【アウトドア&旅ライター・編集者に聞く】ワンポールテントおすすめ10選

【アウトドア&旅ライター・編集者に聞く】ワンポールテントおすすめ10選

アウトドア&旅ライター・編集者:大森 弘恵
アウトドア&旅ライター・編集者
大森 弘恵

オートキャンプ雑誌、アウトドア雑誌の編集部を経て、フリーランスに。 現在はアウトドア(おもにキャンプとウインターアクティビティ、野外料理)、旅をテーマに雑誌やWEBマガジンで活動。 趣味は30年ほど前からはじめた国内外でのオフロード・ツーリング&キャンプ。最近、ハンモック泊の心地よさに感激。

キャンプ経験者から絶大な人気を誇るワンポールテント。かわいらしい三角形のフォルムと手軽さが人気のテントですが、メーカーごとに機能や特徴が違うので、テント初心者は、どれを買うべきか迷ってしまうこともあるのではないでしょうか?そこで今回は、アウトドア&旅ライターで編集者でもある大森弘恵さんへの取材をもとに、おすすめのワンポールテントをご紹介いたします!


ワンポールテントの選び方|アウトドア&旅ライター・編集者に聞く

夜のワンポールテント

Photo by Kal Visuals on Unsplash

アウトドア&旅ライター・編集者の大森弘恵さんに、ワンポールテントを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。

フロアの端のほうまで使えるか

アウトドア&旅ライター・編集者

ワンポールテントは壁面がすべての面で傾斜しているので、端のほうには座ることができないうえ、寝た状態でも圧迫感を感じてしまいます。

とくにフロア面積に比べて背が低いワンポールテントは大変です。

張り綱やサブポールなどを利用し、少しでもフロアから垂直に立ち上がった構造であれば、このワンポールテントならではの圧迫感を解消でき、フロアを有効利用できます。

日差しや雨が入りにくい機能が便利

アウトドア&旅ライター・編集者

ワンポールテントのドアパネルは、そのままでは日差しが入りやすく、雨が降ると出入りするたびに入り口付近が濡れてしまいます。

そのため、小さくてもいいのでひさしがほしいところ。

もっともシンプルなのは、ポールで跳ね上げられるドアパネル。軽く、扱いも簡単です。

また、少々重量が増えてしまいますが、フレームを通してドアを垂直にして雨や日差しが入りにくくするタイプのものも増えています。

横からの雨や直射日光を防ぎやすく、より安心です。

キャンパルジャパン『ogawa グロッケ8』

小さめながらもひさしつき。

>> Amazonで詳細を見る

冬キャンプも狙うなら煙突穴付き

アウトドア&旅ライター・編集者

ワンポールテントは煙突効果(排煙効果)を期待できるため、上部のベンチレーターを開けると換気が素早いことでも知られています。

そのため、大型のコットン製ファミリー用ワンポールテントの中には煙突穴を設けているものがあります。

もちろん、どんな状態でも安全とは言い切れないため上級者向けではありますが、いずれ冬キャンプに挑戦したいなら、煙突穴はあるとうれしい機能のひとつ。

ただし、ポリコットン(TC)を含むコットン製は重く、雨や雪で濡れると大変なので覚悟は必要です。

ワンポールテント10選|アウトドア&旅ライター・編集者のおすすめ

テントの中から外をのぞむ

Photo by Scott Goodwill on Unsplash

ここまでに紹介したワンポールテントの選び方のポイントをふまえて、実際にアウトドア&旅ライター・編集者の大森弘恵さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

キャンパルジャパン『ogawa アテリーザ』

出典:Amazon

本体サイズ
幅410×奥行375×高さ260cm
収納サイズ
幅80×奥行29×高さ29cm
材質
フライ:ポリエステルリップストップ75d(耐水圧1800mm)、グランドシート:ポリエステル150d(耐水圧1800mm)
重量
総重量(付属品除く):10.3㎏
付属品
グランドシート、張り出しポール180cm、張り網、アイアンハンマー、スチールピン、収納袋
対応人数
6人
カラー
ライトグレー×グレー
Thumb lg d2773db1 52e6 43a2 b3f0 a6660de68ebb
アウトドア&旅ライター・編集者

