キャンプライターが選ぶ【DODテント5選】| 個性的なテントを求めるキャンパーにもおすすめ!

キャンプライターが選ぶ【DODテント5選】| 個性的なテントを求めるキャンパーにもおすすめ!

キャンプ/釣りライター:中山 一弘
キャンプ/釣りライター
中山 一弘

青年期に始めた釣り新聞への寄稿を始めとして、サイトAllAboutでのフィッシングガイドを務める。 ほかにも雑誌『Salty!(ソルティ)』やアウトドア系の雑誌やWeb媒体などでの執筆多数。 今も休日には必ず海山湖を駆けまわっている自然派で、あらゆるジャンルの釣りを体験し、季節に合わせて日本中の旬な魚を追っている。 キャンプ用品は、あえて払い下げのミリタリー系ギアで揃えるマニアな一面も。

DODは日本のアウトドア用品メーカーですが、従来はドッペルギャンガーアウトドアというブランド名で知られていました。2018年2月からはDOD(ディーオーディー)にブランド名が変更され、今ではウサギとDODが組み合わされたロゴマークのテントやタープでおなじみです。ちなみに現在ではドッペルギャンガーというブランドは、同社の自転車ブランド名になっています。DODは幅広いアウトドア用品を提供していますが、テーブル・チェアや焚火用品をはじめ、ユニークな名前や機能を持つ製品が多いのも特徴です。この記事では、キャンプライターの中山一弘さんがDODテントの選び方のコツとおすすめ商品を紹介します。


DODテントの選び方|キャンプライターが解説

キャンプライターの中山一弘さんに、DODテントを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。

キャンプ中の写真

Photo by Clem Onojeghuo on Unsplash

ユニークな名前や特徴を持つ製品が多いDODのテントを選ぶ際のポイントについて、キャンプライターの中山一弘さんに解説してもらいます。

3つのラインを理解して自分にあったモデルを選ぶ

キャンプ/釣りライター

DODのテントは大きく「オリジナルテント」「ワンタッチテント」「ワンポールテント」の3つのラインにわかれています。

「オリジナルテント」はDODらしいユニークなモデルで、現在大人気で販売すると即完売といわれるカマボコテントなどが含まれます。「ワンタッチテント」は、パッと開いて使えるようなテントのことですが、コンパクトでリーズナブルなものから居住性の高いファミリーキャンプにも最適なものまで、幅広く用意されています。「ワンポールテント」はその名のとおり、ポール1本で立ち上がる最近人気のティーピーのような製品です。

それぞれにコンセプトがあるので、最初にこの3つのラインアップを理解しておきましょう。

DOD『プレミアムワンタッチテント』

ワンタッチ構造で簡単に立ち上げできるので、初心者にもぴったり。ファミリーでもゆっくりくつろげるスペースを確保。

>> Amazonで詳細を見る

リーズナブルなので、目的にあわせて複数所有もあり

キャンプ/釣りライター

他メーカーと比較しても、DODテントの実売価格はかなりコスパがよいといえます。たとえばここ数年人気ですっかり定番となってきた、4人用くらいのベルテントタイプでもDODなら4万円ほどで購入できます。

もちろん素材などは異なりますが、北欧メーカー製が10万円超えがスタンダードなのを考えると、お手ごろ! このコスパなら、家族で出かけるときとソロのときなど、状況にあわせたモデルを複数購入して使いわけるのもいいと思います。

すべてをひとつでまかなうのではなく、TPOにあわせてテントも変えるという選び方も楽しいものです。

ユニークな製品名の遊び心を楽しむ

キャンプ/釣りライター

DODの製品は名前も実にユニーク。端的にその製品のコンセプトなどを示していることがあります。似たようなテントだとしても、名前の違いから考えてみると、なにを重視したモデルなのかが類推できたりします。「タケノコ」「キノコ」などは形から想像できますが、「ヌノイチ」や「カンガルー」などわかりにくい名前もあります。

たとえば「ヌノイチ」は文字通り「布1枚」の軍幕風テントで、「カンガルー」はその名の通り、大型テントの中に小型のテントがある見た目が、まさにカンガルーのように見えるといった具合です。

直感でイメージがつかめたりするので、このあたりも製品選びに役立ててみてください。

DOD『タケノコテント』

広々としたリビングのように快適に過ごせる、ワンルームタイプのテント。オールシーズン仕様で、悪天候にも耐える強度も備えている。

>> Amazonで詳細を見る

DODテントのおすすめ5選|キャンプライターが厳選!

