メカニカルキーボードおすすめ20選|軸ごとの特徴を踏まえて紹介

メカニカルキーボードおすすめ20選|軸ごとの特徴を踏まえて紹介

本記事では、プロの家電販売員のたろっささんへの取材のもと、メカニカルキーボードの軸ごとの特徴や違い、失敗しない選び方、そして、茶軸・青軸・赤軸といった軸別のおすすめ商品を紹介。ぜひ参考にしてください。


プロの家電販売員 兼 家電・ITライター
たろっさ

家電量販店、家電情報ブログ「家電損をしない買い方をプロの販売員が教えます」を運営するプロの現役家電販売員。 学生時代から家電に対する並々ならぬ興味を持ち、アルバイトを経てそのまま家電量販店の道へと進んで15年弱。 個人で年間2億円を売り上げ、数々の法人内コンテスト等で表彰された経験を持っています。 家電アドバイザーの資格を有し、家電と名の付く物全てに精通しています。家電で分からないことはありません。 現在は家電ライターの業務も通して「全ての人が平等に良い家電に巡り会える機会の提供」に尽力しています。

メカニカルキーボードの特徴

メカニカルキーボードとは、キーの一つひとつの構造が独立しており、タイピングしやすいように設計されたキーボードのこと。

一般的なキーボードとメカニカルキーボードの大きな違いは、その打鍵感。メカニカルキーボードはタッチした感触がよく伝わるのでタイプミスを防ぎやすいのが特徴です。

打鍵音も心地よく響き、また、経年劣化も少ないため、長期間愛用できるのもメカニカルキーボードの魅力です。ここからはメカニカルキーボードを選ぶためのポイントを紹介します。

軸による打鍵性の違い


打鍵感は弱いものから強いものまであります。これは好みの要素が強く、大切なポイントです。向き不向きもあるため、はじめての使用でとくにわからなければ、万人受けする軸が無難です。

一般的には2~4mmのストロークの商品が多く、深いほど操作感があり、浅いほど楽かんたんにキー操作ができます。迷ったら3mm前後のストロークを選ぶのがよいでしょう。また、多少好みがあるなら、合いそうな軸をこれから紹介する情報をもとに選びましょう。

「赤軸」:ソフト&サイレンスな打ち心地

軽い打鍵感が赤軸の特徴です。静音性にすぐれていて、長い時間キーボードを打つ人やまわりの人への音の配慮が気になる人に向いています。

ファンも多く、ビギナー用のメカニカルキーボードの軸にふさわしいといえます。プロゲーマーでも多くの人が使っています。

「青軸」:ほどよい手応えが魅力

青軸は、メカニカルキーボード独特の打鍵感や音を楽しむのにいいでしょう。キータッチが重くて打鍵感は強め。カチャカチャと響く音を心地よく感じる人に向いています。

「茶軸」:しっかりしていて手応えがある

赤軸はソフトすぎる、青軸は重いなあという人に向いているのが茶軸。適度な打鍵感で軽快に打ち続けられます。

「黒軸」:速いタイピングに向いている

反発力が強く、押したあとの戻りが早いのが特徴のキーボードです。押すのに力が必要ですが、黒軸は底まで打たなくてもキーのタッチを認識してくれるので、慣れれば高速タイピングができるようになります。

「その他の色軸」

メカニカルキーボードの軸には、他にもシルバーやクリアなど、幅広い種類の色軸が存在します。例えば、シルバーは高速タイピング向けにストロークが浅目の設計だったり、クリア軸は茶軸よりも入力の感覚がしっかりしており、クリック感がより強く感じられます。

様々な色軸が存在するので、こちらもぜひ確認し、自分にピッタリのキーボードを選びましょう。

メカニカルキーボードの選び方


それでは、メカニカルキーボードの基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記の4つ。

・使用場所と静音性のバランス
・接続方法
・キー配列
・目的に見合った便利機能


上記の4つのポイントを抑えることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】使用場所と静音性のバランスをチェック

メカニカルキーボードは打鍵性がある分、どうしてもタッチ音が大きくなってしまいます。そのため、オフィスで隣の席で電話をしている際、タイピング音が相手に聞こえてしまうこともあります。また、リモート勤務中、会議中などでマイクを使用している際も聞こえてしまう可能性は高いです。

使用する場所に合わせて、静音性などとのバランスを考えながら、商品を選びましょう。

【2】接続方法をチェック

接続方式は、「有線」と「無線」の2種類があります。

有線接続は、PCなどとケーブルで繋ぐタイプ。接続が安定しており、ゲーミングなどでも遅延などはほぼありません。また、電源もPC本体から供給するため、充電の必要もありません。

無線接続は、Bluetooth接続や2.4GHz無線などが一般的で、設定をするだけでケーブルなしで、PC本体と接続できます。ケーブルがない分、デスク周りがすっきりさせられるメリットがあります。

【3】キー配列をチェック

注意しておきたいのが、キーボードのキー配列です。「日本語配列」と「英語配列」が存在し、好みで使いやすさが変わってきます。

一般的なタイプは「日本語配列」でアルファベットだけでなく、ひらがなも表記されており、一番馴染み深いキー配列になります。

逆に、「英語配列」は、アルファベットのみの表記で、また、全角/半角キーや、カタカナ/ひらがなといった便利キーがありません。誤変換などを防げる一方、馴染みがないと使いにくいかもしれません。また、Enterキーの大きさの違いなど、違いがかなりあります。

特にこだわりがない方は、日本語配列を選べば間違いはないでしょう。

【4】目的に見合った便利機能をチェック


目的に見合う機能があるかないかを、買う前にチェックしましょう。ゲームに必要な「アンチゴースト」「ロールオーバー」「マクロ」などの機能をくらべて、商品を選ぶのもいいでしょう。

