ワインオープナーのおすすめ8選|料理家が選び方も解説!

ワインオープナーのおすすめ8選|料理家が選び方も解説!
料理家
スヌ子(稲葉ゆきえ)

雑誌編集者から料理家へ。東京日本橋「ギャラリーキッチンKIWI」で料理教室を主宰。 テレビ、雑誌、web、企業誌など多数のメディアで独創的レシピを公開するほか、企業への出張レッスン、講演、ケータリングも手がける。 著書は『酔いどれスヌ子の麗しごはん』(小学館)など。CSファミリー劇場のTV番組『スヌ子のぶらり酔いどれ飯』『スヌ子のへべれけレシピ』はアマゾンプライムでも視聴可。 愛称は、スヌーピーが大好きで顔も似ていると言われることから。

料理家のスヌ子(稲葉ゆきえ)さんへの取材をもとに、ワインオープナーのおすすめ商品を紹介します。最近はスクリューキャップのワインも増えてきてはいますが、まだまだコルク栓のワインは多いもの。コルクがうまく抜けなくて、苦労したことがある方も多いのではないでしょうか。この記事では、ワインオープナーのなかでも失敗しにくいものや、力があまり必要ないものなど使いやすいワインオープナーと選び方のポイントを紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。


ワインオープナーの選び方 料理家がポイントを伝授!

料理家・スヌ子(稲葉ゆきえ)さんに、ワインオープナーを選ぶときのポイントを4つ教えてもらいました。それぞれのポイントをふまえて、ワインオープナーを選んでみましょう。

シルバーのソムリエナイフ
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

ワインオープナーは種類もさまざま。機能やシーンに合わせて使いやすいものを選びましょう。

ワインオープナーの種類をチェック

ワインオープナーと言っても、形状、開け方など種類はさまざまです。

スクリュープル式
らせん状になった金属の棒(スクリュー)をコルクの中に差し込んで引き上げるタイプ。取っ手を回して差し込んでいくので比較的力を必要としません。簡易な構造の「T字型」は力が要るので、非力な女性には不向きかもしれません。

ウィング式
オープナーの取っ手を回して中央のスクリューをコルクの中に入れていき、両側の取っ手が万歳をするように上がって、ある程度スクリューが中に入ったら両側の取っ手を下に下げてコルクを抜くタイプ。

レバー式
ボトルの口に取り付けて、レバーを上下することでコルクを引き上げるタイプ。

ハサミ式
ハサミのような2枚の長い刃で挟むようにしてコルクを引き上げるタイプ。

電動式
電気の力でコルクを引き上げまるタイプ。力に自信のない方に向いています。

ソムリエナイフ
ナイフを使いワインボトルのキャップシールを外してから、コルクを抜くタイプ。

ほかにもタイプの違うものもありますが、ワインオープナーにはそれぞれ長所と短所があります。ワインを飲むシチュエーション、頻度(ひんど)、ワインを開けるスキルに自信があるかどうかなどによってぴったりのものを選びましょう。

Vacu Vin(バキュバン)『コルクスクリュー ツイスター』

スクリュー式のワインオープナー。とりあえず買うなら、これです。オランダのメーカーが手掛けていて見た目もオシャレなのがうれしいです。

>> Amazonで詳細を見る

力を入れずにあけたいなら電動式

ワインのコルク栓は、差はありますが、抜くのに力が必要なイメージがあります。そこで選びたいのが電動式。ボタンを押すだけで、コルクを抜くことができて失敗もありません。初心者にはおすすめです。

ただ電池を入れなければいけないので、その分重くなるので持ち運びには不便を感じることも。自宅で使うぶんには問題ないでしょう。

recolte(レコルト)『イージー ワインオープナー』

おしゃれなデザインの電動式ワインオープナーです。ボタンを押すだけで誰でも失敗なくかんたんにコルク栓が開けられます。

>> Amazonで詳細を見る

素早くあけるならエアーポンプ式

コルク栓に細い針を突き刺して、空気を入れることによってコルクが押し上げられ抜ける仕組みがエアーポンプ式です。若干コツは必要なものの、慣れてしまえば一瞬にして抜栓できて便利。

