オーディオインターフェイスのおすすめ8選|DTMの専門家が選び方を解説!

オーディオインターフェイスのおすすめ8選|DTMの専門家が選び方を解説!

ライター:藤本 健
ライター
藤本 健

DTM、デジタルレコーディング、デジタルオーディオを中心に執筆するライター。 自身のブログサイトDTMステーションを運営するほか、インプレスのAV WatchでもDigital Audio Laboratoryを2001年より連載中。 「Cubase徹底操作ガイド」(リットーミュージック)、「ボーカロイド技術論」(ヤマハミュージックメディア)などの著書も多数ある。 趣味は太陽光発電、2004年より自宅の電気を太陽光発電で賄うほか、現在3つの発電所を運用する発電所長でもある。

オーディオインターフェイスは、SteinbergやM-AudioなどDAWバンドルで販売しているものから、MOTUの8PRE-ESなどのプロ仕様モデルまで、さまざまな製品があります。価格も1万円未満から数10万円クラスまで幅広く、何を基準にすべきか、それぞれの違いがどこにあるのかわかりにくく、DTM初心者にとってオーディオインターフェイスの買い物は最初の関門といってもよいでしょう。そこで、DTMに精通するライターの藤本 健さんに、オーディオインターフェイスの役割、購入時のポイント、おすすめモデルを解説いただきました。既にオーディオインターフェイスをお持ちの方でも、思わず欲しくなるおすすめ品も見つかるかも!


オーディオインターフェイスの選び方|ライター藤本 健さんに聞く

ライター藤本 健さんに、オーディオインターフェイスを選ぶときのポイントを5つ教えてもらいました。DTMに興味はあっても、機材関連が難しく踏み出せずにいた方にはぜひ読んでいただきたいポイントばかりです。

オーディオインターフェイス
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

パソコンと楽器を一体化させてくれるオーディオインターフェイス。

端子数と端子の種類で選ぶ

ライター

オーディオインターフェイスの端子は標準「ジャック」「マイクジャック」「コンボジャック」の3種類あります。これらの端子がいくつ搭載されているかが選ぶときのポイントです。

端子がいくつ必要かは使用用途によっても変わってきますが、自宅で使うのであればコンボジャックが2つ搭載してあるモデルがおすすめです。これなら、マイクとギターを同時に接続しておくこともできますし、ステレオレコーディングも可能です。

他にも端子の種類は、「MIDI端子」や「デジタル端子」(S/PDIF、adat、AES/EBU など)が存在しますが、最近のMIDIキーボードはUSBで接続するため、オーディオインターフェイスにMIDI端子が装備されていなくても問題はありません。

YAMAHA『Steinberg UR-RT2』

あたたかみのあるNEVEサウンドを受け継ぐオーディオインターフェイス。

>> Amazonで詳細を見る

機能面で選ぶ

ライター

最低限必要な機能は、「ファンタム電源」と「ハイインピーダンス(Hi-z)」モードです。ファンタム電源はコンデンサーマイクを使用するときに必要な「+48V」の電源を供給するもので、これがないとレコーディングなどでよく使われる繊細な音を拾うためのマイクが使えません。

またハイインピーダンス(Hi-z)モードはギターやベースを直接接続するときに必要で、これがないと本来の音を録音できません。

といっても、これらの機能は最近のオーディオインターフェイスであればほぼ搭載してあります。ですが、一応確認しておくようにしましょう。

サンプリングレートをチェック

ライター

サンプリングレートの数字は高いほど高音質で録音または再生ができます。ほとんどの場合「24bit/48kHz」または「96kHz」で扱うことが多いため、それ以上は必要ないでしょう。

「192kHz」や「384kHz」に対応しているモデルなども存在しますが、よほどの理由がないと使うことはないですし、そもそも値段が高かったり、録音するときのデータ容量が大きくなってしまったりというデメリットもあります。

