テレキャスター用ピックアップおすすめ9選|サウンドにこだわれる商品を紹介

テレキャスター用ピックアップおすすめ9選|サウンドにこだわれる商品を紹介


テレキャスタータイプのギターを使っていて、なんとなく音が気に入らないという人もいるでしょう。その解決策のひとつが、ピックアップを交換することです。

フェンダーやリンディなど、とくに大きな加工を必要とせず、かんたんに取り付けられるテレキャスター専用のピックアップが数多く出ていますので、音に不満を感じたら試してみるとよいでしょう。

本記事では、テレキャスターらしいサウンドが出せるピックアップの選び方やおすすめ商品をご紹介。通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


この記事を担当するエキスパート

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター
田澤 仁

90年代にプロドラマーとして活動、その後、音楽ライターとして書籍、雑誌などの執筆を行なっている。 DTM、PCオーディオ関連の著書、DTMソフト、シンセサイザーの日本語マニュアル制作など多数。 Webでは2007年~2009年までサイトAll Aboutで「ロック」のガイドを務めたほか、音楽情報サイトBARKSでは国内外の数多くの有名アーティストのインタビュー、ライブ取材などを行なっている。 得意分野はAOR、ハードロック、フュージョン、80年代。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:ホビー
水貝 英斗

「ホビー」カテゴリーを担当。小学校から大学まで柔道に明け暮れた元体育会系であり、大のゲーム・アニメ好き。その他、広告関連記事の制作にも携わり、SEOの知見を活かし商品販促のプランニングも行っている。

記事中の本文・商品の選定・ランキングなどのコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作され、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

「テレキャスター用ピックアップ」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
FENDER(フェンダー)『Vintage Noiseless Tele Pickups Set』
SeymourDuncan(セイモア・ダンカン)『STL-1』
SeymourDuncan(セイモア・ダンカン)『STHR-1b Hot Rails Bridge』
Yibuy『テレブリッジ/ネックピックアップ』
Fender『Pure Vintage 64 Telecaster Pickups set』
ESP『Seymour Duncan Alnico II Pro™ Tele』
FENDER(フェンダー)『Pure Vintage '64 Telecaster Pickup Set』
DIMARZIO(ディマジオ)『Twang King Neck DP172』
Fender『Tex-Mex Tele Pickups エレキギター用ピックアップセット』
商品名 FENDER(フェンダー)『Vintage Noiseless Tele Pickups Set』 SeymourDuncan(セイモア・ダンカン)『STL-1』 SeymourDuncan(セイモア・ダンカン)『STHR-1b Hot Rails Bridge』 Yibuy『テレブリッジ/ネックピックアップ』 Fender『Pure Vintage 64 Telecaster Pickups set』 ESP『Seymour Duncan Alnico II Pro™ Tele』 FENDER(フェンダー)『Pure Vintage '64 Telecaster Pickup Set』 DIMARZIO(ディマジオ)『Twang King Neck DP172』 Fender『Tex-Mex Tele Pickups エレキギター用ピックアップセット』
商品情報
特徴 ノイズを抑えたビンテージテレキャスサウンド 抜けのよいブライトなテレキャスサウンド 加工なしで取り付けられるハムバッカー 格安でピックアップを手に入れたい人に ヴィンテージの音色を追求している 優しい高音を鳴らしたい方に 本家ならではのまさにテレキャスターらしい音 ビンテージ系よりハイゲインのピックアップ 低音がクリアに鳴るのが特徴
ポジション セット リア リア セット セット リア セット フロント セット
ブランド FENDER SeymourDuncan SeymourDuncan Yibuy Fender Seymour Duncan FENDER DIMARZIO Fender
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年11月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年6月13日時点 での税込価格

テレキャスター用ピックアップの選び方

テレキャスター用ピックアップの写真
ペイレスイメージズのロゴ


それでは、テレキャスター用ピックアップの基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記の3つ。

【1】テレキャスターらしい音が出せるか
【2】フロント、リアのセットか
【3】加工に自信ができるか


上記の3つのポイントを抑えることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】テレキャスターらしい音が出せるかチェック