ここまで紹介したDODテントの選び方のポイントをふまえて、キャンプライターの中山一弘さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

DOD『タケノコテント』

出典:Amazon

シリーズ
オリジナル
サイズ(cm)
W450×D450×H280
重量
約22.8kg
耐水圧(フライ・ボトム)
屋根部350mm・フロア5,000mm
定員
8人用
収納サイズ
直径35×長さ82cm
Thumb lg 9e85a6da 7fe7 4063 b6de e73f47b48d34
キャンプ/釣りライター

ゲルのように広々したワンルームスペースでくつろぐ

モンゴルの遊牧民が伝統的に使う家(ゲル)のような外観で、室内はインナーテントがない広いワンルーム形状。構造的にはワンポールテントですが、サイドポールも併用するため側面が垂直に立ち上がり、端っこにいても圧迫感を感じません。

ロースタイルで敷物の上にゴロゴロする楽しみ方が似合いますが、ボトム部をまくると土間スペースが自由に作れます。夏などはすべて外して、フロアレスでコットで寝るような使い方もできます。

屋根部は通気性のよいポリコットンですが、側面は軽量化と耐水性を高めるためポリエステル生地になっています。最大収容人数は大人8人で、グランピングにも最適なゆったり使えるモデルです。カラバリはベージュとオレンジの2色ですが、5人用のミニもあるので好みで選びやすいでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

DOD『プレミアムワンタッチテント』

出典:Amazon

シリーズ
ワンタッチ
サイズ(cm)
W300×D510×H200
重量
約12.7kg
耐水圧(フライ・ボトム)
フライ2,000mm・フロア5,000mm
定員
5人用
収納サイズ
直径23×長さ107㎝
Thumb lg 9e85a6da 7fe7 4063 b6de e73f47b48d34
キャンプ/釣りライター

初めてのキャンプにも最適な2ルームタイプ

これからキャンプを始めようというファミリーにおすすめなのが、設営の手間が少なく広々した空間が得られるこのモデル。

DODのテントはワンタッチで設営できるタイプが多いのですが、これはリビング+インナーテントの2ルーム構造なので、テントと別にタープを張らなくてもすぐにキャンプサイトが完成します。

もちろん、ステップアップを考える場合、さらにタープを足せばより快適なサイトにしていけます。フロントのひさしを跳ね上げるためのポールまで付属しているので、あれこれ買い足す必要なくこれ一つでキャンプに行けますね。

190㎝の大人も立って歩ける高さ、インナーテントには大型のメッシュパネルもあり、夏でも通気性がいい点も魅力です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

DOD『ビッグワンポールテント』

出典:Amazon

シリーズ
ワンポール
サイズ(cm)
W460×D460×H300
重量
約12kg
耐水圧(フライ・ボトム)
アウター2,000mm・フロア3,000mm
定員
8人用
収納サイズ
直径24×長さ62cm
Thumb lg 9e85a6da 7fe7 4063 b6de e73f47b48d34
キャンプ/釣りライター

最大8人で泊まれる大型ティピーテント

シンプルな構造ですが、しっかり個性を主張できるDODらしいワンポールテントです。いわゆるティピーテントといわれるとんがり帽子タイプですが、最大で8名がごろ寝できる広大なスペースが魅力です。

設営もペグダウンしてポールを立てるだけで、サイズを考慮しても2名いればすぐに準備完了です。大型テントにも関わらず12kgと軽量なので、機動力を活かして大人数の参加で楽しむフェス用にもグッドです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

DOD『カマボコテント2』

出典:Amazon

シリーズ
オリジナル
サイズ(cm)
W300×D640×H195
重量
約16.1kg
耐水圧(フライ・ボトム)
アウター3,000mm・フロア5,000mm
定員
5人用
収納サイズ
W68×D32×H32cm
Thumb lg 9e85a6da 7fe7 4063 b6de e73f47b48d34
キャンプ/釣りライター

キャンプブームのなかでDODを象徴する人気テント

カマボコテント2は広いリビングスペースを備えた2ルームタイプで、ファミリーキャンプからグループキャンプの集会スペースまで、幅広く使える柔軟性に富むモデルです。

一般的な2ルームテントと比較しても、2倍くらいあるリビングスペースがポイント。インナーテントがある状態でも、大人10人くらい入れるゆったりスペースがあります。

5か所のドア部はひさしとして跳ね上げられるので、オールシーズン快適に使えます。大型ですが、一般的なキャンプ場の区画サイトに車1台と一緒に設置しやすいよう設計されています。カラバリは3色で、3人用のミニもあります。

