【コットンテント】選び方&おすすめ12選|アウトドアライターと編集部が厳選!

【コットンテント】選び方&おすすめ12選|アウトドアライターと編集部が厳選!
作家/アウトドアライター
夏野 栄

作家、マルチクリエイター、アウトドア・ファッションのライター・エディターとして活躍。 アウトドア誌やファッション誌でジャンルを超えて連載。ライトノベルやゲームシナリオを執筆。 アウトドアでは『キャンプチャリ』の制作やキャンプ場プロデュースを手掛ける。またファッションマーケットの企画運営からプロダクト開発まで幅広く活動。山岳部出身、海育ちのテンカラ師。 『BE-PAL』や『camp hack』、『OCEANS』や『MonoMax』『Fine』といったメンズ誌のほか、女性ファッション誌にも参加。

アウトドアライターが選ぶコットンテント12選をご紹介します。最近注目されているのが、夏は涼しく冬は暖かいコットンテント。機能性だけでなく、自然の中に、いかにも快適そうな白地のコットンテントが立つ様は、思わず見とれてしまうものがあります。しかし、コットンは水に弱く重いなど心配な面も。そこで、雑誌『BE-PAL』などで執筆されているアウトドアライターの夏野 栄さんにお話をうかがい、コットンテントの選び方とおすすめ商品について解説していただきました。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


コットンテントの選び方 アウトドアライターが解説!

アウトドアライターの夏野 栄さんに、コットンテントを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。

コットンテントで野営する男性
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

ソロやデュオなど、少人数に対応したコンパクトなコットンテントもあります。

コットンが入っている比率で選ぶ

作家/アウトドアライター

コットンテントの主役は素材といっても過言ではありません。コットン100%やコットン混紡など、コットンの比率によってテントのキャラクターが変わります。

コットンの比率が高ければ、よりコットンらしい質感と風合いを楽しめますが、同時に使い勝手の面で難しさが出ます。コットンの比率が低い場合、コットンらしさは減少するものの、水に強く軽くなります。

しかし、100%コットンに防水加工を施した幕体(テントの布地)などもあるため、いずれにせよ「素材」には注目してみてください。

利用人数に合ったテントのサイズを選ぶ

作家/アウトドアライター

コットンテントは一般に、代表的な「ベルテント」(ベルのような形をした、側面下部が垂直に立ち上がっているテント)というタイプを始め、比較的人数を多く収容する大型テントが一般的です。

大型のテントを少人数で立てるのはなかなか面倒ですし、重くかさばるテントは少人数での軽快なキャンプにはマッチしません。その部分が合わないとキャンプが億劫になり頻度が減ってしまうことも。

そのためソロやデュオでコットンテントを楽しみたい場合には、まずその人数にマッチしたサイズのテントを探す必要があります。種類は多くはないものの、コンパクトサイズもちゃんと存在しますので、後ほどおすすめをご紹介します。

テントの設営方法を事前に確認して選ぶ

作家/アウトドアライター

コットンテントは通常のポールを通すテントとは違い、独自の複雑な機構があったり、逆にガイライン(テントが飛ばないようにする固定用ロープ)を使わないというシンプルなテントも存在したりと、設営方法がさまざまです。購入前に確認しておいてください。

その上でスピードや設営の手軽さを重視するか、耐久性を重視するかを選択してください。キャンプの経験値や好みに合わせて、マッチする機構のテントを選んでおけば後々ストレスなく使えます。

おすすめコットンテント6選 アウトドアライターが厳選!

ここまで紹介したコットンテントの選び方のポイントをふまえて、アウトドアライターの夏野 栄さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。

キャンプ場で野営するコットンテント
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

多人数に対応したコットンテントは設営がたいへんですが、センターポールを組み立てるだけですむものもあります。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Cozy house(コージーハウス)『コットンキャンバス ベルテント』

Cozyhouse(コージーハウス)『コットンキャンバスベルテント』 Cozyhouse(コージーハウス)『コットンキャンバスベルテント』 Cozyhouse(コージーハウス)『コットンキャンバスベルテント』 Cozyhouse(コージーハウス)『コットンキャンバスベルテント』 Cozyhouse(コージーハウス)『コットンキャンバスベルテント』

