ワインに合うチーズのおすすめ15選|お取り寄せして味わいたい!

ワインに合うチーズのおすすめ15選|お取り寄せして味わいたい!
フランスチーズ鑑評騎士
山田 好美

ワインスクール「レコール・デュ・ヴァン」チーズ&ワイン講師。 英仏語講師歴20年以上。語学留学以来フランスのチーズとワインの魅力の虜となり以降ワインとチーズの資格を取得し ワイン&チーズ講師としても活動を続けています。近年は国内の生産者の動向にも注目し応援しています。

リーズナブルで品質のいいワインが増えてきたことにより、ワインがよりカジュアルに楽しめるようになりました。そんなワインに合うおつまみとして、真っ先に挙がるのがチーズですね。しかし、チーズにはさまざまな種類があり、ワインとの相性を考えて選ぶとなると、なにを基準にすればいいかわからないという方も多いでしょう。そこで本記事では、フランスチーズ鑑評騎士の山田好美さんへの取材をもとに、ワインに合うチーズの選び方とおすすめ商品をご紹介します。フランスチーズのエキスパートの意見を参考に、お気に入りのワインにぴったりのチーズを見つけてみてください。


ワインに合うチーズの選び方! フランスチーズ鑑評騎士に聞きました

フランスチーズ鑑評騎士の山田好美さんに、ワインに合うチーズを選ぶときのポイントを4つ教えてもらいました。フランスチーズのエキスパートがどのような点に注目するのかチェックしてみましょう。

赤ワインと塊チーズ
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

ワインの種類によっても相性のいいチーズは変わってきます。皆さんのお気に入りのワインには、どんなチーズが合うのでしょうか?

ワインのタイプでチーズを選ぶ

フランスチーズ鑑評騎士

赤ワインには、タンニンが豊富なものが多くあります。タンニンとマッチするのは、少しクセのある風味が豊かなタイプになりますので、ウォッシュチーズなどと合わせるのがおすすめです。

白ワインは、さわやかな酸味をもっているので、たとえばフレッシュタイプのチーズなど、同じく酸味のあるチーズとの相性はよいでしょう。

スパークリングワインは、高脂肪タイプのチーズと一緒に! 弾ける泡とのマリアージュ(ワインと食べものの相性)が楽しめます。

CF&R『サンタンドレ』

クリームを添加した白カビタイプのチーズ。バターのような濃厚な風味がスパークリングワインにぴったり!

>> Amazonで詳細を見る

同郷にこだわる

フランスチーズ鑑評騎士

ワインの産地とチーズの産地を合わせると、テロワール(土壌、地勢、気候などの特徴)が同じなので相性ばつぐんです。

たとえば、ワインの銘醸地(めいじょうち)であるブルゴーニュ地方のワインには、ブルゴーニュワインからつくられるマール(蒸留酒)でウォッシュしたものがおすすめ。

ロワール地方はワインの銘醸地でもあり、シェーヴルチーズの宝庫でもあります。シェーヴルチーズには、地元のシノンワインがぴったりです。

ワインとチーズの味わいで合わせる

フランスチーズ鑑評騎士

酸味は度合いによって異なるので、たとえば酸味の穏やかなチーズには、ワインの酸味を和らげる製法で作られたまろやかなMLFワインを合わせるといいでしょう。また、塩気の強いチーズは、甘口のワインとの相性がいいです。

香りの強いチーズには、個性的な風味のしっかりとしたワインを! ナッツのような香りのあるチーズにはタルの香りが豊かなものを、スパイシーなチーズにはスパイシーな風味のワインをあわせるといいでしょう。同じようにハーブフレーバーのチーズには、ハーブ香のあるワインをあわせましょう。

