記事種別: Icon mini tagmei レビュー

超軽量で持ち運びがラク! エレコム『折りたたみキーボード』ポケットに収まるコンパクトな商品を検証レビュー

超軽量で持ち運びがラク! エレコム『折りたたみキーボード』ポケットに収まるコンパクトな商品を検証レビュー

スマホやタブレットの内蔵キーパッドでは、長文を打ちにくい人も多いのではないでしょうか。外出先で仕事をする人におすすめなのがエレコム『折りたたみキーボード』です。スマホやタブレットにぴったりの大きさで使いやすく、ふたつ折りにできて収納がしやすいと評判です。この記事ではエレコム『折りたたみキーボード』を実際に購入し、商品の特徴や使用感などを検証しました。


『折りたたみキーボード』を実際に購入して使ってみた

折りたたみキーボード外箱

スマホやタブレットのキーボードとして発売されているエレコム『折りたたみキーボード』。これまでスマホやタブレットでは文章を入力しにくいといういう人も多かったのではないでしょうか。

しかし、いざ購入となると気になるのは「使いやすいかどうか」ですよね。大きさはどれくらいなのか? ひとつひとつのキーが小さくて打ちにくいのではないか? という心配もあるでしょう。

そこで本記事では、エレコム『折りたたみキーボード』を購入して、実際に使いやすいキーボードなのか、機能性やカスタマイズはすぐれているのかなどを調べてみました。

『折りたたみキーボード』とは?

『折りたたみキーボード』は、タブレットやスマホ用として使うために作られたコンパクトなキーボード。そのため、キー配列はWindows/Android、iOSのどちらにも対応しています。

もちろんパソコンでも使うことができるので、パソコンとタブレット、スマホのすべてを1台のキーボードで使いまわすことも可能。中央でパックリとふたつ折りにできるので、外出先に携帯するにも便利な構造になっています。

キーとキーの間隔が離れているため小型でも打ちやすいように配慮されており、さまざまな操作が割り当てられたマルチファンクションキーや、収納ケースにもなるスタンドなど、スマホやタブレット用に使うのに便利な機能も満載です。

『折りたたみキーボード』のセット内容は?

『折りたたみキーボード』のセット内容 キーボード本体、スタンドになる収納ケース、充電用USBケーブル、取扱説明書

エレコム『折りたたみキーボード』のセット内容はキーボード本体、スタンドになる収納ケース、充電用USBケーブル、取扱説明書の4点。

充電用USBケーブルはUSB挿入口のあるACアダプター(別売り)に挿し込んで使用しますが、なければパソコンやタブレットのUSBを使って有線キーボードとして使用することもできます。

説明書はペアリングの仕方から各キーの使い方まで詳しく書かれているので、困ったときは説明書を見ておけばまず大丈夫でしょう。

『折りたたみキーボード』の評判や口コミをまとめてみた

折りたたみキーボード口コミ

スマホやタブレット用として使うために作られたようなエレコム『折りたたみキーボード』ですが、実際に使っている人はどのように感じているのでしょうか。ここではエレコム『折りたたみキーボード』のポジティブな口コミや、ネガティブな口コミをまとめてみました。

『折りたたみキーボード』のポジティブな評判や口コミ

やはり「軽くてコンパクト」という声が多かったですね。ふたつに折りたたむことができるので収納に便利なのも好印象でした。また軽いのにもかかわらず、「滑り止めがついているので意外と安定性もある」という感想もありました。

『折りたたみキーボード』のネガティブな評判や口コミ

キーボードのサイズに起因する使いにくさをあげる声が多数。具体的には「キーが小さいのにかたい」「キー配列が独特でタッチタイピングができない」「とくにBキーが押しづらい」「Enterキーが小さい」などですね。

また収納ケースとしても使えて便利なスタンドですが、こちらが重いという声もありました。

『折りたたみキーボード』を実際に試してわかったこと

エレコム『折りたたみキーボード』を実際に購入して使ってみました。「デザイン」「打ちやすさ」「付加機能」「管理ツールによるカスタマイズのしやすさ」の4つの観点から、それぞれ検証します。

エレコム『折りたたみキーボード』のデザインは?