コルクを壊さないのでコルクのカスがワインの中に入ることもなく、スマートに開けられます。抜いたコルクを外すのもかんたんで、初心者にもおすすめです。

協和工業『ボトルロケット』

あっという間にコルクが抜ける、エアーポンプ式のワインオープナー。針を差し込み、ポンプ部分で空気を入れるだけでコルク栓が抜けるので、力が無い方でも開けられます。

>> Amazonで詳細を見る

壊れにくさで選ぶならソムリエナイフを

ワインが好きになると、ソムリエなどのプロがスマートにコルクを開ける姿に憧れるもの。そんなワインのプロが使うのが、シンプルで機能的なソムリエナイフです。

使ってみたいと思うものの、難しいというイメージがあります。でも、慣れてしまえば壊れにくくコンパクトで持ち運びにも便利。カッコよくワインを楽しみたいなら持っておきたいもののひとつです。

ワインオープナーのおすすめ9選 料理家が厳選しました!

うえで紹介したワインオープナーの選び方のポイントをふまえて、料理家・スヌ子(稲葉ゆきえ)さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。自分が使いやすいワインオープナーを見つけて、自宅でもおいしいワインを思う存分楽しみましょう!

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Vacu Vin(バキュバン)『コルクスクリュー ツイスター』

VacuVin(バキュバン)『コルクスクリューツイスター』 VacuVin(バキュバン)『コルクスクリューツイスター』 VacuVin(バキュバン)『コルクスクリューツイスター』 VacuVin(バキュバン)『コルクスクリューツイスター』

出典:Amazon

サイズ 幅7.5×奥行き5.0×高さ19.6cm
重さ 110g
タイプ スクリュー式

手回しの決定版。とりあえずひとつ買うならコレ

Vacu Vin(バキュバン)は、ワイン関連グッズやキッチン用品を扱うオランダのメーカー。この製品は、上の持ち手をくるくると回していくと、スクリューがコルクの中に突き刺さっていき、そのまま回し続けると、コルクが上にあがってきて抜けるというスクリュー式。誰でもかんたんに失敗なく抜栓できます。

カラーもマットなブラックで、デザイン的にも満足なワインオープナーです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

recolte(レコルト)『イージー ワインオープナー』

recolte(レコルト)『イージーワインオープナー』 recolte(レコルト)『イージーワインオープナー』 recolte(レコルト)『イージーワインオープナー』 recolte(レコルト)『イージーワインオープナー』 recolte(レコルト)『イージーワインオープナー』 recolte(レコルト)『イージーワインオープナー』 recolte(レコルト)『イージーワインオープナー』

出典:Amazon

サイズ 約直径5.0×高さ26.2cm
重さ 約300~310g(色によって異なる)
タイプ 電動式

失敗なしの電動式。カラーのかわいらしさがポイント

明るいパステルカラーが目を引く、電動式のワインオープナー。本体上部についているホイルカッターでキャップシールをはがしたあと、ボトルの口に取り付けてボタンを押すだけでかんたんにコルクを抜くことができます。ただ、これを動かすには単三形アルカリ乾電池が4本別途用意して使うため、持ち運びには若干重いかもしれません。

パーティーなどで、何本もワインの栓を開けなければならないときは便利なオープナーです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

協和工業『ボトルロケット』

協和工業『ボトルロケット』 協和工業『ボトルロケット』 協和工業『ボトルロケット』 協和工業『ボトルロケット』 協和工業『ボトルロケット』 協和工業『ボトルロケット』 協和工業『ボトルロケット』

出典:Amazon

サイズ 直径50×高さ19.5cm
重さ 56g
タイプ エアーポンプ式

細いストレート針でコルクが壊れないエアーポンプ式

ほとんどのワインオープナーに見られるスクリュー針ではなく、ストレートな針を使って抜くエアーポンプ式。コルクに向かって真っ直ぐ入るので、コルクが壊れずボロボロになりにくいのが魅力です。

コルクに針を刺して、持ち手を上下に動かすだけで一瞬にして抜栓できます。大量にワインを開けなければいけないときには、このスピーディさはありがたいポイント。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

KYUUSI『ワインオープナー』

KYUUSI『ワインオープナー』 KYUUSI『ワインオープナー』 KYUUSI『ワインオープナー』 KYUUSI『ワインオープナー』 KYUUSI『ワインオープナー』 KYUUSI『ワインオープナー』 KYUUSI『ワインオープナー』