パピヨン『ロックフォールAOP オーガニック』

ピリッとした青カビの刺激としっかりと塩気がきいたチーズ。貴腐ワインなどの甘口ワインにぴったり。

>> 楽天市場で詳細を見る

熟成度合いで合わせる

フランスチーズ鑑評騎士

チーズもワインも熟成によって味わいが変化していきます。その熟成度合いによって、ワインとチーズを合わせるのも選び方のひとつ。

ヌーボーのような新酒と呼ばれるワインや、フレッシュでフルーティな味わいのワインには、熟成の若いチーズやフレッシュタイプのチーズがおすすめです。

熟成豊かなハード系のチーズには、熟成の進んだフルボディタイプの重厚なワインをあわせてみましょう。

ワインに合うチーズおすすめ6選 フランスチーズ鑑評騎士がセレクト

ここまで紹介したワインに合うチーズの選び方のポイントをふまえて、フランスチーズ鑑評騎士の山田好美さんに選んでもらったおすすめ商品5選をご紹介します。個性豊かなフランスチーズを選んでいただきましたので、チーズの好みやお気に入りのワインに合わせて選んでみてくださいね。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

CF&R『サンタンドレ』

CF&R『サンタンドレ』 CF&R『サンタンドレ』 CF&R『サンタンドレ』

出典:Amazon

チーズのタイプ 白カビ
原産地 フランス
原材料 生乳、クリーム、食塩
内容量 200g
相性のいいワイン 赤ワイン、スパークリングワイン

Thumb lg 331be27b afb1 4ae2 aa0a 6e602433779e

フランスチーズ鑑評騎士

スパークリングワインにぴったりのチーズ

クリームを添加した白カビタイプのチーズ。まわりにふわふわとした白カビを美しくまとった、見ためも華やかなチーズです。味わいはとてもクリーミーでふわふわとした白カビの、マッシュルームのような味わいも同時に楽しめます。

バターのような濃厚な風味が、スパークリングの弾ける泡と合わさることですっきりと楽しめます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ベルトー『エポワスAOP』

ベルトー『エポワスAOP』 ベルトー『エポワスAOP』 ベルトー『エポワスAOP』 ベルトー『エポワスAOP』

出典:Amazon

チーズのタイプ ウォッシュ
原産地 フランス
原材料 生乳
内容量 250g
相性のいいワイン 赤ワイン

Thumb lg 331be27b afb1 4ae2 aa0a 6e602433779e

フランスチーズ鑑評騎士

ブルゴーニュワインにぴったり!

フランスはブルゴーニュ地方で生産される、ぶどうのしぼりかすからつくられたマールでウォッシュしたチーズ。

表皮はとても香ばしく中身はトロトロの食感。スプーンですくって召し上がってください。独特の豊かな芳香が、ブルゴーニュの赤ワインと素晴らしくマッチします。高貴なマリアージュをお楽しみください。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

パピヨン『ロックフォールAOP オーガニック』

パピヨン『ロックフォールAOPオーガニック』 パピヨン『ロックフォールAOPオーガニック』

出典:楽天市場

チーズのタイプ 青カビ
原産地 フランス
原材料 生めん羊乳、食塩
内容量 100g
相性のいいワイン 貴腐ワイン

Thumb lg 331be27b afb1 4ae2 aa0a 6e602433779e

フランスチーズ鑑評騎士

甘口ワインと合わせるロックフォール

青カビチーズの王様、ロックフォール。フランスのルエルグ地方、ロックフォール・シュル・スールゾン村が原産地です。規定では、村にあるコンバルー山の洞窟内で熟成されることが決められています。

味わいはピリッとした青カビの刺激としっかりとした塩味が特徴的。この塩味の強い風味には甘口ワインを合わせてみましょう。とくにロックフォールの故郷にほど近いボルドーのソーテルヌとの相性はばつぐんです。

味わいで合わせるチーズとワインの組み合わせをぜひお試しください。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

