キャンプ用グローブおすすめ11選|素材ごとの特徴や選び方も解説

PETROMAX(ペトロマックス) 防火手袋 アラミドプロ 300 グローブ 12611
出典:Amazon

本記事では、キャンプ用グローブの必要性や素材ごとの特徴、失敗しない選び方やおすすめ商品をご紹介。

ぜひ参考にしてくださいね。


目次

アウトドア&旅ライター・編集者
大森 弘恵

オートキャンプ雑誌、アウトドア雑誌の編集部を経て、フリーランスに。 現在はアウトドア(おもにキャンプとウインターアクティビティ、野外料理)、旅をテーマに雑誌やWEBマガジンで活動。 趣味は30年ほど前からはじめた国内外でのオフロード・ツーリング&キャンプ。最近、ハンモック泊の心地よさに感激。

キャンプ用グローブの必要性

 

キャンプなどのアウトドアでは、火起こしや焚き火、鍋やトングといったバーベキューでの調理など、火の扱いや熱いものなどを持つことが多くなります。少し気を緩めると、火傷や怪我に繋がってしまいます。キャンプ用グローブは、そんなアウトドアシーンで活躍するアイテム。

キャンプ用グローブは火を扱ったりなどの使用を前提に作られているため、厚手で燃えにくい性質があります。さらに薪や木の枝といったトゲが多い素材でも刺さらないなど、ちょっとした怪我の予防にもなります。

また、軍手などよりも耐熱性や耐久性もあり、長く使えるため、結果的にコスパもよくなります。安全で楽しいアウトドアにするためにも、ぜひキャンプ用グローブを用意しておいてくださいね。

キャンプ用グローブの代表的な素材

キャンプグローブで使われている素材は様々ありますが、基本的は「アラミド繊維製」と「牛革製」の2種類が代表的なものになります。それぞれの特徴をしっかり確認しておきましょう。

アラミド繊維製:耐熱温度が高い素材

 

耐熱温度が高いアラミド繊維を主な素材としてつくられたもの。「ケブラー」や「トワロン」は登録商標名で、同じ特性をもつ特殊繊維です。消防服などにも採用されている素材で、機能性の高い素材です。

ニットに織り込んでいるものや牛革にコーティングしている商品もあります。デザイン性はあまりありませんが、機能性や使いやすさを重視する方にピッタリの素材です。

牛革製:デザインがよく、手にフィットする素材

 

キャンプグローブでは定番の牛革製。アラミド繊維より耐熱性は落ちますが、薪をくべたり、焚き火をするには十分。

革製品のため、手に馴染むまで時間がかかりますが、使っていくうちにフィットしていき、味も出てきます。値段も様々で、さらにデザイン性も楽しめるため、アウトドア初心者から上級者まで、愛用者の多い素材です。

キャンプ用グローブの選び方

それでは、キャンプ用グローブの基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記の3つ。

【1】耐熱性と耐久性
【2】グローブのタイプ
【3】フィット感


上記の3つのポイントを抑えることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】耐熱性と耐久性をチェック

 

キャンプグローブと軍手の大きな違いは耐熱性です。比較的安価な軍手でも代用できるシーンもありますが、耐熱性の高いキャンプグローブであればたき火はもちろん、熱い鍋を持ち上げるときなどでも安心して作業できます。また、耐久性も高いので、熱だけでなく冷えやケガからも手を守ってくれます。

サイトの準備や薪を運ぶときなど、さまざまな場面で効率的な作業を可能にしてくれるでしょう。熾火(おきび)となった薪を持てるほど耐熱性の高い商品もあります。

【2】グローブのタイプをチェック

キャンプグローブには手首までの長さの商品だけでなく、肘までカバーするロングタイプも用意されています。どのような場所でメインに使うのかを考えたうえでスタイルを選びましょう。使う状況や予算によっては、一般作業用とたき火・調理用のふたつを用意してみるのもおすすめです。

