スコッチウイスキーのおすすめ21選|原料や産地による味の違いも解説

スコッチウイスキーのおすすめ21選|原料や産地による味の違いも解説
元歌舞伎役者・JSA認定ソムリエの数寄monoライター
杉浦 直樹(スギウラ ナオキ)

コピーライター、歌舞伎役者、シトロエンのトップセールス、支配人兼ソムリエとしてフレンチレストラン経営、モノ系雑誌の編集ライターを経て現在好事家フリーライター。 編集時代は文房具やスーツケース、ガジェットなどに関するコンテンツを多数担当。 またブルゴーニュとシャンパーニュの「古酒」専門フレンチレストラン、オーセンティックなカウンターBarを経営していたため、ワインはもちろん、スピリッツ・リキュール・日本酒・焼酎にも造詣が深い。

JSA認定ソムリエの数寄monoライター・杉浦直樹さんと編集部が、スコッチウイスキーのおすすめ21選をご紹介します。ピート由来のスモーキーなフレーバーが魅力のスコッチウイスキーは、蒸留所ごとの個性が光る酒です。ウイスキー初心者にはハードルが高いと思われがちですが、飲みやすい銘柄もたくさんあります。この記事では選び方のポイントやおいしい飲み方も紹介するので、ぜひ参考にしてください。


スコッチウイスキーの特徴とは?

世界5大ウイスキーのひとつに数えられるスコッチウイスキーの特徴を紹介します。

スコッチウイスキーの原料は麦や穀物

スコッチウイスキーは、麦のほかトウモロコシなどの穀物を使って作られます。麦芽を乾燥させる際にピート(泥炭)を使うのが特徴で、ピート由来のスモーキーな香りが特徴です。

麦を使って作られたウイスキーはモルトウイスキー、穀物を使って作られたウイスキーはグレーンウイスキーといいます。モルトウイスキーのなかでも、1カ所の蒸留所の原酒だけを使って作られたウイスキーをシングルモルトといい、それぞれの蒸留所の個性が感じられるのが魅力です。

スコッチウイスキーは度数が高めのものが多い

EUの法律(law states)で、スコッチウイスキーのアルコール度数は40%以上と規定されています。したがって、一般に流通しているウイスキーの度数は40~43%のものがほとんどです。しかし、なかにはアルコール度数が46%以上のものもあります。

アルコール度数が40~43%のものは冷却ろ過といって、原酒を0~5℃まで冷却して脂肪酸などの香味成分をろ過し、アルコール度数が低くなっても白く濁らないようにしています。

ろ過される成分のなかには、ウイスキーの豊かな味わいのもとになっている成分もあり、それらの成分がろ過されることで、スコッチウイスキーの香りや味わいが薄まってしまうことも少なくありません。

香りや味わいにこだわるメーカーは、あえて原酒を冷却ろ過せず、香味成分で白濁しないようにウイスキーのアルコール度数を上げて瓶詰しています。

スコッチウイスキーの定義とは?

スコッチウイスキーは、イギリス北部のスコットランド地方で蒸溜、熟成されたウイスキーのことです。法律上は、「穀類を原料として、酵母により発酵させ、アルコール分94.8度未満で蒸溜し、700L以下のオーク樽で最低3年以上熟成させ、最低瓶詰めアルコール40度以上」とされています。

ピート(泥炭)由来のスモーキーなフレーバーも大きな特徴。作られている地域によって5つのタイプに分けられ、それぞれの地域ごとに味わいが異なります。

スコッチウイスキーの選び方 世界5大ウイスキーのひとつ

まずはスコッチウイスキーの選び方をチェックしていきましょう。JSA認定ソムリエの数寄monoライター・杉浦直樹さんのアドバイスもご紹介しています。自分の好みにぴったりのスコッチウイスキーを選ぶために参考にしてみてください。

ウイスキーのタイプで選ぶ

スコッチウイスキーは大きく3つのタイプに分かれます。特徴を見ていきましょう。

大麦を使ったモルトウイスキー

モルトウイスキーは、大麦麦芽(モルト)だけを使って作られたウイスキーです。ピート(泥炭)を使って麦芽を乾燥させ、ポットスチルという単式蒸留器を使って蒸留します。とても手間がかかるウイスキーですが、非常に風味が豊かです。その豊かな風味から「声高な(ラウド)スピリッツ」と呼ばれることもあります。

モルトウイスキーのなかでも、ひとつの蒸留所の原酒だけを使って作られたものを「シングルモルト」と呼びます。シングルモルトは、蒸留所がある場所の気候や風土はもちろん、作り手のこだわりも詰まった個性豊かなモルトウイスキーです。

穀物を使ったグレーンウイスキー

グレーンウイスキーは、トウモロコシやライ麦、小麦といった穀物の麦芽を使って作るウイスキーです。モルトウイスキーよりも手間がかからず、連続式の蒸溜機で蒸留されます。モルトウイスキーよりも風味が軽く穏やかなので、初心者でも飲みやすいでしょう。

あまり個性が強くないので、「寡黙な(サイレント)スピリッツ」と呼ばれることもあります。

2つのウイスキーをブレンドしたブレンデッドウイスキー

ブレンデッドウイスキーは、モルトウイスキーとグレーンウイスキーをブレンドしたウイスキーです。それぞれのウイスキーをブレンドすることで、豊かな香りと飲みやすさのバランスがよくなります。

