10インチタブレットのおすすめ11選|キーボードつきや防水対応のものも

10インチタブレットのおすすめ11選|キーボードつきや防水対応のものも
ITライター
酒井 麻里子

IT関連の書籍、雑誌、Webコンテンツ等の編集・執筆に携わる。 著書に『これからはじめるスマホユーザーのためのLINE Facebook&Twitter 安心・かんたんスタートブック』(秀和システム)、 『今すぐ使えるかんたんFC2ブログ 超入門』(技術評論社)など。

タブレットはスマホとパソコンの間を補完してくれる便利なデバイス。ディスプレイサイズが10インチクラスの「10インチタブレット」は、動画や電子書籍を大きな画面で楽しめて実用的ですが、商品ごとに違いが大きく選ぶのはたいへん。この記事では、10インチタブレットを選ぶポイントを解説し、ITライターの酒井麻里子さんと編集部が選んだおすすめの商品をご紹介します。記事後半のランキングも、ぜひ商品選びの参考にしてくださいね。


10インチタブレットの魅力とは

タブレットを眺めている女性
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

10インチタブレットは、スマホとパソコンの間をつなぐのにちょうどよい大きさのタブレット。

スマホでは見づらい電子書籍や動画をラクに読んだり観たりすることができます。

また、わざわざパソコンを立ち上げるまでもない軽い作業なら、10インチタブレットで迅速に処理することが可能です。

スマホとパソコンに加えて10インチタブレットが1台あると、IT機器の使い勝手がとってもよくなります。

10インチタブレットを選ぶポイント

それでは、10インチタブレットを選ぶポイントについて解説します。10インチタブレットに共通するのは、ディスプレイの大きさのみ

商品ごとに個性があり、選ぶのは意外と難しいものです。解説を参考にして選んでみてください

機能は重要な選定要素

最初にチェックしたいのは機能面です。機能が充分でないタブレットは使っていてストレスになることも。

一方で、自分が求める用途以上の機能だと価格が高くなりすぎてしまいます。ほどよい機能のものを選ぶのがいいでしょう。

ディスプレイ解像度

ディスプレイ解像度とは、ディスプレイに表示できるピクセル数のこと。ピクセルが多ければ多いほど、高精細で美しい画像や動画を楽しむことができます。

10インチタブレットだとフルHD(1920×1080ピクセル)以上がほしいところ。これを基準に選んでみてください。

CPU

CPUとは、Central Processing Unitの略でタブレットの処理をつかさどる部分。CPUが高性能なほど、タブレットがサクサクと動きます。とくにゲームをやりたいなら高性能なものを選んだほうが◎。

CPUの性能はコア数と動作周波数がポイント。コア数とは処理を行なうユニットの数で、多いほど並列に処理ができます。

また、周波数は各ユニットが処理を行なう速さのこと。単位はGHzであらわされ、大きければ大きいほど高速です。

メモリとストレージ容量

メモリとはCPUが作業を行なうデータを一時的に置いておくためのもの。

メモリが少ないと、ひとつのアプリで多くの処理を行なったり、複数のアプリを切り替えたりするときに処理が遅くなります。3GB以上はほしいところです。

ストレージとはアプリそのものやアプリのデータを保存しておくためのもの。

インストールできるアプリの数や保存できる動画、画像の数などは、ストレージ容量で決まります。64GB以上はほしいところ。

商品によってはmicroSDカードなどで拡張も可能です。

内蔵インターフェース

タブレットは単体でも便利なものですが、外部機器を接続するとさらに便利になります

たとえば、HDMIポートがあれば動画や画像をテレビなどに映し出して大勢で観ることが可能。

また、USBポートなどに拡張機器を接続すれば、タブレットでできることが増えます。

使い方に応じてOSを選ぶ

OSとは基本ソフトとも呼ばれ、タブレットの使い勝手を決める重要なソフトのこと。現在タブレットで主流なのは「Android」、「iOS」、「Windows」の3種類です。