初心者であれば48kHzか96kHzに対応しているオーディオインターフェイスを選ぶといいでしょう。

M-Audio『M-Track 2X2M』

大きなつまみが印象的、操作性優れた製品です。

>> Amazonで詳細を見る

個性的な機能で選ぶ

ライター

オーディオインターフェイスの中には個性的な機能を装備したモデルが存在します。

たとえば、ギターをレコーディングするときに最適なインピーダンスを設定できる『IK Multimeda AXE I/O』や内部に「DSP」(オーディオの弱点を克服すべくデジタル技術で補正する機器)を有し、パソコンに負担をかけず高品質なエフェクトを使用できる『Apollo』シリーズや『Arrow』。「384kHz/32bitINTEGER」対応の『AXR4T』。圧倒的低「レイテシー」(データ処理に伴う発音の遅延)を実現した『ZOOM UAC-2』。Rupert Neve DesignsとYAMAHA(Steinberg)が共同開発した『UR-RT』シリーズ。

こういった個性的な機能を自分の音楽スタイルに合わせて選ぶのも手です。

付属している「DAW」ソフトで選ぶ

ライター

付属しているDAW(Digital Audio Workstation)からオーディオインターフェイスを選ぶという方法もあります。

DAWとは、打ち込みやレコーディング、ミックス、マスタリングなどといったことができる音楽制作ソフトです。そのDAWがオーディオインターフェイスに付属している機種もあるので、まだDAWを持っていない人はDAW付属のものを選択するといいでしょう。

またソフトシンセやプラグインが付属している製品もあるので、そういったこともチェックしてみましょう。

ライター藤本 健さんおすすめ|オーディオインターフェイス8選

上で紹介したオーディオインターフェイスの選び方のポイントをふまえて、ライター藤本 健さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。エントリーモデルからややマニアックなモデルまで紹介されているので、楽しみながら目を通してみてください。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

YAMAHA『Steinberg UR22mkII』

出典:Amazon

パソコンとの接続端子
USB2.0
音声の入力端子
MIC/LINE 1/2 端子 (XLR/TRS コンボ) x 2
音質
24bit/192kHz対応
ファンタム電源
対応
ハイインピーダンス
INPUT2を切り替えで対応
DAW付属
Cubase AI ダウンロード版バンドル、iPad用の「Cubasis LE」ダウンロードバンドル
Thumb lg 07a20a76 267c 4988 8065 8c14bb6ec0ef
ライター

初心者におすすめ、付属DAWはCUBASE AI

『UR22mkII』は価格、機能ともにもっともスタンダードなオーディオインターフェイスと言えるでしょう。

エントリーモデルでいうとPreSonus、Focusrite、Roland、TASCAMなどからも同価格帯の製品が販売されていますが、機能や音質に大きな差は感じられません。

選ぶ基準としては、バンドルされているDAWやプラグインが多少異なるので、そういったところから判断するといいでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

YAMAHA『Steinberg UR-RT2』

出典:Amazon

パソコンとの接続端子
USB2.0
音声の入力端子
MIC/LINE 1/2 端子 (XLR/TRS コンボ) x 2
音質
24bit/192kHz
ファンタム電源
対応
ハイインピーダンス
INPUT1を切り替えで対応
DAW付属
Cubase AI/Cubasis LE (for iPad) ダウンロード版
Thumb lg 07a20a76 267c 4988 8065 8c14bb6ec0ef
ライター

アコースティックサウンドにこだわりたいなら!