バドーズ『コンテAOP Excellence』

バドーズ『コンテAOPExcellence』 バドーズ『コンテAOPExcellence』 バドーズ『コンテAOPExcellence』

出典:楽天市場

チーズのタイプ ハード
原産地 フランス
原材料 牛乳、食塩、レンネット
内容量 250g
相性のいいワイン 黄色ワイン、白ワイン

Thumb lg 331be27b afb1 4ae2 aa0a 6e602433779e

フランスチーズ鑑評騎士

AOCチーズ生産量No.1!ナッツのようなコク

フランスのAOC(原産地名称保護)チーズのなかで生産量No.1チーズであるコンテ。ハードタイプのチーズです。熟成が長くなればなるほど複雑な香りや味わいを楽しめるため、日本でも人気があります。

とくに熟成が進んだときのナッツのような香りは、タルの香りが豊かな白ワインにぴったりです。スイスとの国境近くのジュラ地方生まれのチーズ。地元では、同郷の「Vin Jaune(ヴァン・ジョーヌ)」と呼ばれる黄色ワインと合わせることが多いようです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Le Palais du P'tit Chèvre『サントモールドトゥレーヌAOC』

LePalaisduP'titChèvre『サントモールドトゥレーヌAOC』

出典:Amazon

チーズのタイプ シェーブル
原産地 フランス
原材料 山羊乳(生乳)、食塩
内容量 250g
相性のいいワイン 赤ワイン

Thumb lg 331be27b afb1 4ae2 aa0a 6e602433779e

フランスチーズ鑑評騎士

酸味のあるさわやかな白ワインにぴったりのチーズ

シェーヴルチーズ(山羊乳製チーズ)の宝庫、フランスのロワール地方で生産されるチーズ。シェーヴルチーズは小さめで形がユニークなものが多いのですが、このチーズも中央にわらが1本とおっていて、まきの形をしています。

また外皮が黒いのは、木炭の粉をまぶしているためです。同郷の赤ワイン、シノンとの相性がばつぐんで、カットした際の外側のグレーと真っ白な生地の色合いのコントラストが食欲をそそります。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

La fromagerie Schertenleib『ラングルAOP』

LafromagerieSchertenleib『ラングルAOP』 LafromagerieSchertenleib『ラングルAOP』 LafromagerieSchertenleib『ラングルAOP』

出典:Amazon

チーズのタイプ ウォッシュ
原産地 フランス
原材料 生乳、食塩、アナトー
内容量 180g
相性のいいワイン スパークリングワイン、赤ワイン

Thumb lg 331be27b afb1 4ae2 aa0a 6e602433779e

フランスチーズ鑑評騎士

シャンパーニュと同郷のチーズ、ラングル

ラングルはほのかな酸味のある味わいで、とてもキメがこまかくしっとりとしています。ウォッシュチーズ特有の強い香りも少なく、上品な香りがします。上部にくぼみがあるユニークな形状から、現地ではフォンテーヌ(泉)と呼ばれています。このくぼみにシャンパーニュを注ぐのが、大人の楽しみ方といわれています。

またフランスのシャンパーニュ地方でつくられる、スパークリングワインのなかでも格別とされる「Champagne(シャンパン)」は、同郷のウォッシュタイプチーズのラングルがよく合います。キメのこまかいしっとりとした口当たりと弾ける上品なシャンパーニュとの泡のマリアージュをお楽しみください。

フランスチーズ鑑評騎士からのアドバイス

フランスチーズ鑑評騎士

チーズの個性に合うワインを選ぼう

「チーズはワインの最良の友」と昔から言われ続けています。ポイントをつかんで、それぞれのチーズの個性に合わせたワインを選ぶことが肝心です。

「タイプ」「熟成度合い」「味わい」「同郷同士」というキーワードをうまく利用して、ぜひ相性ぴったりな組み合わせを見つけてみましょう。まさにチーズとワインのMariage、いわゆる「結婚」ですね!

まだまだあります! ワインに合うチーズをさらに紹介!