それぞれに得意・不得意な分野があり、どれが一番すぐれているというものではないのが難しいところ。

自身の使い方や好みで選んでみてください。使っているスマホと合わせるというのもありです。

Android

タブレットの種類が豊富で選択肢が多い点がAndroidのうれしいところです。また、比較的アプリの数が多いことも特徴。

アプリ開発の自由度が高く、さまざまなアプリが公開されています。OSの設定もいろいろできるので、カスタマイズが好きな人にもピッタリ。

iOS、iPadOS

Apple(アップル)のiPadが採用しているOSが、iOSあるいはiPadOS。

かつては、iPhoneと同じiOSを搭載していましたが、2019年にiPad専用の「iPadOS」が開発され機能が拡張されました

アプリ公開時にしっかりとした審査があるので、ユーザーに害を及ぼすようなアプリが少ないといわれています。

Windows

パソコンで大きなシェアを持つWindowsをOSとして搭載したタブレット。形がタブレットですができることはパソコンと同じであるところが魅力。

仕事でも使うMicrosoft Officeも同じものが使えますので違和感なく利用可能です。

また、過去の膨大なソフトウェアをそのまま使えるのもうれしいところ。以前からWindowsパソコンを使っている人は選択肢として検討する価値があるといえるでしょう。

家の外で使うなら通信方式もチェック

タブレットを使う場所によって通信方式もチェックが必要です。

通信方式には「Wi-Fi」と「LTE」の2種類があります。国内ではLTEに比べるとWi-Fi接続環境はあまり整備されていません。

自宅以外で自由に使いたいのであればLTEが便利。一方、自宅や決まった場所でのみ使うのであればLTE対応でなくても充分です。

Wi-Fiのみ

家のなかでしか使わないならWi-Fiのみ搭載のタブレットで充分。自宅に無線LAN環境があれば追加料金も必要なく、タブレットをインターネットに接続できます

一方、家の外に持ち出したときはWi-Fi環境がないとインターネットに接続できず使い勝手が大幅にダウン。

家の外でも使い場所が決まっていてWi-Fi環境があれば問題ありませんが注意してください。

Wi-Fi+LTE対応

家の外でも頻繁に使いたいのであればWi-Fi+LTEのモデルがピッタリ。

LTEとは、スマホでも使われている通信方式で、スマホと同じく電波さえ届けばいつでもどこでもインターネット接続ができます

ただし、LTE対応モデルは一般的にWi-Fiのみのモデルよりも高価になります。また、LTE通信のための契約が別途必要であり、ランニングコストも必要となることを覚えておいてください。

安全面や使い勝手にも気をつけよう

最近のタブレットは薄くて軽く手に持ちやすいので、逆に落としてしまうこともしばしば。

落としてしまうと故障につながるリスクがあります。画面に保護フィルムを貼れば、画面のキズや割れを防ぐ効果があります。

スタンドを使って固定すれば安定感が増します。持ち運び時にバッグやスリーブに入れていると安心です。

さらに、防水機能があると水に濡れても壊れないため、お風呂で使うこともできます

テザリングを使えばWi-Fiモデルを持ち出せる ITライターからのアドバイス

ITライター

Wi-Fiのみのモデルでも、スマホをモバイルルーターとして使う「テザリング」を活用することで外出先で使うことが可能になります。

「Wi-Fiモデルを買ってしまったら屋外では使えない」というわけではないので、どちらにするか迷っているけれど、できれば費用は抑えたい……という場合は、Wi-Fiモデルを選ぶのがいいでしょう

10インチタブレットのおすすめ11選 ITライターと編集部が選んだ

ここからは10インチタブレットのおすすめ11商品をご紹介します。それぞれに個性のあるタブレットであり迷ってしまうかもしれません。

それぞれの商品の紹介を読んで、自身に合った1台を見つけてみてください。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Apple(アップル)『iPad 10.2インチ』

Apple(アップル)『iPad10.2インチ』 Apple(アップル)『iPad10.2インチ』 Apple(アップル)『iPad10.2インチ』 Apple(アップル)『iPad10.2インチ』 Apple(アップル)『iPad10.2インチ』 Apple(アップル)『iPad10.2インチ』 Apple(アップル)『iPad10.2インチ』 Apple(アップル)『iPad10.2インチ』

出典:Amazon

サイズ/重量 サイズ:10.2インチ/重量:483g
解像度 2160×1620ピクセル
CPU A10 Fusion
メモリ/ストレージ容量 メモリ: - /ストレージ:32GB、128GB
内蔵インターフェース Lightning
OS iPadOS
通信方式 Wi-Fi

Smart Keyboard対応でより実用的に

別売りのSmart Keyboardに対応した10インチタブレット。Smart KeyboardとはiPadに磁石で取りつけられるキーボードのことです。外づけキーボードを取りつけることでより速くタイピングができ、かつキー入力領域で表示領域を狭くせずに快適に使えます。