ちょっと変わったY型ポールで上部広々

ワンポールではありますが、上部が二またに分かれたY型ポールを採用。これにより上部空間が広がり、ワンポールの窮屈感を軽減しています。

ドアは、同社のピルツ(八角錐テント)同様、横からの日差しも防ぐひさし機能を搭載。トップのベンチレーター、下部のひさし付きのベンチレーターとサイドの三角メッシュで換気を行います。

フロアは六角形で410×375cm。3人家族なら別売のハーフインナーを装着し、2ルーム的に使ってもいいでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

キャンパルジャパン『ogawa ピルツ9‐DX』

出典:Amazon

本体サイズ
幅320×奥行350×高さ245cm
収納サイズ
幅78×奥行22×高さ22㎝
材質
本体:ポリエステルリップストップ75d(耐水圧1800mm)、グランドシート:ポリエステル210d(耐水圧1800mm)ほか
重量
幕体:約6.1kg、ポール:約1.0kg
付属品
張り出しポール、スチールピン、張網、金づち、収納袋
対応人数
4人
カラー
ブラウン×サンド、レッド×サンド
Thumb lg d2773db1 52e6 43a2 b3f0 a6660de68ebb
アウトドア&旅ライター・編集者

ワンポール人気の火付け役「ピルツ」の小型版

日本のファミリーキャンプシーンにワンポールテントを広めた歴史的なモデルです。

ピルツシリーズには、いろいろなサイズが用意されていますが、これは八角形、320×320cmのコンパクトなモデル。

ひさしや25cmの立ち上がり、トップのベンチレーターなど高温多湿な日本にフィットするよう設計されています。

グラウンドシートを取り外してシェルターのように使ったり、寒い時期は別売フルインナーを取り付けたり、シーンによって使い分けられるのもポイントです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

キャンパルジャパン『ogawa グロッケ8』

出典:Amazon

本体サイズ
幅215×奥行335×高さ225cm
収納サイズ
幅76×奥行28×高さ28cm
材質
フライ(屋根部):ポリエステルリップストップ75d、グランドシート:ポリエステル210d(耐水圧はともに1800mm)ほか
重量
総重量(付属品除く):8.6kg、付属品重量:約2.8kg
付属品
グランドシート、張り網、アイアンハンマー、スチールピン、収納袋
対応人数
4人
カラー
サンドベージュ×ダークブラウン
Thumb lg d2773db1 52e6 43a2 b3f0 a6660de68ebb
アウトドア&旅ライター・編集者

取り扱いが簡単な軽量ワンポール

フロアは215×335cmの五角形。コンパクトで楽に扱える4人用ワンポールテントですが、立ち上がりが72cmもあるおかげで驚くほど広く感じます。

出入り口はA型フレームを差し込むことでほぼ垂直に。また、小さめながらひさし付きなので雨天でも安心です。

これだけの機能で総重量が10kgを切るので、ママが子どもたちを連れてキャンプに行く場合でも安心して設営できます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

カンセキ『tent-Mark DESIGNS サーカス300ST』

出典:Amazon

本体サイズ
幅310×奥行310×高さ255cm
収納サイズ
幅34×奥行76×高さ33cm
材質
本体:ポリエステル210d(表面テフロン加工・裏面ポリウレタンコーティング・UVプロテクション加工) ほか
重量
総重量14kg(本体6.8kg、グランドシート1.3kg、ポール4.6kg)
付属品
張り網(1.5m×6本、3.5m×3本、4m×1本)、アルミ製ペグ19本、スチールペグ4本、収納袋
対応人数
-
カラー
-
Thumb lg d2773db1 52e6 43a2 b3f0 a6660de68ebb
アウトドア&旅ライター・編集者

60cmの立ち上がりと大型メッシュで快適

ワンポールテントにコーナーポールを装備することで、60cmもの立ち上がりを実現しています。

端のほうに寝転んでも問題なく眠っていられるほど。出入り口はひさしを搭載するなど、ワンポールテントの弱点を解消させたテントです。

雨が入ることなく換気できる下部ベンチレーター、大きなメッシュパネル、ファスナーを開いて土間にできるグラウンドシートなど、日本のキャンプシーンにあったユニークな仕様をたっぷり盛り込んでいます。

