デッキブラシおすすめ13選【素材別の選び方も】伸縮タイプやおしゃれなブラシも厳選

デッキブラシ WS ホース CL4162100 【商品コード】4370600
出典:Amazon

ベランダや玄関、ウッドデッキやお風呂など、さまざまな床掃除で活躍してくれる「デッキブラシ」。ニトリや無印良品など人気メーカーでも見かけますよね。

柄の部分が伸縮したり、ヘッド部分が回転したりと機能性のあるものから、おしゃれなデザインのものまでさまざまな商品が販売れています。

この記事では、デッキブラシの選び方とおすすめ商品をご紹介! ナイロンや天然素材、金属製など幅広い商品を紹介します。

Amazonや楽天市場など通販サイトの人気ランキングもあるので、売れ筋や口コミもあわせてチェックしてみてください。


目次

この記事を担当するエキスパート

一般社団法人日本清掃収納協会 代表理事
大津 たまみ

アルバイトからはじめた清掃業界。何がお客様に笑顔になっていただけるのかを考えてきました。 2006年に、たった一人でアクションパワーを設立。現在多くの女性と一緒に働くことが出来ることに幸せを感じています。 2010年12月には、かんき出版より【8秒で幸せをつかむ「片づけ力」】を出版。 自らの経験と片づけノウハウだけではなく、片づけを通じて幸せをつかむ力=片づけ力を提唱し、普及活動中です。 講師業を行いながら、現在も現場でお客様と一緒に片づけや掃除を行っています。 5つの団体の運営を行いながら、起業理念の『女性の働く場の提供と働く女性の支援』が出来るように日々努力中♪です。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:生活雑貨・日用品
吉川 優美

「生活雑貨・日用品」カテゴリー担当。時短につながる日用品や、生活の質を上げてくれるモノを探すのが趣味の主婦編集者。主婦仲間から情報収集をし、ECサイトで魅力的な商品を探すのが日課となっている。

記事中の本文・商品の選定・ランキングなどのコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作され、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

デッキブラシの魅力とは? 玄関、ベランダ、ウッドデッキの掃除に!

コンクリート床の掃除
Pixabayのロゴ

デッキブラシは、床の掃除で使用する道具です。柄が長く、立ったまま広範囲を掃除するのにぴったり!

洗剤いらずで水だけでもしっかり汚れを落としてくれます。玄関・ベランダ・ガレージ・ウッドデッキ・トイレなど、使える場所もさまざまです。

ひとつあると、日ごろのお手入れはもちろん、大掃除などでも活躍してくれる便利なアイテム! 機能性のあるものからおしゃれなものまであるので、使いやすいものを見つけましょう!

デッキブラシおすすめ13選

それではさっそく、使い勝手のよいデッキブラシをご紹介します。

ブラシの素材や幅、伸縮機能などもチェックして自分が掃除したい場所に適したデッキブラシを探してみてください。

高砂『極上シダデッキ』

お湯や薬品にも強いデッキブラシ

柄とヘッドには天然木、ブラシにはシダと天然素材だけで作られたデッキブラシ。水やお湯がかかるブラシヘッドはニス塗り仕上げで、湿気にも強くなっています。

ブラシにはパルミラヤシから採取されるパルミラファイバーを使用。赤シダとも太めの繊維で腰の強さに定評があります。

厨房の床や銭湯、スポーツクラブなど、お湯や洗剤を使う清掃に適したデッキブラシです。

アズマ『TKブラッシングスポンジ玄関タイル用・柄付(321036020)』

【送料無料】【5%OFF】【スペア2枚付き】ブラッシングスポンジ玄関タイル用柄付セット 【送料無料】【5%OFF】【スペア2枚付き】ブラッシングスポンジ玄関タイル用柄付セット 【送料無料】【5%OFF】【スペア2枚付き】ブラッシングスポンジ玄関タイル用柄付セット
出典:楽天市場 この商品を見るview item

W繊維&軽量! 外壁やタイルもキレイに

フロアーモップのような見た目が特徴のデッキブラシは、2種類の繊維で汚れをかきだすW繊維を採用。その使い勝手のよさから、ホームクリーニングの現場でも使われている商品です。

