ゲーミングキーボードおすすめ5選【片手用やテンキーレスの商品など9選】

ゲーミングキーボードおすすめ5選【片手用やテンキーレスの商品など9選】
IT・テックライター
石井 英男

東京大学大学院工学系研究科修士課程修了。 ライター歴25年。PC/ITに関するテクノロジーの解説や製品レビューを得意とする。 最近は、STEM教育や3DプリンターやCNCを初めとするデジタルファブリケーションに興味を持ち、積極的に取材や記事執筆を行っている。 また、子どもへのプログラミング教育にも関心があり、CoderDojo守谷のメンターを務めている。

IT・テックライターの石井英男さんが選ぶゲーミングキーボード5選と選び方をご紹介します。世界大会の開催やプレイヤーのプロ化など、PCゲームを取り巻く環境は急速に変わりつつあります。そして、ゲームをプレイするためのデバイス(機材)もまた進化しています。なかでも、自分の手足の役割を果たすキーボードは、その操作性によってプレイの結果に違いをもたらす重要パーツのひとつ。さらに、タイプ別の人気商品や通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ商品選びの参考にしてみてください。


ゲーミングキーボードの選び方 IT・テックライターに聞く

IT・テックライターの石井英男さんに、ゲーミングキーボードを選ぶときのポイントを5つ教えてもらいました。商品の選び方によって使い心地が大きく変わる可能性のあるアイテムですので、それぞれのポイントを参考にしてみてくださいね。

キーボード
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

eスポーツで活躍したい人の必須アイテムのひとつともいえるのがゲーミングキーボード。

キーの方式で選ぶ

IT・テックライター

キー方式により耐久性や打鍵感が異なる

まずチェックしたいのが、キーの方式です。方式によって、打鍵感や耐久性などが異なります。主なキーの種類としては「メカニカル式」「メンブレン式」「静電容量無接点方式」「光学式」があります。

メカニカル式は、バネと金属接点による独立したキースイッチを採用したタイプで、耐久性が高く、しっかりとした打鍵感があります。ゲーミングキーボードでは、『Cherry MX』というキースイッチが人気ですが、軸の色で特徴が異なります。メンブレン式は、安価なことが特徴ですが、耐久性はやや劣ります。

静電容量無接点方式や光学式は、メカニカル式の一種ですが、金属接点を使わないので、チャタリングが生じず耐久性もすぐれていることが利点です。

Razer『Razer BlackWidow』

メカニカル式のゲーミングキーボードは耐久性が高いので長く使えるのがメリット。

>> Amazonで詳細を見る

同時押し可能数で選ぶ

IT・テックライター

10キー同時入力可能を一つの目安に

同時に複数のキーを押したときに正しくすべてのキーを認識できるかどうかは、キーボードによって異なります。スペックで、「キーロールオーバー」と書かれているのが、同時に入力できるキーの数です。たとえば、10キーロールオーバーなら同時に最大10個までのキーを入力できるという意味です。

Nキーロールオーバーなら、同時入力数の制限はありません。FPS(ファーストパーソン・シューター)などでは複数のキーを同時に押す必要がありますが、10キーの同時入力ができればじゅうぶんでしょう。

マクロ機能の有無で選ぶ

IT・テックライター

マクロ機能でサクサクプレイ

マクロ機能とは、一連のキー操作をひとつのキーに割り当て、そのキーを押すだけですむようにする機能です。ショートカット機能などとも呼ばれます。MMORPGなどでは、アイテムや魔法を選択するときなど、マクロ機能を使うと、より快適にプレイできるようになります。

また、ゲームのアカウントIDやパスワードをマクロとして登録しておけば、ログインが素早くおこなえます。

ロジクール『G413』

ゲーミングキーボードのマクロ機能を使いこなしてゲームを快適にプレイしよう。

>> Amazonで詳細を見る

テンキーの有無で選ぶ

IT・テックライター

マウス操作のスペースも考慮しよう

ゲーミングキーボードにはテンキーがあるものとないものがあります。キーボードとマウスを併用するFPSなどでは、マウス操作にもスペースが必要ですので、テンキーがあると机の横幅が足りなくなることがあります。ゲーミングキーボードを仕事にも使う人なら、テンキーがあるほうが便利です。

一方、ゲーム専用なら机の横幅とキーボードの横幅を比べて決めるのがいいでしょう。

LEDイルミネーションの有無

IT・テックライター

さまざまに発光する製品はゲーミングモデルならでは

ゲーミングキーボードでは、キーにLEDイルミネーションが搭載されている製品も多くなっています。高価なモデルでは、LEDイルミネーションがひとつひとつのキーに搭載されており、それぞれ独立して発光色を制御できるようになっているものもあります。ゲームで使うキーだけ発光色を変えたり、ゲームのシチュエーションに応じて発光色を変えることができる製品もあります。

