PR(アフィリエイト) article type icon レビュー

メイク落としシート人気3商品を徹底比較|洗顔は必要?安いのは肌によくない?

メイク落としシート人気3商品を徹底比較|洗顔は必要?安いのは肌によくない?
メイク落としシート人気3商品を徹底比較|洗顔は必要?安いのは肌によくない?

◆本記事はプロモーションが含まれています。

この記事では、編集部で厳選したメイク落としシートを実際に使ってレビューしていきます。

編集部のイチオシはコチラ!
・ビフェスタ『ミセラークレンジングシート ブライトアップ』
・ビオレ『クリアふきとりシート』
・VTCOSMETICS『シカマイルドクレンジングティッシュ』


肌質の異なる3人がお試しレビューしていくので、それぞれのメイク落ちや、使い心地が気になる人はぜひ参考にしてみてください。


ハピコス編集部

松林 麻衣

日本化粧品検定1級保有。とくにスキンケアジャンルに詳しい20代編集者。スキンケア選びは、トレンドを意識しつつ成分とメーカーの技術力を重視。肌悩みに合わせて、必要な成分が配合されたアイテムをプチプラでそろえるのが得意。

メイク落としシートは困った時の救世主

メイク落としシートが合っている人のチェック項目欄

出典:マイナビおすすめナビ

メイク落としシートが合っている人のチェック項目欄

出典:マイナビおすすめナビ

とくに疲れて帰った日のメイクオフや、外出先でササッとメイクを直したいときに活躍するメイク落としシート。毎日使いというよりは、「頑張れない日」や「時間がないとき」にあると助かるアイテムですよね。

メイク落としシートは、体に塗った日焼け止めのオフや、旅行の荷物を増やしたくないときにも便利!いざというときのために、どのメイク落としシートが自分にあっているのか知っておくと安心ですよ♪

今回検証する人気メイクシートはコレ

今回紹介する商品の特徴を簡単に写真付きで説明したシート

出典:マイナビおすすめナビ

今回紹介する商品の特徴を簡単に写真付きで説明したシート

出典:マイナビおすすめナビ

Bifesta(ビフェスタ)『ミセラークレンジングシート ブライトアップ』
古い角質や毛穴の汚れが気になる方向けの「ブライトアップ」をセレクト!

Biore(ビオレ)『クリアふきとりシート』
ビオレからは定番のピンクより新商品をセレクト!

VTCOSMETICS『シカマイルドクレンジングティッシュ』
注目の美容成分「シカ成分」を配合した商品をセレクト!

あなたのお悩みにはずばりコレ!

詳細レビューよりも先に結論を知りたい!というあなたに早速どれがいいかを発表します。

コスパで選ぶ→『ビフェスタ』がおすすめ

コスパで選ぶならBifesta(ビフェスタ)『ミセラークレンジングシート ブライトアップ』と紹介しているシート

出典:マイナビおすすめナビ

コスパで選ぶならBifesta(ビフェスタ)『ミセラークレンジングシート ブライトアップ』と紹介しているシート

出典:マイナビおすすめナビ

とにかく安くてクレンジング力もあるメイク落としシート。毎日用や、価格で選ぶならビフェスタのメイク落としシートがおすすめ!

持ち運び用orメイク落ちの良さで選ぶ→『ビオレ』がおすすめ

メイク落ち&持ち運びならBiore(ビオレ)『クリアふきとりシート』と紹介しているシート

出典:マイナビおすすめナビ

メイク落ち&持ち運びならBiore(ビオレ)『クリアふきとりシート』と紹介しているシート

出典:マイナビおすすめナビ

とにかく使用感が良いと編集部内で話題になったメイク落としシート。用途に合わせて容量を選べるので、持ち運び用ならビオレのメイク落としシートがイチオシ!

おしゃれさで選ぶ→『VTCOSMETICS』がおすすめ

おしゃれさで選ぶならVTCOSMETICS『シカマイルドクレンジングティッシュ』と紹介しているシート

出典:マイナビおすすめナビ

おしゃれさで選ぶならVTCOSMETICS『シカマイルドクレンジングティッシュ』と紹介しているシート

出典:マイナビおすすめナビ

VTのシカラインらしい緑を基調としたパッケージがおしゃれ!保湿・整肌成分を配合したクレンジング液がメイクアップ料を落とします。

メイク落としシートを徹底比較! 編集部で実際に買って試してみた

比較していくメイク落としシートはドラックストアやコンビニでも見かける人気の3商品!肌質の違う編集部3名が実際に使って試していくので、実際使った使用感やメイクの落ち方が気になる方はぜひチェックしてみてください。

商品を実際にレビューするのは、乾燥肌のY、混合肌のM、敏感肌のKが気になる3人!