(a)アンチゴースト機能:誤入力を防いでくれる機能


複数のキーを同時に押したとき、誤入力を防いでくれるのが「アンチゴースト機能」です。高速タイピングやゲームプレイをするなら、この機能があるかないかは大きなポイントです。

押したはずが反応しないといった現象で作業の効率が落ちると、ゲームでは形勢が不利になりますが、アンチゴースト機能はそれを防いでくれます。

(b)キーロールオーバー:同時押しができる機能


同時押しを多用したいゲームには「キーロールオーバー」対応が向いています。同時にキーを押しても認識してくれる便利な機能です。

例えば、「5キーロールオーバー」と表記されていたら「5つまでのキーが同時に押せる」という意味です。FPSなどでは複数キーの同時押しが勝負のカギになるため、こちらもしっかりチェックしておきたい機能です。

(c)テンキー:数字を電卓のように打ち込める


テンキーがあるかどうかも確認しましょう。テンキーは、キーボードの右側についている、数字を電卓のように打てるモデルのことです。

テンキー有りの場合、設置スペースが広くなってしまいますが、入力作業がスピーディーになるというメリットがあります。逆にテンキーなしの場合、コンパクトにデスクが収まり、マウスを動かしながらタイピングをするのも、やりやすくなります。

用途や目的、好みによって、テンキーの魅力が変わるので、ここもしっかり把握しておきましょう。

(d)マクロ機能:操作をショートカットできる機能


マクロ機能は、特定のキーを押すことで、予め設定しておいた操作機能を発動させられるショートカット機能のこと。

このマクロ機能に対応していることで、例えば、コマンド入力が多いゲーミングなどでは、スピーディーに入力ができます。仕事でもゲーミングでも使用できる幅が広いため、作業効率のためにもぜひ見てみてください。

有名メーカー・ブランドの特徴


本項では、メカニカルキーボードの有名メーカーの特徴や違いについて解説いたします。ぜひ参考にしてくださいね。

ロジクール(Logicool)

ロジクールは、スイスに本社を置く、パソコン周辺機器の製造・販売を行う有名メーカー。メカニカルキーボードにおいては、エントリー向けの安価な製品から、ハイモデルの高価格帯まで、幅広い商品を取り扱っています。

特に、ゲーミングキーボードとしても人気で、マクロ機能やアンチゴースト機能など、機能面もしっかりしているため、数多くのゲーマーに愛用者がいます。

オウルテック(Owltech)

オウルテックは、神奈川県に本社を置く、PC・スマホなどの周辺機器の製造・販売を行うメーカー。

多種多様な機能性というより、むしろシンプルなメカニカルキーボードが多く、また、価格も安価で手を出しやすいモデルが揃っています。スタンダードモデルを中心に展開しており、クセのない操作感が魅力のため、趣味だけでなく、ビジネスでも幅広く活躍しますよ。

メカニカルキーボードおすすめ1選|赤軸


それでは早速、メカニカルキーボードのおすすめ商品をご紹介します。まずは赤軸の商品です。ぜひ参考にしてください。

Ducky(ダッキー)『Shine 7(DKSH1808ST)』

Ducky(ダッキー)『Shine7(DKSH1808ST)』 Ducky(ダッキー)『Shine7(DKSH1808ST)』 Ducky(ダッキー)『Shine7(DKSH1808ST)』 Ducky(ダッキー)『Shine7(DKSH1808ST)』 Ducky(ダッキー)『Shine7(DKSH1808ST)』 Ducky(ダッキー)『Shine7(DKSH1808ST)』 Ducky(ダッキー)『Shine7(DKSH1808ST)』 Ducky(ダッキー)『Shine7(DKSH1808ST)』 Ducky(ダッキー)『Shine7(DKSH1808ST)』

出典:Amazon

赤軸
接続方法 有線
アンチゴースト機能 -
ロールオーバー機能
マクロ機能 -
キーストローク -

厚手のキーキャップでがっつりした打鍵感

打鍵感はメカニカルキーボードにとってもっとも重要な部分のひとつですが、しっかりとした手応えのある打鍵感を存分に堪能できるキーボードが、こちらの『Shine 7』です。

その秘密は、一般的なメカニカルキーボードと比較してキーキャップ部分がかなり厚いため、打ちこむときの感触に違いが生まれることによるもの。これに慣れると病みつきになる人もいるほどです。

メカニカルキーボードおすすめ7選|青軸


続いては、青軸のメカニカルキーボードです。こちらもぜひ参考にしてください。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

SAC(エスエーシー)『GameSir(GK300)』

GameSirGameSirGK300Gray(スペースグレー)ワイヤレスメカニカルゲーミングキーボード

出典:楽天市場

青軸
接続方法 無線(Bluetooth)
アンチゴースト機能
ロールオーバー機能
マクロ機能 -
キーストローク 4.0±0.4mm

正確なパフォーマンスと安定したワイヤレス接続

プロ級ゲーマーさえも満足させる逸品で、10mものワイヤレス接続距離が魅力のeスポーツにも向いているゲーミングキーボード。ドライバ不要のプラグ・アンド・プレイで、使い勝手も良好です。

アルミニウム合金カバーと超大容量バッテリーを装備していて、長時間盛り上がっても問題なしです。4つのストリーマ照明効果が装備されていて快適です。

プロの家電販売員 兼 家電・ITライター

SAC(エスエーシー)『GameSir(GK300)』は、コストパフォーマンスの高いゲーミングキーボードの入門機としておなじみの機種です。US配置のキーボードは最初は戸惑うかもしれませんが、ゲーム使用の打鍵感が心地よいためすぐに気にならなくなるでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

SHARKOON(シャークーン)『PureWriter』

SHARKOON(シャークーン)『PureWriter』 SHARKOON(シャークーン)『PureWriter』 SHARKOON(シャークーン)『PureWriter』

出典:楽天市場

青軸
接続方法 有線
アンチゴースト機能
ロールオーバー機能
マクロ機能 -
キーストローク -

あらゆる用途に使える汎用性の高さ

あらゆる用途にすんなり対応してくれるピュアなキーボードです。時代を超えた優雅さだけでなく、個性的なウルトラフラットデザインに組み込まれた「革新的メカニカルスイッチ」にも注目!