そうした機能に興味があるなら、LEDイルミネーションを搭載した製品を選ぶことをおすすめします。

ゲーミングキーボードのおすすめ5選 IT・テックライターが厳選

ここまで紹介したゲーミングキーボードの選び方のポイントをふまえて、石井英男さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。それぞれのスペックを見比べて選んでみましょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Razer『BlackWidow』

Razer『BlackWidow』

出典:楽天市場

本体サイズ/重さ -
キーの数 104/109キー
キー配列 英語配列/日本語配列
キーの方式 メカニカル式
キーピッチ -
キーストローク 4.0mm
キーロールオーバー Nキーロールオーバー
Thumb lg 16e6f85c b803 4a45 8fff 2f0f3f3a13e4

IT・テックライター

人気ゲーミングブランドの定番モデル

人気ゲーミングデバイスメーカー「Razer」の定番モデルです。2019年4月に登場した最新モデルでは、10キーロールオーバーがNキーロールオーバーへ進化しています。キーはメカニカル式の「Razer Green Switch」を採用しています。

インターフェースはUSBです。テンキー付きで、キー配列は日本語配列の109キーと英語配列の104キーがあり、好みに応じて選べます。キーひとつひとつに1677万色対応のLEDイルミネーションを搭載しており、独自ユーティリティ「Synapse 3」でゲームに応じたこまかい点灯制御が可能です。

マクロ機能も備えており、幅広いゲームに対応できる万能モデルとしておすすめします。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ロジクール『G213 PRODIGY』

ロジクール『G213 PRODIGY』

出典:Amazon

本体サイズ/重さ 横452mm x 縦218mm x 高さ33mm / 1.0kg
キーの数 108キー
キー配列 日本語配列
キーの方式 メンブレン式
キーピッチ -
キーストローク 4.0mm
キーロールオーバー 10キーロールオーバー
Thumb lg 16e6f85c b803 4a45 8fff 2f0f3f3a13e4

IT・テックライター

コストパフォーマンスの高さが魅力

大手周辺機器メーカー「ロジクール」の人気製品です。キーはメンブレン式ですが、独自の「Mech-Domeキー」の採用により、メカニカル式に近い打鍵感を実現しています。インターフェースはUSBで、10キーロールオーバー対応です。

テンキー付きの日本語配列の108キーで、音楽などの再生を制御できるメディアコントロールボタンも備えています。LEDイルミネーションは5ゾーン式で、独自ユーティリティ「G HUB」によって制御が可能です。マクロ機能や一部のキーを無効にするゲームモードも備えています。

耐水性も高く、60mlの液体をこぼすテストをクリアしています。ゲーミングキーボードに必要な機能をひと通り備えた、コストパフォーマンスの高さが魅力です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

コルセア『K65 RGB RAPIDFIRE Compact Mechanical Gaming Keyboard ー CHERRY MX Speed RGB 』

コルセア『K65 RGB RAPIDFIRE Compact Mechanical Gaming Keyboard ー CHERRY MX Speed RGB 』

出典:Amazon

本体サイズ/重さ 横355mm x 縦165mm x 高さ38mm / 0.86kg
キーの数 87キー
キー配列 英語
キーの方式 メカニカル式
キーピッチ 標準的
キーストローク 1.2mm(Actuation)
キーロールオーバー Nキーロールオーバー
Thumb lg 16e6f85c b803 4a45 8fff 2f0f3f3a13e4

IT・テックライター

高速反応が魅力のコンパクトキーボード

FPSゲーマーに人気のコンパクトキーボード。キーとしてメカニカル式の「Cherry MX Speed」を採用しています。Speed軸は銀軸とも呼ばれ、反応が非常に高速なことが特徴です。

丈夫なアルミニウム鍛造フレームにより、プレイヤーの素早く力強い打鍵もしっかりと支えることができます。インターフェースはUSBで、Nキーロールオーバー対応です。また、キー1個1個にLEDイルミネーションも備えており、専用ユーティリティ「iCUE」によって、LEDイルミネーションやマクロ機能の制御が可能です。

FPSなどによく使うキーの交換用キートップも付属しています。テンキーレスでコンパクトなので、机の横幅が狭い人にもおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

