ガストーチおすすめ商品5選|料理・溶接・キャンプに!

SOTO『フィールドチャッカー (ST- 450)』
出典:Amazon
アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®
SAM

キャンプブロガー、アウトドアライター、一般社団法人日本オートキャンプ協会公認インストラクター・講師、星のソムリエ®(星空案内人®)JAXA宇宙教育リーダー、光学機器メーカーマーケティングディレクター。 アウトドア誌、WEBマガジン、企業広報誌、新聞などへの取材協力・執筆活動、CMコーディネートを行っている傍ら、キャンプ体験・キャンプ料理レシピをまとめた自身のWEBサイト「 Sam-Home Sam-Camp / キャンプの宝物を探そう!」(2001年開設)並びにブログ「SAMのLIFEキャンプブログ Doors , In & Out !」(2004年開設)を運営。 サイトは通算700万人以上に利用され、ブログ投稿数は5000記事を超える。著書には「ベテランキャンプブロガーSAMの、お気に入りキャンプ場教えます」(ベースボールマガジン社)がある。 同時に、星のソムリエ®として全国のキャンプ場や観光施設等にて夜の魅力と星空の楽しみを広めている。

ガストーチ(ガスバーナー)はアウトドアでの強い味方です。薪や炭の火起こしや、料理で使用して肉や魚を炙ると風味がアップします。ここでは、アウトドアライター/キャンプブロガーのSAMさんと編集部が厳選したガストーチのおすすめと選び方のポイントについてご紹介します。


ガストーチの種類|それぞれのメリットとデメリット

ガストーチで火おこし
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

火おこしは、ガストーチを一番使用する瞬間。燃焼温度は1200℃以上で、できるだけ燃焼時間が長いものを選ぶとよい。

ここからは、ガストーチの種類をご紹介します。ガストーチの種類は主に4種類です。それぞれの特長とメリット・デメリットを把握して、自分に合ったタイプを選びましょう。

CB缶(カセットガスボンベ缶)

市販のガスボンベが使える手軽さ。900℃のソフト火と1300℃の集中炎との調節が可能。

【メリット】
最も一般的なのがこのCB缶です。コンビニやスーパーなど、どこでも買えて値段も安価なのが魅力。火おこしや炙り料理程度の火力であれば、CB缶でじゅうぶんでしょう。

【デメリット】
火力が弱いため、冬のキャンプなどでは着火に少々時間を要するかもしれません。また、下向きに使用すると炎が広がってしまうため危険です。

ねじ込み式

【メリット】
CB缶と似たルックスですが、火力は約2000度とこちらのほうが高温で、下に向けても安全に使用できます。火おこしや料理はもちろん、「ロウ付け」「溶接」といった作業にも使用できます。

【デメリット】
CB缶とは異なり、買える場所がかぎられています。

OD缶(アウトドア缶)

【メリット】
火力が強く、雨風などいかなる天候下においても出力が変わらず一定。また、ガストーチのほかにもガスランタンやガスストーブなどにも使えるため、アウトドアでガストーチを使用する機会が多い人ほどおすすめです。

【デメリット】
こちらもホームセンターやアウトドア専門店など販売場所がかぎられており、値段も高めです。

充填(てん)式

カセットガスから充填する1300℃高温出力バーナー。

【メリット】
本体に直接ガスを充填するタイプなので、ガス缶がありません。コンパクトなのが最大の利点です。

【デメリット】
火力が弱く、容量も少ないため、長時間の使用ができません。ほかのバーナーのサブとして携行し、火おこしは、いったん新聞紙などに火をうつしてから使うとよいでしょう。

ガストーチの選び方 アウトドアライターに聞く

アウトドアライター/キャンプブロガーのSAMさんに、ガストーチを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。

ガストーチ
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

カセットガス式から充填式など種類がいろいろあるガストーチ。何を選べばいいかわからないという方に選ぶときのポイントやおすすめのガストーチを紹介しています。

CB(カセットガス)缶仕様が標準的

空気調節機能で火の強さを調節できる使いやすいガストーチです。

アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®

モデルによってはOD(アウトドア)缶であったり、専用のガス缶であったりするのもありますが、基本的にガストーチはCB(カセットガス)缶仕様のものが多いです。

CB缶はご家庭のカセットコンロでも使われることから手軽に手に入るため、まずはCB缶仕様のものを基準として考えてみましょう。ただしどのメーカーも他社のカセットガスを使用することを推奨していないので、あくまでも、そのメーカーに合わせたものを選ぶことも考えましょう。

