【決定版】使いやすい出刃包丁のおすすめ22選|初心者から高級プロ仕様まで!

【決定版】使いやすい出刃包丁のおすすめ22選|初心者から高級プロ仕様まで!
料理研究家&食専門ライター
松本葉子

紙媒体およびwebで食関連記事を執筆するほか、食物学専攻の学生時代から継続している料理研究および多くの料理人や飲食店、生産現場を取材してきた経験を生かして食品メーカーや飲食店などにレシピ提供・メニューアドバイスを行っている。 また、毎日のように取り寄せる食品・調理関連品の中から厳選した「価値あるお取り寄せ情報」を限定読者に発信していたが、近くブログとして公開予定。

この記事では、料理研究家の松本葉子さんへの取材をもとに、出刃包丁の選び方と2020年最新版のおすすめの商品を紹介します。魚をさばくときに必要な「出刃包丁」。出刃包丁は切れ味が大切ですが、大きさも材質もさまざまです。通販サイトの売れ筋人気ランキングも掲載しているのであわせてチェックしてくださいね!


出刃包丁とは?

マグロを切る様子
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

出刃包丁は切れ味が魅力。切った断面がきれいなので、料理の見た目もアップします。

出刃包丁とは、魚をさばくときに使う和包丁のことで、刃が厚くずっしりと重みがあります。鋭利な切れ味も特徴で、魚や鳥などを骨ごと切ることもできます。刃の背中でうろこをとったり、肉類をたたいてつみれにしたりと幅広い調理に使えるため、ひとつ持っておくと便利です。

本出刃・中出刃(相出刃)・小出刃など種類がありますが、家庭用にべんりなのは刃渡り15~16cmほどの「中出刃包丁」や10cmほどの「小出刃包丁」です。

【料理研究家に聞く】実用的な出刃包丁の選び方

料理研究家の松本葉子さんに、出刃包丁を選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。

包丁と鰹
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

自分にあった出刃包丁を見つけて、もっと料理を楽しみましょう!

出刃包丁のサイズは魚種で選ぶ

出刃包丁には、本出刃包丁、中出刃包丁、小出刃包丁、アジ切り包丁などの種類があり、それぞれ形状や刃の長さ・厚み・幅が違います。

また、まな板の大きさや調理台の広さ、収納場所のスペースも選ぶ際のポイントとなります。

「本出刃包丁」 タイ、ハマチ、ブリなどの中型魚に

「本出刃包丁」はもっとも一般的な出刃包丁のことを指し、魚をおろしたり、骨をたたいたりなど、魚の下処理全般に用いられます。全体的に重量感と厚みがあり、丈夫なのが特徴です。タイやハマチ、ブリなどの中型魚をさばくのに適します。

家庭用には刃渡り15cmほどのものがよく使われます。魚以外に、肉をさばいたり、カニなどの甲殻類の殻を割ったりする作業にも使えます。タイやハマチ、ブリなどの中型魚本格的に魚料理をしたい人におすすめです。

「中出刃包丁(相出刃包丁)」 イワシ、アジ、サンマなどの小型魚に

「本出刃包丁」より細身で峰の厚さが薄く、軽いのが「中出刃包丁」です。「相出刃包丁」ともいいます。魚の二枚おろし、三枚おろしや切り身にするために使いますが、頭を落としたり、硬い骨を切断したりするのには向きません。

イワシやアジ、サンマなど、小型の魚をさばくには刃渡り15cmほどのものが扱いやすいでしょう。魚をさばく包丁が欲しいけれど、本格的な出刃包丁を買うほどでもないと思う人におすすめです。

「小出刃包丁」 小魚の二枚おろし、三枚おろしに

「小出刃包丁」は、その名の通り本出刃包丁の小型版で、重くて分厚いのが特徴です。比較的小さな魚をさばくのに適します。小魚の二枚おろし、三枚おろしのほか、中骨、小骨を断ち切るのに使うことができます。

刃渡りは9~12cmくらいが一般的。すでに大きめの出刃包丁を持っていて、小さい魚をさばくために欲しいのならば9cmほどの小さ目のもの、小出刃包丁だけを使いまわしたいのならば12cmのものがおすすめです。

「アジ切り包丁」 アジなど身の薄い小魚に

「小出刃包丁」より板厚が薄く、アジなどの身が薄い小魚をさばくのに適しているのが「アジ切包丁」です。刃先が鋭利なので、切ったときに身崩れや身割れしにくく、小回りがきくので一般の家庭でも使いやすいのが特徴です。

サイズは8~12cm程度。小出刃包丁と同じくらいです。小出刃包丁では重くて扱いにくい人におすすめです。釣りに持っていって魚をさばく人には、カバー付きのものが便利です。

「身卸し出刃」「鮭切り出刃」「タタキ出刃」など まだまだある出刃包丁の種類!

出刃包丁には、ほかにも魚を卸すことに特化した「身卸し出刃(舟行)」、鮭のような大型の魚をさばくための「鮭切り出刃」、タラなど叩いてぶつ切りにするための「タタキ出刃(黒打ち)」など多くの種類があります。地方によって呼び名がちがうこともあります。

また、出刃包丁は一般に片刃ですが、両刃になっている「洋出刃」という種類もあります。

料理研究家&食専門ライター

家庭用なら小出刃でもじゅうぶんです

「出刃包丁」はさばく魚の大きさに合わせてサイズを選ぶのが一般的です。

ただし、刃に厚みがあるためサイズが大きくなるほど重く扱いにくくなります。家庭では20cm前後のものを選ぶとつかいやすいでしょう。

刃渡り10cm前後の「小出刃」でも十分魚や鶏をさばくことができ、むしろ本出刃よりつかいやすいこともあります。そのため、それほど出刃包丁をつかう機会がなく、1本だけ選ぶというのなら小出刃を選ぶとよいでしょう。

15cm程度で刃が薄めの「中出刃(相出刃とも呼ばれる)」も、魚をおろしてそのまま食べやすく切りわけしやすいので便利です。ただし、刃の厚みがないぶん、堅い骨などを切るには向きません。

素材は「切れ味」と「お手入れの手間」のバランスで選ぶ

出刃包丁の材質には大きく分けて鋼とステンレスの2種類があり、求める機能によって選び方がちがってきます。

「鋼(はがね)」 こまめなお手入れで切れ味バツグン

「青紙(あおがみ)」「白紙(しろがみ)」「黄紙(きがみ)」などというのは刃に使われる日立金属の鋼の種類を表しており、一般に、青>白>黄の順に切れ味が鋭い(ただし、欠けやすい)といわれます。こちらは白紙鋼の出刃包丁。

