ポップアップ・ワンタッチテントおすすめランキング30選|公園やビーチで使用

ポップアップ・ワンタッチテントおすすめランキング30選|公園やビーチで使用
アウトドア&旅ライター・編集者
大森 弘恵

オートキャンプ雑誌、アウトドア雑誌の編集部を経て、フリーランスに。 現在はアウトドア(おもにキャンプとウインターアクティビティ、野外料理)、旅をテーマに雑誌やWEBマガジンで活動。 趣味は30年ほど前からはじめた国内外でのオフロード・ツーリング&キャンプ。最近、ハンモック泊の心地よさに感激。

アウトドアライターの大森弘恵さんへの取材と、509名に向けたアンケート調査により、ユーザーがおすすめするポップアップテント・ワンタッチのランキング30選を紹介。 そのほか、アンケート調査による購入の際に重視したいポイントや大森さんが教えるテントの選び方も紹介!各商品のクチコミも掲載しましたので、ぜひ参考にしてください!


「ワンタッチテント」と「ポップアップテント」のおすすめ商品をご紹介

キャンプやビーチ、時には家族でピクニックや運動会に行くときなどで活躍するのがテントです。

特に組み立てが簡単なテントは2種類あり、ポールとテント本体が一体化されているワンタッチテントと、ポールというワイヤーを骨組みにしていて、ケースから取り出すと完成するポップアップテントがあります。一人でも組み立てられるほど簡単に設営できるのが大きな特徴です。

本記事では、アウトドアライターの大森弘恵さんの協力のもと、ユーザー509名に聞いたワンタッチテントとポップアップテントのおすすめ人気ランキングをご紹介いたします!一目で各テントのおすすめ商品が分かりますので、ぜひ確認してみてください!

ランキングに入る前に、まずはワンタッチテントとポップアップテントの特徴や違いについて解説していきます。

ワンタッチテント
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

誰でもスピーディーに設営できるのがワンタッチテントの魅力です。

簡単!丈夫!ワンタッチテント ファミリーキャンプやツーリングキャンプに

骨組み(ポール)とテントを組み合わせた状態で、折りたたまれています。設営の要領も、まるで折りたたみ傘を開くように行います。ワンタッチとはいいながら、骨組みがしっかりしているものも多いです。

ワンタッチテントのメリットとデメリットには以下があります。
(メリット)
・設営が簡単で、ポーツとテントがつながっているので部材の紛失が少ない
・収納時の形状が傘のように細長いものが多いので車などに積載しやすい
・しっかりとして、ある程度の風に耐えられる
・遮光性があり、商品によっては十分な大きさもあり、いわゆるテントして使用できる

(デメリット)
・風に耐えられる分、重量はそれなりにある
・ポップアップテントよりは設営は難しい
・ポールとテントが一体になっているため、ポールの損傷やテントの破れなどの場合、総とっかえになってしまう

DOD『プレミアムワンタッチテント(T5-465)』

5人家族でも広々使える折りたたみ式の大型ワンタッチテント。

>> Amazonで詳細を見る

手軽に組み立てられるポップアップテント ピクニックや海水浴に、ソロキャンプにも

ワイヤーを骨組みにしていて、ケースから取り出すとワイヤーが本来の形を取り戻してテントになります。

どちらかというとケースにしまう(収納)のが難しいぐらいで、設営はワンタッチテントよりさらに簡単でスピーディです。

ポップアップテントのメリットとデメリットには以下があります。
(メリット)
・設営は超簡単。ケースからだせば、ほぼ勝手に組み上がる
・収納時はそれなりの面的大きさになるが、厚みは薄くなる
・軽いので、運動会などの際にお弁当と一緒に持ち運べるぐらい
・ワンタッチテントより安価な傾向がある

(デメリット)
・簡易的な分、華奢なのでキャンプにはやや役不足
・テント内は小さい。大人が複数人はいるほどの大きさはない
・風、雨にも弱い
・しまうのには意外とコツがいる

KingCamp (キングキャンプ)『KT4082』

3秒で展開可能なポップアップテント。サンシェードとしてもキャンプテントとしても使えます。

>> Amazonで詳細を見る

共に、商品により得意不得意の違いはありますが、おおよそ日帰りのピクニックやビーチ、公園などでは軽くてパッと広げられるポップアップテント宿泊もするようなキャンプの場合は、ワンタッチテントという使い分けをするのがよいでしょう。

【1人用~2人用】小型タイプのワンタッチテントおすすめランキング10選 ソロキャンプにもぴったりな小さいサイズ!

それでは早速、ワンタッチテントのおすすめランキングを紹介します!

本ランキングはマイナビニュースの会員509名を対象にアンケートを実施。そのうち「ワンタッチテントを持っている(ポップアップテントと両方持っている含む)」「ワンタッチテントを欲しいと思う」と答えた212名の方にお聞きしたランキングです。

まずはソロキャンプなどにピッタリな「小型タイプ」のランキングを発表いたします。ぜひ確認してみてください!

【第10位】BUNDOK(バンドック)『ソロ ティピー (BDK-75)』

【Amazon.co.jp限定】BUNDOK(バンドック)ソロティピー1BDK-75AM 【Amazon.co.jp限定】BUNDOK(バンドック)ソロティピー1BDK-75AM 【Amazon.co.jp限定】BUNDOK(バンドック)ソロティピー1BDK-75AM 【Amazon.co.jp限定】BUNDOK(バンドック)ソロティピー1BDK-75AM 【Amazon.co.jp限定】BUNDOK(バンドック)ソロティピー1BDK-75AM 【Amazon.co.jp限定】BUNDOK(バンドック)ソロティピー1BDK-75AM 【Amazon.co.jp限定】BUNDOK(バンドック)ソロティピー1BDK-75AM 【Amazon.co.jp限定】BUNDOK(バンドック)ソロティピー1BDK-75AM

出典:Amazon

設営サイズ 幅240x奥行240x高さ150cm / 幅220x奥行100x高さ135cm
収納サイズ (約)幅42x奥行19x高さ19cm
重量 (約)2.2kg
UVカット加工 UVカットあり

ソロキャンプに欲しい機能が満載のテント

一本のポールを立て、テントシートを張ることで自立するワンポールテント。比較的簡単に設営ができます。
生地が裂けにくいリップストップのフライシートは耐水圧3000mmという丈夫さ。1人用のサイズですが、サイズは程よくゆとりがあるためソロキャンプにはピッタリです。

【クチコミ(アンケート回答より)】
簡単にセッティングできます。(49歳 女性)
使わないときに場所をとります。(49歳 女性)

【第9位】DOD『ライダーズワンタッチテント』

DOD『ライダーズワンタッチテント』 DOD『ライダーズワンタッチテント』 DOD『ライダーズワンタッチテント』 DOD『ライダーズワンタッチテント』 DOD『ライダーズワンタッチテント』 DOD『ライダーズワンタッチテント』 DOD『ライダーズワンタッチテント』 DOD『ライダーズワンタッチテント』

出典:Amazon

設営サイズ 幅243×奥行235×高さ133cm
収納サイズ 幅62×奥行20×高さ20cm
重量 4.3kg
UVカット加工 なし

ツーリングキャンプ向けのワンタッチテント

結露や雨に強いダブルウォールタイプで、1人なら大の字になって寝られる余裕のサイズ、さらに前室も装備するという本格派のテントですが、コンパクトに収納できるので、バイクにも楽に積むことができます。付属のグランドシートはバックルでテントに接続でき、グランドシートごとワンタッチで設営できるのもうれしいところです。

【第7位(同率)】クイックキャンプ『ワンタッチツーリングテント(QC-BEETLE1)』

クイックキャンプ『ワンタッチツーリングテント1人用(QC-BEETLE1)』 クイックキャンプ『ワンタッチツーリングテント1人用(QC-BEETLE1)』 クイックキャンプ『ワンタッチツーリングテント1人用(QC-BEETLE1)』 クイックキャンプ『ワンタッチツーリングテント1人用(QC-BEETLE1)』 クイックキャンプ『ワンタッチツーリングテント1人用(QC-BEETLE1)』 クイックキャンプ『ワンタッチツーリングテント1人用(QC-BEETLE1)』

出典:Amazon

設営サイズ 幅230×奥行90×高さ90cm
収納サイズ 直径17×長さ52cm
重量 約3kg
UVカット加工 なし

ツーリングキャンプに最適なコンパクト仕様

52cm幅に収納でき、バイクの荷幅制限にも対応するコンパクトなワンタッチテント。バイクや自転車でのソロキャンプに最適です。中央のハブをかみ合わせれば本体が完成、あとはサポートフレームを取り付け、フックをかけるだけで設営完了です。ワンタッチタイプですが、靴や荷物の置ける前室もありますし、インナーと独立したフルフライシートのダブルウォール構成で、ベンチレーションも3か所に装備するなど、結露しやすい秋冬シーズンにも対応する本格的な仕様になっています。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

【第7位(同率)】クイックキャンプ『ワンタッチテント(QC-OT210)』

クイックキャンプ『ワンタッチテント3人用(QC-OT210)』 クイックキャンプ『ワンタッチテント3人用(QC-OT210)』 クイックキャンプ『ワンタッチテント3人用(QC-OT210)』 クイックキャンプ『ワンタッチテント3人用(QC-OT210)』 クイックキャンプ『ワンタッチテント3人用(QC-OT210)』 クイックキャンプ『ワンタッチテント3人用(QC-OT210)』

出典:Amazon

設営サイズ 幅210×奥行190×高さ110cm
収納サイズ 直径17×長さ102cm
重量 2.8kg
UVカット加工 UVカットあり(UPF50+)

紐を引くだけの簡単設営

トップ部分を持ち上げて、紐を引っ張るだけで簡単に立ち上げられるワンタッチテントです。収納も、ボタンでロックを解除してフレームをまとめるだけと、とても簡単です。トップ部分にかけられるフライシートもあり、雨でも安心して使えます。背面には大きな窓があるので、夏のキャンプも快適に過ごせます。