用途に合わせた火力のものを選ぶ

アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®

炎を扱うアイテムであるガストーチのスペックは、発熱量(kcal/h)と火炎温度(℃)のふたつで表されます。とくに発熱量は火力の強さに直結するため、商品を選ぶ際にはしっかりチェックしておきましょう。

高い発熱量であれば、火がつきにくい炭火おこしに適しているなど、発熱量の高低によって向いている作業が異なるためです。またモデルによっては火力調節機能がついているものもあり、このようなタイプは1台で幅広い用途に使えるので便利です。

点火スイッチやセーフティーロックがあるものを

1,400℃の火力で炭などへの着火が手軽に行えるガストーチ。カセットボンベの着脱も簡単です。

アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®

火おこしや調理などの際には、できるだけ片手で作業をしたいところです。またライターによる点火だとやけどの危険もあるため、できれば点火スイッチつきのガストーチを選ぶのがいいでしょう。

点火スイッチにもさまざまな形式がありますが、とくに引き金のようなトリガー式が一番楽なのでおすすめです。その際、セーフティーロック付きのものかも確認しましょう。点火スイッチがないモデルを使用する場合は、タバコ用などではなくロングマッチ形式のライターで、安全に配慮して点火するようにしましょう。

ガストーチおすすめ5選 タイプ・発熱量・燃焼温度・着火スイッチの有無もチェック!

【関連記事】ガストーチに関するそのほかの商品情報

うえで紹介したガストーチの選び方のポイントをふまえて、アウトドアライター/キャンプブロガーのSAMさんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。これからガストーチを選びたいという方から、今使っているガストーチと比べてみたいという方にもおすすめです。ぜひ参考にしてみてください。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

SOTO『フィールドチャッカー (ST- 450)』

SOTO『フィールドチャッカー(ST-450)』 SOTO『フィールドチャッカー(ST-450)』 SOTO『フィールドチャッカー(ST-450)』 SOTO『フィールドチャッカー(ST-450)』 SOTO『フィールドチャッカー(ST-450)』 SOTO『フィールドチャッカー(ST-450)』

出典:Amazon

タイプ カセットボンベ式
発熱量 2.1kW(1,820kcal/h)ST-760使用時、1.8kW(1,550kcal/h)ST-700使用時
燃焼温度 1,300〜900℃
燃焼時間 約1.5時間(ST-760使用時)、約2.0時間(ST-700使用時)
着火スイッチ あり(点火ボタン)
安全機能 フルタイム逆さ使用可能

Thumb lg b5952bc9 69f5 4937 beb6 3080ce6ebb25

アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®

何度も進化を重ねたガストーチの代表格

初代から現行の第3世代まで、さまざまな改良を加えながら進化を重ねているガストーチ。瞬間気化システムによって余熱を必要とせず、点火直後すぐに逆さ向きでも使えるのがポイントです。

別売りのパワーガスを使用すれば1,820kcal/hという発熱量を誇り、さらに片手で操作できる点火スイッチや熱量を調整できるレバーなどの機能も備えています。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

iwatani『カセットガストーチバーナー (CB-TC-OD)』

iwatani『カセットガストーチバーナー(CB-TC-OD)』 iwatani『カセットガストーチバーナー(CB-TC-OD)』 iwatani『カセットガストーチバーナー(CB-TC-OD)』 iwatani『カセットガストーチバーナー(CB-TC-OD)』

出典:Amazon

タイプ カセットボンベ式
発熱量 -
燃焼温度 約1,400℃
燃焼時間 約1時間50分(イワタニカセットガス使用時)
着火スイッチ あり(レバー式)
安全機能 -

Thumb lg b5952bc9 69f5 4937 beb6 3080ce6ebb25

アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®

品質も価格も安心! 定番のベストセラー

フィールドチャッカーシリーズとともにガストーチのベストセラーモデルです。扱いやすいトリガー式の点火スイッチや火力調整機能がついており、性能はじゅうぶん。専用CB缶が付属しているため、購入してすぐに使うことができます。

キャンプ用品店以外にホームセンターでも広く扱われており、価格もリーズナブルで入手しやすいのも魅力。ただし、フィールドチャッカーと違って逆さ向きで使えないため、そのような用途で使用する場合は注意が必要です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

CAPTAIN STAG『ワイド ガストーチ・ボンベセット (UF-1)』

CAPTAINSTAG『ワイドガストーチ・ボンベセット(UF-1)』 CAPTAINSTAG『ワイドガストーチ・ボンベセット(UF-1)』 CAPTAINSTAG『ワイドガストーチ・ボンベセット(UF-1)』 CAPTAINSTAG『ワイドガストーチ・ボンベセット(UF-1)』