いろいろ比べて選びたい方のために、さらにいくつか商品を紹介しましょう。

アルノー『モンドールAOP』

アルノー『モンドールAOP』

出典:楽天市場

チーズのタイプ ウォッシュ
原産地 フランス
原材料 生乳、食塩
内容量 450g
相性のいいワイン 赤ワイン

まろやかな風味でチーズが苦手な方にも〇

「チーズの真珠」と呼ばれるモン・ドール。8月15日~3月15日にしか製造されないこのチーズは、ウォッシュチーズとは思えないまろやかな味わいが特徴です。エピセアの樹皮でつくられた容器からほのかな樹香が移り、香り高い1品に仕上がっています。

赤ワインに合うクセの強さをもつウォッシュチーズですが、まろやかな味わいのおかげもあり、ウォッシュチーズが苦手という方でも食べやすくなっています。

ムルジア『ブラータ トリュフ入り』

ムルジア『ブラータトリュフ入り』 ムルジア『ブラータトリュフ入り』 ムルジア『ブラータトリュフ入り』 ムルジア『ブラータトリュフ入り』 ムルジア『ブラータトリュフ入り』 ムルジア『ブラータトリュフ入り』

出典:Amazon

チーズのタイプ フレッシュ
原産地 イタリア
原材料 生乳、生クリーム、トリュフ、食塩
内容量 125g
相性のいいワイン 白ワイン

ブラータのなかでも食べやすさが光る1品

プーリアブラータは洋梨のような形が特徴的なフレッシュチーズ。一般的なプーリアブラータはバターのような濃厚さとミルキーな味わいが特徴ですが、ムルジアのブラータはくどすぎることがなく、おつまみに適した食べやすさです。

トリュフの香りもアクセントになり、白ワインにぴったりのチーズに仕上がっています。

クール・ド・リオン『ピエダングロワ』

クール・ド・リオン『ピエダングロワ』

出典:Amazon

チーズのタイプ ウォッシュ
原産地 フランス
原材料 生乳、クリーム、食塩
内容量 200g
相性のいいワイン 赤ワイン、白ワイン

ウォッシュチーズながら白カビチーズの特徴が光る

ワイルドでなめらかなウォッシュチーズの個性をもちながら、白カビチーズがもつミルキーな味わいも楽しめるピエダングロワ。ウォッシュチーズとしてしては比較的穏やかな味わいをもっているため、初心者にも向いた1品です。

その風味にはフルボディタイプの赤ワインよりも、軽めでフルーティーな赤ワインがマッチします。また、白カビチーズの風味と高い脂肪分もあわせもっているため、ウォッシュチーズにもかかわらず白ワインにも合うのが特徴です。

Jacquin&Fils『ヴァランセAOP』

Jacquin&Fils『ヴァランセAOP』

出典:楽天市場

チーズのタイプ シェーブル
原産地 フランス
原材料 生山羊乳、食塩、木灰
内容量 220g
相性のいいワイン 白ワイン

灰がまぶされた表面と純白の断面の対比が美しい

四角錐の形状がユニークなヴァランセは、山羊乳を原料としたシェーブルタイプのチーズです。山羊乳チーズ特有の酸味を抑えるために表面に木灰がまぶされています。黒い表面と純白の断面により、目でも楽しませてくれる1品です。

熟成によって味に大きく変化が起こるのも特徴。若いほどクセがなく、熟成が進むほど酸味が減って濃厚な味わいになります。冷やした白ワインとの相性はばつぐんです。

Organic Valley『シャープチェダー』

OrganicValley『シャープチェダー』

出典:楽天市場

チーズのタイプ ハード
原産地 アメリカ
原材料 全乳、塩、酵素
内容量 226g
相性のいいワイン 白ワイン

ホルモン剤不使用! オーガニック原料のチーズ

原料に使用される牛乳の品質、安全性を重視し、メーカー単位で飼育牛にホルモン剤や抗生物質といった薬品を利用しないことを掲げているクロップス。そんなオーガニックなミルクを使用し、6カ月の熟成期間を経てつくられるチェダーチーズです。

無添加にこだわり、着色料などを使用していないため、チェダーチーズであるにもかかわらず白みがかった外見をしているのが特徴。クセがない味わいは白ワインと相性がばつぐんです。