【クチコミ(アンケート回答より)】
3人用なので案外持ち運ぶのにも便利です設置も簡単にできるのでとても重宝している。(38歳 男性)
もう少し大きめのサイズのほうがゆったりと泊まれる気がします。(38歳 男性)

【第6位】DOD『ワンタッチテント(T2-629)』

DOD『ワンタッチテント(T2-629)』 DOD『ワンタッチテント(T2-629)』 DOD『ワンタッチテント(T2-629)』 DOD『ワンタッチテント(T2-629)』 DOD『ワンタッチテント(T2-629)』 DOD『ワンタッチテント(T2-629)』 DOD『ワンタッチテント(T2-629)』

出典:Amazon

設営サイズ 幅230×奥行150×高さ117cm
収納サイズ 幅70×奥行19×高さ19cm
重量 約3kg
UVカット加工 なし

両面フルメッシュ窓にできるワンタッチタイプ

多彩なワンタッチテントをラインナップするDODのエントリーモデル。脚部を伸ばして紐を引っ張るだけでテントが立ち上がり、あとはペグで地面に固定するだけでOK。ドアと背面窓は内側からフルメッシュにすることができ、テント内から換気を調整することができます。また、天井にも大型のベンチレーションを装備しており、夏でも快適に過ごせます。奥行きは150cmなので二人用ですが、一人ならテント内に荷物も置くことができます。

【第5位】DOD『カンガルーテントS(T2-616-TN)』

テントワンタッチテントDODカンガルーテント(M)T3-617-TNタン送料無料【SP】

出典:楽天市場

設営サイズ 幅220×奥行150×高さ128cm
収納サイズ 直径21×長さ70cm
重量 4.3kg(付属品含む)
UVカット加工 なし

カンガルースタイル専用テント!

大型テントやタープの中に小型テントをインナーテントとして入れ込むカンガルースタイル。こちらのワンタッチテントはそのカンガルースタイル専用に作られています。

透湿性にすぐれたコットン生地を使うことで、結露をできるだけ抑えて快適なアウトドア生活を過ごせます。メッシュ素材も取り入れており、寒い時期だけでなく夏も活躍するアイテムです。

【第4位】LICLI(リクライ)『テント ワンタッチ 2人用 ~ 4人用 ロープ ペグ 付き』

LICLI(リクライ)『テントワンタッチ2人用~4人用ロープペグ付き』 LICLI(リクライ)『テントワンタッチ2人用~4人用ロープペグ付き』 LICLI(リクライ)『テントワンタッチ2人用~4人用ロープペグ付き』 LICLI(リクライ)『テントワンタッチ2人用~4人用ロープペグ付き』 LICLI(リクライ)『テントワンタッチ2人用~4人用ロープペグ付き』 LICLI(リクライ)『テントワンタッチ2人用~4人用ロープペグ付き』 LICLI(リクライ)『テントワンタッチ2人用~4人用ロープペグ付き』

出典:Amazon

設営サイズ 幅210×奥行210×高さ135cm
収納サイズ 75×17×17cm
重量 3kg
UVカット加工 UVカットあり

屋根としてもサンシェードとしても利用可能!

ワンタッチテントとしての利用はもちろん、アタッチメントを外せば屋根だけになりサンシェードとしても利用可能です。

テントの中には、ランタンをぶら下げるフックや、スマホなどを収納できるスペースもあり快適。メッシュ素材の小窓があり、開閉できるので通気性もよく、外の様子もたのしめます。

【クチコミ(アンケート回答より)】
重くて頑丈なので安心感があります。でもその分、持ち運びが少し不憫です。(30歳 女性)

【第3位】コールマン(Coleman)『ワンポールテント エクスカーションティピ/1~2人用』

コールマン(Coleman)ワンポールテントエクスカーションティピ2101~2人用2000031573 コールマン(Coleman)ワンポールテントエクスカーションティピ2101~2人用2000031573 コールマン(Coleman)ワンポールテントエクスカーションティピ2101~2人用2000031573 コールマン(Coleman)ワンポールテントエクスカーションティピ2101~2人用2000031573 コールマン(Coleman)ワンポールテントエクスカーションティピ2101~2人用2000031573 コールマン(Coleman)ワンポールテントエクスカーションティピ2101~2人用2000031573 コールマン(Coleman)ワンポールテントエクスカーションティピ2101~2人用2000031573 コールマン(Coleman)ワンポールテントエクスカーションティピ2101~2人用2000031573 コールマン(Coleman)ワンポールテントエクスカーションティピ2101~2人用2000031573 コールマン(Coleman)ワンポールテントエクスカーションティピ2101~2人用2000031573

出典:Amazon

設営サイズ (約)幅210×奥行150×高さ170cm
収納サイズ (約)17×50cm
重量 約4kg
UVカット加工 なし

シンプル、かつコンパクト。雨風も防げる快適空間で

定員1~2人のコンパクト設計のワンタッチテント。設営はペグを使用するタイプで、簡単なだけでなく、キャンプならではの設営も体験できるテント。

全体的にシンプルな構造で、テント内には雨の浸入を防ぐ前室も備えており、急な天気の崩れにも対応できます。
コンパクトなため、収容人数は大人1~2人が限界ですが、ほどよい秘密基地感も味わえる、キャンプ向きの商品と言えるでしょう。

【クチコミ(アンケート回答より)】
軽くて小さいので、ザックで背負えます。(44歳 男性)
値段も手頃で作るのも意外と簡単で作れるし良い。(47歳 男性)
子供でも安全に組み立てられる(36歳 男性)

【第2位】LOGOS(ロゴス)『ポップフルシェルター』

LOGOS(ロゴス)『ポップフルシェルター』

出典:Amazon

設営サイズ 幅235×奥行113×高さ90cm
収納サイズ 幅70×奥行70×高さ4cm
重量 1.9kg(総重量)
UVカット加工 UVカットあり

面倒な設営なし! 広げるだけで瞬間セットアップ

収納バッグから取り出して、ポンと投げるだけで瞬間設営できるのでとてもカンタンです。

UV CUT率約96%・遮光性約99%と、紫外線もしっかりブロックしてくれるので夏にもぴったり。フルクローズタイプのワンタッチテントでありながら、3〜4人用のゆとりある設計がうれしいですね。

【クチコミ(アンケート回答より)】
組み立てやすくていいですね。(41歳 女性)
思ったより広く、ゆったり使えます。しかし、男手がないと組み立てが手間取りました。(33歳 女性)

【第1位】DOD(ディーオーディー)『ザ・ワンタッチテント』

DOD(ディーオーディー)ワンタッチテント3人用215×215cm【広い前室付き】T3-673-KH DOD(ディーオーディー)ワンタッチテント3人用215×215cm【広い前室付き】T3-673-KH DOD(ディーオーディー)ワンタッチテント3人用215×215cm【広い前室付き】T3-673-KH DOD(ディーオーディー)ワンタッチテント3人用215×215cm【広い前室付き】T3-673-KH DOD(ディーオーディー)ワンタッチテント3人用215×215cm【広い前室付き】T3-673-KH DOD(ディーオーディー)ワンタッチテント3人用215×215cm【広い前室付き】T3-673-KH DOD(ディーオーディー)ワンタッチテント3人用215×215cm【広い前室付き】T3-673-KH

出典:Amazon

設営サイズ 外寸:(約)幅310×奥行510×高さ215cm / インナー:(約)幅300×奥行270×200cm
収納サイズ (約)幅90×奥行24×高さ24cm
重量 11.5 kg
UVカット加工 なし

たくさん遊ぶために、設営はとにかく簡単に

傘をさすのように広げることで建てられるワンタッチテント。とにかく設営に時間を取られないための簡単設計となっています。

インナーテントは2~3人がくつろげる広々空間。入口付近は前室も広がっているため、余計なものを移動させれば寝室を最大限に活用できます。

キャノピーを広げて日陰スペースを作れば、自然を感じながらくつろぐこともできます。設営に時間を掛けず、遊ぶ時間を取りたい方におすすめです。

【4人用~5人用】大型タイプのワンタッチテントおすすめランキング9選 家族でも泊まれる大きさ!

次は、「大型タイプ」のランキングを発表いたします。

家族でキャンプへ行ったり、大人数でビーチへ行った時など、4人〜5人の大人数で楽しむのにピッタリのサイズです。こちらもぜひ確認してくださいね!

【第9位】クイックキャンプ『ダブルウォール キャビンテント』

クイックキャンプ『ダブルウォールキャビンテント』 クイックキャンプ『ダブルウォールキャビンテント』 クイックキャンプ『ダブルウォールキャビンテント』 クイックキャンプ『ダブルウォールキャビンテント』 クイックキャンプ『ダブルウォールキャビンテント』 クイックキャンプ『ダブルウォールキャビンテント』

出典:Amazon

設営サイズ 幅280×奥行280+前室120×高さ200cm
収納サイズ 幅27×奥行27×長さ110cm
重量 約10kg
UVカット加工 なし

ファミリーキャンプに最適な大型ワンタッチテント

フルフライを装備したダブルウォールタイプで結露にも強いワンタッチテント。2.8m×2.8mと、ファミリーキャンプに最適なサイズで、室内の高さも1.9mあるため、立ったままで楽に着替えもできます。大きめの前室を装備、ポールを追加すればキャノピーも作れますし、外部電源の引き込み口が用意されているなど、快適に過ごせる工夫が満載です。

【第8位】アウトドアマン(OUTDOOR MAN)『ワンタッチテント KK-00542』

Peanutsclub(ピーナッツクラブ)OUTDOORMANワンタッチテントKK-00542 Peanutsclub(ピーナッツクラブ)OUTDOORMANワンタッチテントKK-00542 Peanutsclub(ピーナッツクラブ)OUTDOORMANワンタッチテントKK-00542 Peanutsclub(ピーナッツクラブ)OUTDOORMANワンタッチテントKK-00542 Peanutsclub(ピーナッツクラブ)OUTDOORMANワンタッチテントKK-00542 Peanutsclub(ピーナッツクラブ)OUTDOORMANワンタッチテントKK-00542