出典:Amazon

使用時サイズ 300×300×200cm
収納時サイズ 約112cm×25cm×25cm(直径3mテント)
重量 約20kg(直径3mテント)
幕部分素材 100%コットンキャンバス(285gsm)、グランドシート:PVCフロア(540gsm)
幕部分耐水圧 アッパーカバー:3,000mm、グランドシート:5,000mm
収容人数
付属品 ポール、ペグ、抗UV風ロープ

Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61

作家/アウトドアライター

スペックとコスパがバランスよく入門に最適

こちらはノーブランドのオーソドックスなベルテントです。ベーシックなベルテントのデザインを踏襲しているため、「ザ・コットンテント」を味わいたい方にはぴったり。

また、ほかのキャンパーとのメジャーなメーカー同士のかぶりや特定ブランドのロゴがイヤという方には、この「無印」の幕体は大きなプラス。

コットンテントとしてはかなり低価格ながら細部の作りこみも問題なく、フライやグランドシートには防水加工やPVCがほどこされていて安心して使えます。コットンテントの魅力を気軽に楽しみたい方にはこちらをおすすめします。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ROBENS(ローベンス)『フェアバンクス2019(130143)』

ROBENS(ローベンス)『フェアバンクス2019(130143)』 ROBENS(ローベンス)『フェアバンクス2019(130143)』 ROBENS(ローベンス)『フェアバンクス2019(130143)』

出典:楽天市場

使用時サイズ 365×300×185cm
収納時サイズ 約77×20cm
重量 約9.1kg
幕部分素材 ハイドロテックス ポリコットン:35%コットン・65%ポリエステル、グラウンドシート:210Tオックスフォード100%ポリエステ
幕部分耐水圧 グラウンドシート:5,000mm
収容人数 4人
付属品 ポール、パックサック

Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61

作家/アウトドアライター

コットン系に珍しいコンパクトサイズで扱いやすい

ローベンスは北欧、デンマークのブランドで、このフェアバンクスというモデルはコットンにポリエステルを混紡した自社開発の「HydroTex ポリコットン」という素材が使われていて、通常のコットンテントよりも通気性に優れ耐久性も高くなっています。

また珍しいのがサイズ感。コットンテントといえば大型の幕が多いなか、フェアバンクスは3名前後で、もてあますことのないコンパクトさなんです。その大きさから扱いは非常に楽。

同時にセンターポールが室外に立てられる仕様で邪魔にならず、室内は無駄なくたっぷり使えます。少人数で軽快に頻度高くキャンプしたい方にぴったりです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)『サーカスコットンバージョン』

tent-MarkDESIGNS(テンマクデザイン)『サーカスコットンバージョン』 tent-MarkDESIGNS(テンマクデザイン)『サーカスコットンバージョン』 tent-MarkDESIGNS(テンマクデザイン)『サーカスコットンバージョン』 tent-MarkDESIGNS(テンマクデザイン)『サーカスコットンバージョン』 tent-MarkDESIGNS(テンマクデザイン)『サーカスコットンバージョン』 tent-MarkDESIGNS(テンマクデザイン)『サーカスコットンバージョン』

出典:Amazon

使用時サイズ 442×420×280cm
収納時サイズ
重量 約13.58kg
幕部分素材 100%コットン(撥水抗カビ加工)
幕部分耐水圧
収容人数 1~2人
付属品 ポール、ペグ、張り網、設営用ガイドセット、収納袋

Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61

作家/アウトドアライター

人気ワンポールテントのコットンバージョン

フィールドのニーズと時流にマッチした独自のプロダクトを次々発信する国内ブランド『テンマクデザイン』。

人気テントとして定着し、キャンプ場でも見かけることの多い“サーカス”のコットンバージョン。

まずは使い勝手抜群でサイズ感もほどよい、ソリッドなモノポールデザインがコットンになることで一層「ティピー(アメリカインディアンが使用していた移動用住居)」なムードのあるテントになっています。

またテンマクデザインらしい、ぬかりない仕様でポリエステル素材のスカートを装備、風雨の侵入もしっかり防いでくれます。

安心して使えて雰囲気も楽しめる、さらに良コスパのコットンテントです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Kodiak Canvas(コディアックキャンバス)『Flex Bow キャンバステント Delux』