鋼とは、鉄に炭素を加えた金属のことをいいます。和包丁には主に鋼が使われています。

鋼の包丁は重みがあり、切れ味がよくて、しかも持続性があるのが特徴です。また、材質が硬いため、骨などを切るのが容易です。その反面、欠けやすくてさびやすい特徴もあるため、使い終わりと定期的にお手入れが必要になります。

こまめなお手入れをするのが苦にならない人、一生ものとして使いたい人には、鋼がおすすめです。

「ステンレス」 耐久性が高くお手入れカンタン

ステンレスは、鉄にクロムを添加した合金です。洋包丁には主にステンレスが使われています。

サビに強くて変色しにくく、手入れもしやすいのが特徴です。また、刃こぼれしにくくて耐久性もあります。価格帯も安価なものから高級品までさまざまな種類があります。その反面、切れ味は鋼に劣り、炭素を含む鋼より研ぎにくい点が短所です。

刃研ぎが面倒くさい人や、時間がなくて刃研ぎができない人には、ステンレスがおすすめです。

その他の素材 セラミック・チタン・複合材

「セラミック」は陶器の一種で、軽量でサビず金属臭がありません。切れ味は長持ちしますが、研ぐときは専用のシャープナーが必要。衝撃に弱く刃こぼれしやすい短所もあります。

「チタン」は金属の一種ですが、金属特有のにおいがなくさびません。セラミックより軽く刃こぼれしにくいのと、砥石で研げるのが利点。ただし切れ味を重視する人には向きません。

そのほか鋼やステンレス鋼を芯にして両面をステンレスではさんで接合した複合材もあります。切れ味とステンレスの手入れのしやすさ、折れにくさを両立した素材です。この素材を使った包丁を割り込み包丁ともいいます。最近ではダマスカス系の複合材が注目されています。

料理研究家&食専門ライター

家庭用の出刃包丁は切れ味優先で選んでほしい!

普通の包丁と同様、出刃包丁を選ぶときも、切れ味と手入れのしやすさのバランスを考えて選ぶことがポイントです。

ただし、一般の家庭では出刃包丁を毎日つかうことは少ないはず。使ったときだけはしっかり手入れするということにして、切れ味を優先させて選んでみませんか。

「普通の包丁では切れないものや、切ると刃を損なうようなものを切る」という出刃包丁の用途を考えると、切れ味は重要です。

切れ味優先で選ぶのであれば鋼(はがね)製がおすすめ。なかでも鋼100%の本焼といわれるものはバツグンの切れ味です。

しかし、メンテナンスの簡単さが利点のステンレスや特殊鋼製の出刃包丁など、最近では新合金が開発されて鋼に劣らない切れ味をもつものが増えてきました。

柄(え・持ち手・ハンドル)の形状や材質にも注目

木製の柄に水牛性の口輪を組み合わせた「水牛柄」。形は栗型。

柄の形 小判型、栗型、八角型の3種類

柄の形状には、小判型、栗型、八角型の3種類があります。

●小判型:小判のような楕円形をしているのが小判型で、出刃包丁に多い形。小判型は、握りやすくて力を入れやすいのが特徴です。最初の一本を求めるのなら、小判型が無難です。

●栗型:円の上部がとがっていて栗の形になっているのが栗型です。栗型の柄は、とがった部分に人差し指をひっかけて刺身を切ったり、切り目を入れたりできます。刺身包丁によくあります。

●八角型:八角形のものが八角型です。八角型は、握りやすくて滑りにくいので繊細な作業に適しますが、慣れないと角が手のひらに当たって疲れる場合もあります。3種類の中では一番高価で、プロ仕様のものにこの形が多く見られます。

柄の素材 木製・ステンレス製

柄の材質には、木製と、ステンレス製などがあります。

木製の柄には、「積層強化木」「朴」「黒檀」などが使われています。

「積層強化木」は、木板を何層も重ねて加熱圧縮したもので、湿気に強くて撥水性が高いのが特徴です。「朴」は、やわらかくて軽く、水に強くて傷みにくい朴の木も柄に使われます。「積層強化木」「朴(ほお)」ともに、耐久性は低いものの価格が手ごろで初心者におすすめです。

木製柄の究極が「黒檀」です。硬くて水に強く傷みにくさは随一。見た目も高級感があります。こちらはほぼプロが使います。

木製の柄にはほかに、黒檀に似てよりお手ごろな「紫檀(したん)」、朴よりも水につよい櫟(いちい)などがあります。

柄と刃が一体型となった「オールステンレス」のものは、衛生的で耐久性も高く、刃ががたつかないので安全です。ただし、出刃包丁では重くなりがちで、水に濡れたときにすべりやすいこともあり、初心者には向きません。選ぶ場合は、滑り止め加工がされたものを選びましょう。

柄の口輪

包丁の刃と柄が別素材であれば、刃と柄を固定する部品が必要です。その部品が金属の場合は口金(くちがね)、水牛の角の場合は角巻(つのまき)といい、それらの総称を口輪(くちわ)といいます。

口輪の素材には「金属」、「水牛」の角、「プラスチック」製や「真鍮」製があります。「プラスチック」製や「真鍮」製はポピュラーで安価。耐久性はプラスチックのほうがやや低いようです。 

「水牛」の角などの高級な素材は、プロの料理人が使う包丁の口輪に使われています。「水牛柄」は、柄本体の素材は木製で、口輪に水牛を使ったものをいいます。木製の柄に水牛の口輪であれば、同時にすり減っていくため、境目がなく握りやすいのです。

安価な包丁には口輪のないタイプもありますが、刃と柄のすきまに水が入ると汚れや細菌がたまって不衛生ですし、柄が長持ちしないので、口輪のついているものを選びましょう。

柄の方式 「差し込み式」と「一体式」

柄と刃をつなぐ方式には、「差し込み式」と「一体式」があります。

●差し込み式:和包丁の柄は「差し込み式」が一般的です。包丁の柄の中に入っている刀身のことを「ナカゴ」といいますが、このナカゴを柄に差し込んで固定する方式を差し込み式といいます。脱落防止に目釘が打たれているものもあります。

●ステンレス一体式:洋包丁に使われているのが「ステンレス一体式」です。刀身と柄が一体になっていて継ぎ目がないので水が入らず、腐ったりさびたりすることがなく丈夫で清潔を保ちやすいのが特徴です。食洗機にも入れられるので便利です。

料理研究家&食専門ライター

「差し込み式」なら持ちやすい柄に交換できます

力を入れて切ることが多い出刃包丁では包丁をもったときのバランスや柄の握りやすさも商品を選ぶうえで重要です。柄の材質は天然木製のほか合成樹脂や強化木などがあり、形も長円形や角張ったものなどさまざまなので、自分の手になじみやすそうなものを選びましょう。