出典:Amazon

設営サイズ (約)幅200×奥行200×高さ145cm
収納サイズ 幅80×奥行18×高さ18cm
重量 約2.6kg
UVカット加工 なし

たった30秒の簡単設営。初心者もおすすめのテント

傘を開くように組み立てられる3~4人用のワンタッチテント。その設営時間はたった30秒。中央軸付近の操作でテントを形作れるから、初心者や女性の方でも簡単に設営できます。
入口や窓はメッシュ素材のため、通気性もよく、快適な空間になるでしょう。また、UVカット効果や耐水性もテントの生地に施されているため、熱い夏や急な雨でも安心してキャンプを楽しむことができます。

【クチコミ(アンケート回答より)】
組み立てが比較的簡単に出来ることがとても良かったです(39歳 男性)

【第7位】クイックキャンプ『ダブルウォールドームテント』

クイックキャンプ『ダブルウォールドームテント』 クイックキャンプ『ダブルウォールドームテント』 クイックキャンプ『ダブルウォールドームテント』 クイックキャンプ『ダブルウォールドームテント』 クイックキャンプ『ダブルウォールドームテント』 クイックキャンプ『ダブルウォールドームテント』

出典:Amazon

設営サイズ 幅270c×奥行220+70×高さ140cm
収納サイズ 幅87×奥行21×高さ21cm
重量 約5.7kg
UVカット加工 UVカットあり(UV遮蔽率88% UPF35)

ファミリー向けのオールシーズン対応テント

ファミリーキャンプに最適な4人用テント。内側から紐を引いて立ち上げるワンタッチ式で、傘を開くような感覚で簡単に設営できます。フルフライシートを装備したダブルウォールタイプで、換気用のベンチレーションや窓も装備。結露しやすい秋冬シーズンにも使えます。フライシートは耐水圧2000mm、継ぎ目にシームテープ加工も施されているので、急な天候変化でも安心です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

【第6位】DOD『キノコテント(T4-610)』

DOD『キノコテント』 DOD『キノコテント』 DOD『キノコテント』 DOD『キノコテント』 DOD『キノコテント』 DOD『キノコテント』 DOD『キノコテント』

出典:Amazon

設営サイズ 幅328×奥行328×高さ148cm
収納サイズ 幅25×奥行25×長さ90cm
重量 約11.2kg
UVカット加工 なし
Thumb lg d2773db1 52e6 43a2 b3f0 a6660de68ebb

アウトドア&旅ライター・編集者

テント内空間が広い、機能満載のワンタッチテント

ヒモを引っ張って立ち上げ、フレームをのばして設営する4人用テントです。壁面が垂直になっているので端のほうまで有効に使えます。また、フライシートは地面に届かないハーフタイプですが、ドアと窓部分は出っ張ったキャノピー(ひさし)となっているので、メッシュにしていても雨が入り込みにくい設計です。

専用グランドシートやフロントポールも付属しており、コンパクトながらもほしい機能が搭載されたワンタッチテントです。

【クチコミ(アンケート回答より)】
広げやすくて、しまいやすいです。(39歳 男性)
重くて、仕舞った時スペースをとります。(39歳 男性)

【第5位】DOD『プレミアムワンタッチテント(T5-465)』

DOD『プレミアムワンタッチテント(T5-465)』 DOD『プレミアムワンタッチテント(T5-465)』 DOD『プレミアムワンタッチテント(T5-465)』 DOD『プレミアムワンタッチテント(T5-465)』 DOD『プレミアムワンタッチテント(T5-465)』 DOD『プレミアムワンタッチテント(T5-465)』 DOD『プレミアムワンタッチテント(T5-465)』 DOD『プレミアムワンタッチテント(T5-465)』 DOD『プレミアムワンタッチテント(T5-465)』 DOD『プレミアムワンタッチテント(T5-465)』

出典:Amazon

設営サイズ 幅300×奥行510×高さ200cm
収納サイズ 直径23×長さ107cm
重量 12.7kg
UVカット加工 UVカットあり(UPF50+)

風にも強いファミリー向けの大型ワンタッチテント

ファミリーキャンプにぴったりな大型のワンタッチテント。インナーのサイズは2.9m×2.6m、広々していて大人4人でも余裕で使えます。ダブルウォールなので結露に強く、ポールの材質に強度の高いアルミ合金を採用していて強風でも変形しにくいなど、環境を問わず使えるところもポイントです。ポールの追加でキャノピーも作れますが、同社のタープやスクリーンタープと連結すれば、より広いリビングを作ることができます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

【第4位】フィールドア『ヘキサゴンテント』

フィールドア『ヘキサゴンテント』 フィールドア『ヘキサゴンテント』 フィールドア『ヘキサゴンテント』 フィールドア『ヘキサゴンテント』 フィールドア『ヘキサゴンテント』 フィールドア『ヘキサゴンテント』 フィールドア『ヘキサゴンテント』 フィールドア『ヘキサゴンテント』 フィールドア『ヘキサゴンテント』

出典:Amazon

設営サイズ 幅305×奥行240×高さ145cm
収納サイズ 幅25×奥行25×高さ95cm
重量 4.9kg
UVカット加工 UVカットあり(UPF50+)
Thumb lg d2773db1 52e6 43a2 b3f0 a6660de68ebb

アウトドア&旅ライター・編集者

初心者でも傘を広げるようにかんたんに設営できる

フレームをのばし、ロープを引きつつ持ち上げるだけでかんたんに設営することができます。傘を広げるようなイメージで、わずか15秒ほどで設営できる5人用テントです。

シングルウォールテントですが、天井部分がメッシュとなっており、その上に小さなフライシートが装備されています。そのため、雨の日でも上部から熱を排出しやすいのが特徴です。ただし、側面のメッシュ窓は雨がダイレクトに入りやすいので、急な雨に備えてタープと組み合わせましょう。

【第3位】キャプテンスタッグ『CS クイックドーム250UV』

キャプテンスタッグ『CSクイックドーム250UV』 キャプテンスタッグ『CSクイックドーム250UV』 キャプテンスタッグ『CSクイックドーム250UV』 キャプテンスタッグ『CSクイックドーム250UV』 キャプテンスタッグ『CSクイックドーム250UV』 キャプテンスタッグ『CSクイックドーム250UV』 キャプテンスタッグ『CSクイックドーム250UV』 キャプテンスタッグ『CSクイックドーム250UV』 キャプテンスタッグ『CSクイックドーム250UV』 キャプテンスタッグ『CSクイックドーム250UV』

出典:Amazon

設営サイズ 幅250×奥行400×高さ160cm
収納サイズ --
重量 6.4kg
UVカット加工 UVカットあり(紫外線95%カット)

紫外線95%カットのダブルウォールタイプ

ダブルウォールタイプのワンタッチテントで、両側の出入り口には前室があるので、靴や荷物を置くことができます。インナーテントのサイズは2.5m×2.5mで、大人3~4人なら余裕の広さ、詰め込めば5人でも寝られます。UV-PROTECTIONコーティング生地を採用しており、紫外線を約95パーセントカットしてくれるのもうれしいところ。天井にはメッシュ窓があり、通気性も良好です。

【第2位】KING CAMP(キングキャンプ)『KingCamp KT3092 ワンタッチテント BLUE』

KingCamp(キングキャンプ)テントアウトドアワンタッチテント[3~4人用]KT3092シアンブルー KingCamp(キングキャンプ)テントアウトドアワンタッチテント[3~4人用]KT3092シアンブルー KingCamp(キングキャンプ)テントアウトドアワンタッチテント[3~4人用]KT3092シアンブルー KingCamp(キングキャンプ)テントアウトドアワンタッチテント[3~4人用]KT3092シアンブルー KingCamp(キングキャンプ)テントアウトドアワンタッチテント[3~4人用]KT3092シアンブルー KingCamp(キングキャンプ)テントアウトドアワンタッチテント[3~4人用]KT3092シアンブルー KingCamp(キングキャンプ)テントアウトドアワンタッチテント[3~4人用]KT3092シアンブルー KingCamp(キングキャンプ)テントアウトドアワンタッチテント[3~4人用]KT3092シアンブルー KingCamp(キングキャンプ)テントアウトドアワンタッチテント[3~4人用]KT3092シアンブルー

出典:Amazon

設営サイズ (約)幅210x奥行210x高さ130cm
収納サイズ (約)76 x14cm
重量 3.8kg
UVカット加工 なし

通気性重視の設計でキャンプやビーチの日よけに最適

初心者や女性の方でも瞬時に設営できるワンタッチテント。
大きな特徴としてはその通気性。扉部分はメッシュ素材を多く取り入れ、風の入りを良くしているため、暑い日でも快適に過ごすための設計がされています。
シート自体の耐久力もさることながら、縫合部分はシームシールで保護しているため防水性も高いです。
キャンプのみならず、ビーチや運動会といった行事でも、日陰空間として重宝しそうです。

【第1位】FIELDOOR『ワンタッチテント200 4人用スクエアタイプ』

FIELDOORワンタッチテント2004人用スクエアタイプ幅200cm×奥行200cm×高さ120cmベージュ×グリーン(紐を引くだけの簡単設営!) FIELDOORワンタッチテント2004人用スクエアタイプ幅200cm×奥行200cm×高さ120cmベージュ×グリーン(紐を引くだけの簡単設営!) FIELDOORワンタッチテント2004人用スクエアタイプ幅200cm×奥行200cm×高さ120cmベージュ×グリーン(紐を引くだけの簡単設営!) FIELDOORワンタッチテント2004人用スクエアタイプ幅200cm×奥行200cm×高さ120cmベージュ×グリーン(紐を引くだけの簡単設営!) FIELDOORワンタッチテント2004人用スクエアタイプ幅200cm×奥行200cm×高さ120cmベージュ×グリーン(紐を引くだけの簡単設営!) FIELDOORワンタッチテント2004人用スクエアタイプ幅200cm×奥行200cm×高さ120cmベージュ×グリーン(紐を引くだけの簡単設営!) FIELDOORワンタッチテント2004人用スクエアタイプ幅200cm×奥行200cm×高さ120cmベージュ×グリーン(紐を引くだけの簡単設営!) FIELDOORワンタッチテント2004人用スクエアタイプ幅200cm×奥行200cm×高さ120cmベージュ×グリーン(紐を引くだけの簡単設営!) FIELDOORワンタッチテント2004人用スクエアタイプ幅200cm×奥行200cm×高さ120cmベージュ×グリーン(紐を引くだけの簡単設営!)

