おすすめの「チャイルドシート(ベビーシート)」に関する記事

赤ちゃんに使えるチャイルドシート(ベビーシート)についての選び方とおすすめ情報、関連情報をお届けします。


チャイルドシートの汗取りマットおすすめ4選【公認チャイルドシート指導員が解説】

チャイルドシートの汗取りマットおすすめ4選【公認チャイルドシート指導員が解説】

チャイルドシートに長時間赤ちゃんや子どもを座らせていると、汗のむれやあせもが気になる人も多いのではないでしょうか。赤ちゃんや子どもを座らせるときに、チャイルドシート用汗取りマットを使うと過ごしやすくなるでしょう。本記事では、チャイルドシート用汗取りマットの上手な選び方とおすすめ商品を、自動車生活ジャーナリストで公認チャイルドシート指導員の加藤久美子さんに聞きました。赤ちゃんや子どもに合った商品選びにぜひ役立ててください。


リクライニング式チャイルドシートのおすすめ7選【新生児向け・乳幼児向けも】

リクライニング式チャイルドシートのおすすめ7選【新生児向け・乳幼児向けも】

リクライニング式チャイルドシートの選び方とおすすめ商品を、(一財)日本交通安全教育普及協会公認チャイルドシート指導員の加藤久美子さんへの取材をもとにご紹介します。リクライニングができると、赤ちゃんは無理のない姿勢で眠ることができて快適です。新生児など、首や腰がすわっていない赤ちゃんには必要度が高い機能と言えるでしょう。リクライニング式チャイルドシートを選ぶ際には、取り付ける車との適合や安全性を第一に考えて選ぶことが重要です。ぜひこの記事を参考に、赤ちゃんが安全で快適に過ごせる、車にぴったりの商品を探してみてください。


チャイルドシート用サンシェードおすすめ7選【公認チャイルドシート指導員厳選】日よけに!

チャイルドシート用サンシェードおすすめ7選【公認チャイルドシート指導員厳選】日よけに!

本記事では、公認チャイルドシート指導員の加藤久美子さんへの取材をもとに、チャイルドシート用サンシェードを選ぶときのポイントとおすすめ商品7選をご紹介します。お子さんを車に乗せる機会の多い方にとって、ドライブ中に降りそそぐ強い日差しは気になるものです。新生児や小さい子どものデリケートな肌を紫外線から守るために、チャイルドシート用サンシェードがあると安心です。窓に吸着させるタイプやチャイルドシート本体に装着するタイプなど、後付けできる商品が多数展開されているので、窓の広さや使いやすさを考えて選びたいですね。商品を選ぶときに注目したいポイントも解説していただきましたので、ぜひチェックしてみてください。


R129(i-Size)対応チャイルドシートおすすめ8選【公認チャイルドシート指導員が解説】

R129(i-Size)対応チャイルドシートおすすめ8選【公認チャイルドシート指導員が解説】

自動車生活ジャーナリストで公認チャイルドシート指導員の加藤久美子さんにR129(i-Size)対応チャイルドシートの選び方とおすすめ商品をうかがいました。法律で義務づけられているチャイルドシート。その中でも、「R129(i-Size)」は、ISOFIX対応のチャイルドシートに関わる最新の安全基準です。これまでの、子どもの「体重」を基準としていたものから「身長」を目安に使用をすることになります。日本国内ではまだ「R129(i-Size)」に対応した機種は少なめですが、欧州ブランドを中心に増えてきています。新しい基準のチャイルドシートだけに、どのように選んだらいいか迷う方もいるでしょう。ぜひこちらの記事を参考にしてください。