KodiakCanvas(コディアックキャンバス)『FlexBowキャンバステントDelux』 KodiakCanvas(コディアックキャンバス)『FlexBowキャンバステントDelux』 KodiakCanvas(コディアックキャンバス)『FlexBowキャンバステントDelux』 KodiakCanvas(コディアックキャンバス)『FlexBowキャンバステントDelux』 KodiakCanvas(コディアックキャンバス)『FlexBowキャンバステントDelux』 KodiakCanvas(コディアックキャンバス)『FlexBowキャンバステントDelux』 KodiakCanvas(コディアックキャンバス)『FlexBowキャンバステントDelux』

出典:Amazon

使用時サイズ 243×274×185cm
収納時サイズ テントバッグ:約61×33cm、ポールバッグ:約14×89cm
重量 約25kg
幕部分素材 ハイドロシールド100%コットン
幕部分耐水圧
収容人数 4人
付属品 ポール、収納袋、説明書

Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61

作家/アウトドアライター

タフで手軽なアメリカンクラシック

コディアックキャンバスはロッキー山脈から生まれたブランド。このフレックスボウはコットン100%に防水加工を施した素材を使用したタフなテント。

厚手のコットンで耐久性が高く加工により水にも強いのですが、その代償としてかなり重くなっています。設営はスプリングバーというフレーム構造のため、ガイロープ(張り網)で引く必要もなく非常にかんたんです。

重いけどタフでシンプル、アメリカンクラシックムードを手軽に楽しめます。

『カーカムス』という人気ブランドに近いテントがあるものの、あちらは生産量が少なくなかなか買えないという状況もありますので、コスパなど、もろもろ踏まえるとフレックスボウがおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

NORDISK (ノルディスク)『Legacy Tents Besic Asgard 12.6 ベーシック(NDK-0018-000)』

NORDISK(ノルディスク)『LegacyTentsBesicAsgard12.6ベーシック(NDK-0018-000)』 NORDISK(ノルディスク)『LegacyTentsBesicAsgard12.6ベーシック(NDK-0018-000)』 NORDISK(ノルディスク)『LegacyTentsBesicAsgard12.6ベーシック(NDK-0018-000)』

出典:楽天市場

使用時サイズ 400×372×250cm
収納時サイズ 約114×37cm
重量
幕部分素材 65%ポリエステル、35%コットン
幕部分耐水圧
収容人数 6人
付属品 ポール、ペグ、収納袋

Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61

作家/アウトドアライター

コットンテントの王道にして信頼の耐久性

国内では、コットンテントとしておそらく最もポピュラーといえるテント。インテリア界隈からも注目を集める「スカンジナビアデザイン」(※)として知られるデンマーク発のブランドです。

現代のグランピングフィールドによくハマるデザインで、トレンドのデザインながら実は100年以上の歴史ある老舗。現在では100%のコットン素材ではなく、耐久性やメンテ性が大幅に向上したコットン混紡素材を使用。

北欧の寒冷地で求められるスペックが実現されている「デザインだけじゃない」テントです。

※スカンジナビア半島の諸国で見られるデザインを総称したもの、いわゆる北欧風デザイン。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ogawa(オガワ)『グロッケ12T/C(2785)』

ogawa(オガワ)『グロッケ12T/C(2785)』 ogawa(オガワ)『グロッケ12T/C(2785)』 ogawa(オガワ)『グロッケ12T/C(2785)』 ogawa(オガワ)『グロッケ12T/C(2785)』 ogawa(オガワ)『グロッケ12T/C(2785)』 ogawa(オガワ)『グロッケ12T/C(2785)』 ogawa(オガワ)『グロッケ12T/C(2785)』 ogawa(オガワ)『グロッケ12T/C(2785)』

出典:Amazon

使用時サイズ 405×265×270cm
収納時サイズ 約80×35×33cm
重量 約14.7kg
幕部分素材 フライ:T/C・ポリエステル210d、グランドシート:ポリエステル210d
幕部分耐水圧 T/C:350mm、ポリエステル210d:1,800mm
収容人数 5~6人
付属品 ポール、ペグ、張り網、アイアンハンマー、収納袋

Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61

作家/アウトドアライター

カジュアルで扱いやすい国産ベルテント

国産テントメーカーの老舗「オガワ」からもコットン系テントがリリースされています。なかでもグロッケはユニークなベルテント。

一般的にデザインや風合いなど世界観重視で作られるベルテントですが、「グロッケ」は実践的なテントを作りつづけてきたオガワらしいカジュアルで扱いやすいテントに仕上げられています。