また、切れ味は気に入っているけれど柄が手になじまないというときには、刃が差し込み式のつくりの出刃包丁なら柄を交換することも可能です。

柄の口輪部分には合成樹脂や真鍮、水牛の角などがつかわれていますが、長持ちさせるためには柄の内部に水が入らないよう注意が必要。それが心配なら、丸洗いもできてしまうオールステンレスの一体型という選択肢もあります。

「片刃」or「両刃」

料理研究家&食専門ライター

通常の「片刃」は左利きの人には使いにくいので注意

基本的に出刃包丁は片側だけに刃をつけた「片刃」です。「片刃」は、包丁を横にして魚の骨をはずすといった作業をスムーズに行うことができ、また刃に「裏すき」がしてある出刃では魚の身が刃にくっつくことなく、美しくおろすことができます。

対して洋出刃は三徳包丁や牛刀と同じ「両刃」です。「両刃」は、垂直に刃を入れて切るときにはとても切りやすく、初心者にもつかいやすいのですが、包丁を傾けて刃を入れるつかい方ではやや不利です。とはいえ、刃が厚くて丈夫な洋出刃も、骨を切ったり叩いたりという出刃の調理には十分に適しています。

また通常の「片刃」は右利き用で左利きの人はつかいにくいので、左利き用か両刃を選んだほうがよいでしょう。

片刃の和包丁は「裏すき」に注目

「和包丁の良し悪しは裏側(刃がない側)を見ればわかる」というくらい、片刃の包丁の裏側は重要な役割を果たします。その要となるのが裏すきです。裏すきとは、刃の裏側の真ん中にかけて緩やかにへこんでいるわずかなえぐれのことです。

裏すきがあると、刃の裏面が凹状になっているので、切った食材が刃に貼り付きにくくなるという利点があります。また、刃を研ぐときにこのへこみのせいで刃裏が砥石にあたる面積が減り、研ぎやすいというメリットもあります。

【料理研究家が選ぶ】出刃包丁のおすすめ5選

うえで紹介した出刃包丁の選び方のポイントをふまえて、料理研究家の松本葉子さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

實光『出刃包丁 上作II 安来鋼 白鋼2号 』

實光『出刃包丁上作II安来鋼白鋼2号』 實光『出刃包丁上作II安来鋼白鋼2号』 實光『出刃包丁上作II安来鋼白鋼2号』 實光『出刃包丁上作II安来鋼白鋼2号』 實光『出刃包丁上作II安来鋼白鋼2号』 實光『出刃包丁上作II安来鋼白鋼2号』 實光『出刃包丁上作II安来鋼白鋼2号』 實光『出刃包丁上作II安来鋼白鋼2号』

出典:Amazon

サイズ 刃渡り:15cm
材質 刀身:白鋼2号 柄:水牛口輪柄
重量 -

Thumb lg 01c02ba7 cdd8 41ec 9675 a8175e5e8ae0

料理研究家&食専門ライター

料理人も満足する持続性のある切れ味

堺で100年以上の歴史をもつ包丁専門店の出刃包丁。料理のプロの間で定評のある安来鋼の白鋼2号という鋼材をつかっていて、切れ味が鋭いだけでなく、それが持続するようにつくられているのが特徴。

料理人が選ぶレベルの包丁なのでお値段ははりますが、研ぎなおしもしやすく、手入れをつづけていればさびにくいので、本当に長くつかえます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

藤寅工業『TOJIRO PRO DPコバルト合金鋼2層複合 小出刃 120mm』

藤寅工業『TOJIROPRODPコバルト合金鋼2層複合小出刃120mm』 藤寅工業『TOJIROPRODPコバルト合金鋼2層複合小出刃120mm』 藤寅工業『TOJIROPRODPコバルト合金鋼2層複合小出刃120mm』 藤寅工業『TOJIROPRODPコバルト合金鋼2層複合小出刃120mm』 藤寅工業『TOJIROPRODPコバルト合金鋼2層複合小出刃120mm』

出典:Amazon

サイズ 刃渡り:12cm 全長:23cm
材質 刀身:コバルト合金鋼・13クロームステンレス鋼 柄:18-8ステンレス
重量 約140g

Thumb lg 01c02ba7 cdd8 41ec 9675 a8175e5e8ae0

料理研究家&食専門ライター

美しい意匠のハンドルと複合構造の切れ味が魅力

切れ味と耐久性、メンテナンスの容易さを追求したコバルト合金とステンレスの2層複合シリーズの小型出刃包丁です。一体型で熱湯消毒も可能だから衛生的につかえます。

そして特筆すべきは片側だけに滑り止めの溝をつけた左右非対称のトルネード模様のハンドル。和包丁の「しのぎ」を再現したデザインだそうですが、とても持ちやすく手になじみます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

青木刃物製作所『堺孝行 INOX』

青木刃物製作所『堺孝行INOX』

出典:Amazon

サイズ 刃渡り:21cm 全長:37cm
材質 刀身:特殊鋼 柄:水牛・朴
重量 約240g

Thumb lg 01c02ba7 cdd8 41ec 9675 a8175e5e8ae0

料理研究家&食専門ライター

さびづらい素材を使用しつつもお手頃価格な包丁

さびにくいステンレス系の特殊鋼をつかった包丁。このINOXシリーズはコストパフォーマンスがよいことからプロの料理人にも愛用されています。

刃が硬すぎないので、刃こぼれしにくく研ぎやすいことは家庭用の包丁としても大きな利点。

「身卸出刃」という、通常の出刃より刀身の幅が狭く峰も薄めのタイプで、魚を三枚おろしにするのに最適です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ホンマ科学『グレステン 洋出刃』

ホンマ科学『グレステン洋出刃』

出典:Amazon

サイズ 刃渡り:16cm
材質 刀身:グレステン鋼 柄:積層強化木 ツバつき
重量 約295g

Thumb lg 01c02ba7 cdd8 41ec 9675 a8175e5e8ae0

料理研究家&食専門ライター

特殊鋼をつかった洋包丁仕様の出刃包丁

各種の特殊処理を行ったグレステン鋼という金属を使用。さびや摩耗、熱変化に強く、硬度が安定しているので、スカッとした切れ味が持続するのが特徴です。

ツバつきハンドルの洋包丁仕様の出刃なので、洋食の料理人に重宝されています。家庭でも普段洋包丁をつかっている人や、和包丁の柄になじめないという人に特におすすめの出刃包丁です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

貝印『関孫六 匠創 相出刃』

貝印『関孫六匠創相出刃』

出典:Amazon

サイズ 刃渡り:18cm 全長:不明
材質 刀身:モリブデンバナジウムステンレス刃物鋼 柄:18-8ステンレススチール
重量 約169g

Thumb lg 01c02ba7 cdd8 41ec 9675 a8175e5e8ae0

料理研究家&食専門ライター

スタイリッシュな形でつかい勝手も抜群

ハンドル内部まで刀身がとおっているのでバランスがよく、耐久性にも優れています。ステンレス一体型構造で洗いやすく食洗機に対応していることや、刃に特殊スキ加工が施されていて食材がくっつきにくいのもメリット。