フロアは約300×300cmのスクエア。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

コールマンジャパン『エクスカーションティピー/325+ スタートパッケージ』

出典:Amazon

本体サイズ
幅325×奥行230×高さ200cm
収納サイズ
-
材質
フライ:75dポリエステルタフタ(ダークルーム テクノロジー、UVPRO、シームシール)ほか
重量
6.6kg
付属品
ペグ、ロープ、収納ケース
対応人数
3~4人
カラー
-
Thumb lg d2773db1 52e6 43a2 b3f0 a6660de68ebb
アウトドア&旅ライター・編集者

真っ暗なテントで温度上昇を抑える

いち早くひさし付きワンポールテントを採用したコールマンの2019年新作は、日光を90%ブロックし室内て温度の上昇を抑えるダークルームテクノロジーを搭載。室内は真っ暗になります。

温度上昇を抑えると同時に、早朝の日差しも遮ってくれるので真夏でもゆっくり眠れるでしょう。クリアルーフにすることで適度に光を採り入れることも可能です。

六角形フロアは230×325cmでやや小振りで、3〜4人の家族向き。グランドシートとテントシートのセットでオトクなパッケージです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ロゴスコーポレーション『ナバホEX Tepeeリビング400‐AI』

出典:Amazon

本体サイズ
約幅465×奥行400×高さ235cm
収納サイズ
約幅56×奥行21×高さ21cm
材質
フレーム:7075超々ジュラルミン、フライシート:難燃性68dポリエステルタフタ(耐水圧1,600mm、UV‐CUT加工) ほか
重量
約8.6kg
付属品
-
対応人数
4~5人
カラー
ベージュ×ナバホ柄
Thumb lg d2773db1 52e6 43a2 b3f0 a6660de68ebb
アウトドア&旅ライター・編集者

大きな前室が頼もしい

人気のナバホTepeeシリーズに前室がプラスされた新作。

約120cmの前室が備わっているうえ、ドアパネルは張り上げ可能となっていて雨の日でも出入りに苦労しない仕様です。

インナーテントには、電気コードの取り込み口を装備するなど、オートキャンプサイトでの今どきのキャンプに便利な機能を用意しています。

フロアは六角形で、400×345cmと家族4〜5人利用でゆったり過ごせる設計です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

パール金属『キャプテンスタッグ CSクラシックス ワンポールテント オクタゴン460UV』

出典:Amazon

本体サイズ
幅460×奥行460×高さ300cm
収納サイズ
幅74×奥行23×高さ23cm
材質
フライ:ポリエステルリップストップ210T(PU2000mm)、インナー:ウォール=ポリエステル185T(通気性撥水加工)ほか
重量
11.5kg
付属品
ひさし用ポール2本、ガイドロープ(長)8本、(短)2本、ペグ18本、ハンマー1本、ポール用収納袋1枚、ペグ用収納袋1枚 ほか
対応人数
~8人
カラー
ホワイト
Thumb lg d2773db1 52e6 43a2 b3f0 a6660de68ebb
アウトドア&旅ライター・編集者

待望の別売インナーテントが誕生

450×420cmの八角形フロアをもつワンポールテントで、最大8人が就寝できます。

出入り口は張り上げ可能。立ち上がりはさほどありませんが、ポールの高さは300cmで、白く明るいテントは心地よくスペック以上に広く感じます。

半面、寒い時期には少々厳しいという欠点がありますが、2019年春よりオクタゴン460UV用インナーテント(4人用)が登場。冷え込む夜でもあたたかく眠れるようになったのは朗報です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ファロスインターナショナル『テンティピ ジルコン 7 CP』

出典:Amazon

本体サイズ
幅450×高さ270cm
収納サイズ
縦26cm×横62cm
材質
Breathable Cotpolmex C.(コットン、ポリエステル混紡)
重量
10.9kg
付属品
アルミニウムペグ、コンプレッション機能付き収納バッグ、日本語レファレンスガイド
対応人数
4~8人
カラー
ベージュ
Thumb lg d2773db1 52e6 43a2 b3f0 a6660de68ebb
アウトドア&旅ライター・編集者

