タブレット&スマホ用車載ホルダーおすすめ14選|ドライブを快適する選び方も紹介

タブレット&スマホ用車載ホルダーおすすめ14選|ドライブを快適する選び方も紹介

本記事では、スマホやタブレット用(兼用を含む)車載ホルダーの選び方とおすすめ商品をご紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


目次

カージャーナリスト
松村 透

輸入車の取扱説明書の制作を経て、2006年にベストモータリング/ホットバージョン公式サイトのリニューアルを担当し、Webメディアの面白さに目覚める。 その後、大手飲食店ポータルサイトでコンテンツ企画を経験し、2013年にフリーランスとして独立。現在はトヨタ GAZOO愛車紹介の監修・取材・記事制作、ベストカー誌の取材等で年間100人を超えるオーナーインタビューを行う。 また、輸入車専門の自動車メディア・カレントライフの編集長を務める。現在の愛車は、2016年式フォルクスワーゲン ゴルフ トゥーランと1970年式の古いドイツ車。妻と、平成最後の年に産まれた息子、動物病院から譲り受けた保護猫と平和に(?)暮らす日々。

大前提:ハンドル操作の邪魔にならないよう設置しよう


タブレットを車内に置く場合、最大でA4コピー用紙くらいのサイズの画面が占拠することになります。置き場所を間違えると、思いのほか圧迫感があるので注意が必要です。また、車載ホルダーも、モノによっては意外と圧迫感を感じさせる場合があるので要注意です。

また、意外に知られていないことですが、フロントガラスに吸盤タイプなどの車載ホルダーを取りつけると、保安基準違反になるので要注意です。ウインカーやワイパーなどのレバー類、ダッシュボード上に取りつけた場合にも保安基準のひとつである「前方視界基準」違反にならないように、また運転に支障をきたすようなことがないように充分に気をつけてください。

スマホ&タブレットの設置方法の違い


まず、車用スマホホルダーには、スマホ・タブレットの固定方式において「マグネットタイプ」「バネタイプ」「シリコンマットタイプ」の3種類があります。使いやすさに繋がりますので、しっかりチェックしましょう。

着脱がかんたんな「マグネットタイプ」

スマホを磁石で固定するマグネットタイプは、かんたんに取り外しができます。振動にも強いので、走行中にスマホがホルダーから落ちてしまうことも少ないでしょう。

マグネットタイプのスマホホルダーを使用する際は、スマホに専用の磁石パーツを貼りつける必要があります。スマホホルダーから外したときの使い心地も考えて、専用パーツが大きすぎないものを選んでください。

ケースごと着脱できる「バネタイプ」

スマホをケースごとホルダーに固定したい場合は、バネタイプのものがよいでしょう。バネタイプであれば、ケースをつけたまま、専用パーツ不要で固定できます。

ただし、バネタイプに固定するときは、片手でかんたんに……というわけにはいきません。空いている手でバネを開く必要があります。バネタイプのホルダーを購入するときは、取りつける部分の幅がスマホの幅以上にあるかどうか確認することが大切です。

かんたんに設置できる「シリコンマットタイプ」

かんたんに設置できるスマホホルダーがほしいなら、シリコンマットタイプがよいでしょう。ダッシュボードなどにシリコンマットを置き、その上にスマホをのせるだけなので、設置がかんたんです。場所がかんたんに移動できるのは、粘着剤を使用せずに固定できるシリコンマットの大きな魅力です。

ただし、走っている最中の振動やスマホの角度によってはスマホが落ちてしまうこともあります。できるだけ平らな場所に設置するようにしましょう。

タブレット・スマホ用車載ホルダーの選び方


それでは、スマホ・タブレット用車載ホルダーの基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記の4つ。

・サイズ・重さ
・スマホホルダーの設置方式
・安定性
・その他の便利機能


上記の4つのポイントを抑えることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】サイズ・重さをチェック

車に設置された車載ホルダー
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

重量が重くなればなるほど、ホルダーからスマホが外れて落ちる危険が高まります。走行中のスマホの脱落は、運転に支障をきたす可能性も。

きちんと取りつけたつもりでも、走行中の振動で徐々に緩んで脱落することもあります。重量のあるスマホを使っている人はとくに、確実につけられるタイプを選ぶのがおすすめ。サイズに合わせて最適な強度で自動的にホールドするタイプなら安心です。

【2】スマホホルダーの設置方式をチェック


車用スマホホルダーを選ぶときは、設置方法もしっかり確認しておきましょう。下記、大きく分けて3タイプの設置方法があります。一つひとつ解説していきます。

●吸盤・ゲルタイプ:吸盤などで設置するタイプ

スマホホルダーを取りはずすときにキズや汚れを残したくないという人は、吸盤やゲルを使ったものがよいでしょう。ダッシュボードや窓などにかんたんに設置でき、あとも残りにくいです。粘着力が低下しても、水で洗ってくりかえし使えるものもあります。