また、実際につかってみるとよくわかるのが、独自の加工によって実現した刃先の鋭さ。これが心地よい切れ味につながっています。

【和の伝統・鋼(はがね)製】出刃包丁のおすすめ2選 長く愛用したい方に

できるだけ長く出刃包丁を使い続けたい! という方のために、高品質な出刃包丁を3つご紹介します。

藤次郎 『白紙鋼 樹脂桂柄 出刃 150mm』

藤次郎『白紙鋼樹脂桂柄出刃150mm』

出典:Amazon

サイズ 刃渡り:15cm 全長29.5cm
材質 刀身:白紙鋼・軟鉄 柄:朴木
重量 約215g

日本古来の鋼のよさが光る藤次郎の出刃包丁

藤次郎の白紙鋼は、日本の伝統的な和包丁スタイルの出刃包丁。刃の芯材に白紙鋼、側材に軟鉄を使用することによって、切れ味が鋭く研ぎやすい包丁を実現しました。

日本古来の鋼で作られた包丁の素晴らしさが伝わってくる包丁です。柄の部分は朴木(ほおのき)をつかい、耐水性に優れ、優しい手触りで握れるようになっています。研いでメンテナンスをしっかりして長く愛用したい包丁です。

兼松『兼松作 出刃』

兼松『兼松作出刃』

出典:Amazon

サイズ 刃渡り:18cm 全長:34cm
材質 刀身:安来鋼3号
重量 390g

伝統のある関市でつくられた日本鋼の出刃包丁

刃物で有名な岐阜県関市でつくられた兼松作の出刃包丁。伝統的な和包丁のスタイルで片刃です。刃渡りが18cmあり、少し大きめの魚をおろすときにも大活躍しそうです。

素材は鋼で、つかいこむほどに自分の手になじんだ包丁になってくれます。業務用ですが、研ぎやすく家庭でもつかいやすい包丁です。刃自体に厚みがあるので魚の頭を落とすときや、骨を切るときにも鋭い切れ味を発揮します。

【お手入れかんたん】ステンレス製の出刃包丁3選

ステンレス製でお手入れがラクな出刃包丁を3つご紹介します。

貝印『関孫六 碧寿 ST和包丁 出刃』

貝印『関孫六碧寿ST和包丁出刃』 貝印『関孫六碧寿ST和包丁出刃』 貝印『関孫六碧寿ST和包丁出刃』 貝印『関孫六碧寿ST和包丁出刃』 貝印『関孫六碧寿ST和包丁出刃』 貝印『関孫六碧寿ST和包丁出刃』

出典:Amazon

サイズ 刃渡り:15cm 全長:28.3cm
材質 刀体:ステンレス単層材(刃材:ハイカーボンステンレス刃物鋼)、柄:ポリプロピレン
重量 135g

研ぎなおして切れ味を保てるステンレス包丁

刀剣づくりで有名な岐阜県関市でつくられた関孫六の出刃包丁。こちらのステンレス出刃包丁は、お手頃価格で購入できるのが特徴。伝統工法の「本格刃付け」を施してあり、研ぎなおしてつかえます。ステンレス製なので、さびに強いのが魅力的です。

柄の部分も継ぎ目のないプラスチック製なので洗って清潔につかえます。刃渡り15cmのつかいやすいサイズの出刃包丁です。切れ味のよい本格的な刃付けの出刃包丁で、コストパフォーマンスが高いといえるでしょう。

佐竹産業『パイシーズ 出刃包丁』

佐竹産業『パイシーズ出刃包丁』 佐竹産業『パイシーズ出刃包丁』 佐竹産業『パイシーズ出刃包丁』 佐竹産業『パイシーズ出刃包丁』 佐竹産業『パイシーズ出刃包丁』 佐竹産業『パイシーズ出刃包丁』 佐竹産業『パイシーズ出刃包丁』

出典:Amazon

サイズ 刃渡り:約16cm 全長:約29cm
材質 刀身:モリブデンステンレス刃物鋼 柄:ステンレススチール
重量 約170g

お手頃価格のスタイリッシュなステンレス出刃包丁

オールステンレスでハンドル部分の継ぎ目がないスタイリッシュな出刃包丁。洗いやすいため清潔に使えます。

ステンレス製なので、さびに強いのが魅力です。海で釣ったばかりの魚をさばきたいという方も、さびを気にせずにつかうことができます。実用性も高めなお手頃価格の出刃包丁といえるでしょう。

貝印『関孫六 金寿 ST 和包丁 出刃』

貝印『関孫六金寿ST和包丁出刃』

出典:Amazon

サイズ 刃渡り:18cm 全長:32.3cm
材質 刀身:モリブデンステンレス鋼 柄:積層強化木
重量 298g

関孫六の切れ味と研ぎやすさを兼ね備えた出刃包丁

刀剣づくりの匠の技術を家庭用包丁へと受け継ぎ、芸術的に美しく、切れ味が鋭い包丁を作りつづけている関孫六の出刃包丁。

ステンレス製の刃ではむずかしいとされる「糸切刃付け」を施し、刃の切れ味がよいのが特長です。柄も八角形で握りやすくなっており、天然木に特殊加工を施して水に強く仕上げてあります。

【切れ味が鋭い】洋出刃包丁2選

垂直に刃を入れるなら切れ味がよい、両刃の洋出刃包丁を2つご紹介します。

ミソノ『モリブデン鋼シリーズ 洋出刃』

ミソノ『モリブデン鋼シリーズ洋出刃』

出典:Amazon

サイズ 刃渡り:16.5cm 全長:29.5cm
材質 刀身:ハイカーボン高級13クロム・ステンレス・モリブデン鋼 柄:黒強化木
重量 320g

鋭い切れ味が魅力のステンレス洋出刃包丁

ハイカーボン高級ステンレス・モリブデン鋼を使用した、さびにくく切れ味のよい洋出刃包丁です。刀身とツバが一体になっており、水が入りにくく清潔に保てます。

柄には手になじみやすい黒強化木を使用した、美しいデザインの洋出刃。鋭い切れ味を保つために、定期的に研ぐことで長く愛用できる包丁です。ハイレベルの技術でつくられた理想的な洋出刃包丁といえるでしょう。