出典:Amazon

設営サイズ 幅200×奥行200×高さ120cm
収納サイズ 幅15×奥行15×高さ105cm
重量 3.3kg
UVカット加工 なし

4人用でも軽量なワンタッチテント

ジョイント部を持ち上げて紐を引っ張るだけで立ち上げられるワンタッチ式。2m×2mの広さがあるので、大人2~3人なら荷物を置いても余裕で使える広さですが、グラスファイバー製のポールを採用していて、3.3kgと軽いのも特徴。フルクローズ可能ですが、メッシュ付きの窓と、天窓が装備され、通気性も確保されています。

【クチコミ(アンケート回答より)】
広くて居心地がいいです。(41歳 男性)
丈夫だし組み立てもかんたんです。(46歳 男性)
快適ですが重たいです。(41歳 男性)

ポップアップテントおすすめランキング11選 ピクニック、ビーチやフェス、イベントでも大活躍!

続いては、ポップアップテントのおすすめランキングです!

本ランキングはマイナビニュースの会員509名を対象にアンケートを実施。そのうち「ポップアップテントを持っている(ワンタッチテントと両方持っている含む)」「ポップアップテントを欲しいと思う」と答えた211名の方にお聞きしたランキングです。

簡単にパッと広げられるポップアップテント。ピクニックや公園などで使用するのにピッタリなので、ぜひ確認してみてください!

【第11位】キャプテンスタッグ『シャイニーリゾート ポップアップシェルターUV』

キャプテンスタッグ『シャイニーリゾートポップアップシェルターUV』 キャプテンスタッグ『シャイニーリゾートポップアップシェルターUV』 キャプテンスタッグ『シャイニーリゾートポップアップシェルターUV』 キャプテンスタッグ『シャイニーリゾートポップアップシェルターUV』 キャプテンスタッグ『シャイニーリゾートポップアップシェルターUV』 キャプテンスタッグ『シャイニーリゾートポップアップシェルターUV』 キャプテンスタッグ『シャイニーリゾートポップアップシェルターUV』

出典:Amazon

設営サイズ 幅120×奥行220×高さ100cm
収納サイズ 直径80x厚さ8cm
重量 2.8kg
UVカット加工 UVカットあり

ピクニックやビーチの日よけに最適なUVカット仕様

約1.5畳の広さのポップアップテントです。シルバーコーティングが施されていて、紫外線をカットしてくれるので、ピクニックやビーチでの強い日差しを避けるのに最適です。側面には大きなメッシュ窓も装備していて、風通しも良好。フルクローズ可能なので、着替え用にも役立ちます。

【クチコミ(アンケート回答より)】
二層式で整理整頓しやすい。しかし少し暑い(41歳 男性)

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

【第10位】コールマン『クイックアップドーム/W+』

コールマン『クイックアップドーム/W+』 コールマン『クイックアップドーム/W+』 コールマン『クイックアップドーム/W+』 コールマン『クイックアップドーム/W+』 コールマン『クイックアップドーム/W+』 コールマン『クイックアップドーム/W+』

出典:Amazon

設営サイズ 幅180×奥行210×高さ110cm
収納サイズ 直径68×6cm
重量 3.9kg
UVカット加工 不明(「日光を90%ブロック」の記述あり)
Thumb lg d2773db1 52e6 43a2 b3f0 a6660de68ebb

アウトドア&旅ライター・編集者

中の気温が上昇しにくく快適

日光を90%ブロックする「ダークルームテクノロジー」を搭載したポップアップテントで、テント内の気温上昇を軽減してくれます。

ポップアップテントには珍しく、インナーとフライが別になっているダブルウォール構造なので、結露も軽減。室内は真っ暗になりますが、上部には外の光を取り入れることができるクリアウインドウがあるので、寝過ごし防止に役立ちます。2人用で、コンパクトカーでのソロキャンプや2人でのキャンプ向きです。

【クチコミ(アンケート回答より)】
コールマンシリーズのお洒落なデザインと組み立ての簡単さが気に入っています。(44歳 男性)
丈夫で持ち運びしやすい。(44歳 女性)

【第9位】キャンパーズコレクション『ポップアップテント(EPS-6UV)』

キャンパーズコレクション『ポップアップテント(EPS-6UV)』 キャンパーズコレクション『ポップアップテント(EPS-6UV)』 キャンパーズコレクション『ポップアップテント(EPS-6UV)』 キャンパーズコレクション『ポップアップテント(EPS-6UV)』 キャンパーズコレクション『ポップアップテント(EPS-6UV)』 キャンパーズコレクション『ポップアップテント(EPS-6UV)』 キャンパーズコレクション『ポップアップテント(EPS-6UV)』 キャンパーズコレクション『ポップアップテント(EPS-6UV)』 キャンパーズコレクション『ポップアップテント(EPS-6UV)』 キャンパーズコレクション『ポップアップテント(EPS-6UV)』 キャンパーズコレクション『ポップアップテント(EPS-6UV)』 キャンパーズコレクション『ポップアップテント(EPS-6UV)』 キャンパーズコレクション『ポップアップテント(EPS-6UV)』 キャンパーズコレクション『ポップアップテント(EPS-6UV)』 キャンパーズコレクション『ポップアップテント(EPS-6UV)』 キャンパーズコレクション『ポップアップテント(EPS-6UV)』 キャンパーズコレクション『ポップアップテント(EPS-6UV)』 キャンパーズコレクション『ポップアップテント(EPS-6UV)』 キャンパーズコレクション『ポップアップテント(EPS-6UV)』 キャンパーズコレクション『ポップアップテント(EPS-6UV)』

出典:Amazon

設営サイズ 幅200×奥行150+70×高さ130cm
収納サイズ 直径58×高さ5cm
重量 2kg
UVカット加工 なし(「特殊シルバーコーティングにより厳しい太陽光を大幅に軽減」の記述あり)

日よけに最適なポップアップテント

遮熱性の高いシルバーコート生地を採用しており、日よけに最適なポップアップテントです。フルクローズできるので、着替え用としても便利です。ドア下部は砂の侵入を防ぐサンドプロテクト構造を採用、ドアの前には床面を延長するフロントシートがあるので、上半身だけをテントの中に入れて寝そべるような使い方ができるなど、とくにビーチで使うのに最適です。

【クチコミ(アンケート回答より)】
組み立てが楽で耐久性が高い。(42歳 男性)
勝手に組み上がるので非常に楽です。(40歳 男性)
ちょっとたたみにくいです。(45歳 男性)
持ち運びしやすいですが、強風に弱いです。(45歳 女性)

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

【第8位】ケシュア『キャンプ ポップアップテント 2 SECONDS XL』

設営サイズ 幅210×奥行210×高さ(最高部)115cm / 物置スペース(前室)幅220×奥行70cm
収納サイズ 直径85×9cm
重量 5.3kg
UVカット加工 UV カット加工あり(SPF 50+)
Thumb lg d2773db1 52e6 43a2 b3f0 a6660de68ebb

アウトドア&旅ライター・編集者

たった2秒であっという間に設営できる

ロックを外して広げるだけでテントを形作れるポップアップタイプです。小さいですが、靴やバッグを置けるフロア付きの前室をもうけています。また、後ろ側のフライシートをまくり上げることで、メッシュのインナーから熱気と湿気を排出しやすくなります。遮熱・遮光加工とあわせて、蒸し暑い夏を心地よくすごせます。

本製品はケシュア内のラボにて耐風実験済みで、50km/hの風に耐えられるのも頼りになります。3人用で、カップルや小さな子どものいる家族の夏キャンプ向きとなっています。

【第7位】ロゴス『チェッカー ポップフルシェルター』

ロゴス『チェッカーポップフルシェルター』 ロゴス『チェッカーポップフルシェルター』 ロゴス『チェッカーポップフルシェルター』 ロゴス『チェッカーポップフルシェルター』 ロゴス『チェッカーポップフルシェルター』 ロゴス『チェッカーポップフルシェルター』

出典:Amazon

設営サイズ 幅235×奥行113×高さ90cm
収納サイズ 直径70×厚さ4cm
重量 2.3kg
UVカット加工 UVカットあり

ポップなチェック柄のポップアップテント

広げるだけで立ち上がるポップアップテント。全面にカラフルでかわいらしいチェック柄がプリントされていて、目立つこと間違いなし。アウトドアをより楽しく演出してくれます。フルクローズ可能で、大きな窓を開けることもできます。ビーチやピクニックで、日よけや仮眠スペースとして使うのに最適です。

【第6位】YAMAZEN(山善)『パッとサッとテント(TW-M15UV)』

YAMAZEN(山善)『パッとサッとテント(TW-M15UV)』 YAMAZEN(山善)『パッとサッとテント(TW-M15UV)』 YAMAZEN(山善)『パッとサッとテント(TW-M15UV)』 YAMAZEN(山善)『パッとサッとテント(TW-M15UV)』

出典:Amazon

設営サイズ 幅180×奥行148×高さ107cm
収納サイズ 幅13.5×奥行7.0×高さ107.0cm
重量 1.5kg(本体)
UVカット加工 UVカットあり(UPF50+)

プライベートスペースが保てるスマートなテント

内部から押し出す構造になっていて、広げるのも片づけるのもパッとラクラクおこなえます。折りたたんだ際には棒状になり、スマートに持ち運べるタイプです。

テントの入り口部分にチャックがついたフルクローズ仕様で手軽に開閉できるので、屋外でも周りの目を遮断するプライベート空間をかんたんに確保できます。紫外線対策もできるので、日差しの強い夏のイベントもたのしめるでしょう。

ポップアップタイプではありませんが、1.5kgと軽く、組み立ても撤収もかんたん。ポップアップタイプの撤収が苦手、という人にもおすすめです。

【クチコミ(アンケート回答より)】
コンパクトで持ち運びが便利です。(43歳 男性)
雨が降ると少し吹き込んできます。(43歳 男性)