『UR-RT2』はRupert Neve Designs(以下、RND)とYAMAHA(Steinberg)が共同開発したオーディオインターフェイスです。

このモデルのフロントパネルにはスイッチがあり、それをオンにすることでRND社製の「トランスフォーマー」(変圧器)を通したサウンドとなります。このトランスフォーマーというのが、RNDの音の決め手となっており、独特のサウンドへと変化するのです。

従来、非常に高価だった「Neveサウンド」が、手頃な価格で手に入るので、一段上を行くサウンドを求める方におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ZOOM『UAC-2』

出典:Amazon

パソコンとの接続端子
USB3.0/USB2.0
音声の入力端子
XLRインプット x 2
音質
24bit/192kHz
ファンタム電源
対応
ハイインピーダンス
INPUT1、2ともに切り替えで対応
DAW付属
Cubase LE9/ミキサーアプリケーション「UAC-2 MixEfx」がダウンロード可能
Thumb lg 07a20a76 267c 4988 8065 8c14bb6ec0ef
ライター

DTMだけでなく、DJや動画配信にも活躍

『UAC-2』は圧倒的な低レイテンシーを実現するUSB3.0のオーディオインターフェイスです。

レイテンシーとは日本語で遅延を意味し、MIDIキーボードを弾いてからソフトシンセが鳴るまでの遅延時間やオーディオインターフェイスに接続したエレキギターを弾いてから、パソコンを通りモニターにかえってくるまでの遅延時間を指します。

そのレイテンシーが一般的なオーディオインターフェイスの半分程度の値となっており、またUSB3.0接続というのも特徴のオーディオインターフェイスです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

M-Audio『M-Track 2X2M』

出典:Amazon

パソコンとの接続端子
USB-C端子(変換ケーブル付属)
音声の入力端子
XLR+1/4"バランス・コンボ入力端子 x 2
音質
24bit/192kH
ファンタム電源
対応
ハイインピーダンス
対応
DAW付属
DAW : Pro Tools|First M-AUDIO EDITION/Ableton Live Liteなど
Thumb lg 07a20a76 267c 4988 8065 8c14bb6ec0ef
ライター

ProTools|First、音源など多数付属

『M-TRACK 2x2M』は世界で初めてPCとの接続にUSB Type-Cのコネクタを採用したオーディオインターフェイスです。

トップパネルにツマミが装備されているのも、このオーディオインターフェイスの特徴であり、操作性に優れたモデルとなっています。

付属品にはUSB Type-C同士を接続するケーブル以外に、従来のUSB端子に接続するためのケーブルも付属しているので、USB Type-Cポート以外にも接続は可能です。

BEHRINGER『UMC22 U-PHORIA』

出典:Amazon

パソコンとの接続端子
USB1.1
音声の入力端子
XLR x 1/フォーンコンボ端子 x 1
音質
16bit、32/44.1/48kHz
ファンタム電源
1系統の高品位MIDAS設計マイクプリアンプを搭載、ファンタム電源を提供
ハイインピーダンス
対応
DAW付属
behringer.comにて、プラグインなどダウンロード可能
Thumb lg 07a20a76 267c 4988 8065 8c14bb6ec0ef
ライター

マイクプリ目的だけでも購入価値あり!

『UMC22』はもっとも低価格でシンプルなオーディオインターフェイスです。

この下のグレードにさらに安い価格の「UM2」が存在しますが、出力がRCAしかなく、「MIDAS(マイダス)」というイギリスの老舗オーディオコンソールメーカーブランドのマイクプリが未搭載なので、ボーカル録音や楽器を録音するのであれば『UMC22』以上のモデルがおすすめです。

また、このオーディオインターフェイスにはDAWが付属していないので、別途用意する必要があります。そのため最初は『Studio One 4 Prime』『Cakewalk by BandLab』など、無料で入手可能なDAWを使うといいでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

PreSonus『AudioBox 96 STUDIO Ultimate Bundle』

出典:Amazon

パソコンとの接続端子
USB2.0
音声の入力端子
XLR x 2
音質
24bit/96kHz
ファンタム電源
対応
ハイインピーダンス
対応
DAW付属
Studio One Artistのライセンスバンドル、ほかプラグイン多数
Thumb lg 07a20a76 267c 4988 8065 8c14bb6ec0ef
ライター

