PR(アフィリエイト) article type icon レビュー

ベールのような保湿力!『ハダカラ ボディソープ』吸着保湿テクノロジーのパワーを検証レビュー

ベールのような保湿力!『ハダカラ ボディソープ』吸着保湿テクノロジーのパワーを検証レビュー
ベールのような保湿力!『ハダカラ ボディソープ』吸着保湿テクノロジーのパワーを検証レビュー

◆本記事はプロモーションが含まれています。

『ハダカラ』のボディソープは「洗うたび潤いを与える」って本当?

2020年には夏限定のひんやり潤うボディソープも発売するほど、肌に潤いを持たせることにこだわっている『ハダカラ』。

この記事では『ハダカラ』のボディソープを実際に購入して、どのくらい肌に潤いを与えてくれるのかを検証してみました。


ハピコス編集部

八木 裕実葉

メイク・コスメ、美容家電をメインで担当する20代編集者。トレンドに敏感で、定番から話題のコスメ、新作まで、まずは自身で何でも試してみる派。 いつまでもキレイでいたいと願う方に向けて、年齢に応じたアイテムほか”本当におすすめできる”ものを紹介するがモットー。

ハダカラ ボディソープを実際に購入して保湿力を確かめてみました

ハダカラボトル
ハダカラボトル

『ハダカラ』のボディソープを実際に購入してみました。

今回購入したのは『hadakara(ハダカラ) リッチソープの香り』。

ほかの香りも共通ですが、ホワイトをベースとしたシンプルなデザインのパッケージは清潔感が感じられます。液体タイプのボディソープなので、泡立てタオルをつかって泡だてたところ、1分と経たずにきめ細かい泡ができあがりました

リッチソープという名のとおり、高級感の感じられる清潔なソープの香りが、ふんわりと立ち上ります。

肌が乾燥するシーズンは、お風呂上がりの肌もボディクリームでしっかりケアして乾燥を防ぎたいところ。『ハダカラ』は洗い終えたあと、まるでボディクリームを塗ったかのように皮膚が守られるのを感じました。

ハダカラ ボディソープは「洗うたびに潤いを与える」 保湿力の高さと濃密な泡がポイント

 

『hadakara(ハダカラ)』は、石鹸をメインに扱うライオンが、「日本の”肌から”美しくしていきたい」「肌と洗うを”ゼロから”本気で考えた」という意味を込め、真正面から肌と向き合うためにつくられたブランドです。

保湿成分が洗い流されないボディソープというコンセプトのもと、こだわりの吸着保湿テクノロジーを採用。家事に育児に忙しいお母さん、男性と肩を並べて働く女性たちも、ボディソープで体を洗うだけで肌をケアできるように、との思いが込められています。

1つの石鹸からスタートして120年、皮膚洗浄研究を続けてきたライオンが、「肌」と「カラダを洗うこと」に本気で向き合った自信作です。

ハダカラ ボディソープの口コミは? SNSやECサイトでの評価を調査

ハダカラ口コミ
ハダカラ口コミ

『hadakara(ハダカラ) リッチソープの香り』の口コミは、洗い終えた後のしっとり感については概ね良好のようです。

ハダカラボディソープのネガティブな口コミ

一部の口コミでは「香りが強すぎる」「香りが人工的」との声も。

「リッチソープの香り」という名前にもかかわらず、どこかチープな印象の香りだと指摘する声もあるようです。

ハダカラボディソープのポジティブな口コミ

一方で「香りに癒される」という口コミも多いので、香りに対する感じ方は人それぞれのようです。

ハダカラがこだわったしっとり感は多くの口コミで評判が高く、洗い心地もさっぱりとしているという声が多くありました。

ただ、同じく『ハダカラ』がこだわっていた「濃密な泡」に関する口コミはほとんどなく、泡の質がどの程度なのかは口コミからはわかりにくいですね。

ハダカラ ボディソープを実際に使ってみて感じたこと 検証レビュー

『hadakara(ハダカラ) リッチソープの香り』を実際に使ってみました。

「よく伸びるためコスパが良い」と噂の液体ソープ

ハダカラ中身
ハダカラ中身

今回購入した『ハダカラ』のボディソープは液体タイプですが、口コミの中には伸びがよく、1プッシュで充分によく伸びるし泡立つという感想がありました。使いはじめということもあり、今回は2プッシュで試してみます。

液体が透明なので写真ではわかりにくいのですが、確かに液体タイプにしては弾力があり、泡立てる前からしっとりとした印象。

1プッシュでも十分に泡立てられそうなので、コスパがいいという口コミの評判には納得です。

キメの細かい濃密な泡!

ハダカラ泡
ハダカラ泡

泡立ててみると、リッチソープの香りがふんわりと漂いはじめました。個人的には口コミにあったように、香りがきつすぎる、という感じではありません。むしろ本当に香っているのか少し疑いたくなるくらい、ほのかな香りです。

香りについても人工的だという声がありましたが、個人的には上品で、入浴中の気持ちを癒してくれる香りに感じました。

泡立ちはというと、泡立て始めることわずか数秒で、思わず見入ってしまうような美しさのキメ細かい濃密な泡が完成。それも短時間でできますし、泡立てるのに何かコツがあったり力を入れたりすることもありませんでした。

『ハダカラ』のこだわりが感じられますね。

洗い上がりはベールにつつまれたようにしっとり 洗い心地はさっぱり!

