キャンプライターが選ぶ【DODテント5選】| 個性的なテントを求めるキャンパーにもおすすめ!

キャンプライターが選ぶ【DODテント5選】| 個性的なテントを求めるキャンパーにもおすすめ!
キャンプ/釣りライター
中山 一弘

青年期に始めた釣り新聞への寄稿を始めとして、サイトAllAboutでのフィッシングガイドを務める。 ほかにも雑誌『Salty!(ソルティ)』やアウトドア系の雑誌やWeb媒体などでの執筆多数。 今も休日には必ず海山湖を駆けまわっている自然派で、あらゆるジャンルの釣りを体験し、季節に合わせて日本中の旬な魚を追っている。 キャンプ用品は、あえて払い下げのミリタリー系ギアで揃えるマニアな一面も。

DODは日本のアウトドア用品メーカーですが、従来はドッペルギャンガーアウトドアというブランド名で知られていました。2018年2月からはDOD(ディーオーディー)にブランド名が変更され、今ではウサギとDODが組み合わされたロゴマークのテントやタープでおなじみです。ちなみに現在ではドッペルギャンガーというブランドは、同社の自転車ブランド名になっています。DODは幅広いアウトドア用品を提供していますが、テーブル・チェアや焚火用品をはじめ、ユニークな名前や機能を持つ製品が多いのも特徴です。この記事では、キャンプライターの中山一弘さんがDODテントの選び方のコツとおすすめ商品を紹介します。


DODテントの選び方|キャンプライターが解説

キャンプライターの中山一弘さんに、DODテントを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。

キャンプ中の写真

Photo by Clem Onojeghuo on Unsplash

ユニークな名前や特徴を持つ製品が多いDODのテントを選ぶ際のポイントについて、キャンプライターの中山一弘さんに解説してもらいます。

3つのラインを理解して自分にあったモデルを選ぶ

キャンプ/釣りライター

DODのテントは大きく「オリジナルテント」「ワンタッチテント」「ワンポールテント」の3つのラインにわかれています。

「オリジナルテント」はDODらしいユニークなモデルで、現在大人気で販売すると即完売といわれるカマボコテントなどが含まれます。「ワンタッチテント」は、パッと開いて使えるようなテントのことですが、コンパクトでリーズナブルなものから居住性の高いファミリーキャンプにも最適なものまで、幅広く用意されています。「ワンポールテント」はその名のとおり、ポール1本で立ち上がる最近人気のティーピーのような製品です。

それぞれにコンセプトがあるので、最初にこの3つのラインアップを理解しておきましょう。

DOD『プレミアムワンタッチテント』

ワンタッチ構造で簡単に立ち上げできるので、初心者にもぴったり。ファミリーでもゆっくりくつろげるスペースを確保。

>> Amazonで詳細を見る

リーズナブルなので、目的にあわせて複数所有もあり

キャンプ/釣りライター

他メーカーと比較しても、DODテントの実売価格はかなりコスパがよいといえます。たとえばここ数年人気ですっかり定番となってきた、4人用くらいのベルテントタイプでもDODなら4万円ほどで購入できます。

もちろん素材などは異なりますが、北欧メーカー製が10万円超えがスタンダードなのを考えると、お手ごろ! このコスパなら、家族で出かけるときとソロのときなど、状況にあわせたモデルを複数購入して使いわけるのもいいと思います。

すべてをひとつでまかなうのではなく、TPOにあわせてテントも変えるという選び方も楽しいものです。

ユニークな製品名の遊び心を楽しむ

キャンプ/釣りライター

DODの製品は名前も実にユニーク。端的にその製品のコンセプトなどを示していることがあります。似たようなテントだとしても、名前の違いから考えてみると、なにを重視したモデルなのかが類推できたりします。「タケノコ」「キノコ」などは形から想像できますが、「ヌノイチ」や「カンガルー」などわかりにくい名前もあります。

たとえば「ヌノイチ」は文字通り「布1枚」の軍幕風テントで、「カンガルー」はその名の通り、大型テントの中に小型のテントがある見た目が、まさにカンガルーのように見えるといった具合です。

直感でイメージがつかめたりするので、このあたりも製品選びに役立ててみてください。

DOD『タケノコテント』

広々としたリビングのように快適に過ごせる、ワンルームタイプのテント。オールシーズン仕様で、悪天候にも耐える強度も備えている。

>> Amazonで詳細を見る

DODテントのおすすめ5選|キャンプライターが厳選!