また、ペン入力もApple Pencilにより可能に。手書きの文字や絵を加えることでより直感的かつわかりやすいドキュメントを作成可能です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Lenovo(レノボ)『Lenovo Yoga Smart Tab(ZA3V0052JP)』

Lenovo(レノボ)『LenovoYogaSmartTab(ZA3V0052JP)』 Lenovo(レノボ)『LenovoYogaSmartTab(ZA3V0052JP)』 Lenovo(レノボ)『LenovoYogaSmartTab(ZA3V0052JP)』 Lenovo(レノボ)『LenovoYogaSmartTab(ZA3V0052JP)』 Lenovo(レノボ)『LenovoYogaSmartTab(ZA3V0052JP)』

出典:Amazon

サイズ/重量 サイズ:10.1インチ/重量:810g
解像度 1920×1200ピクセル
CPU Qualcomm Snapdragon 439 オクタコア プロセッサー
メモリ/ストレージ容量 メモリ:4GB/ストレージ:64GB
内蔵インターフェース USB-C
OS Android 9.0
通信方式 Wi-Fi、Bluetooth

タブレットにもスマートディスプレイにも早変わり

タブレットとしてもスマートディスプレイとしても使える1台2役のLenovo製10インチタブレット。切り替えは内蔵されているキックスタンドを開くだけとかんたんです。ものを増やさずに先端のガジェットを楽しむことが可能。

タブレットでは軽視されがちなスピーカーには、オーディオメーカーのJBL製のものを搭載。音楽再生から映画まで表現豊かに再生可能です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Microsoft(マイクロソフト)『Surface Go 2』

Microsoft(マイクロソフト)『SurfaceGo2』 Microsoft(マイクロソフト)『SurfaceGo2』 Microsoft(マイクロソフト)『SurfaceGo2』 Microsoft(マイクロソフト)『SurfaceGo2』 Microsoft(マイクロソフト)『SurfaceGo2』 Microsoft(マイクロソフト)『SurfaceGo2』

出典:Amazon

サイズ/重量 サイズ:10.5インチ/重量:544g
解像度 1920×1280ピクセル
CPU Intel Pentium Gold Processor 4425Y
メモリ/ストレージ容量 メモリ:4GB/ストレージ:64GB
内蔵インターフェース USB-C
OS Windows 10 Home
通信方式 Wi-Fi

マイクロソフトオフィス搭載でビジネスにも

WindowsをOSとし、マイクロソフトオフィスが使える10インチタブレット。ふだんパソコンで使い慣れているオフィスをそのまま使えるのでビジネスでも活用できます。

Windows Hello 顔認証カメラを搭載し、ログインのたびにパスワードを入れる必要がないのも便利。microSDカードスロットもあり、内蔵ストレージが足りなくなったら拡張することが可能です。

Apple(アップル)『iPad Pro 11インチ』

Apple(アップル)『iPadPro11インチ』 Apple(アップル)『iPadPro11インチ』 Apple(アップル)『iPadPro11インチ』 Apple(アップル)『iPadPro11インチ』 Apple(アップル)『iPadPro11インチ』 Apple(アップル)『iPadPro11インチ』

出典:Amazon

サイズ/重量 サイズ:11インチ/重量:471g
解像度 2388x1668ピクセル
CPU A12Z Bionic
メモリ/ストレージ容量 メモリ: - /ストレージ:128GB、256GB、512GB、1TB
内蔵インターフェース USB-C
OS iPadOS
通信方式 Wi-Fi

120Hzリフレッシュレート対応で操作しやすい

120Hzという高速なリフレッシュレートに対応したタブレット。画面の書き換え頻度を指すリフレッシュレートは、数値が高いほど自身の操作への追従性も高いといえます。タブレットの一般的なリフレッシュレートは60Hzですが、その倍の120Hzを搭載。快適な操作性を実現しています。

従来製品に比べてベゼルの幅を狭くしてディスプレイの大きさを11インチに大きくしています。

Apple(アップル)『iPad Pro 11インチ』

Apple(アップル)『iPadAir10.5インチ』 Apple(アップル)『iPadAir10.5インチ』 Apple(アップル)『iPadAir10.5インチ』 Apple(アップル)『iPadAir10.5インチ』 Apple(アップル)『iPadAir10.5インチ』

出典:Amazon

サイズ/重量 サイズ:10.5インチ/重量:456g
解像度 2224×1668ピクセル
CPU A12 Bionic
メモリ/ストレージ容量 メモリ: - /ストレージ:64GB、256GB
内蔵インターフェース Lightning
OS iPadOS
通信方式 Wi-Fi