シングルモルトウイスキーのように、ひとつの蒸留所のウイスキーだけを使わなければならないという決まりはなく、複数の蒸留所のウイスキーを混ぜて作られたものも多いです。個性が控えめで飲みやすいので、スコッチウイスキー初心者はまずブレンデッドウイスキーから試してみるとよいでしょう。

ウイスキーの産地で選ぶ

アイラモルトウイスキー
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

スコッチウイスキーの産地は6つに分けられます。

スコットランドで作られているスコッチウイスキーですが、スコットランドのどこで作られているかによって味わいが異なります。それぞれの産地の特徴を紹介しましょう。

まろやかなハイランド産

スコットランド北部ハイランド地方のスコッチウイスキーは、まろやかな味わいが特徴です。古くからウイスキーの蒸留が盛んで、現在も40あまりの蒸留所がウイスキーを蒸留しています。

まろやかではありますが、しっかりと蒸留所の個性が感じられるのもハイランド産スコッチウイスキーの魅力。蒸留所の数が多いため、ウイスキーの味わいもバラエティに富んでいます。

初心者でも飲みやすいスペイサイド産

ハイランド北東部にあるスペイサイドは、地域を流れるスペイ川流域に50もの蒸留所が集まっているスコッチウイスキーの産地で、その数はスコットランドにある蒸留所の約半数にあたります。

スペイサイドで作られるシングルモルトは、蜂蜜や花のような香りがするのが特徴。エレガントでフルーティーな味わいで、初心者でも飲みやすいウイスキーがそろっています。

やわらかい風味のローランド産

ローランド地方は、かつてたくさんの蒸留所があった地域で、グラスゴーやエジンバラといったスコットランドの大きな都市が集まっています。

質の高い大麦を使ったウイスキーが多く蒸留され、その味わいはやわらかく、初心者でも飲みやすいのが特徴。シングルモルトでも口当たりが軽いものが多いので、飲みやすいスコッチウイスキーを探している人はぜひローランド産のものから選んでみましょう。

スモーキーなアイラ産

スコットランドのヘブリディーズ諸島の最南端にある、アイラ島は、強烈な個性とスモーキーな味わいが特徴です。アイラ地方で作られるシングルモルトは「アイラモルト」と呼ばれることもあります。ピート(泥炭)の香りが強いスコッチウイスキーは、、一度飲んだら忘れられない人も少なくありません。

個性が強いウイスキーを試してみたい、ピーティー(ピートの香りが強い)なウイスキーが飲みたい人にぴったりではないでしょうか。

塩気と甘みが感じられるキャンベルタウン産

アーガイル地方にある小さな港町・キャンベルタウンには、かつてたくさんの蒸留所がありましたが現在残っているのは3カ所のみです。とくに19世紀には良質な水と大麦、燃料の石炭が近くで手に入ったことから、ウイスキーの産地として栄えました。

海沿いの町のウイスキーらしく、しっかりとした塩気が感じられます。ほかの産地のウイスキーよりも、重たい飲み口が特徴です。

蒸留所の個性が光るアイランズ産

アイランズとは、アイラ島を除くヘブリディーズ諸島の島々の総称です。地域には7つの蒸留所があり、潮の香りが感じられる個性的な味わいのスコッチウイスキーをつくっています。

ピート(泥炭)の香りも強く、好きな人にはたまらない風味です。かすかに香る潮の香りは、魚介類との相性がよいので、ぜひシーフードと合わせて味わってみましょう。

熟成期間で選ぶ

スペイサイドウイスキー
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

熟成させることで深い味わいと豊かな香りが生まれます。

ウイスキーは、樽のなかで何年も熟成させてから瓶詰・出荷されます。蒸留されたばかりの液体は「ニューポット」または「ニューメイクスピリッツ」と呼ばれ、度数も高く、かたくとげとげしい味わいです。このニューポットに水を加えてアルコール度数を下げ、樽の中で熟成させることで香り豊かな琥珀色のウイスキーになります。

熟成させる期間は、銘柄によってさまざまです。熟成期間が長いものは、樽の香りや風味が溶けだし、それぞれの味わいや個性が際立ってきます。同じ銘柄でも熟成期間で味わいが異なるので、自分の好きな熟成期間のものを探してみるのもよいでしょう。

熟成年数が書かれていないものは、「ノンエイジドウイスキー」と呼ばれます。熟成年数を問わず、複数の原酒をブレンドしているためバランスがよく、初心者でも購入しやすい価格が魅力です。

熟成に使われた樽の種類で選ぶ

ウイスキーを熟成させる樽
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

熟成に使う樽の材質などによっても、ウイスキーの味わいは変化します。

スコッチウイスキーを選ぶときは、熟成に使う樽にも注目してみましょう。熟成樽の種類ごとの特徴を紹介します。

フルーティーな味わいのオーク樽

北米産のホワイトオークを使った樽で熟成させると、甘くフルーティーな風味のウイスキーになります。バニラやココナッツといったニュアンスが感じられるのが特徴。これは、ホワイトオークに含まれるタンニンが少なく、バニリンやオークラクトン(甘味)が多いためです。