煙突ポート付き! 快適オプションも豊富

TC製の八角錐ワンポールテント。北欧生まれで、薪ストーブ用の煙突ポートを装備していることで人気が高い商品です。

フロアのサイズは450×450cmで最大8名が就寝可能。入り口は巻き上げるだけなので雨が入りやすいですが、別売のポーチを使うことで前室を作ることができます。

ほかにもインナーテントやドライイングレイルなど別売の快適アイテムが豊富。

より大きなサイズもありますが、区画サイトに入りきらない場合もあるので、日本のキャンプ場では7が扱いやすいでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ノルディスクジャパン『アスガルド12.6』

出典:Amazon

本体サイズ
幅400×奥行372×高さ250cm
収納サイズ
直径30×高さ95cm
材質
ポリエステル65%、コットン35%
重量
21kg
付属品
ポール(スチール製)2本
対応人数
6人
カラー
ホワイト
Thumb lg d2773db1 52e6 43a2 b3f0 a6660de68ebb
アウトドア&旅ライター・編集者

サイドを全面巻き上げて日よけに

グランピング人気とともに一躍脚光を浴びた北欧生まれのノルディスク。同社レガシーシリーズはTCを用いており、湿気の多い日本の夏でも心地よく過ごせるテントがそろっています。

なかでもアスガルドは、立ち上がりが70cmのモンゴルのゲオをイメージしたワンポールテント。A型フレームをドアパネル部分に装着するので、背が高く出入りしやすくなっています。また、下部を巻き上げてタープのようにできるのもおもしろいところ。

フロアは、変形12角形で400×372cm。別売インナーキャビンもあります。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

CanvasCamp『SIBLEY 400 PROTECH』

本体サイズ
幅400×奥行400×高さ250cm
収納サイズ
幅102×奥行34×高さ34cm
材質
コットン100%
重量
28.8kg
付属品
ペグ、ガイライン
対応人数
4人
カラー
-
Thumb lg d2773db1 52e6 43a2 b3f0 a6660de68ebb
アウトドア&旅ライター・編集者

虫を遮断する全周メッシュで虫嫌いでも安心

400×400cmのフロアを持つコットンキャンバス製ワンポールテント。

立ち上がりは60cmでメッシュを装備しているため、サイドを巻き上げて全周をスクリーンにすることができます。虫を気にすることなく風を取り入れられるのがありがたいポイントです。

冬は、別売のモジュールストーブジャックを取り付けて薪ストーブの利用が可能です。総重量28.8kgと重量級ですが、オールシーズン活躍してくれるでしょう。

一覧表でおすすめ商品を比較する

画像

キャンパルジャパン『ogawa アテリーザ』
キャンパルジャパン『ogawa ピルツ9‐DX』
キャンパルジャパン『ogawa グロッケ8』
カンセキ『tent-Mark DESIGNS サーカス300ST』
コールマンジャパン『エクスカーションティピー/325+ スタートパッケージ』
ロゴスコーポレーション『ナバホEX Tepeeリビング400‐AI』
パール金属『キャプテンスタッグ CSクラシックス ワンポールテント オクタゴン460UV』
ファロスインターナショナル『テンティピ ジルコン 7 CP』
ノルディスクジャパン『アスガルド12.6』
CanvasCamp『SIBLEY 400 PROTECH』

商品

キャンパルジャパン『ogawa アテリーザ』 キャンパルジャパン『ogawa ピルツ9‐DX』 キャンパルジャパン『ogawa グロッケ8』 カンセキ『tent-Mark DESIGNS サーカス300ST』 コールマンジャパン『エクスカーションティピー/325+ スタートパッケージ』 ロゴスコーポレーション『ナバホEX Tepeeリビング400‐AI』 パール金属『キャプテンスタッグ CSクラシックス ワンポールテント オクタゴン460UV』 ファロスインターナショナル『テンティピ ジルコン 7 CP』 ノルディスクジャパン『アスガルド12.6』 CanvasCamp『SIBLEY 400 PROTECH』

特徴

ちょっと変わったY型ポールで上部広々 ワンポール人気の火付け役「ピルツ」の小型版 取り扱いが簡単な軽量ワンポール 60cmの立ち上がりと大型メッシュで快適 真っ暗なテントで温度上昇を抑える 大きな前室が頼もしい 待望の別売インナーテントが誕生 煙突ポート付き! 快適オプションも豊富 サイドを全面巻き上げて日よけに 虫を遮断する全周メッシュで虫嫌いでも安心