ここまで紹介したDODテントの選び方のポイントをふまえて、キャンプライターの中山一弘さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

DOD『タケノコテント』

DOD『タケノコテント』 DOD『タケノコテント』 DOD『タケノコテント』 DOD『タケノコテント』 DOD『タケノコテント』 DOD『タケノコテント』 DOD『タケノコテント』 DOD『タケノコテント』 DOD『タケノコテント』

出典:Amazon

シリーズ オリジナル
サイズ(cm) W450×D450×H280
重量 約22.8kg
耐水圧(フライ・ボトム) 屋根部350mm・フロア5,000mm
定員 8人用
収納サイズ 直径35×長さ82cm

Thumb lg 9e85a6da 7fe7 4063 b6de e73f47b48d34

キャンプ/釣りライター

ゲルのように広々したワンルームスペースでくつろぐ

モンゴルの遊牧民が伝統的に使う家(ゲル)のような外観で、室内はインナーテントがない広いワンルーム形状。構造的にはワンポールテントですが、サイドポールも併用するため側面が垂直に立ち上がり、端っこにいても圧迫感を感じません。

ロースタイルで敷物の上にゴロゴロする楽しみ方が似合いますが、ボトム部をまくると土間スペースが自由に作れます。夏などはすべて外して、フロアレスでコットで寝るような使い方もできます。

屋根部は通気性のよいポリコットンですが、側面は軽量化と耐水性を高めるためポリエステル生地になっています。最大収容人数は大人8人で、グランピングにも最適なゆったり使えるモデルです。カラバリはベージュとオレンジの2色ですが、5人用のミニもあるので好みで選びやすいでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

DOD『プレミアムワンタッチテント』

DOD『プレミアムワンタッチテント』 DOD『プレミアムワンタッチテント』 DOD『プレミアムワンタッチテント』 DOD『プレミアムワンタッチテント』 DOD『プレミアムワンタッチテント』 DOD『プレミアムワンタッチテント』 DOD『プレミアムワンタッチテント』 DOD『プレミアムワンタッチテント』 DOD『プレミアムワンタッチテント』 DOD『プレミアムワンタッチテント』

出典:Amazon

シリーズ ワンタッチ
サイズ(cm) W300×D510×H200
重量 約12.7kg
耐水圧(フライ・ボトム) フライ2,000mm・フロア5,000mm
定員 5人用
収納サイズ 直径23×長さ107㎝

Thumb lg 9e85a6da 7fe7 4063 b6de e73f47b48d34

キャンプ/釣りライター

初めてのキャンプにも最適な2ルームタイプ

これからキャンプを始めようというファミリーにおすすめなのが、設営の手間が少なく広々した空間が得られるこのモデル。

DODのテントはワンタッチで設営できるタイプが多いのですが、これはリビング+インナーテントの2ルーム構造なので、テントと別にタープを張らなくてもすぐにキャンプサイトが完成します。

もちろん、ステップアップを考える場合、さらにタープを足せばより快適なサイトにしていけます。フロントのひさしを跳ね上げるためのポールまで付属しているので、あれこれ買い足す必要なくこれ一つでキャンプに行けますね。

190㎝の大人も立って歩ける高さ、インナーテントには大型のメッシュパネルもあり、夏でも通気性がいい点も魅力です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

DOD『ワンポールテントL(ビッグワンポールテント)』

DOD『ワンポールテントL(ビッグワンポールテント)』 DOD『ワンポールテントL(ビッグワンポールテント)』 DOD『ワンポールテントL(ビッグワンポールテント)』 DOD『ワンポールテントL(ビッグワンポールテント)』 DOD『ワンポールテントL(ビッグワンポールテント)』 DOD『ワンポールテントL(ビッグワンポールテント)』 DOD『ワンポールテントL(ビッグワンポールテント)』

出典:Amazon

シリーズ ワンポール
サイズ(cm) W460×D460×H300
重量 約12kg
耐水圧(フライ・ボトム) アウター2,000mm・フロア3,000mm
定員 8人用
収納サイズ 直径24×長さ62cm

Thumb lg 9e85a6da 7fe7 4063 b6de e73f47b48d34

キャンプ/釣りライター

最大8人で泊まれる大型ティピーテント

シンプルな構造ですが、しっかり個性を主張できるDODらしいワンポールテントです。いわゆるティピーテントといわれるとんがり帽子タイプですが、最大で8名がごろ寝できる広大なスペースが魅力です。

設営もペグダウンしてポールを立てるだけで、サイズを考慮しても2名いればすぐに準備完了です。大型テントにも関わらず12kgと軽量なので、機動力を活かして大人数の参加で楽しむフェス用にもグッドです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