テクニカルコットンと呼ばれるコットンとポリエステルの混紡素材を改良し、ポリエステル量を増やすことでカビに強く軽量、メンテナンス性能が向上しています。

サイズも比較的コンパクトでテントを初めて購入するエントリー層にもおすすめです。

風合いをとるか、使い勝手をとるか、間をとるか

コットンテントの内部
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

風合いを取るか、実用性や快適さを取るかは悩みどころかもしれません。冬場でも快適に使えるよう、焚き火や薪ストーブをテント内で使えるよう対応したコットンテントもあります。

作家/アウトドアライター

コットンテントの魅力は、やはりそのルックスと風合いにつきます。

あとはどうコットン素材の弱点と付き合うかということがポイント。ポリエステルを混ぜたコットン混紡を選べば水に強くメンテ性が上がる一方、やはりコットンの質感は弱くなります。どこに重きを置くか、利用シーンとプライオリティーにあてはめて選ぶと最良の答えが見つかるはずです。

ひとつ裏技をご紹介すると、「風合い」と「耐水性とメンテ性」の両取りをしたい僕は、フルコットンテントの上部にポリエステルタープをフライシートのように重ねて使います。

色の薄いタープを使えば異素材でも「景観」はそこまで失われません。みなさんも工夫してコットンテントを楽しんでみてください。

ストーブ対応のコットンテント2選 冬も温かくて快適!

テントの中で焚き火や薪ストーブが使えるコットンテントがあれば、寒い冬でも快適に過ごすことができます。ここではそんなコットンテントをご紹介します。

Robens(ローベンス)『Klondike Grande(クロンダイク グランデ)』

Robens(ローベンス)『KlondikeGrande(クロンダイクグランデ)』 Robens(ローベンス)『KlondikeGrande(クロンダイクグランデ)』 Robens(ローベンス)『KlondikeGrande(クロンダイクグランデ)』

出典:楽天市場

使用時サイズ 460×460×300cm
収納時サイズ 92×35cm
重量 21.1kg
幕部分素材 ハイドロテックス ポリコットン(コットン65%、ポリエステル35%)、グラウンドシート:ポリエステル100%
幕部分耐水圧 グラウンドシート:5000mm
収容人数 9人
付属品 Vペグ:12本、Jペグ:24本

通年使える! 独自開発素材のポリコットン採用

独自に開発されたHydro Texポリコットン素材を採用しており、通気性バツグン。夏は涼しく、冬は暖かいテントで1年中快適に使用できます。天井には煙突ポートも標準でついており、薪ストーブが使える仕様です。

テント下部から立ち上がるタイプの中型ティピーで、ゆったりくつろげます。Aフレーム構造の大型ドアを採用しているので出入りもしやすく、お子さまも使いやすいでしょう。

Tentipi(テンティピ)『Zirkon 7 CP』

Tentipi(テンティピ)『Zirkon7CP』 Tentipi(テンティピ)『Zirkon7CP』 Tentipi(テンティピ)『Zirkon7CP』

出典:楽天市場

使用時サイズ 450×450×270cm
収納時サイズ 27×62cm
重量 11.7kg
幕部分素材 Breathable Cotpolmex C.(コットンとポリエステルの混紡素材)
幕部分耐水圧
収容人数 6~8人
付属品 ペグ、ストームコード、ペグダウンの位置を決めるテンプレート、コンプレッション機能付き収納バッグ、日本語レファレンスガイド

内部で薪ストーブ利用を想定した構造!

2重構造のトップベンチレーションで、内部での微調整が手軽にしやすくなっています。ボトム部分にもベンチレーションをひとつ備えており、雨にも対応可能。テント内で焚き火を楽しめるようになっています。

コットンとポリエステルの混紡素材Cotpolmex C.素材を採用しており、ナチュラルな素材感を維持しつつ、機能性も高い布地。結露をできるだけ抑えてくれるところもポイントです。

軽量・コンパクトなコットンテント2選 冬も温かくて快適!