東プレ『REALFORCE RGB/AEAX02』

東プレ『REALFORCE RGB/AEAX02』

出典:Amazon

本体サイズ/重さ 横455mm x 縦142mm x 高さ30mm / 1.4kg
キーの数 112キー(4つの特殊キー含む)
キー配列 日本語配列
キーの方式 静電容量無接点方式
キーピッチ -
キーストローク 4.0mm
キーロールオーバー Nキーロールオーバー
Thumb lg 16e6f85c b803 4a45 8fff 2f0f3f3a13e4

IT・テックライター

無接点キー採用の最高峰製品

独自の無接点方式の高級キーボードで知られる東プレのゲーミングキーボード。物理的な接点がなく、信頼性と耐久性が高いことが利点です。また、キーがオンになる位置を3段階に調整できるAPC機能により、ゲームに応じて個別にキーの反応速度を最適化できます。

キー配列はテンキー付きの日本語配列で、108キーです(英語配列のAEAX01もあります)。キーの一つひとつにLEDイルミネーションが搭載されており、専用ソフトにより自由に発光色を制御できます。インターフェースはUSBで、Nキーロールオーバー対応となっています。

価格は高めですが、キーの反応位置やキータッチにこだわる上級者におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ロジクール『G413 rSV』

ロジクール『G413 rSV』

出典:Amazon

本体サイズ/重さ 横445mm x 縦132mm x 高さ34mm/1.105kg
キーの数 108キー
キー配列 日本語配列
キーの方式 メカニカル式
キーピッチ 19mm
キーストローク 1.5mm
キーロールオーバー 26キーロールオーバー
Thumb lg 16e6f85c b803 4a45 8fff 2f0f3f3a13e4

IT・テックライター

コストパフォーマンスが高いメカニカル式キーボード

メカニカル式のゲーミングキーボード。ロジクール独自の「Romer-Gタクタイルスイッチ」を採用し、確かな打鍵感を実現しています。カラーはカーボンとシルバーの2色が用意されており、LEDイルミネーションの発光色はカーボンが赤、シルバーが白で、明るさを5段階に調整できます。

ゲームの妨げになるキーを無効にするゲームモードやマクロ機能も備えています。FNキーはマクロを割り当てたり、メディアコントロールキーとして利用可能です。また、ゲームでよく使う12個のキーの交換用キートップが付属しています。

インターフェースはUSBで、26キーロールオーバー対応です。反応が高速なのでFPSやeスポーツに適しています。

キーボードは使用感で選ぼう IT・テックライターのアドバイス

キータッチやイルミネーションの様子などをチェック

IT・テックライター

キータッチやイルミネーションの様子などをチェック

キーボードやマウスは、直接ユーザーが触るデバイスですので、その使用感は重要です。カタログスペックだけでは、キータッチは分かりませんし、LEDイルミネーションの点灯の様子も、なかなかイメージしにくいものです。

最近は、ゲーミングデバイスコーナーが用意されている店も増えています。使い勝手はメーカーによってまちまちです。実際に製品を触って自分好みの商品を選ぶようにするのがいいでしょう。

【テンキーレス】ゲーミングキーボード3選|机の上が広く使える!

ゲームをする場所によっては、キーボードを置くスペースでギリギリ、というところもありますよね。そういうときにはテンキーレスキーボードを。小型コンパクトのキーボードは場所を選ばず活躍します。

ロジクール『メカニカルゲーミングキーボードPRO(G-PKB-001)』

ロジクール『メカニカルゲーミングキーボードPRO(G-PKB-001)』

出典:Amazon

本体サイズ/重さ 横360mm x 縦153mm x 高さ34.3mm/980g
キーの数 91キー
キー配列 英語配列/日本語配列
キーの方式 メカニカル式
キーピッチ 19mm
キーストローク 3.2mm
キーロールオーバー 26キーロールオーバー

eスポーツのニーズに応えたコンパクトなキーボード

ロジクールのGキーボードの中でも、製品名に「PRO」の名前を冠した初の商品です。テンキーレスなので大会会場のデスクに収まり、マウスを使うときもジャマになりにくいのがポイント。

ロジクールの技術が結集されたメカニカルキーボードは、打ちごたえだけでなくレスポンスや耐久性も抜群。遠征のお供にもぴったりの1台です。

NPET『ゲーミングキーボード(K10)』

NPET『ゲーミングキーボード(K10)』

出典:Amazon

本体サイズ/重さ 横435mm x 縦130mm x 高さ35mm
キーの数 106キー
キー配列 日本語配列
キーの方式 メンブレン式
キーピッチ -
キーストローク -
キーロールオーバー 26キーロールオーバー