広色域ディスプレイ搭載で動画が楽しめる

広色域ディスプレイを搭載した10インチタブレット。動画や写真、ゲームなどをより美しく表示してくれます。ディスプレイには反射防止コーティングも施され、どこでも楽しむことが可能。実用性も高いといえます。

AIの処理を高速化するNeural Engineを搭載したCPUを持つことも特徴のひとつ。写真、ゲーム、拡張現実といった分野で活用できます。

HUAWEI(ファーウェイ)『MatePad LTEモデル』

HUAWEI(ファーウェイ)『MatePadLTEモデル』 HUAWEI(ファーウェイ)『MatePadLTEモデル』 HUAWEI(ファーウェイ)『MatePadLTEモデル』 HUAWEI(ファーウェイ)『MatePadLTEモデル』 HUAWEI(ファーウェイ)『MatePadLTEモデル』 HUAWEI(ファーウェイ)『MatePadLTEモデル』 HUAWEI(ファーウェイ)『MatePadLTEモデル』 HUAWEI(ファーウェイ)『MatePadLTEモデル』

出典:Amazon

サイズ/重量 サイズ:10.4インチ/重量:約450g
解像度 2000×1200ピクセル
CPU HUAWEI Kirin 810
メモリ/ストレージ容量 メモリ:3GB/ストレージ:32GB
内蔵インターフェース USB-C
OS EMUI 10.1
通信方式 Wi-Fi、LTE

LTE対応でいつでもどこでも楽しめる

Wi-Fiに加えてLTE通信に対応した10インチタブレット。SIMカードを挿入すれば自宅だけでなく、どこでもインターネットに接続してタブレットを使うことができます。

大きな画面のタブレットはビデオチャットでも活躍。オーディオメーカーのHarman Kardonがチューニングした4つのスピーカーに加え、4つのマイクとノイズリダクション機能を搭載し、リモートワークでも便利に使えます。

HUAWEI(ファーウェイ)『MatePad Pro』

HUAWEI(ファーウェイ)『MatePadPro』 HUAWEI(ファーウェイ)『MatePadPro』 HUAWEI(ファーウェイ)『MatePadPro』 HUAWEI(ファーウェイ)『MatePadPro』 HUAWEI(ファーウェイ)『MatePadPro』 HUAWEI(ファーウェイ)『MatePadPro』 HUAWEI(ファーウェイ)『MatePadPro』 HUAWEI(ファーウェイ)『MatePadPro』

出典:Amazon

サイズ/重量 サイズ:約10.8インチ/重量:約460g
解像度 2560×1600ピクセル
CPU HUAWEI Kirin 990オクタコア
メモリ/ストレージ容量 メモリ:6GB/ストレージ:128GB
内蔵インターフェース USB-C
OS EMUI 10.1.0
通信方式 Wi-Fi、Bluetooth

スマホの画面をタブレット上で操作できる

HUAWEI製のスマホとともに使うとスマホの画面をタブレット上で操作することができます。スマホにしかない機能やアプリもタブレットから操作できるので、ふたつのデバイスを別々に操作する必要がありません。

単体のタブレットとしても、AI処理を加速するNPUを搭載。写真などの処理で活躍します。別売りのM-pencilを使えば手書き入力も可能です。

NEC『LAVIE Tab E(TE710/KAW)』

NEC『LAVIETabE(TE710/KAW)』 NEC『LAVIETabE(TE710/KAW)』 NEC『LAVIETabE(TE710/KAW)』 NEC『LAVIETabE(TE710/KAW)』 NEC『LAVIETabE(TE710/KAW)』 NEC『LAVIETabE(TE710/KAW)』

出典:Amazon

サイズ/重量 サイズ:10.1インチ/重量:約520g
解像度 1920×1200ピクセル
CPU Qualcomm Snapdragon 450
メモリ/ストレージ容量 メモリ:4GB/ストレージ:約64GB
内蔵インターフェース Micro USB
OS Android 9.0
通信方式 Wi-Fi

フルセグチューナー搭載でテレビも観られる

フルセグチューナーを搭載し、テレビの視聴が可能なNECの10インチタブレット。ディスプレイは1920×1200という高解像度かつ視野角の広いIPS液晶のため、美しい画質でテレビを楽しめます。