付属ソフトだけでもお得なオールインワンセット

『AudioBox 96 STUDIO Ultimate Bundle』は、「AudioBox USB 96オーディオインターフェイス」「Eris E3.5モニタースピーカー」「コンデンサーマイク」「ヘッドホン」「各種ケーブル」が入った、全部入りセットです。

まだ何も機材を持っていないけれど、これからDTMを始めたいと思っている人におすすめです。

またAudioBox USB 96には、付属プラグインとして『Studio Magicプラグインスイート』がついてきます。この付属プラグインは7つあり、トータル5万円以上の価値のあるソフトたちでもあるので、買っても損はないと思います。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

IK Multimedia『AXE I/O』

出典:Amazon

パソコンとの接続端子
USB2.0
音声の入力端子
1/4インチ端子 x 2(ギター、ベース用)、XLRマイク&標準ライン・コンボ端子 x 2
音質
24bit/192kHz
ファンタム電源
XLR側のみ対応
ハイインピーダンス
1/4インチ端子のみ対応
DAW付属
DAW : Ableton Live 10 Lite、ギター関連のプラグイン多数バンドル
Thumb lg 07a20a76 267c 4988 8065 8c14bb6ec0ef
ライター

ギターサウンドの録音にこだわるなら必携!

『AXE I/O』は入力インピーダンスを自由に変えられるオーディオインターフェイスです。

ギターのレコーディングにとって重要になってくるHi-z(ハイ・インピーダンス)、インピーダンス・マッチングに最適化した作りになっており、ギターサウンドを最大限に引き出せるオーディオインターフェイスとなっています。

また「リアンプ」という、とりあえずギターは生のまま録音しておいて、後で録ったギターを再生して外部のアンプを鳴らし、録音しなおすという手法が可能であるなど、ギタリストであればDTMに限らず幅広く使用できる機材です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Universal Audio『Arrow』

出典:Amazon

パソコンとの接続端子
Thunderbolt 3 (USB-Cポート経由)
音声の入力端子
XLR x 2、1/4フォーン x 1(ギター用)
音質
24bit/192kHz
ファンタム電源
対応
ハイインピーダンス
対応
DAW付属
なし
Thumb lg 07a20a76 267c 4988 8065 8c14bb6ec0ef
ライター

録音マニア心をくすぐる期待の逸品

『Arrow』はUniversal Audioが誇るDSP機能搭載のオーディオインターフェイスです。

「UADプラグイン」に加え、「Unison プリアンプ・テクノロジー」が搭載されているので、ビンテージ機材のインピーダンス、回路動作、ゲインの変わり方を忠実に再現してくれる機能も装備しています。

また、プロのレコーディング現場で使われているビンテージアナログ機材をシミュレートしたプラグインが14種類付属しています。

一覧表でおすすめ商品を比較する

画像

YAMAHA『Steinberg UR22mkII』
YAMAHA『Steinberg UR-RT2』
ZOOM『UAC-2』
M-Audio『M-Track 2X2M』
BEHRINGER『UMC22 U-PHORIA』
PreSonus『AudioBox 96 STUDIO Ultimate Bundle』
IK Multimedia『AXE I/O』
Universal Audio『Arrow』

商品

YAMAHA『Steinberg UR22mkII』 YAMAHA『Steinberg UR-RT2』 ZOOM『UAC-2』 M-Audio『M-Track 2X2M』 BEHRINGER『UMC22 U-PHORIA』 PreSonus『AudioBox 96 STUDIO Ultimate Bundle』 IK Multimedia『AXE I/O』 Universal Audio『Arrow』

特徴

初心者におすすめ、付属DAWはCUBASE AI アコースティックサウンドにこだわりたいなら! DTMだけでなく、DJや動画配信にも活躍 ProTools|First、音源など多数付属 マイクプリ目的だけでも購入価値あり! 付属ソフトだけでもお得なオールインワンセット ギターサウンドの録音にこだわるなら必携! 録音マニア心をくすぐる期待の逸品