●ショートタイプ:手首までの長さのグローブ

 

手首までのグローブは手を動かしやすいのが特徴で、細かな作業に向いています。また、着脱もしやすいので、ちょっとした作業もしやすいです。

●ロングタイプ:肘までカバーするグローブ

 

ロングタイプは腕までしっかり保護してくれるタイプ。たき火など大きな火を扱う場所で重宝する商品で、火傷の予防性も高いです。

【3】フィット感をチェック

 

一般的に手になじむグローブであるほど、細かな作業に適しています。とくにニットや細身のレザーグローブはフィット感抜群です。長く着用する作業に向いています。それに対して、たき火をメインにしたグローブは分厚くて大きいサイズの商品が多いです。そのため、ロープワークなどの細かな作業にはあまり向いていません。

ただし、大きめのサイズであるため、誰でもすぐにグローブをはめてたき火の作業を開始できます。仮に張りのある素材で、フィット感もそれなりにある商品であればたき火以外でも活躍してくれる状況も増えるでしょう。いずれにしても、縫い目などで着用したときに違和感が発生しないかどうかも、長く使ううえではチェックしておきたい項目のひとつです。

アウトドアライターからのアドバイス

アウトドア&旅ライター・編集者

キャンプ用品に限らず、グローブはフィット感が重要です。たき火用に開発されたグローブはワンサイズしかないことも多く、手の小さい人は道具をつかみにくい場合があるので注意しましょう。

また、たき火の熱は800℃以上です。アラミド繊維は燃えないといわれていますが、炎は出ていなくても炭化するかもしれません。耐熱性の特徴のあるグローブであっても、決して熱くないわけではないので、グローブを着用しても安心せずに気を付けて作業しましょう。

キャンプ用グローブおすすめ|アラミド繊維製3選

それでは早速、おすすめ商品をご紹介します。まずは、アラミド繊維製のキャンプ用グローブです。ぜひ参考にしてください。

エキスパートのおすすめ

ペトロマックス『アラミドプロ300グローブ』

アウトドア&旅ライター・編集者:大森 弘恵

アウトドア&旅ライター・編集者

短時間なら熾火の薪をつかめる耐熱性の高さがウリ

『アラミドプロ300グローブ』はその名のとおり、300℃という高温まで対応しているレザー製のグローブです。耐熱コーティングを施したアラミド繊維で裏打ちされることによって、耐熱性が高められています。そのため、短時間であれば熾火(おきび)の薪をつかむこともできるでしょう。レザーの表面はしっかりと薪をホールドできるように、あえてざらつきをもたせた仕様になっているのも特徴です。

肘の少し下までカバーするロングタイプで、たき火の作業をおこなうときは重宝しますが、少し大きめのワンサイズ展開なので手の小さい人は注意しましょう。

エキスパートのおすすめ

アツボウグ『耐熱手袋ATS-003』

アツボウグ『耐熱手袋ATS-003』 アツボウグ『耐熱手袋ATS-003』 アツボウグ『耐熱手袋ATS-003』

出典:楽天市場

アウトドア&旅ライター・編集者:大森 弘恵

アウトドア&旅ライター・編集者

海外でも認められているキャンプグローブ

高熱物を取り扱う溶接業界でも信頼されている耐熱グローブです。性能の高さから日本以外にも6カ国で特許を取得しています。溶接をおこなう工場で使われていましたが、その信頼性の高さからキャンプや調理で使う人が増加しているグローブです。

使用されているのは、アラミドとコットンから生まれた繊維を編んだニット素材で、手の動きによくフィットするのでたき火以外の作業でも活躍してくれます。軍手と変わらないような外見をしていますが、耐熱温度は370℃あるうえ、耐切創性にも優れているのでバーベキューやたき火では頼りになります。

ワンサイズしかありませんが大きめの設計で、いざというときは脱着しやすくなっているので安心です。

Caiman(カイマン)『レボリューション カウ グレイン』

Caiman(カイマン)『レボリューションカウグレイン』 Caiman(カイマン)『レボリューションカウグレイン』 Caiman(カイマン)『レボリューションカウグレイン』

