PR(アフィリエイト)

香水アトマイザーおすすめ10選|お気に入りの香りを持ち運ぶ【メンズ向けも】

香水アトマイザーおすすめ10選|お気に入りの香りを持ち運ぶ【メンズ向けも】
香水アトマイザーおすすめ10選|お気に入りの香りを持ち運ぶ【メンズ向けも】

◆本記事はプロモーションが含まれています。

香水アトマイザーとは、香水を入れるボトルのこと。コンパクトで持ち歩きに便利な携帯サイズなので、お気に入りの香水を詰め替えて持ち運べば、外出先でサッと香りをまとえます。

この記事では、評香師/日本フレグランス協会講師のMAHOさんにお話をうかがい、香水アトマイザーの選び方とおすすめ商品をご紹介します。かわいいデザインはもちろん、メンズが使いやすいおしゃれな商品もピックアップしました。

さらに記事後半では、詰め替え方法などのQ&Aや通販サイトの最新人気ランキングもチェックできます。お気に入りのアトマイザーを見つけたい方は、ぜひ最後までご覧ください!


この記事を担当するエキスパート

評香師/日本フレグランス協会講師
MAHO
幼少より香りに魅了され、香りと物語を結びつけることが自身のアイデンティティ形成になったことを実感。香りの魅力や楽しみ方を伝えたいと考え、フレグランス関連企業を経た後、まとう人のキャラクターに寄り添い魅力を高めるためのアドバイスを、販売を伴わずブランドの垣根を越えて開始し、フレグランスカウンセリングの先駆者に。 日本フレグランス協会ではフレグランスセールススペシャリスト育成に関わり、日本フレグランス大賞全回の審査員。日本調香技術普及協会理事。

ハピコス編集部

八木 裕実葉

メイク・コスメ、美容家電をメインで担当する20代編集者。トレンドに敏感で、定番から話題のコスメ、新作まで、まずは自身で何でも試してみる派。 いつまでもキレイでいたいと願う方に向けて、年齢に応じたアイテムほか”本当におすすめできる”ものを紹介するがモットー。

香水アトマイザーとは お気に入りの香りを持ち歩ける!

 

香水アトマイザーは、香水を移し替える「香水ケース」のことです。携帯しやすいコンパクトなサイズなので、お気に入りの香水を気軽に持ち運ぶことができます。スプレータイプが一般的ですが、ローラータイプなど種類もいくつかあり、香水の濃度やシーンに合わせながら使い分けできます。

売ってる場所は、ダイソーやセリアなどの100均やドンキホーテ、ロフトなど。コスパのいい香水アトマイザーが手に入ります。また、香水が有名なDOIR(ディオール)などのハイブランドでも展開されていますよ。

香水アトマイザーは、香水をつけるための容器であって保存するためのものではないため、香水をアトマイザーに入れ替えたあとは、なるべく早く使い切るのが基本です。

香水アトマイザーの選び方

花びらと香水瓶
Pixabayのロゴ
花びらと香水瓶
Pixabayのロゴ

まずは、香水アトマイザーの選び方をチェックしておきましょう。素材やタイプによっても、特徴が異なります。使っている香水に合うか、ふだんの使い方をイメージしてみてください。選ぶポイントは以下の6つです。

【1】付け方のタイプ
【2】素材
【3】サイズ
【4】液漏れしないか
【5】遮光性
【6】デザイン


上記のポイントを押さえることで、あなたに合った商品を見つけることができます。ぜひ参考にしてみてください。

【1】付け方のタイプで選ぶ

携帯用のアトマイザーには、「スプレータイプ」と「ロールオンタイプ」があります。香りを使いたいシーンに合わせて、形状をチョイスしましょう。

スプレータイプ|シュッとひと吹き

 

スプレータイプは、シュッとひと吹きすれば香りがふわっと広がります。オーデコロンやオーデトワレなど、比較的香りが軽めの香水におすすめです。

一方、香りが重めのものだと、周囲にも香りが広がってしまうのでつける量には注意が必要です。

ロールオンタイプ|つける量を調節できる

 

ロールオンは、肌に直接つけるタイプ。先端部分のローラーがくるくると回るので、調節しやすいです。手首や首元などポイントでつけたい場合におすすめ。香りが強いパルファム、オードパルファムなどは、ロールオンタイプが適しています。