毛足が短いため、ブラシによる水ハネが少なく、少ない水量で掃除することができます。スポンジ部分は面ファスナーで取り外してまる洗いも可能。柄は軽量なアルミ製なので、コンクリートの外壁はもちろん、玄関のタイル掃除にぴったりです。

TERAMOTO(テラモト)『デッキブラシ TN(CL9400500)』

高耐久性! ブラッシングしやすい化繊素材

清掃用品メーカー・テラモトのデッキブラシです。天然木のヘッドにポリエステル製のブラシがついており、汚れをしっかりとかきだします。ブラシ部分と柄は適度な角度をつけた状態でしっかりと固定されているため、力をかけやすく掃除がしやすいと口コミでも評価を得ている商品です。

柄はスチール製で耐久性にもすぐれているため、玄関はもちろん、ガレージやタイル床などの掃除にぴったりです。

山崎産業『HGデッキブラシ(CL678-180U-MB)』

消毒処理も可能な耐久性の高いブラシ

総合環境メーカー・山崎産業の業務用品HGシリーズのデッキブラシは、高度衛生管理が求められる場所の清掃を目的に作られた製品です。ネジやリベットを使用せず、ねじ込み式のため耐久性にすぐれているのが特徴。

毛が1本でも抜け落ちたらすぐに判別できるよう、レッド・イエロー・ブルーのカラーリングが施されています。ブラシは次亜塩素酸ナトリウムによる消毒処理も可能です。ベランダやウッドデッキなど、掃除したい場所にあわせて好きな色を選んでみてください。

カワタキコーポレーション『デッキブラシ』

カワタキコーポレーションデッキブラシベージュ×グリーンサイズ:113×19×6cmヘッド部毛丈:4cm カワタキコーポレーションデッキブラシベージュ×グリーンサイズ:113×19×6cmヘッド部毛丈:4cm カワタキコーポレーションデッキブラシベージュ×グリーンサイズ:113×19×6cmヘッド部毛丈:4cm
出典:Amazon この商品を見るview item

昔ながらのなつかしいデザイン

生活日用品メーカーのカワタキコーポレーションのデッキブラシです。ヘッド部分の幅は使いやすい19cm。化繊素材のため、玄関先や駐車場などの掃除に向いています。

使用後は柄の上部についているループを使って、かけて収納すると便利です。ブラシが地面に接しないため、水気も切りやすく、ブラシの形状を長くたもつことができます。

エキスパートのおすすめ

TERAMOTO(テラモト)『ホースデッキブラシ WS グレーブラシ(CL-416-210-0)』

一般社団法人日本清掃収納協会 代表理事:大津 たまみ

一般社団法人日本清掃収納協会 代表理事

ホースに取りつけて水をだしながらの掃除が可能!

この商品はホースを取りつけることで、ブラシ部分から水をだしながら掃除することができます。水はけもよく、長く使用することが可能。また、使用後も早く乾くので、掃除が終わったあともラクです。

業務用として掃除のプロが使用している商品でもあり、ブラシ部分の毛が絶妙なしなり具合で確実に汚れを落とします。水をだしながら掃除することが可能なデッキブラシを求めている方におすすめの商品です。

エキスパートのおすすめ

日本クリンテック『ベランダ・玄関のための 床ブラシ』

日本クリンテック『ベランダ・玄関のための床ブラシ』 日本クリンテック『ベランダ・玄関のための床ブラシ』 日本クリンテック『ベランダ・玄関のための床ブラシ』 日本クリンテック『ベランダ・玄関のための床ブラシ』
出典:Amazon この商品を見るview item
一般社団法人日本清掃収納協会 代表理事:大津 たまみ

一般社団法人日本清掃収納協会 代表理事

柄の短いブラシで、収納もしやすい

柄の長さが短いブラシです。伸縮タイプですが、伸ばしても背を丸めなければ掃除できないくらい短いです。そのため狭い範囲の床の掃除をするのに向いています

また、子どもの背丈に合っているので、子どもが掃除するときにも力が入れやすいでしょう。

一方、柄が短い分、収納する場所にも困りません。本体が非常に軽いので、持ち運ぶときにストレスフリーです。

エキスパートのおすすめ

八ツ矢工業『地球シダデッキブラシ(42010)』

八ツ矢工業『地球シダデッキブラシ(42010)』 八ツ矢工業『地球シダデッキブラシ(42010)』 八ツ矢工業『地球シダデッキブラシ(42010)』 八ツ矢工業『地球シダデッキブラシ(42010)』
出典:Amazon この商品を見るview item
一般社団法人日本清掃収納協会 代表理事:大津 たまみ

