ブルゴーニュ赤ワインおすすめ11選|有名生産者の格付けワインを紹介!

ブルゴーニュ赤ワインおすすめ11選|有名生産者の格付けワインを紹介!

ロマネ・コンティやボージョレ・ヌーヴォーの生産で有名なブルゴーニュの赤ワイン。本記事ではワイン専門家の石関華子さんにお話をうかがい、ブルゴーニュ赤ワインの選び方とおすすめ商品をご紹介。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみてください。


日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート
石関 華子

埼玉県出身、高知県在住。一児の母。慶應義塾大学文学部仏文科卒。三越日本橋本店の洋酒担当を経てワインやビール、ウィスキーなどの洋酒全般の知識を培い、2016年、J.S.Aワインエキスパートの資格を取得。 現在はOffice Le Lionの代表として、高知県内のワイナリーのアドバイザーやワイン検定の講師を務める一方、ワインに関連する記事やコラム等の執筆も多数手がけています。2019年、日本ソムリエ協会高知支部副支部長に就任。

ブルゴーニュ赤ワインの特徴

赤ワイン
Pixabay license logo

ブルゴーニュワインは、フランス東部のブルゴーニュ地方で造られるワインです。ブルゴーニュ地方は、ボルドーワインで有名なボルドー地方と並ぶ世界的な銘醸地で、赤ワインでは高級ワインとして有名な『ロマネ・コンティ』や秋の風物詩としてもおなじみの『ボージョレ・ヌーヴォー』など、すぐれたワインを多く生産しています。

赤ワインも白ワインも傑作揃いで「ワインの王」とも呼ばれるブルゴーニュワインの特徴は、単一品種でつくられていること。赤ワインはおもに「ピノ・ノワール」か「ガメイ」が使われます。

地区によって特徴が異なり、それぞれの土地で個性の異なる味わいのワインが生まれます。そのため、畑ことに格付けされているのもブルゴーニュワインの特徴です。

ブルゴーニュ赤ワインの選び方 品種や生産地区など

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパートの石関華子さんに、ブルゴーニュ赤ワインを選ぶときのポイントを教えてもらいました。

ワインの個性を育む生産地区で選ぶ

赤ワイン
Payless images logo

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

ブルゴーニュ地方の赤ワインが生産されている地区ごとにワインの個性も異なるので、好みや気分に合わせて生産地区から選ぶのがおすすめです。

「コート・ド・ニュイ地区」は『ロマネ・コンティ』をはじめとした豊かな芳香をもつ長期熟成向きのワイン、「コート・ド・ボーヌ地区」はしなやかで軽めな良質なワインを多く生産しています。「コート・シャロネーズ地区」は口当たりのよいカジュアルなワイン、「ボージョレ地区」はボージョレ・ヌーヴォーでおなじみのガメイという品種からフルーティーなワインを生み出している地域です。

※ブルゴーニュ地方の赤ワインが生産されている地区には、「コート・ド・ニュイ地区」「コート・ド・ボーヌ地区」「コート・ド・ボーヌ地区」「コート・シャロネーズ地区」「ボージョレ地区」があります。

ワインの味わいに影響するブドウ品種で選ぶ

ぶどう
Payless images logo

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

ブドウ品種はワインの味に大きく影響するので、好みに合わせてブドウ品種から選ぶというのもおすすめ。ブルゴーニュ地方の赤ワインは、「ピノ・ノワール」もしくは「ガメイ」というブドウ品種からつくられます

ピノ・ノワールは高級赤ワインの原料ともなる品種で、熟したベリー系の果実の香りやスミレ、バラのような魅惑的な香り、熟成が進むと紅茶やトリュフのような香りがあらわれます。渋みは控えめでエレガントなワインになるのも特徴です。

ガメイはボージョレ地区のワインに用いられる品種で、チェリーやラズベリーのような香りと、軽さとさわやかさをもちあわせるチャーミングなワインを生み出します。

「ドメーヌ」か「ネゴシアン」か、生産者から選ぶ

赤ワイン
Payless images logo

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

ブルゴーニュ地方のワインの生産者は、ブドウ栽培からワインづくりを一貫して行う「ドメーヌ」と、農家から買い取ったブドウでワインづくりを行う「ネゴシアン」の2つに大きく分けられます。

一般的にドメーヌのワインは個性的で希少性が高く、ネゴシアンのワインは安定的でより万人受けのする味わいです。ブルゴーニュワイン初心者の方は、まずはネゴシアンのワインから試すのがおすすめ