ただしロールオンタイプは、肌や空気に触れた香水がボトルのなかで混ざるため、劣化しやすいという難点も。こまめに詰め替えられる小さいサイズがいいでしょう。

【2】素材で選ぶ

香水アトマイザーのボトル素材は、「ガラス製」と「プラスチック製」に分けられます。それぞれの特徴をご紹介します。

香りが劣化しにくい「ガラス製」

 

ガラス製のアトマイザーは、空気に触れにくいので劣化しづらいのがメリット。少しずつ使いたいという人や、長く香りを保ちたい人にぴったりです。

デメリットは割れやすいこと。落としてしまったり衝撃を与えると、割れてしまう可能性があるので、扱いや保管方法には充分気をつけましょう。

割れにくい「プラスチック製」

 

プラスチック製は、軽さと使い勝手のよさが魅力。旅行先に持っていくときも荷物にならず、破損の心配もありません。

ガラス製とは反対に、香りが劣化しやすいことがデメリット。長期保存には向かないので、なるべく早めに使い切るように量を調節するといいでしょう。また、香水は日光にも弱いので、遮光性があるかも選ぶポイントになります。

【3】詰め替えしやすいサイズを選ぶ

 

香水アトマイザーはなるべく早く使いきれる少量サイズを選びましょう。時間が経てば経つほど、香りの鮮度が落ちてしまうので、長期保存には向きません。

使う頻度によって変わりますが、一般的には3~5mlの容量のものだと、1カ月程度で使い切ることができます。

【4】液漏れしやすいものは避けよう

 

香水アトマイザーは、商品によってキャップやスプレー部分がゆるんでしまいやすいものがあります。バッグに入れているときに液漏れしてしまうと、財布やバッグに香水のにおいやシミがついてしまうことも。

そのため持ち歩きたいときは、カバンのなかで揺れても液漏れしにくいものを選びましょう。キャップとスプレー部分がしっかり閉まるかどうか確認してください。

【5】遮光性の高いアイテムがおすすめ

 

香水は直射日光や電球によって劣化が進んでしまうため、遮光性の高い商品を選ぶといいでしょう。遮光性にすぐれたケースなら、光を遮断して保護できます。

アルミなどメタル素材のケースや、色付きのものがおすすめ。また、あまり頻繁に使用しない場合は、光が当たらない場所で保管するようにしましょう。

【6】お気に入りのデザインを選ぼう

 

香水アトマイザーは、レディース・メンズともに、デザインバリエーションが豊富なのが特徴です。毎日のように使うことも多いため、気分があがるような好みのデザインを選ぶのも、大切なポイントになります。

また、シーンなどによって香水を使い分けている場合は、香りのイメージに合わせてデザインを選ぶと楽しいでしょう。

香水アトマイザーのおすすめ10選

ここからは、おすすめの香水アトマイザーをご紹介します。

ヤマダアトマイザー『コロプチ パフュームローラー』

つける加減を調整しやすい小柄のロールオンタイプ

フレグランスが飛び散りにくいロールオンタイプのアトマイザーです。つける量の加減がしやすいため、ほんのりと香らせたい方におすすめ。サイズも小柄で持ち運びにも便利なうえ、カラーや柄のバリエーションも豊富。香りごとやTPOによる使い分けもできます。

詰め替えしやすいグッズも付属しており、かんたんに香水の移し替えができます。ガラス製のビンは、他の材質より長く香りがもちますが、保存容器ではないので早めに使い切るようにしましょう。

タイプ ロールオン
容量 4ml
カラー クリア、ピンク、ブルー、パープル、フラワーブラック他

タイプ ロールオン
容量 4ml
カラー クリア、ピンク、ブルー、パープル、フラワーブラック他

スケーター『スプレーボトル プリンセス ディズニー』

スケーター『スプレーボトルプリンセスディズニー』 スケーター『スプレーボトルプリンセスディズニー』 スケーター『スプレーボトルプリンセスディズニー』 スケーター『スプレーボトルプリンセスディズニー』
出典:Amazon この商品を見るview item

人気のディズニープリンセスデザイン

人気のディズニープリンセスが描かれた、スプレータイプの香水アトマイザーです。アリエルとベル、ラプンツェルとお花のデザインは、可愛くて持ってるだけで気分が上がりそう。