一般社団法人日本清掃収納協会 代表理事

キズをつけたくない場所をキレイにする素材

ブラシの素材がシダになっているデッキブラシです。シダは、水を使うお風呂場ややわらかい素材でできているベランダなどの箇所の掃除をするときに便利

柄の長さも1m以上あるので、かがまないで掃除をすることが可能です。持ち手は木製なので自然な雰囲気のものを好む方にもおすすめです。

価格も安く、何本か必要でまとめて買うときにも財布に優しいです。

山崎産業『コンドル デッキブラシ ワイヤー180木柄(CL716-180U)』

サビ落としや塗装はがし向けデッキブラシ

ブラシにスチールを用いたこのデッキブラシは、磨くというより削り取ることを目的として使用します。たとえば、コンクリートや鉄板の塗装を削り、剥がす目的です。

ウッドデッキなどの汚れ落としに使用してしまうと、床が傷だらけになってしまいます。コンクリートや金属相手でもひっかき傷がつきます。塗装を剥がし、研磨して塗り直すといった作業で使用する商品です。

熱田資材『ナイロンデッキブラシ(NDB-401)』

オーソドックスなナイロン使用のデッキブラシ

オーソドックスに見えながらも、細かな使いやすさにこだわったデッキブラシです。

竹の柄は適度な弾力と重さで取り扱いやすく、幅17cmと細めのヘッドはコーナーや狭い場所の清掃にも便利です。ナイロン製のブラシは吸水性にすぐれているので、水や洗剤を使った清掃にも適しています。

使用する場所を選ばない汎用性の高い商品です。

YATSUYA『木柄シダデッキブラシ 7寸(42023)』

広範囲を一気に磨くことができるデッキブラシ

デッキブラシ選びはブラシの素材も重要ですが、ヘッド部の大きさや形も作業のしやすさに大きく関わります。

この商品の特徴は、商品名にも入っている7寸。つまり、ブラシの幅が約21cmと大きめになっています。小型のヘッドに比べて広い範囲を磨くのに適していますが、その分、力も必要になります。そのため柄も若干長く120cmとなっています。

こちらのメーカーのラインナップには8寸(約24cm)、柄の長さ135cmとさらに大きなものもあります。広い範囲の清掃には便利ですが、自分の体格や力で扱いやすいサイズを選ぶこともポイントです。

エキスパートのおすすめ

レック『レック 床用 ハンディブラシ(S-527)』

レック『レック床用ハンディブラシ(S-527)』 レック『レック床用ハンディブラシ(S-527)』 レック『レック床用ハンディブラシ(S-527)』 レック『レック床用ハンディブラシ(S-527)』 レック『レック床用ハンディブラシ(S-527)』 レック『レック床用ハンディブラシ(S-527)』 レック『レック床用ハンディブラシ(S-527)』
出典:Amazon この商品を見るview item
一般社団法人日本清掃収納協会 代表理事:大津 たまみ

一般社団法人日本清掃収納協会 代表理事

ハンディータイプで隅々までキレイ

最大の特徴は台形に毛が埋め込まれていることで、床のこまかい箇所に入り込んでしまった汚れも掻き出してキレイにしてくれるすぐれものです。

この台形の形は床を掃除する際には力が入りやすく、軽い力で汚れを取り除くことが可能となります。ヘッド部分だけでできていて毎日のお風呂掃除にピッタリのブラシです。壁側や床にも毛が届きやすく、こまかい箇所の汚れを確実に取り除きたい方にピッタリです。

ツインバード『充電式バスポリッシャー ふろピカッシュEX(BD-4399BL)』

ツインバード『充電式バスポリッシャーふろピカッシュEX(BD-4399BL)』 ツインバード『充電式バスポリッシャーふろピカッシュEX(BD-4399BL)』 ツインバード『充電式バスポリッシャーふろピカッシュEX(BD-4399BL)』 ツインバード『充電式バスポリッシャーふろピカッシュEX(BD-4399BL)』 ツインバード『充電式バスポリッシャーふろピカッシュEX(BD-4399BL)』 ツインバード『充電式バスポリッシャーふろピカッシュEX(BD-4399BL)』
出典:Amazon この商品を見るview item

