PR(アフィリエイト)

ザ・ノース・フェイスのテントおすすめ9選|新作や魅力を解説!登山家・キャンパーに

(ザ・ノース・フェイス) The North Face Homestead Domey 3 ローズ・ドーン・ライヒェン Lrg プリント/アガベグリーン ワンサイズ
出典:Amazon
(ザ・ノース・フェイス) The North Face Homestead Domey 3 ローズ・ドーン・ライヒェン Lrg プリント/アガベグリーン ワンサイズ
出典:Amazon

◆本記事はプロモーションが含まれています。

ノースフェイスは、高品質なアウトドア製品で知られるブランドであり、テントもその例外ではありません。人気の「エバ」「ランダー」シリーズをはじめ、耐久性や防水性能の高さ、設営のしやすさ、広い居住スペースなどさまざまな魅力があります。この記事では、そんなノースフェイスのテントの魅力やおすすめの商品を紹介します。


この記事を担当するエキスパート

キャンプ/釣りライター
中山 一弘
青年期に始めた釣り新聞への寄稿を始めとして、サイトAllAboutでのフィッシングガイドを務める。 ほかにも雑誌『Salty!(ソルティ)』やアウトドア系の雑誌やWeb媒体などでの執筆多数。 今も休日には必ず海山湖を駆けまわっている自然派で、あらゆるジャンルの釣りを体験し、季節に合わせて日本中の旬な魚を追っている。 キャンプ用品は、あえて払い下げのミリタリー系ギアで揃えるマニアな一面も。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:アウトドア・キャンプ、自動車・バイク
大熊 武士

「アウトドア・キャンプ」「自動車・バイク」カテゴリを担当。休日は車やバイクでドライブ・ツーリングを満喫し、ゴルフ、釣り、キャンプといったアウトドア全般を楽しむパパ編集者。おすすめルートは草津から志賀高原に抜ける日本一高い国道292号線。元WEBデザイナーでIT編集者という経歴も持つ。

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)とは?

 

ヨセミテ国立公園のハーフドームの北壁をモチーフにした印象的なロゴで知られるTHE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)。山岳登山で難しくなりがちの北側の斜面、ノース・フェイスが社名の由来です。

ザ・ノース・フェイスは1966年にアメリカのサンフランシスコで創業されたアウトドアメーカーのブランドです。メーカーはその後、大手アパレル企業に買収され、成長を続けています。初期は山岳用の製品を中心に展開し、その後、スポーツウェアやアウトドア用品、バッグなど幅広いアイテムを展開し、今では一躍世界的なブランドとなりました

特に、アウトドアアクティビティに特化した商品は高い評価を得ており、特に防水・防風性に優れたGORE-TEX素材を使用した商品が人気です。また、環境保護や社会貢献活動にも積極的であり、持続可能な製品の開発にも力を入れています。世界中のアウトドア愛好家から支持されるブランドであり、高い品質と機能性に加え、洗練されたデザインが魅力です。

ザ・ノース・フェイスのテントの魅力

THE NORTH FACE

Photo by Jan Kopřiva on Unsplash

THE NORTH FACE

Photo by Jan Kopřiva on Unsplash

ノースフェイスのテントは、高い品質と信頼性で知られています。大型のベースキャンプテントから軽量なトレイルテントまで、多様なラインナップを揃えています。

1960年代から登山家やアウトドア愛好家たちから支持を集め、軽量かつ丈夫な素材を使用し、風や雨、雪などの厳しい自然環境にも耐えられる構造が人気の秘密でしょう。

代表的な製品には、バックパッキング用の『ストームブレーク』シリーズ、ファミリーキャンプに向いてる大型テント『ランダー』シリーズ、異なるサイズを連結して柔軟なテントサイトを構築できる『エバ』シリーズなどがあります。

ノースフェイスは革新的な素材と技術を駆使して、高品質で信頼性の高いテントを提供し続けています。

ザ・ノース・フェイスのテントラインナップ

ノースフェイスは、モジュラーテントの『エバ』、バックパッキング用の『ストームブレーク』、ファミリー向けの『ランダー』など、さまざま種類のテントを製造しています。ここではそれぞれのシリーズの製品の特徴を紹介しましょう。

EVA(エバ):異なるサイズを自由自在に連結

 

EBABASE(エバベース)とEVACARGO(エバカーゴ)はノースフェイスが誇るモジュラー式のテントシリーズ。単独で大型のシェルターやキッチンとしても使えるエバベース。そして、そのエバベースに連結してプライベートルームとして使用できるのがエバカーゴです。