容量は30mlで香水アトマイザーとしては大きめなので、中身を入れすぎないようにしましょう。香水だけでなく、アルコール除菌スプレーやフェイスミストを入れて使うこともできます。

タイプ スプレー
容量 30ml
カラー プリンセス、くまのプーさん、リトルツインスターズ、ハローキティ

タイプ スプレー
容量 30ml
カラー プリンセス、くまのプーさん、リトルツインスターズ、ハローキティ

エキスパートのおすすめ

ヤマダアトマイザー『グラスアトマイザー プラスチックポンプ 無地 アルミキャップ』

ヤマダアトマイザー『グラスアトマイザープラスチックポンプ無地アルミキャップ』 ヤマダアトマイザー『グラスアトマイザープラスチックポンプ無地アルミキャップ』 ヤマダアトマイザー『グラスアトマイザープラスチックポンプ無地アルミキャップ』
出典:楽天市場 この商品を見るview item
評香師/日本フレグランス協会講師:MAHO

評香師/日本フレグランス協会講師

シンプルなデザインと豊富なキャップカラー

TPOや気分で数種類を並行して使い分けているほうが、それぞれのレギュラーサイズを持ち運んで使っていると、環境の変化で劣化が早くなってしまう可能性もあります。なるべくよい状態を保つためにも香水アトマイザーへ小分けにして持ち歩くことをおすすめします。

シンプルなデザインながら、香りのイメージに合わせてキャップの色を選べるのと、低価格なのも個数が欲しい方にぴったり。

タイプ スプレー
容量 4ml
カラー ピンク、ゴールド、シルバー、ブルー、マットピンク、マットゴールド、マットシルバー、マットブルー、バイオレット、ブラック 他

タイプ スプレー
容量 4ml
カラー ピンク、ゴールド、シルバー、ブルー、マットピンク、マットゴールド、マットシルバー、マットブルー、バイオレット、ブラック 他

Travalo『トラヴァーロクラシックアトマイザー』

Travalo『トラヴァーロクラシックアトマイザー』 Travalo『トラヴァーロクラシックアトマイザー』 Travalo『トラヴァーロクラシックアトマイザー』 Travalo『トラヴァーロクラシックアトマイザー』 Travalo『トラヴァーロクラシックアトマイザー』
出典:Amazon この商品を見るview item

英国アトマイザーブランドの本格派アトマイザー

イギリスのアトマイザーブランドである「Travalo」のアトマイザーは、空気に触れることなく香水を補充できるため、劣化しづらい気密性の高さが魅力。スプレーもミスト状の噴射なのでつけすぎることなく、さりげない香りを楽しめます。

外出時の携帯にも最適なサイズで、光沢あるメタリックなデザインは、老若男女問わず利用可能です。

タイプ スプレー
容量 5ml
カラー ゴールド、シルバー、チタン、パープル、ピンク、ブラック、ホットピンク

タイプ スプレー
容量 5ml
カラー ゴールド、シルバー、チタン、パープル、ピンク、ブラック、ホットピンク

ジャックマルクス『リフィラブル パフューム アトマイザー オーバルシェイプ』

美しい高級感ある外観と補充量が魅力

スワロフスキーエレメントのアクセサリーと、丸みを帯びたメタルボディが美しいアトマイザーです。香水ボトルのノズルに注入口を押し当てて、かんたんにチャージできる充填方法を採用しています。

一度のチャージで約70プッシュ可能で、専用のレザーポーチも付属。手のひらに馴染みやすいフォルムになっており、高級感ある5種類のカラーから性別を問わず選べます。

ジャックマルクスのアトマイザー専用リフレッシュナーを使えば、香りを残さず違うタイプの香水への詰め替えも可能。1本でいろいろな香りを楽しみたい方におすすめです。

タイプ スプレー
容量 5.2ml
カラー マゼンダ、ターコイズ、ブラック、ホワイト、クローム

タイプ スプレー
容量 5.2ml
カラー マゼンダ、ターコイズ、ブラック、ホワイト、クローム

坪田パール『スティックローラー(ロールオン)(6-55107)』

坪田パール『スティックローラー(ロールオン)(6-55107)』 坪田パール『スティックローラー(ロールオン)(6-55107)』 坪田パール『スティックローラー(ロールオン)(6-55107)』 坪田パール『スティックローラー(ロールオン)(6-55107)』
出典:Amazon この商品を見るview item