コンパクトでコスパのよいゲーミングキーボード

NPETのK10はコンパクトながら使いやすいゲーミングキーボードです。人間工学に基づいた階段のようなデザインと高さの調節可能なレッグ部分がポイント。使いやすい位置にキーボードを調節でき、長時間の使用による疲労を軽減させます。

キーボードには排水口もついているので万が一水をこぼしてしまっても、排水されます。

Razer(レイザー)『BlackWidow Tournament Edition Chroma V2 ORANGE SWITCH(RZ03-02190700-R3M1)』

Razer(レイザー)『BlackWidow Tournament Edition Chroma V2 ORANGE SWITCH(RZ03-02190700-R3M1)』

出典:Amazon

本体サイズ/重さ -
キーの数 -
キー配列 英語配列
キーの方式 メカニカル式
キーピッチ -
キーストローク -
キーロールオーバー 10キーロールオーバー

高精度で静音性にすぐれたメカニカルキーボード

キーのクリック音がほとんど無く、軽い力でタイピングできるゲーミングキーボードです。それでいてクリック感はしっかりとしているので入力しやすいのが特徴。

エルゴノミックデザインを施したリストレストが付属しており、長時間の操作による疲労が軽減されます。Xbox Oneにも対応。

メカニカルキーボードの「軸」って何?

メカニカルキーボードの特徴になっているのが、キーボードの「軸」です。軸とはキーボードの部品のことで、色によってそれぞれ機能が違います。キーボードの軸について知識があると、自分の操作しやすいキーボードを見つけやすくなりますよ。こちらでは軸ごとの特徴をご紹介します。

ゲーミングキーボード
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

メカニカルキーボードを選ぶときに注意してほしいのは「軸」を見ること。軸の色ごとにキーボードの性能が違ってくるので、自分の好みに合った性能の色をおぼえておきたい。

CHERRY社のキー軸は6色

CHERRY社のキー軸は全部で6色。色は赤軸、茶軸、銀軸、青軸、黒軸、ピンク軸があります。こちらでは色による性能の特徴をご紹介します。

「赤軸」はキータッチが軽くて静か

赤軸の特徴はキータッチの軽さ。キーが軽くて疲れにくいので、長時間ゲームをするゲームプレイヤーに向いています。

「銀軸」は高速入力向け

銀軸はキーの反応速度が速く、キーが浅めで押しやすいのが特徴です。キーの反応がとにかくいいので、慣れるまで時間がかかるかもしれません。

一瞬の反応が勝負を決める、上級者のゲーマー向けです。

「青軸」は打鍵感がゲーマーに人気

青軸の特徴はキーを打つ時の気持ちよさ。キーボードを気持ちよくたたくことでテンションが上がるゲーマー向けです。打鍵感はありますが、キーを押した時の音が大きいので、チャットをしながらの入力や夜間の作業の際には周りに気をつけましょう。

「茶軸」はキーのタッチ感あり

茶軸はキーのバランスがよく、タッチ感がしっかりしているのが特徴です。メカニカルキーボードを初めて使う初心者にぴったりのキーボードです。

「ピンク軸」は最も静音性が高い

ピンク軸は静音性が1番高いのが特徴です。キーボードの打鍵音が気になる人はこちらのピンク軸を使うといいでしょう。

「黒軸」はキーが重めで静音性が高い

黒軸はキーのタッチが重めでクリック感はあまりないのが特徴です。静音性は赤軸と同程度あるので、キーボードを入力するのにタッチが重めのほうが好みの人は使いやすいでしょう。

【軸の色別】キーボード3選|メカニカルキーボードの人気モデル

メカニカルキーボードの中でもゲーマーに人気の銀軸と赤軸。こちらでは反応の早い銀軸とタッチの軽い赤軸を使ったキーボードをご紹介します。キーボード選びの参考にしてみてくださいね。

銀軸と赤軸のメカニカルキーボード

MSI『VIGOL GK60』

MSI『VIGOL GK60』

出典:Amazon

本体サイズ/重さ 横440mm x 縦134mm x 高さ42mm/1,050g
キーの数 109キー
キー配列 日本語配列
キーの方式 メカニカル式
キーピッチ -
キーストローク -
キーロールオーバー Nキーロールオーバー(Gaming mode)、6キーロールオーバー(Standard mode)

100以上の効果を割り当てられるホットキー搭載

GK60は使いやすい赤軸のキーボードです。キーの打ちやすさはもちろん、反応速度も高いのでゲーミングキーボードとしての使いやすさは抜群。4つの金属製キーキャップが付属していて、ゲーム中の操作ミスを防止できます。