さらに、このエバカーゴ自体も単独で使用して4人用や2人用のテントとして使えるなど、さまざま人数や状況に応じて使い分けできるのが、このモジュラーテントの最大の特徴となります。

エバベースは6人用、エバカーゴは4人用と2人用があります。

LANDER(ランダー):ファミリーキャンプに

 

ノースフェイスのLANDER(ランダー)は、同社の名作テント『Kaiju』をベースに進化させたテントです。現代のキャンプシーンにあわせて機能を大幅にアップデートしています。

ダブルウォールと吊り下げ式のインナーテントを持つアウトフレーム構造を持つテント。そのため、従来よりも簡単に設営することができて便利です。また、雨の日も室内をぬらさないように設営できるのが特徴です。

特に、6人用の『LANDER6は6人が同時に寝ることのできる大型テントのため、ファミリーユースとして人気です。

STORMBREAK(ストームブレーク):入門用のエントリーモデル

 

STORMBREAK(ストームブレーク)はノースフェイスが誇る耐久性や防風性などを活かしつつ、気軽に使用できるよう開発された、エントリー用のモデルです。ダブルウォールのソロ用テントでバックパックカントリーやツーリングキャンプなどに最適です。

前室が装備されているので何かと便利、また軽量のため持ち運びも容易です。4面がメッシュになっているので、特に夏の暑い時期に通気性がよく、テント内を快適に保ちます。

ラインナップとしてもソロキャンプ用の1人用から2人用、3人用まであり、ラインナップが細かいのも大きな特徴の一つです。

Geodome(ジオドーム):ジオデシック構造による球体ドームテント

 

ノースフェイスのGeodome(ジオドーム)は、ジオデシック構造による球体ドームテントで、特徴的な形状が目を引きます。球面上を6本のポールで支え細引きロープで分割するという構造で全体のテンションを張り巡らせます。このテントは、高い耐風性能を持っており、強風や悪天候でもしっかりとした安定性を保ちます。

また、広々とした居住スペースと高い天井の高さを備えており、快適なキャンプライフをサポートします。さらに、多彩な使い方ができるフレキシブル性も魅力の一つで、畳んでコンパクトに収納できるため持ち運びにも便利です。室内に大きなメッシュポケットが付き、ジッパーで取り外しが可能など、こまかな便利ツールの工夫も大きな魅力の一つです。

WAWONA(ワオナ):広い居住空間

 

ノースフェイスのWAWONA(ワオナ)は、スタイリッシュな外観と広々とした居住スペースが魅力のテントです。6人用と4人用のラインナップがあります。

新しいスチール&アルミニウムフレーム構造を採用し、強度と耐久性が向上しました。また、ダブルウォールに進化した点も見逃せません。インナーテントは、天井までの高さがあり、広々とした居住スペースを確保しています。また、フロントドアが大きく開くため、自然な風通しが実現されています。さらに、快適性を高めるためのメッシュの内張りや3つの収納ポケット、ギアラックとして使えるハンギングループなどが備わっています。

ワオナは、ファミリーやグループでのアウトドアキャンプに最適なテントであり、ノースフェイスの高い品質と機能性を堪能できる製品です。

テントの選び方のポイント

tent

Photo by Li Yang on Unsplash

tent

Photo by Li Yang on Unsplash

世界的アウトドアブランドのノースフェイスはさまざまなテントを開発、販売しています。選ぶ際は形状や素材、大きさに気を付けて選んでみましょう。ここではそんなノースフェイスも含め、テントの選び方のポイントを紹介します。

・タイプ
・設営方法
・機能性
・構造を確認
・追加アイテムも考慮に入れよう

このポイントをおさえることで、より具体的に欲しいテントを選ぶことができます。

ザ・ノース・フェイスのテントおすすめ9選

ここからは編集部が厳選したノースフェイスのテントのおすすめ商品を紹介します。

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)『エバベース6』

THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『エバベース6』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『エバベース6』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『エバベース6』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『エバベース6』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『エバベース6』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『エバベース6』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『エバベース6』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『エバベース6』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『エバベース6』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『エバベース6』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『エバベース6』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『エバベース6』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『エバベース6』
出典:Amazon この商品を見るview item

エバカーゴを連結して拡張できる大型テント

アウトフレーム構造を持つ正方形型の大型のモジュラーテントです。その大きさは立ち上がっても問題のない天井高2mの居住空間を生み出すほど。吊り下げ式のインナーテントを付ければ6人用のテントとして使用することができます。