価格

Amazon : ¥ 105,840
楽天市場 : ¥ 105,840
Yahoo!ショッピング : ¥ 106,364
※各社通販サイトの 2019年3月24日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 81,000
楽天市場 : ¥ 81,000
Yahoo!ショッピング : ¥ 99,920
※各社通販サイトの 2019年3月24日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 84,240
楽天市場 : ¥ 84,240
Yahoo!ショッピング : ¥ 96,568
※各社通販サイトの 2019年3月24日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 21,384
楽天市場 : ¥ 50,544
Yahoo!ショッピング : ¥ 79,843
※各社通販サイトの 2019年3月24日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 34,364
Yahoo!ショッピング : ¥ 37,113
※各社通販サイトの 2019年3月24日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 46,440
楽天市場 : ¥ 42,984
Yahoo!ショッピング : ¥ 42,984
※各社通販サイトの 2019年3月24日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 26,655
楽天市場 : ¥ 31,000
Yahoo!ショッピング : ¥ 31,000
※各社通販サイトの 2019年3月24日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 170,640
楽天市場 : ¥ 170,640
Yahoo!ショッピング : ¥ 170,640
※各社通販サイトの 2019年4月3日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 116,640
楽天市場 : ¥ 127,440
Yahoo!ショッピング : ¥ 127,440
※各社通販サイトの 2019年3月24日時点 での税込価格
公式オンラインショップ : 105,000円(税込)

本体サイズ

幅410×奥行375×高さ260cm 幅320×奥行350×高さ245cm 幅215×奥行335×高さ225cm 幅310×奥行310×高さ255cm 幅325×奥行230×高さ200cm 約幅465×奥行400×高さ235cm 幅460×奥行460×高さ300cm 幅450×高さ270cm 幅400×奥行372×高さ250cm 幅400×奥行400×高さ250cm

収納サイズ

幅80×奥行29×高さ29cm 幅78×奥行22×高さ22㎝ 幅76×奥行28×高さ28cm 幅34×奥行76×高さ33cm - 約幅56×奥行21×高さ21cm 幅74×奥行23×高さ23cm 縦26cm×横62cm 直径30×高さ95cm 幅102×奥行34×高さ34cm

材質

フライ:ポリエステルリップストップ75d(耐水圧1800mm)、グランドシート:ポリエステル150d(耐水圧1800mm) 本体:ポリエステルリップストップ75d(耐水圧1800mm)、グランドシート:ポリエステル210d(耐水圧1800mm)ほか フライ(屋根部):ポリエステルリップストップ75d、グランドシート:ポリエステル210d(耐水圧はともに1800mm)ほか 本体:ポリエステル210d(表面テフロン加工・裏面ポリウレタンコーティング・UVプロテクション加工) ほか フライ:75dポリエステルタフタ(ダークルーム テクノロジー、UVPRO、シームシール)ほか フレーム:7075超々ジュラルミン、フライシート:難燃性68dポリエステルタフタ(耐水圧1,600mm、UV‐CUT加工) ほか フライ:ポリエステルリップストップ210T(PU2000mm)、インナー:ウォール=ポリエステル185T(通気性撥水加工)ほか Breathable Cotpolmex C.(コットン、ポリエステル混紡) ポリエステル65%、コットン35% コットン100%

重量

総重量(付属品除く):10.3㎏ 幕体:約6.1kg、ポール:約1.0kg 総重量(付属品除く):8.6kg、付属品重量:約2.8kg 総重量14kg(本体6.8kg、グランドシート1.3kg、ポール4.6kg) 6.6kg 約8.6kg 11.5kg 10.9kg 21kg 28.8kg

付属品

グランドシート、張り出しポール180cm、張り網、アイアンハンマー、スチールピン、収納袋 張り出しポール、スチールピン、張網、金づち、収納袋 グランドシート、張り網、アイアンハンマー、スチールピン、収納袋 張り網(1.5m×6本、3.5m×3本、4m×1本)、アルミ製ペグ19本、スチールペグ4本、収納袋 ペグ、ロープ、収納ケース - ひさし用ポール2本、ガイドロープ(長)8本、(短)2本、ペグ18本、ハンマー1本、ポール用収納袋1枚、ペグ用収納袋1枚 ほか アルミニウムペグ、コンプレッション機能付き収納バッグ、日本語レファレンスガイド ポール(スチール製)2本 ペグ、ガイライン