最近は、セシルオーク(フレンチオーク、ヨーロピアンオーク)製のオーク樽で熟成させたスコッチウイスキーも増えてきています。

香り豊かなミズナラ樽

戦後、サントリーが作りだしたミズナラ(ジャパニーズオーク)製の樽は、香木の伽羅やビャクダンのような香りのウイスキーができあがる樽です。ミズナラは水分を吸収しやすく、水が漏れやすいため加工が難しいとされています。

しかし、そのオリエンタルな香りはホワイトオークやフレンチオークにはなく、世界中のウイスキーファンが注目する樽といえるでしょう。

濃厚な甘みが感じられるシェリー樽

シェリー樽は、もともとシェリー酒を貯蔵するために作られた樽です。細長くスマートなかたちの樽で、この樽でウイスキーを熟成させると、シェリー酒の香りや色、味がウイスキーに移り、甘味とフルーティーな香りが特徴のウイスキーができあがります。

シェリー樽のなかでも、スパニッシュオークでできた樽を使うとドライフルーツやチョコレートのような濃厚な香りと味わいになるのが特徴です。

カラメルのような甘味が加わるバーボン樽

バーボン樽は、もともとバーボンを熟成させるために作られた樽です。バーボン樽を使って熟成させることで、バーボンのような赤みと華やかな香りがウイスキーに移ります。カラメルのような甘さが加わり、まろやかな口当たりになるので、飲みやすいウイスキーに仕上がるのが特徴です。

現在、スコッチウイスキーはおもにバーボン樽で熟成されています。

万人向けから個性派まで豊富なラインナップ JSA認定ソムリエの数寄monoライターがアドバイス

元歌舞伎役者・JSA認定ソムリエの数寄monoライター

今や世界的に高い評価を得、世界5大ウイスキーのひとつにも数えられる日本のウイスキーですが、お手本となったのはスコッチウイスキーで、その産地のスコットランドは100以上の蒸留所を擁し、名実ともに世界一です。

誰にでも飲みやすく万人受けするブレンデッド・ウィスキーから、蒸留所ごとに強烈な個性を放つシングルモルトウイスキーまで、バラエティに富んだ味わいから好みの一本を見つけてください。

シングルモルトスコッチウイスキーおすすめ9選 停留所ごとの個性を楽しむ!

おすすめのシングルモルトスコッチウイスキーを紹介します。ぜひ蒸留所ごとの個性豊かなウイスキーを味わってみましょう。

元歌舞伎役者・JSA認定ソムリエの数寄monoライター

『ボウモア』の蒸留所は、海岸沿いにあるため、強い潮の香りが特徴。そこでストレートで飲んで楽しむだけでなく、生牡蠣にソース代わりとして数滴垂らし、ソーダ割りと一緒に楽しむのもおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

BOWMORE(ボウモア)『ボウモア15年』

BOWMORE(ボウモア)『ボウモア15年』 BOWMORE(ボウモア)『ボウモア15年』 BOWMORE(ボウモア)『ボウモア15年』 BOWMORE(ボウモア)『ボウモア15年』 BOWMORE(ボウモア)『ボウモア15年』 BOWMORE(ボウモア)『ボウモア15年』 BOWMORE(ボウモア)『ボウモア15年』

出典:Amazon

産地 アイラ
アルコール度数 43%
熟成期間 15年
熟成に使われた樽 バーボン樽、オロロソ・シェリー樽
内容量 700ml

アイラ島の力強いシングルモルト

バーボン樽で12年間熟成させた原酒を、オロロソ・シェリー樽で3年間寝かせた15年熟成のシングルモルトです。深い木の香りと、蜂蜜やレーズンを思わせる濃厚な甘さが感じられます。

アイラ地区のスコッチウイスキーらしく、スモーキーなピート香と潮の香りも健在。力強い飲み口ながら、しなやかな甘さもあり、飲みやすいアイラのシングルモルトといえるでしょう。

Macallan(マッカラン)『ザ・マッカラン トリプルカスク12年』

Macallan(マッカラン)『ザ・マッカラントリプルカスク12年』 Macallan(マッカラン)『ザ・マッカラントリプルカスク12年』 Macallan(マッカラン)『ザ・マッカラントリプルカスク12年』 Macallan(マッカラン)『ザ・マッカラントリプルカスク12年』

出典:Amazon

産地 スペイサイド
アルコール度数 40%
熟成期間 12年
熟成に使われた樽 ヨーロピアンオークのシェリー樽、アメリカンオークのシェリー樽、バーボン樽
内容量 700ml

甘さのなかにさわやかさを感じる味わい

3種の異なる樽で熟成させた原酒をブレンドしたトリプルカスクのシングルモルトです。ヨーロピアンオークのシェリー樽、アメリカンオークのシェリー樽とバーボン樽をブレンドすることで、複雑な味わいに仕上がっています。

バニラやメロンの甘い香りのなかに、レモンピールのさわやかな香りが感じられるのがポイント。長く続くスパイシーな余韻が心地よいです。

Glenfiddich(グレンフィデック)『グレンフィディック21年』

Glenfiddich(グレンフィデック)『グレンフィディック21年』 Glenfiddich(グレンフィデック)『グレンフィディック21年』 Glenfiddich(グレンフィデック)『グレンフィディック21年』 Glenfiddich(グレンフィデック)『グレンフィディック21年』 Glenfiddich(グレンフィデック)『グレンフィディック21年』 Glenfiddich(グレンフィデック)『グレンフィディック21年』 Glenfiddich(グレンフィデック)『グレンフィディック21年』