出典:Amazon

サイズ 幅3.9×高さ19.7cm(オープナー)
重さ -
タイプ エアーポンプ式

お手ごろ価格な4点セットで初心者におすすめ

エアーポンプ式のオープナー。ホイルカッターとポアラー、ストッパー付きの4点セットがうれしいポイント。とくにストッパーは、上部のロッドを上下に動かしポンピングして空気を抜くことにより、真空に近い状態にすることができ、残ってしまったワインの酸化防止にも。

値段も手ごろなので、初心者も「これさえあれば」のセットといえるでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Le Creuset(ル・クルーゼ)『ガイア(LM150)』

LeCreuset(ル・クルーゼ)『ガイア(LM150)』 LeCreuset(ル・クルーゼ)『ガイア(LM150)』 LeCreuset(ル・クルーゼ)『ガイア(LM150)』 LeCreuset(ル・クルーゼ)『ガイア(LM150)』 LeCreuset(ル・クルーゼ)『ガイア(LM150)』 LeCreuset(ル・クルーゼ)『ガイア(LM150)』 LeCreuset(ル・クルーゼ)『ガイア(LM150)』

出典:Amazon

サイズ 幅18×高さ12cm
重さ 350g
タイプ レバー式

とにかく早くてパーティーでは活躍間違いなし

ボトルにセットして、片手でグリップを固定しながらレバーを前後に動かすだけでコルクが抜けるレバー式。1分間で8本のワインの抜栓ができたとも! 私もずっと愛用しているオープナーです。

キッチン用品メーカーでは人気のル・クルーゼなので、デザイン的にも満足。若干価格が高めですが、ル・クルーゼのファンならそろえておきたいところ。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

metrokane(メトロケイン)『バーティカルラビット』

metrokane(メトロケイン)『バーティカルラビット』 metrokane(メトロケイン)『バーティカルラビット』 metrokane(メトロケイン)『バーティカルラビット』

出典:Amazon

サイズ 幅15×奥行き5×高さ14cm
重さ -
タイプ レバー式

力を入れなくてもかんたんに抜栓

レバー式オープナーで、お手ごろ価格なところが魅力。商品をよく見ると、名前のとおり、レバー部分がウサギの耳のように見えてかわいらしい製品です。付属のホイルカッターでキャップシールをはがしたあと、ボトルにはめてレバーを押し下げ、再度引き上げるだけ。

摩耗(まもう)したり、折れてしまったりしたときのために予備のスクリューもついていますが、さすがにかなりの本数のワインを開けないと、予備の出番はなかなかなさそうです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Pulltex(プルテックス)『プルタップス トレド』

Pulltex(プルテックス)『プルタップストレド』 Pulltex(プルテックス)『プルタップストレド』 Pulltex(プルテックス)『プルタップストレド』

出典:Amazon

サイズ 約全長12cm
重さ 約104g
タイプ ソムリエナイフ

こだわり派なら持っておきたい高級ソムリエナイフ

ワイン好きなら、ソムリエナイフをスマートに扱う姿に憧れますよね。ならば持っておきたいソムリエナイフがこれ。

ハンドルにはワイン樽にも使用されるオークウッドが使われ、高級感もばっちり。レバー部分にはフックがふたつ付いています。これはコルクを二回に分けて引き上げるため。ソムリエナイフを使い慣れない人でも、かんたんに開けられる仕組みになっているのがうれしいポイント。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

貝印 Kai House SELECT『T型ワインコルク抜き(シールカッター付)』

貝印KaiHouseSELECT『T型ワインコルク抜き(シールカッター付)』 貝印KaiHouseSELECT『T型ワインコルク抜き(シールカッター付)』 貝印KaiHouseSELECT『T型ワインコルク抜き(シールカッター付)』 貝印KaiHouseSELECT『T型ワインコルク抜き(シールカッター付)』

出典:Amazon

サイズ 幅10×長さ12.5×厚み2cm
重さ 41g
タイプ T字型

シンプルで安価なのが魅力。

安価でシールカッターが付いたシンプルなのが、こちらのオープナー。旅先の宿でワインを飲もうとしたらオープナーがない! そこで慌てて酒屋に駆け込んで購入した……、などという人も多いのではないでしょうか。