吸盤・ゲルタイプは、車内の温度やスマホの重さによって外れてしまうことがあるので、その点は注意が必要です。

●ルーバータイプ:エアコンの吹き出し口に取り付けるタイプ

エアコンのルーバー(吹き出し部分の板)にクリップをひっかけて使うタイプのスマホホルダーも増えています。国産車ならほぼ問題なく取りつけができますが、輸入車の場合は、ルーバーの奥行が長すぎたり、短すぎたりして、うまく使えない場合も。

自分の車のエアコンに取りつけが可能かどうかは、事前にサイズを測るなどして調べておくことをおすすめします。

●粘着シールタイプ:シールで貼り付けるタイプ

粘着シールでホルダーを固定するスマホホルダーは、粘着シールを貼れる場所ならどこでも設置できるのが魅力です。しかし、一度粘着シールを貼りつけるとはがすのが難しく、あとから位置を変えるのはむずかしいと言わざるを得ません。

粘着シールをはがしたときにあとが残ってしまうこともあるので、粘着シールタイプのスマホホルダーを選ぶときは、あと残りしにくい粘着剤を使ったものを選ぶとよいでしょう。

【3】安定性をチェック

車載ホルダーといえば人目に触れるアイテムです。せっかくならおしゃれなモノを選びたいという気持ちはよく分かります。しかし、デザインを優先するあまり「デザイン倒れ」になっている車載ホルダーがあるのも事実。

車載ホルダー本体にタブレットやスマホを支えるほどの強度が足りなかったり、移動中に路面の段差などのちょっとした振動でロックが解除されてしまったりするケースもあります。見た目よりも安定感を重視してください。

ポイントは「がっちり」と「どっしり」。タブレットやスマホを固定するホルダーや、クルマへ固定する土台の部分が、がっちりあるいはどっしりしている方が振動にも強く、安定感があります。

【4】その他の便利機能をチェック


本項では、上記の選び方のポイントの他に、あると便利な機能をご紹介します。こちらもぜひチェックしてくださいね。

●角度調節ができる機能

車用のスマホホルダーを選ぶときは、画面の向きや角度を調整できる機能があるものを選ぶと便利です。

カーナビやモニターとして使う場合は画面の向きを横にしたり、運転席から見やすい角度に調整したりすることで、より快適にスマホを使うことができます。

●ワイヤレス充電機能

Qi (チー)とは、ワイヤレスでの給電を可能とする規格のことで、充電ケーブルが不要となります。Qi規格のスマホなら、ワイヤレス充電ができるスマホホルダーがとても便利。

ちなみに、現在販売されているスマホの4割前後がQiに対応しています。iPhoneなら、8以降がQi規格に対応。

ワイヤレス充電は、コードがシフトレバーに絡んでわずらわしい思いをすることもありませんし、接触不良で充電ができなくなることもありません。価格は少し高めになりますが、快適に使用できます。

エキスパートのアドバイス

カージャーナリスト

さまざまな種類の車載ホルダーが販売されているなかで、自分の用途にぴったりとマッチしたものを選び出すのはかなり大変です。なかには作りがいい加減なものが含まれているのも事実。その結果、何回も買い直すことになった例も少なくありません。

商品の質感はもちろん、使い勝手や耐久性・実用性など、あらゆる点を追求したいのであれば、多少高価でも日本のメーカーが販売している車載ホルダーを選ぶのが安心・確実です。

タブレット・スマホ用車載ホルダーおすすめ9選


上記で紹介したタブレットおよびスマホ用車載ホルダーを選ぶポイントをふまえ、おすすめ商品を紹介します。それぞれの特徴を見比べて商品を選んでみましょう。

Nikatto『車載ホルダー』

Nikatto『車載ホルダー』 Nikatto『車載ホルダー』 Nikatto『車載ホルダー』 Nikatto『車載ホルダー』 Nikatto『車載ホルダー』 Nikatto『車載ホルダー』 Nikatto『車載ホルダー』

出典:Amazon

タブレット・スマホの固定 グリップ
対応サイズ 3.5~10.1インチ型タブレット・スマホ用
車への設置方法 ゲル吸盤
主な設置場所 ダッシュボード
本体重量 336g

デザイン性と汎用性および実用性を高次元で実現

3色のカラーバリエーションが用意され、車種を問わずフィットするデザイン性、タブレットからスマホまで、あらゆる機種に対応している汎用性、さらに強力ゲル吸盤により、がっちり固定できる実用性を兼ね備えた、男女を問わず幅広いユーザーにおすすめできる車載ホルダーです。アームの角度をこまかく調整できる点も魅力のひとつです。