【第5位】フィールドア『フルクローズサンシェードテント 200cmタイプ』

フィールドア『フルクローズサンシェードテント200cmタイプ』 フィールドア『フルクローズサンシェードテント200cmタイプ』 フィールドア『フルクローズサンシェードテント200cmタイプ』 フィールドア『フルクローズサンシェードテント200cmタイプ』 フィールドア『フルクローズサンシェードテント200cmタイプ』 フィールドア『フルクローズサンシェードテント200cmタイプ』 フィールドア『フルクローズサンシェードテント200cmタイプ』 フィールドア『フルクローズサンシェードテント200cmタイプ』 フィールドア『フルクローズサンシェードテント200cmタイプ』

出典:Amazon

設営サイズ 幅200×奥行180×高さ135cm
収納サイズ 直径63×厚さ11cm
重量 2.5kg
UVカット加工 UVカットあり(UPF50+)

ビーチに最適なポップアップテント

ビーチでの日よけに最適なポップアップテントです。フルクローズ可能なので、安心して着替えもできます。前面と後面にはメッシュスクリーンを装備、上部にも左右にベンチレーションがあるので、通気性もばっちり。200cm×180cmの広さなので、2人までなら泊まりのキャンプにも対応できます。

【クチコミ(アンケート回答より)】
テントがはりやすいです!乱暴に扱うと壊れやすいです。(33歳 男性)
手軽に組み立てられて重宝しています。(39歳 男性)
風には弱い気がします。(42歳 女性)

【第4位】KAZOO『自動ポップアップテント』

KAZOO『自動ポップアップテント』 KAZOO『自動ポップアップテント』 KAZOO『自動ポップアップテント』 KAZOO『自動ポップアップテント』 KAZOO『自動ポップアップテント』 KAZOO『自動ポップアップテント』 KAZOO『自動ポップアップテント』 KAZOO『自動ポップアップテント』 KAZOO『自動ポップアップテント』

出典:Amazon

設営サイズ 幅290×奥行200×高さ130cm
収納サイズ 直径89cm
重量 3.7kg
UVカット加工 なし

通気性、開放感抜群のポップアップテント

ポップアップテントとしてはやや大きめの、3~4人用サイズです。前後に大きなドア、左右に窓が配置されていて、通気性がとてもよいのが特徴。両サイドの窓は上下2段に分かれていて、換気を自由にコントロールすることができます。小物を収納できるポーチ、ランタンをドア付近に吊り下げられるフックなど、細かい装備も充実しています。

【クチコミ(アンケート回答より)】
持ち運びやすさと使い勝手、扱いやすい点がいいです。(30歳 男性)

【第3位】KingCamp (キングキャンプ)『KT4082』

KingCamp(キングキャンプ)『KT4082』 KingCamp(キングキャンプ)『KT4082』 KingCamp(キングキャンプ)『KT4082』 KingCamp(キングキャンプ)『KT4082』 KingCamp(キングキャンプ)『KT4082』 KingCamp(キングキャンプ)『KT4082』 KingCamp(キングキャンプ)『KT4082』

出典:Amazon

設営サイズ 約幅210×奥行210×高さ130cm(幅83×奥行83×高さ51インチ)
収納サイズ 約幅74×奥行14×高さ14cm(幅29×奥行5.5×高さ5.5インチ)
重量 約3.5kg(7.7ポンド)
UVカット加工 UVカットあり(UPF50+)

3面オープン可能で広々アウトドアを堪能!

家族や友人など、大人数でも広々と開放感のある空間作りが可能。3面が開けようになっており、子どもやペットと一緒にアウトドアを思いっきり満喫できます。

ポップアップシステムを採用し、約5秒で設営できる仕様。アウトドア初心者の方や力に自信のない方でも手軽にセットすることができます。テントは8本のペグと4本のロープを使って地面にしっかりと設置できるので、強風でも安心です。

【クチコミ(アンケート回答より)】
デザインもよく、使い勝手がいいです。(37歳 男性)
組み立てが簡単でいいのですが、風に弱い気がします。(37歳 男性)
簡単にくみ上げることができるため良かったです。寒さ対策が難点ですが。(45歳 男性)

【第2位】キャプテンスタッグ『CSシャルマン ポップアップテントフルクローズ』

キャプテンスタッグ(CAPTAINSTAG)サンシェードビーチテントテントCSシャルマンポップアップテントフルクローズミントグリーンUA-31 キャプテンスタッグ(CAPTAINSTAG)サンシェードビーチテントテントCSシャルマンポップアップテントフルクローズミントグリーンUA-31 キャプテンスタッグ(CAPTAINSTAG)サンシェードビーチテントテントCSシャルマンポップアップテントフルクローズミントグリーンUA-31 キャプテンスタッグ(CAPTAINSTAG)サンシェードビーチテントテントCSシャルマンポップアップテントフルクローズミントグリーンUA-31 キャプテンスタッグ(CAPTAINSTAG)サンシェードビーチテントテントCSシャルマンポップアップテントフルクローズミントグリーンUA-31 キャプテンスタッグ(CAPTAINSTAG)サンシェードビーチテントテントCSシャルマンポップアップテントフルクローズミントグリーンUA-31 キャプテンスタッグ(CAPTAINSTAG)サンシェードビーチテントテントCSシャルマンポップアップテントフルクローズミントグリーンUA-31

出典:Amazon

設営サイズ 幅200×奥行220×高さ130cm
収納サイズ (約)外径60×厚さ7cm
重量 約2.5kg
UVカット加工 なし

紫外線カット素材で、夏のビーチを満喫できる

すべて扉を閉めることで、着替えなどにも利用できるポップアップテント。
室内空間も広く、メッシュ素材の窓も設置してあるため、風通しもいいです。

シートには夏の気になる紫外線を95%カットできるコーティングがされ、ビーチやピクニックなどで特に活躍しそうです。

【クチコミ(アンケート回答より)】
設置するのが比較的簡単にできるので助かります。(48歳 男性)
簡単にくみ上げることができるため良かったです。ただ、寒いです。(45歳 男性)

【第1位】コールマン『クイックアップIGシェード』

コールマン『クイックアップIGシェード』

出典:Amazon

設営サイズ 幅200×奥行150×高さ125cm
収納サイズ 直系59×厚さ8cm
重量 約2.5kg
UVカット加工 なし

通気性抜群のポップアップテント

フルクローズ可能なポップアップテントです。側面にはメッシュの貼られた大きな窓があるほか、天井部分にも大きな通気口があって、風通しが抜群。そのほかメッシュ部分には防虫素材が使われているなど、夏のキャンプを快適に過ごせる工夫が満載のテントです。

【クチコミ(アンケート回答より)】
取り付けや撤収が簡単にできます(45歳 女性)
ちょっと狭いです。(45歳 女性)
特に不満に思うことはありません。(28歳 女性)