出典:Amazon

産地 スペイサイド
アルコール度数 40%
熟成期間 21年
熟成に使われた樽 ヨーロピアンシェリー樽原酒、アメリカンオーク樽原酒、カリビアンラム樽
内容量 700ml

ラム樽仕上げのエキゾチックなニュアンス

カリビアンラム樽でしあげたまろやかな味わいのシングルモルトです。最低21年以上熟成されたヨーロピアンシェリー樽原酒とアメリカンオーク樽原酒をブレンドしたあと、約4カ月カリビアンラム樽で寝かせました。

よく熟成されたまろやかな味わいに、ジンジャーやイチジク、ライムなどのエキゾチックな風味がアクセントを添えています。

バニラやフローラル、イチジクといった甘く華やかな香りのウイスキーが好きな人にぴったりです。

Scapa(スキャパ)『スキレン』

Scapa(スキャパ)『スキレン』 Scapa(スキャパ)『スキレン』 Scapa(スキャパ)『スキレン』 Scapa(スキャパ)『スキレン』 Scapa(スキャパ)『スキレン』 Scapa(スキャパ)『スキレン』 Scapa(スキャパ)『スキレン』 Scapa(スキャパ)『スキレン』

出典:Amazon

産地 アイランズ
アルコール度数 40%
熟成期間 -
熟成に使われた樽 バーボン樽
内容量 700ml

さわやかな甘さはぜひハイボールで

洋ナシやパイナップルといったフルーツのほか、花の香りも感じられるシングルモルト。スコッチウイスキーを代表する銘柄「バランタイン」の原酒としても知られています。

バニラのようなとろみのある甘さとメロンのようなさわやかな甘さが特徴で、フィニッシュはさわやかな甘さが長く続きます。ハイボールにすればさわやかな甘さがいっそう引き立ち、オン・ザ・ロックスで味えば時間とともに変化する複雑な味わいが堪能できるでしょう。

FETTERCAIRN(フェッターケアン)『フェッターケアン12年』

FETTERCAIRN(フェッターケアン)『フェッターケアン12年』 FETTERCAIRN(フェッターケアン)『フェッターケアン12年』 FETTERCAIRN(フェッターケアン)『フェッターケアン12年』

出典:楽天市場

産地 ハイランド
アルコール度数 40%
熟成期間 12年
熟成に使われた樽 バーボン樽
内容量 700ml

やわらかなスパイシーさとすっきりとした味わい

ホワイトマッカイのキーモルトとしても知られるシングルモルトです。バーボン樽で熟成させることで、やわらかなスパイシーさと、バニラや梨のような甘い香りが加わります。軽やかな飲み口ですっきりとした味わい。

余韻は、レーズンとタフィーの甘みが長く続きます。正統派のハイランドモルトを探している人はぜひ味わってみてください。

KILCHOMAN(キルホーマン)『SANAIG』

KILCHOMAN(キルホーマン)『SANAIG』

出典:Amazon

産地 アイラ
アルコール度数 46%
熟成期間 -
熟成に使われた樽 オロロソ・シェリー樽
内容量 700ml

ピーティーなスコッチウイスキーを探している人に

アイラ島のピートの香りをたっぷり含んだ麦芽で作られたヘビーピーテッドタイプのシングルモルトです。オロロソシェリー樽で熟成させたことで、ピートのほかオレンジマーマレードや塩キャラメル、焼きパイナップル、バニラなどの香りがします。

味わいはなめらかですが、甘やかなモルトフレーバーのあとにしっかりとピートが香ってくるのがポイント。シェリー樽熟成の特徴が色濃く出ているアイラモルトです。

AUCHENTOSHAN(オーヘントッシャン)『オーヘントッシャン12年』

AUCHENTOSHAN(オーヘントッシャン)『オーヘントッシャン12年』

出典:Amazon

産地 ローランド
アルコール度数 40%
熟成期間 12年
熟成に使われた樽 -
内容量 700ml

繊細な香りが魅力のローランドモルト

複雑に重なり合った繊細な香りとスムーズな飲み口が特徴のローランドモルトです。アーモンドやキャラメルの甘さのなかに、シトラスの甘酸っぱさが感じられます。

通常2回蒸留のところを3回蒸留にすることで純粋なアルコールに近づくため、軽やかですっきりとした味わいになっているのがポイント。

カジュアルにシングルモルトを楽しみたい人にぴったりの1本です。

LAPHROAIG(ラフロイグ)『ラフロイグ10年』

LAPHROAIG(ラフロイグ)『ラフロイグ10年』 LAPHROAIG(ラフロイグ)『ラフロイグ10年』 LAPHROAIG(ラフロイグ)『ラフロイグ10年』 LAPHROAIG(ラフロイグ)『ラフロイグ10年』 LAPHROAIG(ラフロイグ)『ラフロイグ10年』

出典:Amazon

産地 アイラ
アルコール度数 40%
熟成期間 10年
熟成に使われた樽 -
内容量 700ml

イギリス王室御用達のアイラモルト

自前のピートを使った、力強いスモーキーフレーバーが特徴のアイラモルトです。薬やヨードをイメージさせる香りは好き嫌いが分かれますが、ピーティーなウイスキーを求めている人にはたまらない1本となるでしょう。

