【アウトドアライターが選ぶ】ローカットトレッキングシューズおすすめ5選|ローカット・ミドルカット

【アウトドアライターが選ぶ】ローカットトレッキングシューズおすすめ5選|ローカット・ミドルカット

山歩き専用の靴であるトレッキングシューズ。山を歩くことに特化しているため、1足持っているとトレッキングを快適に楽しむことができます。しかし、さまざまな機能をもつ商品があるため、どんなものを購入したらいいのか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。この記事では、山岳/アウトドアライターの高橋庄太郎さんに聞いた、ローカットトレッキングシューズの選び方とおすすめ商品を紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


山岳/アウトドアライター&プロデューサー
高橋 庄太郎

1970年宮城県仙台市出身。高校山岳部で山歩きを始め、早稲田大学卒業後は出版社に勤務。 その後、フリーランスのライターに。著書に『山道具 選び方、使い方』(枻出版社)、『テント泊登山の基本』(山と渓谷社)などがあり、近年はテレビ番組やイベントへの出演も増えている。また、アウトドアメーカー各社とのコラボレーションを行なう自身のブランド「SCREES」を立ち上げ、製品開発にも取り組んでいる。

「ローカットトレッキングシューズ」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
SCARPA(スカルパ)『ハイドロジェン GTX』
Zamberlan (ザンバラン)『ハイクライト GT M’s』
イグル『ハイキングシューズ』
アディダス『テレックス アグラヴィック』
ダナー『ドリフター 942 D122021』
商品名 SCARPA(スカルパ)『ハイドロジェン GTX』 Zamberlan (ザンバラン)『ハイクライト GT M’s』 イグル『ハイキングシューズ』 アディダス『テレックス アグラヴィック』 ダナー『ドリフター 942 D122021』
商品情報
特徴 水分を逃がし、いつでもサラサラ。 アウトドアでもおしゃれは欠かせない、という方に 長時間の歩行をサポート!安定性抜群 ぬかるんだ道でもパフォーマンスを発揮! 耐久性と通気性を求める方に
サイズ サイズ:EU表記:39-48(約24.5-32cm相当) EUR40~47(約25.0~28.5㎝相当) 24.5~28cm 24.5~32cm 25~29cm
重量 390g(EU表記42の片足 ※42は約27cm相当) 約385g(EUR42片足 ※約26cm相当) - - -
アッパー素材 メッシュ/TPU ハイドロブロック・スエードレザー スエード 合成皮革/合成繊維 合成繊維・ナイロン
裏地素材 ゴアテックス サラウンド ゴアテックス パフォーマンスコンフォート - - -
ソール ビブラム・サリックス ヴィブラム Pillow - ゴム底 -
カラー - 131グラファイト グリーン、グレー、ブラウン - レッド、ブラック
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年6月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年6月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年6月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年6月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年6月23日時点 での税込価格

ローカットトレッキングシューズの選び方! 目的・サイズ・素材

山岳/アウトドアライターの高橋庄太郎さんに、ローカットトレッキングシューズを選ぶときのポイントを教えてもらいました。サイズや素材などの選び方を参考に、自分に合った1足を選んでみてください。

トレッキングシューズ
ペイレスイメージズのロゴ

目的にあったシューズを選ぶ

山道を行く男性
Pixabayのロゴ

目的とする山の高さや状態に合わせたシューズ選びが必要です

低い山や自然のなかを歩くトレッキング。けっして平坦とはいえない道を歩くためにつくられたのがトレッキングシューズです。しかし、実は一般的にトレッキングシューズと呼ばれているものにも3種類あります。

トレッキングシューズ | 中級程度の登山向き

森のなかの女性
Pixabayのロゴ

楽しいトレッキングは、シューズ選びからはじまります

トレッキングシューズは、一泊二日程度の登山に向いているシューズです。アッパーやソールは硬めに作られているのでごつごつした岩場があっても疲れにくく、シューズの重量により安定して歩けます。