 

ピックアップ選びは、どんな音を出したいかによって決めるのが原則です。とはいえ、「今のピックアップにはなんとなく不満だけれど、どんな音にするのがよいか、はっきりと決まっていない」という場合もあるでしょう。そんなときは、やはりテレキャスターらしい音を出せるピックアップを選びましょう。

テレキャスターの本家FENDER(フェンダー)をはじめ、さまざまなメーカーから、ビンテージテレキャスターを再現するピックアップが出ています。こういったものを使えば、テレキャスターらしさを失わずにサウンドをグレードアップすることができます。

逆に、音の方向性が明確に決まっている場合は、たとえばハイゲインでパワフルに歪むものや、ローノイズのアクティブタイプなど、今までとは違う音のピックアップを選ぶのもよいでしょう。

【2】フロント、リアのセットかチェック

 

テレキャスターには通常、2つのシングルピックアップがありますが、フロント用とリア用で異なるピックアップを使うのが一般的です。リアはリード用でかたいサウンド、フロントはリズム用で甘いトーンと、役割の異なるピックアップが組み合わせられていて、これによってテレキャスターらしいサウンドが生み出されています。ピックアップを選ぶさいも、フロント用とリア用を間違えないように注意しましょう。

通常は両方がセットになったものを購入して同時に交換するのがおすすめですが、リズムサウンドをクリアにしたい、リードをもっとパワフルにしたい、といったように、明確な目的がある場合は、どちらか一方だけを交換してもよいでしょう。ただしひとつだけを交換すると、バランスが崩れることがあるので注意してください。

【3】加工に自信ができるかチェック

ギターを演奏する人の写真
Pixabayのロゴ

ピックアップを交換すると見た目も変化します。加工や調整ができれば、好みの見た目も保持できます。見た目とのバランスも考えて加工や調整をしましょう。

ギターに加工をしてもよいのであれば、テレキャスター専用ではないピックアップを使うこともできます。たとえば、フロントをハムバッカーに替えるといった改造はよく見かけますし、そのほかさまざまなピックアップが選択肢になります。

しかしそのためにはボディやピックガードを削るなどの加工が必要になります。また、リアの場合はピックアップ周囲にブリッジの金属プレートがあるため、形状の似ているシングルコイルであってもストラト用では思った通りの音が出ないこともあります。加工や調整に自信がある場合を除いて、テレキャスター用のピックアップを使うことをおすすめします。

テレキャスター用ピックアップのメーカー・ブランド


テレキャスター用ピックアップを製造しているメーカーごとに、いろいろな特徴があります。メーカーの特徴を踏まえておくと、より納得のテレキャスター用ピックアップが見つかります。

見た目に影響しないスタンダードなものなら「Fender」

 

テレキャスター用ピックアップの本家メーカーとして知られているのが「Fender(フェンダー)」です。時代の流れとともに変化しているテレキャスター用ピックアップをリリースしています。以前発売していたモデルを再現したものもあります。

Fenderのテレキャスター用ピックアップは、見た目に影響がほとんどないのも特徴です。見た目が気になるときには、チェックしてみましょう。

手にしやすい価格が豊富な「SEYMOUR DUNCAN」

 

求めているサウンドがなかなか得られないときには、「SEYMOUR DUNCAN(セイモア・ダンカン)」のテレキャスター用ピックアップが向いています。太めのものからか細いものまで、幅広いサウンドのピックアップをリリースしています。

SEYMOUR DUNCANのテレキャスター用ピックアップは、手にしやすい価格のものがそろっています。価格重視で選びたいときにも選択肢に入ります。

ハンドメイドの上質なサウンドの「LINDY FRALIN」

 

上質なサウンドを得たい人にぴったりなのが「Lindy Fralin(リンディーフレーリン)」のテレキャスター用ピックアップです。ピックアップはすべてハンドメイドで製作されているのが特徴です。