イギリスのチャールズ皇太子も、このウイスキーの香りに魅了されたひとりで、プリンス・オブ・ウェールズ御用達の勅許状も授けています。

味わいを引き立てる飲み方は、ストレートまたは少量の冷水で割る水割り。舌のうえで転がすように味わえば、口いっぱいに力強い土の香りと大麦由来の甘い木の実の香りが広がります。

Mitchell’s Glengyle(ミッチェルズ・グレンガイル)『キルケラン12年』

Mitchell’sGlengyle(ミッチェルズ・グレンガイル)『キルケラン12年』

出典:Amazon

産地 キャンベルタウン
アルコール度数 46%
熟成期間 12年
熟成に使われた樽 バーボン樽、シェリー樽
内容量 700ml

キャンベルタウン産らしい潮気がポイント

キャンベルタウンにある3つの蒸留所のなかでもっとも新しい蒸留所・グレンガイル蒸留所で作られているシングルモルトです。バーボン樽とシェリー樽で熟成させることでやわらかく甘い香りに変化しています。

ピートやバニラの香りのなかに、ライムやレモンの皮、ホワイトペッパーといったニュアンスも感じられるのがポイント。

口に含むと蜂蜜やメロンの甘さにかすかな潮気とピート香が混じり合い、フィニッシュはコーヒーとチョコレートのようなほろ苦い甘さが感じられます。

グレーンスコッチウイスキーおすすめ3選 軽やかな味わい!

おすすめのグレーンスコッチウイスキーを紹介します。軽やかな味わいのグレーンスコッチウイスキーは、初心者でも飲みやすいウイスキーです。ぜひ商品選びの参考にしてください。

元歌舞伎役者・JSA認定ソムリエの数寄monoライター

グレーンウイスキーはシングルモルトよりもライトで優しい味わいのものが多いですが、この『シングルグレーン』はナッツ香やレザー香を感じるヘビーな味わい。1:1のトワイスアップ(氷なしの水割り)で。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

LOCH LOMOND(ロッホローモンド)『シングルグレーン』

LOCHLOMOND(ロッホローモンド)『シングルグレーン』

出典:Amazon

産地 ハイランド
アルコール度数 46%
熟成期間 -
熟成に使われた樽 -
内容量 700ml

ロックやハイボールで味わいたい1本

大麦麦芽を使い、カフェスチルで連続蒸留したユニークなシングルグレーンウイスキーです。大麦を使っていても連続式蒸留器で蒸留するため、グレーンウイスキーの扱いになっています。とても複雑な味わいが特徴です。

りんごのようなフルーティーでふくよかな甘みと、樽由来のほのかなバニラの香りで、ロックやハイボールにするとおいしさが引き立ちます。

MEADOWSIDE BLENDING(メドウサイド・ブレンディング)『ザ・グレインマン9年』

MEADOWSIDEBLENDING(メドウサイド・ブレンディング)『ザ・グレインマン9年』 MEADOWSIDEBLENDING(メドウサイド・ブレンディング)『ザ・グレインマン9年』 MEADOWSIDEBLENDING(メドウサイド・ブレンディング)『ザ・グレインマン9年』

出典:楽天市場

産地 ハイランド
アルコール度数 58.7%
熟成期間 9年
熟成に使われた樽 -
内容量 700ml

バランスがよいスムースな味わい

スコットランド最北端のグレーン蒸留所で作られたグレーンウイスキーです。ペドロヒメネスというシェリー酒の樽で仕上げており、麦芽の香りとほのかなシェリー酒の香りが特徴。

熟成期間は9年ですが、しっかりとした熟成感が感じられます。スムースな味わいのニュアンスは、プディングやダークチョコレート、シェリー。バランスの取れた味わいで、初心者でも飲みやすいです。

HAIG CLUB(ヘイグクラブ)『クラブマン』

HAIGCLUB(ヘイグクラブ)『クラブマン』 HAIGCLUB(ヘイグクラブ)『クラブマン』 HAIGCLUB(ヘイグクラブ)『クラブマン』

出典:楽天市場

産地 -
アルコール度数 40%
熟成期間 -
熟成に使われた樽 エキストラ・バーボン樽
内容量 700ml

カクテルにしてもおいしいグレーンウイスキー

元イングランド代表のスーパースターのデイビッド・ベッカム氏とミュージシャンのサイモン・フラー氏がコラボして作ったグレーンウイスキーです。キャメロンブリッジ蒸留所のグレーン原酒をエキストラ・バーボン樽で熟成させました。

トフィーやポップコーンのような香ばしい香りと、塩キャラメルやクレームブリュレの甘さのなかに、りんごやレモンのようなさわやかさも感じます。コーラなどと合わせてカクテルにしてもおいしい1本です。

ブレンデッドスコッチウイスキーおすすめ9選 好みのブレンド配合を楽しむ!

モルトウイスキーとグレーンウイスキーをブレンドしたブレンデッドウイスキーは飲みやすいものが多いです。ぜひお気に入りの1本を探しましょう!