とにかく人気モデルなので、機会があったら即買いという人も多いようです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

DOD『ライダーズワンポールテント』

出典:Amazon

シリーズ
ワンポール
サイズ(cm)
W290×D290×H183
重量
約2.6kg
耐水圧(フライ・ボトム)
アウター2,000mm・フロア3,000mm
定員
1人用
収納サイズ
直径14×長さ50cm
Thumb lg 9e85a6da 7fe7 4063 b6de e73f47b48d34
キャンプ/釣りライター

設営・撤収が簡単でバイクにも積みやすい

DODのワンポールテントにも多くのモデルがありますが、そのなかでもこれはオートバイや自転車などでのツーリングにも最適なモデルとなっています。

コンパクトな収納性と快適な居住性を両立していて、ゆったり過ごせる2ルームタイプとして使えます。底面の5か所をペグダウンしたら、中心のメインポールを立ち上げるだけなので、慣れれば5分もあれば設営可能。別売りのポールを追加すれば、入口のひさしを跳ね上げてスペースを広げられます。

シンプルな構造ですが、結露を防ぐベンチレーターやブレサブルインナーなど細部まで充実しています。ツーリング以外に、ソロキャンプなどでも活用したいモデルです。

一覧表でおすすめ商品を比較する

画像

DOD『タケノコテント』
DOD『プレミアムワンタッチテント』
DOD『ビッグワンポールテント』
DOD『カマボコテント2』
DOD『ライダーズワンポールテント』

商品

DOD『タケノコテント』 DOD『プレミアムワンタッチテント』 DOD『ビッグワンポールテント』 DOD『カマボコテント2』 DOD『ライダーズワンポールテント』

特徴

ゲルのように広々したワンルームスペースでくつろぐ 初めてのキャンプにも最適な2ルームタイプ 最大8人で泊まれる大型ティピーテント キャンプブームのなかでDODを象徴する人気テント 設営・撤収が簡単でバイクにも積みやすい

価格

Amazon : ¥ 68,900
楽天市場 : ¥ 68,900
Yahoo!ショッピング : ¥ 68,900
※各社通販サイトの 2019年10月25日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 37,900
楽天市場 : ¥ 37,482
Yahoo!ショッピング : ¥ 37,600
※各社通販サイトの 2019年10月25日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 24,892
楽天市場 : ¥ 25,800
Yahoo!ショッピング : ¥ 25,800
※各社通販サイトの 2019年10月25日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 108,000
楽天市場 : ¥ 52,759
Yahoo!ショッピング : ¥ 126,453
※各社通販サイトの 2019年11月6日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 16,850
楽天市場 : ¥ 16,650
Yahoo!ショッピング : ¥ 16,500
※各社通販サイトの 2019年10月25日時点 での税込価格

シリーズ

オリジナル ワンタッチ ワンポール オリジナル ワンポール

サイズ(cm)

W450×D450×H280 W300×D510×H200 W460×D460×H300 W300×D640×H195 W290×D290×H183

重量

約22.8kg 約12.7kg 約12kg 約16.1kg 約2.6kg

耐水圧(フライ・ボトム)

屋根部350mm・フロア5,000mm フライ2,000mm・フロア5,000mm アウター2,000mm・フロア3,000mm アウター3,000mm・フロア5,000mm アウター2,000mm・フロア3,000mm

定員

8人用 5人用 8人用 5人用 1人用

収納サイズ

直径35×長さ82cm 直径23×長さ107㎝ 直径24×長さ62cm W68×D32×H32cm 直径14×長さ50cm

商品情報

通販サイトのDODテントランキングを参考にする

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのDODテントの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:テントランキング
楽天市場:テント・タープランキング
Yahoo!ショッピング:テントランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

キャンプライターからアドバイス| 標準装備の内容をきちんと把握しておこう

キャンプ/釣りライター

DODのテントはとてもリーズナブルな製品が多いのですが、驚くのはその価格でも標準で付属する内容が充実している点です。

テントの下に敷いて防水性や底面保護に使うグランドシートは別売りのメーカーが一般的ですが、DODでは標準付属のモデルが多いです。また、他メーカーではオプション扱いになりそうなサブポールが付属していたりすることもあります。

購入時には、どういう内容になっているのかきちんと把握して、無駄なオプション装備を増やすことのないようにしましょう。

関連記事はこちら!