最大の特徴はそのモジュール性。シリーズのエバカーゴと連結すればプライベートルームを増設することが可能です。エバカーゴは同時に2つの接続が可能です。

タイプ -
設営サイズ 280x280cm
対応人数 6人

タイプ -
設営サイズ 280x280cm
対応人数 6人

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)『エバカーゴ4』

THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『エバカーゴ4』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『エバカーゴ4』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『エバカーゴ4』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『エバカーゴ4』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『エバカーゴ4』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『エバカーゴ4』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『エバカーゴ4』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『エバカーゴ4』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『エバカーゴ4』
出典:Amazon この商品を見るview item

エバベースと連結してプライベートルームを追加

同シリーズのエバベースと接続する事で柔軟にテントサイトを拡張できる4人用のモジュラー式テントです。エバベースと連結した場合はプライベートルームとしての使用が可能。単独でも普通の4人用テントとして使用可能です。

ダブルウォールのアウトフレーム構造で吊り下げ式のインナーテーブルなので雨天時の設営なども雨を気にせずできるのがうれしいですね。大きなベンチレーションも特徴の一つです。

タイプ -
設営サイズ 225x215x170cm
対応人数 4人

タイプ -
設営サイズ 225x215x170cm
対応人数 4人

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)『ランダー2』

大人2人でも贅沢なソロテントとしても

4シーズンに対応できるようスノースカートもついた本格派の小型テントです。テント内部には大人2人が就寝可能、天井高も1.4mなので室内は広々と感じます。ダブルウォールのアウトフレーム構造、インナーテント吊り下げ式なので、アウターのみで使用可能。雨天時も安心して設営できます。

メッシュポケットやハンギンググループ、室内ポケットなど細かな工夫も充実。収納と携行に便利なダッフル型の収納ケースが付属するのもポイントです。

タイプ -
設営サイズ 220x140x140cm
対応人数 2人

タイプ -
設営サイズ 220x140x140cm
対応人数 2人

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)『ストームブレーク2』

THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『ストームブレーク2』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『ストームブレーク2』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『ストームブレーク2』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『ストームブレーク2』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『ストームブレーク2』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『ストームブレーク2』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『ストームブレーク2』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『ストームブレーク2』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『ストームブレーク2』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『ストームブレーク2』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『ストームブレーク2』
出典:Amazon この商品を見るview item

手軽に使える入門テント

大きいドアつきの前室でアクセスしやすいのが特徴の、エントリーモデルのテントです。居住性や耐久性、防風性などの機能性を保ちながら、手軽に使える入門用として開発されたのが特徴。非常にコストパフォーマンスが良いのが魅力。特に4面メッシュで夏の暑いシーズンに大活躍するでしょう。

こちらは2人用ですが、かなりスペースは最小限となっているので、いっそ割り切って少し余裕のあるソロテントとして使う方が快適かもしれません。

タイプ -
設営サイズ 220x127x109cm
対応人数 2人

タイプ -
設営サイズ 220x127x109cm
対応人数 2人

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)『ストームブレーク1』

THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『ストームブレーク1』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『ストームブレーク1』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『ストームブレーク1』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『ストームブレーク1』
出典:Amazon この商品を見るview item

極限までのコンパクトテント

入門用のエントリーモデルですが、極限までコンパクトさを追求したソロテントです。正直、荷物は厳選しないとテント内に入れるのが難しいレベルで小スペースさを追求しているテントですので、基本的に寝るだけと割り切りましょう。

その分、収納時のサイズは56x14cm、重量約1.4kgという気軽さはまさにバックパックやツーリングには十分な魅力となるでしょう。気ままに旅をする人に強くおすすめのテントです。

タイプ -
設営サイズ 220x86x86cm
対応人数 1人

タイプ -
設営サイズ 220x86x86cm
対応人数 1人

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)『ジオドーム4』

THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『ジオドーム4』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『ジオドーム4』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『ジオドーム4』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『ジオドーム4』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『ジオドーム4』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『ジオドーム4』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『ジオドーム4』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『ジオドーム4』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『ジオドーム4』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『ジオドーム4』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『ジオドーム4』
出典:Amazon この商品を見るview item

近未来を思わせる球体型テント

近未来の宇宙開拓時代を思わせるようなジオデシック構造による球体ドームの形状が印象的なドームテントです。球面上を6本のポールで支える構造。高い耐風性能を持っており、強風や悪天候でもしっかりとした安定性を保つのが魅力。

広々とした居住スペースと高い天井の高さが最大の特徴で、壁に背を向けるようにして座れば想定人数以上で食事やパーティなどを愉しむこともできます。なによりも、自由に動ける2.1mもの天井高は圧巻です。