正広『正広作 ローズ洋出刃 210mm』

正広『正広作ローズ洋出刃210mm』

出典:Amazon

サイズ 刃渡り:21cm 全長:33cm
材質 刀身:日本鋼(0.95%カーボン炭素鋼)柄:天然木(ローズ)
重量 295g

切れ味にこだわった純日本鋼の洋出刃包丁

鋭い切れ味が特長の、純日本鋼を使用した本格的な洋出刃包丁です。鋼なので、さびないようにメンテナンスが大切になってきます。つかったあとの手入れや、まめな刃研ぎによって、長く愛用することができます。プロ仕様ともいえますが、家庭でもたしかな切れ味を実感したい方には合う包丁です。

天然木の柄もつかうほどに手になじんできます。

【片刃・左利き用】出刃包丁2選

一般的に売られている出刃包丁は、片側だけに刃がついた片刃です。片刃は、その刃の向きで魚の骨から身をはずしたり、そぎ切りしたりが容易にできるようになっています。しかし、ほとんどの市販の出刃包丁は右利きの人向けに作られており、左利きの人が右利き用の包丁を無理して使っても、使いにくい上に美しく仕上がりません。

若干価格が高めなのは悲しいところですが、左利きの人は左利き専用のもの、あるいは両方に刃がついている両刃を選びましょう。ここでは、左利き専用の出刃包丁をご紹介します。

青木刃物/堺孝行『霞研 出刃 15cm(左利き用)』

青木刃物堺孝行霞研出刃15cm06035(左利き用、名入れ無料)(送料無料代引OK) 青木刃物堺孝行霞研出刃15cm06035(左利き用、名入れ無料)(送料無料代引OK) 青木刃物堺孝行霞研出刃15cm06035(左利き用、名入れ無料)(送料無料代引OK)

出典:楽天市場

サイズ 全長29cm 刃渡り15cm 背厚8mm
材質 刀身:安来白三鋼 柄:口輪プラスチック 柄:朴
重量 -

プロの使用にも耐える切れ味の家庭用普及版

600年以上の歴史を誇る堺の打刃物。その中でも堺孝行は堺を代表する包丁のトップブランドです。料理のプロにも選ばれるラインナップの中から、家庭用にも使いよい安来白三鋼という鋼材をセレクト。

本職用でありながら、手ごろな価格で家庭向けに仕上げた左利き用出刃包丁です。魚を骨ごと切ったり、二枚・三枚におろしたりするときに使います。

三條/辰守作『鋼付け左利き出刃包丁135mm』

三條辰守作鋼付け左利き出刃包丁135mm燕三条の鍛冶職人が作る伝統的な和包丁【頑張って送料無料!】 三條辰守作鋼付け左利き出刃包丁135mm燕三条の鍛冶職人が作る伝統的な和包丁【頑張って送料無料!】

出典:楽天市場

サイズ 全長約270mm 刃渡り約135mm 刃の幅約46mm
材質 刀身:SK鋼 柄:朴 口輪:PC
重量 約190g

日本古来の製造法で鍛造されたこだわりの本格派

「関の刃物」で知られる岐阜県に次ぐ包丁生産量を誇る新潟県三条市で、鍛冶職人がひとつひとつ鋼付けを行った日本古来の製造法による出刃包丁。鋼付けとは、包丁の地金に鋼を鍛造でたたいて強さと粘りを出す作り方のこと。

昨今主流となっているプレスで鋼と鉄を組み合わせて作る複合材にはない切れ味と硬さが味わえます。三条でも希少な手づくりの出刃包丁は、こだわりのある本格派におすすめです。

【初心者にぴったり】小出刃包丁5選

出刃包丁をはじめて使う方や、使用頻度が高くない方にぴったりの小出刃包丁を5つご紹介しましょう。

関の刃物 関龍作 小出刃包丁 105mm SR301

関の刃物関龍作小出刃包丁105mmSR301

出典:楽天市場

サイズ 刃渡り:10.5cm 全長:21.7cm
材質 刀身:ステンレススチール 柄:天然木(ポプラ) 口金:プラスチック
重量 -

刃物の町関市でつくられたステンレス小出刃包丁

「小さめの出刃包丁で安価なものを」と考えている方に向けた、関龍作のステンレス小出刃包丁です。小さいアジなどをおろすのに相性がいいです。

刃渡り10.5cmと小さめなので大きくて重い出刃包丁をつかいたくない方に適した1本です。刃はステンレス製でさびに強く、扱いやすい包丁です。使用後は水で洗い、乾いた布でふくと長もちします。

吉田金属工業『GROBAL-IST(グローバルイスト)小出刃 12cm(IST-05)』

吉田金属工業『GROBAL-IST(グローバルイスト)小出刃12cm(IST-05)』 吉田金属工業『GROBAL-IST(グローバルイスト)小出刃12cm(IST-05)』

出典:Amazon

サイズ 刃渡り:12cm、全長25cm
材質 刀身:刃物用ステンレス(モリブデン・バナジウム入)、柄:18-8ステンレス
重量 180g

おしゃれで機能性抜群! 長く使いたい方に

クオリティの高い金属製品の製造から販売まで一貫して行なっている吉田金属工業。GROBAL-IST(グローバルイスト)は2018年にグッドデザイン賞を受賞しました。デザイン性だけではなく、出刃包丁としての機能性にもすぐれています。

ご家庭で調理する魚介類もかんたんにさばけるので、ひとつ持っておくと便利です。本体はさびにくいステンレスを使用。手入れ次第で長く愛用できます。

遠藤商事 『TKG-NEO(ネオ)小出刃10.5cm(ATK-93)』

遠藤商事『TKG-NEO(ネオ)小出刃10.5cm(ATK-93)』 遠藤商事『TKG-NEO(ネオ)小出刃10.5cm(ATK-93)』

出典:Amazon

サイズ 刃渡り:10.5cm、全長21.5cm
材質 刀身:DPスウェーデン鋼(モリブデン・バナジウム入)、柄:18-8ステンレス
重量 130g

清潔に保ちやすい一体型の包丁

スウェーデンで取れた鉄鉱石に、さまざまな加工を施して作られた特殊ステンレス合金鋼が使われている小出刃包丁です。耐摩耗性にすぐれており、ハンドルも握りやすく初心者でも使いやすいでしょう。

折れたりすることもなく、研ぎやすいため、長く使いたい方にぴったり。柄と一体化したデザインなので洗いやすく、食材くずなどがたまりません。いつでも清潔に保てます。

清水刃物工業所『一角作 小包丁シリーズ 小出刃120mm(P-120D)』

清水刃物工業所『一角作小包丁シリーズ小出刃120mm(P-120D)』 清水刃物工業所『一角作小包丁シリーズ小出刃120mm(P-120D)』 清水刃物工業所『一角作小包丁シリーズ小出刃120mm(P-120D)』 清水刃物工業所『一角作小包丁シリーズ小出刃120mm(P-120D)』 清水刃物工業所『一角作小包丁シリーズ小出刃120mm(P-120D)』

出典:Amazon

サイズ 刃渡り:12cm、全長23cm
材質 刀部:ステンレス鋼、柄:天然木(ローズ)
重量 88g

うろこ取り&袋付きでアウトドアで活躍!