ただ、強力ゲル吸盤はとても吸着力が強いので、外したさいに痕が残る可能性が高い点は注意が必要です。

トライポッドトレーディング mag-tek『マグネット式 車載ホルダー(MGTK-201)』

トライポッドトレーディングmag-tek『マグネット式車載ホルダー(MGTK-201)』 トライポッドトレーディングmag-tek『マグネット式車載ホルダー(MGTK-201)』 トライポッドトレーディングmag-tek『マグネット式車載ホルダー(MGTK-201)』 トライポッドトレーディングmag-tek『マグネット式車載ホルダー(MGTK-201)』 トライポッドトレーディングmag-tek『マグネット式車載ホルダー(MGTK-201)』 トライポッドトレーディングmag-tek『マグネット式車載ホルダー(MGTK-201)』 トライポッドトレーディングmag-tek『マグネット式車載ホルダー(MGTK-201)』

出典:Amazon

タブレット・スマホの固定 マグネット
対応サイズ スマホ~小型タブレットまで
車への設置方法 両面テープ
主な設置場所 ダッシュボード
本体重量 81.6g

おしゃれでコンパクトでありながら、脱着もラクラク

車載ホルダーに、デザイン性とワンアクションで脱着できる便利さを追求したいユーザーにおすすめしたいのがこのモデル。車載ホルダー本体は両面テープで固定。タブレットおよびスマホはマグネットで装着することができるので、脱着のしやすさでは他の固定方法と比較しても群を抜いています。

付属のメタルプレートを手帳型ケースのポケットなどに収納すればそのまま装着が可能です。ただ、吸着力が低下するので、重量のあるタブレットおよびスマホを使用している場合は注意が必要です。

サンワサプライ『iPad・タブレット車載ホルダー(200-CAR010)』

サンワサプライ『iPad・タブレット車載ホルダー(200-CAR010)』 サンワサプライ『iPad・タブレット車載ホルダー(200-CAR010)』 サンワサプライ『iPad・タブレット車載ホルダー(200-CAR010)』 サンワサプライ『iPad・タブレット車載ホルダー(200-CAR010)』 サンワサプライ『iPad・タブレット車載ホルダー(200-CAR010)』 サンワサプライ『iPad・タブレット車載ホルダー(200-CAR010)』 サンワサプライ『iPad・タブレット車載ホルダー(200-CAR010)』 サンワサプライ『iPad・タブレット車載ホルダー(200-CAR010)』 サンワサプライ『iPad・タブレット車載ホルダー(200-CAR010)』

出典:Amazon

タブレット・スマホの固定 ラバーグリップ
対応サイズ 7~10.5インチ型タブレット用
車への設置方法 ゲル素材の真空吸盤
主な設置場所 ダッシュボード
本体重量 347g

パソコン周辺機器でもおなじみのサンワサプライ製

サンワサプライといえば、マウスやキーワードなどパソコン周辺機器の商品を多数販売しているメーカーとしておなじみ。素材の質感や固定のしやすさなど「タブレットをスマートに、多少高価でも安心できるものを選びたい」というユーザーにおすすめの商品。360°、上下左右に調節が可能です。

注意すべき点は、ダッシュボードの接地面に痕が残る点。特にレザーを使用したダッシュボードには痕がはっきりと残るのでおすすめできません。取りつけ位置によってはタブレットがエアコンやオーディオなどの操作パネルを覆うケースも想定されるので、事前にチェックが必要です。

Satechi『ユニバーサルタブレットCDスロットホルダー(ST-CDNT)』

Satechi『ユニバーサルタブレットCDスロットホルダー(ST-CDNT)』 Satechi『ユニバーサルタブレットCDスロットホルダー(ST-CDNT)』 Satechi『ユニバーサルタブレットCDスロットホルダー(ST-CDNT)』 Satechi『ユニバーサルタブレットCDスロットホルダー(ST-CDNT)』 Satechi『ユニバーサルタブレットCDスロットホルダー(ST-CDNT)』 Satechi『ユニバーサルタブレットCDスロットホルダー(ST-CDNT)』

出典:Amazon

タブレット・スマホの固定 クッションつきグリップ
対応サイズ 5~11インチ型タブレット用
車への設置方法 CDスロット差しこみ
主な設置場所 CDプレーヤー
本体重量 181g

CDのスロットに取りつけるというナイスアイデア

出番が少なくなったCDのスロットを、タブレット用の車載ホルダーとして活用したナイスアイデアな一品。取りつけがかんたんなことはもちろん、上下のレバーでタブレットを固定し、ボタンひとつで取り外しが可能なシンプル設計が魅力。しかも、車載ホルダーを装着したままCDプレーヤーも使えます。

