安いテントのおすすめ商品6選【アウトドアライターが選ぶ】安いけど高品質!

安いテントのおすすめ商品6選【アウトドアライターが選ぶ】安いけど高品質!
アウトドア&旅ライター・編集者
大森 弘恵

オートキャンプ雑誌、アウトドア雑誌の編集部を経て、フリーランスに。 現在はアウトドア(おもにキャンプとウインターアクティビティ、野外料理)、旅をテーマに雑誌やWEBマガジンで活動。 趣味は30年ほど前からはじめた国内外でのオフロード・ツーリング&キャンプ。最近、ハンモック泊の心地よさに感激。

アウトドアライターの大森弘恵さんに、数あるテントの中でも安いけれど使える商品を教えてもらいました。家族でキャンプをしてみたいけど、高価なテントはハードルが高いし、テントを何回使うかもわからないし……。そんな悩みをお持ちの方は、まずは手ごろな価格のテントを試してみてはいかがでしょうか。3万円以下のドームテントや5万円以下の大型2ルームテント、さらにはポリコットンを素材に使ってコストを抑えたテントなど、比較的購入しやすい価格のテントを選ぶポイントとおすすめをご紹介します。記事の後半には各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載しています。キャンプの楽しさを知ってみたい! という方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


安いテントを選ぶポイント アウトドアライターが解説

アウトドアライターの大森弘恵さんに、安いテントを選ぶポイントを3つ教えていただきました。

湖とテント

Photo by Patrick Hendry on Unsplash

憧れのキャンプの入り口として、まずは手ごろな価格のテントの購入を検討してみてはいかがですか。

FRPポールなら吊り下げ式のほうがストレスなし

アウトドア&旅ライター・編集者

同じブランド・同じ大きさであってもテントの価格が異なるのは、素材と機能の違いによります。注目はフレームの素材です。

安価なテントではFRP(グラスファイバー)が使われており、しなやかではあるのですが、接続部分に太い節があります。この太い節を、袋状のスリーブ(筒)に通す際、引っかかって設営・撤収時の大きなストレスとなるので、FRPポールの場合は吊り下げ式や短いスリーブのほうが扱いやすいでしょう。

前室が広くて開放感があるテントが使いやすい

アウトドア&旅ライター・編集者

タープ(屋根部分にある日差し・雨を防ぐための広い布)やスクリーンタープ(ナイロンやメッシュの壁がついたタープ)と併用すれば前室がないテントでも問題ありませんが、狭い区画サイトや混雑したフリーサイトではうまく接続して設営できないこともあります。

テント単独でも室内に雨が入りにくいよう、少し広めの前室・後室があると安心です。できれば、前室も寝室部分と同じ高さ〜少し背が高いくらいが出入りしやすく快適に過ごせるのでおすすめです。

ロゴス『ROSY ドゥーブルXL-AI』

グラスファイバーのフレームを使うことにより価格を抑えた2ルームテント。リビングにはサイドドアがついて出入りしやすくなっています。

>> Amazonで詳細を見る

室内の温度・湿度調整ならベンチレーター装備で

アウトドア&旅ライター・編集者

テントで過ごしていて困るのが、暑さ、寒さ、そして結露(けつろ)の3つ。そのため、夏メインならなるべく大きなメッシュ窓のあるテントを選択するのがおすすめ。秋冬キャンプならメッシュ窓が少なく、フライ(通気・通風のための防水処理された布地)が地面まで届く長さで、できれば裾にスカートを装備しているものが望ましいです。

それに加えて、夏でも雨が降ると窓やドアを開放しづらいし、秋冬でも呼気で結露が生じてしまうので、夏用・秋冬用に限らず、天候の影響を受けずに使えるベンチレーター(換気窓)が、テント上下に2カ所ずつあると室内の温度・湿度を調整しやすいのでおすすめです。

コールマン『ツーリングドーム/LX』

小さいながらも機能が充実。ベンチレーターをはじめ、ストームガードや小物の収納に便利なメッシュポケットなどがついています。

>> Amazonで詳細を見る

安いテントのおすすめ商品6選 アウトドアライターが厳選!