元歌舞伎役者・JSA認定ソムリエの数寄monoライター

『オールドパー12年』は吉田茂や田中角栄といった、昭和を代表する宰相も愛したスコッチウイスキー。

それだけに和食との相性もよく、水割りやハイボールで食中酒として楽しむのがおすすめです。

Old Parr(オールドパー)『オールドパー12年』

OldParr(オールドパー)『オールドパー12年』 OldParr(オールドパー)『オールドパー12年』 OldParr(オールドパー)『オールドパー12年』 OldParr(オールドパー)『オールドパー12年』 OldParr(オールドパー)『オールドパー12年』 OldParr(オールドパー)『オールドパー12年』

出典:Amazon

産地 -
アルコール度数 40%
熟成期間 -
熟成に使われた樽 -
内容量 750ml

和食にも合うスコッチウイスキー

バランスのよい、やわらかな味わいが特徴のウイスキーです。上品で甘やかな香りと、スモーキーな余韻が心地よく感じられます。水を加えても味のバランスが崩れないので、ウイスキー初心者でもさまざまな飲み方でおいしく飲めるのがポイント。

和食との相性もよいので、ぜひ水割りやお湯割りにして、料理と合わせて味わってみてください。

ROBERT BURNS(ロバートバーンズ)『THE BLEND』

ROBERTBURNS(ロバートバーンズ)『THEBLEND』

出典:Amazon

産地 -
アルコール度数 40%
熟成期間 -
熟成に使われた樽 -
内容量 700ml

ドライな味わいのブレンデッドウイスキー

日本でもおなじみの歌「蛍の光」を作詞した詩人ロバート・バーンズの名前を冠したウイスキーです。アランモルトをメインにすることで、スムースな口当たりとドライな味わいに仕上がっています。ピート香はそれほど強くないので、初心者でも飲みやすいです。

香りはラズベリーやアーモンドタルト、トフィーなどフルーティーななかに香ばしさを感じる印象。ぜひ、常温の水と1:1で割ったトワイスアップという飲み方で楽しんでみてください。

Whyte&Mackay(ホワイト&マッカイ)『BLENDED SCOTCH WHISKY』

Whyte&Mackay(ホワイト&マッカイ)『BLENDEDSCOTCHWHISKY』

出典:Amazon

産地 -
アルコール度数 40%
熟成期間 -
熟成に使われた樽 オーク樽、シェリー樽
内容量 700ml

香りがよくコクがある味わい

約35種のモルトをブレンドし、オーク樽で半年寝かせたあと、グレーンウイスキーを加えてオーク樽でさらに熟成させたウイスキーです。2回に分けて熟成させることで、シルクのようなスムースなテクスチャーが生まれます。熟成用の樽にはシェリー樽も使われているため、ウイスキーの色が濃いです。

モルトの香りだけでなく、シェリー酒の香りやフルーツの香りも存分に感じられる華やかなニュアンスです。香りとなめらかな口当たり、しっかりとしたコクを堪能してください。

CUTTY SARK(カティサーク)『カティサーク オリジナル』

CUTTYSARK(カティサーク)『カティサークオリジナル』

出典:Amazon

産地 -
アルコール度数 40%
熟成期間 -
熟成に使われた樽 -
内容量 700ml

軽い口当たりで飲みやすい

1923年の発売以来、軽く飲みやすいウイスキーとして親しまれている銘柄です。スペイサイドの「グレンロセス」のほか、「マッカラン」や「ハイランドパーク」といったモルトをブレンドしています。シェリー樽で熟成させたウイスキーの味わいを大切にしながら、エレガントなフレーバーにブレンドされているのがポイントです。

香りはハーブやバニラのベースにミルクチョコレートのような甘さが感じられます。余韻は穏やかでフルーティーです。

Johnny Walker(ジョニーウォーカー)『レッドラベル』

JohnnyWalker(ジョニーウォーカー)『レッドラベル』

出典:Amazon

産地 -
アルコール度数 40%
熟成期間 -
熟成に使われた樽 -
内容量 200ml、700ml、1,000ml、1,750ml

個性と個性が織りなす複雑な味わい

甘くスパイシーでありながら、スムースでマイルド。それぞれのモルトの個性と個性が織りなす複雑な味わいが魅力の1本です。

東海岸の軽いウイスキーと西海岸のピーティーなウイスキーをブレンドすることで、深く奥行きのある印象に仕上げられています。奥深い味わいのウイスキーを探している人にぴったりです。

口に含んだ瞬間シナモンやペッパーなどのスパイスの香りが弾け、続いてフルーティーな甘みととろけるようなコクが広がり、スモーキーな余韻が全体を包み込みます。

Highland Queen(ハイランドクイーン)『Blended Scotch Whisky』

HighlandQueen(ハイランドクイーン)『BlendedScotchWhisky』

出典:Amazon

産地 -
アルコール度数 40%
熟成期間 -
熟成に使われた樽 -
内容量 700ml

長く続く芳醇な余韻はリラックスタイムにぴったり

10年以上熟成させたモルトウイスキーに、5年以上熟成させたグレーンウイスキーをブレンドしたウイスキーです。どっしりとした重さが感じられる味わいなので、料理と合わせるときはハイボールなど爽快感が感じられる飲み方で楽しむとよいでしょう。