スペースキーの真下にはGaming Baseという支えがついていて、操作中にキーボードが動いて誤入力するのを防止。接続は有線ですが、ケーブルの配置が工夫されており、絡まりがなくすっきりと使えるようにしています。未使用のケーブルはキーボードの下に収納できる設計です。

キングストン『ゲーミングキーボードHyperX Alloy Elite(HX-KB2RD1-US/R1)』

キングストン『ゲーミングキーボードHyperX Alloy Elite(HX-KB2RD1-US/R1)』

出典:Amazon

本体サイズ/重さ 幅169mm x 高さ38mm/1,500g
キーの数 104キー
キー配列 英語配列
キーの方式 メカニカル式
キーピッチ -
キーストローク 4-0.4mm
キーロールオーバー Nロールオーバー

USBの充電ポートつきで携帯やマウスを接続できる

キングストンのHyperX Alloy Eliteは赤軸のゲーミングキーボードです。キーは軽快に打つことができ、信頼性の高いメカニカルキーを採用することで、反応性と耐久性を実現しました。かんたんに音楽の操作ができるメディアキーや、発光パターンなどの調整ができるクイックアクセスボタンがあり、操作性がいいキーボードです。

キーボード本体にはUSBポートが1つ設けてあり、他のデバイスやマウスなどを接続して使用することができます。

コルセア『k70 RGB MK.2 SE メカニカルゲーミングキーボード』

コルセア『k70 RGB MK.2 SE メカニカルゲーミングキーボード』

出典:Amazon

本体サイズ/重さ 幅166mm x 高さ39 mm/1,250g
キーの数 105キー
キー配列 英語配列
キーの方式 メカニカル式
キーピッチ -
キーストローク 1.2mm
キーロールオーバー 全キーロールオーバー

シルバーのアルミフレームでデザインと機能が調和

コルセアの銀軸を使用したゲーミングキーボードです。メカニカルキースイッチは反応が早くレスポンスがいいのが特徴。ゲーム中に高速でタイピングをおこなっても、しっかりと入力が反映されます。

このキーボードはデザインにもこだわりがあります。陽極酸化処理されたシルバーのアルミニウムフレームと、白いキーキャップの組み合わせはバックライトに映えるつくりになっています。

操作をアシストする片手用ゲーミングキーボードとは?

ゲームをより効率よく進めるために、利用されるのが片手用のゲーミングキーボードです。主に片手用キーボードには右手用と左手用があり、空いたもう片方の手はマウスを操作するために使います。

片手用ゲーミングキーボードを選ぶ時には利き腕ではなく、マウスをどの手で操作するかがポイントになります。

左手とキーボード
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

片手用ゲーミングキーボードは、ゲームをプレイするときにマウスと一緒に使用する。片手で使えるように通常のキーボードよりはキーは少なめ。慣れて使いこなせるようになると、より快適にゲームをプレイできる。

片手使用に特化していてキーが少ない

片手用ゲーミングキーボードは片手で効率的に操作するために、キーの数が少ないです。

キーが少ない分カスタマイズをしっかりとおこなえば、最小限の動作で必要な操作をおこなうことができます。

「左手用」が多いが「右手用」もある

販売されている片手用ゲーミングキーボードは左手用の方が多いです。その理由は空いた右手でマウスを操作する人が多いから。

とはいってもまったく右手用のゲーミングキーボードがないわけではありません。左手でマウスを操作するほうがやりやすいという人は右手用のゲーミングキーボードを探してみましょう。

【片手用】ゲーミングキーボード3選|ゲームに集中できる!

こちらでは片手用ゲーミングキーボードの中でも、人気があり使いやすい商品をご紹介します。自分に合った片手用ゲーミングキーボード探しの参考にしてみてください。

Newaner『ゲーミングキーボード』

Newaner『ゲーミングキーボード』

出典:Amazon

本体サイズ/重さ 横192mm x 縦175mmx 高さ20mm/375g
キーの数 36キー
キー配列 青軸
キーの方式 メカニカル式
キーピッチ -
キーストローク 2.2mm
キーロールオーバー 全キーロールオーバー

打ちやすく疲れにくい片手用ゲーミングキーボード

Newanerの人間工学に基づいたデザインで入力しやすい片手用ゲーミングキーボードです。メカニカルタイプで青軸を使用しているので打鍵感がよく、気持ちよく入力できるのがポイント。