防塵・生活防水に対応しているのもうれしいところ。キッチンで水しぶきがかかっても問題ないため、レシピを見ながらの調理にも適しているでしょう。

NEC『LAVIE First Mobile(FM150/PAL)』

NEC『LAVIEFirstMobile(FM150/PAL)』

出典:楽天市場

サイズ/重量 サイズ:10.1インチ/重量:タブレット 約653g、キーボード 約536g
解像度 1920×1200ピクセル
CPU インテル Celeron N4100
メモリ/ストレージ容量 メモリ:4GB、ストレージ:約128GB
内蔵インターフェース USB-C、HDMI
OS Windows 10 Pro
通信方式 Wi-Fi

子どもの成長に合わせて長く使える

子どもの成長に合わせて長く使うことをコンセプトにしたWindows搭載の10インチタブレット。子どもが小さいときはタッチパネルやペンで操作し、成長とともに付属のキーボードを使ってより本格的なドキュメントを作成するなど、応用範囲の広さが魅力です。

ぶつけたり落としたりということが起こりがちな子どもが使うことを想定し、堅牢(けんろう)なボディを採用。耐久面でも長く使えそうです。

BLUEDOT『BNT-1013W』

BLUEDOT『BNT-1013W』 BLUEDOT『BNT-1013W』 BLUEDOT『BNT-1013W』 BLUEDOT『BNT-1013W』 BLUEDOT『BNT-1013W』

出典:Amazon

サイズ/重量 サイズ:10.1インチ/重量:約515g
解像度 1920×1200ピクセル
CPU ARM Cortex-A53 64ビット クアッドコアプロセッサ
メモリ/ストレージ容量 メモリ:3GB/ストレージ:32GB
内蔵インターフェース HDMI micro、microSD
OS Android 9.0
通信方式 Wi-Fi、Bluetooth

コストパフォーマンスが高いタブレット

同じようなスペックのタブレットよりも価格が安い10インチタブレット。価格が安いにもかかわらず1920×1200ピクセルの高解像度かつ視野角の広いIPS液晶を採用し、4コア1.5GHzのCPUを搭載するなど、決して安かろう悪かろうではありません

HDMI端子を搭載し、動画やゲームをより大画面のテレビやディスプレイにつないで楽しめる点もうれしいところ。ストレージは32GBとちょっと物足りませんが、microSDカードスロット搭載で手軽に拡張ができます。

BOOX『BOOX Note Pro』

BOOX『BOOXNotePro』 BOOX『BOOXNotePro』 BOOX『BOOXNotePro』 BOOX『BOOXNotePro』 BOOX『BOOXNotePro』

出典:Amazon

サイズ/重量 サイズ:10.3インチ/重量:390g
解像度 1872×1404ピクセル
CPU Cortex-A17 1.6GHzクワッドコア
メモリ/ストレージ容量 メモリ:4GB/ストレージ:64GB
内蔵インターフェース USB-C
OS Android 6.0
通信方式 Wi-Fi、Bluetooth

Einkパネル搭載で電子書籍が読みやすい

目にやさしいEinkパネルのディスプレイを搭載した10インチタブレット。ちらつかないうえにバックライトがないため、電子書籍を長時間読んでも目が疲れにくいのが特徴です。

スタイラスペンが付属し、デジタルペーパーとしても利用できる点がうれしいところ。手書きのメモを美しく保存することができます。軽量なため読書のために持ち歩いても苦になりません。