360°、上下左右に調節が可能ですが、注意する点として、取りつけにはCDスロット上部に2cm、下部に4cmのスペースが必要なので、事前に要確認です。

サンワサプライ『車載タブレットアーム(ドリンクホルダー設置・iPad対応)(200-CAR043)』

サンワサプライ『車載タブレットアーム(ドリンクホルダー設置・iPad対応)(200-CAR043)』 サンワサプライ『車載タブレットアーム(ドリンクホルダー設置・iPad対応)(200-CAR043)』 サンワサプライ『車載タブレットアーム(ドリンクホルダー設置・iPad対応)(200-CAR043)』 サンワサプライ『車載タブレットアーム(ドリンクホルダー設置・iPad対応)(200-CAR043)』 サンワサプライ『車載タブレットアーム(ドリンクホルダー設置・iPad対応)(200-CAR043)』 サンワサプライ『車載タブレットアーム(ドリンクホルダー設置・iPad対応)(200-CAR043)』 サンワサプライ『車載タブレットアーム(ドリンクホルダー設置・iPad対応)(200-CAR043)』 サンワサプライ『車載タブレットアーム(ドリンクホルダー設置・iPad対応)(200-CAR043)』 サンワサプライ『車載タブレットアーム(ドリンクホルダー設置・iPad対応)(200-CAR043)』

出典:Amazon

タブレット・スマホの固定 ツメ(保護シールつき)
対応サイズ 7~11インチ型タブレット用
車への設置方法 差しこみ
主な設置場所 ドリンクホルダー
本体重量 870g

ドリンクホルダーのスペースを有効活用

いまや、ほとんどのクルマに備えられているドリンクホルダー。このスペースを活用して車載ホルダーにしてしまったのがこの商品。細くても剛性感のあるアームや、幅広いタブレットに対応しているグリップは、サンワサプライ製ならではの安心感があります。

注意すべき点は、車内に圧迫感を感じさせるところ。置き場所を工夫しないと運転操作に支障をきたしたり、運転席や助手席の人の体にぶつかってしまう可能性があるので、事前に使い勝手の確認が必要です。

Zeelec『エアコン吹き出し口用 スマホホルダー(CH3)』

タブレット・スマホの固定 クッションつきグリップ
対応サイズ 横幅5.0~9.5cmのスマホ用
車への設置方法 クリップ
主な設置場所 エアコンの吹き出し口
本体重量 118g

内装を傷つけず、エアコンの吹き出し口に装着できる

エアコンの吹き出し口に装着するタイプのスマホ用車載ホルダー。上下からエアコンのフィンを挟みこんで固定するタイプと、四方から固定する2タイプのクリップが付属しています。エアコンのフィンと接触する部分はシリコンゴムとなっており、傷をつけることなく取りつけが可能です。車載ホルダー本体の伸縮アームで、幅広いサイズのスマホをがっちり固定できます。

注意すべき点は2種類のクリップの長さが短いこと。大画面のスマホなどの重さがある機種を装着していると、運転中の振動で突然クリップが外れてしまうことがあります。

カーメイト『ドリンクホルダー スマホタッチ 手帳ケース対応(DZ476)』

カーメイト『ドリンクホルダースマホタッチ手帳ケース対応(DZ476)』 カーメイト『ドリンクホルダースマホタッチ手帳ケース対応(DZ476)』 カーメイト『ドリンクホルダースマホタッチ手帳ケース対応(DZ476)』 カーメイト『ドリンクホルダースマホタッチ手帳ケース対応(DZ476)』 カーメイト『ドリンクホルダースマホタッチ手帳ケース対応(DZ476)』 カーメイト『ドリンクホルダースマホタッチ手帳ケース対応(DZ476)』 カーメイト『ドリンクホルダースマホタッチ手帳ケース対応(DZ476)』 カーメイト『ドリンクホルダースマホタッチ手帳ケース対応(DZ476)』

出典:Amazon

タブレット・スマホの固定 グリップ
対応サイズ 横幅6.5~8.5cm/厚さ2.4cm以下のスマホ用
車への設置方法 クリップ
主な設置場所 エアコンの吹き出し口
本体重量 116g

便利なドリンクホルダー機能つきの車載ホルダー

カーメイトといえば、カー用品ではおなじみのメーカー。工夫を凝らしたさまざまな車載ホルダーが販売されています。このタイプはドリンクとスマホを同時に固定できるすぐれもの。ドリンクホルダーをたたんだ状態でスマホ用ホルダーとしても使えます。

エアコンの吹き出し口にがっちり固定できるので、重量のあるスマホでも安心して装着できます。また、手帳型ケースにも対応しており、実用性とカー用品メーカーならではの質感と気配りが行き届いた設計が魅力の商品です。