ハンドメイドのため、ほかのテレキャスター用ピックアップよりも価格は高いものが多いですが、クリーンでソフトな高音、低出力のヴィンテージトーンとハンドメイドだからこその上質なサウンドが得られます。

テレキャスター用ピックアップおすすめ9選


上記で紹介したテレキャスター用ピックアップの選び方のポイントをふまえて、おすすめ商品を紹介します。

エキスパートのおすすめ

FENDER(フェンダー)『Vintage Noiseless Tele Pickups Set』

FenderピックアップFender®VintageNoiseless™Tele®Pickups FenderピックアップFender®VintageNoiseless™Tele®Pickups
出典:Amazon この商品を見るview item
音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター:田澤 仁

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

ノイズを抑えたビンテージテレキャスサウンド

ビンテージテレキャスターの音は出したいけれどノイズが気になる、という人におすすめのピックアップです。

ノイズも味のうち、と言われるほど、テレキャスターにはノイズがつきものですが、その大きな原因であるハムノイズを抑えた製品です。音は若干マイルドになりますが、テレキャスターらしいジャキジャキしたトレブリーなところはきちんと出ていて、とてもまとまりのよいサウンドです。

ビンテージテレキャスターでは少し音が暴れすぎると感じる人にもおすすめです。

エキスパートのおすすめ

SeymourDuncan(セイモア・ダンカン)『STL-1』

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター:田澤 仁

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

抜けのよいブライトなテレキャスサウンド

交換用ピックアップの世界的ブランド、SeymourDuncan(セイモア・ダンカン)の製品で、54年のビンテージテレキャスターに使われたリアピックアップを再現したものです。

3弦、4弦のポールピースが少し弦に近づけられていて、高音の抜けがよく、クリアでシャープなサウンドが特徴です。切れ味鋭いリードサウンドを出したい人におすすめです。同シリーズのフロントピックアップもあります。

エキスパートのおすすめ

SeymourDuncan(セイモア・ダンカン)『STHR-1b Hot Rails Bridge』

SeymourDuncanPUセイモアダンカンギター用ピックアップSTHR-1bBLK(ブリッジポジション用)【国内正規品】 SeymourDuncanPUセイモアダンカンギター用ピックアップSTHR-1bBLK(ブリッジポジション用)【国内正規品】
出典:Amazon この商品を見るview item
音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター:田澤 仁

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

加工なしで取り付けられるハムバッカー

ボディシェイプはテレキャスターが好き、でももっと図太くパワフルなサウンドが欲しい、という人もいるでしょう。そんな人におすすめなのが、シングルタイプのハムバッカーです。

音はややシングル寄りのハムバッカーといったところですが、音はちゃんと太くなりますし、高音の抜けもよいので、テレキャスターらしさも損なわれません。ハムバッカーは欲しいけれどボディに加工したくない、という人におすすめです。こちらはリア用ですが、フロント用もあります。

Yibuy『テレブリッジ/ネックピックアップ』

Yibuy2本セットブラックエレキギター弦テレブリッジ/ネックピックアップセラミック磁石 Yibuy2本セットブラックエレキギター弦テレブリッジ/ネックピックアップセラミック磁石 Yibuy2本セットブラックエレキギター弦テレブリッジ/ネックピックアップセラミック磁石 Yibuy2本セットブラックエレキギター弦テレブリッジ/ネックピックアップセラミック磁石 Yibuy2本セットブラックエレキギター弦テレブリッジ/ネックピックアップセラミック磁石 Yibuy2本セットブラックエレキギター弦テレブリッジ/ネックピックアップセラミック磁石
出典:Amazon この商品を見るview item

格安でピックアップを手に入れたい人に

フロントとリアがセットになったテレキャスター用ピックアップです。安めのセラミック磁石が使われているので、格安で手に入るのがポイントです。格安にもかかわらず、音色は他のものとあまり遜色ありません。費用を抑えてピックアップを手に入れたい方や、初めてピックアップを取り換えるのに様子を見たい方におすすめです。