コンパクトで軽量な、ソロキャンプにピッタリのコットンテントをご紹介します。

NORDISK (ノルディスク)『Asgard Tech Mini アスガルドミニ テント本体』

NORDISK(ノルディスク)『AsgardTechMiniアスガルドミニテント本体』

出典:楽天市場

使用時サイズ 246×210×160cm
収納時サイズ 28×20×26cm
重量 4kg
幕部分素材 テクニカルナイロン(ルーフ)、テクニカルコットン(ドア・ウォール)
幕部分耐水圧
収容人数 1~2人
付属品 なし

軽量なのに、大人2人が快適に過ごせる!

同メーカーの軽量テント「アスガルド」のミニタイプです。さらにコンパクトでありながら、大人2人が荷物を置いても快適に過ごすことができるじゅうぶんな広さを確保しています。

テント本体のみとなっており、ポールやベグといったそのほかのパーツを自分の好みに合わせて選択可能。同系統のパーツが販売されているので、雰囲気を保ったままオリジナリティの高いカスタマイズができますよ。

UJack(ユージャック)『サーペントテント』

UJack(ユージャック)『サーペントテント』 UJack(ユージャック)『サーペントテント』 UJack(ユージャック)『サーペントテント』 UJack(ユージャック)『サーペントテント』 UJack(ユージャック)『サーペントテント』 UJack(ユージャック)『サーペントテント』 UJack(ユージャック)『サーペントテント』

出典:Amazon

使用時サイズ 300×240×230cm
収納時サイズ 58×24×24cm
重量 8~9kg
幕部分素材 フライシート:75Dポリエステルタフタ、インナーシート:T・Cクロス(ポリエステル65%・コットン35%)
幕部分耐水圧 フライシート:2000mm、フロアシート:5000mm
収容人数 1~2人
付属品 メインポール、キャノピーポール×3、ストームロープ×10(自在:蓄光発光仕様)、ペグ×10、収納袋

インナーシートにコットン配合の防水テント

コットンを含む記事を吊り下げ式インナーに使用しており、結露の防止に役立ちます。テントの外側は耐水圧2,000mmでUVカット加工も施されているので、晴れの日も雨の日も安心です。

Y型ワンポール利用で、高さと居住性を同時に確保ができるちょうどいいサイズ感で、ソロキャンパーさん向けのアイテムとしても注目できます。

センターポール仕様のコットンテント2選 設営しやすい!

テントの中心にポールを立てるセンターポール仕様のコットンテントは、かんたんに組み立てることができて便利です。

ogawa(オガワ)『ピルツ15T/C 』

ogawa(オガワ)『ピルツ15T/C』 ogawa(オガワ)『ピルツ15T/C』

出典:楽天市場

使用時サイズ 430×470×310cm
収納時サイズ 90×40×35cm
重量 幕体:13.4kg、ポール:4.2kg
幕部分素材 フライシート:T・C(ポリエステル・コットンの混紡)ほか、グランドシート:ポリエステル210d
幕部分耐水圧 フライシート:350mm、グランドシート:1800mm
収容人数 8人
付属品 グランドシート、張り出しポール180cm、スチールピン、張綱、アイアンハンマー、収納袋

高くて広い八角錐形状で、広々した空間を満喫!

八角錐の形状となっており、高さと広々とした開放感を感じられるでしょう。中心にポールを立てて、複数箇所の裾部を固定するだけで設営可能。デザイン性の高い見た目からは、想像のつかない設営のしやすさも高ポイントです。

頂上部にはストーブ用の煙突ホールを搭載しており、ストーブを使いたい方にもぴったり。快適機能のひさしもあるのでプライバシーを確保もでき、日差しや小雨なども防ぐことができます。

NORDISK (ノルディスク)『Alfheim 19.6 』

NORDISK(ノルディスク)『Alfheim19.6』

出典:楽天市場

使用時サイズ 500×500×350cm
収納時サイズ 80×27cm
重量 12kg
幕部分素材 コットン35%、ポリエステル65%
幕部分耐水圧 350mm
収容人数 8~10人(個室をつけると4人)
付属品 ポール、Vペグ28本

組み立てかんたん! 大人数で使えます

小さな焚き火も料理もテント内でたのしめます。トップにベンチレーションが付いているので、フロアシートを外せば料理や焚火も可能に。上のベンチレーションは中から調整できます。