サーマレスト(THERMAREST)はキャンプや登山で使用するマットレスの専門ブランド。オートキャンプや登山などでテント泊をするとき、地面の凸凹や冷気を遮断して快適な睡眠をえることができます。そこで、サーマレストマットの選び方のコツとおすすめ商品を、キャンプライターの中山一弘さんに伺いました。

テント泊をともなう登山はもちろん、最近多くのファンがいる最小限の装備で旅する「ウルトラライトハイク」などでは、少しでも装備重量を減らしたいもの。そんな時に活躍する、ジェットボイルの選び方のコツとおすすめ商品を、キャンプライターの中山一弘さんに伺ってみましたので、紹介します。

ヘリノックスチェアは、80以上のテントメーカーに採用されている軽量・高強度なアルミポールで有名なDAC社が立ち上げたブランド。軽量・コンパクトさと同時に快適な座り心地を実現して注目を集めています。この記事では、キャンプライターの中山一弘さんに聞いた、おすすめのヘリノックスチェア5選と選ぶポイントを紹介しています。

ダッチオーブンを使えば、煮る・炒めるなどの調理はもちろん、オーブン料理も楽しむことができます。そのため1台持っておくと、アウトドア料理の幅がグッと広がるでしょう。本記事では、アウトドアライターの夏野 栄さんへの取材をもとに、ステンレス製ダッチオーブンの選び方とおすすめ商品5選を紹介します。

キャンプの必需品になりつつあるエアーベッド。サイズや値段で選んでしまいがちですが、寝心地や空気の入れやすさなど注目すべきポイントが多くあることはご存知でしょうか。この記事では、キャンプ用エアーベッドに詳しいフリーライターの大森弘恵さんへの取材をもとに、キャンプ用エアーベッドの選び方とおすすめ商品を紹介します。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【トレッキング用リュックおすすめ5選!】アウトドアライターに聞く|フィットする商品の選び方

【トレッキング用リュックおすすめ5選!】アウトドアライターに聞く|フィットする商品の選び方

アウトドアライターの夏野 栄さんに、トレッキング用リュックのおすすめ商品5選と選び方を教えてもらいました。山へ行くのに欠かすことができないアイテムといえば、まずはリュックですよね。疲れや身体への負担を軽くするためにも体型や目的に合ったものを使う必要がありますが、各ブランドから数多くのモデルが販売されていて選ぶのが難しいと感じている人も多いようです。そこで、アウトドアライターの夏野 栄さんにお話しをうかがい、トレッキング用リュックを選ぶポイントを解説していただきました。後半では各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、ぜひトレッキング用リュック選びの参考にしてください。


【アウトドアライターに聞く!】登山用のザックカバーおすすめ5選|軽量・防水

【アウトドアライターに聞く!】登山用のザックカバーおすすめ5選|軽量・防水

アウトドアライターの夏野 栄さんに登山用ザックカバーの選び方とおすすめの商品を教えていただきました。登山用のザックを購入するなら、あわせてそろえておきたいのがザックカバーです。山の天気は変わりやすいもの。ザックカバーは雨や雪はもちろん、ときにはホコリや砂からも大切な荷物を守ってくれます。後半では各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載しています。備えあれば憂いなし。いざというとき頼りになる登山用ザックカバー選びの参考にしてください。


【アタックザック】の選び方&おすすめ5選|アウトドアライターが商品を厳選!

【アタックザック】の選び方&おすすめ5選|アウトドアライターが商品を厳選!

アウトドアライターの夏野 栄さんが選ぶアタックザックのおすすめ5選をご紹介します。登山では山小屋やベースキャンプから頂上を目指す場合などに、最小限の荷物だけを持って挑むことがあります。こうしたときに役立つのが「アタックザック」や「サミットパック」と呼ばれる、携帯性にすぐれた予備のザックです。糸や生地の品質に加えてザックそのものの性能が向上し、各メーカーから軽量でコンパクトな製品が数多くリリースされています。そこで、夏野さんにアタックザックを選ぶポイントをうかがい、おすすめの商品について解説していただきました。記事後半の各通販サイトの売れ筋ランキングとあわせて参考にしてみてください。


【クライミングロープ】のおすすめ商品5選|アウトドアライターが選び方を解説

【クライミングロープ】のおすすめ商品5選|アウトドアライターが選び方を解説

アウトドアライターの夏野 栄さんが選ぶクライミングロープ5選をご紹介します。クライミングにもさまざまな種類があり、それぞれ適したロープがあります。命を預けることになるロープなので、安全性を考慮して商品を選びたいですよね。そこで、夏野さんに選ぶときに気をつけるポイントとおすすめの商品について教えてもらいました。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


キャンプライターおすすめ【スノーピークタープ7選】|高品質タープでゆったりくつろぐ!