槌屋ヤック『手帳型ケース対応 スマホホルダー 吸盤(PZ784)』

槌屋ヤック『手帳型ケース対応スマホホルダー吸盤(PZ784)』 槌屋ヤック『手帳型ケース対応スマホホルダー吸盤(PZ784)』 槌屋ヤック『手帳型ケース対応スマホホルダー吸盤(PZ784)』 槌屋ヤック『手帳型ケース対応スマホホルダー吸盤(PZ784)』

出典:Amazon

タブレット・スマホの固定 グリップ
対応サイズ 横幅7.1~17.2cm/厚さ0.7~1.8cmのスマホ用
車への設置方法 ゲル吸盤
主な設置場所 ダッシュボード
本体重量 222g

手帳型ケースに対応したシンプル設計の車載ホルダー

手帳型ケースを装着したまま、サッとスマホを車載ホルダーに収納したい。そんなユーザーにおすすめなのがこの商品。収納可能サイズは幅71~172mm、厚み7~18mmと、幅広いスマホに対応しています。ボールジョイントを採用したことで、自由に角度を調整できる点も魅力です。

注意すべき点は、ダッシュボードへの固定はゲル吸盤方式であること。取り外したときに痕が残る可能性があります。

パイオニア carrozzeria『スマートフォンクレイドル(SDA-SC510)』

パイオニアcarrozzeria『スマートフォンクレイドル(SDA-SC510)』

出典:Amazon

タブレット・スマホの固定 電動オートホールド
対応サイズ 横幅8.5cmまでのスマホ用
車への設置方法 クリップまたは吸盤
主な設置場所 エアコンの吹き出し口、ダッシュボード
本体重量 約140g

電動オートホールド機能を備えた最新&高級モデル

パイオニアがcarrozzeriaブランドから2019年7月発売の最新モデル。特筆すべき点はなんといっても「電動オートホールド機能」です。台座部分に備えられている光学センサーが電動でホールド&リリースしてくれるという、こだわりの商品です。

さらにiPhone8/8Plus以降のモデルや「Mate 20 Pro Galaxy S10」などではワイヤレス充電にも対応。クルマへの装着方法は、吸盤またエアコン吹き出し口いずれにも対応。店頭予想価格はやや高額ですが、高級車オーナーや高級感のある車載ホルダーを探していた方におすすめしたい新商品です。

番外編|後部座席用ホルダーおすすめ5選


後部座席でも映画や音楽を楽しんだりできるよう、ヘッドレストバーにホルダーを取りつけるタイプも販売されています。ここからは後部座席専用の商品をご紹介していきます。

サンワサプライ『iPad・タブレット車載ヘッドレストアーム(200-CAR044)』

サンワサプライ『iPad・タブレット車載ヘッドレストアーム(200-CAR044)』 サンワサプライ『iPad・タブレット車載ヘッドレストアーム(200-CAR044)』 サンワサプライ『iPad・タブレット車載ヘッドレストアーム(200-CAR044)』 サンワサプライ『iPad・タブレット車載ヘッドレストアーム(200-CAR044)』 サンワサプライ『iPad・タブレット車載ヘッドレストアーム(200-CAR044)』 サンワサプライ『iPad・タブレット車載ヘッドレストアーム(200-CAR044)』 サンワサプライ『iPad・タブレット車載ヘッドレストアーム(200-CAR044)』 サンワサプライ『iPad・タブレット車載ヘッドレストアーム(200-CAR044)』 サンワサプライ『iPad・タブレット車載ヘッドレストアーム(200-CAR044)』

出典:Amazon

タブレット・スマホの固定 ツメ(保護シールつき)
対応サイズ 幅191~272mm、高さ110~190mm、厚さ5~18mmのサイズの機種
車への設置方法 ヘッドレストバーに固定
主な設置場所 ヘッドレストバー
本体重量 約570g

3ヶ所に関節があるからがっちり固定できる!

ヘッドレストバー1本に取りつけるだけで装着できるタブレットホルダー。3関節のアームを採用ししており、後部座席に座っての操作や閲覧がしやすい位置に自由に調整できます。

タブレット取り付け部分は、10インチ前後のタブレットに対応するように調節可能。タブレットの固定部には傷防止の保護シールつきです。がっちり固定されているので安心してアニメや映画鑑賞なども楽しめます。

lomicall『車載後席ホルダー』

lomicall『車載後席ホルダー』 lomicall『車載後席ホルダー』 lomicall『車載後席ホルダー』 lomicall『車載後席ホルダー』 lomicall『車載後席ホルダー』 lomicall『車載後席ホルダー』 lomicall『車載後席ホルダー』 lomicall『車載後席ホルダー』

出典:Amazon

タブレット・スマホの固定 はめ込み
対応サイズ 約4~13インチ
車への設置方法 ヘッドレストバーに固定
主な設置場所 ヘッドレストバー
本体重量

360度回転するポールがポイント!