スリムなお風呂専用電動ブラシ

デッキブラシの利用場面のひとつにお風呂場の掃除があります。

お風呂掃除は床や壁だけでなく、浴槽の掃除も必要な大変な作業ですよね。その作業を大幅に軽減化してくれると注目されているのが、電動ブラシです。立ったまま浴槽の隅々まで磨くことができるので、腰を痛めることもなく、効率よく掃除をすませることができます

電動式には重たいものもありますが、この商品は750gと比較的軽量で取り扱いやすい点も特徴。スリムでコンパクトなのでタオルハンガーにかけて、見せる収納も可能です。

「デッキブラシ」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
高砂『極上シダデッキ』
アズマ『TKブラッシングスポンジ玄関タイル用・柄付(321036020)』
TERAMOTO(テラモト)『デッキブラシ TN(CL9400500)』
山崎産業『HGデッキブラシ(CL678-180U-MB)』
カワタキコーポレーション『デッキブラシ』
TERAMOTO(テラモト)『ホースデッキブラシ WS グレーブラシ(CL-416-210-0)』
日本クリンテック『ベランダ・玄関のための 床ブラシ』
八ツ矢工業『地球シダデッキブラシ(42010)』
山崎産業『コンドル デッキブラシ ワイヤー180木柄(CL716-180U)』
熱田資材『ナイロンデッキブラシ(NDB-401)』
YATSUYA『木柄シダデッキブラシ 7寸(42023)』
レック『レック 床用 ハンディブラシ(S-527)』
ツインバード『充電式バスポリッシャー ふろピカッシュEX(BD-4399BL)』
商品名 高砂『極上シダデッキ』 アズマ『TKブラッシングスポンジ玄関タイル用・柄付(321036020)』 TERAMOTO(テラモト)『デッキブラシ TN(CL9400500)』 山崎産業『HGデッキブラシ(CL678-180U-MB)』 カワタキコーポレーション『デッキブラシ』 TERAMOTO(テラモト)『ホースデッキブラシ WS グレーブラシ(CL-416-210-0)』 日本クリンテック『ベランダ・玄関のための 床ブラシ』 八ツ矢工業『地球シダデッキブラシ(42010)』 山崎産業『コンドル デッキブラシ ワイヤー180木柄(CL716-180U)』 熱田資材『ナイロンデッキブラシ(NDB-401)』 YATSUYA『木柄シダデッキブラシ 7寸(42023)』 レック『レック 床用 ハンディブラシ(S-527)』 ツインバード『充電式バスポリッシャー ふろピカッシュEX(BD-4399BL)』
商品情報
特徴 お湯や薬品にも強いデッキブラシ W繊維&軽量! 外壁やタイルもキレイに 高耐久性! ブラッシングしやすい化繊素材 消毒処理も可能な耐久性の高いブラシ 昔ながらのなつかしいデザイン ホースに取りつけて水をだしながらの掃除が可能! 柄の短いブラシで、収納もしやすい キズをつけたくない場所をキレイにする素材 サビ落としや塗装はがし向けデッキブラシ オーソドックスなナイロン使用のデッキブラシ 広範囲を一気に磨くことができるデッキブラシ ハンディータイプで隅々までキレイ スリムなお風呂専用電動ブラシ
サイズ W19×H114cm W20×D8×H107cm W17.3×H132cm W18×H136cm W19×D6×H113cm 全長:約117cm、毛の長さ:約4.5cm W13×D7×H45cm W18×H113cm W17.5×134cm W17×H110cm W21×H120cm W12×D15×H8cm 約W7×D9.6×D93.5cm
ブラシ素材 赤シダ(パルミラファイバー) スポンジ:ポリウレタン、ポリエチレン ポリエステル(再生樹脂) PBT - ポリエステル(再生樹脂) ナイロン シダ スチール ナイロン シダ ポリプロピレン ポリプロピレン
柄の素材 天然木 アルミ スチール ステンレス - スチールパイプにビニール接着コーティング ポリプロピレン、アルミニウム 竹または木 天然木 ポリプロピレン -
ブラシの幅 19cm 20cm 17.3cm 18cm 19cm 18cm 13cm 18cm 17cm 17cm 21cm -
伸縮機能 × × × × × × × × × × ×
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年8月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月8日時点 での税込価格

通販サイトの人気ランキング Amazon、Yahoo!ショッピングの売れ筋をチェック!