ここまで紹介した選び方のポイントをふまえ、アウトドアライターの大森弘恵さんにおすすめの商品を選んでいただきました。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

スノーピーク『ヴォールト』

出典:Amazon

定員 4名
使用時サイズ 幅530×奥行300×高さ(室内高)150cm
重量 7.9kg
材質 本体:75Dポリエステルタフタ、インナーテント:68Dポリエステルタフタ、ボトム:210Dポリエステルオックス ほか
仕様 前室、メッシュドア、サイドドアパネル、メッシュポケット
付属品 フレーム長×1、フレーム短×2、ジュラルミンペグ×28、自在付ロープ(2.5m×10、3.0m×6) ほか
カラー ブラウン
Thumb lg d2773db1 52e6 43a2 b3f0 a6660de68ebb

アウトドア&旅ライター・編集者

必要充分な機能性・耐久性を備えたシンプル設計

平行に3本のフレームを通すトンネル型テントで、同型テントを購入すれば簡易接続ができます。子どもが小さいときは1張で、成長すれば接続するという具合に年々変わる家族のスタイルに対応できるのがおもしろいテントです。

フレームにアルミ合金(A6061)を採用しており、また室内高150cmと高さを抑えた設計のため風にも強いのが特徴。インナーは吊り下げ式なので、シェルターとして使えるのも気が利いています。これひとつで充分な機能を備えているので、はじめてテントの購入を考えている方におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ロゴス『ROSY ドゥーブルXL-AI』

出典:Amazon

定員 5名
使用時サイズ (約)幅440×奥行290×高さ190cm
重量 (約)10.5kg
材質 フレーム:グラスファイバー、フライシート:68Dポリエステルタフタ、インナーシート:68Dポリエステルタフタ ほか
仕様 前室、キャノピー、ランタンフック、メッシュポケット
付属品 収納バッグ
カラー グリーン
Thumb lg d2773db1 52e6 43a2 b3f0 a6660de68ebb

アウトドア&旅ライター・編集者

大型リビングはサイドドアつきでスムーズに動ける

価格を抑えたROSYシリーズの新作2ルームテント。フレームをグラスファイバー(人工繊維)にすることで、5〜6人用2ルームの価格を大幅にダウンさせました。

大型テントでグラスファイバーのフレームは設営が大変なイメージですが、幕体向かって右側はスリーブ、左半分は吊り下げ式とすることで、スリーブへの通しづらさやはずれやすさを軽減しています。

大型のリビングはサイドドアつきで、ファニチャーを置いた状態でも寝室内へアクセスしやすいのもポイント。フレームの交点をベルトでしっかり固定できるのも頼もしいですね。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

フィールドア『フィールドキャンプドーム300』

フィールドア『フィールドキャンプドーム300』

出典:Amazon

定員 4~6名
使用時サイズ (約)幅500×奥行300×高さ180cm
重量 (約)7.5kg
材質 フライシート:ポリエステル、インナーテント:ポリエステル、グラウンド:210Dポリエステル、ポール:グラスファイバー
仕様 前室、キャノピー、キャノピー用ポール、メッシュドア、入り口用収納ポケット、ベンチレーター、メッシュポケット
付属品 フライシート、テントポール(インナーテント用)×2、テントポール(前室用)、キャノピーポール×2、専用キャリーバッグ ほか
カラー ダークブラウン、ボルドー、ライトフレー、カモフラージュ/グリーン
Thumb lg d2773db1 52e6 43a2 b3f0 a6660de68ebb

アウトドア&旅ライター・編集者

シルバーコーティングがキツい日差しにも対応

メインフレームをクロスさせ、前室用のキャノピー(ひさし)ポールをプラスするだけというシンプルかつスタンダードな構造。フレームはグラスファイバー製ですが、寝室上部のみスリーブを採用しており、スリーブ内でのフレームの引っかかりを低減させています。

インナーテント前後は大きなD型ドア(開口部が大きい入口の形状)を装備しており、開いたドアを収納できるポケットつきで、くるくる巻いて留めるよりも断然かんたん。また、生地はシルバーコーティングなので遮熱効果が期待でき、ベンチレーター(換気窓)も両側に搭載されているので、暑さを軽減できるテントをお探しの方におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

DOD(ディーオーディー)『ヤドカリテント』

出典:Amazon

定員 6名
使用時サイズ (約)幅460×奥行460×高さ300cm
重量 (約)14.7kg
材質 フライシート:150Dポリエステル、インナーテント:ポリコットン(ポリエステル65%、綿35%) ほか
仕様 前室、サイドウォール、メッシュドア、Dドア、ベンチレーター、コンセント用ファスナー、寝室ポケット
付属品 ロープ×12(うち8本はテントに取りつけ済み)、ペグ×19、キャリーバッグ
カラー カーキグレー
Thumb lg d2773db1 52e6 43a2 b3f0 a6660de68ebb