ローカットタイプは、足首を固定してしまわない程度に柔軟性があり、さらに防水性がある素材のものであれば、悪天候などで足場が悪い日のハイキングなどにもぴったりです。

ハイキングシューズ | 低い山や平坦な道向き

ハイキングを楽しむ少女
Pixabayのロゴ

大きな荷物があると、高低差のない山道でも足腰に負担がかかります

遊歩道など、整備された平坦な道を歩くときや、低い山を登る際に用意したいシューズです。整備された道で会ったとしても、荷物を背負って数時間歩くのは足腰に負担がかかります。適度にクッション性のある厚めのソールのものを選びましょう。

山の天候は変わりやすいので、防水性のある素材で軽量のものであれば心配はないでしょう。

ハイキングシューズについて知りたい人はこちらを参考にしてください

トレイルランニングシューズ | 山道を駆け抜ける

トレランシューズ
Pixabayのロゴ

トレイルランニングを楽しむためにも、足腰をいためにくいシューズを選びましょう

トレイルランニングとは山道を駆け抜けるアクティビティのひとつです。その目的で作られたシューズをトレイルランニングシューズ、略してトレランシューズと呼ぶこともあります。

トレイルとは本来未舗装の道を指す言葉で、山中の岩や木の根などにも影響を受けないように、ソールの凸凹が大きくはっきりしていることや、全体的なプロテクションがしっかりしている必要があります。ソールは地面の様子を足でキャッチできる「感覚」タイプと、足腰への負担を避ける「クッション」タイプから選べ、初心者はクッションタイプからはじめるといいでしょう。

アプローチシューズ | 登山靴とタウンユースの中間

ロッククライミング中の女性
Pixabayのロゴ

タウンユースにも使えるアプローチシューズは軽量で機能もしっかりしています

クライミングを楽しむ人が、岩場までの山道を歩く目的で作られたアプローチシューズ。それほど険しくない岩場や、山道にも向いています。タウンユースとしてもぴったり。

大きな特徴としては、つま先の部分にクライミングゾーンがついていること。クライミングする際に滑り止めになるラバー製のパーツなので、足場が悪い場所でのトレッキングにも重宝します。

アプローチシューズについて知りたい人はこちらを参考にしてください

ほかにも選択肢はあるが、山歩きならトレッキング

山歩きに使えるローカットタイプのシューズとして、トレランシューズやアプローチシューズがあります。しかし、トレランシューズは「山を走る」ことを想定したやわらかなつくり、アプローチシューズは「岩場を歩く」ことも想定したかたいつくりとなっており、その特徴や用途がはっきり分かれているのです。

トレッキングシューズはそれらのちょうど中間に位置し、「山を歩く」ためにバランスのよいかたさに調整されています。一般的なトレッキングや低山ハイクに使うことを考えれば、同じような見た目でもトレランシューズやアプローチシューズは使いにくくなりますので、トレッキング用のシューズとして開発されたものを選びましょう。

ワンサイズ大きめでワイドなものを選ぶ

厚手の靴下
Pixabayのロゴ

怪我をしないためにもシューズも靴下もしっかりしたものを選びましょう

登山用の靴下には「クッション性」「つま先の保温」「足の吸汗」などの目的があり、デイリーユースの靴下より厚めにできています。そのため、トレッキングシューズを選ぶ際には、自分のサイズより0.5~1cm大きめのサイズを選びましょう。

靴幅も少し広めのものを選ぶと、シューズのなかにゆとりがある分、下りの道でも疲れにくくなります。ただしあまり大きいサイズだと、足が不安定になるおそれもあるので注意しましょう。

素材の耐久性と防水・通気性にも注目

ローカットタイプは軽量性と足さばきのよさを重視したデザインのため、アッパーに使われている素材も軽量でうすいものが中心です。そのままでは耐久性に欠けてしまうため、傷みやすい部分に補強素材を組み合わせたり、樹脂をコーティングして耐久性を増したりしています。

補強の程度によっては歩行中に違和感が生まれる場合もありますので、自分の足になじむものを探すとよいでしょう。アッパーが華奢(きゃしゃ)なタイプは、その内側に張られた透湿防水性メンブレン(膜)が傷みやすく、使用しているうちに防水性が損なわれていきます。長く使いたい方は、いくぶん重くなりがちですが、強靭(きょうじん)なレザーのものを選ぶというのもひとつの手です。

予算に少し余裕があるのであれば、アウトドア用に開発されたゴアテックスを使用したシューズを選択肢に入れてもいいでしょう。これまでゴアテックスは防水機能にウェイトを置いていましたが、通気性や保温性にも着目した製品を作っています。また類似する機能をもつ素材も多く開発されています。