「ワンタッチテント」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
【第10位】BUNDOK(バンドック)『ソロ ティピー (BDK-75)』
【第9位】DOD『ライダーズワンタッチテント』
【第7位(同率)】クイックキャンプ『ワンタッチツーリングテント(QC-BEETLE1)』
【第7位(同率)】クイックキャンプ『ワンタッチテント(QC-OT210)』
【第6位】DOD『ワンタッチテント(T2-629)』
【第5位】DOD『カンガルーテントS(T2-616-TN)』
【第4位】LICLI(リクライ)『テント ワンタッチ 2人用 ~ 4人用 ロープ ペグ 付き』
【第3位】コールマン(Coleman)『ワンポールテント エクスカーションティピ/1~2人用』
【第2位】LOGOS(ロゴス)『ポップフルシェルター』
【第1位】DOD(ディーオーディー)『ザ・ワンタッチテント』
【第9位】クイックキャンプ『ダブルウォール キャビンテント』
【第8位】アウトドアマン(OUTDOOR MAN)『ワンタッチテント KK-00542』
【第7位】クイックキャンプ『ダブルウォールドームテント』
【第6位】DOD『キノコテント(T4-610)』
【第5位】DOD『プレミアムワンタッチテント(T5-465)』
【第4位】フィールドア『ヘキサゴンテント』
【第3位】キャプテンスタッグ『CS クイックドーム250UV』
【第2位】KING CAMP(キングキャンプ)『KingCamp KT3092 ワンタッチテント BLUE』
【第1位】FIELDOOR『ワンタッチテント200 4人用スクエアタイプ』
【第11位】キャプテンスタッグ『シャイニーリゾート ポップアップシェルターUV』
【第10位】コールマン『クイックアップドーム/W+』
【第9位】キャンパーズコレクション『ポップアップテント(EPS-6UV)』
【第8位】ケシュア『キャンプ ポップアップテント 2 SECONDS XL』
【第7位】ロゴス『チェッカー ポップフルシェルター』
【第6位】YAMAZEN(山善)『パッとサッとテント(TW-M15UV)』
【第5位】フィールドア『フルクローズサンシェードテント 200cmタイプ』
【第4位】KAZOO『自動ポップアップテント』
【第3位】KingCamp (キングキャンプ)『KT4082』
【第2位】キャプテンスタッグ『CSシャルマン ポップアップテントフルクローズ』
【第1位】コールマン『クイックアップIGシェード』
商品名 【第10位】BUNDOK(バンドック)『ソロ ティピー (BDK-75)』 【第9位】DOD『ライダーズワンタッチテント』 【第7位(同率)】クイックキャンプ『ワンタッチツーリングテント(QC-BEETLE1)』 【第7位(同率)】クイックキャンプ『ワンタッチテント(QC-OT210)』 【第6位】DOD『ワンタッチテント(T2-629)』 【第5位】DOD『カンガルーテントS(T2-616-TN)』 【第4位】LICLI(リクライ)『テント ワンタッチ 2人用 ~ 4人用 ロープ ペグ 付き』 【第3位】コールマン(Coleman)『ワンポールテント エクスカーションティピ/1~2人用』 【第2位】LOGOS(ロゴス)『ポップフルシェルター』 【第1位】DOD(ディーオーディー)『ザ・ワンタッチテント』 【第9位】クイックキャンプ『ダブルウォール キャビンテント』 【第8位】アウトドアマン(OUTDOOR MAN)『ワンタッチテント KK-00542』 【第7位】クイックキャンプ『ダブルウォールドームテント』 【第6位】DOD『キノコテント(T4-610)』 【第5位】DOD『プレミアムワンタッチテント(T5-465)』 【第4位】フィールドア『ヘキサゴンテント』 【第3位】キャプテンスタッグ『CS クイックドーム250UV』 【第2位】KING CAMP(キングキャンプ)『KingCamp KT3092 ワンタッチテント BLUE』 【第1位】FIELDOOR『ワンタッチテント200 4人用スクエアタイプ』 【第11位】キャプテンスタッグ『シャイニーリゾート ポップアップシェルターUV』 【第10位】コールマン『クイックアップドーム/W+』 【第9位】キャンパーズコレクション『ポップアップテント(EPS-6UV)』 【第8位】ケシュア『キャンプ ポップアップテント 2 SECONDS XL』 【第7位】ロゴス『チェッカー ポップフルシェルター』 【第6位】YAMAZEN(山善)『パッとサッとテント(TW-M15UV)』 【第5位】フィールドア『フルクローズサンシェードテント 200cmタイプ』 【第4位】KAZOO『自動ポップアップテント』 【第3位】KingCamp (キングキャンプ)『KT4082』 【第2位】キャプテンスタッグ『CSシャルマン ポップアップテントフルクローズ』 【第1位】コールマン『クイックアップIGシェード』
商品情報
特徴 ソロキャンプに欲しい機能が満載のテント ツーリングキャンプ向けのワンタッチテント ツーリングキャンプに最適なコンパクト仕様 紐を引くだけの簡単設営 両面フルメッシュ窓にできるワンタッチタイプ カンガルースタイル専用テント! 屋根としてもサンシェードとしても利用可能! シンプル、かつコンパクト。雨風も防げる快適空間で 面倒な設営なし! 広げるだけで瞬間セットアップ たくさん遊ぶために、設営はとにかく簡単に ファミリーキャンプに最適な大型ワンタッチテント たった30秒の簡単設営。初心者もおすすめのテント ファミリー向けのオールシーズン対応テント テント内空間が広い、機能満載のワンタッチテント 風にも強いファミリー向けの大型ワンタッチテント 初心者でも傘を広げるようにかんたんに設営できる 紫外線95%カットのダブルウォールタイプ 通気性重視の設計でキャンプやビーチの日よけに最適 4人用でも軽量なワンタッチテント ピクニックやビーチの日よけに最適なUVカット仕様 中の気温が上昇しにくく快適 日よけに最適なポップアップテント たった2秒であっという間に設営できる ポップなチェック柄のポップアップテント プライベートスペースが保てるスマートなテント ビーチに最適なポップアップテント 通気性、開放感抜群のポップアップテント 3面オープン可能で広々アウトドアを堪能! 紫外線カット素材で、夏のビーチを満喫できる 通気性抜群のポップアップテント
設営サイズ 幅240x奥行240x高さ150cm / 幅220x奥行100x高さ135cm 幅243×奥行235×高さ133cm 幅230×奥行90×高さ90cm 幅210×奥行190×高さ110cm 幅230×奥行150×高さ117cm 幅220×奥行150×高さ128cm 幅210×奥行210×高さ135cm (約)幅210×奥行150×高さ170cm 幅235×奥行113×高さ90cm 外寸:(約)幅310×奥行510×高さ215cm / インナー:(約)幅300×奥行270×200cm 幅280×奥行280+前室120×高さ200cm (約)幅200×奥行200×高さ145cm 幅270c×奥行220+70×高さ140cm 幅328×奥行328×高さ148cm 幅300×奥行510×高さ200cm 幅305×奥行240×高さ145cm 幅250×奥行400×高さ160cm (約)幅210x奥行210x高さ130cm 幅200×奥行200×高さ120cm 幅120×奥行220×高さ100cm 幅180×奥行210×高さ110cm 幅200×奥行150+70×高さ130cm 幅210×奥行210×高さ(最高部)115cm / 物置スペース(前室)幅220×奥行70cm 幅235×奥行113×高さ90cm 幅180×奥行148×高さ107cm 幅200×奥行180×高さ135cm 幅290×奥行200×高さ130cm 約幅210×奥行210×高さ130cm(幅83×奥行83×高さ51インチ) 幅200×奥行220×高さ130cm 幅200×奥行150×高さ125cm
収納サイズ (約)幅42x奥行19x高さ19cm 幅62×奥行20×高さ20cm 直径17×長さ52cm 直径17×長さ102cm 幅70×奥行19×高さ19cm 直径21×長さ70cm 75×17×17cm (約)17×50cm 幅70×奥行70×高さ4cm (約)幅90×奥行24×高さ24cm 幅27×奥行27×長さ110cm 幅80×奥行18×高さ18cm 幅87×奥行21×高さ21cm 幅25×奥行25×長さ90cm 直径23×長さ107cm 幅25×奥行25×高さ95cm -- (約)76 x14cm 幅15×奥行15×高さ105cm 直径80x厚さ8cm 直径68×6cm 直径58×高さ5cm 直径85×9cm 直径70×厚さ4cm 幅13.5×奥行7.0×高さ107.0cm 直径63×厚さ11cm 直径89cm 約幅74×奥行14×高さ14cm(幅29×奥行5.5×高さ5.5インチ) (約)外径60×厚さ7cm 直系59×厚さ8cm
重量 (約)2.2kg 4.3kg 約3kg 2.8kg 約3kg 4.3kg(付属品含む) 3kg 約4kg 1.9kg(総重量) 11.5 kg 約10kg 約2.6kg 約5.7kg 約11.2kg 12.7kg 4.9kg 6.4kg 3.8kg 3.3kg 2.8kg 3.9kg 2kg 5.3kg 2.3kg 1.5kg(本体) 2.5kg 3.7kg 約3.5kg(7.7ポンド) 約2.5kg 約2.5kg
UVカット加工 UVカットあり なし なし UVカットあり(UPF50+) なし なし UVカットあり なし UVカットあり なし なし なし UVカットあり(UV遮蔽率88% UPF35) なし UVカットあり(UPF50+) UVカットあり(UPF50+) UVカットあり(紫外線95%カット) なし なし UVカットあり 不明(「日光を90%ブロック」の記述あり) なし(「特殊シルバーコーティングにより厳しい太陽光を大幅に軽減」の記述あり) UV カット加工あり(SPF 50+) UVカットあり UVカットあり(UPF50+) UVカットあり(UPF50+) なし UVカットあり(UPF50+) なし なし
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年3月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月18日時点 での税込価格

ユーザーが選ぶおすすめワンタッチテント・ポップアップテントはコレ! DODやロゴス、フィールドドアなどが根強い人気!

ワンタッチテントは、どちらのタイプも広々スペースが人気

「小型タイプ」「大型タイプ」それぞれのランキング結果は下記になります。

小型タイプのワンタッチテントおすすめランキング
【第1位】DOD(ディーオーディー)『ザ・ワンタッチテント』
【第2位】LOGOS(ロゴス)『ポップフルシェルター』
【第3位】コールマン(Coleman) 『ワンポールテント エクスカーションティピ/1~2人用』
【第4位】LICLI(リクライ)『テント ワンタッチ 2人用 ~ 4人用 ロープ ペグ 付き』
【第5位】DOD『カンガルーテントS(T2-616-TN)』
【第6位】DOD『ワンタッチテント(T2-629)』
【第7位(同率)】クイックキャンプ『ワンタッチツーリングテント 1人用(QC-BEETLE1)』
【第7位(同率)】クイックキャンプ『ワンタッチテント 3人用(QC-OT210)』
【第9位】DOD『ライダーズワンタッチテント』
【第10位】BUNDOK(バンドック)『ソロ ティピー (BDK-75) 【1人用】』



大型タイプのワンタッチテントおすすめランキング
【第1位】FIELDOOR『ワンタッチテント200 4人用スクエアタイプ』
【第2位】KING CAMP(キングキャンプ)『KingCamp KT3092 ワンタッチテント BLUE』
【第3位】キャプテンスタッグ『CS クイックドーム250UV』
【第4位】フィールドア『ヘキサゴンテント』
【第5位】DOD『プレミアムワンタッチテント(T5-465)』
【第6位】DOD『キノコテント』
【第7位】クイックキャンプ『ダブルウォールドームテント』
【第8位】アウトドアマン(OUTDOOR MAN)『ワンタッチテント』
【第9位】クイックキャンプ『ダブルウォール キャビンテント』



それぞれ1位に輝いたのは、小型タイプはDOD(ディーオーディー)『ザ・ワンタッチテント』、大型タイプではFIELDOOR『ワンタッチテント200 4人用スクエアタイプ』となりました。

どちらのテントにも共通するのは、使用人数目安よりも少し大きめであること。ワンタッチテントは骨組みがしっかりしていて、どちらかというとキャンプや泊りなどに向いているテントです。そのため設営の簡単さだけでなく、実際にテント内で寝てみたとき、広々としている方が快適に感じるため、人気となっているのではないでしょうか。

使用人数だけを確認するのではなく、実際のテントの寸法まで見て、ゆったりとしたスペースが取れるのかは確認した方がいいでしょう。

ポップアップテントは「通気性」や「UVカット」のあるものが人気


【第1位】コールマン『クイックアップIGシェード』
【第2位】キャプテンスタッグ『CSシャルマン ポップアップテントフルクローズ』
【第3位】KingCamp (キングキャンプ)『KT4082』
【第4位】KAZOO『自動ポップアップテント』
【第5位】フィールドア『フルクローズサンシェードテント 200cmタイプ』
【第6位】YAMAZEN(山善)『パッとサッとテント(TW-M15UV)』
【第7位】ロゴス『チェッカー ポップフルシェルター』
【第8位】ケシュア『キャンプ ポップアップテント 2 SECONDS XL』
【第9位】キャンパーズコレクション『ポップアップテント(EPS-6UV)』
【第10位】コールマン『クイックアップドーム/W+』
【第11位】キャプテンスタッグ『シャイニーリゾート ポップアップシェルターUV』



ポップアップテントの場合、第1位、第2位を見てみると、通気性やUVカットといった、熱さや日光、気温などに対応しているテントが人気となっていました。

キャンプやビーチなどへ家族で出かけた際、子どもたちと海で遊んで、疲れたからテントでひと休憩するといったシーンが想像できますよね。日の光を遮ったり、風通しのいい涼しげに休憩をしたりのんびりしたりできるのは嬉しいこと。そのため、上記のような機能が人気なのではないでしょうか。

【アンケート結果】ユーザーが意識するポイントを見てみよう! 注目すべきは、サイズや使いやすさだけじゃない!