花のような甘く穏やかな香りと、角がないなめらかな飲み口が特徴です。豊かな余韻が長く続くので、ぜひゆったりと味わってみてください。

Chivas Regal(シーバスリーガル)『ミズナラ 12年』

ChivasRegal(シーバスリーガル)『ミズナラ12年』

出典:Amazon

産地 -
アルコール度数 40%
熟成期間 -
熟成に使われた樽 ミズナラ樽
内容量 700ml

日本のウイスキーファンのためのスコッチ

名誉マスターブレンダー コリン・スコット氏が日本のウイスキーファンのためにブレンドしたスコッチウイスキーです。厳選されたウイスキーを、ミズナラの樽で熟成させました。

香りはオレンジや洋ナシのようなフルーティーな香りのなかに、クリーミーな甘さが感じられます。全体的にスムースなテクスチャーで、甘さが強く感じられるのがポイント。トゲのないなめらかな余韻が長く続く1本です。

Ballantine’s(バランタイン)『バランタイン21年』

Ballantine’s(バランタイン)『バランタイン21年』 Ballantine’s(バランタイン)『バランタイン21年』 Ballantine’s(バランタイン)『バランタイン21年』 Ballantine’s(バランタイン)『バランタイン21年』 Ballantine’s(バランタイン)『バランタイン21年』

出典:Amazon

産地 -
アルコール度数 40%
熟成期間 21年
熟成に使われた樽 -
内容量 700ml

長い熟成期間を経て生み出される深いコク

最低21年以上の熟成されたウイスキーをブレンドしたウイスキーです。長期間熟成されたウイスキーをブレンドすることで、深く複雑なコクが生まれます。

リンゴや花々、蜂蜜のような甘い香りと、ほのかにスパイスがアクセントを加える洗練された味わいが特徴。フィニッシュには、ドライシェリーのような味わいが長く続きます。

TEACHER'S(ティーチャーズ)『TEACHER'S HIGHLAND CREAM』

TEACHER'S(ティーチャーズ)『TEACHER'SHIGHLANDCREAM』 TEACHER'S(ティーチャーズ)『TEACHER'SHIGHLANDCREAM』 TEACHER'S(ティーチャーズ)『TEACHER'SHIGHLANDCREAM』 TEACHER'S(ティーチャーズ)『TEACHER'SHIGHLANDCREAM』 TEACHER'S(ティーチャーズ)『TEACHER'SHIGHLANDCREAM』 TEACHER'S(ティーチャーズ)『TEACHER'SHIGHLANDCREAM』 TEACHER'S(ティーチャーズ)『TEACHER'SHIGHLANDCREAM』

出典:Amazon

産地 -
アルコール度数 40%
熟成期間 -
熟成に使われた樽 -
内容量 700ml

ハイボールにしておいしいウイスキー

アードモア蒸留所で作られるモルトをベースにしたブレンデッドウイスキーです。スモーキーな香りが特徴で、熟したリンゴや洋ナシの香りも感じられます。力強いコクがありながらも、なめらかで丸みを帯びた口当たりです。フィニッシュのバランスがよいのもポイント。ほどよい余韻がしばらく続いたあと、きれいに消えていきます。