快適でトラブルのないトレッキングを楽しむために、初期投資としてハイスペックな素材を使用したものを選ぶのも必要です。

ローカットの弱点は靴ひも部分でカバー

 

アッパー(足の甲をおおう部分)が足首までおおっていないローカットタイプは、必然的に靴ひもで絞められる部分が足先から足首の曲がる部分までしかありません。そのため、ハイカットやミッドカットタイプよりもフィット感の調整が不得意といえます。

したがって、靴ひもを通すフックやアイレットに工夫があり、しっかりとフィット感を調整できるものを選びましょう。また、かかとの部分がずれやすくもなるので、かかとのホールド感にも着目してください。

ソールに注目! 歩きやすい横ミゾ、安全重視の縦ミゾ

ローカットタイプのトレッキングシューズはスニーカーに近いデザインで足首が自由に動くため、その特性をいかして前方への推進力を重視したモデルが多くなっています。とくにソールがやわらかくて曲げのばししやすいもののほうが蹴りだしやすく、無駄な力を使わずに歩くことができます。

ソールのパターンもスニーカーと同様で、つま先を上にしてソールを見たときに、横方向のミゾが深く刻まれているものは前方へ進みやすいです。前への推進力が多少犠牲になってもスリップを減らして安全に歩きたい方は、縦方向にミゾが切られているものを選ぶとよいでしょう。

同じサイズでも、メーカーによって形が異なる

choiceの看板
Pixabayのロゴ

けっして安くはないトレッキングシューズだからこそ、失敗しないシューズ選びを目指しましょう

トレッキングシューズは、各メーカー、ブランドにより基準となる足形がオリジナルで作られています。そのため、同じサイズでも、メーカーやブランドによって足幅が違ったり、クッションがある部分に違和感を感じたりすることもあります。

シューズ選びに失敗しないためにも、ベストなのは、ショップで試着して歩いてみることですが、近くに取り扱っている店がない場合は、公式サイトやレビューをリサーチして、選びましょう。

安全に軽やかに山を歩くために! アウトドアライターのアドバイス

山岳/アウトドアライター&プロデューサー

街歩きよりもはるかに足へ負担がかかるアウトドアでは、本来ならばハイカットやミッドカットを選ぶのが無難です。しかし、アッパーの面積が少なくて湿気が抜けやすいローカットは、暑い時期に適した形状であり、もっと積極的に使用してもいいといえます。とくに、高山よりも気温が高い低山では、活躍の機会が多くなるでしょう。

ローカットをはくことに少しでも不安がある方は、まずはハイカットかミッドカットを購入し、2足目のシューズとしてローカットを選ぶという方法もあります。自分の足に合うシューズを探し、たっぷりと野山を楽しんでください。

ローカットトレッキングシューズおすすめ5選 防水と耐久性

上で紹介したローカットトレッキングシューズの選び方のポイントをふまえて、山岳/アウトドアライターの高橋庄太郎さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。プロおすすめの1足をぜひご検討ください!

SCARPA(スカルパ)『ハイドロジェン GTX』

SCARPAスカルパハイドロジェンHIKEGTX45(28.5cm)ダークグレー/レイクブルー SCARPAスカルパハイドロジェンHIKEGTX45(28.5cm)ダークグレー/レイクブルー SCARPAスカルパハイドロジェンHIKEGTX45(28.5cm)ダークグレー/レイクブルー SCARPAスカルパハイドロジェンHIKEGTX45(28.5cm)ダークグレー/レイクブルー SCARPAスカルパハイドロジェンHIKEGTX45(28.5cm)ダークグレー/レイクブルー SCARPAスカルパハイドロジェンHIKEGTX45(28.5cm)ダークグレー/レイクブルー

出典:Amazon

山岳/アウトドアライター&プロデューサー

水分を逃がし、いつでもサラサラ。

防水透湿性素材の代名詞的存在のゴアテックスのなかでも「ゴアテックスサラウンド」というシューズ全体からムレをのがすタイプを使用。一般的なゴアテックスとは異なり、インソールにも透湿性があるので暑い時期でもドライな感覚が長続きし、さわやかな使用感です。足の汗が気になる方におすすめ。