脚を折りたたむとこぢんまりとコンパクトになるデザインで、考えられるかぎりフラットに仕上げられたフレームレスキーボードです。

プロの家電販売員 兼 家電・ITライター

SHARKOON(シャークーン)『PureWriter』はデスクワーク、ゲーミングなど多彩なニーズに応えられる癖のないフォルムが特徴です。キーストロークも非常に軽快なので、押し心地によるストレスもまったく感じず作業を行なうことができますよ。

Vinpok(ビンポック)『Taptek』

Vinpok(ビンポック)『Taptek』 Vinpok(ビンポック)『Taptek』 Vinpok(ビンポック)『Taptek』 Vinpok(ビンポック)『Taptek』 Vinpok(ビンポック)『Taptek』 Vinpok(ビンポック)『Taptek』

出典:Amazon

青軸
接続方法 有線、無線(Bluetooth)
アンチゴースト機能 -
ロールオーバー機能
マクロ機能 -
キーストローク -

爽快なキータッチでライターやプログラマーが絶賛

ユーザーやゲーマーにとって、日々のタイピングが楽しくなるマイキーボードとして、ワイヤレスで爽快なキータッチが得られます! 多くのライターやプログラマーも愛用するキーボードです。

ユーザーの仕事環境をよりスマートにもしてくれ、ユーザー、ゲーマー含めて爽快なキータッチやタイピングの楽しさを堪能させてくれる逸品です。

AZIO(エイジオ)『Retro Classic Compact(MKRCKW02JP)』

AZIO(エイジオ)『RetroClassicCompact(MKRCKW02JP)』 AZIO(エイジオ)『RetroClassicCompact(MKRCKW02JP)』 AZIO(エイジオ)『RetroClassicCompact(MKRCKW02JP)』

出典:楽天市場

Typelit Switch、Tactile & Clickyメカニカルキー(青軸相当)
接続方法 有線、無線(Bluetooth)
アンチゴースト機能 -
ロールオーバー機能
マクロ機能 -
キーストローク -

ヴィンテージ感が彩るワークライフバランス

どこでも誰でもシームレスに使えるプレミアムキーボードです。ウッディな渋い質感と、かっこよすぎるシルバーに縁取りされた白く光り輝くキーボタン。

古きよき時代のタイプライターのような打鍵感と、耳をなでるクラシカルなタイプ音がたまりません。長時間の使用においてもストレスフリーでハイエンドな機能性と、レトロで革新的なデザインは堂々たる個性派のキーボードたるゆえんです。

AZIO(エイジオ)『Retro Classic BT(MKRETROBTL03JP)』

AZIO(エイジオ)『RetroClassicBT(MKRETROBTL03JP)』 AZIO(エイジオ)『RetroClassicBT(MKRETROBTL03JP)』 AZIO(エイジオ)『RetroClassicBT(MKRETROBTL03JP)』

出典:楽天市場

Typelit Switch、Tactile & Clickyメカニカルキー(青軸相当)
接続方法 有線、無線(Bluetooth)
アンチゴースト機能 -
ロールオーバー機能
マクロ機能 -
キーストローク -

タイプライター風レトロキーボードがワイヤレス対応

質感と機能を徹底的に追求した、レトロなルックスのタイプライター型キーボード。日本限定カラーの日本語配列完全対応キーボードでもあります。

このようなクラシカルで風格ある質感のメカニカルボードは珍しいといえるでしょう。伝統的なタイプライターを打つような、一種独特の感覚にハマる人も多いようです。

FILCO(フィルコ)『Majestouch Convertible2(FKBC108MC/JB2)』

FILCOMajestouchConvertible2青軸(CherryMXスイッチ)日本語108メカニカルキーボードBluetooth3.0&USB無線/有線両対応カナ刻印ありBTマルチペアリング4台対応ブラックFKBC108MC/JB2 FILCOMajestouchConvertible2青軸(CherryMXスイッチ)日本語108メカニカルキーボードBluetooth3.0&USB無線/有線両対応カナ刻印ありBTマルチペアリング4台対応ブラックFKBC108MC/JB2 FILCOMajestouchConvertible2青軸(CherryMXスイッチ)日本語108メカニカルキーボードBluetooth3.0&USB無線/有線両対応カナ刻印ありBTマルチペアリング4台対応ブラックFKBC108MC/JB2 FILCOMajestouchConvertible2青軸(CherryMXスイッチ)日本語108メカニカルキーボードBluetooth3.0&USB無線/有線両対応カナ刻印ありBTマルチペアリング4台対応ブラックFKBC108MC/JB2 FILCOMajestouchConvertible2青軸(CherryMXスイッチ)日本語108メカニカルキーボードBluetooth3.0&USB無線/有線両対応カナ刻印ありBTマルチペアリング4台対応ブラックFKBC108MC/JB2 FILCOMajestouchConvertible2青軸(CherryMXスイッチ)日本語108メカニカルキーボードBluetooth3.0&USB無線/有線両対応カナ刻印ありBTマルチペアリング4台対応ブラックFKBC108MC/JB2 FILCOMajestouchConvertible2青軸(CherryMXスイッチ)日本語108メカニカルキーボードBluetooth3.0&USB無線/有線両対応カナ刻印ありBTマルチペアリング4台対応ブラックFKBC108MC/JB2 FILCOMajestouchConvertible2青軸(CherryMXスイッチ)日本語108メカニカルキーボードBluetooth3.0&USB無線/有線両対応カナ刻印ありBTマルチペアリング4台対応ブラックFKBC108MC/JB2