また、ブルゴーニュではひとつの畑を複数の生産者が所有しているケースが多く、たとえ同じ畑のワインでも、生産者が違えばワインの味わいはまったく別のものになります。そのため、ワインの生産者にも目を向けながら選ぶのが重要です。

ブドウ畑の格づけから選ぶ

葡萄畑
Payless images logo

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

ブルゴーニュ地方のワインの特徴のひとつに、ブドウ畑の区画ごとに格づけがされているということが挙げられます。格づけも、ワイン選びのひとつの目安にすることができるでしょう。

格づけは上から順に、特級と規定された畑のブドウでつくられる「特級畑名ワイン(グラン・クリュ)」、1級と規定された畑の「1級畑名ワイン(プルミエ・クリュ)」、ある村の畑のブドウでつくられる「村名ワイン」、ある地区の畑のブドウからつくられる「地区名ワイン」、ブルゴーニュ地方全域のブドウからつくられる「一般広域名ワイン」です。

ブドウの生産区画がより限定的になるほど、格づけは上位になります。

ワイン専門家からのアドバイス

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

ブルゴーニュ地方の赤ワインには、『ロマネ・コンティ』などのような何十万円もするような高級ワインから1,000円程度で買えるものまで、幅広い価格帯のものが存在します。

デイリーワインとして自宅で楽しむのであれば、2,000円以内の「一般広域名ワイン」でもじゅうぶん楽しめますが、もし贈答品にするのなら3,000円以上の「村名ワイン」以上の格づけのものがおすすめです。

ただし、価格とおいしさは必ずしも比例するわけではありませんので、価格はあくまでひとつの目安と考えるようにしましょう。

ブルゴーニュ赤ワイン【ワイン専門家】おすすめ5選 おいしく味わえる

うえで紹介したブルゴーニュ赤ワインの選び方のポイントをふまえて、日本ソムリエ協会認定ワインエキスパートの石関華子さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。

Ex oa

ドメーヌ・グロ・フレール・エ・スール『ヴォーヌ・ロマネ 2016』

ドメーヌ・グロ・フレール・エ・スール『ヴォーヌ・ロマネ2016』 ドメーヌ・グロ・フレール・エ・スール『ヴォーヌ・ロマネ2016』 ドメーヌ・グロ・フレール・エ・スール『ヴォーヌ・ロマネ2016』

出典:Amazon

Thumb lg c005e7f1 b012 4d2d 8b92 1c986fb435bd

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

グラン・クリュの片鱗が味わえるヴォーヌ・ロマネ

贈りものにもおすすめな、特級畑(グラン・クリュ)の片鱗(へんりん)が味わえるワインがこちら。産地はコート・ド・ニュイ地区のなかでも『ロマネ・コンティ』の畑をはじめ、秀逸な特級畑をいくつも有するヴォーヌ・ロマネ村。「村名ワイン」に格づけされますが、原料の一部には特級畑のひとつであるエシェゾーで収穫されたブドウが含まれています。

生産者は、ブドウ栽培からワインづくりまで一貫して行うドメーヌのなかでも、最新の醸造技術の導入に積極的なドメーヌ・グロ・フレール・エ・スール。

ブドウ品種はピノ・ノワールで、プラムやヴァニラのような甘い香りに、ふくよかな果実味とほどよい酸が見事に調和した1本です。

Ex oa

ポール・ボーデ『サン・タムール 2016』

ポール・ボーデ『サン・タムール2016』

出典:Amazon

Thumb lg c005e7f1 b012 4d2d 8b92 1c986fb435bd

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

「聖なる愛」の名をもつクリュ・ボージョレの1本

ロマンチックに恋人同士やご夫婦で飲むのにおすすめの1本がこちら。ボージョレ地区のなかでも、すぐれたワインを生産している10の地区「クリュ・ボージョレ」のひとつで、フランス語で「聖なる愛」という意味をもつ「サン・タムール」という地区のワインです。