「10インチ タブレット」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
Apple(アップル)『iPad 10.2インチ』
Lenovo(レノボ)『Lenovo Yoga Smart Tab(ZA3V0052JP)』
Microsoft(マイクロソフト)『Surface Go 2』
Apple(アップル)『iPad Pro 11インチ』
Apple(アップル)『iPad Pro 11インチ』
HUAWEI(ファーウェイ)『MatePad LTEモデル』
HUAWEI(ファーウェイ)『MatePad Pro』
NEC『LAVIE Tab E(TE710/KAW)』
NEC『LAVIE First Mobile(FM150/PAL)』
BLUEDOT『BNT-1013W』
BOOX『BOOX Note Pro』
商品名 Apple(アップル)『iPad 10.2インチ』 Lenovo(レノボ)『Lenovo Yoga Smart Tab(ZA3V0052JP)』 Microsoft(マイクロソフト)『Surface Go 2』 Apple(アップル)『iPad Pro 11インチ』 Apple(アップル)『iPad Pro 11インチ』 HUAWEI(ファーウェイ)『MatePad LTEモデル』 HUAWEI(ファーウェイ)『MatePad Pro』 NEC『LAVIE Tab E(TE710/KAW)』 NEC『LAVIE First Mobile(FM150/PAL)』 BLUEDOT『BNT-1013W』 BOOX『BOOX Note Pro』
商品情報
特徴 Smart Keyboard対応でより実用的に タブレットにもスマートディスプレイにも早変わり マイクロソフトオフィス搭載でビジネスにも 120Hzリフレッシュレート対応で操作しやすい 広色域ディスプレイ搭載で動画が楽しめる LTE対応でいつでもどこでも楽しめる スマホの画面をタブレット上で操作できる フルセグチューナー搭載でテレビも観られる 子どもの成長に合わせて長く使える コストパフォーマンスが高いタブレット Einkパネル搭載で電子書籍が読みやすい
サイズ/重量 サイズ:10.2インチ/重量:483g サイズ:10.1インチ/重量:810g サイズ:10.5インチ/重量:544g サイズ:11インチ/重量:471g サイズ:10.5インチ/重量:456g サイズ:10.4インチ/重量:約450g サイズ:約10.8インチ/重量:約460g サイズ:10.1インチ/重量:約520g サイズ:10.1インチ/重量:タブレット 約653g、キーボード 約536g サイズ:10.1インチ/重量:約515g サイズ:10.3インチ/重量:390g
解像度 2160×1620ピクセル 1920×1200ピクセル 1920×1280ピクセル 2388x1668ピクセル 2224×1668ピクセル 2000×1200ピクセル 2560×1600ピクセル 1920×1200ピクセル 1920×1200ピクセル 1920×1200ピクセル 1872×1404ピクセル
CPU A10 Fusion Qualcomm Snapdragon 439 オクタコア プロセッサー Intel Pentium Gold Processor 4425Y A12Z Bionic A12 Bionic HUAWEI Kirin 810 HUAWEI Kirin 990オクタコア Qualcomm Snapdragon 450 インテル Celeron N4100 ARM Cortex-A53 64ビット クアッドコアプロセッサ Cortex-A17 1.6GHzクワッドコア
メモリ/ストレージ容量 メモリ: - /ストレージ:32GB、128GB メモリ:4GB/ストレージ:64GB メモリ:4GB/ストレージ:64GB メモリ: - /ストレージ:128GB、256GB、512GB、1TB メモリ: - /ストレージ:64GB、256GB メモリ:3GB/ストレージ:32GB メモリ:6GB/ストレージ:128GB メモリ:4GB/ストレージ:約64GB メモリ:4GB、ストレージ:約128GB メモリ:3GB/ストレージ:32GB メモリ:4GB/ストレージ:64GB
内蔵インターフェース Lightning USB-C USB-C USB-C Lightning USB-C USB-C Micro USB USB-C、HDMI HDMI micro、microSD USB-C
OS iPadOS Android 9.0 Windows 10 Home iPadOS iPadOS EMUI 10.1 EMUI 10.1.0 Android 9.0 Windows 10 Pro Android 9.0 Android 6.0
通信方式 Wi-Fi Wi-Fi、Bluetooth Wi-Fi Wi-Fi Wi-Fi Wi-Fi、LTE Wi-Fi、Bluetooth Wi-Fi Wi-Fi Wi-Fi、Bluetooth Wi-Fi、Bluetooth
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年9月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月8日時点 での税込価格

ITライターが選ぶおすすめランキング 10インチタブレットのTOP5はこれ!

ご紹介した商品のなかから、ITライターの酒井麻里子さんがおすすめする商品ランキングを発表します。10インチタブレット選びの参考にしてみてください。

5位 HUAWEI(ファーウェイ)『MatePad LTEモデル』

4位 Apple(アップル)『iPad Air 10.5インチ』

3位 Lenovo(レノボ)『Lenovo Yoga Smart Tab(ZA3V0052JP)』

ITライター

レノボ『Lenovo Yoga Smart Tab』は、動画や音楽の再生、スケジュールの確認といった操作を音声で行なえる「スマートスピーカー」にもなるユニークな製品。音声操作は小さなお子さんでも扱いやすいので、家族で使いたい人におすすめです。

2位 Microsoft(マイクロソフト)『Surface Go 2』

ITライター

マイクロソフト『Surface Go 2』は、ノートパソコンを買うかタブレットを買うか迷っている人におすすめ。別売りのキーボードを装着すれば、Windowsパソコンとして使えます。スタイラスペンやマウスなど、純正アクセサリーがそろっているのも魅力。

1位 Apple(アップル)『iPad 10.2インチ』

ITライター

アップル『iPad 10.2インチ』は、iPadシリーズのなかで、もっとも手ごろな価格の製品。タブレットがはじめてという人にも使いやすいと思います。また、Apple Pencilの書き心地はとても快適なので、ぜひ一緒に購入することをおすすめします!