出典:Amazon

タイプ カセットボンベ式
発熱量 4.8kW(4,100kcal/h)
燃焼温度 約1,300℃
燃焼時間 (約)1時間35分/ガス容器(NET250g)1本
着火スイッチ -
安全機能 -

Thumb lg b5952bc9 69f5 4937 beb6 3080ce6ebb25

アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®

高火力でリーズナブル

「ワイド」の名のとおり大口径のノズルが特徴的なガストーチ。大口径ノズルならではの広範囲かつ高火力な炎により、バーベキューグリルを使った炭火料理など、一度に広く多くの火おこしをしたい場面にぴったりのモデルです。

専用のCB缶付属ながら価格もリーズナブルで、コストパフォーマンスにすぐれた逸品と言えます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

SOTO『スライドガストーチ (ST-480)』

SOTO『スライドガストーチ(ST-480)』 SOTO『スライドガストーチ(ST-480)』 SOTO『スライドガストーチ(ST-480)』 SOTO『スライドガストーチ(ST-480)』 SOTO『スライドガストーチ(ST-480)』 SOTO『スライドガストーチ(ST-480)』

出典:Amazon

タイプ 充填式
発熱量 -
燃焼温度 1,300℃
燃焼時間 約15分
着火スイッチ あり(トリガー式)
安全機能 火口が伸縮できる機能

Thumb lg b5952bc9 69f5 4937 beb6 3080ce6ebb25

アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®

小回りがきく小型のガストーチ

耐風の着火ライターとしての用途がおもな小型ガストーチ。アウトドアにおいてちょっとした風のせいでライターの火がつきにくくなったり、バーナーやランタンの点火装置が急に稼働しなくなったりしたときに役立ちます。

火口の長さを3段階で調節できるため、使用時以外はコンパクトにして持ち運ぶことができ、燃料も充填式のため缶を持ち運ぶ必要がありません。とても小回りのきくアイテムといえます。ただし、小型なぶん火おこしや炙り料理に使うのは難しいため、そのような用途には別のガストーチを使いましょう。

HANDIC『トーチバーナー(HT-587)』

[HANDIC最新強化版]トーチバーナーガスバーナー料理用トーチ900℃~1300℃炎調整可能BBQ/料理/お菓子作り/炭火起こし/溶接などに対応(白色) [HANDIC最新強化版]トーチバーナーガスバーナー料理用トーチ900℃~1300℃炎調整可能BBQ/料理/お菓子作り/炭火起こし/溶接などに対応(白色) [HANDIC最新強化版]トーチバーナーガスバーナー料理用トーチ900℃~1300℃炎調整可能BBQ/料理/お菓子作り/炭火起こし/溶接などに対応(白色) [HANDIC最新強化版]トーチバーナーガスバーナー料理用トーチ900℃~1300℃炎調整可能BBQ/料理/お菓子作り/炭火起こし/溶接などに対応(白色) [HANDIC最新強化版]トーチバーナーガスバーナー料理用トーチ900℃~1300℃炎調整可能BBQ/料理/お菓子作り/炭火起こし/溶接などに対応(白色) [HANDIC最新強化版]トーチバーナーガスバーナー料理用トーチ900℃~1300℃炎調整可能BBQ/料理/お菓子作り/炭火起こし/溶接などに対応(白色) [HANDIC最新強化版]トーチバーナーガスバーナー料理用トーチ900℃~1300℃炎調整可能BBQ/料理/お菓子作り/炭火起こし/溶接などに対応(白色)

出典:Amazon

タイプ カセットボンベ式
発熱量 -
燃焼温度 900~1300℃
燃焼時間
着火スイッチ あり(トリガー式)
安全機能 -

炎の強さ・形を900℃~1300℃の7段階で調節

キャンプや料理での炙り、焦げ目つけ、DIYでの塩ビパイプ曲げ、溶接など幅広くそして簡単に使うことが可能。炎の強さ・形を900℃~1300℃の7段階に調節でき、燃料もコンビニなどでも購入できるCB缶を装着するだけですぐ使えます。

また、「瞬間帰化システム」を採用し、瞬時に炎が安定。料理の際、素材の旨味や鮮度を逃がさず短時間で調理することができます。レバーを引いて着火するトリガー式なので、ライターなどは不要です。