まずはエレコム『折りたたみキーボード』の外観から見ていきましょう。

上から見たところ

折りたたみキーボード本体

とにかく小さい! どれくらい小さいか、筆者がふだん使っているパソコンの純正キーボードと比較してみました。

折りたたみキーボードと通常使用のキーボード比較

テンキーレスなので、横幅は純正キーボードと同じくらいの長さ。ただし左側に遊びがある分、ひとつひとつのキーの横幅は純正キーボードよりも短めです。

折りたたみキーボードと通常使用のキーボード比較アップ

奥行は明らかに短いですね。純正キーボードの約3分の2くらいでしょうか。各キーの奥行も同じくらいの比率です。

折りたたみキーボードの電源スイッチ部分

キーボードの左上には「電源スイッチ」「ペアリング切り替えスイッチ」「Windows/Android切り替えボタン」「iOS切り替えボタン」が集まっています。

折りたたみキーボード閉じた画像

キーボードは真ん中から折りたたむことができます。折りたたむと、ポケットに収まるくらいコンパクトになりますよ。

横から見たところ

折りたたみキーボード横からみた画像

キー部分の厚さは約5mm。それ以外の部分の厚さは約8mm。とても薄いです。スタンドがないので、そのままだとかなり低い位置で打つことになるでしょう。

折りたたみキーボード閉じた状態を横から見た画像

折りたたんだときの厚さは約16mm。ポケットに余裕で収まります。

折りたたみキーボード充電用USBケーブルの差込口

充電用USBケーブルの差込口は上側(ファンクションキー側)の側面にあります。

裏から見たところ

折りたたみキーボード開いた状態の裏面

エレコムのロゴがなかなかイカしてますね。四隅と中央部の8カ所に滑り止めが配置されています。

エレコム『折りたたみキーボード』の打ちやすさは?

折りたたみキーボード キーアップ

キーそのものは微妙にへこんでいるみたいですが、触ってみないとわからない程度。押した感触は若干かためで、少し力を入れて打つ必要があります。

打鍵音自体はあまりないのですが、強く打たなければならないため、床に打ちつけたような音がどうしても発生してしまいます。

折りたたみキーボード 折りたたむ部分のアップ

中央で折りたたむ形状のためか、スペースキーが左右に分断された感じになっています。また中央付近の「V」「H」「T」「Y」のキーは、ほかのキーよりも大きめです。

キーピッチは17mm

折りたたみキーボードキーピッチ測定画像

キーピッチは17mm。コンパクトサイズのキーボードなので小さい値になっていますが、キーとキーの間は5mmほどもあり、間違えて隣のキーを一緒に押してしまわないよう配慮されています。

ただ、その分キー自体が小さくなってしまっているので、慣れないと正確なタッチタイピングは難しそうですね。

キーボードの重量は146g

折りたたみキーボード重量測定画像

キーボードだけの重さは146gと超軽量。膝の上に置いて使うというスタイルもいいかもしれません。

折りたたみキーボードを保護ケースに入れた状態で重量を測定している画像

保護ケースに入れると240g。ケースだけでおよそ100gというわけですね。重く感じるかもしれませんが、その分安心して携帯できるといえるでしょう。

手を置いた感触は?

折りたたみキーボードに手をおいた画像

パソコン用にキーボードに慣れた筆者にとっては、とにかく小さくて使いにくいのが率直な感想。これは慣れるよりほかありませんね。薄くてスタンドがないので、高さもかなり低いです。

ただ、軽いわりには滑り止めがしっかりしているので安定性はあります。打っている途中でキーボードが動いてしまう、なんてことはありませんでした。キーがかたいという声もありましたが、かたいというより「ホームポジションから離れたY、Bなどを打つときに指の力が足りず打ち損なう」という感じかもしれません。

試しにいろいろ打ちこんでみた

PC文字打ち込み画面

実際に文字を打ちこんで、キーボードの使いやすさを試してみました。筆者がいつも使っているキーボードと『折りたたみキーボード』の両方で上の画像の文字をタイピングし、かかった時間を比べてみました。

アラーム画像(通常のタイム)

こちらはいつも使っているキーボードでかかった時間。これを基準とします。

アラーム画像(折りたたみキーボードを使用したタイム)

エレコム『折りたたみキーボード』を使ってタイピングした際にかかった時間です。

『折りたたみキーボード』を使ってタイピングしましたが、かなり時間がかかりました。まだタブレット用の小さなキーボードに慣れていないからでしょう。

中央部分で特定のキーが大きくなっている分、その右側のキーが端に離れてしまっており、タッチタイピングができませんでした。しばらくはキーを見ながら打つ必要があるかもしれませんね。

とはいえ、外出時でスマホやタブレットでも使えるキーボードは魅力的。独特なキーの配置に慣れてさえしまえば、どんな状況にも対応できるオールマイティなキーボードとして重宝するはずです。タイピング速度も、使いこむうちに改善されるでしょう。

『折りたたみキーボード』の付加機能は?

『折りたたみキーボード』には、スマホやタブレットで使うときに便利な「マルチファンクションキー」が搭載されています。

折りたたみキーボード「fnキー」と「ファンクションキー」のアップ

「fnキー」と「ファンクションキー」を同時押しすることで、マルチファンクション機能が発動します。ファンクションキーの右下の絵文字で、どんな機能になっているのかわかりますよ。たとえば「fn+F1」なら、その場で検索窓を表示するといった具合です。

とくにメディアプレイヤーで音楽を流しているときに便利なものが多いですね。音量の調整や早送り・巻き戻し、曲の進みや戻しなどが割り当てられています。

また「F10」にはスクリーンショット機能も。スマホやタブレットだと押しにくいボタンが割り当てられていることも多いですから、これは便利ですよね。

管理ツールでカスタマイズしやすい?