刀身の背部に魚のうろこ取りがついている小出刃包丁です。小さいお魚ならこちらの小出刃包丁が役立つでしょう。柄は手なじみのよい天然木製です。

釣りやアウトドアシーンで活躍します。持ち運びに便利な袋付きなのもうれしいですね。もちろん、ご家庭でも扱いやすいサイズなので小出刃包丁に迷ったら、こちらを試してみてください。

下村工業『NEOVerdun(ネオヴェルダン)出刃135mm(NVD-06)』

下村工業『NEOVerdun(ネオヴェルダン)出刃135mm(NVD-06)』 下村工業『NEOVerdun(ネオヴェルダン)出刃135mm(NVD-06)』 下村工業『NEOVerdun(ネオヴェルダン)出刃135mm(NVD-06)』 下村工業『NEOVerdun(ネオヴェルダン)出刃135mm(NVD-06)』 下村工業『NEOVerdun(ネオヴェルダン)出刃135mm(NVD-06)』 下村工業『NEOVerdun(ネオヴェルダン)出刃135mm(NVD-06)』

出典:Amazon

サイズ 刃渡り:13.5cm、全長25.5cm
材質 刀身:モリブデン鋼、柄:ステンレス鋼
重量 約150g

切れ味に定評のあるモリブデン鋼製

下村工業の小出刃包丁は、ひとつひとつ自社工場で作られています。こちらの商品は、熟練の職人技が光る「水砥刃付け」で切れ味に定評のある商品です。

切れ味が持続するモリブデン鋼を刀身に使用。柄はステンレス製で継ぎ目のない一体型です。フラットな柄は、手になじむ形状でしっかりと握れます。食洗機対応なのでお手入れもかんたんです。

【プロ仕様】出刃包丁3選

レストランや飲食店など、プロの料理人も使用する高級出刃包丁を3つご紹介します。

青木刃物製作所『堺孝行 霞研 出刃』

青木刃物製作所『堺孝行霞研出刃』

出典:Amazon

サイズ 刃渡り24cm、全長42cm
材質 刃:安来白三鋼 柄:口輪プラスチック
重量 620g

プロ仕様の本格出刃包丁はプレゼントにも

プロの職人も使用する青木刃物製作所の出刃包丁。高い技術を持つ職人がていねいに作っています。鍛冶師と刃研師によって作られた出刃包丁は、刃渡り24cmとやや大きめ。小ぶりの出刃包丁に使い慣れてきた方にぴったりの商品です。

高価な包丁ですが、高品質な素材と製法から長く使い続けることができるでしょう。調理器具にこだわる方やプロの料理人へのプレゼントにも喜ばれます。

貝印『橋本幹造 両刃包丁 片鎬出刃(AB5513)』

貝印『橋本幹造両刃包丁片鎬出刃(AB5513)』 貝印『橋本幹造両刃包丁片鎬出刃(AB5513)』 貝印『橋本幹造両刃包丁片鎬出刃(AB5513)』 貝印『橋本幹造両刃包丁片鎬出刃(AB5513)』 貝印『橋本幹造両刃包丁片鎬出刃(AB5513)』 貝印『橋本幹造両刃包丁片鎬出刃(AB5513)』

出典:Amazon

サイズ 刃渡り:16.5cm、全長:29.7cm
材質 刀身・切り刃:ハイカーボンステンレス刃物鋼、側金・口金:ステンレススチール、柄:積層強化木
重量 239g

家庭での使いやすさを追求した出刃包丁

和食を家庭で調理するときに、こまかな作業がしやすいようにと貝印と日本料理店「一凛」が作った出刃包丁です。適度な重みがあり、調理のしやすさに定評があります。

和包丁に見えない見た目で、ステンレス刃と木製の柄の組み合わせが洋包丁のようにすてきです。魚の骨もしっかりぶつ切りにできますし、刃の背なかでつみれを作ることもできます。和と洋のいいとこどりの出刃包丁はギフトにもぴったりです。

盛高鍛冶刃物『青紙スーパーシリーズ 出刃包丁 165mm(KD-165)』

盛高鍛冶刃物『青紙スーパーシリーズ出刃包丁165mm(KD-165)』 盛高鍛冶刃物『青紙スーパーシリーズ出刃包丁165mm(KD-165)』 盛高鍛冶刃物『青紙スーパーシリーズ出刃包丁165mm(KD-165)』

出典:楽天市場

サイズ 刃渡り:16.5cm、全長30.5cm
材質 刀身:青紙スーパー・両刃黒打ち仕上げ、柄:紫檀(したん)またはウォールナット
重量 約230g

刀鍛冶の高い技術が光る出刃包丁

鎌倉時代から受け継がれている刀鍛冶の技術により作られた出刃包丁です。刃は複合鋼材を使用せず、自家鍛接にこだわって作っているため、切れ味が長持ちします。木製の柄は傷んでしまわないか心配ですが、こちらの商品は柄ぐされ防止のためにステンレスでつないでいるため、柄ぐされしません。数十年使い続けられる出刃包丁を探している方にぴったりの商品です。