出典:Amazon

青軸
接続方法 有線、無線(Bluetooth)
アンチゴースト機能 -
ロールオーバー機能 -
マクロ機能 -
キーストローク 4.0±0.5mm

省電力・マルチペアリング対応ワイヤレスキーボード

マルチペアリングにより最大4台までのデバイスと同時接続可能なワイヤレスキーボードです。使用環境によって有線・無線を選ぶことができます。無線ではBluetooth3.0、有線ではmicro USB、USB-A接続に対応しています。

また、「省電力スリープモード」機能により、単3電池2本でおよそ6ヶ月間の使用が可能となっています。

Owltech(オウルテック)『Cherry 109(OWL-KB109CBL)』

オウルテックCherry社製「青軸」メカニカルキースイッチ採用USB/PS2両対応Nキーロールオーバー対応109フルキー日本語キーボードブラックOWL-KB109CBL-BK オウルテックCherry社製「青軸」メカニカルキースイッチ採用USB/PS2両対応Nキーロールオーバー対応109フルキー日本語キーボードブラックOWL-KB109CBL-BK オウルテックCherry社製「青軸」メカニカルキースイッチ採用USB/PS2両対応Nキーロールオーバー対応109フルキー日本語キーボードブラックOWL-KB109CBL-BK オウルテックCherry社製「青軸」メカニカルキースイッチ採用USB/PS2両対応Nキーロールオーバー対応109フルキー日本語キーボードブラックOWL-KB109CBL-BK オウルテックCherry社製「青軸」メカニカルキースイッチ採用USB/PS2両対応Nキーロールオーバー対応109フルキー日本語キーボードブラックOWL-KB109CBL-BK オウルテックCherry社製「青軸」メカニカルキースイッチ採用USB/PS2両対応Nキーロールオーバー対応109フルキー日本語キーボードブラックOWL-KB109CBL-BK オウルテックCherry社製「青軸」メカニカルキースイッチ採用USB/PS2両対応Nキーロールオーバー対応109フルキー日本語キーボードブラックOWL-KB109CBL-BK オウルテックCherry社製「青軸」メカニカルキースイッチ採用USB/PS2両対応Nキーロールオーバー対応109フルキー日本語キーボードブラックOWL-KB109CBL-BK

出典:Amazon

青軸
接続方法 有線
アンチゴースト機能 -
ロールオーバー機能 〇(PS/2接続時のみ)
マクロ機能 -
キーストローク 4mm

打鍵数5,000万回保証!

Cherry社製の青軸メカニカルキースイッチを採用、打鍵数5,000万回を保証したマルチメディアキー搭載の有線キーボードです。

PS/2接続時のみNキーロールオーバー対応となっており、複数のキーを同時に押してもキー入力が認識されます。USB接続時は最大6キーまで同時押しが可能です。そのほか、パームレストが付属しています。

メカニカルキーボードおすすめ3選|茶軸


続いては、茶軸のメカニカルキーボードです。こちらもぜひ参考にしてください。

DIATEC(ダイヤテック)『Majestouch 2 HAKUA Tenkeyless(FKBN91M/JMW2)』

DIATEC(ダイヤテック)『Majestouch2HAKUATenkeyless(FKBN91M/JMW2)』

出典:楽天市場

茶軸
接続方法 有線
アンチゴースト機能 -
ロールオーバー機能
マクロ機能 -
キーストローク 4.0±0.5mm

軽快な打鍵感と高速レスポンス

茶軸で軽快な打鍵感と反応の速さが特徴です。スイッチ接点部に少しカチっという感触があるタイプです。軽めの反発力との相乗効果が生み出す軽快な入力感が評判です。

すべてのスイッチ端子のスルーホールが、ハンダでしっかりと固定されているこだわりもうれしいポイント。耐久性と雑味の少ない打鍵感、高速のレスポンスが得られる調整にユーザーは大満足でしょう。

DIATEC(ダイヤテック)『Majestouch 2 HAKUA Tenkeyless 茶軸・テンキーレス・US ASCII・マットホワイト(FKBN87M/EMW2)』

DIATEC(ダイヤテック)『Majestouch2HAKUATenkeyless茶軸・テンキーレス・USASCII・マットホワイト(FKBN87M/EMW2)』

出典:Amazon

茶軸
接続方法 有線
アンチゴースト機能 -
ロールオーバー機能
マクロ機能 -
キーストローク 4.0±0.5mm

ゲーマーのプロユースにも耐える高速レスポンス!