タイプ -
設営サイズ 230x218x210cm
対応人数 4人

タイプ -
設営サイズ 230x218x210cm
対応人数 4人

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)『マウンテンショット1』

THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『マウンテンショット1』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『マウンテンショット1』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『マウンテンショット1』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『マウンテンショット1』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『マウンテンショット1』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『マウンテンショット1』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『マウンテンショット1』
出典:Amazon この商品を見るview item

日本の山岳フィールドを想定したソロテント

日本の山岳フィールドでの使用を想定して開発された、軽さと居住空間の確保を追求したテント。3シーズン用のスタンダードなダブルウォールテントです。防水性の高いバスタブ構造のフロアなので雨の日も安心。

広いメインエントランスと、靴や道具を置いておけるサブスペースも確保されるなど、細かな配慮も行き届いています。一人でも容易に設営可能なので気軽な旅のお供に最適です。

タイプ -
設営サイズ 220x90x105cm
対応人数 1人

タイプ -
設営サイズ 220x90x105cm
対応人数 1人

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)『ノーチラス 4x4』

THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『ノーチラス4x4』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『ノーチラス4x4』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『ノーチラス4x4』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『ノーチラス4x4』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『ノーチラス4x4』
出典:Amazon この商品を見るview item

最大で8人の就寝が可能な大型テント

別売りのインナーテントを追加すれば合計で8人の就寝が可能な大型の2ルームテントです。独自のポール構造で居住性を追求し、大人が立って歩いても余裕のある天井高225cmを実現しています。

フライシートはPUコーティングで耐水性を高めています。また、天井部は遮光性の高い加工も施され、雨の日も晴天時も快適に過ごせる工夫がなされています。雪の季節に対応するスノースカートも付いている4シーズン対応テントです。

タイプ -
設営サイズ 315x220x225cm
対応人数 4人(最大8人)

タイプ -
設営サイズ 315x220x225cm
対応人数 4人(最大8人)

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)『Homestead Domey 3』

THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『HomesteadDomey3』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『HomesteadDomey3』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『HomesteadDomey3』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『HomesteadDomey3』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『HomesteadDomey3』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『HomesteadDomey3』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『HomesteadDomey3』
出典:Amazon この商品を見るview item

野外フェスやスポーツ大会などに

フェスやマラソン大会、天体観測や近所での軽めのキャンプなど、ライトな用途に向いたカジュアルなテントです。シングルウォールテントの自立式なので設営は簡単です。入り口も3ヵ所あり、出入りや荷物の出し入れも苦になりません。

防水仕様なので少々の雨でも安心して使用できる点もポイント。持ち運びに容易なダッフルバッグスタイルのスタッフサックも付随しています。

タイプ -
設営サイズ 104×91×49cm
対応人数 3人

タイプ -
設営サイズ 104×91×49cm
対応人数 3人

ノースフェイスのテント関連用品3選

ここからはテント本体だけでなく、ノースフェイスのテント関連商品を紹介します!テントの前室にもつかえるタープや、フットプリントなどを紹介しますので参考にしてください。

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)『ネブラタープ 6』

THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『ネブラタープ6』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『ネブラタープ6』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『ネブラタープ6』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『ネブラタープ6』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『ネブラタープ6』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『ネブラタープ6』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『ネブラタープ6』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『ネブラタープ6』
出典:Amazon この商品を見るview item

耐水性と強度の75デニールのポリエステルタフタ

多彩なスタイルアレンジができる、ノースフェイス純正のタープです。さまざまな大型テントとの連結が可能。スクエア型のシンメトリーオクタタープです。

使用するポールの数が2本から5本まで、状況に応じてさまざまな形がつくれますので、どのような状況でも対応できるでしょう。

タイプ -
設営サイズ 450×450mm
対応人数 -

タイプ -
設営サイズ 450×450mm
対応人数 -

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)『エバカーゴ2 フットプリント』

THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『エバカーゴ2フットプリント』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『エバカーゴ2フットプリント』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『エバカーゴ2フットプリント』
出典:Amazon この商品を見るview item

150デニールのポリエステルオックスを使用

エバカーゴ2用のフットプリントです。適切なフットプリントを使用することで荒い地形や摩耗、損傷からテントを保護して寿命を延ばすことができます。

軽さと強さを両立させた150デニールのポリエステルオックスを使用しているのがポイントです。

タイプ
設営サイズ 112×182cm
対応人数 -

タイプ
設営サイズ 112×182cm
対応人数 -

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)『ランダー6用グランドシート』

THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『ランダー6用グランドシート』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『ランダー6用グランドシート』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『ランダー6用グランドシート』
出典:楽天市場 この商品を見るview item