さらにこちらの包丁は切れ味が落ちてきたら、研ぎなおしをお願いできます。名入れも可能です。一生ものの自分だけの出刃包丁として使い続けたいですね。

「出刃包丁」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
實光『出刃包丁 上作II 安来鋼 白鋼2号 』
藤寅工業『TOJIRO PRO DPコバルト合金鋼2層複合 小出刃 120mm』
青木刃物製作所『堺孝行 INOX』
ホンマ科学『グレステン 洋出刃』
貝印『関孫六 匠創 相出刃』
藤次郎 『白紙鋼 樹脂桂柄 出刃 150mm』
兼松『兼松作 出刃』
 貝印『関孫六 碧寿 ST和包丁 出刃』
佐竹産業『パイシーズ 出刃包丁』
貝印『関孫六 金寿 ST 和包丁 出刃』
ミソノ『モリブデン鋼シリーズ 洋出刃』
正広『正広作 ローズ洋出刃 210mm』
青木刃物/堺孝行『霞研 出刃 15cm(左利き用)』
三條/辰守作『鋼付け左利き出刃包丁135mm』
関の刃物 関龍作 小出刃包丁 105mm SR301
吉田金属工業『GROBAL-IST(グローバルイスト)小出刃 12cm(IST-05)』
遠藤商事 『TKG-NEO(ネオ)小出刃10.5cm(ATK-93)』
清水刃物工業所『一角作  小包丁シリーズ 小出刃120mm(P-120D)』
下村工業『NEOVerdun(ネオヴェルダン)出刃135mm(NVD-06)』
青木刃物製作所『堺孝行 霞研 出刃』
貝印『橋本幹造 両刃包丁 片鎬出刃(AB5513)』
盛高鍛冶刃物『青紙スーパーシリーズ 出刃包丁 165mm(KD-165)』
商品名 實光『出刃包丁 上作II 安来鋼 白鋼2号 』 藤寅工業『TOJIRO PRO DPコバルト合金鋼2層複合 小出刃 120mm』 青木刃物製作所『堺孝行 INOX』 ホンマ科学『グレステン 洋出刃』 貝印『関孫六 匠創 相出刃』 藤次郎 『白紙鋼 樹脂桂柄 出刃 150mm』 兼松『兼松作 出刃』 貝印『関孫六 碧寿 ST和包丁 出刃』 佐竹産業『パイシーズ 出刃包丁』 貝印『関孫六 金寿 ST 和包丁 出刃』 ミソノ『モリブデン鋼シリーズ 洋出刃』 正広『正広作 ローズ洋出刃 210mm』 青木刃物/堺孝行『霞研 出刃 15cm(左利き用)』 三條/辰守作『鋼付け左利き出刃包丁135mm』 関の刃物 関龍作 小出刃包丁 105mm SR301 吉田金属工業『GROBAL-IST(グローバルイスト)小出刃 12cm(IST-05)』 遠藤商事 『TKG-NEO(ネオ)小出刃10.5cm(ATK-93)』 清水刃物工業所『一角作 小包丁シリーズ 小出刃120mm(P-120D)』 下村工業『NEOVerdun(ネオヴェルダン)出刃135mm(NVD-06)』 青木刃物製作所『堺孝行 霞研 出刃』 貝印『橋本幹造 両刃包丁 片鎬出刃(AB5513)』 盛高鍛冶刃物『青紙スーパーシリーズ 出刃包丁 165mm(KD-165)』
商品情報
特徴 料理人も満足する持続性のある切れ味 美しい意匠のハンドルと複合構造の切れ味が魅力 さびづらい素材を使用しつつもお手頃価格な包丁 特殊鋼をつかった洋包丁仕様の出刃包丁 スタイリッシュな形でつかい勝手も抜群 日本古来の鋼のよさが光る藤次郎の出刃包丁 伝統のある関市でつくられた日本鋼の出刃包丁 研ぎなおして切れ味を保てるステンレス包丁 お手頃価格のスタイリッシュなステンレス出刃包丁 関孫六の切れ味と研ぎやすさを兼ね備えた出刃包丁 鋭い切れ味が魅力のステンレス洋出刃包丁 切れ味にこだわった純日本鋼の洋出刃包丁 プロの使用にも耐える切れ味の家庭用普及版 日本古来の製造法で鍛造されたこだわりの本格派 刃物の町関市でつくられたステンレス小出刃包丁 おしゃれで機能性抜群! 長く使いたい方に 清潔に保ちやすい一体型の包丁 うろこ取り&袋付きでアウトドアで活躍! 切れ味に定評のあるモリブデン鋼製 プロ仕様の本格出刃包丁はプレゼントにも 家庭での使いやすさを追求した出刃包丁 刀鍛冶の高い技術が光る出刃包丁
サイズ 刃渡り:15cm 刃渡り:12cm 全長:23cm 刃渡り:21cm 全長:37cm 刃渡り:16cm 刃渡り:18cm 全長:不明 刃渡り:15cm 全長29.5cm 刃渡り:18cm 全長:34cm 刃渡り:15cm 全長:28.3cm 刃渡り:約16cm 全長:約29cm 刃渡り:18cm 全長:32.3cm 刃渡り:16.5cm 全長:29.5cm 刃渡り:21cm 全長:33cm 全長29cm 刃渡り15cm 背厚8mm 全長約270mm 刃渡り約135mm 刃の幅約46mm 刃渡り:10.5cm 全長:21.7cm 刃渡り:12cm、全長25cm 刃渡り:10.5cm、全長21.5cm 刃渡り:12cm、全長23cm 刃渡り:13.5cm、全長25.5cm 刃渡り24cm、全長42cm 刃渡り:16.5cm、全長:29.7cm 刃渡り:16.5cm、全長30.5cm
材質 刀身:白鋼2号 柄:水牛口輪柄 刀身:コバルト合金鋼・13クロームステンレス鋼 柄:18-8ステンレス 刀身:特殊鋼 柄:水牛・朴 刀身:グレステン鋼 柄:積層強化木 ツバつき 刀身:モリブデンバナジウムステンレス刃物鋼 柄:18-8ステンレススチール 刀身:白紙鋼・軟鉄 柄:朴木 刀身:安来鋼3号 刀体:ステンレス単層材(刃材:ハイカーボンステンレス刃物鋼)、柄:ポリプロピレン 刀身:モリブデンステンレス刃物鋼 柄:ステンレススチール 刀身:モリブデンステンレス鋼 柄:積層強化木 刀身:ハイカーボン高級13クロム・ステンレス・モリブデン鋼 柄:黒強化木 刀身:日本鋼(0.95%カーボン炭素鋼)柄:天然木(ローズ) 刀身:安来白三鋼 柄:口輪プラスチック 柄:朴 刀身:SK鋼 柄:朴 口輪:PC 刀身:ステンレススチール 柄:天然木(ポプラ) 口金:プラスチック 刀身:刃物用ステンレス(モリブデン・バナジウム入)、柄:18-8ステンレス 刀身:DPスウェーデン鋼(モリブデン・バナジウム入)、柄:18-8ステンレス 刀部:ステンレス鋼、柄:天然木(ローズ) 刀身:モリブデン鋼、柄:ステンレス鋼 刃:安来白三鋼 柄:口輪プラスチック 刀身・切り刃:ハイカーボンステンレス刃物鋼、側金・口金:ステンレススチール、柄:積層強化木 刀身:青紙スーパー・両刃黒打ち仕上げ、柄:紫檀(したん)またはウォールナット
重量 - 約140g 約240g 約295g 約169g 約215g 390g 135g 約170g 298g 320g 295g - 約190g - 180g 130g 88g 約150g 620g 239g 約230g
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年10月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月27日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 出刃包丁の売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでの出刃包丁の売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:出刃包丁ランキング
楽天市場:出刃包丁ランキング
Yahoo!ショッピング:出刃包丁ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【関連記事】そのほかの包丁の記事はこちら 柳刃包丁、刺身包丁、牛刀包丁など

お好みの出刃包丁で楽しく魚料理を

料理研究家である松本葉子さんに出刃包丁の選び方とおすすめ商品をご紹介していただきました。ご自身の求めている出刃包丁の素材はどんなもので、どれくらいの大きさなのか、イメージはできましたか? 「長く愛用したい」「お手入れがラクなものを選びたい」など、目的別にご紹介した出刃包丁もぜひチェックしてみてください。

自分の手にあった出刃包丁をつかうと魚もスッとさばけて、魚料理の幅も広がり、魚を料理することが楽しくなります。また、魚を食べることは健康にもいいので一石二鳥です。お気に入りの出刃包丁を見つけて、家庭で魚料理をどんどん楽しんで健康生活も手に入れちゃいましょう!