ゲーマーなどのプロユースを満足させられるように、PCへのデータ転送のレートを最大まで上げ、高速のレスポンスがしっかり得られる仕様になっています。

すべてのスイッチ端子のスルーホールを、ハンダでしっかりと固定した手作り感はたまりません。キーを打ったときに生まれる負荷と振動を基板側でも逃がすことに成功し、雑味が少なく、より快適な打鍵感を実現しています。

DIATEC(ダイヤテック)『Majestouch 2 Camouflage-R 茶軸・テンキーレス・かななし(FKBN91M/NMR2)』

DIATEC(ダイヤテック)『Majestouch2Camouflage-R茶軸・テンキーレス・かななし(FKBN91M/NMR2)』 DIATEC(ダイヤテック)『Majestouch2Camouflage-R茶軸・テンキーレス・かななし(FKBN91M/NMR2)』 DIATEC(ダイヤテック)『Majestouch2Camouflage-R茶軸・テンキーレス・かななし(FKBN91M/NMR2)』 DIATEC(ダイヤテック)『Majestouch2Camouflage-R茶軸・テンキーレス・かななし(FKBN91M/NMR2)』 DIATEC(ダイヤテック)『Majestouch2Camouflage-R茶軸・テンキーレス・かななし(FKBN91M/NMR2)』

出典:Amazon

茶軸
接続方法 有線
アンチゴースト機能 -
ロールオーバー機能
マクロ機能 -
キーストローク 4.0±0.5mm

ゲーマー向けの最新高機能迷彩

存在感がある迷彩カラーと似つかわしいマニアックな「ステンシルフォント」は、軍用品の印字によく使われている「型染め」を模したフォントです。

使いこめば使いこむほどユーザーの「癖」を反映して、1台1台まったく異なる表情が出てくる味わい深いキーボードです。それがカモフラージュ柄とあいまって、渋すぎるルックスになっていくのは間違いありません。経年変化が楽しめる、珍しいキーボードです。

メカニカルキーボードおすすめ3選|その他の色軸


続いては、その他の色軸のメカニカルキーボードです。こちらもぜひ参考にしてください。

Logicool(ロジクール)『メカニカル バックライト ゲーミング キーボード(G413)』

Logicool(ロジクール)『メカニカルバックライトゲーミングキーボード(G413)』

出典:Amazon

ROMER-Gタクタイル
接続方法 有線
アンチゴースト機能
ロールオーバー機能
マクロ機能
キーストローク 3.2mm

比類ない速度と反応性

ゲーマーなら誰もが求めている速度と反応性が比類ないキーボードです。耐久性も実現した軽量アルミニウム合金のトップケースで、シャープなシルエットで上品なたたずまいも魅力のひとつ。

たしかな反応性とパフォーマンスを求める人や、メカニカルキーボードのビギナーにも向いています。もちろんふだん使いのメカニカルキーボードとしても使えます。安定性を高めるラバーつきの高さ調節式フィートで、激しいゲームバトルでもたしかなプレイができますよ。

CENTURY(センチュリー)『BLACK PAWN CHERRYクリア軸キーボード(CK-67CMB-CLJP1)』

CENTURY(センチュリー)『BLACKPAWNCHERRYクリア軸キーボード(CK-67CMB-CLJP1)』 CENTURY(センチュリー)『BLACKPAWNCHERRYクリア軸キーボード(CK-67CMB-CLJP1)』 CENTURY(センチュリー)『BLACKPAWNCHERRYクリア軸キーボード(CK-67CMB-CLJP1)』

出典:楽天市場

クリア軸
接続方法 有線
アンチゴースト機能 -
ロールオーバー機能 -
マクロ機能 -
キーストローク 4.0±0.5mm

300台限定生産の超レア軸使用キーボード

希少価値のある300台限定生産というマニアにはたまらない存在感と、超レアといってよい軸を使用した独特の打鍵性! それに加えて、威風堂々たる漆黒のボディと鮮やかなブルーLEDバックライトを感じながらの操作は心地よい瞬間の連続。

キー割り当てが自分の好みでカスタマイズできるDIPスイッチや、安定したタイピングが魅力です。

Vinpok(ビンポック)『RYMEK-2B(RYMEK2B)』

Vinpok(ビンポック)『RYMEK-2B(RYMEK2B)』 Vinpok(ビンポック)『RYMEK-2B(RYMEK2B)』 Vinpok(ビンポック)『RYMEK-2B(RYMEK2B)』

出典:楽天市場

-
接続方法 有線、無線(Bluetooth)
アンチゴースト機能 -
ロールオーバー機能 -
マクロ機能 -
キーストローク -

レトロだけじゃない細部に宿るこだわり

仕事であれなんであれ、使うこと自体が楽しくなるおしゃれ感満載の、レトロクラシックなタイプライター風キーボードです。

デザイン性だけではありません。キーボードの生命線である打鍵感にもこだわりがあり、昔のタイプライターの打鍵感を再現しています。ハイテクに慣れた現代人に与えるインパクトは小さくありません。

メカニカルキーボードおすすめ6選|選べる色軸


最後は、好きな色軸を選べるタイプのメカニカルキーボードです。こちらもぜひ参考にしてください。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Logicool(ロジクール)『PRO Xキーボード(G-PKB-002)』

Logicool(ロジクール)『PROXキーボード(G-PKB-002)』 Logicool(ロジクール)『PROXキーボード(G-PKB-002)』 Logicool(ロジクール)『PROXキーボード(G-PKB-002)』 Logicool(ロジクール)『PROXキーボード(G-PKB-002)』 Logicool(ロジクール)『PROXキーボード(G-PKB-002)』 Logicool(ロジクール)『PROXキーボード(G-PKB-002)』 Logicool(ロジクール)『PROXキーボード(G-PKB-002)』 Logicool(ロジクール)『PROXキーボード(G-PKB-002)』 Logicool(ロジクール)『PROXキーボード(G-PKB-002)』 Logicool(ロジクール)『PROXキーボード(G-PKB-002)』

出典:Amazon

赤軸、青軸、茶軸
接続方法 有線
アンチゴースト機能 -
ロールオーバー機能 -
マクロ機能
キーストローク 赤軸:4.0mm、青軸:3.7mm、茶軸:3.7mm

大会実績があるプロ向けのゲーミングキーボード

プロのゲーマーたちの熱い声と思いに応えて作られたプロ向けの構造! テンキーレスのデザインで、マウスの可動スペースを多く取ることが可能。試合に勝つために作られた製品です。