Amazon、Yahoo!ショッピングでのデッキブラシの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:デッキブラシランキング
Yahoo!ショッピング:デッキブラシランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

デッキブラシの選び方

デッキブラシなど掃除用具
ペイレスイメージズのロゴ

ここからは、日本清掃収納協会 代表理事・大津たまみさんへの取材をもとに、デッキブラシを選ぶときのポイントを紹介していきます!ポイントは下記の5つ。

【1】掃除したい場所に合うブラシの素材をチェック!
【2】ブラシの幅は「15~20cm」が使いやすい
【3】柄の長さや伸縮機能があるかも確認しよう
【4】隙間掃除にはヘッドが回転するものだと便利
【5】メーカーで選ぶのもおすすめ


上記の5つのポイントをおさえることで、より具体的に自分に合うデッキブラシを選ぶことができます。

掃除したい場所に合うブラシの素材をチェック!

 

デッキブラシを選ぶときは、掃除したい場所に合った素材を選ぶことが大切です。ブラシの素材には「化学繊維」「天然素材」「金属製」の3つがあり、それぞれ特性や掃除に向いている場所が異なります。掃除する場所に合ったデッキブラシを選びたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

ナイロンなど化学繊維はマルチに使える

 

玄関のタイルやマットなど、さまざまな場所で利用できるのが、化学繊維のデッキブラシ(化繊ブラシとも呼ばれています)の特徴。毛がかたく、コシが強いので、タイルの目地汚れや乾燥した泥などもパワフルにかき出してくれます。

化学繊維のデッキブラシは、使用されている化学繊維によっても特徴が変わります。ナイロン、ポリエステル、ポリプロピレン、PVC(ポリ塩化ビニル)などがよく使われる素材です。それぞれ強度、弾力が異なるので、使用頻度や汚れの程度に合わせて素材を選びましょう。強度は、ナイロン>ポリエステル>ポリプロピレンとなっています。PVCは、かたくもやわらかくも作ることができます。

天然素材はお風呂など水回りの掃除に便利

 

天然素材のシダは、洗剤やお湯に強いという特徴を持っています。かたく吸水性もよいので、水やお湯を使いながら磨く場所に向いています。洗剤にも強いので、汚れが落ちればよいというだけでなく、洗剤を使い除菌も行ないたい場所に適しています。たとえば、銭湯の床、プール掃除、給食室、厨房などです。

吸水性がよいので、ブラシに含ませた洗剤液で広い範囲を磨くことができます。吸水性のない素材だと、洗剤液を床にまきながら、磨くことになるので効率に大きな差がでます。

金属製はコケや雑草もしっかり取れる

 

長く放置されたコンクリートに付着したコケや鉄板の塗装落としやサビ落としに活躍するのが、スチールなどの金属(ワイヤー)を使ったデッキブラシです。

ワイヤーの特質(材質、太さ、長さ)によってブラシ全体の弾性、剛性に違いが出ます。磨くものに合わせたブラシを選ばないと、床面にキズをつけることも。そのため金属製ブラシを使用する場合は、慎重な力加減の調整が大切といえるでしょう。

ブラシの幅は「15~20cm」が使いやすい

 

デッキブラシをお風呂場や玄関掃除で使うなら、こまわりがきいて使いやすい15~20cmくらいの幅のブラシが便利です。庭のウッドデッキやガレージなど、広い場所の掃除には30~60cmのワイド幅が活躍します。

しかし、階段など狭い場所の掃除につなげたい場合、ワイド幅ではこまわりがきかないので不便です。どの幅を選んだらいいのか迷ったときは、まずは使いやすい15~20m幅のデッキブラシを購入してから、必要に応じてワイド幅を検討してみてもいいでしょう。

柄の長さや伸縮機能があるかも確認しよう

 

昔のデッキブラシは柄の部分が木で作られていることが多く、持ち運びや収納するのに不便という印象をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、現在は柄の長さが自由自在になる伸縮機能や通水性にすぐれているものが多く販売されています。収納面やさまざまな場所で使いたいという方は、伸縮機能が付いたものだと長さを調節できるのでおすすめです。