価格

Amazon : ¥ 15,138
楽天市場 : ¥ 15,780
Yahoo!ショッピング : ¥ 15,138
※各社通販サイトの 2019年5月23日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 37,983
楽天市場 : ¥ 37,984
Yahoo!ショッピング : ¥ 41,796
※各社通販サイトの 2019年5月23日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 22,356
楽天市場 : ¥ 22,356
Yahoo!ショッピング : ¥ 22,777
※各社通販サイトの 2019年3月20日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 18,532
楽天市場 : ¥ 12,800
Yahoo!ショッピング : ¥ 9,480
※各社通販サイトの 2019年5月23日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 10,253
楽天市場 : ¥ 5,979
Yahoo!ショッピング : ¥ 5,979
※各社通販サイトの 2019年5月23日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 34,800
楽天市場 : ¥ 34,800
Yahoo!ショッピング : ¥ 34,800
※各社通販サイトの 2019年5月23日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 47,610
楽天市場 : ¥ 48,158
Yahoo!ショッピング : ¥ 47,610
※各社通販サイトの 2019年5月23日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 48,600
楽天市場 : ¥ 62,640
Yahoo!ショッピング : ¥ 49,090
※各社通販サイトの 2019年5月23日時点 での税込価格

パソコンとの接続端子

USB2.0 USB2.0 USB3.0/USB2.0 USB-C端子(変換ケーブル付属) USB1.1 USB2.0 USB2.0 Thunderbolt 3 (USB-Cポート経由)

音声の入力端子

MIC/LINE 1/2 端子 (XLR/TRS コンボ) x 2 MIC/LINE 1/2 端子 (XLR/TRS コンボ) x 2 XLRインプット x 2 XLR+1/4"バランス・コンボ入力端子 x 2 XLR x 1/フォーンコンボ端子 x 1 XLR x 2 1/4インチ端子 x 2(ギター、ベース用)、XLRマイク&標準ライン・コンボ端子 x 2 XLR x 2、1/4フォーン x 1(ギター用)

音質

24bit/192kHz対応 24bit/192kHz 24bit/192kHz 24bit/192kH 16bit、32/44.1/48kHz 24bit/96kHz 24bit/192kHz 24bit/192kHz

ファンタム電源

対応 対応 対応 対応 1系統の高品位MIDAS設計マイクプリアンプを搭載、ファンタム電源を提供 対応 XLR側のみ対応 対応

ハイインピーダンス

INPUT2を切り替えで対応 INPUT1を切り替えで対応 INPUT1、2ともに切り替えで対応 対応 対応 対応 1/4インチ端子のみ対応 対応

DAW付属

Cubase AI ダウンロード版バンドル、iPad用の「Cubasis LE」ダウンロードバンドル Cubase AI/Cubasis LE (for iPad) ダウンロード版 Cubase LE9/ミキサーアプリケーション「UAC-2 MixEfx」がダウンロード可能 DAW : Pro Tools|First M-AUDIO EDITION/Ableton Live Liteなど behringer.comにて、プラグインなどダウンロード可能 Studio One Artistのライセンスバンドル、ほかプラグイン多数 DAW : Ableton Live 10 Lite、ギター関連のプラグイン多数バンドル なし

商品情報

ECサイトのオーディオインターフェイスランキングを参考にする

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのオーディオインターフェイスの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:オーディオインターフェイスランキング
楽天市場:オーディオインターフェイスランキング
Yahoo!ショッピング:オーディオインターフェイスランキング

※上記リンク先のランキングは、各ECサイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

オーディオインターフェイス選びに迷ったら|ライター藤本 健さんからのアドバイス

知人と同機種や人気モデルを選ぶのもあり!