プロだけではなく、プロを目指すユーザーにも、これこそがプロの仕様だと体感しながらゲームを楽しめます。戦術のスキルアップ、戦略のブラッシュアップにつなげることができそうです。

プロの家電販売員 兼 家電・ITライター

Logicool(ロジクール)『PRO Xキーボード(G-PKB-002)』は、数多くのプロゲーマーが使用しているテンキーレスキーボードです。国内でも「DetonatioN Gaming」などの大手ゲーミングチームが使用しており、その操作感や打鍵感の心地よさ、レスポンスのよさなどは折り紙つきです。

FUGU INNOVATIONS(フーグイノベーションズ)『ikbc F112(FG-KB112R)』

FUGUINNOVATIONS(フーグイノベーションズ)『ikbcF112(FG-KB112R)』 FUGUINNOVATIONS(フーグイノベーションズ)『ikbcF112(FG-KB112R)』 FUGUINNOVATIONS(フーグイノベーションズ)『ikbcF112(FG-KB112R)』 FUGUINNOVATIONS(フーグイノベーションズ)『ikbcF112(FG-KB112R)』 FUGUINNOVATIONS(フーグイノベーションズ)『ikbcF112(FG-KB112R)』 FUGUINNOVATIONS(フーグイノベーションズ)『ikbcF112(FG-KB112R)』

出典:Amazon

赤軸、青軸、茶軸
接続方法 有線
アンチゴースト機能 -
ロールオーバー機能
マクロ機能 -
キーストローク -

バックライト色とキーリピート速度をカスタマイズ

キーの多彩な色調整ができて、好みのバックライト色にカスタマイズ! バックライトの点灯は、前もってセットされた9種類のパターンから選べます。

Nキーロールオーバー対応で、キー配列はQWERTY、Dvorak、Colemakの3パターンから選択が可能です。音量コントロール用のマルチメディアキーを装備し、スペアキートップとキートップ引き抜き工具がついています。キーリピート速度さえもカスタマイズできる、すぐれものです。

VORTEX(ヴォーテックス)『CORE(VTG47)』

VORTEX(ヴォーテックス)『CORE(VTG47)』 VORTEX(ヴォーテックス)『CORE(VTG47)』 VORTEX(ヴォーテックス)『CORE(VTG47)』 VORTEX(ヴォーテックス)『CORE(VTG47)』 VORTEX(ヴォーテックス)『CORE(VTG47)』 VORTEX(ヴォーテックス)『CORE(VTG47)』 VORTEX(ヴォーテックス)『CORE(VTG47)』

出典:Amazon

赤軸、青軸、茶軸、クリア軸、静音赤軸、スピードシルバー軸
接続方法 有線
アンチゴースト機能 -
ロールオーバー機能 -
マクロ機能
キーストローク -

フレームレス設計で極小サイズを実現

フレームレス設計で実現された、コンパクトなサイズのメカニカルキーボードです。マクロ機能で好みの配列にできます。ミニキーボードながらもふたつのファンクションキーの合わせ押しで、フルキーボード同様の入力ができます。

フラットなキーキャップによって、コンパクトで美しいデザインを実現しています。ボディにはCNC・アルマイト加工されたアルミニウムを使っていて、美しさと堅牢(けんろう)さを兼ね備えています。携帯性にすぐれているので、爽快なタイピング環境を外へも持ち出せます。

GAMDIAS(ガンディアス)『Hermes M1A』

GAMDIAS(ガンディアス)『HermesM1A』 GAMDIAS(ガンディアス)『HermesM1A』 GAMDIAS(ガンディアス)『HermesM1A』 GAMDIAS(ガンディアス)『HermesM1A』 GAMDIAS(ガンディアス)『HermesM1A』 GAMDIAS(ガンディアス)『HermesM1A』 GAMDIAS(ガンディアス)『HermesM1A』

出典:Amazon

赤軸、青軸
接続方法 有線
アンチゴースト機能 -
ロールオーバー機能
マクロ機能 -
キーストローク -

レインボーカラーのネオンバックライト

ガンメタリックのキーボードとは対照的なレインボーカラーのおしゃれなネオンバックライトに、心躍る使用感とNキーロールオーバーなど充実の仕様!

それ以上にうれしいのが、キーの使用寿命が5,000万回という耐久性。徹底的に使いまくってもまだまだ使えるタフさも魅力です。WASDと矢印キーを交換できる設計で、利き手を問わず使えます。

Mistel(ミステル)『Barocco(MD770)』

Mistel(ミステル)『Barocco(MD770)』 Mistel(ミステル)『Barocco(MD770)』 Mistel(ミステル)『Barocco(MD770)』

出典:楽天市場

赤軸、青軸、茶軸、クリア軸、静音赤軸
接続方法 有線
アンチゴースト機能 -
ロールオーバー機能
マクロ機能
キーストローク -

すべてのキーボードGEEKに向けられた左右分離型

これほどまでにマニアックなキーボードはあるだろうかというぐらいのインパクトがある、正統進化を遂げた分離型キーボード

前作『Barocco MD600』からキー数が増えてさらに使いやすくなっています。熱いユーザーからの要望が多かった、F1~F12キーや矢印キーなどを追加。キーボード自体が左右に分離できるので、リラックスした体勢でのタイピングが可能です。