「ガストーチ」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
SOTO『フィールドチャッカー (ST- 450)』
iwatani『カセットガストーチバーナー (CB-TC-OD)』
CAPTAIN STAG『ワイド ガストーチ・ボンベセット (UF-1)』
SOTO『スライドガストーチ (ST-480)』
HANDIC『トーチバーナー(HT-587)』
商品名 SOTO『フィールドチャッカー (ST- 450)』 iwatani『カセットガストーチバーナー (CB-TC-OD)』 CAPTAIN STAG『ワイド ガストーチ・ボンベセット (UF-1)』 SOTO『スライドガストーチ (ST-480)』 HANDIC『トーチバーナー(HT-587)』
商品情報
特徴 何度も進化を重ねたガストーチの代表格 品質も価格も安心! 定番のベストセラー 高火力でリーズナブル 小回りがきく小型のガストーチ 炎の強さ・形を900℃~1300℃の7段階で調節
タイプ カセットボンベ式 カセットボンベ式 カセットボンベ式 充填式 カセットボンベ式
発熱量 2.1kW(1,820kcal/h)ST-760使用時、1.8kW(1,550kcal/h)ST-700使用時 - 4.8kW(4,100kcal/h) - -
燃焼温度 1,300〜900℃ 約1,400℃ 約1,300℃ 1,300℃ 900~1300℃
燃焼時間 約1.5時間(ST-760使用時)、約2.0時間(ST-700使用時) 約1時間50分(イワタニカセットガス使用時) (約)1時間35分/ガス容器(NET250g)1本 約15分
着火スイッチ あり(点火ボタン) あり(レバー式) - あり(トリガー式) あり(トリガー式)
安全機能 フルタイム逆さ使用可能 - - 火口が伸縮できる機能 -
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年10月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月19日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ガストーチ・バーナーの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのガストーチ・バーナーの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ガストーチ・バーナーランキング
楽天市場:ガストーチ・バーナーランキング
Yahoo!ショッピング:ガスバーナーランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【関連記事】ガストーチに関するそのほかの商品情報

BBQの炭おこし、薪の焚き付けのベストパートナー アウトドアライターからのアドバイス

アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®

ガストーチは、おもには炭の火おこしや薪類の焚き付け、料理の炙りなどに使います。キャンプでは最初から必要なものと、その後に買い足していくアイテムがあります。いわば必需品とアクセサリー。ところがこのガストーチは、後に買い足すアイテムながらほぼ100%実用品。ある意味、このガストーチを購入するというのはキャンプのステップアップアイテムを手に入れたということになるでしょう。キャンプを続けているといつの間にか持っているなかなか不思議なアイテムかもしれません。

これがあれば炭の火おこし、薪類の焚きが一気に楽になります。さらには料理の炙りなどにも使えます。キャンプをスタートするときの必須アイテムではありませんが、BBQや焚き火などキャンプライフを豊かにしてくれるためのアイテムと言えるでしょう。おもな燃料はガス。そのガス缶の種類や火力のスペックは用途によって異なりますので、選択の際はじゅうぶんに下調べをして自分の目的に合ったものを探してみてください。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(制作協力:やきさんま、掲載:マイナビおすすめナビ編集部 名原広雄)

※2020/10/19 コンテンツ追加・修正のため記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 名原広雄)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【登山用クッカー】選び方&おすすめ15選|山岳ライターと編集部による厳選商品!

【登山用クッカー】選び方&おすすめ15選|山岳ライターと編集部による厳選商品!

登山用に軽く丈夫につくられているものが多い調理器具「クッカー」。コッヘルとも呼ばれ、長期登山に欠かせない相棒のような存在です。さまざまな種類のクッカーが販売されているため、どれが自分に適した商品なのかわからなくなることもあります。そこで、山岳ライターの高橋庄太郎さんにお話をうかがい、登山用クッカーの選び方とおすすめ商品について解説してもらいます。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてくださいね。


スモークウッドのおすすめ5選&選び方|自家製の燻製が楽しめる!

スモークウッドのおすすめ5選&選び方|自家製の燻製が楽しめる!

スモークと聞くと難しそうなイメージがありますが、スモークウッドを使えば初心者でもかんたんに燻製を作ることができます。手頃な価格で購入できるスモークウッドも多いので、気軽に挑戦してみましょう。ここでは、アウトドアカフェBASE CAMP代表A-sukeさんと編集部が選んだおすすめのスモークウッドと選び方のポイントについてご紹介します。


【2020年版】トングのおすすめ12選|おしゃれで使いやすいアイテムをご紹介!

【2020年版】トングのおすすめ12選|おしゃれで使いやすいアイテムをご紹介!