全てのキーが無衝突機能に対応しているので、複数のキーを同時に打ってもしっかりと反映されます。

Razer(レイザー)『Orbweaver Chroma』

Razer(レイザー)『Orbweaver Chroma』

出典:Amazon

本体サイズ/重さ 横154mm x 縦202mm x 高さ55mm/395g
キーの数 20キー
キー配列 -
キーの方式 メカニカル式
キーピッチ -
キーストローク -
キーロールオーバー -

フルプログラミング可能な20個のキーとサムパッド

RazerのOrbweaver Chromaは使いやすさを追求した片手用ゲーミングキーボードです。その秘密はゲーム専用に設計されたメカニカルスイッチ。各キーは動作が最適化されているため、なめらかなタッチと高速レスポンスが実現しています。

各キーにはそれぞれプログラミングが可能なので、ボタン一つでよく使う操作を素早くおこなうことができます。左手の親指で操作するサムパッドもプログラミングが可能なので、取れる戦略がググっと広がります。

GameSir(ゲームサー)『VX AimSwitch Combo』

GameSir(ゲームサー)『VX AimSwitch Combo』

出典:Amazon

本体サイズ/重さ 横79mm x 199.8mm x 359.9mm/862 g
キーの数 38キー
キー配列 英語配列
キーの方式 メカニカル式
キーピッチ -
キーストローク 2.2+0.6mm
キーロールオーバー -

マウスもセットで初心者が使いやすいキーボード

GameSirのVX AimSwitchは家庭用ゲーム機にも接続することができる片手用ゲーミングキーボードです。マウスもセットでついているので、購入したその日からすぐにマウスとキーボードを使ってゲームで遊べますよ。

キーボードは無線のワイヤレスで接続されるのでコードを気にせず、好きな場所で操作できるのもポイント。アプリを使用すればキーボードの配置などを好みに設定することができます。

「ゲーミングキーボード」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
Razer『BlackWidow』
ロジクール『G213 PRODIGY』
コルセア『K65 RGB RAPIDFIRE Compact Mechanical Gaming Keyboard ー CHERRY MX Speed RGB 』
東プレ『REALFORCE RGB/AEAX02』
ロジクール『G413 rSV』
ロジクール『メカニカルゲーミングキーボードPRO(G-PKB-001)』
NPET『ゲーミングキーボード(K10)』
Razer(レイザー)『BlackWidow Tournament Edition Chroma V2 ORANGE SWITCH(RZ03-02190700-R3M1)』
MSI『VIGOL GK60』
キングストン『ゲーミングキーボードHyperX Alloy Elite(HX-KB2RD1-US/R1)』
コルセア『k70 RGB MK.2 SE メカニカルゲーミングキーボード』
Newaner『ゲーミングキーボード』
Razer(レイザー)『Orbweaver Chroma』
GameSir(ゲームサー)『VX AimSwitch Combo』
商品名 Razer『BlackWidow』 ロジクール『G213 PRODIGY』 コルセア『K65 RGB RAPIDFIRE Compact Mechanical Gaming Keyboard ー CHERRY MX Speed RGB 』 東プレ『REALFORCE RGB/AEAX02』 ロジクール『G413 rSV』 ロジクール『メカニカルゲーミングキーボードPRO(G-PKB-001)』 NPET『ゲーミングキーボード(K10)』 Razer(レイザー)『BlackWidow Tournament Edition Chroma V2 ORANGE SWITCH(RZ03-02190700-R3M1)』 MSI『VIGOL GK60』 キングストン『ゲーミングキーボードHyperX Alloy Elite(HX-KB2RD1-US/R1)』 コルセア『k70 RGB MK.2 SE メカニカルゲーミングキーボード』 Newaner『ゲーミングキーボード』 Razer(レイザー)『Orbweaver Chroma』 GameSir(ゲームサー)『VX AimSwitch Combo』
商品情報
特徴 人気ゲーミングブランドの定番モデル コストパフォーマンスの高さが魅力 高速反応が魅力のコンパクトキーボード 無接点キー採用の最高峰製品 コストパフォーマンスが高いメカニカル式キーボード eスポーツのニーズに応えたコンパクトなキーボード コンパクトでコスパのよいゲーミングキーボード 高精度で静音性にすぐれたメカニカルキーボード 100以上の効果を割り当てられるホットキー搭載 USBの充電ポートつきで携帯やマウスを接続できる シルバーのアルミフレームでデザインと機能が調和 打ちやすく疲れにくい片手用ゲーミングキーボード フルプログラミング可能な20個のキーとサムパッド マウスもセットで初心者が使いやすいキーボード
本体サイズ/重さ - 横452mm x 縦218mm x 高さ33mm / 1.0kg 横355mm x 縦165mm x 高さ38mm / 0.86kg 横455mm x 縦142mm x 高さ30mm / 1.4kg 横445mm x 縦132mm x 高さ34mm/1.105kg 横360mm x 縦153mm x 高さ34.3mm/980g 横435mm x 縦130mm x 高さ35mm - 横440mm x 縦134mm x 高さ42mm/1,050g 幅169mm x 高さ38mm/1,500g 幅166mm x 高さ39 mm/1,250g 横192mm x 縦175mmx 高さ20mm/375g 横154mm x 縦202mm x 高さ55mm/395g 横79mm x 199.8mm x 359.9mm/862 g
キーの数 104/109キー 108キー 87キー 112キー(4つの特殊キー含む) 108キー 91キー 106キー - 109キー 104キー 105キー 36キー 20キー 38キー
キー配列 英語配列/日本語配列 日本語配列 英語 日本語配列 日本語配列 英語配列/日本語配列 日本語配列 英語配列 日本語配列 英語配列 英語配列 青軸 - 英語配列
キーの方式 メカニカル式 メンブレン式 メカニカル式 静電容量無接点方式 メカニカル式 メカニカル式 メンブレン式 メカニカル式 メカニカル式 メカニカル式 メカニカル式 メカニカル式 メカニカル式 メカニカル式
キーピッチ - - 標準的 - 19mm 19mm - - - - - - - -
キーストローク 4.0mm 4.0mm 1.2mm(Actuation) 4.0mm 1.5mm 3.2mm - - - 4-0.4mm 1.2mm 2.2mm - 2.2+0.6mm
キーロールオーバー Nキーロールオーバー 10キーロールオーバー Nキーロールオーバー Nキーロールオーバー 26キーロールオーバー 26キーロールオーバー 26キーロールオーバー 10キーロールオーバー Nキーロールオーバー(Gaming mode)、6キーロールオーバー(Standard mode) Nロールオーバー 全キーロールオーバー 全キーロールオーバー - -
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年2月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月12日時点 での税込価格