耐久性や力を入れて掃除をしたいという方は、伸縮機能がないものの方が扱いやすいでしょう。

隙間掃除にはヘッドが回転するものだと便利

 

最近では掃除したい場所にあわせて、ブラシ部分を回転させて向きを変えられる商品があります。ベランダの排水溝やウッドデッキのしたなど、掃除のために動かせない場所の掃除や隙間掃除に便利です。

ただし、ヘッドが回転することで力がかけにくかったり、接合部の耐久性が低かったりすることがあります。「とても便利そうだけど実際はどうなんだろう?」と気になるときは、商品の口コミやレビューで実際の使用感などをチェックしてみてください。

メーカーで選ぶのもおすすめ

 

「どれを選べばいいかわからない……」「業務用のブラシを扱っている専門メーカーのものがほしい」という方は、人気のメーカーから選ぶのもひとつの手です。

たとえば、老舗掃除用品メーカーの「テラモト」や、使いやすさと素材にこだわって家庭用の掃除用品などを扱う「山崎産業」など。家庭用の掃除用品を豊富に取り扱っているので、ほかの商品も同メーカーでそろえるのもいいですね。

電動タイプという選択肢も

 

デッキブラシといえば、手動のものが一般的ですが、電動タイプの商品もあります。力を入れてゴシゴシと磨く必要がなく、なでるように動かすだけで自動で汚れをきれいにしてくれます。充電しておく必要はありますが、力に自信のない方や高齢者なども使いやすいのがポイントです。

また、複数のアタッチメントが付いている電動デッキブラシなら、家のなかのさまざまな場所に使えて便利ですよ。

デッキブラシの上手な使い方

 

デッキブラシを使うときは、掃除をする場所に合った素材を選ぶことが大切です。玄関やベランダ・ウッドデッキ、お風呂場などでデッキブラシを上手に使う方法をご紹介します。

玄関掃除

玄関

玄関は雨天時、靴底についた泥で汚れてしまうことも。タイルの表面をほうきではらっても、溝に入った泥汚れはなかなかきれいになりません。落としにくい汚れはデッキブラシを使いましょう。

ブラシの素材はコシが強く、洗剤の使用も可能な化繊素材が便利です。排水溝があれば、水を流しながらこするだけ。洗剤もしっかりと流して乾かしてください。

ベランダ・ウッドデッキ

ウッドデッキ
Pixabayのロゴ

ベランダやウッドデッキは土ボコリや砂ボコリがたまりやすい場所です。ベランダは排水溝まわりや、コーナー、室外機などこまかい場所があるため、ヘッドがコンパクトで回転するものを選ぶと掃除がしやすいでしょう。

ウッドデッキは季節ごと(年4回程度)デッキブラシを使って水洗いをすると長くきれいな状態で使えます。ブラシは木材を傷めない天然素材かやわらかめのナイロンを選び、軽くあてて何度かこするようにして汚れを落としましょう。コケや黒ずみなどしつこい汚れは、高圧洗浄機と組み合わせて使うと便利です。

お風呂場

お風呂場
Pixabayのロゴ

お風呂場の洗浄には掃除する床材を傷めない素材のブラシを選ぶことが大切です。ポリプロピレンやナイロンなど化繊素材のブラシなら、適度なコシと水はけにもすぐれているため、お風呂場の掃除に向いています。

片手で扱えるハンディタイプは、力もかけやすくこまわりがききます。また、柄が伸縮するタイプは壁や天井も洗浄できるので便利です。毛先が広がった形状のブラシはコーナー部分も洗いやすく、タイルの溝もしっかり洗浄できます。

毎日のお手入れには「ほうき」や「ちりとり」がおすすめ

モップとほうきとちりとり
Pixabayのロゴ

デッキブラシは汚れが気になったときや、年に数回程度の掃除でじゅうぶんです。毎日のお手入れは「ほうき」と「ちりとり」を使いましょう。玄関やベランダなどすぐ手にとれる場所にかけておけば、こまめに掃除することが可能です。

下記の記事で整理収納アドバイザーや節約お掃除ブロガーが、使用する場所に合ったおすすめの「ほうき」と「ちりとり」を紹介しています。気になる方はぜひチェックしてみてください。