蔵王酪農センター『蔵王 ペッパーゴーダ』

蔵王酪農センター『蔵王ペッパーゴーダ』 蔵王酪農センター『蔵王ペッパーゴーダ』 蔵王酪農センター『蔵王ペッパーゴーダ』 蔵王酪農センター『蔵王ペッパーゴーダ』

出典:Amazon

チーズのタイプ ハード
原産地 日本(宮城県)
原材料 生乳、食塩、香辛料
内容量 80g
相性のいいワイン スパイシーな赤ワイン

ブラックペッパーのアクセントが効いたゴーダチーズ

国産のメーカーである蔵王酪農センターから販売されているゴーダチーズ。製造の過程でブラックペッパーが練り込まれており、ゴーダチーズ特有のマイルドなうま味とピリッとしたアクセントが特徴のひと品です。

ゴーダチーズはチーズのなかでもクセが少なく、初心者でも食べやすくなっています。ブラックペッパーの香りに負けない、スパイシーなワインのお供に向いたチーズです。

ベル ジャポン『ブルサン ガーリック&ハーブ』

ベルジャポン『ブルサンガーリック&ハーブ』 ベルジャポン『ブルサンガーリック&ハーブ』 ベルジャポン『ブルサンガーリック&ハーブ』 ベルジャポン『ブルサンガーリック&ハーブ』 ベルジャポン『ブルサンガーリック&ハーブ』 ベルジャポン『ブルサンガーリック&ハーブ』 ベルジャポン『ブルサンガーリック&ハーブ』

出典:Amazon

チーズのタイプ フレーバー、フレッシュ
原産地 日本
原材料 生乳、ガーリック、ペッパー ほか
内容量 100g
相性のいいワイン 白ワイン、ロゼ、軽めの赤ワイン

フランスの食卓に根づく、国民的なチーズの原点

フランスの家庭では定番となっているブルサン。加熱することなく仕上げられるこのチーズは、フレッシュかつ濃厚な味わいをベースに、さまざまなフレーバーを加えることで多くのバリエーションで商品化されています。

そのなかでも「ガーリック&ハーブ」はブルサンの原点と言えるもので、ガーリックの強さとハーブの豊かさが鼻をくすぐるチーズです。風味がしっかりとしており、ボリュームのある白ワイン、軽めの赤ワイン、ロゼがマッチします。

ムルジア『モッツァレラ ディ ブッファラ』

ムルジア『モッツァレラディブッファラ』 ムルジア『モッツァレラディブッファラ』

出典:楽天市場

チーズのタイプ フレッシュ
原産地 イタリア
原材料 水牛乳、食塩
内容量 100g
相性のいいワイン 赤ワイン、白ワイン

水牛乳100%の濃厚なうま味とジューシーな味

モッツァレラテーズの元祖と言われている「モッツァレラ ディ ブッファラ」。水牛の乳は一般的な牛乳に比べ搾乳量が少なく貴重です。タンパク質や乳脂肪分が豊富な水牛乳からつくられたこのチーズは、ギュッとつまったうま味とジューシーさが魅力で、一般的なチーズでは味わえないものになっています。

濃密とはいえシンプルな味わいのこのチーズには、赤白問わず素直な味わいのワインがマッチするでしょう。

花畑牧場『ラクレットハーフ』

花畑牧場『ラクレットハーフ』 花畑牧場『ラクレットハーフ』 花畑牧場『ラクレットハーフ』 花畑牧場『ラクレットハーフ』 花畑牧場『ラクレットハーフ』 花畑牧場『ラクレットハーフ』 花畑牧場『ラクレットハーフ』

出典:Amazon

チーズのタイプ セミハード
原産地 日本(北海道)
原材料 生乳、食塩
内容量 2300~2700g
相性のいいワイン 白ワイン

繊細なうま味はこのチーズならではの至福の味

「アルプスの少女ハイジ」でおなじみのラクレット。溶かしたチーズをそのまま食すというぜいたくは、その瞬間を忘れられないものにしてくれます。北海道の花畑牧場で製造されるラクレットは徹底的な管理のもとでていねいにウォッシュされたあと、3カ月の熟成を経て生み出されます。