生産者は1869年創業以来、並々ならぬ情熱をもってワインづくりに取り組み、地道な努力を重ねてきたポール・ボーデ。

ブドウ品種はガメイで、チェリーやラズベリーを思わせる香りに、果実味に富んだ、やさしく繊細な味わいが特徴のワインです。

Ex oa

ルイ・ジャド『ボージョレ・ヴィラージュ コンボー・ジャック 2017』

ルイ・ジャド『ボージョレ・ヴィラージュコンボー・ジャック2017』

出典:Amazon

Thumb lg c005e7f1 b012 4d2d 8b92 1c986fb435bd

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

ブルゴーニュ最大級の生産者のボージョレワイン

比較的飲みやすい味わいで、赤ワイン初心者の方におすすめワインがこちら。ボージョレ地区のなかでも、良質なワインを生み出すとして「ボージョレ・ヴィラージュ」に格づけされている地区のワインです。

生産者は、ブルゴーニュ最大級のネゴシアンのひとつであるルイ・ジャドで、ブドウ品種はガメイ。新鮮な果実や花の香りと、フルーティーでやわらかみのある味わいが特徴です。その飲み口のよさから、夏の暑い時期に飲む赤ワインとしてもおすすめです。

Ex oa

ドメーヌ・マッス『ブルゴーニュ コート・シャロネーズ V.V 2016』

Thumb lg c005e7f1 b012 4d2d 8b92 1c986fb435bd

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

オーガニック志向の方にもおすすめの1本

コート・シャロネーズ地区の赤ワインでコストパフォーマンスにすぐれた1本がこちら。近年、評価を高める注目のドメーヌのひとつである『ドメーヌ・マッス』が手掛けるコート・シャロネーズ地区のワインで、格づけは「地区名ワイン」に該当します。

ブドウ品種はピノ・ノワールで、「リュット・レゾネ」と呼ばれる減農薬農法で栽培されているため、オーガニック志向の方にもおすすめです。

フランボワーズやチェリーを思わせる香りに、豊かな果実味とやわらかな味わいが特徴で、鶏の唐揚や焼き鳥など、鶏肉を使った和食ともよく合います。

Ex oa

エルヴェ・ケルラン『ブルゴーニュ ピノ・ノワール』

エルヴェ・ケルラン『ブルゴーニュピノ・ノワール』

出典:Amazon

Thumb lg c005e7f1 b012 4d2d 8b92 1c986fb435bd

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

手ごろな価格で本格的な味わいが楽しめる1本

気軽に楽しめるブルゴーニュの赤ワインをお探しの方におすすめのワインがこちら。「手頃な高級品」をつくることをコンセプトにしているエルヴェ・ケルランが手掛ける『ブルゴーニュ ピノ・ノワール』です。

ブドウはブルゴーニュ地方全域で栽培されたピノ・ノワールが使用されており、格づけは「一般広域名ワイン」にあたります。色調は鮮やかなルビーレッド。

チェリーやイチゴジャム、バラなどの香りなかに、ほのかに野性的な香りも加わり、複雑な香りを醸し出しています。フレッシュでみずみずしい果実味のなかにも、ほどよく酸とタンニン(渋み)が感じられ、手ごろな価格ながら本格的な味わいが楽しめる1本です。

ブルゴーニュ赤ワイン【5000円以下】おすすめ3選 デイリーワインにおすすめ!

普段の食卓で気軽にブルゴーニュ赤ワインを楽しみたいときや、初めてブルゴーニュ赤ワインを試したいときにもぴったりの、5,000円以下で購入できるブルゴーニュ赤ワインを紹介します。

ルイ・ラトゥール『キュヴェ・ラトゥール・ルージュ 2017』

ルイ・ラトゥール『キュヴェ・ラトゥール・ルージュ2017』 ルイ・ラトゥール『キュヴェ・ラトゥール・ルージュ2017』 ルイ・ラトゥール『キュヴェ・ラトゥール・ルージュ2017』 ルイ・ラトゥール『キュヴェ・ラトゥール・ルージュ2017』

出典:Amazon

200年以上の伝統を持つワイナリーが品種を厳選

200年以上も続く家族経営の、ブルゴーニュを代表するワイナリー「ルイ・ラトゥール」のブルゴーニュ赤ワインのひとつ。使用するぶどうの品種はサントネやオークセイ・デュレスなどのコート・ドール南部産のピノ・ノワール種を厳選しています。