出典:マイナビおすすめナビ

商品を実際にレビューするのは、乾燥肌のY、混合肌のM、敏感肌のKが気になる3人!

出典:マイナビおすすめナビ

それぞれ肌質の違う編集部3人が、商品を実際に使ってレビューしていきます! 

【編集部3人のプロフィール!】
・敏感肌のY:敏感肌なのにズボラ癖あり…。肌が弱くてもサクッと使えるクレンジングを探し中。
・混合肌のM:できるだけ手軽にクレンジングしたいものの、正直メイクシートは肌への負担感が心配…。
・敏感肌のK:コットンで化粧水をつける際に、少しこすっただけですぐに肌が赤くなってしまう敏感肌。

検証1 商品パッケージとスペックを比較 使いやすさや、コスパの良さにも注目!

まずは使いやすさにつながるパッケージの違いや、スペックからわかる商品ごとの違いを見ていきましょう!

パッケージの使いやすさは?

実際に使って分かった細かいポイントをご紹介します!

Bifesta(ビフェスタ)『ミセラークレンジングシート ブライトアップ』のパッケージレビュー

出典:マイナビおすすめナビ

Bifesta(ビフェスタ)『ミセラークレンジングシート ブライトアップ』のパッケージレビュー

出典:マイナビおすすめナビ

透明感を感じるブルーのパッケージ。片手で開け閉めできるフタでしたが、たまに閉まったのかちょっと不安になるときもありました!

Biore(ビオレ)『クリアふきとりシート』のパッケージレビュー

出典:マイナビおすすめナビ

Biore(ビオレ)『クリアふきとりシート』のパッケージレビュー

出典:マイナビおすすめナビ

水色を基調としたマーブル柄のパッケージがおしゃれなビオレ。ワンタッチで簡単に開けられ、カチッと閉められるのが好印象!

VTCOSMETICS『シカマイルドクレンジングティッシュ』のパッケージレビュー

出典:マイナビおすすめナビ

VTCOSMETICS『シカマイルドクレンジングティッシュ』のパッケージレビュー

出典:マイナビおすすめナビ

VTらしいシンプルでおしゃれな深緑を基調としたパッケージ。シートの乾燥を防ぐシールが唯一ついているのは嬉しいポイント。

内容量とコスパの良さは?

検証したメイク落としシートの「内容量(枚数)」「一枚あたりの価格」をまとめたシート

出典:マイナビおすすめナビ

検証したメイク落としシートの「内容量(枚数)」「一枚あたりの価格」をまとめたシート

出典:マイナビおすすめナビ

(価格は2023年10月26日に購入した金額で計算しています。)

やっぱり気になるコストパフォーマンス。内容量としてはVTのメイク落としシートが50枚と大容量でしたが、1枚あたりの価格としてはビフェスタが断然お得。

なんとなくで買ってしまうメイク落としシートですが、なるべくコストをおさえたいのであればビフェスタは要チェックです!

気になる保湿成分と、W洗顔が必要かチェック!

意外と見落としがちなのがメイク落とし後の洗顔の必要があるのか、無いのか。ここではそれぞれの公式サイトでW洗顔が必要とされているのかと、こだわりの美容成分が含まれているのかを見ていきます!

検証したメイク落としシートの「注目の保湿成分」「W洗顔の必要性」をまとめたシート

出典:マイナビおすすめナビ

検証したメイク落としシートの「注目の保湿成分」「W洗顔の必要性」をまとめたシート

出典:マイナビおすすめナビ

ビフェスタとビオレがW洗顔不要の中、VTのメイク落としシートはW洗顔が必要であるということがわかりました…。

ササッとメイクを落としたいときには不向きですが、保湿・整肌成分として今注目のシカ成分が配合されているのが魅力の商品。肌状態や使用頻度によっては、VTのメイク落としシートも気になるところです!