アウトドア&旅ライター・編集者

設営バリエーションを考えるのが楽しいワンポール

ビッグなリビングスペースを持つ6人用ワンポールテントで、裾にスカートが装備されているので秋冬キャンプでも冷気が入りづらくなっています。

一方でインナーは通気性のいいポリコットン製。3方向に配置されたドアを開放することで夏を涼しく過ごせるなど、1年中キャンプを楽しみたい人にうれしい1張。リビング部分は横からの日差しや雨が入りづらいサイドウォールつきで、細部まで考えられています。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

コールマン『ツーリングドーム/LX』

出典:Amazon

定員 2~3名
使用時サイズ (約)幅210×奥行180×高さ110cm
重量 (約)5.6kg
材質 フライ:75Dポリエステルタフタ、インナー:68Dポリエステルタフタ、フロア:75Dポリエステルタフタ、ポール:FRP
仕様 前室、メッシュドア×2、ストー ムガード、ベンチレーター、メッシュポケット
付属品 ペグ、ロープ、キャリーバッグ
カラー グリーン
Thumb lg d2773db1 52e6 43a2 b3f0 a6660de68ebb

アウトドア&旅ライター・編集者

耐風性と開放感を両立させた小型テント

小さなお子さまとのキャンプにちょうどいい2〜3人用テント。よくあるクロスフレーム+キャノピーポールですが、キャノピーポールとフレームもクロスさせることで風によるぐらつきを低減しています。

その分、奥行きはライバルに比べるとどうしても狭くなりますが、前室部分を高くすることで圧迫感を解消。軽く、ひとりでもラクに設営できるので、たっぷりと家族で遊ぶ時間を持てますよ。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ナチュラム『ハイランダー TCテント アルネス』

出典:Amazon

定員 3名
使用時サイズ 幅470×奥行210×高さ150cm
重量 (約)14.0kg
材質 本体:ポリエステル65%、コットン35%、インナー:ポリエステル65%、コットン35%、フロア:PVC ほか
仕様 前室、メッシュドア、ベンチレーター、ポケット
付属品 ロープ、ペグ
カラー ベージュ
Thumb lg d2773db1 52e6 43a2 b3f0 a6660de68ebb

アウトドア&旅ライター・編集者

ナチュラルな雰囲気で森に溶け込む

通気性がよく、湿気がたまりにくいポリコットン製のテントには珍しく、雨が降り込みにくい前後室を装備しています。サイドのメッシュ窓もキャノピーで覆われているので、雨が降っていても無理なく開閉できるのがうれしいポイント。

吊り下げ式のインナーもフライも厚めのポリコットン製なので3人用テントで14kgとなかなかの重量級となりますが、ナチュラルな雰囲気のサイトを目指す人にはコスパ良好の1張。

「テント」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
スノーピーク『ヴォールト』
ロゴス『ROSY ドゥーブルXL-AI』
フィールドア『フィールドキャンプドーム300』
DOD(ディーオーディー)『ヤドカリテント』
コールマン『ツーリングドーム/LX』
ナチュラム『ハイランダー TCテント アルネス』
商品名 スノーピーク『ヴォールト』 ロゴス『ROSY ドゥーブルXL-AI』 フィールドア『フィールドキャンプドーム300』 DOD(ディーオーディー)『ヤドカリテント』 コールマン『ツーリングドーム/LX』 ナチュラム『ハイランダー TCテント アルネス』
商品情報
特徴 必要充分な機能性・耐久性を備えたシンプル設計 大型リビングはサイドドアつきでスムーズに動ける シルバーコーティングがキツい日差しにも対応 設営バリエーションを考えるのが楽しいワンポール 耐風性と開放感を両立させた小型テント ナチュラルな雰囲気で森に溶け込む
定員 4名 5名 4~6名 6名 2~3名 3名
使用時サイズ 幅530×奥行300×高さ(室内高)150cm (約)幅440×奥行290×高さ190cm (約)幅500×奥行300×高さ180cm (約)幅460×奥行460×高さ300cm (約)幅210×奥行180×高さ110cm 幅470×奥行210×高さ150cm
重量 7.9kg (約)10.5kg (約)7.5kg (約)14.7kg (約)5.6kg (約)14.0kg
材質 本体:75Dポリエステルタフタ、インナーテント:68Dポリエステルタフタ、ボトム:210Dポリエステルオックス ほか フレーム:グラスファイバー、フライシート:68Dポリエステルタフタ、インナーシート:68Dポリエステルタフタ ほか フライシート:ポリエステル、インナーテント:ポリエステル、グラウンド:210Dポリエステル、ポール:グラスファイバー フライシート:150Dポリエステル、インナーテント:ポリコットン(ポリエステル65%、綿35%) ほか フライ:75Dポリエステルタフタ、インナー:68Dポリエステルタフタ、フロア:75Dポリエステルタフタ、ポール:FRP 本体:ポリエステル65%、コットン35%、インナー:ポリエステル65%、コットン35%、フロア:PVC ほか
仕様 前室、メッシュドア、サイドドアパネル、メッシュポケット 前室、キャノピー、ランタンフック、メッシュポケット 前室、キャノピー、キャノピー用ポール、メッシュドア、入り口用収納ポケット、ベンチレーター、メッシュポケット 前室、サイドウォール、メッシュドア、Dドア、ベンチレーター、コンセント用ファスナー、寝室ポケット 前室、メッシュドア×2、ストー ムガード、ベンチレーター、メッシュポケット 前室、メッシュドア、ベンチレーター、ポケット
付属品 フレーム長×1、フレーム短×2、ジュラルミンペグ×28、自在付ロープ(2.5m×10、3.0m×6) ほか 収納バッグ フライシート、テントポール(インナーテント用)×2、テントポール(前室用)、キャノピーポール×2、専用キャリーバッグ ほか ロープ×12(うち8本はテントに取りつけ済み)、ペグ×19、キャリーバッグ ペグ、ロープ、キャリーバッグ ロープ、ペグ
カラー ブラウン グリーン ダークブラウン、ボルドー、ライトフレー、カモフラージュ/グリーン カーキグレー グリーン ベージュ
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年12月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月6日時点 での税込価格