伝統の製法と革新を繰り返しながら、コート・ド・ボーヌのファインワインの特徴を見事に表した商品です。

メゾン・ジョゼフ・ドルーアン『ボジョレ・ヴィラージュ 2016』

メゾン・ジョゼフ・ドルーアン『ボジョレ・ヴィラージュ2016』

出典:Amazon

産地の土壌を活かした花のようなワイン

ボージョレ地区でワイン産業に古くから関わる、ボジョレワインのパイオニア的存在「メゾン・ジョゼフ・ドルーアン」によるライトボディの赤ワインです。

ピンク色の花崗岩で育ったテロワールやミクロクリマの魅力をうまく引きだしたワインで、滑らかな舌触り、スミレやラズベリーのような香りと明るい紫色が特徴的なワインです。

ラブレ・ロワ『ムーラン・ア・ヴァン』

ラブレ・ロワ『ムーラン・ア・ヴァン』 ラブレ・ロワ『ムーラン・ア・ヴァン』 ラブレ・ロワ『ムーラン・ア・ヴァン』 ラブレ・ロワ『ムーラン・ア・ヴァン』 ラブレ・ロワ『ムーラン・ア・ヴァン』 ラブレ・ロワ『ムーラン・ア・ヴァン』

出典:Amazon

多くの航空会社に採用されたワイナリーの一本

1832年に創立され、ブルゴーニュでもその規模の大きさ、品質の高さで注目されているワイナリー「ラブレ・ロワ」の手がけた赤ワインです。高品質なワインを安定的に供給できる独自の体制を整えることで、世界30社以上の航空会社の機内ワインとして採用された実績を持ちます。

深みのある味わいと、ベリー系の香り、美しいルビー色が楽しめる1本です。

ブルゴーニュ赤ワイン【1万円以上】おすすめ3選 特別な日には高級ワインを

記念日やお祝いなどの特別なシーンでは高級なワインを楽しみたい方も多いですよね。思い出に残るすてきな時間に華を添える、1万円以上のブルゴーニュ赤ワインを紹介します。

ジョセフ・ロティ『グリオット・シャンベルタン・グラン・クリュ 2014』

ジョセフ・ロティ『グリオット・シャンベルタン・グラン・クリュ2014』

出典:Amazon

ジョセフ・ロティでも希少なワイン

樹齢92年のピノ・ノワールからわずか1樽しかつくられない、ジョセフ・ロティでも希少なワインです。ゴージャスで濃厚な果実のうまみと、鮮やかなルビー色、ブラックチェリーやモカなどを思わせる、複雑でふくよかな香りが特徴的。

口にすると、滑らかな口当たりとともに複雑な香りが上品にまとまります。魅力的で骨太の飲みごたえ抜群の赤ワインです。

ブシャール『エイネ・ボージョレ』

ブシャール『エイネ・ボージョレ』

出典:楽天市場

ブドウのフレッシュな味わいが魅力

ボージョレ地区のブドウ品種ガメイを使用した、フレッシュな味わい、ラズベリーのような香りが特徴のライトボディの赤ワインです。少し冷やすとキリっとした口当たりになり、ガメイのさわやかさと軽い口当たりが際立ちます

ライトボディのワインを好む方への贈り物や特別な日に、軽い口当たりのワインを求めている方にも向いています。

クロ・ド・タール『クロ・ド・タール グラン・クリュ』

クロ・ド・タール『クロ・ド・タールグラン・クリュ』

出典:Amazon

所有者交代で新スタートを切った伝統ワイン

ブルゴーニュ地方モレ・サン・ドニの著名なワイナリー「クロ・ド・タール」の赤ワインです。900年近く一切の分割や譲渡を行わず、所有者となったのはたった3人。ボジョレーのトップ生産者であるモメサン家が85年近く単独所有していましたが、2017年よりシャトー・ラトゥールのオーナー、フランソワ・ピノー氏一族が所有者となりました。