検証2 シート&クレンジング液の量を比較 シートのサイズや、どのくらいクレンジング液を含んでいるのかをチェック!

使い方によってはシートの大きさや、ヒタヒタ感も重要ですよね。ここからは商品ごとのシートの違いを見ていきましょう!

シートの大きさ

ネイビーの背景にメイク落としシートを並べて大きさを比較

出典:マイナビおすすめナビ

ネイビーの背景にメイク落としシートを並べて大きさを比較

出典:マイナビおすすめナビ

3商品のシートの大きさを比較したところ、ビオレのシートが少し大きめでしたがほとんど変わらず、すべて大判サイズということがわかりました!

シート自体が大きめなのでメイクを落とすのはもちろん、体の日焼け止めを落とすのにも便利ですね。

シートのヒタヒタ感

Bifesta(ビフェスタ)『ミセラークレンジングシート ブライトアップ』のクレンジングシートを指で絞って液を垂らしている様子に含まれているクレンジング液の量を記載

出典:マイナビおすすめナビ

Bifesta(ビフェスタ)『ミセラークレンジングシート ブライトアップ』のクレンジングシートを指で絞って液を垂らしている様子に含まれているクレンジング液の量を記載

出典:マイナビおすすめナビ

お手頃価格なのに液がヒタヒタ!シートのみの重さでは1gには満たなかったものの、薄いと感じず、むしろ十分な厚みがあると感じました。

Biore(ビオレ)『クリアふきとりシート』のクレンジングシートを指で絞って液を垂らしている様子に含まれているクレンジング液の量を記載

出典:マイナビおすすめナビ

Biore(ビオレ)『クリアふきとりシート』のクレンジングシートを指で絞って液を垂らしている様子に含まれているクレンジング液の量を記載

出典:マイナビおすすめナビ

さきほどの検証でビオレのメイクシートは少し価格が高めという結果でしたが、その分シートも肉厚でクレンジング液もシートにたっぷり含まれていることがわかりました!

VTCOSMETICS『シカマイルドクレンジングティッシュ』のクレンジングシートを指で絞って液を垂らしている様子に含まれているクレンジング液の量を記載

出典:マイナビおすすめナビ

VTCOSMETICS『シカマイルドクレンジングティッシュ』のクレンジングシートを指で絞って液を垂らしている様子に含まれているクレンジング液の量を記載

出典:マイナビおすすめナビ

VTはシートだけで1g肉厚でしたが、クレンジング液が少なめという結果に。とはいえカラカラというわけでなく、絞れるほどクレンジング液はしっかり含んでいました!

検証3 メイク落ちの良さを比較 ココが重要!ウォータープルーフやティントも落とせるのか検証

ここからはメイクアップ料の落ち具合を比較していきます。腕にメイクアップ料を塗って3分ほど時間をおき、3回拭きとった結果を比較していきます。どのくらいメイク落ちに違いがでるのか必見です!

メイクアップ料がしっかり落ちるのか検証

実際に使ったコスメを並べている写真

出典:マイナビおすすめナビ

実際に使ったコスメを並べている写真

出典:マイナビおすすめナビ

Bifesta(ビフェスタ)『ミセラークレンジングシート ブライトアップ』のメイクの落ち具合を比較

出典:マイナビおすすめナビ

Bifesta(ビフェスタ)『ミセラークレンジングシート ブライトアップ』のメイクの落ち具合を比較

出典:マイナビおすすめナビ

ビフェスタの『ミセラークレンジングシート ブライトアップ』は、アイシャドウまではスッキリと落ちるものの、ウォータープルーフマスカラは中々落ちず、アイライナーもうっすら残るという結果となりました。

Biore(ビオレ)『クリアふきとりシート』のメイクの落ち具合を比較

出典:マイナビおすすめナビ

Biore(ビオレ)『クリアふきとりシート』のメイクの落ち具合を比較

出典:マイナビおすすめナビ

ビオレの『クリアふきとりシート』はウォータープルーフマスカラこそ落ちないものの、ティントリップやアイライナーも落とすことが出来ました!