元がかなり大きいため、購入の際には少々覚悟が必要ですが、このチーズでなければ味わえないうま味と風味をもっています。白ワインに合わせ、至福の時間を楽しみましょう。

「ワインに合うチーズ」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
CF&R『サンタンドレ』
ベルトー『エポワスAOP』
パピヨン『ロックフォールAOP オーガニック』
バドーズ『コンテAOP Excellence』
Le Palais du P'tit Chèvre『サントモールドトゥレーヌAOC』
La fromagerie Schertenleib『ラングルAOP』
アルノー『モンドールAOP』
ムルジア『ブラータ トリュフ入り』
クール・ド・リオン『ピエダングロワ』
Jacquin&Fils『ヴァランセAOP』
Organic Valley『シャープチェダー』
蔵王酪農センター『蔵王 ペッパーゴーダ』
ベル ジャポン『ブルサン ガーリック&ハーブ』
ムルジア『モッツァレラ ディ ブッファラ』
花畑牧場『ラクレットハーフ』
商品名 CF&R『サンタンドレ』 ベルトー『エポワスAOP』 パピヨン『ロックフォールAOP オーガニック』 バドーズ『コンテAOP Excellence』 Le Palais du P'tit Chèvre『サントモールドトゥレーヌAOC』 La fromagerie Schertenleib『ラングルAOP』 アルノー『モンドールAOP』 ムルジア『ブラータ トリュフ入り』 クール・ド・リオン『ピエダングロワ』 Jacquin&Fils『ヴァランセAOP』 Organic Valley『シャープチェダー』 蔵王酪農センター『蔵王 ペッパーゴーダ』 ベル ジャポン『ブルサン ガーリック&ハーブ』 ムルジア『モッツァレラ ディ ブッファラ』 花畑牧場『ラクレットハーフ』
商品情報
特徴 スパークリングワインにぴったりのチーズ ブルゴーニュワインにぴったり! 甘口ワインと合わせるロックフォール AOCチーズ生産量No.1!ナッツのようなコク 酸味のあるさわやかな白ワインにぴったりのチーズ シャンパーニュと同郷のチーズ、ラングル まろやかな風味でチーズが苦手な方にも〇 ブラータのなかでも食べやすさが光る1品 ウォッシュチーズながら白カビチーズの特徴が光る 灰がまぶされた表面と純白の断面の対比が美しい ホルモン剤不使用! オーガニック原料のチーズ ブラックペッパーのアクセントが効いたゴーダチーズ フランスの食卓に根づく、国民的なチーズの原点 水牛乳100%の濃厚なうま味とジューシーな味 繊細なうま味はこのチーズならではの至福の味
チーズのタイプ 白カビ ウォッシュ 青カビ ハード シェーブル ウォッシュ ウォッシュ フレッシュ ウォッシュ シェーブル ハード ハード フレーバー、フレッシュ フレッシュ セミハード
原産地 フランス フランス フランス フランス フランス フランス フランス イタリア フランス フランス アメリカ 日本(宮城県) 日本 イタリア 日本(北海道)
原材料 生乳、クリーム、食塩 生乳 生めん羊乳、食塩 牛乳、食塩、レンネット 山羊乳(生乳)、食塩 生乳、食塩、アナトー 生乳、食塩 生乳、生クリーム、トリュフ、食塩 生乳、クリーム、食塩 生山羊乳、食塩、木灰 全乳、塩、酵素 生乳、食塩、香辛料 生乳、ガーリック、ペッパー ほか 水牛乳、食塩 生乳、食塩
内容量 200g 250g 100g 250g 250g 180g 450g 125g 200g 220g 226g 80g 100g 100g 2300~2700g
相性のいいワイン 赤ワイン、スパークリングワイン 赤ワイン 貴腐ワイン 黄色ワイン、白ワイン 赤ワイン スパークリングワイン、赤ワイン 赤ワイン 白ワイン 赤ワイン、白ワイン 白ワイン 白ワイン スパイシーな赤ワイン 白ワイン、ロゼ、軽めの赤ワイン 赤ワイン、白ワイン 白ワイン
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年12月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月9日時点 での税込価格