組み立てがとてもかんたんなテントで、ポールの高さも調節できます。8~10人の大人数で利用でき、キャンプや野外フェスでも使いやすいです。

「コットンテント」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
Cozy house(コージーハウス)『コットンキャンバス ベルテント』
ROBENS(ローベンス)『フェアバンクス2019(130143)』
tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)『サーカスコットンバージョン』
Kodiak Canvas(コディアックキャンバス)『Flex Bow キャンバステント Delux』
NORDISK (ノルディスク)『Legacy Tents Besic Asgard 12.6 ベーシック(NDK-0018-000)』
ogawa(オガワ)『グロッケ12T/C(2785)』
Robens(ローベンス)『Klondike Grande(クロンダイク グランデ)』
Tentipi(テンティピ)『Zirkon 7 CP』
NORDISK (ノルディスク)『Asgard Tech Mini アスガルドミニ テント本体』
UJack(ユージャック)『サーペントテント』
ogawa(オガワ)『ピルツ15T/C 』
NORDISK (ノルディスク)『Alfheim 19.6 』
商品名 Cozy house(コージーハウス)『コットンキャンバス ベルテント』 ROBENS(ローベンス)『フェアバンクス2019(130143)』 tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)『サーカスコットンバージョン』 Kodiak Canvas(コディアックキャンバス)『Flex Bow キャンバステント Delux』 NORDISK (ノルディスク)『Legacy Tents Besic Asgard 12.6 ベーシック(NDK-0018-000)』 ogawa(オガワ)『グロッケ12T/C(2785)』 Robens(ローベンス)『Klondike Grande(クロンダイク グランデ)』 Tentipi(テンティピ)『Zirkon 7 CP』 NORDISK (ノルディスク)『Asgard Tech Mini アスガルドミニ テント本体』 UJack(ユージャック)『サーペントテント』 ogawa(オガワ)『ピルツ15T/C 』 NORDISK (ノルディスク)『Alfheim 19.6 』
商品情報
特徴 スペックとコスパがバランスよく入門に最適 コットン系に珍しいコンパクトサイズで扱いやすい 人気ワンポールテントのコットンバージョン タフで手軽なアメリカンクラシック コットンテントの王道にして信頼の耐久性 カジュアルで扱いやすい国産ベルテント 通年使える! 独自開発素材のポリコットン採用 内部で薪ストーブ利用を想定した構造! 軽量なのに、大人2人が快適に過ごせる! インナーシートにコットン配合の防水テント 高くて広い八角錐形状で、広々した空間を満喫! 組み立てかんたん! 大人数で使えます
使用時サイズ 300×300×200cm 365×300×185cm 442×420×280cm 243×274×185cm 400×372×250cm 405×265×270cm 460×460×300cm 450×450×270cm 246×210×160cm 300×240×230cm 430×470×310cm 500×500×350cm
収納時サイズ 約112cm×25cm×25cm(直径3mテント) 約77×20cm テントバッグ:約61×33cm、ポールバッグ:約14×89cm 約114×37cm 約80×35×33cm 92×35cm 27×62cm 28×20×26cm 58×24×24cm 90×40×35cm 80×27cm
重量 約20kg(直径3mテント) 約9.1kg 約13.58kg 約25kg 約14.7kg 21.1kg 11.7kg 4kg 8~9kg 幕体:13.4kg、ポール:4.2kg 12kg
幕部分素材 100%コットンキャンバス(285gsm)、グランドシート:PVCフロア(540gsm) ハイドロテックス ポリコットン:35%コットン・65%ポリエステル、グラウンドシート:210Tオックスフォード100%ポリエステ 100%コットン(撥水抗カビ加工) ハイドロシールド100%コットン 65%ポリエステル、35%コットン フライ:T/C・ポリエステル210d、グランドシート:ポリエステル210d ハイドロテックス ポリコットン(コットン65%、ポリエステル35%)、グラウンドシート:ポリエステル100% Breathable Cotpolmex C.(コットンとポリエステルの混紡素材) テクニカルナイロン(ルーフ)、テクニカルコットン(ドア・ウォール) フライシート:75Dポリエステルタフタ、インナーシート:T・Cクロス(ポリエステル65%・コットン35%) フライシート:T・C(ポリエステル・コットンの混紡)ほか、グランドシート:ポリエステル210d コットン35%、ポリエステル65%
幕部分耐水圧 アッパーカバー:3,000mm、グランドシート:5,000mm グラウンドシート:5,000mm T/C:350mm、ポリエステル210d:1,800mm グラウンドシート:5000mm フライシート:2000mm、フロアシート:5000mm フライシート:350mm、グランドシート:1800mm 350mm
収容人数 4人 1~2人 4人 6人 5~6人 9人 6~8人 1~2人 1~2人 8人 8~10人(個室をつけると4人)
付属品 ポール、ペグ、抗UV風ロープ ポール、パックサック ポール、ペグ、張り網、設営用ガイドセット、収納袋 ポール、収納袋、説明書 ポール、ペグ、収納袋 ポール、ペグ、張り網、アイアンハンマー、収納袋 Vペグ:12本、Jペグ:24本 ペグ、ストームコード、ペグダウンの位置を決めるテンプレート、コンプレッション機能付き収納バッグ、日本語レファレンスガイド なし メインポール、キャノピーポール×3、ストームロープ×10(自在:蓄光発光仕様)、ペグ×10、収納袋 グランドシート、張り出しポール180cm、スチールピン、張綱、アイアンハンマー、収納袋 ポール、Vペグ28本
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年11月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月27日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする コットンテントの売れ筋をチェック