【公認チャイルドシート指導員が紹介】ロングユースのチャイルドシートおすすめ6選

【公認チャイルドシート指導員が紹介】ロングユースのチャイルドシートおすすめ6選

チャイルドシートは車に装着して使うことが前提なため、まずは車に正しく安全に装着できるかどうか適合を調べてから購入しなければいけません。さらに、ロングユースタイプでは、乳児用では後ろ向き、幼児用では前向きと、子どもの成長に合わせて使用する向きも変わります。そのため、装着できる幅や安全性など、チェック項目が多くどのようなチャイルドシートが最適なのか迷ってしまうことが多いですよね。この記事では、公認チャイルドシート指導員で自動車生活ジャーナリストの加藤久美子さんにロングユースのチャイルドシートの選び方やおすすめの商品を紹介していただきました。


チャイルドシートの汗取りパッドおすすめ7選【公認チャイルドシート指導員が厳選】

チャイルドシートの汗取りパッドおすすめ7選【公認チャイルドシート指導員が厳選】

この記事では、公認チャイルドシート指導員・自動車生活ジャーナリストの加藤久美子さんに、赤ちゃんや子どもをチャイルドシートに乗せるときに便利な汗取りパッドの選び方とおすすめ商品を教えてもらいました。赤ちゃんや子どもは大人に比べてたくさん汗をかきます。特に車に乗っているときに、汗で蒸れたり、あせもになったり、汗が冷えて風邪をひいたりしないか心配ですね。そんなとき役立つのが「汗取りパッド」。背中に差し込むだけで使えるもの、ジェルを入れて保冷・保温ができるもの、ズレないようチャイルドシートに取り付けられるもの、ハーネスに巻いて使うタイプなど、赤ちゃんや子どもが、車の中でも快適に過ごせる汗取りパッドをいろいろご紹介します。


回転式チャイルドシートおすすめ7選【公認チャイルドシート指導員が解説】新生児から使える!

回転式チャイルドシートおすすめ7選【公認チャイルドシート指導員が解説】新生児から使える!

回転式チャイルドシートは座面を回転させることができるため、赤ちゃんを乗せやすく、お世話がしやすいといったメリットがあります。しかし、大きくて重いもの、小型なものなどのサイズや本体の重量、回転しやすさ、取け付け方法や取り外し方法など商品によって異なるので、購入するときはチェックが必要です。そこで「たくさん出まわっている商品のなかから、どう選べばいいのかわからない!」というママやパパのために、自動車生活ジャーナリストで日本交通安全教育普及協会公認チャイルドシート指導員の加藤久美子さんに、回転式チャイルドシートの選び方とおすすめ商品をうかがいました。コンビやアップリカなど人気メーカーをはじめとして、本当におすすめできる商品をご紹介します。


トラベルシステム対応チャイルドシートのおすすめ6選! 公認チャイルドシート指導員が厳選

トラベルシステム対応チャイルドシートのおすすめ6選! 公認チャイルドシート指導員が厳選

チャイルドシート、ベビーカー、キャリーなど、赤ちゃん連れでのお出かけにマルチで使える「トラベルシステム」。家の中でもバウンサーのように使える便利さで人気を集め、最近では商品数が増えて選択肢が広がってきました。この記事では公認チャイルドシート指導員で自動車生活ジャーナリストの加藤久美子さんにうかがった、トラベルシステム対応のチャイルドシートの選び方とおすすめ商品をご紹介します。マキシコシやブリタックス・レーマー、サイベックス、ジョイー等の欧州メーカー製のものが主流ですが、アップリカや日本育児からもトラベルシステム対応のチャイルドシート(ベビーシート)やベビーカーが発売されています。各商品の特徴も解説しますのでぜひ参考にしてください。


公認チャイルドシート指導員が教える! ベッド型チャイルドシートおすすめ5選

公認チャイルドシート指導員が教える! ベッド型チャイルドシートおすすめ5選

日本独自仕様のベッド型チャイルドシート。現在国内ではアップリカとコンビの2社からのみ発売されています。選択肢は多くありませんが、赤ちゃんを守るものだからこそ、しっかり納得して選びたいものです。そこでこの記事では、自動車生活ジャーナリストで日本交通安全教育普及協会公認チャイルドシート指導員の加藤久美子さんに教えてもらったベッド型チャイルドシート選びのポイントとおすすめ商品についてご紹介していきます。