しっとりもっちりとした泡は、手の甲に乗せて傾けてみても落ちないほどの粘度を保っていて、洗い流すのがもったいないと感じるほどでした。

洗い落としてみるとまたびっくり。

さっぱりとした洗い心地でありながら、まるでコーティングされているかのように皮膚が守られているのを感じます。皮膚同士をすり合わせると、まるで皮膚を覆っているベール同士が擦れあうように、きゅっきゅっと音が鳴るような感触。

かといってベタつきやぬめりが残るような印象はなく、潤いが肌にしっくりとなじんで保湿されている感覚がありました。『ハダカラ』がこだわった「吸着保湿テクノロジー」の技術は伊達ではないようです。

もちろん乾燥が気になる方は、この後にしっかりとボディクリームを塗って保湿するのがいいでしょう。とはいえ、ボディソープでここまで保湿されている感覚を味わえるとは思っていなかったので、予想外の嬉しさがありました。

LION(ライオン)『ハダカラ ボディソープ(レギュラータイプ)』

LION(ライオン)『ハダカラボディソープ(レギュラータイプ)』 LION(ライオン)『ハダカラボディソープ(レギュラータイプ)』 LION(ライオン)『ハダカラボディソープ(レギュラータイプ)』 LION(ライオン)『ハダカラボディソープ(レギュラータイプ)』 LION(ライオン)『ハダカラボディソープ(レギュラータイプ)』 LION(ライオン)『ハダカラボディソープ(レギュラータイプ)』 LION(ライオン)『ハダカラボディソープ(レギュラータイプ)』 LION(ライオン)『ハダカラボディソープ(レギュラータイプ)』
出典:Amazon この商品を見るview item
内容量 500ml
おもな成分 水、PG、ミリスチン酸、ラウリン酸、水酸化K、パルミチン酸、アクリル酸アルキルコポリマー、ラウリルベタイン ほか
香り リッチソープの香り、フレッシュフローラルの香り
タイプ 液体タイプ

内容量 500ml
おもな成分 水、PG、ミリスチン酸、ラウリン酸、水酸化K、パルミチン酸、アクリル酸アルキルコポリマー、ラウリルベタイン ほか
香り リッチソープの香り、フレッシュフローラルの香り
タイプ 液体タイプ

ハダカラ ボディソープを実際に購入して使ってみて感じたことのまとめ 総合評価:4.5点

ハダカラチャート
ハダカラチャート

ハダカラを試した感想をチャートにしてみました。
泡切れの良さ:4
泡立ち:5
使用後の肌感:4
香り:5
※執筆者の主観を数値化したものです。

『ハダカラ』のボディソープは、口コミで言われているほど香りがキツイという印象はなく、ふんわりと優しい香りが感じられるくらいでした。

使った感覚は口コミ通り、洗い終えた肌がベールで包まれたように保湿されるのを感じます。

泡立てると数分で、ハダカラ開発者のこだわりである濃密な泡もしっかりつくれるので、手先だけでなく体の乾燥している部分に積極的に使っていきたいですね。今回は2プッシュで両手を洗うのには十分すぎるくらいの泡がつくれたので、全身を洗うには2~3プッシュで足りるでしょう。

乾燥肌の方や、肌をきれいに洗えたという体感が欲しい方におすすめです。

ボトルの容量は500mlとたっぷりありますが、追加で使いたいときは詰め替え用も販売されているので、そちらも使ってみてくださいね。

LION(ライオン)『ハダカラ ボディソープ 詰め替え用(レギュラータイプ)』

LION(ライオン)『ハダカラボディソープ詰め替え用(レギュラータイプ)』 LION(ライオン)『ハダカラボディソープ詰め替え用(レギュラータイプ)』 LION(ライオン)『ハダカラボディソープ詰め替え用(レギュラータイプ)』 LION(ライオン)『ハダカラボディソープ詰め替え用(レギュラータイプ)』 LION(ライオン)『ハダカラボディソープ詰め替え用(レギュラータイプ)』 LION(ライオン)『ハダカラボディソープ詰め替え用(レギュラータイプ)』 LION(ライオン)『ハダカラボディソープ詰め替え用(レギュラータイプ)』
出典:Amazon この商品を見るview item
内容量 360ml
おもな成分 水、PG、ミリスチン酸、ラウリン酸、水酸化K、パルミチン酸、アクリル酸アルキルコポリマー、ラウリルベタイン ほか
香り リッチソープの香り、フレッシュフローラルの香り
タイプ 液体タイプ

内容量 360ml
おもな成分 水、PG、ミリスチン酸、ラウリン酸、水酸化K、パルミチン酸、アクリル酸アルキルコポリマー、ラウリルベタイン ほか
香り リッチソープの香り、フレッシュフローラルの香り
タイプ 液体タイプ

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ボディーソープの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場でのボディーソープの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ボディーソープランキング
楽天市場:石けん・ボディソープランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

そのほかのボディソープの記事はこちら 【関連記事】

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がハピコス powered by マイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:ハピコス編集部

page top button