絶好の立地条件と優れた土壌が育んだワインで、濃厚な果実味、繊細なタンニンが特徴。伝統と新しい試みが融合されたワインです。

「ブルゴーニュ赤ワイン」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
ドメーヌ・グロ・フレール・エ・スール『ヴォーヌ・ロマネ 2016』
ポール・ボーデ『サン・タムール 2016』
ルイ・ジャド『ボージョレ・ヴィラージュ コンボー・ジャック 2017』
ドメーヌ・マッス『ブルゴーニュ コート・シャロネーズ V.V 2016』
エルヴェ・ケルラン『ブルゴーニュ ピノ・ノワール』
ルイ・ラトゥール『キュヴェ・ラトゥール・ルージュ 2017』
メゾン・ジョゼフ・ドルーアン『ボジョレ・ヴィラージュ 2016』
ラブレ・ロワ『ムーラン・ア・ヴァン』
ジョセフ・ロティ『グリオット・シャンベルタン・グラン・クリュ 2014』
ブシャール『エイネ・ボージョレ』
クロ・ド・タール『クロ・ド・タール グラン・クリュ』
商品名 ドメーヌ・グロ・フレール・エ・スール『ヴォーヌ・ロマネ 2016』 ポール・ボーデ『サン・タムール 2016』 ルイ・ジャド『ボージョレ・ヴィラージュ コンボー・ジャック 2017』 ドメーヌ・マッス『ブルゴーニュ コート・シャロネーズ V.V 2016』 エルヴェ・ケルラン『ブルゴーニュ ピノ・ノワール』 ルイ・ラトゥール『キュヴェ・ラトゥール・ルージュ 2017』 メゾン・ジョゼフ・ドルーアン『ボジョレ・ヴィラージュ 2016』 ラブレ・ロワ『ムーラン・ア・ヴァン』 ジョセフ・ロティ『グリオット・シャンベルタン・グラン・クリュ 2014』 ブシャール『エイネ・ボージョレ』 クロ・ド・タール『クロ・ド・タール グラン・クリュ』
商品情報
特徴 グラン・クリュの片鱗が味わえるヴォーヌ・ロマネ 「聖なる愛」の名をもつクリュ・ボージョレの1本 ブルゴーニュ最大級の生産者のボージョレワイン オーガニック志向の方にもおすすめの1本 手ごろな価格で本格的な味わいが楽しめる1本 200年以上の伝統を持つワイナリーが品種を厳選 産地の土壌を活かした花のようなワイン 多くの航空会社に採用されたワイナリーの一本 ジョセフ・ロティでも希少なワイン ブドウのフレッシュな味わいが魅力 所有者交代で新スタートを切った伝統ワイン
内容量 750ml 750ml 375ml/750ml 750ml 750ml 375ml、750ml 750ml 750ml 750ml 750ml 750ml
ブドウ品種 ピノ・ノワール ガメイ ガメイ ピノ・ノワール ピノ・ノワール ピノ・ノワール ガメイ ガメイ ピノ・ノワール ガメイ ピノ・ノワール
種別 フルボディ ミディアムボディ ミディアムボディ フルボディ ミディアムボディ ミディアムボディ ライトボディ ライトボディ - ライトボディ フルボディ
生産地 コート・ド・ニュイ ボジョレー・サン タムール ボージョレ コート・シャロネーズ I.G.P.サント・マリー・ラ・ブランシュ コート・ド・ボーヌ ボージョレ ムーラン・ア・ヴァン ジュヴレ・シャンベルタン ボージョレ コート・ド・ニュイ
商品リンク

※各社通販サイトの 2021年6月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月29日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ブルゴーニュ赤ワインの売れ筋をチェック

楽天市場でのブルゴーニュ赤ワインの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

楽天市場:ブルゴーニュ赤ワインランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

ワインの「保管場所」「温度」もチェック! ワインをおいしく飲むために

ワインの種類によって飲むのに適した時期や保管方法もさまざま。できるだけおいしくいただけるよう、飲みごろや温度はチェックしておきたいポイントです。また購入後すぐに飲まないという場合は保管場所にも気を配りましょう。

水滴のついた赤ワイングラスの写真
Pixabay license logo

飲みごろや保管場所にも気をつけよう

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

ブルゴーニュの赤ワインには、コート・ド・ニュイ地区のもののように長期熟成しておいしく飲めるタイプのものと、ボージョレ地区のもののように早めに飲んでしまったほうがいいものがあります。

いずれにしても、1万円以下のブルゴーニュの赤ワインで市場に出回っているものの多くは、すでに飲みごろを迎えていると考えられるため、購入後はなるべく早めに召し上がったほうがいいでしょう。

また、保管するのであればセラーが最適ですが、自宅にセラーがない場合は床下や納戸(なんど)など、温度変化が少なく涼しい場所で保管するのがおすすめです。

赤ワインの飲みごろの温度は?