Varmilo(アミロ)『113 Panda JIS Keyboard(vm-113-llpandj)』

Varmilo(アミロ)『113PandaJISKeyboard(vm-113-llpandj)』 Varmilo(アミロ)『113PandaJISKeyboard(vm-113-llpandj)』 Varmilo(アミロ)『113PandaJISKeyboard(vm-113-llpandj)』 Varmilo(アミロ)『113PandaJISKeyboard(vm-113-llpandj)』 Varmilo(アミロ)『113PandaJISKeyboard(vm-113-llpandj)』 Varmilo(アミロ)『113PandaJISKeyboard(vm-113-llpandj)』 Varmilo(アミロ)『113PandaJISKeyboard(vm-113-llpandj)』 Varmilo(アミロ)『113PandaJISKeyboard(vm-113-llpandj)』 Varmilo(アミロ)『113PandaJISKeyboard(vm-113-llpandj)』

出典:Amazon

Varmilo Sakura軸、Varmilo Rose軸、Varmilo Green軸
接続方法 有線
アンチゴースト機能 -
ロールオーバー機能
マクロ機能 -
キーストローク -

人間工学にもとづくデザインで疲労を軽減

人間工学にもとづいて設計されていて、キーを打つことに熱中しているときの疲れを軽減してくれるキーボードです。使用スタイルに応じて調整ができるスタンドがキーボードの裏についていて、至れり尽くせり!

持ち運ぶときもすっきりまとめることができます。頑丈なラバー製パッドがキーボードをしっかり支えて打ち心地に安定感をプラスしています。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
Ducky(ダッキー)『Shine 7(DKSH1808ST)』
GameSir GameSir GK300 Gray(スペースグレー) ワイヤレスメカニカルゲーミングキーボード
SHARKOON(シャークーン)『PureWriter』
Vinpok(ビンポック)『Taptek』
AZIO(エイジオ)『Retro Classic Compact(MKRCKW02JP)』
AZIO(エイジオ)『Retro Classic BT(MKRETROBTL03JP)』
FILCO(フィルコ)『Majestouch Convertible2(FKBC108MC/JB2)』
Owltech(オウルテック)『Cherry 109(OWL-KB109CBL)』
DIATEC(ダイヤテック)『Majestouch 2 HAKUA Tenkeyless(FKBN91M/JMW2)』
DIATEC(ダイヤテック)『Majestouch 2 HAKUA Tenkeyless 茶軸・テンキーレス・US ASCII・マットホワイト(FKBN87M/EMW2)』
DIATEC(ダイヤテック)『Majestouch 2 Camouflage-R 茶軸・テンキーレス・かななし(FKBN91M/NMR2)』
Logicool(ロジクール)『メカニカル バックライト ゲーミング キーボード(G413)』
CENTURY(センチュリー)『BLACK PAWN CHERRYクリア軸キーボード(CK-67CMB-CLJP1)』
Vinpok(ビンポック)『RYMEK-2B(RYMEK2B)』
Logicool(ロジクール)『PRO Xキーボード(G-PKB-002)』
FUGU INNOVATIONS(フーグイノベーションズ)『ikbc F112(FG-KB112R)』
VORTEX(ヴォーテックス)『CORE(VTG47)』
GAMDIAS(ガンディアス)『Hermes M1A』
Mistel(ミステル)『Barocco(MD770)』
Varmilo(アミロ)『113 Panda JIS Keyboard(vm-113-llpandj)』
商品名 Ducky(ダッキー)『Shine 7(DKSH1808ST)』 GameSir GameSir GK300 Gray(スペースグレー) ワイヤレスメカニカルゲーミングキーボード SHARKOON(シャークーン)『PureWriter』 Vinpok(ビンポック)『Taptek』 AZIO(エイジオ)『Retro Classic Compact(MKRCKW02JP)』 AZIO(エイジオ)『Retro Classic BT(MKRETROBTL03JP)』 FILCO(フィルコ)『Majestouch Convertible2(FKBC108MC/JB2)』 Owltech(オウルテック)『Cherry 109(OWL-KB109CBL)』 DIATEC(ダイヤテック)『Majestouch 2 HAKUA Tenkeyless(FKBN91M/JMW2)』 DIATEC(ダイヤテック)『Majestouch 2 HAKUA Tenkeyless 茶軸・テンキーレス・US ASCII・マットホワイト(FKBN87M/EMW2)』 DIATEC(ダイヤテック)『Majestouch 2 Camouflage-R 茶軸・テンキーレス・かななし(FKBN91M/NMR2)』 Logicool(ロジクール)『メカニカル バックライト ゲーミング キーボード(G413)』 CENTURY(センチュリー)『BLACK PAWN CHERRYクリア軸キーボード(CK-67CMB-CLJP1)』 Vinpok(ビンポック)『RYMEK-2B(RYMEK2B)』 Logicool(ロジクール)『PRO Xキーボード(G-PKB-002)』 FUGU INNOVATIONS(フーグイノベーションズ)『ikbc F112(FG-KB112R)』 VORTEX(ヴォーテックス)『CORE(VTG47)』 GAMDIAS(ガンディアス)『Hermes M1A』 Mistel(ミステル)『Barocco(MD770)』 Varmilo(アミロ)『113 Panda JIS Keyboard(vm-113-llpandj)』
商品情報
特徴 厚手のキーキャップでがっつりした打鍵感 正確なパフォーマンスと安定したワイヤレス接続 あらゆる用途に使える汎用性の高さ 爽快なキータッチでライターやプログラマーが絶賛 ヴィンテージ感が彩るワークライフバランス タイプライター風レトロキーボードがワイヤレス対応 省電力・マルチペアリング対応ワイヤレスキーボード 打鍵数5,000万回保証! 軽快な打鍵感と高速レスポンス ゲーマーのプロユースにも耐える高速レスポンス! ゲーマー向けの最新高機能迷彩 比類ない速度と反応性 300台限定生産の超レア軸使用キーボード レトロだけじゃない細部に宿るこだわり 大会実績があるプロ向けのゲーミングキーボード バックライト色とキーリピート速度をカスタマイズ フレームレス設計で極小サイズを実現 レインボーカラーのネオンバックライト すべてのキーボードGEEKに向けられた左右分離型 人間工学にもとづくデザインで疲労を軽減
赤軸 青軸 青軸 青軸 Typelit Switch、Tactile & Clickyメカニカルキー(青軸相当) Typelit Switch、Tactile & Clickyメカニカルキー(青軸相当) 青軸 青軸 茶軸 茶軸 茶軸 ROMER-Gタクタイル クリア軸 - 赤軸、青軸、茶軸 赤軸、青軸、茶軸 赤軸、青軸、茶軸、クリア軸、静音赤軸、スピードシルバー軸 赤軸、青軸 赤軸、青軸、茶軸、クリア軸、静音赤軸 Varmilo Sakura軸、Varmilo Rose軸、Varmilo Green軸
接続方法 有線 無線(Bluetooth) 有線 有線、無線(Bluetooth) 有線、無線(Bluetooth) 有線、無線(Bluetooth) 有線、無線(Bluetooth) 有線 有線 有線 有線 有線 有線 有線、無線(Bluetooth) 有線 有線 有線 有線 有線 有線
アンチゴースト機能 - - - - - - - - - - - - - - - - -
ロールオーバー機能 - 〇(PS/2接続時のみ) - - - -
マクロ機能 - - - - - - - - - - - - - - - -
キーストローク - 4.0±0.4mm - - - - 4.0±0.5mm 4mm 4.0±0.5mm 4.0±0.5mm 4.0±0.5mm 3.2mm 4.0±0.5mm - 赤軸:4.0mm、青軸:3.7mm、茶軸:3.7mm - - - - -
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年6月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月2日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする メカニカルキーボードの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのメカニカルキーボードの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ゲーミングキーボードランキング
楽天市場:ゲーミングキーボードランキング
Yahoo!ショッピング:キーボードランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