通販サイトのランキングを参考にする テントの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのテントの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:テントランキング
楽天市場:テントランキング
Yahoo!ショッピング:テントランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

アウトドアライターからのアドバイス 安いテントを選ぶうえで

アウトドア&旅ライター・編集者

張り綱とペグの本数にも注目を

インナーとフライをどれだけペグ(テントやタープを張る際、ロープを地面に固定する杭のこと)や張り綱で固定できるかも耐候性のポイント。

最低でも、フロアの各コーナーをペグで固定でき、4本以上の張り綱(テント用ロープ)があるのかを確認しておきたいところです。また、フライの裏にベルクロ(マジックテープ)があり、しっかりフライと固定できることも重要です。そして、ベルクロや張り綱、ペグをすべて使用することでテント本来の機能を発揮できると覚えておきましょう。

なお、最近は遮熱加工を施したテントが注目されています。生地は厚いほど太陽熱の影響を受けにくいのですが、遮熱加工を施したテントは薄く、軽くても熱の影響を受けにくいのが特徴です。年々、夏の気温が上昇しているので、遮熱加工や生地の厚みにも注目しておきましょう。

そのほかのテント関連の記事はこちら キャンプやアウトドアを有意義に!

マイナビおすすめナビのエキスパート3人が選んだ、ビギナーでも設営が簡単なテントをタイプ別にご紹介します。

キャンプブロガーのSAMさんに取材を行い、ドームテントを選ぶうえで知っておきたいポイントとおすすめ商品をうかがいました。

アウトドアでテントやタープを設営するとき、必ずお世話になるアイテムがペグです。この記事では、ペグの選び方とおすすめ商品について説明します。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


アウトドア用まな板おすすめ12選|木・樹脂・ゴム製・折りたたみ式も

アウトドア用まな板おすすめ12選|木・樹脂・ゴム製・折りたたみ式も

アウトドアでの調理で必需品となるまな板。アウトドア用まな板には、機能的でコンパクトなもの、おしゃれで素材にこだわったものまでさまざまあります。そこで、アウトドアライターの大森弘恵さんと編集部が厳選した商品12選をご紹介します。また、素材や機能を含め、使用シーンを踏まえた選び方についてもくわしく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


ハードクーラーボックス11選┃アウトドアやキャンプに【保冷力抜群!】

ハードクーラーボックス11選┃アウトドアやキャンプに【保冷力抜群!】

キャンプやバーベキュー、海水浴や釣りなどあらゆるアウトドアで活躍するハードクーラーボックス。コールマン、イグルー、キャプテンスタッグなどさまざまな企業が商品を製造・販売しています。そのため、どれを選べばいいか分からないと悩む方も少なくないようです。そこで今回は、ハードクーラーボックスの選び方とおすすめの11商品を、アウトドアライターのSAMさんと編集部がご紹介します。ぜひあなたの用途にあったものを見つけてくださいね!