ランダー6を摩耗から守るシート

鋭利なものによるダメージや漏水、汚れからテントを保護するグランドシート。大型テント、ランダー6用です。地面からの浸水リスクを軽減するPUコーティング加工が特徴。

グランドシートを適切に使用する事により、テントの寿命を長くすることができます。

タイプ -
設営サイズ 287×237cm
対応人数 -

タイプ -
設営サイズ 287×237cm
対応人数 -

「テント」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)『エバベース6』
THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)『エバカーゴ4』
THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)『ランダー2』
THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)『ストームブレーク2』
THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)『ストームブレーク1』
THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)『ジオドーム4』
THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)『マウンテンショット1』
THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)『ノーチラス 4x4』
THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)『Homestead Domey 3』
THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)『ネブラタープ 6』
THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)『エバカーゴ2 フットプリント』
THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)『ランダー6用グランドシート』
商品名 THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)『エバベース6』 THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)『エバカーゴ4』 THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)『ランダー2』 THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)『ストームブレーク2』 THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)『ストームブレーク1』 THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)『ジオドーム4』 THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)『マウンテンショット1』 THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)『ノーチラス 4x4』 THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)『Homestead Domey 3』 THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)『ネブラタープ 6』 THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)『エバカーゴ2 フットプリント』 THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)『ランダー6用グランドシート』
商品情報
特徴 エバカーゴを連結して拡張できる大型テント エバベースと連結してプライベートルームを追加 大人2人でも贅沢なソロテントとしても 手軽に使える入門テント 極限までのコンパクトテント 近未来を思わせる球体型テント 日本の山岳フィールドを想定したソロテント 最大で8人の就寝が可能な大型テント 野外フェスやスポーツ大会などに 耐水性と強度の75デニールのポリエステルタフタ 150デニールのポリエステルオックスを使用 ランダー6を摩耗から守るシート
設営サイズ 280x280cm 225x215x170cm 220x140x140cm 220x127x109cm 220x86x86cm 230x218x210cm 220x90x105cm 315x220x225cm 104×91×49cm 450×450mm 112×182cm 287×237cm
対応人数 6人 4人 2人 2人 1人 4人 1人 4人(最大8人) 3人 - - -
商品リンク

※各社通販サイトの 2024年3月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年3月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年3月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年3月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年3月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年3月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年3月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年3月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年3月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年3月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年3月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年3月13日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする テントの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場でのテントの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:テントランキング
楽天市場:テントランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

ノースフェイスのテントに関するQ&A

question iconノースフェイスのテントの耐久性はどの程度ですか?

answer icon

ノースフェイスのテントの耐久性は非常に高く、長期間にわたって頑丈に使用することができます。耐久性を確保するために、耐摩耗性や耐久性の高い素材を使用しています。

question iconノースフェイスのテントにはどのような防水性能がありますか?

answer icon

ノースフェイスのテントには、防水性能が非常に高いものが多数あります。PUコーティングなどを採用、強力な撥水性を持ち、雨や水の浸透を防ぐことができます。また、内部が濡れることを防ぐことができます。また、シームテープ加工や撥水加工も施されています。

question iconノースフェイスのテントの中でも特にオススメの製品はありますか?

answer icon

ノースフェイスのテントの中でも特にオススメの製品は、「WAWONA」や「Geodome 4」、「VE 25」などがあります。WAWONAは広々とした居住スペースが特徴で、家族やグループでのキャンプに最適です。Geodome 4は、球体ドーム構造のため、風や雪に強く、耐久性が高いことが特徴です。VE 25は、悪天候にも耐えられる強度を持ち、高地や雪山でのキャンプに最適です。

関連記事|その他のテント関連記事など

登山家から初心者までおすすめできるノースフェイス

キャンプ/釣りライター:中山 一弘

キャンプ/釣りライター

ノースフェイスのテントは、その耐久性や防水性能、設営のしやすさには常に満足しています。特に、風の強い悪天候下でもしっかりとした安定性を保つ「Mountain 25」は、過酷な環境でも頼もしい相棒でした。

また、夏のキャンプには広々とした居住スペースを備えた「Wawona」がおすすめです。ノースフェイスのテントは、プロの登山家から初心者まで幅広く使える信頼性の高い製品と言えるでしょう。

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button