折りたたみキーボードと端末

『折りたたみキーボード』には管理ツールによるカスタマイズ機能はありませんが、Android端末で使用する場合は「ELECOM Keyboard Rayout」というアプリをインストールする必要があります。

折りたたみキーボードペアリング切り替えスイッチ

ペアリングした端末は、スイッチひとつでかんたんに切り替えることができます。Android端末に切り替えて、アプリをインストールしましょう。

折りたたみキーボード説明書

説明書にQRコードが記載されていますので、スマホやタブレットで読み取ります。

折りたたみキーボードアプリ

アプリをインストールすれば、パソコンと同じようにキーボードを使うことができますよ。

折りたたみキーボードOS切り替えボタン

もちろん、iOSでも利用可能。Android端末と違って、専用アプリをインストールする必要はありません。ただし、iOSボタンでキーボードの設定を切り替える必要があります。

ELECOM(エレコム)『ワイヤレスBluetoothキーボード(TK-FLP01)』

エレコムキーボードBluetooth折りたたみマルチペアリングブラックTK-FLP01BK エレコムキーボードBluetooth折りたたみマルチペアリングブラックTK-FLP01BK エレコムキーボードBluetooth折りたたみマルチペアリングブラックTK-FLP01BK エレコムキーボードBluetooth折りたたみマルチペアリングブラックTK-FLP01BK エレコムキーボードBluetooth折りたたみマルチペアリングブラックTK-FLP01BK エレコムキーボードBluetooth折りたたみマルチペアリングブラックTK-FLP01BK エレコムキーボードBluetooth折りたたみマルチペアリングブラックTK-FLP01BK エレコムキーボードBluetooth折りたたみマルチペアリングブラックTK-FLP01BK エレコムキーボードBluetooth折りたたみマルチペアリングブラックTK-FLP01BK エレコムキーボードBluetooth折りたたみマルチペアリングブラックTK-FLP01BK

出典:Amazon

サイズ 291×92×8mm(開いた状態)
重量 230g(保護カバー含む)
接続方式 Bluetooth

スマホ・タブレットで使うのにおすすめ

折りたたみキーボードレーダー

『折りたたみキーボード』を試した感想をチャートにしてみました。
※執筆者の主観を数値化したものです。

『折りたたみキーボード』を購入し、商品の特徴や打ちやすさ、機能性などを検証してきました。

パソコンのキーボードに慣れてしまっていると打ちにくさを感じるかもしれませんが、やはりこの商品はスマホやタブレットで使ってこそ真価を発揮します。内蔵キーパッドより使いやすいですし、なによりも携帯性にすぐれているので外出先で使うときに重宝するでしょう。

折りたたむ構造になったことでキーの配置に強い違和感を感じるという人には、折りたたまないタイプのコンパクトな『Bluetoothミニキーボード』もあります。『折りたたみキーボード』よりも若干大きくなりますが、パソコンとほぼ同じ感覚でタイピングができますよ。

スマホやタブレットで文字入力をする機会が多い人は、エレコム『折りたたみキーボード』を試してみてはいかがでしょうか。

ELECOM(エレコム)『ワイヤレスBluetoothミニキーボード(TK-FBP102BK)』

エレコムBluetoothミニキーボードパンタグラフ式軽量・薄型3台同時ペアリングブラックiPadPro2020TK-FBP102BK/EC エレコムBluetoothミニキーボードパンタグラフ式軽量・薄型3台同時ペアリングブラックiPadPro2020TK-FBP102BK/EC エレコムBluetoothミニキーボードパンタグラフ式軽量・薄型3台同時ペアリングブラックiPadPro2020TK-FBP102BK/EC エレコムBluetoothミニキーボードパンタグラフ式軽量・薄型3台同時ペアリングブラックiPadPro2020TK-FBP102BK/EC エレコムBluetoothミニキーボードパンタグラフ式軽量・薄型3台同時ペアリングブラックiPadPro2020TK-FBP102BK/EC エレコムBluetoothミニキーボードパンタグラフ式軽量・薄型3台同時ペアリングブラックiPadPro2020TK-FBP102BK/EC エレコムBluetoothミニキーボードパンタグラフ式軽量・薄型3台同時ペアリングブラックiPadPro2020TK-FBP102BK/EC エレコムBluetoothミニキーボードパンタグラフ式軽量・薄型3台同時ペアリングブラックiPadPro2020TK-FBP102BK/EC