キャプテンスタッグ【アウトドアチェア】おすすめ11選|タイプ別人気チェアを厳選

キャプテンスタッグ【アウトドアチェア】おすすめ11選|タイプ別人気チェアを厳選

キャンプやアウトドアシーンに必ず持っていくものとして欠かせないアウトドアチェア。ブランドはいくつか存在しますが、なかでもコストパフォーマンスに優れ、しかもオシャレなデザインのものが多いブランドが、キャプテンスタッグです。そんなキャプテンスタッグのおすすめ商品をアウトドアライターのSAMさんと編集部が厳選。また、その選び方や特徴も解説していきます。ぜひ、参考にしてみてくださいね。


風速計おすすめ12選|熱線式や防水カップなど屋外使用できるものも!

風速計おすすめ12選|熱線式や防水カップなど屋外使用できるものも!

風速計は工事現場や空調の検査など意外と使用されるツールですが、最近ではドローンなど一般ニーズも高まっています。商品によっては、風速だけではなく、風温や温湿度などさまざまな計測ができる多機能なものもあります。迷ってしまいがちですが、自分の用途に合うものを選びたいですよね。そこで、この記事では空間デザイン・DIYクリエイターの網田真希さんにうかがい、風速計の選び方のポイントをわかりやすく解説します。さらにおすすめの風速計12商品をご紹介します。ぜひ参考にしてください。


折り畳みミニテーブルおすすめ11選|ソロもファミリーも使えるアイテムのご紹介

折り畳みミニテーブルおすすめ11選|ソロもファミリーも使えるアイテムのご紹介

キャンプやピクニックで必要なアイテムの一つでもあるミニテーブル。アルミ製、プラスチック製、木製と素材もいろいろあるので、どれを購入するか迷いますよね。またソロキャンプやソロツーリング、ファミリーキャンプなど人数によってミニテーブルの中でもサイズ選びが大切です。この記事では、キャンプブロガーのSAMさんにお話をうかがい、選び方のポイントをまとめました。さらにおすすめの商品も紹介しています。ぜひ参考にしてください。


新着記事


カッティングマシンおすすめ8選|初心者でもかんたん【コスト削減にも】

カッティングマシンおすすめ8選|初心者でもかんたん【コスト削減にも】

自宅でオリジナルステッカーやオリジナルTシャツを作るときに重宝するのが「カッティングマシン」です。別名、「カッティングプロッター」とも呼ばれているカッティングマシンは、各メーカーからさまざまな種類のものが販売されており、機能やサイズがそれそれ異なります。今回はそんなカッティングマシンをプロの家電販売員のたろっささんと編集部がご紹介します。この記事をじっくりと読み、あなたにとっての最高の1台を見つけてください。


USBヘッドセットのおすすめ12選|タイプ別に解説! 音質・マイク性能もチェック

USBヘッドセットのおすすめ12選|タイプ別に解説! 音質・マイク性能もチェック

ハンズフリーで通話やゲームを楽しめるUSBヘッドセット。BUFFALO・プラントロニクス・LOGICOOL・ゼンハイザーなど、メーカーが多数あり、選ぶのに迷ってしまいますよね。そこで、ゲームキャスターの吉﨑智宏さんと編集部が選ぶUSBヘッドセットのおすすめ商品をご紹介します。また、選び方のポイントについても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


工具セットおすすめ11選|用途別に紹介【家庭用、DIY用、整備用】

工具セットおすすめ11選|用途別に紹介【家庭用、DIY用、整備用】

流行りのDIYをしたり、ちょっとした家具の組み立てや修理、バイクや自動車の整備をするときに便利な「工具セット」は、ひとつ持っているととても役立ちます。プロ仕様のセットや初心者でも使えるようなセットまで、さまざまな種類があるので、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。そこで、工具セットの選び方のポイントとおすすめの11商品を、DIYアドバイザーの野口 僚さんと編集部がご紹介します。ぜひ、選ぶときの参考にしてみてください。


アウトドア用まな板おすすめ12選|木・樹脂・ゴム製・折りたたみ式も

アウトドア用まな板おすすめ12選|木・樹脂・ゴム製・折りたたみ式も

アウトドアでの調理で必需品となるまな板。アウトドア用まな板には、機能的でコンパクトなもの、おしゃれで素材にこだわったものまでさまざまあります。そこで、アウトドアライターの大森弘恵さんと編集部が厳選した商品12選をご紹介します。また、素材や機能を含め、使用シーンを踏まえた選び方についてもくわしく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


【騒音計】おすすめ11選│精度・測定範囲・機能について解説!

【騒音計】おすすめ11選│精度・測定範囲・機能について解説!

音の大きさを数値化して測定してくれる「騒音計」。オフィスや自宅まわりで、工事などの騒音に悩まされている場合などに役立つでしょう。そこで、DIYクリエイターの網田真希さんと編集部が厳選した商品11選をご紹介します。あわせて、騒音計のタイプや機能についても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


人気の記事


>>総合ランキングを見る