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 10インチ タブレットの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでの10インチ タブレットの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:タブレットランキング
楽天市場:タブレットPC本体ランキング
Yahoo!ショッピング:タブレットPC本体ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【関連記事】10インチタブレット関連のそのほかの記事も参考にしてみてください

デジタルなイラストを描くのには欠かせないアイテムのペンタブレット。しかし、ペンタブレットを使ったことのない初心者だと、どれを選んでいいか迷いますよね。この記事では、プロの家電販売員のたろっささんにお話をうかがい、初心者におすすめのペンタブレット11選と選び方ご紹介します。

iPadを使っていると、画面や本体にキズがついてしまうことや、表面がスベスベしていて落としてしまう不安がありますよね。ケースやカバーをつけるのもいいですが、パソコンより軽量なのがiPadの魅力のひとつ。スキンシールは、ケースやカバーでかさばるのは困る、という方の強い味方です。この記事では、IT...

パソコンやタブレット、スマホでも使えるデータのやり取りに便利なタブレット対応USB。USBポートの規格や種類、容量などが異なる商品がありすぎて、どれを選べばいいのか分からないという方も多いのではないでしょうか。この記事では、ITライターの酒井麻里子さんと編集部が選んだおすすめの商品をご紹介します。

どこでも手軽に持ち運べて、紙に描くように絵が描ける「お絵かきタブレットPC」。ペーパーレスなうえに作業の手間が省けるなど利点が多く、導入を検討している人も多いのではないでしょうか? そこで、IT・サイエンスライターの島田祥輔さんと編集部が、お絵かきタブレットPCを選ぶポイント、厳選した11商品...

iPad Proの液晶画面を露出したまま使っていると、汚れたり傷ができたりする可能性があります。スマートフォンより画面が大きいことでキズつく頻度が高いので、iPad Proの液晶をしっかり守ってくれるフィルムは重要です。この記事では、ITライターの酒井麻里子さんと編集部が選んだおすすめのiPa...

まとめ

10インチタブレットのおすすめ11商品をご紹介しました。

10インチタブレットとひと口にいっても機能面やOSなど、その内容は商品によって千差万別。必要な機能や家の外でも使うかなど、しっかり選び方のポイントをチェックすることが重要です。

あなたのほしい10インチタブレットを選んでみてくださいね。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


IT機器のプロ厳選! Android用充電器おすすめ12選|急速充電対応も

IT機器のプロ厳選! Android用充電器おすすめ12選|急速充電対応も

ITサポートエンジニアの古賀竜一さんへの取材をもとに、アンドロイド用の充電器を選ぶときに気をつけたいポイントやおすすめの商品をご紹介します。


液晶クリーナーおすすめ11選|キレイな画面で作業しよう【ウェットタイプ・除菌タイプ】

液晶クリーナーおすすめ11選|キレイな画面で作業しよう【ウェットタイプ・除菌タイプ】

液晶クリーナーは、スマホやタブレット、パソコンなどの液晶画面をきれいにするのに役立つアイテム。指紋やほこりで汚れた画面は、見にくかったり操作しにくかったりするため、きれいにしておく必要があります。この記事では、プロの家電販売員であるたろっささんと編集部が、液晶クリーナーの選び方とおすすめ商品をご紹介します。


【2020年】あなたに一番おすすめのiPadは?各iPadの違いや特徴と共に解説

【2020年】あなたに一番おすすめのiPadは?各iPadの違いや特徴と共に解説

本記事では、ITライターの海老原 昭さんへの取材のもと、あなたに一番ピッタリなiPadが選べるよう、4種類あるiPadのそれぞれの特徴や違いについて解説いたします。iPadが初めてという方に向けわかりやすく解説しているので、ぜひ参考にしてください!