アッパーは樹脂製のラインで補強され、見た目以上に丈夫なのもうれしい点です。靴ひもはかなり細いタイプですが、ほどよい伸縮性がありフィット感にすぐれた1足。さらに、靴ひもをとおすハトメの代わりに細いコードを使用することで、シューズの軽量化が実現されています。

Zamberlan (ザンバラン)『ハイクライト GT M’s』

[ザンバラン]トレッキングシューズ1120113ハイクライトGT_M'sメンズ131(グラファイト)27cm [ザンバラン]トレッキングシューズ1120113ハイクライトGT_M'sメンズ131(グラファイト)27cm [ザンバラン]トレッキングシューズ1120113ハイクライトGT_M'sメンズ131(グラファイト)27cm [ザンバラン]トレッキングシューズ1120113ハイクライトGT_M'sメンズ131(グラファイト)27cm [ザンバラン]トレッキングシューズ1120113ハイクライトGT_M'sメンズ131(グラファイト)27cm [ザンバラン]トレッキングシューズ1120113ハイクライトGT_M'sメンズ131(グラファイト)27cm [ザンバラン]トレッキングシューズ1120113ハイクライトGT_M'sメンズ131(グラファイト)27cm

出典:Amazon

山岳/アウトドアライター&プロデューサー

アウトドアでもおしゃれは欠かせない、という方に

アッパーには落ち着いた色合いのスウェードを使用し、靴ひもを通すハトメはシンプルなデザイン。アウトドアシューズらしからぬ上品さが魅力です。街なかでもはきたくなるシックなデザインのものをお探しの方に適しています。

デザイン性を重視しながらも、タンの部分や足首まわりにはメッシュ素材を使用することでムレの対策をしており、ほかのトレッキングシューズと比べても機能性が劣ることはありません。ソールには定評あるビブラム社の製品を採用し、対摩耗性(まもうせい)にすぐれているのもポイントのひとつです。

イグル『ハイキングシューズ』

長時間の歩行をサポート!安定性抜群

疲れにくさに配慮した構造のため、登山やハイキング・旅行などの長時間の歩行におすすめ。
オールシーズン履くことの出来る登山靴です!

つま先部分と踵部分には保護設計を採用、足をしっかりと保護し安定性を実現。スエード素材でにおいを防いでくれるのもポイントです。

アディダス『テレックス アグラヴィック』

アディダストレッキングシューズゴアテックスローカットメンズテレックスアグラヴィックTRGORE-TEXトレイルランニングEF6868GJW64adidas アディダストレッキングシューズゴアテックスローカットメンズテレックスアグラヴィックTRGORE-TEXトレイルランニングEF6868GJW64adidas アディダストレッキングシューズゴアテックスローカットメンズテレックスアグラヴィックTRGORE-TEXトレイルランニングEF6868GJW64adidas

出典:楽天市場

ぬかるんだ道でもパフォーマンスを発揮!

雨の日やぬかるみ、起伏の多い地面にも左右されない軽量トレランシューズです。あらゆる地形であっても、耐久性と防水性に優れたシューズが雨をはじき、足を前へと進めてくれます。

天候を気にせず使えるトレイルランニングシューズをお求めの方におすすめです。

ダナー『ドリフター 942 D122021』

【Danner】ダナーDRIFTER942ドリフター942D122021RED/BLACK 【Danner】ダナーDRIFTER942ドリフター942D122021RED/BLACK 【Danner】ダナーDRIFTER942ドリフター942D122021RED/BLACK

出典:楽天市場

耐久性と通気性を求める方に

耐久性のあるエアメッシュアッパーを使用し、敢えて防水仕様ではなく優れた通気性と速乾性を実現。土踏まず部に配置されてTPU スタビライザーがブレない着地をサポートする。

インナーソールのクッションは柔らかすぎずバランスのいい硬さを保ってくれます。安定性に優れているところがポイントです。

一足持っているとアウトドアシーンで安心

ローカットトレッキングシューズのおすすめ商品をご紹介しました。

山登りには欠かせないローカットトレッキングシューズ。山登りに特化した構造になっているので、一足持っているとアウトドアシーンで大活躍してくれるはずです。

ご紹介した内容を参考に、あなたがほしいローカットトレッキングシューズを選んでみてくださいね。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