ライター

様々なメーカーから販売されているオーディオインターフェイスですが、1万前後の製品にはほとんど差はないので、友人や知人が使っている機材と同じものを選ぶ、付属しているDAWが同じものを選ぶといった基準で選ぶのもひとつの手です。

DAWが一緒であれば、データの受け渡しが楽というメリットもあります。あとは人気のオーディオインターフェイスであれば、ネットに情報がたくさんあるので、困ったときにすぐ解決できたり、そもそも使い方がわからないときでも、すぐ調べられたりします。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(制作協力:拝島 祐子、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/09/20 タグ修正のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 花島優史)

※2019/09/30 表示されている価格は税込価格ですが、消費税率は掲載時点、あるいは更新時点のものです。(マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【振動スピーカー】の選び方&おすすめ5選|家電コンシェルジュが商品を厳選!

【振動スピーカー】の選び方&おすすめ5選|家電コンシェルジュが商品を厳選!

家電コンシェルジュが選ぶ振動スピーカー5選をご紹介します。机や棚の振動を利用して音を増幅する振動スピーカー。一度使えば、自宅使用だけでなく旅行などにも手放せない存在になるでしょう。しかし、振動スピーカーを販売しているのは日本では無名なメーカーが多いため、選ぶのに困ることも。そこで、家電ライターの松本レイナさんにお話をうかがい、おすすめの選び方から厳選した商品までをご紹介いただきました。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


【壁掛けスピーカー】選び方&おすすめ6選|ガジェットライターが解説

【壁掛けスピーカー】選び方&おすすめ6選|ガジェットライターが解説

ガジェットライターが選ぶ壁掛けスピーカー5選をご紹介します。スマホで音楽や動画を再生したり、テレビで映画を観たりゲームをしたり。そんなスマホやテレビにももちろんスピーカーは付いていますが、音質のよい音楽を聴きたいのであれば、壁掛けスピーカーがおすすめです。そこで、ガジェット・家電ライターの渡辺まりかさんにお話をうかがい、音質やコスパの観点でおすすめの壁掛けスピーカーについて教えてもらいました。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


アップル AirPods pro とソニー WF 1000XM3、買うならどっち?【実機比較動画あり】

アップル AirPods pro とソニー WF 1000XM3、買うならどっち?【実機比較動画あり】

アップル「AirPods Pro」とソニー「WF-1000XM3」を、iPhone関連プロダクトに詳しいITライター中筋義人さんに、実機を使って性能や使い勝手まで比較してもらいました。このジャンルは、2019年7月に発売された「WF-1000XM3」が販売開始後しばらくは売り切れが続く人気でしたが、それに対抗するような「AirPods Pro」をアップルが投入してきてきました。さぁ軍配はどちらに上がるのか? 外観やケース出し入れの比較動画もあります。ぜひ参考にしてください。


【CDラジカセ】の選び方&おすすめ商品7選|ガジェットライターが解説!

【CDラジカセ】の選び方&おすすめ商品7選|ガジェットライターが解説!

ガジェットライターが選ぶCDラジカセ7選をご紹介します。音楽CDやカセットを聞くことができるCDラジカセ。使い勝手のよさから、いまだに現役で使っている人も多いのではないでしょうか。しかし、昔にくらべて主要メーカーから新モデルも売らなくなり、おすすめのCDラジカセといってもこのモデル! というのを思いつける人も少ないのでは。そこで、ガジェットライターの渡辺まりかさんにお話をうかがい、選び方やいまだからこそおすすめできるCDラジカセを教えていただきました。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


音楽ライターがおすすめの【歪み系エフェクター6選】迫力のサウンドを手に入れる!

音楽ライターがおすすめの【歪み系エフェクター6選】迫力のサウンドを手に入れる!