出典:Amazon

サイズ 幅286.5×奥行121.5×高さ20.4mm
重量 約264g
接続方式 Bluetooth

そのほかのキーボードに関する記事はこちら 【関連記事】

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

朝食はプロテイン、身体を動かすことが好きな40代。テニス、フットサル、ジョギング、近年は空手を少々。kindleでの読書を日課にしているほか、Apple製品、カメラやレンズ系、ガジェット商品にも飛びつきがち。

関連する記事


HDMI対応モニターおすすめ14選|解像度や応答速度で選ぶ

HDMI対応モニターおすすめ14選|解像度や応答速度で選ぶ

HDMI対応モニターは、データをデジタル信号として伝送するため、従来のアナログ端子のモニターに比べより高品位の映像や音声を得られます。この記事では、HDMIに対応しているモニターの選び方を解説するとともに、ITライターの河原塚英信と編集部が選んだおすすめ商品をご紹介をしていきます。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。

Icon mini tag パソコン , ホビー・ゲーム , パソコン周辺機器

EarFun Free Proを実際に使ってみてレビュー|5000円台の完全ワイヤレスイヤホンの実力を検証します!

EarFun Free Proを実際に使ってみてレビュー|5000円台の完全ワイヤレスイヤホンの実力を検証します!

近年は、コードがないワイヤレスイヤホンが流行っていますが「値段の幅が大きくて、何を買えばよいかわからない」や「予算を抑えたいけれど機能面が不安でいまいち購入に踏み込めない」という方がいらっしゃるかと思います。この完全ワイヤレスイヤホン『EarFun Air Pro』は価格が5,000円台でとてもリーズナブル。初めてワイヤレスイヤホンを試すにはぴったりの商材です。本記事では、リーズナブルな価格のイヤホン「EarFun Free Pro」の実力を試してみました。これからワイヤレスイヤホンの購入を検証される方はぜひ参考にしてみてください。

Icon mini tag オーディオ , イヤホン・ヘッドホン , Bluetoothワイヤレスイヤホン

1台で3役こなせる|サンルックの多機能ライトを使ってみたらとても便利だった!

1台で3役こなせる|サンルックの多機能ライトを使ってみたらとても便利だった!

PCや仕事用の机・デスクまわりって、なにかと電気コードがいっぱいあってごちゃごちゃしていますよね。コードレスのデスクライトがあったらすごく便利なのに……って思ったことはありませんか?そんな思いに応えたのが、Sun Ruckの多機能ライトです。持ち運び可能でどこでも使える3WAY仕様の照明で、折りたたみ式のシンプル&おしゃれなデザインが特徴。本記事ではどんな用途でこれが使えるのか、検証してみました。スタンドライトのおすすめ商品を探している方は、ぜひ参考にしてください。

Icon mini tag 生活家電 , 家具 , インテリア雑貨

【ののじのピーラーを使ってみた】キャベピィMAXの実力を実践レビュー。2倍のスピードは本当??

【ののじのピーラーを使ってみた】キャベピィMAXの実力を実践レビュー。2倍のスピードは本当??

『キャベピィMAX』はキャベツの千切りに特化したののじ株式会社から販売されているキャベツ専用ピーラー。従来の『キャベツピーラー』に比べて刃が二枚ついているため、2倍のスピードで千切りにすることができる商品です。千切りって食べやすいものの、つくる側としてはちょっと面倒ですよね。本当に2倍の速さで千切りができるなら、料理も手早くできますし、自分の時間も増えるはず!そこで、『キャベピィMAX』がどれぐらいの速さで千切りキャベツにできるかを実際に検証してみました。家事を効率よくしたい、料理が好き、ダイエットを頑張りたい、という方もぜひ参考にしてください。

Icon mini tag キッチン用品 , 生活雑貨 , キッチン雑貨

デスク周りをグッとおしゃれに整頓できる充電ステーションおすすめ7選

デスク周りをグッとおしゃれに整頓できる充電ステーションおすすめ7選

「コンセント周りがコードで絡まっている」「コード類を整理したい」「コンセントを抜く時、いつも間違えてしまう」ゲームや家電、PC類など、充電コードを使用する際、どうしても上記のような悩みが付きまとってしまいます。そんな時、コード類をスッキリ整理してくれるのが充電ステーションです。充電ステーションは、スタンド型やボックス型など、用途や設置する場所に合わせて形やデザインを決めることが大切です。本記事では、充電ステーションの種類ごとの特徴、失敗しない選び方、そしておすすめ商品をご紹介。ぜひ参考に、タイプや性能が異なる充電ステーションから自分に合ったものを選んでください。

Icon mini tag 生活雑貨 , パソコン周辺機器 , 生活家電

関連するブランド・メーカー


ELECOM(エレコム)

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。