出典:Amazon

米国特許取得デザインの機能性抜群のグローブ

機能性がよく、作業を快適におこなえる溶接用グローブ。米国特許取得の3Dデザインは、手によくフィットするように設計されています。

耐熱性、耐久性にすぐれていながらも、しなやかな感触で装着したときの感触のよさもポイント。つけ心地にこだわりたい方にぴったりです。

キャンプ用グローブおすすめ|牛革製5選

続いては、牛革製のキャンプ用グローブです。こちらもぜひ参考にしてください。

東和コーポレーション『EXTRAGUARD TAKIBI』

東和コーポレーションEXTRAGUARDTAKIBIEG-012Fサイズ《耐久性と耐熱性に優れニオイや汗ムレ対応でプロ現場からキャンプまで》イエロー 東和コーポレーションEXTRAGUARDTAKIBIEG-012Fサイズ《耐久性と耐熱性に優れニオイや汗ムレ対応でプロ現場からキャンプまで》イエロー 東和コーポレーションEXTRAGUARDTAKIBIEG-012Fサイズ《耐久性と耐熱性に優れニオイや汗ムレ対応でプロ現場からキャンプまで》イエロー 東和コーポレーションEXTRAGUARDTAKIBIEG-012Fサイズ《耐久性と耐熱性に優れニオイや汗ムレ対応でプロ現場からキャンプまで》イエロー 東和コーポレーションEXTRAGUARDTAKIBIEG-012Fサイズ《耐久性と耐熱性に優れニオイや汗ムレ対応でプロ現場からキャンプまで》イエロー 東和コーポレーションEXTRAGUARDTAKIBIEG-012Fサイズ《耐久性と耐熱性に優れニオイや汗ムレ対応でプロ現場からキャンプまで》イエロー 東和コーポレーションEXTRAGUARDTAKIBIEG-012Fサイズ《耐久性と耐熱性に優れニオイや汗ムレ対応でプロ現場からキャンプまで》イエロー

出典:Amazon

牛革がオシャレな本格派アウトドアグローブ

直接火を触っても熱さを感じない東和コーポレーションの『EXTRAGUARD TAKIBI』。これならキャンプなどで火を使う際も安心ですよね。手首まですっぽりとカバーしてくれるのも嬉しいポイント。

手を入れる部分は純綿なので、長時間付けていてもムレを防止してくれますよ。

エキスパートのおすすめ

ユニフレーム『キャンプグローブレディース』

ユニフレーム『キャンプグローブレディース』 ユニフレーム『キャンプグローブレディース』 ユニフレーム『キャンプグローブレディース』

出典:Amazon

アウトドア&旅ライター・編集者:大森 弘恵

アウトドア&旅ライター・編集者

たき火好き女子におすすめ!

その名の通り、キャンプグローブとしては珍しい女性用に作られた少し小さなサイズの商品です。現行モデルのロングは肘まですっぽりカバーする長さ45cmですが、このグローブは30cmで、肘と手首に中間あたりまでの長さとなっています。

そのため、たき火や調理シーンのどちらでも使いやすいです。また、デザインはレザーとケブラー糸のコンビネーションが採用されていておしゃれ感がアップしていますので、たき火好き女子におすすめの商品です。

KINCO(キンコ)『Cowhide Driver Gloves #50』

リーズナブルで手に入れやすい

キャンプグローブをはじめて購入する方にぴったりの、リーズナブルなグローブ。フィット感がよく使いやすい商品です。

頑丈な作りで、いろいろな場面で使用することができます。登山やキャンプなどのアウトドアシーンだけでなく、DIYやガーデニングなど、日常使いもできるグローブです。ぜひチェックしてみてください。