赤ワインにはライトボディ、ミディアムボディ、フルボディがあり、それぞれ最もおいしく飲める温度が異なります。用意したワインをおいしく飲めるために、ワインの種類別に飲みごろの温度を紹介します。

フルボディの場合|16~20度と少し温かめ

ワイン本来の味や香り、色、さらに渋みも濃厚なフルボディの赤ワインは、高めの温度で飲むのに適しています。ワインの温度を上げることで酸味が緩和され、全体的にふくよかな味わいになります。

フルボディの温度を上げることで酸味が和らぐ代わりに、甘みを感じやすくなります。そのため、フルボディの渋みを感じにくく、本来の複雑な味や香りを存分に堪能できる16~20度がおいしい飲みごろとなります。

ミディアムボディの場合|13~16度が目安

フルボディとライトボディの中間にあたる、渋み、味の濃厚さ、香りのバランスが取れている種別がミディアムボディです。

ミディアムボディがおいしく飲める温度は、13~16度とされています。中間層にあたるミディアムボディは、冷やしすぎると渋みが強くなり、温めすぎるとキレがなくなってしまいます。フルボディよりも少し冷やすことで、バランスのよい渋みと果実感を味わえます。

ライトボディの場合|10~12度に軽く冷やして

軽くさらっとしたワインであるライトボディは、軽く冷やすとキレのある、引き締まった飲み口が楽しめます

ワインを冷やす際には、氷水を入れたワインクーラーや冷蔵庫を使用します。ワインクーラーで冷やす場合は5分、家庭用冷蔵庫なら30分~1時間が適切です。冷やしすぎてしまうと、常温から適切な温度に上げるのに時間がかかってしまうので、気をつけましょう。

ブルゴーニュ赤ワインに合う料理は?

お酒と相性のよい料理の組み合わせを、結婚にちなみ「マリアージュ」と呼びます。ブルゴーニュ赤ワインとのマリアージュが楽しめる食材や料理を知っておくと、もっとワインのシーンを楽しめるようになるでしょう。参考までに、ここではいくつかの食材、料理を紹介します。

赤ワインとバゲットの写真
Pixabay license logo

ブルゴーニュの食事と合わせる

ワインは、産地の風土に適したものがつくられています。そのため、産地の食材や料理と相性がよいので、ブルゴーニュ地方の食材や料理と合わせるのもよいでしょう。

代表的なのが、ブルゴーニュのエポワス村で生まれたウォッシュチーズ「エポワス」とのマリアージュです。チーズの王様とも呼ばれるエポワスは濃厚な味わいが特徴。ワインのなかでもブルゴーニュ産赤ワインとぜひ合わせてみてください。

ピノ・ノワールには甘酸っぱいものや軽めのものを

ブルゴーニュ地方の代表的なブドウの品種「ピノ・ノワール」でつくられた赤ワインは、渋みが弱くほどよい酸味が楽しめるのが特徴。ラズベリーなどの赤い果実系の香りも楽しめます。

ピノ・ノワールと同じ酸味のある料理や、軽めの料理との相性が抜群。ベリー系ソースでつくった料理や、スイーツ系など軽めの食事やおつまみとよく合います。

ワインの色と重さと料理を合わせる

ワインの軽さ・重さや色を、食材や料理と合わせることも、相性のよい組み合わせのひとつ。たとえば、フルボディの赤ワインなら渋みが強く濃厚で重い味と色が特徴のため、牛の赤身肉やビーフシチューなど、こってりとした重めの料理がよく合います。

一方、キリっとした酸味と軽めの口当たりのライトボディなら、生ハムなど軽めの肉料理、中トロなど脂身の強い魚料理などが合います。

ブルゴーニュワイン白ワインのおすすめを紹介 【関連記事】

そのほかのブルゴーニュ赤ワインや、ブルゴーニュ白ワインについても知りたい方は、ぜひこちらの記事もチェックしてみてくださいね。

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパートである石関華子さんへ取材のもと、フランスのブルゴーニュ地方で製造された「ブルゴーニュワイン」のおすすめ商品を紹介します。

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパートの石関華子さんに取材をして、ブルゴーニュの白ワインの選び方とおすすめ商品を紹介します。

好みやシーンに合わせてブルゴーニュ赤ワインを楽しんで

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパートの石関華子さんにおうかがいしたブルゴーニュ赤ワインの選び方やおすすめの商品に加えて、価格別で購入できるブルゴーニュ赤ワインを紹介しました。

ブドウの品種や生産地区、生産者がそれぞれで異なるブルゴーニュ赤ワインは、個性的なものも豊富にあります。食事やシーンにぴったりのものを選んで、もっとブルゴーニュ赤ワインを楽しんでくださいね。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

