FLP01BK エレコムキーボードBluetooth折りたたみマルチペアリングブラックTK-FLP01BK エレコムキーボードBluetooth折りたたみマルチペアリングブラックTK-FLP01BK エレコムキーボードBluetooth折りたたみマルチペアリングブラックTK-FLP01BK

出典:Amazon

サイズ 291×92×8mm(開いた状態)
重量 230g(保護カバー含む)
接続方式 Bluetooth

スマホ・タブレットで使うのにおすすめ

折りたたみキーボードレーダー

『折りたたみキーボード』を試した感想をチャートにしてみました。
※執筆者の主観を数値化したものです。

『折りたたみキーボード』を購入し、商品の特徴や打ちやすさ、機能性などを検証してきました。

パソコンのキーボードに慣れてしまっていると打ちにくさを感じるかもしれませんが、やはりこの商品はスマホやタブレットで使ってこそ真価を発揮します。内蔵キーパッドより使いやすいですし、なによりも携帯性にすぐれているので外出先で使うときに重宝するでしょう。

折りたたむ構造になったことでキーの配置に強い違和感を感じるという人には、折りたたまないタイプのコンパクトな『Bluetoothミニキーボード』もあります。『折りたたみキーボード』よりも若干大きくなりますが、パソコンとほぼ同じ感覚でタイピングができますよ。

スマホやタブレットで文字入力をする機会が多い人は、エレコム『折りたたみキーボード』を試してみてはいかがでしょうか。

ELECOM(エレコム)『ワイヤレスBluetoothミニキーボード(TK-FBP102BK)』

エレコムBluetoothミニキーボードパンタグラフ式軽量・薄型3台同時ペアリングブラックiPadPro2020TK-FBP102BK/EC エレコムBluetoothミニキーボードパンタグラフ式軽量・薄型3台同時ペアリングブラックiPadPro2020TK-FBP102BK/EC エレコムBluetoothミニキーボードパンタグラフ式軽量・薄型3台同時ペアリングブラックiPadPro2020TK-FBP102BK/EC エレコムBluetoothミニキーボードパンタグラフ式軽量・薄型3台同時ペアリングブラックiPadPro2020TK-FBP102BK/EC エレコムBluetoothミニキーボードパンタグラフ式軽量・薄型3台同時ペアリングブラックiPadPro2020TK-FBP102BK/EC エレコムBluetoothミニキーボードパンタグラフ式軽量・薄型3台同時ペアリングブラックiPadPro2020TK-FBP102BK/EC エレコムBluetoothミニキーボードパンタグラフ式軽量・薄型3台同時ペアリングブラックiPadPro2020TK-FBP102BK/EC エレコムBluetoothミニキーボードパンタグラフ式軽量・薄型3台同時ペアリングブラックiPadPro2020TK-FBP102BK/EC

出典:Amazon

サイズ 幅286.5×奥行121.5×高さ20.4mm
重量 約264g
接続方式 Bluetooth

そのほかのキーボードに関する記事はこちら 【関連記事】

※紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。写真の見え方により、色味などが実際のものと多少異なる場合があります。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

(制作協力:micksrate、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


トラックボールおすすめ8選|ロジクールやエレコムなど人気モデルを厳選

トラックボールおすすめ8選|ロジクールやエレコムなど人気モデルを厳選

ITライター酒井麻里子さんへの取材をもとに、マウスの中でも一度使ったら手放せないという声も多いトラックボールについて、選び方のポイントとおすすめの商品をご紹介します。この記事では、ロジクール、エレコム、ケンジントンなど人気ブランドのエントリーモデルから上級者が納得できる1台までをご紹介。通販サイトの人気売れ筋ランキングも確認していただけます。ぜひ手にしっくりなじむトラックボールを見つけてください!


【2020年版】キーボードおすすめ23選|Windows用ほかMacとの両対応モデルも

【2020年版】キーボードおすすめ23選|Windows用ほかMacとの両対応モデルも

ITサポートエンジニアの古賀竜一さんにいただいたアドバイスをもとに、おすすめのキーボードを紹介します。快適なキータッチで軽快にタイピングができると、パソコン作業の効率にも影響します。本記事ではキーボードとマウスのセットや、Macでも使えるキーボードも合わせて紹介しますので、参考にしてみてください。通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。


ワイヤレスキーボードおすすめ8選|人気のロジクール製ほかゲーミングモデルも!

ワイヤレスキーボードおすすめ8選|人気のロジクール製ほかゲーミングモデルも!