【2020年】Androidタブレットのおすすめ10選|人気、コスパ、大容量、高性能モデルなど

【2020年】Androidタブレットのおすすめ10選|人気、コスパ、大容量、高性能モデルなど

豊富なゲームやアプリを楽しめる「Androidタブレット」。その選び方とおすすめ商品をガジェット系ライターの堀井塚 高さんに聞きました。日本メーカーのNEC、Panasonic、FOX、海外メーカーのサムスン、HUAWEI(ファーウェイ)などから、定番のものや高性能な製品が多数発売されており、CPUやメモリー、画面サイズなど選ぶべきポイントが多数あります。本記事で掲載している比較一覧表では各商品の性能比較をわかりやすく表示しています。売れ筋ランキングも掲載していますので参考にしてみてください。


【プロ厳選ランキング】SIMフリータブレットおすすめ10選|Wi-Fi環境がない場所でも使える!様々なサイズも

【プロ厳選ランキング】SIMフリータブレットおすすめ10選|Wi-Fi環境がない場所でも使える!様々なサイズも

電子書籍を読んだり、動画やゲームを楽しんだり、いろいろな使い方ができるSIMフリータブレット。そのユーザー数は近年増加傾向にあり、使う用途によってさまざまな種類のものが販売されています。機能によって値段も異なるので、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。この記事では、ITライターである酒井麻里子さんへの取材をもとに、SIMフリータブレットのおすすめ商品と選び方をご紹介します。


新着記事


【プロ厳選ランキング】メンズスノーボードウェアのおすすめ21選|GORE-TEX素材のウェアもご紹介!

【プロ厳選ランキング】メンズスノーボードウェアのおすすめ21選|GORE-TEX素材のウェアもご紹介!

保温性にすぐれており、ウインタースポーツで活躍するメンズスノーボードウェア。さまざまな商品が販売されており、素材や機能性も異なるのでどれを選べばいいか迷ってしまいますね。そこでここでは、メンズスノーボードウェアの選び方のポイントをご紹介していきます。プロスノーボードコーチの出口 超さんと編集部が選んだ、デザイン性と機能性にすぐれたおすすめの商品も一緒にご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。


レディーススノーボードウェアのおすすめ21選|選び方も徹底解説

レディーススノーボードウェアのおすすめ21選|選び方も徹底解説

冬に楽しみたいレジャーは「スノーボード」という方も多いでしょう。スノーボードを思い切り楽しむためにはウェア選びは重要です。おしゃれなウェアを身にまとうと、さらにテンションが上がりますよね。しかし「滑っているうちにびしょ濡れになった」など、ウェア選びに失敗したことがある方も多いようです。この記事では、レディーススノーボードウェアの選び方を解説し、プロスノーボードコーチの出口 超さんと編集部が選んだ、おすすめ21商品をご紹介します。


【プロ厳選ランキング】リーシュコードのおすすめ11選|絡みにくいコードの選び方も解説!

【プロ厳選ランキング】リーシュコードのおすすめ11選|絡みにくいコードの選び方も解説!

サーフィンをするときに忘れてはいけないのが、サーフボードを体につなぎとめておくリーシュコードです。ただ、「大事なのは知っているけれど、どう選べばいいのかわからない」という声もよく聞かれます。リーシュコードは長さや太さなどの種類が多く、なにを選べばいいのか悩む方が多いようです。この記事ではリーシュコードの選び方を解説し、ワイルドライフクリエーターの荒井裕介さんと編集部が選んだ、おすすめの11商品をご紹介します。


【プロ厳選ランキング】サーフィングローブのおすすめ11選|水温に合わせた選び方もご紹介!

【プロ厳選ランキング】サーフィングローブのおすすめ11選|水温に合わせた選び方もご紹介!

寒い地域や冬場のサーフィンに欠かせない「サーフィングローブ」。防寒だけではなく、紫外線やけがなども防いでくれる便利なアイテムです。しかし、各メーカーからさまざまな商品が販売されているので、どれを選べばよいか迷ってしまう人も多いですよね。ここでは、サーフィングローブの選び方のポイントを解説し、ワイルドライフクリエーターの荒井裕介さんと編集部が選んだおすすめ11商品をご紹介します。自分にぴったりのグローブを見つけて、快適にサーフィンを楽しみましょう!


【プロ厳選ランキング】サーフボードケースのおすすめ11選|ニットケースからトラベルケースまでご紹介!

【プロ厳選ランキング】サーフボードケースのおすすめ11選|ニットケースからトラベルケースまでご紹介!

衝撃や紫外線、潮風などで傷みやすいサーフボードを守るために欠かせない「サーフボードケース」。購入しようと思うと種類が多く、サイズやデザインもさまざまで正直どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。この記事では、サーフボードケースの選び方を解説し、ワイルドライフクリエーターの荒井裕介さんと編集部が選んだ、おすすめの11商品をご紹介します。


PC・スマホ・カメラの人気記事


>>もっと見る