伸縮可能なスティック棒により、ヘッドレストの2本のバーの間に挟みこんで固定するタイプの車載ホルダーです。スマホにもタブレットにも対応しており、フレキシブルに使えます。

ホルダーを支えるポール部分は360度回転し、縦位置横位置どちらにも対応できます。さらにホルダーにケーブルを通すホールがあるため充電しながらの利用も可能。素材感にもこだわられており、車内インテリアを邪魔しません。

Voulttom 『ヘットレストホルダー マグネット式』

Voulttom『ヘットレストホルダーマグネット式』 Voulttom『ヘットレストホルダーマグネット式』 Voulttom『ヘットレストホルダーマグネット式』 Voulttom『ヘットレストホルダーマグネット式』 Voulttom『ヘットレストホルダーマグネット式』 Voulttom『ヘットレストホルダーマグネット式』 Voulttom『ヘットレストホルダーマグネット式』

出典:Amazon

タブレット・スマホの固定 マグネット式
対応サイズ -
車への設置方法 ヘッドレストレバーに固定
主な設置場所 ヘッドレストレバー
本体重量 -

マグネットタイプの車載ホルダー

マグネットでスマホやタブレットを固定するタイプの車載ホルダーです。ヘッドレストレバーにアームフックを入れ、ラッチをロックするというロックデザインを採用しており、工具不要で設置できます。

固定の際は、付属のメタルプレートをタブレットに貼り付けて使用します。タブレットホルダー以外にも、荷物を掛ける車用収納フックとしても使えるので便利です。

iKross『ヘッドレスト取付式車載ホルダー』

iKross『ヘッドレスト取付式車載ホルダー』 iKross『ヘッドレスト取付式車載ホルダー』 iKross『ヘッドレスト取付式車載ホルダー』 iKross『ヘッドレスト取付式車載ホルダー』 iKross『ヘッドレスト取付式車載ホルダー』 iKross『ヘッドレスト取付式車載ホルダー』 iKross『ヘッドレスト取付式車載ホルダー』 iKross『ヘッドレスト取付式車載ホルダー』

出典:Amazon

タブレット・スマホの固定 はめ込み
対応サイズ 4.5~10.4インチ
車への設置方法 ヘッドレストバーに固定
主な設置場所 ヘッドレストバー
本体重量 313g

ヘッドレストポール2本に固定する車載ホルダー

ヘッドレストバーの2本に固定するタイプです。工具なしでヘッドレストに装着できます。スティック棒は最大40c伸縮可能なので後部座席の左右真ん中のどの場所にもタブレットを移動でき、複数人で視聴する際に便利です。

後部座席は退屈しがちですが、こちらの商品を取りつければロングドライブでもみんなで楽しく過ごせそうです。

サンワサプライ『車載ヘッドレストホルダー(200-CAR070)』

サンワサプライ『車載ヘッドレストホルダー(200-CAR070)』 サンワサプライ『車載ヘッドレストホルダー(200-CAR070)』 サンワサプライ『車載ヘッドレストホルダー(200-CAR070)』 サンワサプライ『車載ヘッドレストホルダー(200-CAR070)』 サンワサプライ『車載ヘッドレストホルダー(200-CAR070)』 サンワサプライ『車載ヘッドレストホルダー(200-CAR070)』 サンワサプライ『車載ヘッドレストホルダー(200-CAR070)』 サンワサプライ『車載ヘッドレストホルダー(200-CAR070)』 サンワサプライ『車載ヘッドレストホルダー(200-CAR070)』

出典:Amazon

タブレット・スマホの固定 はめ込み
対応サイズ 幅もしくは高さが、12~23cm、厚み1.7cm以下
車への設置方法 ヘッドレストバーに固定
主な設置場所 ヘッドレストバー
本体重量 258g

後部座席の見やすい位置に設置可能

上下左右で調整でき、後部座席の好きなポイントに置けるホルダーです。ヘッドレストの間の部分に設置しても、タブレット本体の位置が適度に低くなるようになっており、バックミラーなどの視界を遮らないように配慮されています。