プロの家電販売員のたろっささんへの取材のもと、ワイヤレスキーボードの選び方とおすすめ商品をご紹介します。また、ワイヤレスキーボードが反応しなくなったときのチェックポイントも解説してますのでぜひ参考にしてください。通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。


静音マウスのおすすめ5選|集中力を切らさない【Bluetooth対応タイプも】

静音マウスのおすすめ5選|集中力を切らさない【Bluetooth対応タイプも】

ITライターの酒井麻里子さんに聞く、静音マウスの選び方とおすすめ5選ご紹介します。PC操作に便利なマウスですが、図書館や授業中、深夜の作業では小さなクリック音でも気になるものです。このような環境でPCを操作することが多い方は、静音マウスを使うと便利ですよ! 商品選びにお困りの方は、ぜひ本記事を参考にしてくださいね。記事後半には、Amazonなどの人気売れ筋ランキングやスペック比較表もあるので、ぜひチェックしてみてください。


【2020年】ゲーミングキーボードおすすめ17選|片手用やテンキーレスなども

【2020年】ゲーミングキーボードおすすめ17選|片手用やテンキーレスなども

IT・テックライターの石井英男さんに取材した内容をもとに、ゲーミングキーボー17選と選び方をご紹介します。世界大会の開催やプレイヤーのプロ化など、PCゲームを取り巻く環境は急速に変わりつつあります。そして、ゲームをプレイするためのデバイス(機材)もまた進化しています。なかでも、自分の手足の役割を果たすキーボードは、その操作性によってプレイの結果に違いをもたらす重要パーツのひとつ。さらに、タイプ別の人気商品や通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ商品選びの参考にしてみてください。


関連するブランド・メーカー


ELECOM(エレコム)

新着記事


2020年Amazonサイバーマンデー|BigSaleの折り返し!目玉商品を編集部が厳選紹介!

2020年Amazonサイバーマンデー|BigSaleの折り返し!目玉商品を編集部が厳選紹介!

Amazonの3大セールのひとつ「サイバーマンデー」。ゲーム機、家電、日用品などをセール価格で購入できるイベントです。毎年趣向を凝らした限定商品や、目玉アイテムが展開されます。お得な商品を逐一チェックしたいひとや、クリスマスプレゼントを探している人などにおすすめ。本記事では、事前に発表されているセール対象商品だけでなく、数量限定のおすすめセール攻略法などをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。


【2020年】Amazonブラックフライデーの目玉商品33選|今年最後のBigSaleを編集部が厳選

【2020年】Amazonブラックフライデーの目玉商品33選|今年最後のBigSaleを編集部が厳選

2019年に続き2020年のAmazonの大規模セールAmazon Black Friday(ブラックフライデー)セール。今年はサイバーマンデーも同時期開催の運びとなり、5日間のロングセールとなります。攻略方法などの紹介に加え、事前に発表されているセール対象商品だけでなく、限定公開品をおすすめナビ編集部が厳選紹介していきます。


独自の漂白活性化剤配合!『ワイドハイター EXパワー』ニオイの原因菌を分解!? 検証レビュー

独自の漂白活性化剤配合!『ワイドハイター EXパワー』ニオイの原因菌を分解!? 検証レビュー

タオルの生乾きのニオイ対策や黄ばみの漂白としても使用されることが多い『ワイドハイター EXパワー』。独自の漂白活性化剤がプラスされているので、ワイドハイターよりも洗浄力がアップ! さらにニオイや黄ばみ対策に期待ができますね。お店や通販でも、さまざまな種類の漂白剤が並んでいるので、どの汚れにどの漂白剤を使用したらいいのか迷ってしまいますが、汚れ落ちの効果はもちろんのこと、やはり日常的に使いやすいのは、「入れるだけ」の手軽さではないでしょうか? ニオイの原因菌の増殖を抑えたり、食べこぼし汚れにも期待できる『ワイドハイター EXパワー』を使用した後に感じたことをご紹介します!


ユニ アルファゲルは疲れにくい&集中が続く! グリップのかたさのちがいも試して検証

ユニ アルファゲルは疲れにくい&集中が続く! グリップのかたさのちがいも試して検証

『ユニ アルファゲル』は、三菱鉛筆が販売する握りやすさを追求したシャーペンです。やわらかなゲルグリップは疲れにくく、たくさん文字を書くひとにはぴったりのアイテム。集中力維持にも効果が期待できます。今回は、『ユニ アルファゲル』を実際に試したレビューをご紹介していきます。3種類ラインナップされたグリップのかたさも、すべて試して使い心地を比較。『ユニ アルファゲル』に興味があるひとや、どのかたさのグリップにするか悩んでいるひとは、ぜひ記事を読んで購入の際の参考にしてくださいね。


セラミックナイフもOK!『ダイヤモンドロールシャープナー』簡単な動作で使える研ぎ心地を検証レビュー

セラミックナイフもOK!『ダイヤモンドロールシャープナー』簡単な動作で使える研ぎ心地を検証レビュー

『ダイヤモンドロールシャープナー』は、セラミックナイフOKの両刃用手動シャープナーで、とても簡単に包丁を研ぐことができます。刃を傷めないバネ構造を採用しており、包丁研ぎになれていない人にも安心の商品です。しかし、口コミをみると「切れるようにならない」「刃がかけた」など悪い評価もあります。評判を気にして購入をためらっている人もいそうですね。そこで、口コミが正しいのか、実際に購入して試してみました。包丁の切れ味は復活するのか、安全性に問題はないのか、見極めてください!


PC・スマホ・カメラの人気記事


>>もっと見る