STANCO(スタンコ)『耐火グローブ』

アメリカのアウトドアや溶接業界からの信頼が厚い

アメリカの耐火グローブでは圧倒的な支持があるといわれている「STANCO社」製。耐熱温度約300度という耐火性能と、高い耐久性を誇っています。

ストーブやダッチオーブンなどの身近な高温の場所でも安心して使えます。キャンプで使い終わった鉄板を運ぶときにも便利。装着したときの感覚も抜群で、手になじむグローブです。

snow peak(スノーピーク)『キャンパーズミトン』

snowpeak(スノーピーク)『キャンパーズミトン』 snowpeak(スノーピーク)『キャンパーズミトン』 snowpeak(スノーピーク)『キャンパーズミトン』

出典:Amazon

こまかい作業もしやすい! ロブスター形状グローブ

キッチン作業も焚火も両方使えるグローブ。こまかい作業もらくらくできる、抜群の使いやすさが魅力。焚火やキャンプで使用しやすいように開口部分が斜めにデザインされており、着脱もカンタンにできます。

キッチン用のグローブとアウトドア用のグローブはそれぞれ購入しなくてはいけないことがほとんどですが、このグローブならどちらのシーンでも使うことができ、用途が広がります。

キャンプ用グローブおすすめ|その他の素材3選

最後は、その他の素材のキャンプ用グローブです。こちらもぜひ参考にしてください。

エキスパートのおすすめ

snow peak(スノーピーク)『ファイヤーサイドグローブ』

アウトドア&旅ライター・編集者:大森 弘恵

アウトドア&旅ライター・編集者

清潔さを重視する人! インナーグローブが洗濯可能

レザーとポリエステル・コットンの二重構造となっているうえ、耐熱性の高いケブラー糸で縫合されているのでたき火にも安心して使えます。しかもインナーを取り出して洗濯もできるので、清潔さを重視する人にはうれしいグローブです。手を入れるときのレザーの切り口もしなやかなので、痛く感じることはありません。

また、再度の切れ込みの角も丸く作られており、使い手にやさしいグローブだといえます。ワンサイズのみしか販売されていませんので、購入にあたっては注意しましょう。

エキスパートのおすすめ

ウェーバー『プレミアムグローブ』

ウェーバー『プレミアムグローブ』 ウェーバー『プレミアムグローブ』 ウェーバー『プレミアムグローブ』

出典:Amazon

アウトドア&旅ライター・編集者:大森 弘恵

アウトドア&旅ライター・編集者

丸めて収納できるので持ち運びが簡単

二重構造のウール製グローブで、手のひら部分にはシリコンが施されています。ウェーバーはもともとバーベキューグリルのブランドで、200℃のグリル網も安心して掴めるうえ、グリルの中に手を入れて作業しても大丈夫なほど耐熱性の高い商品です。厚手のグローブは指を動かしにくいこともありますが、このグローブはニットなので指の動きにフィットして作業しやすく配慮されています。

サイズは手首より少し長めですが、丸めて収納できる点はレザーにはないメリットです。ワンサイズのみの展開となっているので、購入にあたっては気を付けましょう。

エキスパートのおすすめ

トンボレックス『K-TFG5NV』

アウトドア&旅ライター・編集者:大森 弘恵

アウトドア&旅ライター・編集者

消防やレスキューでも使用されているグローブ

トンボレックスは、消防やレスキューなどプロを応援するグローブ専門メーカーで、過酷な現場でも安全に活用できるように設計された商品が用意されています。このグローブは、消防庁の2011ガイドラインに対応した防火手袋で、アウトドアで使用するキャンパーも増加中です。