マイナビニュース会員509名のうち、ワンタッチテント・ポップアップテントについて「どちらか(もしくは両方)持っている」「ワンタッチテント(もしくはポップアップテント)を欲しい」と回答したに358名の方に聞き、ワンタッチテント・ポップアップテントの購入時に重視したいポイントや使用する用途などをご紹介します!

テントを購入する際に重要視するポイント

Q."ワンタッチテント(もしくはポップアップテント)を購入する際に重要視するポイントを3つまでお答えください

値段 39.4%
サイズ(使用可能人数) 31.8%
収納性(コンパクトさ) 30.2%
手入れのしやすさ(洗いやすさなど) 24.3%
デザイン 23.5%
撥水性(防水性) 18.2%
重量 17.9%
遮熱性 13.1%
UVカット率 10.9%
テントの間口(オープンか、フルクローズか) 9.2%



一番気になるのは言わずもがな値段ですが、その次に重要視しているのは「サイズ(使用可能人数)」「収納性(コンパクトさ)」となりました。

前述したとおり、ユーザーにとってテント内は広々としているものの方が快適さを感じやすいです。そのためサイズ(使用可能人数)はとても重要です。テントによっては同じ使用可能人数でもサイズは違うので、寸法までしっかり確認し、購入するようにしましょう。

また「収納性(コンパクトさ)」も重要なポイント。キャンプやビーチに行くときは、テントが住み家になりますが、使わない時は荷物でしかありません。畳んだ時にコンパクトか、そして自宅に収納しておくスペースは確保されているか、なども確認しておきましょう。

ユーザーはどんな時にテントを使う?

Q.どんな場面でテントを使用しますか?(複数選択可)

キャンプ(ファミリーやソロなど) 66.0%
海水浴など 36.0%
公園でのピクニックなど 19.5%
運動会といった行事など 12.5%
室内(お家キャンプなど) 12.5%
ツーリング、バックパッカーなど 7.5%



使用用途してはキャンプが一番多く、その次に海水浴、ピクニックと続きます。やはり、テントが一番使われるのはキャンプで、近年のソロキャンプも相まってダントツに多い結果となりました。

ビーチやピクニックなどでも使われる比率も多く、直射日光を防ぎながら、海や公園でリラックスできるアイテムとしてテントは人気です。特に、広げるだけで完成するポップアップテントは、その手軽さからますます利用者も多くなりました。
その他、運動会といった行事やお家キャンプ、ツーリングなど、家族サービスや趣味などでテントを使う方も多かったです。

テントは使う用途によっては、向いているテント、不向きなテントがあります。まずは、自分のメインとなるテントの使用用途を考え、そのあとに商品を選ぶようにしましょう。

テントの手入れで気を付けていること

Q.テントの手入れをする際、気を付けていることがあれば3つまで教えてください。

きれいにたたむようにしている 38.5%
干すなどして、必ず乾いてから仕舞うようにしている 36.0%
特に気を付けていない 36.0%
汚れたら、必ず洗うようにしている 30.5%
使い終わったら、防水スプレーをかけるようにしている 11.0%



ユーザーが一番意識しているのは「きれいにたたむようにする」こと。きれいにたたむことでシートも汚くならず、また次使用する時も取り出しやすいです!
また、「乾かしてから仕舞う」ことも大切。水滴がついたまま収納すると、カビの原因にもなります。乾燥させることでカビ予防にもなりますよ。

その他、砂利や木くずなどによる傷の予防のため、汚れたら洗うようにする、使うたびにシートの防水性が落ちてくるため、防水スプレーをかけるなどの回答もありました。

テントを長く、大切に使っていくためには、日々のメンテナンスが重要です。ユーザーが実際に行っている、上記のお手入れ方法を見て、購入した後も意識してみてください!

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする テントの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのテントの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:テントランキング
楽天市場:簡易・ワンタッチテントランキング
Yahoo!ショッピング:ワンタッチテントランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

ワンタッチテント・ポップアップテントの選び方 たたみ方の便利さで選ぶ?おしゃれなもので選ぶ?

アウトドア&旅ライターの大森弘恵さんに聞いた内容をもとに、ワンタッチテントを選ぶときのポイントを紹介します。ワンタッチテントを選ぶ際は、設営しやすさやテント内の広さだけでなく、次のポイントにも注目して選んでみましょう。

利用シーンで選ぶ ピクニックや海水浴など日帰り? キャンプ泊?

運動会やピクニック、海水浴など日帰りのアウトドアには、さっと取り出して設営でき、簡単に撤収できるポップアップテントが最適です。
サイズが小さめのものが多いので、大勢の人が集まるところでも場所を取らず、周囲のじゃまになりにくいところも便利です。海水浴ならビーチに置いて着替えのための目隠しや日よけとして活躍してくれます。赤ちゃん連れ、子ども連れのお出かけでは、授乳やおむつ替え、お昼寝にと大活躍。

キャンプで使うなら、ポップアップタイプより頑丈なワンタッチタイプを選んだほうがよいでしょう。骨組みを広げるだけで立てられるので、一般的なテントに比べて設営や撤収の時間や労力を大幅に減らせます。そのぶんアウトドアライフを思い切り楽しみましょう。

使用人数で選ぶ ソロキャン?ファミリータイプ?

ポップアップテントは小型のものが多いので少人数向き。商品は1人から2人用が多く、ソロキャンプにはピッタリです。
また、コンパクトに収納でき、複数持っていてもかさばらないため、ファミリーキャンプでも一人ずつ別のテントで寝たい、というような場合にも便利です。

一方、折りたたみ式は一般のテントと同様に4~5人で寝られるサイズのものもあるので、ファミリーキャンプでも十分に使えます。


キャンプやビーチ、ピクニック、運動会などの子どもの行事で使う際は、広げた時の大きさ、そして、使用する人数をしっかり想像しながら、商品を選んでいきましょう!

フルクローズできて換気もできれば宿泊も快適 メッシュパネルやベンチレーターがあれば換気もOK

アウトドア&旅ライター・編集者

サイズと布地を考慮すれば長い季節使える

ワンタッチテントはサンシェード(日よけ)や着替え用の簡易テントというイメージですが、フルクローズできてメッシュパネルやベンチレーター(通風機)があるものであれば、夏でも涼しく夜をすごせます。

ただし、ワンタッチテントの多くは生地が1枚のシングルウォールですので、雨や寒さの影響を受けやすくなっています。シングルウォールのワンタッチテントの場合、手持ちのタープやシェルターとの併用を考慮したサイズを選ぶことで、長いシーズン使えます。

フィールドア『ワンタッチテント 5人用 ヘキサゴンタイプ』

5人用の大型フルクローズサンシェード。

>> Amazonで詳細を見る

ペグダウンできて耐水圧1,500mm以上が安心 キャンプ泊に使うなら耐風、耐水性も重要

アウトドア&旅ライター・編集者

耐風性、耐水圧を考えて

ワンタッチテントはフレームが細めで、スタンダードなフレームを使用するテントに比べて風の影響を受けやすいものが多いようです。

フロア四隅を細いピンペグで申し訳程度にとめるのではなく、四隅プラス張り綱4本以上でしっかりペグダウン(ペグで地面に固定)できるものを選ぶことで、ワンタッチテントの耐風性の不安を解消できます。また、耐水圧は1,500mm以上、できればフライは2,000mm以上のものが安心です。

コールマン『クイックアップドーム/W+』

2人用でコンパクトモデル。耐水圧が約3,000mm(フロア:約1,500mm)で、安心して眠ることができる。

>> Amazonで詳細を見る

ディスク状か、円筒状か、収納時の形に注目 ポップアップタイプと折りたたみタイプでここが違う

アウトドア&旅ライター・編集者

円筒形の収納袋ならばオートバイでも

一般的なポップアップテントは収納する際は薄いディスク状にたたみます。ちょっとした隙間にも差し込みやすく、肩に提げても楽なのですが、ディスク部分の面積が広いためポップアップテントのオートバイの荷台への積載は厳しいものがあります。

天井を持ち上げる折りたたみタイプのワンタッチテントは、一般的なテント同様、円筒形の収納袋に入れて持ち運びます。トートバッグやバッグパックに入れて持ち運ぶなら、このタイプのほうが収納しやすいでしょう。

最近話題のカンガルースタイルについて シェルターやタープのインナーテントとしてのワンタッチテント

秋冬の冷え込む時期でも、快適に過ごしやすいとして注目されるのが「カンガルースタイル」。シェルターやタープといった外膜、その内側にインナーテントをいれるスタイルのことを指します。まるでカンガルーがお腹の袋で子どもを育てるかのように暖かい空間をつくれることから名付けられました。

カンガルースタイルの利点は、インナーテント内に外気が入り込みづらく、シェルターの入り口近くで焚き火などをして暖かい空気が入るようにすれば快適な過ごしやすい温度を保つことができます

※石油ストーブなどを利用する方は一酸化炭素中毒にはご注意ください。

インナーテントを手軽に設置可能なワンタッチテントにすることで、大掛かりな2ルームテントなどにくらべて設営もかんたんと言われており、自由度の高いレイアウトで好みの空間を演出することも可能です。秋冬のテント泊を予定されている方はチェックしておきましょう。

DOD『カンガルーテントS(T2-616-TN)』

カンガルースタイルのためのワンタッチテント。防水性が不要なインナーテントには、コットン100%使用。

>> 楽天市場で詳細を見る

UVカットの基準値を明記しているテントを UVカット重視なら「UPF50+」を目印に

公園やビーチで使用する場合、重要なのがUVカット加工です。できれば「UPF~」など、UVカットの基準値が明記されている商品が安心です。なお「UPF50+」が最高値になるので、UVカットを重視する場合は、これを目印に商品を探してください。

アウトドアライターからのアドバイス テント選びの大切なポイント!