キャンプライターおすすめ【スノーピークタープ7選】|高品質タープでゆったりくつろぐ!

数あるアウトドアメーカーの中でも、新潟県の三条市を本拠地とするSnow Peak(スノーピーク)は日本の気候やキャンプ環境を熟知し、初心者から上級者までどんな方でも使いやすい製品を幅広く作り出しています。照りつける強烈な陽ざしや突然の雨や夜露も防いで、屋根や家となってキャンパーを守ってくれるタープも、使いやすい魅力的なモデルを販売しています。そこで、キャンプライターの中山一弘さんにスノーピークタープの選び方のコツとおすすめ商品を伺ってみました。


最新の記事


パーソナルトレーナーがおすすめ【フィットネスシューズ5選】|ジム通いに必須

パーソナルトレーナーがおすすめ【フィットネスシューズ5選】|ジム通いに必須

パーソナルトレーナーの田子政昌さんに、フィットネスシューズの選び方とおすすめ商品を紹介してもらいました。フィットネスシューズも、そのほかのスポーツシューズに近い構造となっている場合が多いですが、野外の運動シューズを室内で使うと、床に跡が残ってしまったりして迷惑がかかってしまいます。また、動作の際の適切なクッション性も感じることができ安全性も高まるので、やはりジムに通う際はフィットネスシューズを使用した方が無難です。パーソナルトレーナーの田子政昌さんの意見を参考にして、自分に合ったシューズで快適なフィットネスライフを楽しみましょう。


40代におすすめの化粧下地7選【ヘア&メイクアップアーティストに取材】

40代におすすめの化粧下地7選【ヘア&メイクアップアーティストに取材】

40代になるとホルモンバランスの乱れなどから肌の変化を感じやすくなりますが、流行のファッションやメイクを取り入れ、若々しさを維持したいという願望を持つ方も多いですよね。ファンデーションだけでカバーするのではなく、ツヤ感のある化粧下地を上手に取り入れて素肌が輝いていきき見えるベース作りを目指しましょう。そこで、本記事ではヘア&メイクアップアーティストの渡辺みゆきさんへの取材をもとに、40代用化粧下地の選び方とおすすめ商品を紹介していきます。


【振動スピーカー】の選び方&おすすめ5選|家電コンシェルジュが商品を厳選!

【振動スピーカー】の選び方&おすすめ5選|家電コンシェルジュが商品を厳選!

家電コンシェルジュが選ぶ振動スピーカー5選をご紹介します。机や棚の振動を利用して音を増幅する振動スピーカー。一度使えば、自宅使用だけでなく旅行などにも手放せない存在になるでしょう。しかし、振動スピーカーを販売しているのは日本では無名なメーカーが多いため、選ぶのに困ることも。そこで、家電ライターの松本レイナさんにお話をうかがい、おすすめの選び方から厳選した商品までをご紹介いただきました。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


【名刺スキャナー】の選び方&おすすめ6選|ガジェットレビュアーが商品を厳選!

【名刺スキャナー】の選び方&おすすめ6選|ガジェットレビュアーが商品を厳選!

ガジェットレビュアーが選ぶ名刺スキャナー6選をご紹介します。名刺は捨てることがあまりないので、たまる一方ですよね。名刺スキャナーがあれば、ファイルにまとめる必要はなく、大量の名詞を手軽に管理することが可能です。本記事では、大くのガジェットをレビューしている東雲八雲さんに、名刺スキャナーのおすすめ商品を教えてもらいました。かんたんに使える商品もたくさんありますので、ぜひお気に入りの1台を見つけてみてください。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてくださいね。


【スマートキーケース】のおすすめ商品8選|カージャーナリストが選び方を解説

【スマートキーケース】のおすすめ商品8選|カージャーナリストが選び方を解説

カージャーナリストが選ぶスマートキーケース8選をご紹介します。スマートキーの持ち運びと保護に役立つスマートキーケースですが、リレーアタック対策が施されているタイプや、防水加工が施されているタイプなど、商品によって機能が異なります。本記事では、スマートキーケースのおすすめ商品と選び方について、カージャーナリストの松村 透さんにお話をうかがいました。各商品の特徴を見比べて、用途に合ったスマートキーケースを選びましょう。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。