プロ仕様なので、熱を感じやすい手の甲もしっかりとケブラー製フェルトで保護しており、サイズも豊富に揃っているので自分の手の大きさにあった商品を選べます。

2017ガイドライン対応の防水タイプ(K-A171NV)も販売中で、いろいろな作業で重宝するグローブです。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
ペトロマックス『アラミドプロ300グローブ』
アツボウグ『耐熱手袋ATS-003』
Caiman(カイマン)『レボリューション カウ グレイン』
東和コーポレーション『EXTRAGUARD TAKIBI』
ユニフレーム『キャンプグローブレディース』
KINCO(キンコ)『Cowhide Driver Gloves #50』
STANCO(スタンコ)『耐火グローブ』
snow peak(スノーピーク)『キャンパーズミトン』
snow peak(スノーピーク)『ファイヤーサイドグローブ』
ウェーバー『プレミアムグローブ』
トンボレックス『K-TFG5NV』
商品名 ペトロマックス『アラミドプロ300グローブ』 アツボウグ『耐熱手袋ATS-003』 Caiman(カイマン)『レボリューション カウ グレイン』 東和コーポレーション『EXTRAGUARD TAKIBI』 ユニフレーム『キャンプグローブレディース』 KINCO(キンコ)『Cowhide Driver Gloves #50』 STANCO(スタンコ)『耐火グローブ』 snow peak(スノーピーク)『キャンパーズミトン』 snow peak(スノーピーク)『ファイヤーサイドグローブ』 ウェーバー『プレミアムグローブ』 トンボレックス『K-TFG5NV』
商品情報
特徴 短時間なら熾火の薪をつかめる耐熱性の高さがウリ 海外でも認められているキャンプグローブ 米国特許取得デザインの機能性抜群のグローブ 牛革がオシャレな本格派アウトドアグローブ たき火好き女子におすすめ! リーズナブルで手に入れやすい アメリカのアウトドアや溶接業界からの信頼が厚い こまかい作業もしやすい! ロブスター形状グローブ 清潔さを重視する人! インナーグローブが洗濯可能 丸めて収納できるので持ち運びが簡単 消防やレスキューでも使用されているグローブ
素材 アラミド繊維 アラミド 43%、綿 57% アラミド繊維(縫製糸:ゲブラー糸) 牛床革、綿、表革 牛革 牛革 牛革(裏地:綿布地、縫製糸:ケブラー糸) 牛革、綿、ポリエステル 【アウターグローブ】スエード革(ケブラー糸使用)、【インナーグローブ】ポリエステル・コットン(表地難燃繊維使用) ウール二重構造、シリコン製(手のひら部分) ケブラー®繊維製ニット、牛革(撥水加工)
掌回り×手長(cm) - フリーサイズ 24×25.5~26cm 中指の長さ8.5cm、手のひら周り24cm 約30cm 11(幅)×23cm 22×26cm 全長34cm 約13.0cm×20.3cm×5.3cm 【S】19.5cm-20.5cm×17.0cm-18.0cm、【M】21.0cm-22.0cm×18.0cm-19.0cm
耐熱温度 約300度 370度 - 300度 - 200度 -
商品リンク

※各社通販サイトの 2021年6月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月17日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする キャンプ グローブの売れ筋をチェック

Amazon、Yahoo!ショッピングでのキャンプ グローブの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:耐火グローブランキング
Yahoo!ショッピング:バーベキュー キャンプ グローブランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

自分にピッタリの商品を選ぼう

本記事では、キャンプ用グローブの種類や素材ごとの特徴、選び方やおすすめ商品を紹介しましたが、いかがでしたか?

商品を選ぶ際は、素材ごとの特徴をしっかり把握した上で、耐熱性と耐久性を確認しつつ、ショートか、ロングか、グローブのタイプを選び、そしてフィット感なども重視すると、アウトドアで使いやすく、自分にピッタリの商品を選ぶことができます。

キャンプグローブはバーベキューや焚き火など、さまざまな場面で使用することができます。こまかい作業もかんたんに行なえるタイプのグローブもあり、自分の好きなタイプのグローブを選ぶ楽しみも。 本革製のグローブは使うほど手になじんでくるので、育てる楽しみもありますね。