12.9インチまでのタブレットやスマートフォンにも対応しており、余裕があるのでケースをつけたままの使用もスムーズです。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
Nikatto『車載ホルダー』
トライポッドトレーディング mag-tek『マグネット式 車載ホルダー(MGTK-201)』
サンワサプライ『iPad・タブレット車載ホルダー(200-CAR010)』
Satechi『ユニバーサルタブレットCDスロットホルダー(ST-CDNT)』
サンワサプライ『車載タブレットアーム(ドリンクホルダー設置・iPad対応)(200-CAR043)』
Zeelec『エアコン吹き出し口用 スマホホルダー(CH3)』
カーメイト『ドリンクホルダー スマホタッチ 手帳ケース対応(DZ476)』
槌屋ヤック『手帳型ケース対応 スマホホルダー 吸盤(PZ784)』
パイオニア carrozzeria『スマートフォンクレイドル(SDA-SC510)』
サンワサプライ『iPad・タブレット車載ヘッドレストアーム(200-CAR044)』
lomicall『車載後席ホルダー』
Voulttom 『ヘットレストホルダー マグネット式』
iKross『ヘッドレスト取付式車載ホルダー』
サンワサプライ『車載ヘッドレストホルダー(200-CAR070)』
商品名 Nikatto『車載ホルダー』 トライポッドトレーディング mag-tek『マグネット式 車載ホルダー(MGTK-201)』 サンワサプライ『iPad・タブレット車載ホルダー(200-CAR010)』 Satechi『ユニバーサルタブレットCDスロットホルダー(ST-CDNT)』 サンワサプライ『車載タブレットアーム(ドリンクホルダー設置・iPad対応)(200-CAR043)』 Zeelec『エアコン吹き出し口用 スマホホルダー(CH3)』 カーメイト『ドリンクホルダー スマホタッチ 手帳ケース対応(DZ476)』 槌屋ヤック『手帳型ケース対応 スマホホルダー 吸盤(PZ784)』 パイオニア carrozzeria『スマートフォンクレイドル(SDA-SC510)』 サンワサプライ『iPad・タブレット車載ヘッドレストアーム(200-CAR044)』 lomicall『車載後席ホルダー』 Voulttom 『ヘットレストホルダー マグネット式』 iKross『ヘッドレスト取付式車載ホルダー』 サンワサプライ『車載ヘッドレストホルダー(200-CAR070)』
商品情報
特徴 デザイン性と汎用性および実用性を高次元で実現 おしゃれでコンパクトでありながら、脱着もラクラク パソコン周辺機器でもおなじみのサンワサプライ製 CDのスロットに取りつけるというナイスアイデア ドリンクホルダーのスペースを有効活用 内装を傷つけず、エアコンの吹き出し口に装着できる 便利なドリンクホルダー機能つきの車載ホルダー 手帳型ケースに対応したシンプル設計の車載ホルダー 電動オートホールド機能を備えた最新&高級モデル 3ヶ所に関節があるからがっちり固定できる! 360度回転するポールがポイント! マグネットタイプの車載ホルダー ヘッドレストポール2本に固定する車載ホルダー 後部座席の見やすい位置に設置可能
タブレット・スマホの固定 グリップ マグネット ラバーグリップ クッションつきグリップ ツメ(保護シールつき) クッションつきグリップ グリップ グリップ 電動オートホールド ツメ(保護シールつき) はめ込み マグネット式 はめ込み はめ込み
対応サイズ 3.5~10.1インチ型タブレット・スマホ用 スマホ~小型タブレットまで 7~10.5インチ型タブレット用 5~11インチ型タブレット用 7~11インチ型タブレット用 横幅5.0~9.5cmのスマホ用 横幅6.5~8.5cm/厚さ2.4cm以下のスマホ用 横幅7.1~17.2cm/厚さ0.7~1.8cmのスマホ用 横幅8.5cmまでのスマホ用 幅191~272mm、高さ110~190mm、厚さ5~18mmのサイズの機種 約4~13インチ - 4.5~10.4インチ 幅もしくは高さが、12~23cm、厚み1.7cm以下
車への設置方法 ゲル吸盤 両面テープ ゲル素材の真空吸盤 CDスロット差しこみ 差しこみ クリップ クリップ ゲル吸盤 クリップまたは吸盤 ヘッドレストバーに固定 ヘッドレストバーに固定 ヘッドレストレバーに固定 ヘッドレストバーに固定 ヘッドレストバーに固定
主な設置場所 ダッシュボード ダッシュボード ダッシュボード CDプレーヤー ドリンクホルダー エアコンの吹き出し口 エアコンの吹き出し口 ダッシュボード エアコンの吹き出し口、ダッシュボード ヘッドレストバー ヘッドレストバー ヘッドレストレバー ヘッドレストバー ヘッドレストバー
本体重量 336g 81.6g 347g 181g 870g 118g 116g 222g 約140g 約570g - 313g 258g
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年7月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月9日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする スマホ・タブレット用車載ホルダーの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのスマホ・タブレット用車載ホルダーの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:携帯電話・スマートフォン用車載ホルダーランキング
楽天市場:車載用ホルダー・スタンドランキング
Yahoo!ショッピング:携帯、スマホホルダーランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

まとめ


本記事では、スマホ・タブレットの車載用ホルダーの種類や特徴、選び方、そしておすすめ商品をご紹介しましたが、いかがでしたか?