個性のある風味もワインに合わせて楽しもう

フランスチーズ鑑評騎士の山田好美さんへの取材をもとに、ワインに合うチーズの選び方とおすすめ商品を紹介しました。

チーズを選ぶ際は、そのチーズがもつクセや風味に着目しましょう。ワインにもさまざまな個性があるので、それぞれの特徴を把握し、ワイン側に寄りそわせる形で選ぶとマッチしやすくなります。さらにチーズの名前にその品質を示すAOPやAOCという称号が与えられていることもあるので、選ぶ際のひとつの基準にしてもいいかもしれません。 

チーズ自体は味が強く、たくさん食べられるものではありません。がんばった日のご褒美や特別な日の名脇役として、ワインとともにゆっくりと味わって、ぜいたくな時間を演出してみましょう。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/12/25 一部コンテンツと価格を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 秋元清香)

※2020/04/15 タイトル変更のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 水貝英斗)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【ピザ用も!】とろけるチーズおすすめ10選|チーズの種類や形状に注目

【ピザ用も!】とろけるチーズおすすめ10選|チーズの種類や形状に注目

フードスタイリストの池 ももこさんへの取材をもとに、とろけるチーズのおすすめ商品を厳選! スライスタイプ・シュレッドタイプと種類別に紹介します。さらにとろけるチーズに使われることの多いチーズの種類も詳しく解説。そのまま食べられるものや、おつまみにぴったりなものも紹介するので、ぜひ最後までチェックしてください!


ゴーダチーズおすすめ5選! 料理研究家が厳選|オランダ産や日本産も

ゴーダチーズおすすめ5選! 料理研究家が厳選|オランダ産や日本産も

料理研究家の太田百合子さんに聞いた、ゴーダチーズ選びのポイントとおすすめの商品を教えていただきました。酪農が盛んなオランダのゴーダ村で生まれた「ゴーダチーズ」。数カ月ほど熟成させて出荷されるものから、2~3年熟成させて濃厚な旨みを凝縮したもの、さらにはスパイスを混ぜ込んだものなど、製品ごとにさまざまな味わいを楽しめます。オランダ産はもちろん、日本で生産されたゴーダチーズもあるんです。記事の最後には各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、合わせて参考にしてみてください。


ブルーチーズおすすめ11選|フランスチーズ鑑評騎士が厳選【種類豊富!】

ブルーチーズおすすめ11選|フランスチーズ鑑評騎士が厳選【種類豊富!】

フランスチーズ鑑評騎士(かんぴょうきし)・山田好美さんへの取材をもとに、ブルーチーズの選び方とおすすめの商品を厳選! 世界3大ブルーチーズといわれるゴルゴンゾーラ、ロックフォールをはじめ、初心者でもおいしく食べられる商品も紹介します。記事の後半には、各通販サイトでの人気売れ筋ランキングもあるので、ぜひ最後までチェックしてくださいね!


クリームチーズおすすめ5選|お菓子や料理に盛り付けて簡単レシピを!

クリームチーズおすすめ5選|お菓子や料理に盛り付けて簡単レシピを!