緊急時には便利ですが、開けるのにはコツがあって、古いコルクの場合などはぼろぼろになって収拾がつかなくなるという難点はあります。

「ワインオープナー」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
Vacu Vin(バキュバン)『コルクスクリュー ツイスター』
recolte(レコルト)『イージー ワインオープナー』
協和工業『ボトルロケット』
KYUUSI『ワインオープナー』
Le Creuset(ル・クルーゼ)『ガイア(LM150)』
metrokane(メトロケイン)『バーティカルラビット』
Pulltex(プルテックス)『プルタップス トレド』
貝印 Kai House SELECT『T型ワインコルク抜き(シールカッター付)』
商品名 Vacu Vin(バキュバン)『コルクスクリュー ツイスター』 recolte(レコルト)『イージー ワインオープナー』 協和工業『ボトルロケット』 KYUUSI『ワインオープナー』 Le Creuset(ル・クルーゼ)『ガイア(LM150)』 metrokane(メトロケイン)『バーティカルラビット』 Pulltex(プルテックス)『プルタップス トレド』 貝印 Kai House SELECT『T型ワインコルク抜き(シールカッター付)』
商品情報
特徴 手回しの決定版。とりあえずひとつ買うならコレ 失敗なしの電動式。カラーのかわいらしさがポイント 細いストレート針でコルクが壊れないエアーポンプ式 お手ごろ価格な4点セットで初心者におすすめ とにかく早くてパーティーでは活躍間違いなし 力を入れなくてもかんたんに抜栓 こだわり派なら持っておきたい高級ソムリエナイフ シンプルで安価なのが魅力。
サイズ 幅7.5×奥行き5.0×高さ19.6cm 約直径5.0×高さ26.2cm 直径50×高さ19.5cm 幅3.9×高さ19.7cm(オープナー) 幅18×高さ12cm 幅15×奥行き5×高さ14cm 約全長12cm 幅10×長さ12.5×厚み2cm
重さ 110g 約300~310g(色によって異なる) 56g - 350g - 約104g 41g
タイプ スクリュー式 電動式 エアーポンプ式 エアーポンプ式 レバー式 レバー式 ソムリエナイフ T字型
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年12月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月17日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ワインオープナーの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのワインオープナーの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:オープナーランキング
楽天市場:ワインオープナーランキング
Yahoo!ショッピング:ワインオープナーランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

料理家よりアドバイス

形も方式もさまざま! 自分に合うものを厳選して

失敗したくないとか、あまり力が必要ないものが欲しいというなら電動式、とにかく早く開けたいというならエアーポンプ式と、それぞれの特長を知り、まず自分にはどんなタイプが向いているのかを考えましょう。そのうえでデザインを重視するのか、機能性を重視するのかなどによって、おのずと選ぶべきアイテムは絞られてくるです。

これ! というオープナーを見つけて、ワインをもっと楽しみましょう。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(制作協力:結城助助、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/1/29 一部コンテンツと価格を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 桑野美帆子)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


まな板シートおすすめ13選|キャンプにも使える使い捨てタイプや丈夫な竹製も!

まな板シートおすすめ13選|キャンプにも使える使い捨てタイプや丈夫な竹製も!

まな板シートは効率的に調理ができる便利なアイテム。使い方や衛生面が気になるという方も多いのではないでしょうか。本記事では、管理栄養士・山田由紀子さんと編集部が選んだおすすめの商品と選び方を紹介します。


スライサーのおすすめ21選│指を切らない安全ホルダー付きや角切り、千切りまで万能スライサーを紹介!

スライサーのおすすめ21選│指を切らない安全ホルダー付きや角切り、千切りまで万能スライサーを紹介!

包丁を使うことなく、食材をカットできるスライサー。スライスだけでなく、千切りやみじん切りまで、マルチに活躍するすぐれものです。料理の幅を広げてくれるスライサーですが、販売しているメーカーや商品数が多いため、どれを選べばいいのか迷ってしまいます。そんな人のために、今回はスライサーを選ぶときのポイントや、料理研究家のRyogoさんと編集部が選んだおすすめ商品を紹介します。


菜切り包丁おすすめ12選|切れ味、ステンレス製で調理効率があがる【お手入れ方法も】

菜切り包丁おすすめ12選|切れ味、ステンレス製で調理効率があがる【お手入れ方法も】

野菜を刻んだり切ったりするときに大活躍する「菜切り包丁」。しかし菜切り包丁といっても素材・大きさがさまざまで、なにを選べばいいか悩んでしまいますよね。この記事では、フードコーディネーターの加治佐由香里さんと編集部が、菜切り包丁の選び方と厳選したおすすめの12商品をご紹介します。