VTCOSMETICS『シカマイルドクレンジングティッシュ』のメイクの落ち具合を比較

出典:マイナビおすすめナビ

VTCOSMETICS『シカマイルドクレンジングティッシュ』のメイクの落ち具合を比較

出典:マイナビおすすめナビ

VTCOSMETICSの『シカマイルドクレンジングティッシュ』は、W洗顔するためかメイク落ちに関しては少し残念な結果に。ウォータープルーフマスカラはもちろん、ティントリップやアイライナーもしっかりと残ってしまいました。

検証4 使用感&うるおい感を比較 肌にしっとり感がのこるのか、赤くなっていないかもチェック!

最後にメイク落としシートを使った結果肌にどんな変化があったのかも検証していきます。使用した後の肌が赤くなったり荒れてしまわないのか、肌からうるおいが失われないかも要チェックです!

ふき取り後の肌のうるおいを検証

今回使用したスキンチェッカー「美ルル」を紹介

出典:マイナビおすすめナビ

今回使用したスキンチェッカー「美ルル」を紹介

出典:マイナビおすすめナビ

スキンチェッカーを使って、ふき取り前・ふき取り後の肌の水分量を比較していきます!

<検証方法>
ふき取り前の肌と、ふき取り後3分時間をおいた肌にスキンチェッカーを使って数値を計測。

水分チェッカーをつかって、メイク落としシートを使う前と後の肌のうるおいを比較

出典:マイナビおすすめナビ

水分チェッカーをつかって、メイク落としシートを使う前と後の肌のうるおいを比較

出典:マイナビおすすめナビ

水分チェッカーを利用し、同じ日に同じ個所でメイク落としシート使用後の肌のうるおいを比較しました。

クレンジング後うるおいが失われているかと思いきや、意外にもうるおいの数値が増えているという結果に。とはいえ、使用後の保湿ケアは怠らないようにしましょうね!

ふき取り後の肌を比較

敏感肌の人が各メイク落としシートで化粧を落とした後の肌

出典:マイナビおすすめナビ

敏感肌の人が各メイク落としシートで化粧を落とした後の肌

出典:マイナビおすすめナビ

敏感肌のKさんにメイク落としシートを使ってもらったものの、肌状態に大きな変化はありませんでした!ただし、ゴシゴシと強くこすると摩擦により赤くなってしまうので、優しくなでるようにメイクを落としましょう。

【結果】総合評価を★で判定! 実際使ってどうだった?

編集部が実際に使ってみた結果から、「メイク落ち」「ふき取り後のしっとり感」「コスパ」を5点満点でランクづけしました!あなたが重視するポイントに合った商品はどれかチェックしてみてください♪

Bifesta(ビフェスタ)『ミセラークレンジングシート ブライトアップ』の総合評価を★の数で表したシート

出典:マイナビおすすめナビ

Bifesta(ビフェスタ)『ミセラークレンジングシート ブライトアップ』の総合評価を★の数で表したシート

出典:マイナビおすすめナビ

1枚あたり10円以下とお手頃価格!使い続けやすい値段かつ、クレンジング液をたっぷり含んだ大判シートと高評価! コスパを重視して選ぶならBifesta(ビフェスタ)『ミセラークレンジングシート ブライトアップ』がおすすめです!

Biore(ビオレ)『クリアふきとりシート』の総合評価を★の数で表したシート

出典:マイナビおすすめナビ

Biore(ビオレ)『クリアふきとりシート』の総合評価を★の数で表したシート

出典:マイナビおすすめナビ

全体的に高評価!ウォータープルーフマスカラ以外スッキリ落とせたクレンジング力の高さ、大きめサイズのヒッタヒタシート、使いやすいこだわりの容器と流石ビオレ!と言いたくなるメイク落としシートでした。旅行に便利な7枚入りや、毎日使いに便利な大容量タイプもあるので、迷ったときはBiore(ビオレ)『クリアふきとりシート』がおすすめです。

VTCOSMETICS『シカマイルドクレンジングティッシュ』の総合評価を★の数で表したシート

出典:マイナビおすすめナビ

VTCOSMETICS『シカマイルドクレンジングティッシュ』の総合評価を★の数で表したシート

出典:マイナビおすすめナビ

全体的に評価が伸び悩む結果となりましたが、なんと言ってもシカ成分を配合したクレンジング液が魅力。シカ成分が肌に合う方や、パッケージのおしゃれさで選びたい方におすすめです!