Fender『Pure Vintage 64 Telecaster Pickups set』

フェンダー◆FenderPureVintage'64Telesetof2◆Telecaster/テレキャスターギター用ピックアップ2点セット『並行輸入品』 フェンダー◆FenderPureVintage'64Telesetof2◆Telecaster/テレキャスターギター用ピックアップ2点セット『並行輸入品』 フェンダー◆FenderPureVintage'64Telesetof2◆Telecaster/テレキャスターギター用ピックアップ2点セット『並行輸入品』
出典:Amazon この商品を見るview item

ヴィンテージの音色を追求している

1964年当時のピックアップを再現した、ヴィンテージ感あふれるテレキャスター用ピックアップです。クロスワイリングとファイバーボビン構造が採用されていて、ヴィンテージの音色が特徴的です。生のトーンが得られるのもポイントです。スタッカード・ポールピースで、音量バランスに優れているので安定した演奏ができます。ヴィンテージ感を楽しみたい方におすすめです。

ESP『Seymour Duncan Alnico II Pro™ Tele』

優しい高音を鳴らしたい方に

Alnico 2 rodマグネットを使用することに、ヴィンテージピックアップのような優しい音色を出すことができます。マイルドな曲調を演奏したいときにぴったりのテレキャスター用ピックアップです。歪み具合の調整が簡単なので、調整も楽にできます。今使っているものに対して「高音が強い」「低音が鳴りづらい」と感じている方におすすめです。

エキスパートのおすすめ

FENDER(フェンダー)『Pure Vintage '64 Telecaster Pickup Set』

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター:田澤 仁

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

本家ならではのまさにテレキャスターらしい音

テレキャスターの生みの親であるFENDER(フェンダー)が、60年代前半のビンテージテレキャスターに搭載されていたピックアップを再現したセットです。

エナメルコーティングしたワイヤー、アルニコ5マグネットなど、当時の仕様を忠実に再現したモデルで、当然ながらこれぞテレキャスターというキャラクター。それでいて、ハイゲインで両ピックアップの音量差が小さいなど、意外にモダンで使いやすいピックアップです。

エキスパートのおすすめ

DIMARZIO(ディマジオ)『Twang King Neck DP172』

DiMarzioピックアップTwangKingNeckChromeDP172-C DiMarzioピックアップTwangKingNeckChromeDP172-C
出典:Amazon この商品を見るview item
音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター:田澤 仁

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

ビンテージ系よりハイゲインのピックアップ

ビンテージ系のピックアップでは少し物足りないという人におすすめの、ハイゲインのフロント用ピックアップです。

とくに高域と低域に力強さがあり、強く歪ませても音が抜けてくるので、メタル系ギタリストにも愛用されています。通常の2倍のロウづけを行なってハウリングを抑えているので、ライブで大音量を出すときでも安心して使えます。同シリーズでリア用の「DP173」もあります。

Fender『Tex-Mex Tele Pickups エレキギター用ピックアップセット』

FenderTex-MexTelecasterPickupSetフェンダーテレキャスターピックアップセット[並行輸入品] FenderTex-MexTelecasterPickupSetフェンダーテレキャスターピックアップセット[並行輸入品]
出典:Amazon この商品を見るview item

低音がクリアに鳴るのが特徴

コイルの巻き数が多いので、クリアな低音が鳴りやすいのが特徴のテレキャスター用ピックアップです。ベースならではの低音を生かして演奏でき、演奏のニュアンスを繊細に表現できるのがポイントです。音の強弱をつけるプレイスタイルにぴったりです。低音のこもりが気になる方や、バンドの中でベースを際立たせたい方におすすめです。

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする テレキャスター用ピックアップの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのテレキャスター用ピックアップの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:エレキギターピックアップランキング
楽天市場:ピックアップランキング
Yahoo!ショッピング:ピックアップランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