対応人数

6人 4人 4人 - 3~4人 4~5人 ~8人 4~8人 6人 4人

カラー

ライトグレー×グレー ブラウン×サンド、レッド×サンド サンドベージュ×ダークブラウン - - ベージュ×ナバホ柄 ホワイト ベージュ ホワイト -

商品情報

ここもチェック!アウトドア&旅ライター・編集者からアドバイス

テント脇でくつろぐ女性
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0
アウトドア&旅ライター・編集者

ワンポールテントはインナーテントやグラウンドシートを取り外してシェルターのように使えるものが多く、取り外しできるタイプはアレンジの幅が広がります。購入前に、簡単にシートを着脱できるかどうかも確認しておきたいところ。

また、その構造上、自立はできません。大型のワンポールテントは非常に居住性が高く快適ですが、八角形以上のモデルが多く、その分ペグの本数が増えます。硬い地面では設営に時間がとられるので、大型ワンポールテントを選ぶ際はペグの本数にも注意してください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(マイナビおすすめナビ編集部 花島優史)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【トレッキング用リュックおすすめ5選!】アウトドアライターに聞く|フィットする商品の選び方

【トレッキング用リュックおすすめ5選!】アウトドアライターに聞く|フィットする商品の選び方

アウトドアライターの夏野 栄さんに、トレッキング用リュックのおすすめ商品5選と選び方を教えてもらいました。山へ行くのに欠かすことができないアイテムといえば、まずはリュックですよね。疲れや身体への負担を軽くするためにも体型や目的に合ったものを使う必要がありますが、各ブランドから数多くのモデルが販売されていて選ぶのが難しいと感じている人も多いようです。そこで、アウトドアライターの夏野 栄さんにお話しをうかがい、トレッキング用リュックを選ぶポイントを解説していただきました。後半では各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、ぜひトレッキング用リュック選びの参考にしてください。


【アウトドアライターに聞く!】登山用のザックカバーおすすめ5選|軽量・防水

【アウトドアライターに聞く!】登山用のザックカバーおすすめ5選|軽量・防水

アウトドアライターの夏野 栄さんに登山用ザックカバーの選び方とおすすめの商品を教えていただきました。登山用のザックを購入するなら、あわせてそろえておきたいのがザックカバーです。山の天気は変わりやすいもの。ザックカバーは雨や雪はもちろん、ときにはホコリや砂からも大切な荷物を守ってくれます。後半では各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載しています。備えあれば憂いなし。いざというとき頼りになる登山用ザックカバー選びの参考にしてください。


【アタックザック】の選び方&おすすめ5選|アウトドアライターが商品を厳選!

【アタックザック】の選び方&おすすめ5選|アウトドアライターが商品を厳選!

アウトドアライターの夏野 栄さんが選ぶアタックザックのおすすめ5選をご紹介します。登山では山小屋やベースキャンプから頂上を目指す場合などに、最小限の荷物だけを持って挑むことがあります。こうしたときに役立つのが「アタックザック」や「サミットパック」と呼ばれる、携帯性にすぐれた予備のザックです。糸や生地の品質に加えてザックそのものの性能が向上し、各メーカーから軽量でコンパクトな製品が数多くリリースされています。そこで、夏野さんにアタックザックを選ぶポイントをうかがい、おすすめの商品について解説していただきました。記事後半の各通販サイトの売れ筋ランキングとあわせて参考にしてみてください。


【クライミングロープ】のおすすめ商品5選|アウトドアライターが選び方を解説

【クライミングロープ】のおすすめ商品5選|アウトドアライターが選び方を解説

アウトドアライターの夏野 栄さんが選ぶクライミングロープ5選をご紹介します。クライミングにもさまざまな種類があり、それぞれ適したロープがあります。命を預けることになるロープなので、安全性を考慮して商品を選びたいですよね。そこで、夏野さんに選ぶときに気をつけるポイントとおすすめの商品について教えてもらいました。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


キャンプライターが選ぶ【DODテント5選】| 個性的なテントを求めるキャンパーにもおすすめ!

キャンプライターが選ぶ【DODテント5選】| 個性的なテントを求めるキャンパーにもおすすめ!