『生活雑貨・日用品』『ファッション』『ペット』『家具・インテリア』カテゴリを担当。夢の国が好きな20代新婚。元アパレル店員で、広告制作を経ておすすめナビ編集部へ。気になるファッションや雑貨、化粧品をネット通販で衝動買いすることも多い。

関連する記事


オーストラリアワインおすすめ5選|シラーズやカルベネなど、有名品も紹介

オーストラリアワインおすすめ5選|シラーズやカルベネなど、有名品も紹介

オーストラリア大陸はさまざまな気候と土壌から、たくさんのブドウ品種とそのブドウを使ったワインが造られています。代表的な「シラーズ」のほか「カベルネ・ソーヴィニヨン」「リースリング」などの品種名は誰でも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。ハレの日の食事や女子会、ホームパーティーなどでも楽しめるオーストラリアワインが飲まれています。本記事では、オーストラリアのワインの選び方やおすすめ商品をご紹介。そのまま飲んでも、料理と合わせても美味しい商品をご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

Icon mini tag お酒 , ワイン , 赤ワイン

ワイン温度計おすすめ6選|料理家が厳選【温度を測っておいしく!】

ワイン温度計おすすめ6選|料理家が厳選【温度を測っておいしく!】

白ワインは冷やして、赤は常温で。ワインには、だいたいの飲み頃の温度があることをご存じの方も多いと思います。とはいえ、ここ日本では冬は0℃近く、夏は30℃を越えることも珍しくありません。そんな年間の気温差の激しい環境で、それぞれのワインに適した温度で飲むために欠かせないのが「ワイン温度計」です。好みの温度計を見つけて、ワインをよりおいしく楽しんでみませんか? 本記事では、料理家のスヌ子さんにワイン温度計を選ぶときのポイントやおすすめの商品をうかがいました。ワイン温度計を選ぶときの参考にしてみてください。

Icon mini tag キッチン用品 , キッチン雑貨 , お酒

ピノノワールのワイン11選【ブルゴーニュ産も!】選び方や合う料理もご紹介

ピノノワールのワイン11選【ブルゴーニュ産も!】選び方や合う料理もご紹介

ワインのなかでも飲みやすく人気が高いピノ・ノワール。本場フランスはもちろん、世界各地で生産されています。人気があるからこそ種類もたくさんあり、どの商品がいいのか迷ってしまいます。この記事では、旧政界から新世界まで各国のピノ・ノワールの違いや選び方、おすすめ商品を紹介しています。記事後半では相性のいい料理や保存方法についても解説。また、Amazonなど通販サイトの最新人気ランキングも載せているので、売れ筋や口コミもあわせてチェックしてみてください。

Icon mini tag お酒 , ワイン , 赤ワイン

北海道ワインおすすめ14選|受賞ワインや余市やふらのワインも紹介!

北海道ワインおすすめ14選|受賞ワインや余市やふらのワインも紹介!

国内外からも注目を集める北海道ワイン。広大な敷地と恵まれた気候からコンクール受賞もするワインや高級ワインも生まれています。今回は初めて北海道ワインを選ぶ人にもわかりやすいように、ワインのプロが甘口から辛口まであらゆるテイストのワインをおすすめします。さらに、通販サイトのランキングもありますのでチェックしてくださいね。

Icon mini tag お酒 , 国内エリア・地域 , ワイン

島根ワインおすすめ6選|ワインのプロが解説【白・赤・スパークリング】

島根ワインおすすめ6選|ワインのプロが解説【白・赤・スパークリング】

島根県にある湯の川温泉湯宿「草菴」常務取締役の内田洋平さんへの取材をもとに、島根ワインの選び方とおすすめ商品5選をご紹介します。じつは島根県はブドウの名産地であるとともに、隠れたワインの名産地でもあります。島根県産のワインは種類も豊富で、白ワイン、赤ワイン、スパークリングワインと多数そろっているので、きっとお気に入りが見つかるはず。品質の高い島根県産ワインは、時期的に入手しずらいこともある貴重なワインです。この記事では、内田洋平さんがチョイスした、島根ワインのなかでもとくに時間と手間をかけて造られた上級の銘柄をご紹介します。ぜひこの記事を参考にして、売り切れる前にお気に入り商品を手に入れてくださいね!

Icon mini tag お酒 , 国内エリア・地域 , ワイン

関連するブランド・メーカー


ルイ・ラトゥール

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。