この記事では、暮らしスタイリスト・料理家の河野真希さんへの取材をもとに、トングの選び方とおすすめ商品をご紹介します。普段の調理やバーベキューなどのアウトドア、料理を取り分けたりと幅広い用途で使えるトング。シリコン素材でフライパンをキズつけにくいものや、食材をつかみやすい小さいトングなど、さまざまな種類の商品をピックアップしました。ぜひ参考にしてください。


ウッドストーブのおすすめ4選+14商品! アウトドアのプロ厳選|キャンプや防災にも使える優れもの

ウッドストーブのおすすめ4選+14商品! アウトドアのプロ厳選|キャンプや防災にも使える優れもの

アウトドアキャンプには欠かせないアイテムのウッドストーブ。ここでは、アウトドアやキャンプのエキスパートである大森弘恵さんへにお話をうかがい、ウッドストーブの選び方のコツと、おすすめの商品をご紹介します。動画によるお湯の沸かし方も解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


家庭用無煙ロースターのおすすめ10選|自宅でも本格焼き肉が楽しめちゃう!

家庭用無煙ロースターのおすすめ10選|自宅でも本格焼き肉が楽しめちゃう!

夏が近づくにつれて、大人数でのバーベキューや焼き肉が楽しみになりますよね。しかし家庭での焼き肉やバーベキューは、煙やにおいが悩みのタネ。いくら注意していても、部屋や衣類に吸着してしまいます。そんなときに活躍してくれるのが無煙ロースター。一般的な鉄板にはない仕組みで、煙やにおいの悩みを解決できます。今回は、フードコーディネーターの倉田沙也加さんと編集部が厳選した家庭用無煙ロースターの10選をご紹介。選び方も解説しますので、ぜひ参考にしてください。


新着記事


『Gゼロまくら』の寝心地は? 口コミや評判を実際に使って検証してみました

『Gゼロまくら』の寝心地は? 口コミや評判を実際に使って検証してみました

『Gゼロまくら』は、低反発枕と高反発枕のいいとこどりをした枕です。ほどよく頭を包み込み、なおかつ寝返りがしやすいように頭を支えてくれる優れもの。しかし、口コミをみてみると期待外れだったという人もいます。口コミの内容は真実なのか、『Gゼロまくら』は買うに値する枕なのか、実際に購入して試してみました。あなたが望む枕か見極めてください!


Gゼロクッションは本当に疲れないの? 実際に使って検証してみました

Gゼロクッションは本当に疲れないの? 実際に使って検証してみました

『Gゼロクッション』は長時間座っていても疲れにくく、お尻が宙に浮いたような座り心地になるクッションです。姿勢までよくなるというおまけつき。いいことずくめのようですが、口コミを見てみると悪い評価も目立ちます。高い値段の商品なので、買い物に失敗したくはないですよね。『Gゼロクッション』の実力を確かめるため、実際に購入していろいろ試してみました。あなたがお金を払うに値する商品か見極めてください!


BifiX(ビフィックス)ヨーグルトほんのり甘い加糖を実際に食べて味を検証!

BifiX(ビフィックス)ヨーグルトほんのり甘い加糖を実際に食べて味を検証!

グリコの「BifiXビフィックスヨーグルトほんのり甘い加糖」。ビフィズス菌が入っていて、「腸内年齢を科学する」の謳い文句で話題のヨーグルトです。加糖だけど味は甘すぎないか、など実際にどんな味なのかが気になりますよね。口コミでは、良い意見も悪い意見もどちらも見られました。そこで、実際に試食して味を検証してみました。加糖派とプレーン派で好みは分かれますが、まだ食べたことない人もぜひ参考にしてみて下さいね!


ジュースアップの口コミや評判を実際に使って検証してみました

ジュースアップの口コミや評判を実際に使って検証してみました

「細かい字を書くことが多い」「文字は細い線が好き」という人は、ペン先の細いボールペンが使いたいですよね。しかしペン先が細いと、紙によっては引っかかって書きにくくかったり、書いた字が見にくかったりする場合もあると思います。そこで、スムーズな紙滑りなのに発色がいいと評判の『ジュースアップ』の0.4mmを実際に購入して試してみました。書き心地や握り心地などさまざまな検証をしているので気になる人はぜひ読んでください。


ばかうけは本当にばかうけする? 口コミや評判を実食して検証!

ばかうけは本当にばかうけする? 口コミや評判を実食して検証!

「ばかうけ」は、「星たべよ」や「アンパンマンのおせんべい」などを販売していることでも有名な栗山米菓のロングセラー商品です。インパクトのある商品名から、実際には食べたことはなくても、名前だけは知っている方も多いのではないでしょうか。また、ばかうけのパッケージに描かれているキャラクターが印象に残っているという方もいるのでは? 1989年の発売以来、ばかうけは今もなお愛され続けています。この記事では、ばかうけを実食し、インターネット上の口コミや評判と比較しながら、味や食感について検証してみました。


アウトドア・キャンプの人気記事


>>もっと見る