DOD『カマボコテント2』

DOD『カマボコテント2』 DOD『カマボコテント2』 DOD『カマボコテント2』 DOD『カマボコテント2』 DOD『カマボコテント2』 DOD『カマボコテント2』 DOD『カマボコテント2』

出典:Amazon

シリーズ オリジナル
サイズ(cm) W300×D640×H195
重量 約16.1kg
耐水圧(フライ・ボトム) アウター3,000mm・フロア5,000mm
定員 5人用
収納サイズ W68×D32×H32cm

Thumb lg 9e85a6da 7fe7 4063 b6de e73f47b48d34

キャンプ/釣りライター

キャンプブームのなかでDODを象徴する人気テント

カマボコテント2は広いリビングスペースを備えた2ルームタイプで、ファミリーキャンプからグループキャンプの集会スペースまで、幅広く使える柔軟性に富むモデルです。

一般的な2ルームテントと比較しても、2倍くらいあるリビングスペースがポイント。インナーテントがある状態でも、大人10人くらい入れるゆったりスペースがあります。

5か所のドア部はひさしとして跳ね上げられるので、オールシーズン快適に使えます。大型ですが、一般的なキャンプ場の区画サイトに車1台と一緒に設置しやすいよう設計されています。カラバリは3色で、3人用のミニもあります。

とにかく人気モデルなので、機会があったら即買いという人も多いようです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

DOD『ライダーズワンポールテント』

DOD『ライダーズワンポールテント』 DOD『ライダーズワンポールテント』 DOD『ライダーズワンポールテント』 DOD『ライダーズワンポールテント』 DOD『ライダーズワンポールテント』 DOD『ライダーズワンポールテント』 DOD『ライダーズワンポールテント』 DOD『ライダーズワンポールテント』 DOD『ライダーズワンポールテント』

出典:Amazon

シリーズ ワンポール
サイズ(cm) W290×D290×H183
重量 約2.6kg
耐水圧(フライ・ボトム) アウター2,000mm・フロア3,000mm
定員 1人用
収納サイズ 直径14×長さ50cm

Thumb lg 9e85a6da 7fe7 4063 b6de e73f47b48d34

キャンプ/釣りライター

設営・撤収が簡単でバイクにも積みやすい

DODのワンポールテントにも多くのモデルがありますが、そのなかでもこれはオートバイや自転車などでのツーリングにも最適なモデルとなっています。

コンパクトな収納性と快適な居住性を両立していて、ゆったり過ごせる2ルームタイプとして使えます。底面の5か所をペグダウンしたら、中心のメインポールを立ち上げるだけなので、慣れれば5分もあれば設営可能。別売りのポールを追加すれば、入口のひさしを跳ね上げてスペースを広げられます。

シンプルな構造ですが、結露を防ぐベンチレーターやブレサブルインナーなど細部まで充実しています。ツーリング以外に、ソロキャンプなどでも活用したいモデルです。

「DODテント」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
DOD『タケノコテント』
DOD『プレミアムワンタッチテント』
DOD『ワンポールテントL(ビッグワンポールテント)』
DOD『カマボコテント2』
DOD『ライダーズワンポールテント』
商品名 DOD『タケノコテント』 DOD『プレミアムワンタッチテント』 DOD『ワンポールテントL(ビッグワンポールテント)』 DOD『カマボコテント2』 DOD『ライダーズワンポールテント』
商品情報
特徴 ゲルのように広々したワンルームスペースでくつろぐ 初めてのキャンプにも最適な2ルームタイプ 最大8人で泊まれる大型ティピーテント キャンプブームのなかでDODを象徴する人気テント 設営・撤収が簡単でバイクにも積みやすい
シリーズ オリジナル ワンタッチ ワンポール オリジナル ワンポール
サイズ(cm) W450×D450×H280 W300×D510×H200 W460×D460×H300 W300×D640×H195 W290×D290×H183
重量 約22.8kg 約12.7kg 約12kg 約16.1kg 約2.6kg
耐水圧(フライ・ボトム) 屋根部350mm・フロア5,000mm フライ2,000mm・フロア5,000mm アウター2,000mm・フロア3,000mm アウター3,000mm・フロア5,000mm アウター2,000mm・フロア3,000mm
定員 8人用 5人用 8人用 5人用 1人用
収納サイズ 直径35×長さ82cm 直径23×長さ107㎝ 直径24×長さ62cm W68×D32×H32cm 直径14×長さ50cm
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年10月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年10月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年10月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年10月25日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする DODテントの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのDODテントの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:テントランキング
楽天市場:テント・タープランキング
Yahoo!ショッピング:テントランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

キャンプライターからアドバイス| 標準装備の内容をきちんと把握しておこう

キャンプ/釣りライター

DODのテントはとてもリーズナブルな製品が多いのですが、驚くのはその価格でも標準で付属する内容が充実している点です。

テントの下に敷いて防水性や底面保護に使うグランドシートは別売りのメーカーが一般的ですが、DODでは標準付属のモデルが多いです。また、他メーカーではオプション扱いになりそうなサブポールが付属していたりすることもあります。

購入時には、どういう内容になっているのかきちんと把握して、無駄なオプション装備を増やすことのないようにしましょう。

関連記事はこちら!