記事で紹介した商品情報

Bifesta(ビフェスタ)『ミセラークレンジングシート ブライトアップ』

Bifesta(ビフェスタ)『ミセラークレンジングシートブライトアップ』 Bifesta(ビフェスタ)『ミセラークレンジングシートブライトアップ』 Bifesta(ビフェスタ)『ミセラークレンジングシートブライトアップ』 Bifesta(ビフェスタ)『ミセラークレンジングシートブライトアップ』 Bifesta(ビフェスタ)『ミセラークレンジングシートブライトアップ』 Bifesta(ビフェスタ)『ミセラークレンジングシートブライトアップ』 Bifesta(ビフェスタ)『ミセラークレンジングシートブライトアップ』
出典:Amazon この商品を見るview item

とにかく安くて使いやすい!コスパで選ぶならコレ

総合評価4.3点(5点満点)
-------------------------------------------
メイク落ち        ★★★★☆
拭き取り後のしっとり感  ★★★★☆
コスパ          ★★★★★
-------------------------------------------

オイルフリー
W洗顔不要

オイルフリー
W洗顔不要

Biore(ビオレ)『クリアふきとりシート』

Biore(ビオレ)『クリアふきとりシート』 Biore(ビオレ)『クリアふきとりシート』 Biore(ビオレ)『クリアふきとりシート』 Biore(ビオレ)『クリアふきとりシート』 Biore(ビオレ)『クリアふきとりシート』 Biore(ビオレ)『クリアふきとりシート』 Biore(ビオレ)『クリアふきとりシート』 Biore(ビオレ)『クリアふきとりシート』
出典:Amazon この商品を見るview item

全てのバランスがいい! 迷ったときはコレ

総合評価4.3点(5点満点)
-------------------------------------------
メイク落ち        ★★★★☆
拭き取り後のしっとり感  ★★★★★
コスパ          ★★★★☆
-------------------------------------------

オイルフリー
W洗顔不要

オイルフリー
W洗顔不要

VTCOSMETICS『シカマイルドクレンジングティッシュ』

VTCOSMETICS『シカマイルドクレンジングティッシュ』 VTCOSMETICS『シカマイルドクレンジングティッシュ』 VTCOSMETICS『シカマイルドクレンジングティッシュ』 VTCOSMETICS『シカマイルドクレンジングティッシュ』 VTCOSMETICS『シカマイルドクレンジングティッシュ』
出典:Amazon この商品を見るview item

洗顔したい派&美容成分にこだわるならコレ

総合評価3.0点(5点満点)
-------------------------------------------
メイク落ち        ★★★☆☆
拭き取り後のしっとり感  ★★★☆☆
コスパ          ★★★☆☆
-------------------------------------------

オイルフリー
W洗顔不要 ✖(洗顔・ぬるま湯 でのすすぎが必要)

オイルフリー
W洗顔不要 ✖(洗顔・ぬるま湯 でのすすぎが必要)

3人それぞれのベスト商品はコレ 私の推しはコレ!

肌質の違うそれぞれの人が自分の推しのメイク落としシートを紹介しているシート

出典:マイナビおすすめナビ

肌質の違うそれぞれの人が自分の推しのメイク落としシートを紹介しているシート

出典:マイナビおすすめナビ

▼30代乾燥肌Yの推しコスメ
→Biore(ビオレ)『クリアふきとりシート』
使用感が良かったことと、持ち運びに便利なコンパクトサイズがあるのも推しポイント!

▼20代混合肌Mの推しコスメ
→Bifesta(ビフェスタ)『ミセラークレンジングシート ブライトアップ』
メイク落ちもしっとり感もよく、コスパ抜群!ビオレとの僅差は、無香料!

▼20代敏感肌Kの推しコスメ
→Biore(ビオレ)『クリアふきとりシート』
やわらかくて摩擦を感じにくい使用感で、大きくて分厚いシートが使い心地抜群だった!

【関連記事】こちらもおすすめ!

あなたに合ったメイク落としシートは見つかった?

この記事では、数あるメイク落としシートのなかから、SNSや口コミサイトで人気の3商品をピックアップして徹底レビューしました!

価格・メイク落ち・洗いあがりなど、3商品ともそれぞれ違う魅力があります。ぜひ記事を参考にして、あなたの肌質や状況に合った商品を選ぶ参考にしてください♪

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がハピコス powered by マイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:ハピコス編集部

page top button