通販サイトのランキングを参考にする ゲーミングキーボードの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのゲーミングキーボードの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ゲーミングキーボードランキング
楽天市場:ゲーミングキーボードランキング
Yahoo!ショッピング:キーボードランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

ゲームライター・辻村美奈さんに、ゲーミングPCやPCパーツの選び方やおすすめゲームまでを幅広く解説していただきました。

どんなゲームを遊ぶかでキーボードを選ぼう

ここまで、IT・テックライターの石井英男さんにお聞きしたゲーミングキーボードの選び方とおすすめの商品をご紹介してきました。

ゲーミングキーボードを選ぶときには自分がどのゲームをプレイするかで決めてみましょう。シミュレーションゲームで遊ぶならフルサイズのキーボード、eスポーツの大会に出るようなゲームなら会場でセットしやすいテンキーレス、FPSなら片手用ゲーミングキーボードとマウスを併用する、などいろいろ考えられます。

実際に使う場面を想定して、自分に合った商品を選ぶようにしましょう。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/2/12 一部修正のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 加藤佑一)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


USBヘッドセットのおすすめ12選|タイプ別に解説! 音質・マイク性能もチェック

USBヘッドセットのおすすめ12選|タイプ別に解説! 音質・マイク性能もチェック

ハンズフリーで通話やゲームを楽しめるUSBヘッドセット。BUFFALO・プラントロニクス・LOGICOOL・ゼンハイザーなど、メーカーが多数あり、選ぶのに迷ってしまいますよね。そこで、ゲームキャスターの吉﨑智宏さんと編集部が選ぶUSBヘッドセットのおすすめ商品をご紹介します。また、選び方のポイントについても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


電池チェッカーおすすめ10選|タイプ・表示形式などくわしく解説

電池チェッカーおすすめ10選|タイプ・表示形式などくわしく解説

使っている電子機器が動かなくなって、故障か電池切れかわからないとき、買い置きをしてある電池のパフォーマンスを確認したいときに重宝するのが「電池チェッカー」です。使い方はいたってシンプル。ひとつもっていると電池を有効に活用でき、節約にもなります。ここでは、家電販売員のたろっささんに教えていただいた選び方のポイントと、編集部とともに選んだおすすめの商品10選をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。


モニターアームおすすめ17選+番外編|壁を利用したタイプから2画面対応まで

モニターアームおすすめ17選+番外編|壁を利用したタイプから2画面対応まで

デスクがごちゃごちゃしていて、仕事に集中できない。そんなときに活躍してくれるのがモニターアームです。ただし、種類も豊富なのでどれが自分に合うのかは悩みどころ。そこで、各商品の特徴や選び方をこの記事で解説していきます。また、家電販売員・たろっささんと編集部が選んだおすすめ商品も紹介するのでぜひ参考にしてみてください。


メカニカルキーボードのおすすめ20選|打鍵感とロールオーバー数が重要!