新生児用チャイルドシートのおすすめ8選【公認チャイルドシート指導員に聞く】

新生児用チャイルドシートのおすすめ8選【公認チャイルドシート指導員に聞く】

新生児を車に乗せるために必要なチャイルドシート。「乳児専用タイプ」のベビーシートや長い期間使えるチャイルドシートの「兼用タイプ」などを選ぶことになります。ただ、適応月齢や年齢、設置する向き、シートベルトやISO-FIXといった固定方法、ベッド機能の有無、キャリータイプ機能の有無など、気になるポイントが多すぎて、迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。この記事では、自動車生活ジャーナリストで公認チャイルドシート指導員である加藤久美子さんへの取材をもとに、おすすめの新生児用チャイルドシートをご紹介いたします!


公認チャイルドシート指導員おすすめのチャイルドシート用保護マット8選

公認チャイルドシート指導員おすすめのチャイルドシート用保護マット8選

チャイルドシートを座席に設置するときに役立つチャイルドシート用保護マット。チャイルドシートの滑り止めや座席シートの汚れを防止してくれます。しかし、機能性や装着しやすさなど、気にするポイントが多くてどれを買えばよいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。この記事では、(一財)日本交通安全教育普及協会公認チャイルドシート指導員の加藤久美子さんへの取材をもとに、おすすめのチャイルドシート用保護マットをご紹介します。


ベビーミラーおすすめ6選! 公認チャイルドシート指導員による選び方も紹介

ベビーミラーおすすめ6選! 公認チャイルドシート指導員による選び方も紹介

ベビーミラーは車内に設置してドライバーから後部座席の赤ちゃんの様子を確認できるようにするグッズです。なかでも後ろ向きの乳児用チャイルドシートに座る赤ちゃんの様子を見るために使うのがもともとのベビーミラーのねらいです。赤ちゃんと一緒に車で移動する際には便利なアイテムですが、実際に購入しようと思っても、どのような商品を選べばよいのか迷ってしまうことがあるでしょう。この記事では公認チャイルドシート指導員で自動車生活ジャーナリストの加藤久美子さんに、ベビーミラーの選び方やおすすめ商品をうかがいました。ベビーミラーをお探しの方はぜひ参考にしてくださいね。


ISOFIX対応のチャイルドシートおすすめ10選【公認チャイルドシート指導員に取材】

ISOFIX対応のチャイルドシートおすすめ10選【公認チャイルドシート指導員に取材】

取り付けがかんたんでしっかりと車に固定できるのが、ISOFIX(アイソフィックス)対応チャイルドシート。装着方法、ISOFIXベース、シートベルト固定との違いなど、注意すべき点が多くて選び方がわからないという人も多いのではないでしょうか。さらに日本で採用されているヨーロッパの安全基準「R44」や、前方だけなく側面からの衝撃緩和にも着目した新しい基準の「R129(i-Size)」といった安全性も気になるところですね。自動車生活ジャーナリスト・公認チャイルドシート指導員の加藤久美子さんに取材をして、選び方とおすすめのISOFIX対応チャイルドシートを教えてもらいました。


公認チャイルドシート指導員おすすめのチャイルドシート9選と選び方のポイント

公認チャイルドシート指導員おすすめのチャイルドシート9選と選び方のポイント

生まれてすぐの赤ちゃんから5歳までの子どもを車に乗せるとき、道路交通法により、チャイルドシートを取り付けて乗せることが義務づけられています。チャイルドシートは、使用する時期により、乳児専用タイプ、乳児・幼児兼用タイプ、学童用のジュニアシートなど、いくつかのタイプに分かれています。また、最近は取り付けが簡単で確実なISOFIX(アイソフィックス)という固定方式が普及。この記事では、(一財)日本交通安全教育普及協会公認チャイルドシート指導員である、加藤久美子さんにチャイルドシートの選び方のポイントとおすすめの製品9選を教えていただきました。また、ママ、パパへのアンケートをもとに、人気のチャイルドシートもご紹介します。