メディアが大好きな編集部最年少の九州男児。おすすめナビでは、主に『家電・AV機器』を担当。趣味はSEO、サッカー観戦とファッション。休日はJリーグと海外サッカーに捧げる。月に数万円は洋服に浪費していながら、オフィスには着用してこない噂も・・・。ちなみに、毎朝アレクサで起きているものの、『あと、5分寝かせて!』が決まり文句。自称・九州男児の対岸にいる人。

関連する記事


トレッキングシューズおすすめ14選|ハイカット・ローカット、軽量・防水モデルも

トレッキングシューズおすすめ14選|ハイカット・ローカット、軽量・防水モデルも

登山やアウトドアキャンプで使うトレッキングシューズ。足首を守ってくれたり、石や岩場の上でも滑らないようにしてくれたりと、安全に登山を楽しむのに欠かせないアイテムです。本記事では、山岳/アウトドアライターの高橋庄太郎さんと編集部が厳選したおすすめのトレッキングシューズと選び方のポイントを紹介します。記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

tag icon 靴(登山・トレッキング用) , レディースブーツ , メンズブーツ

沢登り用靴おすすめ11選│ソールの種類や形状をチェック【定番のモンベルやキャラバンほか】

沢登り用靴おすすめ11選│ソールの種類や形状をチェック【定番のモンベルやキャラバンほか】

沢を進み、滝の水を浴びながら岩に挑む沢登り。爽快な冒険気分を味わえる一方で危険を伴うため、足を支える「沢登り靴」選びは重要です。ただ、沢靴と沢足袋(たび)のどちらがいいのか、ソールはフェルトかラバーかなど、選択肢が多くて迷ってしまいます。本記事では、山岳写真家の荒井裕介さんと編集部が、沢登り用靴の選び方とおすすめ11選をご紹介します。ぴったりの一足を選んで沢での冒険を楽しみましょう!

tag icon 靴(登山・トレッキング用) , レディース靴 , メンズ靴

チョークバッグおすすめ13選|クライミング・ボルダリングにピッタリの商品を紹介

チョークバッグおすすめ13選|クライミング・ボルダリングにピッタリの商品を紹介

クライミングやボルダリングに欠かせないチョークバッグ。実は、チョークにかぎらず、ちょっとした小物を持ち運びできます。そのため、普段使いにも便利です。機能性やデザインも豊富なので、どれを選べばいいか迷ってしまう方もいるのでははいでしょうか?本記事では、チョークバッグの選び方とおすすめ商品をご紹介。記事後半にはおすすめ商品の比較一覧表やAmazonの最新人気ランキングのリンクも載せていますので、売れ筋や口コミ・評判もあわせてチェックしてみてください。

tag icon 登山・トレッキング , アウトドア・キャンプ

アウトドア高機能グローブおすすめ15選|キャンプ・登山・スポーツまで用途別に紹介

アウトドア高機能グローブおすすめ15選|キャンプ・登山・スポーツまで用途別に紹介

キャンプや登山、ウィンタースポーツなどの野外活動で大切な手を守ってくれるのが、アウトドア用高機能グローブ。キャンプ用から登山用、ウィンタースポーツ用と、様々な種類があり、各用途に合わせてポイントを抑えて選ぶことが大切です。本記事では、アウトドア高機能グローブについて、選び方やおすすめ商品をご紹介。アウトドア高機能グローブの機能についても解説しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

tag icon 登山・トレッキング , アウトドア・キャンプ , 冬のレジャー

雪山登山ハードシェルジャケットおすすめ9選|素材・機能・透湿性で選ぶ!

雪山登山ハードシェルジャケットおすすめ9選|素材・機能・透湿性で選ぶ!

雪山には欠かせないハードシェルジャケット。耐寒性や防水性、透湿性をはじめ、さまざまな機能に特徴をもたせた製品が販売されています。そこで、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだおすすめの雪山登山ハードシェルジャケットを紹介します。選び方のポイントも解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

tag icon 登山・トレッキング , メンズジャケット・アウター , メンズファッション

関連するブランド・メーカー


SCARPA(スカルパ) Zamberlan(ザンバラン)

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。