料理やチーズケーキなどのお菓子作りで活躍してくれるクリームチーズ。お酒のつまみやパンに塗るのにも使えて便利ですよね。酸味や濃厚さなどの味わいのちがいや、ハーブなどのスパイスがトッピングされたものまであり、その種類はさまざま。数あるクリームチーズのなかから自分に合ったものを選ぶには、まずはどのように使うのか? を考えることが重要です。この記事では、フードアナリストの平林玲美さんに伺ったクリームチーズの選び方とおすすめの商品をご紹介します。


プロセスチーズのおすすめ4選【フランスチーズ鑑評騎士が選ぶ】

プロセスチーズのおすすめ4選【フランスチーズ鑑評騎士が選ぶ】

スーパーやコンビニなどでも手軽に手に入るプロセスチーズ。ビールやワインの気軽なおつまみとして選ぶ方も多いでしょう。ゴーダやチェダーを材料としたセミハード系から、加熱すると伸びるモッツァレラを原料とした商品までさまざまなタイプがあります。そこで、チーズの専門家フランス チーズ鑑評騎士の山田好美さんに取材した内容をもとに、プロセスチーズを選ぶポイントとおすすめの商品もご紹介します。


関連するブランド・メーカー


花畑牧場

新着記事


毎日開催【Amazonタイムセール】今日のおすすめ|2020年10月22日:『5年保存の非常食・防災グッズを18種類セット』

毎日開催【Amazonタイムセール】今日のおすすめ|2020年10月22日:『5年保存の非常食・防災グッズを18種類セット』

Amazonタイムセール、実は毎日開催しているのをご存じですか? そこで、タイムセールのなかから、編集部部員が個人的に欲しいと思う一品を毎日ガチで厳選! 今日のおすすめタイムセールは『5年保存の非常食・防災グッズを18種類セットにした【3日間満足セット】』。使う日が来ないのが一番ですが、安心を買うと思えば安いもの!?


オキシ漬けで話題の『オキシウォッシュ』を実際に使って効果を検証してみました!

オキシ漬けで話題の『オキシウォッシュ』を実際に使って効果を検証してみました!

漂白剤はさまざまなメーカーから発売されていますが、今回はSNSなどで話題のオキシウォッシュを実際に購入し使用してみました。筆者は「オキシ漬け」なるものをこれまで経験したことがなく、SNSなどではいい面がたくさん見えるので期待を抱きつつも「つけて置くだけでガンコな汚れが落ちるわけないだろうと」実は半信半疑。さらには少しでも手間だと感じると続かないタイプで、計量さえもめんどうなので目分量でやってしまうことも多いズボラ主婦です。そんな筆者が、オキシウォッシュを使用した後に実際に感じたメリット、デメリットを紹介します!


夢ゲンブラシは本当にきれいになる? 使ってみてわかったすごい実力!

夢ゲンブラシは本当にきれいになる? 使ってみてわかったすごい実力!

『夢ゲンブラシ』は、洋服の埃がなかなか取れなくて困る。粘着式のコロコロクリーナーの消費が激しい! カーペットに掃除機をかけたのに毛が残っていてがっかり……などのお困りを解消してくれる便利アイテム。本当にいい商品なのか、実際に商品を購入し、いろいろな口コミが真実なのか試してみました!


『ボディータオル ゴムポンつるつる』は効果ある? 体験してわかったメリット

『ボディータオル ゴムポンつるつる』は効果ある? 体験してわかったメリット

『ボディータオル ゴムポンつるつる』は背中などにできる気になるぶつぶつやひじ、ひざ、くるぶしのガサガサゴワゴワをきれいに取ってくれる優れもの。軽くなでるだけですべすべのお肌にできます。でも、ボディータオルにしては高めの価格設定がされているので本当に効果があるのか、肌に悪影響はないのか気になりますよね。商品の口コミや、実際に使用してみての結果をまとめました。自分に合うアイテムか確かめてください!


グラフギア1000の重さは気になる? 魅力や気になる評価を試して検証

グラフギア1000の重さは気になる? 魅力や気になる評価を試して検証

『グラフギア1000』は、ぺんてるが販売する製図用シャーペン。筆記性能だけでなく、ペン先を収納してガイドパイプが折れるのを防ぐ機能や開閉式クリップなど、携帯性のよさも魅力です。しかし、なかには重いと評価する気になる口コミも。今回は、『グラフギア1000』を実際に購入し、試した使用感を紹介していきます。ぜひ記事を読んで購入する際の参考にしてくださいね!


食品・ドリンクの人気記事


>>もっと見る