商品を選ぶ際は、それぞれの固定方式の特徴を捉えつつ、サイズ・重さ、スマホホルダーの設置方式、安定性、そしてその他の便利機能をしっかり確認することで、使い勝手がよく、便利なスマホ・タブレットホルダーを選ぶことができるはずです。

記事冒頭でお話しましたが、タブレットを車内に置く場合、最大でA4コピー用紙くらいのサイズの画面が占拠することになります。圧迫感があるだけでなく、運転に支障をきたす場合もあります。ぜひ本記事を参考に、使いやすいだけでなく、運転も邪魔しないモデルを見つけてくださいね。

【関連記事】その他の車載用ホルダーをチェック

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2021/04/12 コンテンツ追加のため、記事を更新しました(マイナビおすすめナビ編集部 加藤佑一)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


ウォッシャー液おすすめ10選|フロントガラスを清潔に!撥水タイプや油膜取りタイプも

ウォッシャー液おすすめ10選|フロントガラスを清潔に!撥水タイプや油膜取りタイプも

「ウォッシャー液がなくなった」場合、液を切れたままにしないで補充や交換をしなければいけません。通常は同じものを継ぎ足して、補充のみでよいですが、撥水タイプから油膜タイプなど違う種類に変更する場合は、一度すべて空にしてから交換するほうが安心です。ウォッシャー液は、原液での利用、希釈しての利用のほか、汚れを取るだけでなく、撥水や油膜取りなどの効果の違いもあり、用途に応じてさまざまなタイプがあります。もちろん、容量やコスパも重要です。この記事では、カージャーナリストの松村 透さんに伺ったウォッシャー液の選び方とおすすめ商品をご紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


チャイルドシートの選び方&おすすめランキング17選|ママ・パパの負担が減る!

チャイルドシートの選び方&おすすめランキング17選|ママ・パパの負担が減る!

本記事では、公認チャイルドシート指導員の加藤久美子さんへの取材と先輩ママ・パパ300人へのアンケート調査をもとに、チャイルドシートの選び方と、【新生児から】【1歳から】のおすすめチャイルドシートをご紹介します。どこに注目すれば安心で、楽チンか。いつまで使用するべきかなどの基本知識も紹介しています。ぜひ参考にしてください!


ドライブレコーダーおすすめ26選|信頼できるドラレコの選び方も紹介

ドライブレコーダーおすすめ26選|信頼できるドラレコの選び方も紹介

クルマにドライブレコーダーを装置する方が増えている一方、有名・無名さまざまなメーカーからドライブレコーダーが発売されており「どれを選べばよいか?」の判断が難しい状況です。本記事では、初めてドライブレコーダーを購入するという方に向け、家電流通のプロ・近藤克己さんとへの取材のもと、撮影範囲別のおすすめドライブレコーダーをご紹介いたします。また、人気メーカーや近年流行しているミラー型まで、各ドラレコの解説と失敗しない選び方もご紹介いたします。初めて購入する方でも確実に分かる内容なので、ぜひ確認してください。


ホイールナットおすすめ12選|素材や形状、盗難防止などの必須機能も解説

ホイールナットおすすめ12選|素材や形状、盗難防止などの必須機能も解説

小さいながらも、自動車が走るうえで重要な役割を担っているホイールナット。ただ、ホイールナットは安全にもかかわってくる大切なパーツのひとつです。値段やデザインのみではなく、信頼できるメーカーの製品を選ぶのがカギになります。本記事では、ホイールナットについて、注意点や選び方、そしておすすめ商品をご紹介。信頼できるメーカーの製品も幅広く紹介しているので、ぜひ参考にしてください。


ルームミラー型ドライブレコーダーおすすめ11選|選び方や必須の機能も解説

ルームミラー型ドライブレコーダーおすすめ11選|選び方や必須の機能も解説

「煽り運転対策としてドライブレコーダーをつけたいけれど、取り付けが難しそう」「簡単に取り付けられるドラレコがあったらいいな」昨今のあおり運転対策として、ドラレコのニーズは大きく高まりましたが、一方で上記のように感じている方も多いのではないでしょうか。そんなときにおすすめなのが「ルームミラー型ドライブレコーダー」です。通常のドラレコと比べて取りつけがかんたんで、視界の邪魔になったりすることもありません。しかし、通常のドラレコと同じで、撮影範囲や角度、スイッチの入れる・切るなど、しっかりポイントを抑えないと、決定的な事故の瞬間を取り逃がしてしまうことになりかねません。本記事では、ルームミラー型ドライブレコーダーについて、種類・タイプごとの特徴や、撮影角度や方向といった選び方、そしてタイプ別のおすすめ商品をご紹介。一通り読んでいただければ、商品を選ぶ際のポイントを網羅できるはずですので、ぜひ参考にしてください。


マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。