本記事で紹介したハンドグローブは、アウトドアだけではなく、ふだん使いできるタイプのものもたくさんあります。シーンを選ばず使えて便利です。ぜひ参考にしてみてください。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

映画・アニメ鑑賞が趣味の20代編集部員。ホラー以外ならなんでも好みで、学生時代は800本以上の作品を鑑賞。知りたがりで、気になったことは何でも調べてしまう半面、興味のないことには見向きもしない性格。ちなみに、夏でも冬でも半袖Tシャツを着る根っからの暑がりで、冷暖房の気温はみんなが寒いと思うくらいがちょうどいい。担当は『家電』『アウトドア』『ホビー』など。

関連する記事


バーベキュー用の炭おすすめ14選|臭いや煙のでない成形炭も紹介

バーベキュー用の炭おすすめ14選|臭いや煙のでない成形炭も紹介

バーベキューやキャンプで便利な燃料といえば炭ですが、種類も使い方もさまざまなタイプのものが販売されています。調理時や後片付けがしやすい、臭いや煙の出ないオガ炭も紹介します。さらamazonやヤフーの人気売れ筋ランキングや比較一覧表もありますのでぜひチェックしてみてください。

tag icon キャンプ用薪・炭・着火剤・火おこし器 , キャンプ用調理器具 , ファミリーキャンプ

着火剤のおすすめ17選|初心者も火起こししやすいタイプを紹介!

着火剤のおすすめ17選|初心者も火起こししやすいタイプを紹介!

アウトドアの焚火やバーベキューの火起こしを簡単にする着火剤。ロゴス、キャプテンスタッグなどのキャンプメーカーからはもちろん、最近ではダイソーなど100均からも販売されています。本記事では、着火剤の選び方やおすすめ商品をご紹介します。通販サイトにおける最新人気ランキングもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。

tag icon キャンプファイヤー , アウトドア・キャンプ

コンパクトサイズの焚き火台おすすめ7選|軽量で持ち運びも便利な商品をご紹介!

コンパクトサイズの焚き火台おすすめ7選|軽量で持ち運びも便利な商品をご紹介!

環境保護の観点から、地面に直接火を焚く「直火」を禁止するキャンプ場が増えています。そこで、必需品となってきたのが焚き火台。暖を取る、火を囲んで談笑する、調理するなど多彩に活躍してくれます。この記事では、コンパクトサイズの焚き火台のおすすめ商品ご紹介しています。焚き火台の選び方のポイントなども掲載しているので是非、焚き火台選びの参考にしてみてください。

tag icon キャンプ用コンロ・グリル , 焚き火グッズ , 調理器具

キャンプ用薪ストーブおすすめ12選|テントでも使える!コンパクトなモデルや日本製も!

キャンプ用薪ストーブおすすめ12選|テントでも使える!コンパクトなモデルや日本製も!

最近ではキャンプ用薪ストーブの種類が増えて入手しやすくなりました。キャンプ用の薪ストーブは収納性もよく、持ち運びしやすいのが特長です。ここでは、キャンプライター・中山一弘さんと編集部が選んだ薪ストーブのおすすめと選び方のコツ、使い方についてご紹介します。記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

tag icon キャンプ用薪・炭・着火剤・火おこし器 , キャンプ用調理器具 , ファミリーキャンプ

アウトドアに便利な固形燃料おすすめ8選|種類ごとの特徴や選び方も解説

アウトドアに便利な固形燃料おすすめ8選|種類ごとの特徴や選び方も解説

キャンプやアウトドアで、手軽に調理を楽しめる「固形燃料」。旅館での料理や災害時の備えとしても人気のアイテムです。しかし、種類や燃焼時間、保存方法など、さまざまな固形燃料があるため何を選べばいいか悩んでしまいますね。本記事では、固形燃料の種類ごとの特徴や選び方、そしておすすめ商品をご紹介。さらに、通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。

tag icon キャンプ用薪・炭・着火剤・火おこし器 , キャンプ用調理器具 , ソロキャンプ

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。