メカニカルキーボードのおすすめ20選|打鍵感とロールオーバー数が重要!

打鍵感の気持ちよさからユーザーが多い「メカニカルキーボード」。国内・海外のさまざまなメーカーから製品がリリースされ、「ゲーミングキーボード」とも呼ばれてます。ここでは、メカニカルキーボードの選び方に加え、プロの家電販売員のたろっささんと編集部が選んだ商品20選を紹介します。使い勝手のよいメカ二カルキーボードを見つけて、PC作業に、ゲームプレイに、快適に使いましょう!


パンタグラフキーボードおすすめ20選|ピッチ・ストローク・タイプで選ぶ!

パンタグラフキーボードおすすめ20選|ピッチ・ストローク・タイプで選ぶ!

薄型で軽いタッチが特徴のパンタグラフキーボード。デスクトップパソコン用だけでなく、スマートフォンやタブレットに対応している機種など多くの種類があります。そこで本記事では、IT環境保守リペアラーの古賀竜一さんと編集部が選ぶパンタグラフキーボードのおすすめ20選をご紹介します。特徴やほかのキースイッチとの違い、選び方のポイントなども解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


新着記事


カッティングマシンおすすめ8選|初心者でもかんたん【コスト削減にも】

カッティングマシンおすすめ8選|初心者でもかんたん【コスト削減にも】

自宅でオリジナルステッカーやオリジナルTシャツを作るときに重宝するのが「カッティングマシン」です。別名、「カッティングプロッター」とも呼ばれているカッティングマシンは、各メーカーからさまざまな種類のものが販売されており、機能やサイズがそれそれ異なります。今回はそんなカッティングマシンをプロの家電販売員のたろっささんと編集部がご紹介します。この記事をじっくりと読み、あなたにとっての最高の1台を見つけてください。


USBヘッドセットのおすすめ12選|タイプ別に解説! 音質・マイク性能もチェック

USBヘッドセットのおすすめ12選|タイプ別に解説! 音質・マイク性能もチェック

ハンズフリーで通話やゲームを楽しめるUSBヘッドセット。BUFFALO・プラントロニクス・LOGICOOL・ゼンハイザーなど、メーカーが多数あり、選ぶのに迷ってしまいますよね。そこで、ゲームキャスターの吉﨑智宏さんと編集部が選ぶUSBヘッドセットのおすすめ商品をご紹介します。また、選び方のポイントについても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


工具セットおすすめ11選|用途別に紹介【家庭用、DIY用、整備用】

工具セットおすすめ11選|用途別に紹介【家庭用、DIY用、整備用】

流行りのDIYをしたり、ちょっとした家具の組み立てや修理、バイクや自動車の整備をするときに便利な「工具セット」は、ひとつ持っているととても役立ちます。プロ仕様のセットや初心者でも使えるようなセットまで、さまざまな種類があるので、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。そこで、工具セットの選び方のポイントとおすすめの11商品を、DIYアドバイザーの野口 僚さんと編集部がご紹介します。ぜひ、選ぶときの参考にしてみてください。


アウトドア用まな板おすすめ12選|木・樹脂・ゴム製・折りたたみ式も

アウトドア用まな板おすすめ12選|木・樹脂・ゴム製・折りたたみ式も

アウトドアでの調理で必需品となるまな板。アウトドア用まな板には、機能的でコンパクトなもの、おしゃれで素材にこだわったものまでさまざまあります。そこで、アウトドアライターの大森弘恵さんと編集部が厳選した商品12選をご紹介します。また、素材や機能を含め、使用シーンを踏まえた選び方についてもくわしく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


【騒音計】おすすめ11選│精度・測定範囲・機能について解説!

【騒音計】おすすめ11選│精度・測定範囲・機能について解説!

音の大きさを数値化して測定してくれる「騒音計」。オフィスや自宅まわりで、工事などの騒音に悩まされている場合などに役立つでしょう。そこで、DIYクリエイターの網田真希さんと編集部が厳選した商品11選をご紹介します。あわせて、騒音計のタイプや機能についても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


人気の記事


>>総合ランキングを見る