使用する場所に合ったデッキブラシを用意しよう

デッキブラシを使った掃除は年数回程度と、頻度は高くありませんがあると便利なアイテムです。

玄関やベランダ、ウッドデッキ、お風呂場など床材はそれぞれ異なるため、1本のデッキブラシよりも場所に合わせた素材を選んで用意しておくと便利です。

頻繁に買い替えるアイテムではないため、本記事でご紹介したデッキブラシの選び方も参考にして、長く使えるものを選びましょう。あわせてご紹介したデッキブラシを上手に使う方法も参考にして、長くきれいな状態をたもってください。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。
※特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。
※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
※商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
※記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。
※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


お風呂スポンジおすすめ18選【赤カビ撃退!】掃除しやすい柄付きタイプなど

お風呂スポンジおすすめ18選【赤カビ撃退!】掃除しやすい柄付きタイプなど

カビが生えやすい浴室は毎日のお掃除が大切ですが、とくにお風呂用のスポンジ選びが重要。掃除しやすいスポンジを選ぶことで、毎日のお風呂掃除がラクになりますよ。この記事では、お風呂スポンジの選び方とおすすめ商品を紹介します。洗いやすい柄付きタイプや、水切れのよいタイプなどをピックアップ。記事後半では、Amazonなど通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミもぜひ参考にしてください。

tag icon バスグッズ , 掃除用ブラシ・スポンジ , バス・トイレ・洗面グッズ

電動バスポリッシャーおすすめ10選|腰を曲げずにお風呂掃除ができる!

電動バスポリッシャーおすすめ10選|腰を曲げずにお風呂掃除ができる!

電動バスポリッシャーとは、お風呂掃除をするときに腰を曲げずに洗うことができる、柄の長いブラシです。電動ブラシになっているので、余計な力を加えずに浴室の隅々まできれいになるうえ、体力的にも負担を抑えられるのが魅力。この記事では、家事ライターの藤原 寿子さんに電動バスポリッシャーの選び方やおすすめ商品をご紹介していただきます。通販サイトのランキングもありますので参考にしてみてくださいね。

tag icon 掃除用ブラシ・スポンジ , 日用品 , 生活雑貨

夢ゲンブラシは本当にきれいになる? 使ってみてわかったすごい実力!

夢ゲンブラシは本当にきれいになる? 使ってみてわかったすごい実力!

『夢ゲンブラシ』は、洋服の埃がなかなか取れなくて困る。粘着式のコロコロクリーナーの消費が激しい! カーペットに掃除機をかけたのに毛が残っていてがっかり……などのお困りを解消してくれる便利アイテム。本当にいい商品なのか、実際に商品を購入し、いろいろな口コミが真実なのか試してみました!

tag icon 掃除用ブラシ・スポンジ , 掃除グッズ

浴室掃除におすすめのスクイジー11選【お風呂・結露取り・窓掃除に!】カビ対策にも活躍

浴室掃除におすすめのスクイジー11選【お風呂・結露取り・窓掃除に!】カビ対策にも活躍

お風呂は水垢やせっけんカスといった汚れがたまりやすいので、スクイジーがあると掃除の際にとっても便利! 浴室にはコンパクトで取りまわしのよいミニサイズも使い勝手がいいですよ。この記事では、そんな浴室掃除に向くスクイジーの選び方とおすすめの商品を厳選! 記事の後半では、通販サイトの人気商品ランキングも掲載しています。

tag icon バスグッズ , 掃除用ブラシ・スポンジ , バス・トイレ・洗面グッズ

メラミンスポンジおすすめ9選【水だけで汚れが落ちる】注意点も解説

メラミンスポンジおすすめ9選【水だけで汚れが落ちる】注意点も解説

レックの『激落ちくん』が有名なメラミンスポンジは、ダイソーやセリアなどの100均でも取り扱っています。洗剤を使わずに汚れが落ち、洗面台やシンクの掃除などに便利です。この記事では、住生活ジャーナリストの藤原千秋さんへの取材をもとに、メラミンスポンジの選び方とおすすめ商品、使用上の注意点もご紹介します。Amazonなど通販サイトの人気ランキングもあるので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

tag icon キッチンブラシ・スポンジ , 日用消耗品 , キッチン消耗品

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。