DODは日本のアウトドア用品メーカーですが、従来はドッペルギャンガーアウトドアというブランド名で知られていました。2018年2月からはDOD(ディーオーディー)にブランド名が変更され、今ではウサギとDODが組み合わされたロゴマークのテントやタープでおなじみです。ちなみに現在ではドッペルギャンガーというブランドは、同社の自転車ブランド名になっています。DODは幅広いアウトドア用品を提供していますが、テーブル・チェアや焚火用品をはじめ、ユニークな名前や機能を持つ製品が多いのも特徴です。この記事では、キャンプライターの中山一弘さんがDODテントの選び方のコツとおすすめ商品を紹介します。


最新の記事


パーソナルトレーナーがおすすめ【フィットネスシューズ5選】|ジム通いに必須

パーソナルトレーナーがおすすめ【フィットネスシューズ5選】|ジム通いに必須

パーソナルトレーナーの田子政昌さんに、フィットネスシューズの選び方とおすすめ商品を紹介してもらいました。フィットネスシューズも、そのほかのスポーツシューズに近い構造となっている場合が多いですが、野外の運動シューズを室内で使うと、床に跡が残ってしまったりして迷惑がかかってしまいます。また、動作の際の適切なクッション性も感じることができ安全性も高まるので、やはりジムに通う際はフィットネスシューズを使用した方が無難です。パーソナルトレーナーの田子政昌さんの意見を参考にして、自分に合ったシューズで快適なフィットネスライフを楽しみましょう。


40代におすすめの化粧下地7選【ヘア&メイクアップアーティストに取材】

40代におすすめの化粧下地7選【ヘア&メイクアップアーティストに取材】

40代になるとホルモンバランスの乱れなどから肌の変化を感じやすくなりますが、流行のファッションやメイクを取り入れ、若々しさを維持したいという願望を持つ方も多いですよね。ファンデーションだけでカバーするのではなく、ツヤ感のある化粧下地を上手に取り入れて素肌が輝いていきき見えるベース作りを目指しましょう。そこで、本記事ではヘア&メイクアップアーティストの渡辺みゆきさんへの取材をもとに、40代用化粧下地の選び方とおすすめ商品を紹介していきます。


【振動スピーカー】の選び方&おすすめ5選|家電コンシェルジュが商品を厳選!

【振動スピーカー】の選び方&おすすめ5選|家電コンシェルジュが商品を厳選!

家電コンシェルジュが選ぶ振動スピーカー5選をご紹介します。机や棚の振動を利用して音を増幅する振動スピーカー。一度使えば、自宅使用だけでなく旅行などにも手放せない存在になるでしょう。しかし、振動スピーカーを販売しているのは日本では無名なメーカーが多いため、選ぶのに困ることも。そこで、家電ライターの松本レイナさんにお話をうかがい、おすすめの選び方から厳選した商品までをご紹介いただきました。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


【名刺スキャナー】の選び方&おすすめ6選|ガジェットレビュアーが商品を厳選!

【名刺スキャナー】の選び方&おすすめ6選|ガジェットレビュアーが商品を厳選!

ガジェットレビュアーが選ぶ名刺スキャナー6選をご紹介します。名刺は捨てることがあまりないので、たまる一方ですよね。名刺スキャナーがあれば、ファイルにまとめる必要はなく、大量の名詞を手軽に管理することが可能です。本記事では、大くのガジェットをレビューしている東雲八雲さんに、名刺スキャナーのおすすめ商品を教えてもらいました。かんたんに使える商品もたくさんありますので、ぜひお気に入りの1台を見つけてみてください。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてくださいね。


【スマートキーケース】のおすすめ商品8選|カージャーナリストが選び方を解説

【スマートキーケース】のおすすめ商品8選|カージャーナリストが選び方を解説

カージャーナリストが選ぶスマートキーケース8選をご紹介します。スマートキーの持ち運びと保護に役立つスマートキーケースですが、リレーアタック対策が施されているタイプや、防水加工が施されているタイプなど、商品によって機能が異なります。本記事では、スマートキーケースのおすすめ商品と選び方について、カージャーナリストの松村 透さんにお話をうかがいました。各商品の特徴を見比べて、用途に合ったスマートキーケースを選びましょう。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。