そのほかの楽器に関連する記事はこちら 【関連記事】

テレキャスター用ピックアップ交換時の注意点


ドライバーやはんだごてがあれば、ピックアップの交換は比較的かんたんに行なうことができます。しかし、取り付けたあとに調整も必要です。ピックアップの高さをきちんと調整しないと、フロントとリアのバランスが悪くなってしまいます。とくに一方だけを交換したときは慎重に調整してください。

また、はんだづけするさいには、アースの接続方法にも注意する必要があります。アースの位相が逆になっていると、フロントとリアのミックスにしたときに極端に音量が小さくなってしまうし、接続が間違っていると最悪の場合はショートして音が出ないこともあります。

接続や調整に自信がない場合はショップに取り付けを依頼することをおすすめします。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。
※特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。
※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
※商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
※記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。
※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


ギタークリップ式チューナーおすすめ12選|高精度・見やすいタイプ厳選

ギタークリップ式チューナーおすすめ12選|高精度・見やすいタイプ厳選

ギターを弾くときに必須のチューニング。素早くチューニングをしたい場合、クリップ式チューナーを使うと便利です。ここでは、液晶・LEDタイプ、チューニングモードや精度、画面表示仕様といった選び方のポイントを解説。また、ピアノ講師・元大手楽器メーカー勤務の山野辺祥子さんと編集部が選ぶギタークリップ式チューナーおすすめ12選をご紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。

tag icon エレキギター・エレキベース , アコースティックギター , 楽器

サックスマウスピースおすすめ22選|フェノール樹脂・エボナイト・金属製も!

サックスマウスピースおすすめ22選|フェノール樹脂・エボナイト・金属製も!

サックスの音色を左右するパーツのひとつがマウスピースです。奏者によって適する商品が異なります。この記事では、元大手楽器メーカー勤務の山野辺祥子さんと編集部が、サックスマウスピースの選び方やおすすめ商品を厳選! ソプラノ、アルト、テナー、バリトンとサックスの種類に分けて紹介します。通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。

tag icon 管楽器・吹奏楽器 , 楽器 , 音楽用品

カホンのおすすめ12選|スナッピータイプ、ワイヤータイプ、日本製も

カホンのおすすめ12選|スナッピータイプ、ワイヤータイプ、日本製も

穴の空いた長方形の木の箱を叩いて音を出す楽器「カホン」。ここ数年ストリートミュージシャンがドラム代わりに使ったり、小編成のアコースティックライブでアコギやピアノといっしょに演奏されたりして注目を集めてきました。この記事では、レコーディングエンジニアである小野寺孝樹さんと編集部が厳選したカホンのおすすめと選び方をご紹介。記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

tag icon 和歌山 , 楽器 , 音楽用品

ベースケースおすすめ13選|専門家厳選人気ギグバッグ(セミハード)など

ベースケースおすすめ13選|専門家厳選人気ギグバッグ(セミハード)など

お気に入りのベースを持ち運ぶのに欠かせない「ベースケース」。人気のフェンダーやMONOなどから、さまざまな種類が販売されています。そして保護性能はもちろん、ストラップの担ぎやすさや収納力、機能などにもそれぞれに特徴があります。そこで音楽ライターの田澤 仁さんへの取材をもとに、ベースケースの選び方とおすすめの商品を紹介します。自分のベースに合うケースはどれなのか、移動や保管時の利便性を想像しながら選んでみてください。Amazonなど通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミをとあわせてチェックしてみてください。

tag icon エレキギター・エレキベース , 楽器 , 収納ケース・ボックス

キーボードスタンドおすすめ12選【X型・Z型・テーブル型】タイプで選ぶ

キーボードスタンドおすすめ12選【X型・Z型・テーブル型】タイプで選ぶ

自宅やライブイベントなどでキーボードを演奏するときに欠かせない、キーボードスタンド。X型やZ型、テーブル型など、さまざまな種類があります。この記事では、キーボードスタンドを選ぶときのポイントと、すすめの商品をご紹介します。 後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミを確認してみましょう。

tag icon シンセサイザー・キーボード , 楽器 , 音楽機材

関連するブランド・メーカー


Fender(フェンダー)

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。