【料理研究家が選ぶ】包丁おすすめ5選と用途・タイプ別19選

【料理研究家が選ぶ】包丁おすすめ5選と用途・タイプ別19選

料理研究家である松本葉子さんへの取材をもとに、おすすめの包丁と選び方を紹介します。包丁にはいろいろな素材があり、おなじみの三徳包丁から牛刀包丁、さらには出刃包丁や刺身包丁、柳刃包丁、ペディナイフまでさまざま種類があります。ブランドに関しても藤次郎、Zwilling(ツヴィリング)、貝印、京セラなど、こちらもさまざま。この記事を参考にして、お気に入りの包丁を見つけてくださいね!


【キッチンツール専門店店主が選ぶ】パン切り包丁のおすすめ7選

【キッチンツール専門店店主が選ぶ】パン切り包丁のおすすめ7選

家に1本あると便利なパン切り包丁(ブレッドナイフ)。ホームベーカリーで焼いた食パン、フランスパンを切るときに重宝します。最近ではさまざまな長さのもの、形の違いなど、多種類のものが販売されています。今回はキッチンツール専門店店主、田中 文さんへの取材をもとに、おすすめのパン切り包丁をご紹介します。あなたにピッタリのお気に入りを見つけてくださいね。


新着記事


司法書士事務所のおすすめ11選|債務整理の費用からそれ以外の相談まで

司法書士事務所のおすすめ11選|債務整理の費用からそれ以外の相談まで

最近は実にたくさんの法律事務所が、過払い金請求のCMなどで宣伝をしています。しかし債務整理の相談はデリケートな問題であり、周囲に知られたくないという方もいるでしょう。また、CMなどで有名なところよりも、さらに実績があって信頼できる司法書士事務所もたくさんあります。そこで本記事では、司法書士事務所のおすすめ11選をFP2級技能士の逆瀬川勇造さんの解説とともにご紹介します。債務整理以外の相談ができるところもありますので、ぜひ参考にしてくださいね。


クライミング用アッセンダーおすすめ11選│ハンド用とチェスト用の種類別に徹底比較!

クライミング用アッセンダーおすすめ11選│ハンド用とチェスト用の種類別に徹底比較!

アッセンダーは登高器とも呼ばれるクライミング時に使用するギア。ロープ上に固定し、クライミングを効率よくするものです。この記事では、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだおすすめの商品を紹介します。サイズ・重量・右手用と左手用など、クライミング用アッセンダーの選び方についても解説していますので、ぜひ参考にしてください。


火起こし送風機おすすめ8選|初心者でもかんたん【電動・手動も】

火起こし送風機おすすめ8選|初心者でもかんたん【電動・手動も】

キャンプやバーベキューで炭を使って火を起こすとき、うちわであおいでいると時間がかかりますが、火起こし送風機を使えば、効率よく炭に風を送り、かんたんに火を起こすとができます。この記事では、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだ、電動式と手動式それぞれのおすすめ商品をご紹介します。効率よく火を起こして、バーベキューやたき火を快適に楽しみましょう!


菜切り包丁おすすめ12選|切れ味、ステンレス製で調理効率があがる【お手入れ方法も】

菜切り包丁おすすめ12選|切れ味、ステンレス製で調理効率があがる【お手入れ方法も】

野菜を刻んだり切ったりするときに大活躍する「菜切り包丁」。しかし菜切り包丁といっても素材・大きさがさまざまで、なにを選べばいいか悩んでしまいますよね。この記事では、フードコーディネーターの加治佐由香里さんと編集部が、菜切り包丁の選び方と厳選したおすすめの12商品をご紹介します。


2020年【ギターワイヤレスシステム】おすすめ12選|自宅やライブで!

2020年【ギターワイヤレスシステム】おすすめ12選|自宅やライブで!

ギターとアンプをシールドを使わずに接続できる機材がギターワイヤレスシステム。それぞれ、チャンネル数、使用周波数帯、通信可能範囲などが異な音楽機材です。そこで、 ピアノ講師/元大手楽器メーカー勤務・山野辺祥子さんと編集部で、ギターワイヤレスシステムを選ぶときのポイントと、おすすめ商品12選をご紹介します。


人気の記事


>>総合ランキングを見る