Yahoo!ショッピングでのコットンテントの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Yahoo!ショッピング:コットンテントランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【関連記事】そのほかの関連商品はこちら!

おすすめテント! キャンプを知り尽くしたエキスパート5人がタイプ別、用途別、使用人数別に選び方と特選テント、併用アイテムを36個ご紹介。さまざまな角度から、テントをどのように選ぶのが良いか、結局どれがおすすか、しっかいご紹介します。

キャンプの必需品になりつつあるエアーベッド。サイズや値段で選んでしまいがちですが、寝心地や空気の入れやすさなど注目すべきポイントが多くあることはご存知でしょうか。この記事では、キャンプ用エアーベッドに詳しいフリーライターの大森弘恵さんへの取材をもとに、キャンプ用エアーベッドの選び方とおすすめ商...

アウトドアにつきものの「蚊」から身を守ってくれる蚊帳(かや)。夏場のキャンプでは活躍の機会が多いだけに、最適な一品を選びたいところです。そこで、山岳写真家の荒井祐介さんに取材し、アウトドアに最適な蚊帳の選び方とおすすめ商品をご紹介いたします!

サーマレスト(THERMAREST)はキャンプや登山で使用するマットレスの専門ブランド。多くのユーザーに支持されている定番のサーマレストマットの選び方のコツとおすすめ商品を、キャンプライターの中山一弘さんに伺いました。

コットンテントについて5つのポイントをおさらい

1)コットンの配合比率を確認する
2)使用するときの人数によってサイズを決める
3)設営方法は自分のレベルにあったものを選ぶ

コットンテントには雨の日でも使用できるものや、通気性がよく快適に過ごしやすいもの、そして少人数用のものから大人数が入れるものまでさまざまなタイプがあります。これらのポイントを参考に自分にあった一品を選びましょう。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/12/03 コンテンツ追加、本文修正のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 名原広雄)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


ペグハンマーおすすめ8選|キャンプやアウトドアシーンで大活躍!【初心者でも使える軽量タイプも】

ペグハンマーおすすめ8選|キャンプやアウトドアシーンで大活躍!【初心者でも使える軽量タイプも】

キャンプブロガーのSAMさんに取材を行い、ペグハンマー選びのポイントとペグハンマーのおすすめ商品をうかがいました。キャンプに欠かせないペグハンマーは、テントやタープを地面に固定する専用のハンマーです。ペグとはテントのロープを地面に固定する掛け釘で、硬い地面に打ち付けるにはペグハンマーがあると素早くかんたんに作業ができてラクになります。


レクタタープおすすめ11選|自由にアレンジして、張りたい場所に!小川張りも

レクタタープおすすめ11選|自由にアレンジして、張りたい場所に!小川張りも

本記事は、レクタタープに詳しいアウトドアライターの夏野 栄さんへにお話をうかがい、レクタタープの選び方とおすすめの商品について解説していきます。夏の暑い日差しや急な雨など、さまざまな状況からキャンパーを守ってくれるレクタタープは、キャンプの快適さを決める大事なアイテムです。ぜひ夏野さんの選び方を参考にして、自分の条件に合ったタープを探してみてください。