スタイリッシュなスティックタイプ

ロールオンタイプのスリムなアトマイザーです。きれいなゴールドやエレガントな印象のローズゴールド、かわいいピンクなど、魅力的なカラーバリエーションがそろっています。

無地なので、派手になりすぎず大人の女性にぴったりのアイテム。スティック型でかさばらないため、カバンにも収納しやすく、持ち運びに便利でしょう。

タイプ ロールオン
容量 約1.8ml
カラー ゴールド、シルバー、ローズゴールド、サクラピンク、ホワイト、スカイ、レッド、ブラック

タイプ ロールオン
容量 約1.8ml
カラー ゴールド、シルバー、ローズゴールド、サクラピンク、ホワイト、スカイ、レッド、ブラック

AsaNana『クイックアトマイザ-』

AsaNana『クイックアトマイザ-』 AsaNana『クイックアトマイザ-』 AsaNana『クイックアトマイザ-』 AsaNana『クイックアトマイザ-』 AsaNana『クイックアトマイザ-』
出典:Amazon この商品を見るview item

軽量ボディで充填も楽ちんなアトマイザー

補充用のスポイトや道具を必要とせず、香水を10秒でチャージできるスプレー式クイックアトマイザーです。

高級感ある金属アルミケースは遮光性にすぐれ、23gの軽量ボディなので、旅行やお出かけ、機内への持ち込みなど、外出時のお供に最適な造りになっています。一度のチャージで約65回のスプレーが可能ですが、満タンに入れてしまうと漏れる可能性もあるため、2/3を目安に補充するとよいでしょう。

タイプ スプレー
容量 5ml
カラー グレー、パープル、ブラック、レッド、ローズゴールド

タイプ スプレー
容量 5ml
カラー グレー、パープル、ブラック、レッド、ローズゴールド

エキスパートのおすすめ

ジャックマルクス『リフィラブル パフューム アトマイザー スティックシェイプ』

ジャックマルクス『リフィラブルパフュームアトマイザースティックシェイプ』 ジャックマルクス『リフィラブルパフュームアトマイザースティックシェイプ』
出典:Amazon この商品を見るview item
評香師/日本フレグランス協会講師:MAHO

評香師/日本フレグランス協会講師

クールなデザインと詰め替えやすさが魅力

大人にも似合う都会的でクールなデザインが魅力で、価格以上の存在感。香水アトマイザー初心者でも、スポイトやノズルといった小道具不要で、香りを漏らさずクリーンでかんたんに詰め替えができるのが特徴です。

香水ボトルのプッシュキャップを外したら、詰め替えボトル本体の底面ロックを解除し、注入口に押し当て、まっすぐ上下に動かすだけ。充填し終わったらロックを閉じて、ケースにセットして完了です。

タイプ スプレー
容量 3.1ml
カラー パールアクアマリン、パールローズ、ホワイト、ブラック、クローム

タイプ スプレー
容量 3.1ml
カラー パールアクアマリン、パールローズ、ホワイト、ブラック、クローム

エキスパートのおすすめ

ヒロセアトマイザー『ロールタイプ』

評香師/日本フレグランス協会講師:MAHO

評香師/日本フレグランス協会講師

小さくてもかわいいだけじゃない

仕事中は香りを使うことができない方でも、カバンや会社の引き出し、車の中、旅の荷物などに小分けを備えておけば、終業後の予定に合わせたり、気分転換につけて帰ることもできます。

ロールオンタイプなら香りが広がらず、多少人がいる場所でもさっとつけられるので、片手に収まるような小さいサイズが便利です。また小さいサイズは使い切りやすいので、詰め替えるたびに新鮮な香りが使えます。

ただし、小さなロールオンを男性が使う場合にはフェミニンな印象になりすぎないものがよいでしょう。このシリーズは落ち着いた色味のグラデーションのものもあるので男性にもおすすめです。

タイプ ロールオン
容量 4ml
カラー クリアー・ブルー・ピンク・イエロー・オレンジ・パープル・グリーン

タイプ ロールオン
容量 4ml
カラー クリアー・ブルー・ピンク・イエロー・オレンジ・パープル・グリーン

エキスパートのおすすめ

坪田パール『ロール式 アトマイザー ビジュー クリスタル デザイン』

坪田パール『ロール式アトマイザービジュークリスタルデザイン』 坪田パール『ロール式アトマイザービジュークリスタルデザイン』 坪田パール『ロール式アトマイザービジュークリスタルデザイン』
出典:楽天市場 この商品を見るview item
評香師/日本フレグランス協会講師:MAHO