まとめ


本記事では、メカニカルキーボードの軸の違いや選び方、そしておすすめ商品を軸別に紹介しましたがいかがでしたか?

商品を選ぶ際は、青軸や赤軸といった、軸ごとの特徴を掴んだ上で、使用場所と静音性のバランス、接続方法、キー配列、そしてゲーミングなど、目的に合わせた便利機能をチェックすることで、用途に合う商品を選ぶことができますよ。

メカニカルキーボードは、タイピングしやすく設計されていますが、反対に軸ごとの特徴があるため、好みも別れる可能性があります。できれば実際にタイピングしてみて、好みだと思った商品を選んでくださいね。

【関連記事】メカニカルキーボードに関連するほかの商品情報

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2021/03/18 コンテンツ追加のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 加藤佑一)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【2021年】ゲーミングモニターおすすめ20選|FPS必携ゲーム用アイテムご紹介

【2021年】ゲーミングモニターおすすめ20選|FPS必携ゲーム用アイテムご紹介

IT・テックライターの石井英男さんへの取材をもとに、2021年版ゲーミングモニターおすすめ20選をご紹介します。ゲーム用だけでなく仕事用代わりにも役立つゲーミングモニターをご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。


Razerゲーミングマウスおすすめ9選|高耐久・高速化を実現! FPS・MMOに最適

Razerゲーミングマウスおすすめ9選|高耐久・高速化を実現! FPS・MMOに最適

ゲーミングマウス市場で多くのゲーマーから支持される「Razer(レーザー)のゲーミングマウス」。その独自のテクノロジーは年々進化をとげ、ワイヤレスやボタン、サイドパネル、センサーにいたるまでFPS、MMOに最適化した商品が多数販売されています。ここでは、家電ライターの秋葉けんたさんと編集部が厳選したRazerのゲーミングマウスのおすすめと選び方をご紹介します。通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


【2021年】NASおすすめ15選|家庭用ネットワークHDの性能・特徴・選び方

【2021年】NASおすすめ15選|家庭用ネットワークHDの性能・特徴・選び方

面倒なケーブル接続をせずにネットワークでスマートにHDDにアクセスできるNAS。本記事では、HDD内蔵型とNASキットの特徴、ベイ・RAIDなどについて解説しています。さらに、プロの家電販売員・たろっささんと編集部が選んだ2020年版おすすめのNAS製品をランキングとともに紹介します。


【2020年】CPUグリスおすすめ10選|熱伝導率が良く、初心者向けの塗りやすいもの!

【2020年】CPUグリスおすすめ10選|熱伝導率が良く、初心者向けの塗りやすいもの!

IT&家電ライターの秋葉けんたさんと編集部が、CPUグリスの選び方やおすすめのCPUグリスをご紹介します。効率的にCPUを冷却するために、使われるCPUグリス。粘度、熱伝導率、ダイヤモンドパウダーや銀が配合されたものなど、製品によって違いがあります。塗りやすさや冷却・放熱効果など、それぞれの性質を頭に入れておくと選択しやすくなります。各通販サイトの売れ筋ランキングも参考にしてください。


【プロ厳選ランキング】ASUSタブレットおすすめ6選|学習用からビジネス用まで幅広くご紹介

【プロ厳選ランキング】ASUSタブレットおすすめ6選|学習用からビジネス用まで幅広くご紹介

スマートフォンでは画面が小さいけれど、パソコンを持ち歩くのは大変……そんな方にちょうどいいのが、機能性と適度な大きさを兼ね備えたタブレット。ただ、購入しようとなると、学校でも使われているシンプルな機能のものから、ビジネスに活用しやすい2in1タイプのものまで、種類が幅広くどれにしようか迷ってしまいますよね。この記事では、ASUSのタブレット選び方とおすすめ商品をご紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。