サーマレスト(THERMAREST)はキャンプや登山で使用するマットレスの専門ブランド。オートキャンプや登山などでテント泊をするとき、地面の凸凹や冷気を遮断して快適な睡眠をえることができます。そこで、サーマレストマットの選び方のコツとおすすめ商品を、キャンプライターの中山一弘さんに伺いました。

テント泊をともなう登山はもちろん、最近多くのファンがいる最小限の装備で旅する「ウルトラライトハイク」などでは、少しでも装備重量を減らしたいもの。そんな時に活躍する、ジェットボイルの選び方のコツとおすすめ商品を、キャンプライターの中山一弘さんに伺ってみましたので、紹介します。

ヘリノックスチェアは、80以上のテントメーカーに採用されている軽量・高強度なアルミポールで有名なDAC社が立ち上げたブランド。軽量・コンパクトさと同時に快適な座り心地を実現して注目を集めています。この記事では、キャンプライターの中山一弘さんに聞いた、おすすめのヘリノックスチェア5選と選ぶポイン...

ダッチオーブンを使えば、煮る・炒めるなどの調理はもちろん、オーブン料理も楽しむことができます。そのため1台持っておくと、アウトドア料理の幅がグッと広がるでしょう。本記事では、アウトドアライターの夏野 栄さんへの取材をもとに、ステンレス製ダッチオーブンの選び方とおすすめ商品5選を紹介します。

キャンプの必需品になりつつあるエアーベッド。サイズや値段で選んでしまいがちですが、寝心地や空気の入れやすさなど注目すべきポイントが多くあることはご存知でしょうか。この記事では、キャンプ用エアーベッドに詳しいフリーライターの大森弘恵さんへの取材をもとに、キャンプ用エアーベッドの選び方とおすすめ商...

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

2020/01/10 コンテンツを修正し記事を更新しました(マイナビおすすめナビ編集部 花島優史)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


中級者向けテントの選び方&おすすめ7選|スノーピークなど人気商品を厳選

中級者向けテントの選び方&おすすめ7選|スノーピークなど人気商品を厳選

キャンプをはじめアウトドアの場数を踏むようになると、テントを使う場面や用途も幅広くなってきます。ここでは、アウトドアライターの夏野 栄さんと編集部が選んだアウトドアシーンの用途に応じて選べる中級者向けテントおすすめ7選と選び方のポイントについてご紹介します。


ワカサギ釣りテントおすすめ8選|サイズ・設営タイプ・重量で選ぶ

ワカサギ釣りテントおすすめ8選|サイズ・設営タイプ・重量で選ぶ

ワカサギ釣りの必需品といえば「ワカサギ釣り用テント」です。持ち運びに便利なコンパクトタイプや、初心者でも安心なワンタッチで設営できるもの、ドーム型や連結型など種類はさまざまです。また、Coleman(コールマン)やCAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)、DOD(ディーオーディー)などメーカーによっても特徴は違います。そこでこの記事では、フィッシングライターの田澤 晃さんと編集部が選んだワカサギ釣り用テントのおすすめ商品8選とその選び方を紹介します。あなたにぴったりのテントを見つけワカサギ釣りを快適に楽しんでください。


スノーピークテントおすすめ6選【人気のアメニティドーム・2ルームタイプほか】

スノーピークテントおすすめ6選【人気のアメニティドーム・2ルームタイプほか】

新潟県の三条市を本拠地とするアウトドア総合メーカーのSnow Peak(スノーピーク)。この記事では、選び方のコツとおすすめ商品を、キャンプライターの中山一弘さんにうかがいました。動画による組み立て方のコツや通販サイトのおすすめランキングも紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。