評香師/日本フレグランス協会講師

気分華やぐ豪華なデコレーションタイプ

ローラーボールを手首や首筋に転がして肌に塗る携帯ロールオンタイプは、スプレーのように香りが広がらないので、人がいる場所などでもさり気ないタイミングでつけられる点が人気です。また甘さや個性的な香りも量が調整しやすく、つけすぎを防げます。

メタルカバーの遮光性と日本製のスッキリ細身のデザインを、スワロフスキーでデコレーションしたのがこちら。華やかなデザインはギフトにも喜ばれるでしょう。

タイプ ロールオン
容量 3ml
カラー -

タイプ ロールオン
容量 3ml
カラー -

おすすめ商品の比較一覧表

画像
ヤマダアトマイザー『コロプチ パフュームローラー』
スケーター『スプレーボトル プリンセス ディズニー』
ヤマダアトマイザー『グラスアトマイザー プラスチックポンプ 無地 アルミキャップ』
Travalo『トラヴァーロクラシックアトマイザー』
ジャックマルクス『リフィラブル パフューム アトマイザー オーバルシェイプ』
坪田パール『スティックローラー(ロールオン)(6-55107)』
AsaNana『クイックアトマイザ-』
ジャックマルクス『リフィラブル パフューム アトマイザー スティックシェイプ』
ヒロセアトマイザー『ロールタイプ』
坪田パール『ロール式 アトマイザー ビジュー クリスタル デザイン』
商品名 ヤマダアトマイザー『コロプチ パフュームローラー』 スケーター『スプレーボトル プリンセス ディズニー』 ヤマダアトマイザー『グラスアトマイザー プラスチックポンプ 無地 アルミキャップ』 Travalo『トラヴァーロクラシックアトマイザー』 ジャックマルクス『リフィラブル パフューム アトマイザー オーバルシェイプ』 坪田パール『スティックローラー(ロールオン)(6-55107)』 AsaNana『クイックアトマイザ-』 ジャックマルクス『リフィラブル パフューム アトマイザー スティックシェイプ』 ヒロセアトマイザー『ロールタイプ』 坪田パール『ロール式 アトマイザー ビジュー クリスタル デザイン』
商品情報
特徴 つける加減を調整しやすい小柄のロールオンタイプ 人気のディズニープリンセスデザイン シンプルなデザインと豊富なキャップカラー 英国アトマイザーブランドの本格派アトマイザー 美しい高級感ある外観と補充量が魅力 スタイリッシュなスティックタイプ 軽量ボディで充填も楽ちんなアトマイザー クールなデザインと詰め替えやすさが魅力 小さくてもかわいいだけじゃない 気分華やぐ豪華なデコレーションタイプ
タイプ ロールオン スプレー スプレー スプレー スプレー ロールオン スプレー スプレー ロールオン ロールオン
容量 4ml 30ml 4ml 5ml 5.2ml 約1.8ml 5ml 3.1ml 4ml 3ml
カラー クリア、ピンク、ブルー、パープル、フラワーブラック他 プリンセス、くまのプーさん、リトルツインスターズ、ハローキティ ピンク、ゴールド、シルバー、ブルー、マットピンク、マットゴールド、マットシルバー、マットブルー、バイオレット、ブラック 他 ゴールド、シルバー、チタン、パープル、ピンク、ブラック、ホットピンク マゼンダ、ターコイズ、ブラック、ホワイト、クローム ゴールド、シルバー、ローズゴールド、サクラピンク、ホワイト、スカイ、レッド、ブラック グレー、パープル、ブラック、レッド、ローズゴールド パールアクアマリン、パールローズ、ホワイト、ブラック、クローム クリアー・ブルー・ピンク・イエロー・オレンジ・パープル・グリーン -
商品リンク

※各社通販サイトの 2023年10月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年10月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年10月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年10月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年10月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年10月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年10月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年10月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年10月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年10月12日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 香水アトマイザーの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場での香水アトマイザーの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:アトマイザーランキング
楽天市場:詰替容器・アトマイザーランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