おしゃれで快適!ポップアップ・ワンタッチテントおすすめランキング28選

おしゃれで快適!ポップアップ・ワンタッチテントおすすめランキング28選

アウトドアライターの大森弘恵さんへの取材と、509名に向けたアンケート調査をもとに、失敗しない選び方や、ユーザーがおすすめするポップアップテント・ワンタッチのランキング28選をご紹介します。また、各商品のクチコミも掲載していますので、ぜひ参考にしてください!


ヘキサタープのおすすめ11選|【スノーピーク/コールマン】など厳選

ヘキサタープのおすすめ11選|【スノーピーク/コールマン】など厳選

アウトドアで、テントとともに使われることの多いヘキサタープ。日よけをしつつ、外の空気を感じながら食事ができるアウトドアアイテムです。この記事では、アウトドアライター・大森弘恵さんと編集部が選ぶヘキサタープのおすすめ商品11選と選び方のポイントについてご紹介します。


サンシェードのおすすめ10選【UPF50+や撥水加工も】アウトドアや運動会に大活躍!

サンシェードのおすすめ10選【UPF50+や撥水加工も】アウトドアや運動会に大活躍!

この記事では、アウトドアライターでキャンプブロガーのSAMさんへの取材をもとに、テント型サンシェードの選び方とおすすめ商品をご紹介! ワンタッチで設営できる手軽なサンシェードも厳選しました。キャンプで海や山へ行くときはもちろん、子どもの運動会やピクニックなど、活躍の幅は無限大。価格もお手ごろなものが多いので、ひとつは持っておきたいアイテムです!


新着記事


毎日開催【Amazonタイムセール】今日のおすすめ|2020年9月30日:「しゃべクル」

毎日開催【Amazonタイムセール】今日のおすすめ|2020年9月30日:「しゃべクル」

Amazonタイムセール、実は毎日開催しているのをご存じですか? そこで、タイムセールのなかから、編集部部員が個人的に欲しいと思う一品を毎日ガチで厳選! 今日のおすすめタイムセールはタカラトミーの「しゃべクル」。新感覚の録音遊びガジェットです!


毎日開催【Amazonタイムセール】今日のおすすめ|2020年9月29日:アウトドアチェア

毎日開催【Amazonタイムセール】今日のおすすめ|2020年9月29日:アウトドアチェア

Amazonタイムセール、実は毎日開催しているのをご存じですか? そこで、タイムセールのなかから、編集部部員が個人的に欲しいと思う一品を毎日ガチで厳選! 今日のおすすめタイムセールは「アウトドアチェア」。キャンプを快適にさせてくれるアイテムです。


毎日開催【Amazonタイムセール】今日のおすすめ|2020年9月28日:モバイルバッテリー

毎日開催【Amazonタイムセール】今日のおすすめ|2020年9月28日:モバイルバッテリー

Amazonタイムセール、実は毎日開催しているのをご存じですか? そこで、タイムセールのなかから、編集部部員が個人的に欲しいと思う一品を毎日ガチで厳選! 今日のおすすめタイムセールはChuda『モバイルバッテリー』。


毎日開催【Amazonタイムセール】今日のおすすめ|2020年9月25日:ワンタッチテント

毎日開催【Amazonタイムセール】今日のおすすめ|2020年9月25日:ワンタッチテント

Amazonタイムセール、実は毎日開催しているのをご存じですか? そこで、タイムセールのなかから、編集部部員が個人的に欲しいと思う一品を毎日ガチで厳選! 今日のおすすめタイムセールはSoarmax『ワンタッチテント』。


毎日開催【Amazonタイムセール】今日のおすすめ|2020年9月24日:空気清浄機

毎日開催【Amazonタイムセール】今日のおすすめ|2020年9月24日:空気清浄機

Amazonタイムセール、実は毎日開催しているのをご存じですか? そこで、タイムセールのなかから、編集部部員が個人的に欲しいと思う一品を毎日ガチで厳選! 今日のおすすめタイムセールはシャープの空気清浄機『プラズマクラスター 7000』。


アウトドア・キャンプの人気記事


>>もっと見る