ギタリストにとってもっとも身近なエフェクターといえば、歪み系エフェクターでしょう。音を厚くパワフルにし、伸びをよくする歪み系エフェクターは、ロックに限らず利用範囲の広いエフェクターです。ただ、歪み系エフェクターは、エフェクターのなかでも数が多く、さまざまな商品があるため、どれを選んだらよいか迷ってしまうこともあるでしょう。そこで本記事では、音楽ライターの田澤 仁さんへの取材をもとに、歪み系エフェクターの選び方と、おすすめの商品をご紹介します。


最新の記事


パーソナルトレーナーがおすすめ【フィットネスシューズ5選】|ジム通いに必須

パーソナルトレーナーがおすすめ【フィットネスシューズ5選】|ジム通いに必須

パーソナルトレーナーの田子政昌さんに、フィットネスシューズの選び方とおすすめ商品を紹介してもらいました。フィットネスシューズも、そのほかのスポーツシューズに近い構造となっている場合が多いですが、野外の運動シューズを室内で使うと、床に跡が残ってしまったりして迷惑がかかってしまいます。また、動作の際の適切なクッション性も感じることができ安全性も高まるので、やはりジムに通う際はフィットネスシューズを使用した方が無難です。パーソナルトレーナーの田子政昌さんの意見を参考にして、自分に合ったシューズで快適なフィットネスライフを楽しみましょう。


【振動スピーカー】の選び方&おすすめ5選|家電コンシェルジュが商品を厳選!

【振動スピーカー】の選び方&おすすめ5選|家電コンシェルジュが商品を厳選!

家電コンシェルジュが選ぶ振動スピーカー5選をご紹介します。机や棚の振動を利用して音を増幅する振動スピーカー。一度使えば、自宅使用だけでなく旅行などにも手放せない存在になるでしょう。しかし、振動スピーカーを販売しているのは日本では無名なメーカーが多いため、選ぶのに困ることも。そこで、家電ライターの松本レイナさんにお話をうかがい、おすすめの選び方から厳選した商品までをご紹介いただきました。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


【名刺スキャナー】の選び方&おすすめ6選|ガジェットレビュアーが商品を厳選!

【名刺スキャナー】の選び方&おすすめ6選|ガジェットレビュアーが商品を厳選!

ガジェットレビュアーが選ぶ名刺スキャナー6選をご紹介します。名刺は捨てることがあまりないので、たまる一方ですよね。名刺スキャナーがあれば、ファイルにまとめる必要はなく、大量の名詞を手軽に管理することが可能です。本記事では、大くのガジェットをレビューしている東雲八雲さんに、名刺スキャナーのおすすめ商品を教えてもらいました。かんたんに使える商品もたくさんありますので、ぜひお気に入りの1台を見つけてみてください。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてくださいね。


【スマートキーケース】のおすすめ商品8選|カージャーナリストが選び方を解説

【スマートキーケース】のおすすめ商品8選|カージャーナリストが選び方を解説

カージャーナリストが選ぶスマートキーケース8選をご紹介します。スマートキーの持ち運びと保護に役立つスマートキーケースですが、リレーアタック対策が施されているタイプや、防水加工が施されているタイプなど、商品によって機能が異なります。本記事では、スマートキーケースのおすすめ商品と選び方について、カージャーナリストの松村 透さんにお話をうかがいました。各商品の特徴を見比べて、用途に合ったスマートキーケースを選びましょう。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


ガジェット・家電ライターおすすめ【ひとり暮らしに最適なアイロン7選】|自宅でシワ取り

ガジェット・家電ライターおすすめ【ひとり暮らしに最適なアイロン7選】|自宅でシワ取り

ひとり暮らしに必要な家電のひとつ「アイロン」。クリーニング屋さんを使用しない分、おうちでYシャツやブラウスなども安上がりにすみます。ですが、アイロンといっても多くのメーカーが商品展開していて選ぶのが大変ですよね。この記事では、ガジェット・家電ライターとして長年家電をレビューしてきた、渡辺まりかさんに選び方やおすすめ商品についてうかがいました。