アトマイザーの上手な詰め替え方

液体の入ったガラスボトル
Pixabayのロゴ
液体の入ったガラスボトル
Pixabayのロゴ

はじめて使うときは、アトマイザーに香水をうまく詰め替えられないことも。ここからは、香水の移し方をご紹介しましょう。

香水用詰め替えノズルで入れる方法

 

スプレータイプの香水アトマイザーは、詰め替えノズルを使うとスムーズに移せます。まず、アトマイザーのポンプと、香水のプッシュボタンを取り外してください。

香水の口に詰め替えノズルを差し込み、ノズルの管の先端をアトマイザーの瓶のなかに入れます。ノズルをまっすぐ立てた状態でプッシュすると、香水がアトマイザーに入っていきます。

香水用ろうと(じょうご)で入れる方法

 

香水と詰め替えノズルのサイズが合わないときは、香水用のろうと(じょうご)を利用しましょう。香水アトマイザーのフタやスプレー部分を取り外して、ろうとをまっすぐ差し込みます。

移し替えたい香水のフタを外して(スプレー部分はそのまま)、ろうとのなかに香水を吹きかけて移していきます。ろうとが不安定だとこぼれてしまう可能性があるため、片手でろうとを固定しながら移すといいでしょう。

スポイト・シリマーで入れる方法

スポイトタイプの瓶
Pixabayのロゴ
スポイトタイプの瓶
Pixabayのロゴ

スポイトやシリマー(注射器型のスポイト)も、香水の移し替えに便利です。香水のフタとスプレーを取り外して、スポイトかシリマーで香水を吸い上げ、そのまま口を開けた香水アトマイザーに差し込んで注入します。

口の部分が細くなっているため、スリム型やミニサイズのアトマイザーにもらくに移し替えられるのがメリットです。

香水アトマイザーのお手入れ方法も!

スプレーボトル
Pixabayのロゴ
スプレーボトル
Pixabayのロゴ

香水アトマイザーは、手や肌が触れるアイテムなので、定期的に洗浄などのお手入れをおこなって、清潔にたもちましょう。

水洗いではなく、無水エタノールを使った洗い方が適しています。無水エタノールをアトマイザーの容器内に適量入れたら、よく振りましょう。ロールオンタイプは、ボール部分にすべて回るよう、数回コロコロと転がしてください。

スプレーなら、何回かプッシュして、エタノールを行きわたらせます。汚れが目立つときは、念入りに洗うといいでしょう。最後にエタノールを捨てて、自然乾燥させてください。

香水アトマイザーに関するQ&A

ここからは、香水アトマイザーに関するQ&Aをご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

question iconひとつのアトマイザーを使いまわしても大丈夫?

answer icon

アトマイザーをひとつ持っておいて、Aの香りを使い終わったらBの香りに、というような使いまわしは推奨されていません。理由は、アトマイザーに一度ついた香りを完全に消すことは難しいため。新しい香水を入れると、前の香水の香りと混ざってしまい、香りが変わってしまうので使いまわしは避けたほうがよいです。

question icon香水の保管方法は?

answer icon

香水は、揮発を防ぐためしっかりと密閉し、直射日光の当たらない冷暗所で保管しましょう。久しぶりに使う場合は、まずは香りを確かめてください。明らかに匂いが変わっていたら、使用は避けたほうがよいでしょう。

フレグランスアドバイザーからメッセージ

評香師/日本フレグランス協会講師:MAHO

評香師/日本フレグランス協会講師

TPOや気分によって数種類の香りを使い分けている場合、ひとつひとつの香水の減りは遅くなります。レギュラーサイズを持ち運んでいれば環境変化で劣化が早くなってしまい、また自宅に置きっ放しでつけ足しをする機会もなければ、ますます減りも遅くなってしまいます。香水はなるべくよい保存状態にしておきたいものですよね。

それぞれの香りごとにアトマイザーを用意しておけば、使いたいときにいつでも使えて便利です。本体ボトルは遮光のために、パッケージボックスへ入れておきましょう。

そのほかの香水もチェック! 【関連記事】

香水アトマイザーでお気に入りの香りを持ち歩こう

香水アトマイザーの選び方とおすすめ商品をご紹介しました。いつも付けていたいお気に入りの香りを、香水アトマイザーで手軽に持ち歩くことができます。香水アトマイザーも気に入るものを選んでくださいね。

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がハピコス powered by マイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:ハピコス編集部

page top button