【上級者向けテント】選び方&おすすめ6選|アウトドアライターに聞く製品の選び方

【上級者向けテント】選び方&おすすめ6選|アウトドアライターに聞く製品の選び方

キャンプやアウトドア熟練者になると、テントの設営や運搬もスムーズにできるため、より選べるテントの幅も広がります。そこで、大規模テントや個性的テントなど、上級者のためのテントの選び方とおすすめ製品について作家でアウトドアライターの夏野 栄さんにお話をうかがいました。キャンプやアウトドアの熟練度に応じたテントを利用したい人や、トレンドに沿ったテントを導入したい人も、ぜひ参考にしてください。


ツェルトおすすめ10選|ビバークや登山中の悪天候に! 超軽量モデルも紹介

ツェルトおすすめ10選|ビバークや登山中の悪天候に! 超軽量モデルも紹介

登山やアウトドア時のビバーク(緊急避難的・突発的な野宿)用シェルターとして使用されるツェルト。昨今、UL(ウルトラライト)やファストアンドライトなど装備を軽量化し、行動を快適化する概念が一般的になりました。ここでは、山岳写真家・荒井裕介さんと編集部が選んだツェルトのおすすめと選び方のポイントについてご紹介します。


関連するブランド・メーカー


DOD(ディーオーディー)

新着記事


毎日開催【Amazonタイムセール】今日のおすすめ|2020年10月26日:「ハロウィン用コスプレドレス」

毎日開催【Amazonタイムセール】今日のおすすめ|2020年10月26日:「ハロウィン用コスプレドレス」

Amazonタイムセール、実は毎日開催しているのをご存じですか? そこで、タイムセールのなかから、編集部部員が個人的に欲しいと思う一品を毎日ガチで厳選! 今日のおすすめタイムセールは「ハロウィン用コスプレドレス」。来るハロウィンに向け、ハロウィン用衣装がかなりお得になっています。ぜひチェックしてみてください!


【プロ厳選ランキング】メンズスノーボードウェアのおすすめ21選|GORE-TEX素材のウェアもご紹介!

【プロ厳選ランキング】メンズスノーボードウェアのおすすめ21選|GORE-TEX素材のウェアもご紹介!

保温性にすぐれており、ウインタースポーツで活躍するメンズスノーボードウェア。さまざまな商品が販売されており、素材や機能性も異なるのでどれを選べばいいか迷ってしまいますね。そこでここでは、メンズスノーボードウェアの選び方のポイントをご紹介していきます。プロスノーボードコーチの出口 超さんと編集部が選んだ、デザイン性と機能性にすぐれたおすすめの商品も一緒にご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。


レディーススノーボードウェアのおすすめ21選|選び方も徹底解説

レディーススノーボードウェアのおすすめ21選|選び方も徹底解説

冬に楽しみたいレジャーは「スノーボード」という方も多いでしょう。スノーボードを思い切り楽しむためにはウェア選びは重要です。おしゃれなウェアを身にまとうと、さらにテンションが上がりますよね。しかし「滑っているうちにびしょ濡れになった」など、ウェア選びに失敗したことがある方も多いようです。この記事では、レディーススノーボードウェアの選び方を解説し、プロスノーボードコーチの出口 超さんと編集部が選んだ、おすすめ21商品をご紹介します。


【プロ厳選ランキング】リーシュコードのおすすめ11選|絡みにくいコードの選び方も解説!

【プロ厳選ランキング】リーシュコードのおすすめ11選|絡みにくいコードの選び方も解説!

サーフィンをするときに忘れてはいけないのが、サーフボードを体につなぎとめておくリーシュコードです。ただ、「大事なのは知っているけれど、どう選べばいいのかわからない」という声もよく聞かれます。リーシュコードは長さや太さなどの種類が多く、なにを選べばいいのか悩む方が多いようです。この記事ではリーシュコードの選び方を解説し、ワイルドライフクリエーターの荒井裕介さんと編集部が選んだ、おすすめの11商品をご紹介します。


【プロ厳選ランキング】サーフィングローブのおすすめ11選|水温に合わせた選び方もご紹介!

【プロ厳選ランキング】サーフィングローブのおすすめ11選|水温に合わせた選び方もご紹介!

寒い地域や冬場のサーフィンに欠かせない「サーフィングローブ」。防寒だけではなく、紫外線やけがなども防いでくれる便利なアイテムです。しかし、各メーカーからさまざまな商品が販売されているので、どれを選べばよいか迷ってしまう人も多いですよね。ここでは、サーフィングローブの選び方のポイントを解説し、ワイルドライフクリエーターの荒井裕介さんと編集部が選んだおすすめ11商品をご紹介します。自分にぴったりのグローブを見つけて、快適にサーフィンを楽しみましょう!


アウトドア・キャンプの人気記事


>>もっと見る