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/10/27 一部コンテンツ追加のため、記事を更新しました(マイナビおすすめナビ編集部 松林麻衣)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


パン切り包丁のおすすめ14選【キッチンツール専門店店主が選ぶ】

パン切り包丁のおすすめ14選【キッチンツール専門店店主が選ぶ】

家に1本あると便利なパン切り包丁(ブレッドナイフ)。ホームベーカリーで焼いた食パン、フランスパンを切るときに重宝します。最近ではさまざまな長さのもの、形の違いなど、多種類のものが販売されています。この記事ではキッチンツール専門店店主、田中 文さんへの取材をもとに、おすすめのパン切り包丁をご紹介します。あなたにピッタリのお気に入りを見つけてくださいね。


包丁の人気ブランドランキングTop20&おすすめ31選|料理研究家に聞く失敗しない選び方も!

包丁の人気ブランドランキングTop20&おすすめ31選|料理研究家に聞く失敗しない選び方も!

包丁に関するアンケートを実施、人気のメーカー・ブランドについて、実際に使っているユーザーの本音のクチコミとともに、ランキング形式でご紹介します。また、料理研究家である松本葉子さんへの取材をもとに、おすすめの包丁と選び方もたっぷり紹介します。


ヘンケルス包丁は本当に切れる? 実際に使って、その切れ味を確かめてみました

ヘンケルス包丁は本当に切れる? 実際に使って、その切れ味を確かめてみました

毎日の料理に欠かせない包丁ですが、切れ味が悪いと料理をするのに時間がかかりイライラしますよね。そんな悩みを解決してくれるのが、ヘンケルス包丁。お手頃な値段ながら、切れ味バツグンで、切りにくい食材の代表でもあるトマトもスッと切ることができます。とりあえず切れ味のいい包丁がほしいという人や、衛生的面が気になるから食洗機OKの包丁を探しているという人は、この記事を参考にしてくださいね。


包丁セットおすすめ17選【人気ブランドも!】初心者向けからプロ仕様まで

包丁セットおすすめ17選【人気ブランドも!】初心者向けからプロ仕様まで

料理研究家の指宿さゆりさんにお話をうかがい、包丁セットの選び方とおすすめ商品をご紹介します。これからはじめて料理に取り組みたいと思っている方であれば、包丁はセットで購入しておくと何かと重宝します。さまざまな料理をつくるのに必要な包丁がひととおり手に入るため、幅広い調理に活用できるはず。記事後半には、Amazonや楽天市場など大手通販サイトランキングも掲載しています。


テーブルナイフおすすめ13選|おしゃれでよく切れるアイテムを食卓に【置き方・お手入れ方法も】

テーブルナイフおすすめ13選|おしゃれでよく切れるアイテムを食卓に【置き方・お手入れ方法も】

カトラリーのなかでも歴史が長いといわれるテーブルナイフ。洋食のときに重宝しますが、種類が多くなにを基準にして選べばいいか悩む人もいるでしょう。こので記事では、管理栄養士の山田由紀子さんと編集部がテーブルナイフの選び方やおすすめ13商品をご紹介します。テーブルナイフは、食べる料理や刃先の形状などで選ぶことがポイントです。カトラリーにこだわりたいという人はぜひ参考にしてください。


新着記事


丸大豆せんべいはホッとする味? 実際に食べて口コミや評判を検証しました

丸大豆せんべいはホッとする味? 実際に食べて口コミや評判を検証しました

三幸製菓が販売している「丸大豆せんべい」。どこか懐かしさを覚えるようなパッケージに安心感が芽生えます。インターネットで口コミや評判を調査してみても、味や食感に満足している人が目立ちますが、実際はどうなのか気になるところ。そこで、今回は丸大豆せんべいを実食してみます。口コミや評判と比較しながら、味や食感について検証してみました。


MicrosoftのArc Mouseは使いやすいのか? 実際に使用して検証してみた

MicrosoftのArc Mouseは使いやすいのか? 実際に使用して検証してみた

折り曲げて使うという従来のマウスとはまったく違うデザインがひときわ目を引くMicrosoftの『Arc Mouse』。ただ奇抜なデザインというだけでなく、薄くて軽量なのでバッグなどに収納しやすく、持ち運びがしやすいというメリットも。外出先で使うのに役立ちそうな『Arc Mouse』ですが、使い心地はどうでしょうか。この記事では、実際に『Arc Mouse』を購入し、商品の特徴や操作性などを検証してみました。


ELECOMのMXGM10DBは使いやすい? 実際に使用して検証してみた

ELECOMのMXGM10DBは使いやすい? 実際に使用して検証してみた

ELECOMのワイヤレスマウス『MXGM10DB』。手の形状をもとにした握りやすいフォルムで、使う場所を選ばないBlueLED搭載などをウリにしています。そしてなんといっても魅力的なのは、選びやすい価格。安いうえに機能性にもすぐれたコストパフォーマンスのいい商品です。この記事ではそんな『MXGM10DB』を実際に購入して、商品の特徴や操作性などを検証してみました。


幅広いシーンで活躍する! 『ケイト アイブロウ』使用感や落ちやすさを検証レビュー

幅広いシーンで活躍する! 『ケイト アイブロウ』使用感や落ちやすさを検証レビュー

顔の印象を決めるといわれるほど重要なまゆ。メイクの中で、まゆに多くの時間を割く女性も多いのではないでしょうか。現在は、ペンシルやリキッド、まゆマスカラなど、さまざまな種類のアイブロウアイテムがあるので、どれが自分に合っているのかわからない人も多いはずです。そこで今回は、プチプラで注目を集めるケイトのアイブロウを紹介します。実際にケイトのアイブロウを使った人の口コミや評判も紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。


ブルボン バタークッキーの評判や口コミの真実は? 実際に食べて徹底レポート

ブルボン バタークッキーの評判や口コミの真実は? 実際に食べて徹底レポート

ブルボンから発売されている『バタークッキー』は、赤いパッケージに小麦と商品の実物の画像が描かれていて、明るくておいしそうなイメージ。インターネットの評判を見るとよい評価がたくさん見られますが、はたしてそのレビューは信じてもいいのでしょうか。そこで、『バタークッキー』を実際に購入して、口コミの是非を徹底検証しました。クッキー好きの方は、ぜひ見逃さずにご覧ください。


生活雑貨・日用品の人気記事


>>もっと見る