アウトドア&旅ライター・編集者

ドアや窓から雨が浸入しづらい工夫に注目

ワンタッチテントは、悪天候に弱く、日よけ用など簡易テントのイメージを強くもたれがちです。しかし、耐水圧がじゅうぶんで張り綱で補強できるものや、雨が窓やドアから入りにくいものなど、各所に工夫があれば宿泊にも使えます。もちろん、前後のドアパネルを開放すればシェルター代わりにもなります。

通常は、耐水圧は1,500mm程度で強い雨に耐えうるとされています。耐水圧の数値が大きいほど雨には強いのですが、半面、通気性が悪くなってしまうので、夏キャンプで使用するなら耐水圧1,500〜2,000mmを目安にしましょう。加えて、小さくても前室が装備されているテントを選ぶと、靴が夜露に濡れずにすみます。

【関連記事】あわせて探したいキャンプ・アウトドアグッズ タープ、キャリーカート、チェアなど

キャンプなど、アウトドア好きなら持っておきたいテント。最も一般的なドーム型、設営がかんたんなワンポール型、リビングと寝室が一体化した2ルーム型など、その種類はさまざまです。アウトドアライターの大森弘恵さんへの取材をもとに、キャンプ用テントの選び方とおすすめ商品を紹介します!

マイナビおすすめナビのエキスパート3人が選んだ、ビギナーでも設営が簡単なテントのおすすめをタイプ別にご紹介します。ドームテント、ワンタッチテント、2ルームテント、ワンポールテントなど、各タイプの設営しやすさ、コスパの分布図も掲載。

アウトドアライターの高橋庄太郎さんの取材を行い、初心者用テントの選び方とおすすめの商品について教えてもらいました。自立型と非自立型、機能、テントの素材など、選ぶ際に気をつけなければならないポイントをわかりやすく解説します。

キャンプで海や山へ行くとき、太陽の下に長時間いることを考えると、日よけ対策はしっかりしたいですね。そんなときにあると便利なのが、テント型のサンシェードです。持ち運びや設営に便利な日よけとしてはもちろん、着替え場所や昼寝場所として使える製品も販売されています。

ポールとロープで布を張り、簡易的な屋根を作ることができる「タープ」。屋外で快適な時間を過ごすことができるだけでなく、日光や雨風から守ってくれます。この記事では、山岳写真家の荒井裕介さんへの取材をもとに、タープの選び方とおすすめの商品をご紹介いたします。

キャンプやバーベキューで大活躍するキャリーカート。アウトドア&旅ライターで編集者の大森弘恵さんへの取材をもとに、キャリーカートの選び方とおすすめ商品9選を紹介していきます。

キャンプライターの中山一弘さんに聞いた、おすすめのヘリノックスチェア5選と選ぶポイントを紹介。ソロキャップからファミリーキャンプでの使用はもちろん、家でくつろぐときに使うという選択肢も。

アウトドアやキャンプシーンでは、少ない燃料で効率的にお湯を沸かしたり調理できる『ジェットボイル』というアウトドア用バーナーが重宝しますよ。キャンプライターの中山一弘さんにうかがい、おすすめ商品をご紹介します。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。UVPRO使用のテントはUV加工ありとは記述していません。ご注意ください。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/04/27 関連記事追加と見出し修正のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 成田晴香・加藤佑一・関口信太郎)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


メーカー別【タープ】のおすすめ商品5選|ロゴス・モンベル・DODなど商品を厳選!

メーカー別【タープ】のおすすめ商品5選|ロゴス・モンベル・DODなど商品を厳選!

アウトドアライターが選ぶメーカー別タープのおすすめ商品5選を紹介します。タープは強い日差しや突然の雨などから身を守り、キャンプで快適に過ごすために必要なものです。各メーカーから多くの商品がでているので、どれを選べばいいのか迷っている人も多いのではないでしょうか? この記事では、アウトドアライターのSAMさんにお話をうかがい、タープを選ぶときのポイントとロゴス・キャプテンスタッグ・モンベル・キャンパルジャパン・DODなどメーカー別おすすめ商品を教えてもらいました。最後に各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、あわせて参考にしてみてください。


【2020年】キャンプ用テントのおすすめ14選|アウトドアライターに聞く!

【2020年】キャンプ用テントのおすすめ14選|アウトドアライターに聞く!

キャンプなど、アウトドア好きなら持っておきたいテント。最も一般的なドーム型、設営がかんたんなワンポール型、リビングと寝室が一体化した2ルーム型など、その種類はさまざまです。この記事では、アウトドアライターの大森弘恵さんへの取材をもとに、キャンプ用テントの選び方とおすすめ商品を紹介します!


サンシェードおすすめ10選+α|アウトドアレジャーや運動会に大活躍!

サンシェードおすすめ10選+α|アウトドアレジャーや運動会に大活躍!

キャンプで海や山へ行くとき、太陽の下に長時間いることを考えると、日よけ対策はしっかりしたいですね。そんなときにあると便利なのが、テント型のサンシェードです。持ち運びや設営に便利な日よけとしてはもちろん、着替え場所や昼寝場所として使える製品も販売されています。とはいえ、テント型のサンシェードにもさまざまな種類のものがあり、どんなものを選んだらいいのか迷ってしまうのではないでしょうか。この記事では、アウトドアライターでキャンプブロガーのSAMさんへの取材をもとに、テント型サンシェードの選び方とおすすめ商品5選をご紹介します。テント型サンシェードを上手に選んで、快適にアウトドアを楽しみましょう。


【2020年版】タープおすすめ80選|快適に過ごせる人気おしゃれモデルを紹介

【2020年版】タープおすすめ80選|快適に過ごせる人気おしゃれモデルを紹介

山岳写真家である荒井裕介さんへの取材をもとに、2020年版タープのおすすめ80選をご紹介します。キャンプやフェスなどで役立つタープをご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。


【軽量タープ】選び方&おすすめ商品9選|アウトドアライターが厳選!

【軽量タープ】選び方&おすすめ商品9選|アウトドアライターが厳選!

アウトドアライターの大森弘恵さんに、おすすめ軽量タープ9選について教えてもらいました。アウトドアシーンで日よけや雨よけとして活躍してくれるタープ。一枚用意しておくと、キャンプの楽しみ方が広がりそうですよね。そこで、本記事では薄い素材で作られた持ち運びや設営がしやすい軽量タープに注目し、大森弘恵さんに、軽量タープを選ぶポイントについて解説してもらいます。後半には各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載しています。タープの購入を検討しているキャンパーのみなさん、ぜひ参考にしてみてください。


新着記事


スクワランオイルおすすめ9選|毎日のスキンケア・ヘアケアに【人気のハーバーも】

スクワランオイルおすすめ9選|毎日のスキンケア・ヘアケアに【人気のハーバーも】

美容のプロ・古賀令奈さんと編集部が選ぶ、おすすめのスクワランオイル9選を紹介します。「スクワランオイル」はオイルなのにサラッとした使用感で、スキンケアはもちろんヘアケアやネイルケアまでにも使える万能アイテム。この記事では、商品の選び方も詳しく紹介するので、しっかりポイントを押さえて毎日スキンケアにスクワランオイルを取り入れてみてくださいね。後半では、各通販サイトの人気売れ筋ランキングも掲載しています。


【初心者向け】バイオリン教本おすすめ12選|CD・DVD付きも紹介!

【初心者向け】バイオリン教本おすすめ12選|CD・DVD付きも紹介!

バイオリンは、教室でも独学でもどちらでもスタートできますが、それぞれのスタイルに合ったバイオリン教本を選ぶことが大切です。はじめはどれを選んだらいいのか迷ってしまいますね。この記事では、楽器に詳しいピアノ講師・山野辺祥子さんに取材のもと、バイオリン教本の選び方とおすすめの教材12選を紹介するので、ぜひ参考にしてください。


LED線香おすすめ12選|香りが出るものや寝かせるタイプも!

LED線香おすすめ12選|香りが出るものや寝かせるタイプも!

建築・リフォームライターで仏具にも詳しい皆長佑飛さん監修のもと、LED線香の選び方とおすすめの商品を厳選! 火を使わずに本物のような光を灯すLED線香。リモコン付きや線香を寝かせるタイプ、香りが出るものなど、さまざまな商品を紹介します。記事の後半では、通販サイトの売れ筋ランキングも紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。


【ガラス製ティーポットおすすめ14選】ハリオ、ボダム、イワキなど厳選紹介!

【ガラス製ティーポットおすすめ14選】ハリオ、ボダム、イワキなど厳選紹介!

管理栄養士・渡辺愛理さん監修のもと、ガラス製ティーポットの選び方とおすすめの商品を厳選! ティーポット単体、プレゼントにもぴったりなセット商品も紹介します。茶こしの材質やジャンピングしやすい形状、電子レンジや直火対応のものなど、選ぶ際に気にすべきポイントはたくさんあります。記事の後半では、各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。


ケント紙のおすすめ商品12選|製図・イラスト用や印刷用紙も!

ケント紙のおすすめ商品12選|製図・イラスト用や印刷用紙も!

製図やイラストを描くときに使われるケント紙。凹凸が少なく、ペンで描いてもにじみにくく、こまかい線まできれいに描けるのが特徴です。この記事では、一級建築士・神村さゆりさんに取材のもと、ケント紙の選び方とおすすめ商品12選を紹介。仕事や趣味のために使いやすいケント紙をお探しの方は、ぜひチェックしてみてくださ。後半では、各通販サイトの人気商品ランキングも掲載しています。


人気の記事


>>総合ランキングを見る