スモーキーな香りとなめらかなテクスチャーを堪能したいなら、ハイボールにしてみましょう。

「スコッチウイスキー」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
BOWMORE(ボウモア)『ボウモア15年』
Macallan(マッカラン)『ザ・マッカラン トリプルカスク12年』
Glenfiddich(グレンフィデック)『グレンフィディック21年』
Scapa(スキャパ)『スキレン』
FETTERCAIRN(フェッターケアン)『フェッターケアン12年』
KILCHOMAN(キルホーマン)『SANAIG』
AUCHENTOSHAN(オーヘントッシャン)『オーヘントッシャン12年』
LAPHROAIG(ラフロイグ)『ラフロイグ10年』
Mitchell’s Glengyle(ミッチェルズ・グレンガイル)『キルケラン12年』
LOCH LOMOND(ロッホローモンド)『シングルグレーン』
MEADOWSIDE BLENDING(メドウサイド・ブレンディング)『ザ・グレインマン9年』
HAIG CLUB(ヘイグクラブ)『クラブマン』
Old Parr(オールドパー)『オールドパー12年』
ROBERT BURNS(ロバートバーンズ)『THE BLEND』
Whyte&Mackay(ホワイト&マッカイ)『BLENDED SCOTCH WHISKY』
CUTTY SARK(カティサーク)『カティサーク オリジナル』
Johnny Walker(ジョニーウォーカー)『レッドラベル』
Highland Queen(ハイランドクイーン)『Blended Scotch Whisky』
Chivas Regal(シーバスリーガル)『ミズナラ 12年』
Ballantine’s(バランタイン)『バランタイン21年』
TEACHER'S(ティーチャーズ)『TEACHER'S HIGHLAND CREAM』
商品名 BOWMORE(ボウモア)『ボウモア15年』 Macallan(マッカラン)『ザ・マッカラン トリプルカスク12年』 Glenfiddich(グレンフィデック)『グレンフィディック21年』 Scapa(スキャパ)『スキレン』 FETTERCAIRN(フェッターケアン)『フェッターケアン12年』 KILCHOMAN(キルホーマン)『SANAIG』 AUCHENTOSHAN(オーヘントッシャン)『オーヘントッシャン12年』 LAPHROAIG(ラフロイグ)『ラフロイグ10年』 Mitchell’s Glengyle(ミッチェルズ・グレンガイル)『キルケラン12年』 LOCH LOMOND(ロッホローモンド)『シングルグレーン』 MEADOWSIDE BLENDING(メドウサイド・ブレンディング)『ザ・グレインマン9年』 HAIG CLUB(ヘイグクラブ)『クラブマン』 Old Parr(オールドパー)『オールドパー12年』 ROBERT BURNS(ロバートバーンズ)『THE BLEND』 Whyte&Mackay(ホワイト&マッカイ)『BLENDED SCOTCH WHISKY』 CUTTY SARK(カティサーク)『カティサーク オリジナル』 Johnny Walker(ジョニーウォーカー)『レッドラベル』 Highland Queen(ハイランドクイーン)『Blended Scotch Whisky』 Chivas Regal(シーバスリーガル)『ミズナラ 12年』 Ballantine’s(バランタイン)『バランタイン21年』 TEACHER'S(ティーチャーズ)『TEACHER'S HIGHLAND CREAM』
商品情報
特徴 アイラ島の力強いシングルモルト 甘さのなかにさわやかさを感じる味わい ラム樽仕上げのエキゾチックなニュアンス さわやかな甘さはぜひハイボールで やわらかなスパイシーさとすっきりとした味わい ピーティーなスコッチウイスキーを探している人に 繊細な香りが魅力のローランドモルト イギリス王室御用達のアイラモルト キャンベルタウン産らしい潮気がポイント ロックやハイボールで味わいたい1本 バランスがよいスムースな味わい カクテルにしてもおいしいグレーンウイスキー 和食にも合うスコッチウイスキー ドライな味わいのブレンデッドウイスキー 香りがよくコクがある味わい 軽い口当たりで飲みやすい 個性と個性が織りなす複雑な味わい 長く続く芳醇な余韻はリラックスタイムにぴったり 日本のウイスキーファンのためのスコッチ 長い熟成期間を経て生み出される深いコク ハイボールにしておいしいウイスキー
産地 アイラ スペイサイド スペイサイド アイランズ ハイランド アイラ ローランド アイラ キャンベルタウン ハイランド ハイランド - - - - - - - - - -
アルコール度数 43% 40% 40% 40% 40% 46% 40% 40% 46% 46% 58.7% 40% 40% 40% 40% 40% 40% 40% 40% 40% 40%
熟成期間 15年 12年 21年 - 12年 - 12年 10年 12年 - 9年 - - - - - - - - 21年 -
熟成に使われた樽 バーボン樽、オロロソ・シェリー樽 ヨーロピアンオークのシェリー樽、アメリカンオークのシェリー樽、バーボン樽 ヨーロピアンシェリー樽原酒、アメリカンオーク樽原酒、カリビアンラム樽 バーボン樽 バーボン樽 オロロソ・シェリー樽 - - バーボン樽、シェリー樽 - - エキストラ・バーボン樽 - - オーク樽、シェリー樽 - - - ミズナラ樽 - -
内容量 700ml 700ml 700ml 700ml 700ml 700ml 700ml 700ml 700ml 700ml 700ml 700ml 750ml 700ml 700ml 700ml 200ml、700ml、1,000ml、1,750ml 700ml 700ml 700ml 700ml
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年6月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの¥3,301 / kgでの税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月3日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする スコッチウイスキーの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのスコッチウイスキーの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:シングルモルトウイスキー特集ランキング
楽天市場:スコッチ・ウイスキーランキング
Yahoo!ショッピング:スコッチウイスキーランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

スコッチウイスキーのさまざまな飲み方

ウイスキー・オン・ザ・ロックス
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

気分や料理に合わせてさまざまな飲み方でウイスキーを楽しんでみましょう。

スコッチウイスキーをよりおいしく味わえる飲み方を紹介します。ぜひお気に入りのスコッチウイスキーで試してみましょう。

涼しげな音が魅力の「オン・ザ・ロックス」

氷を入れたグラスにスコッチウイスキーを注ぐだけのオン・ザ・ロックスは、ひと口飲むごとに氷とグラスが涼しげな音を奏でます。ストレートで飲むよりも風味が和らぎ、時間の経過とともに移り変わる味わいを楽しむのにぴったりです。

オン・ザ・ロックスを作るときは、グラスをよく冷やしておくのがポイント。氷はかたくて溶けにくいものを使いましょう。製氷皿を使えば、かたくて溶けにくい氷がかんたんに作れます。

また、オン・ザ・ロックスを飲むときは、強いお酒から胃を守り、口のなかをリセットしてくれるチェイサーを用意しておくとよいです。ミネラルウォーターや炭酸水をチェイサーとして提供するお店が多い印象です。

ゆったり味わうのにぴったりな「水割り」

スコッチウイスキー1に対して、ミネラルウォーターを2~2.5注いで作るのが水割りです。水で割ることでスコッチウイスキーの個性がやわらぐので、初心者でも飲みやすくなります。好みに応じで濃さが調整できるのも魅力です。

ストレートでは飲みにくいスコッチウイスキーも、水で割ることでぐっと飲みやすくなり、食事に合わせやすくなります。ぜひ水割りを飲みながらゆったりとした時間を過ごしてください。

豊かな香りが楽しめる「お湯割り」

スコッチウイスキーの香りを楽しむなら、お湯割りを試してみましょう。お湯割りを作るときは、あらかじめカップを温めておくのを忘れずに。お湯の量は、ウイスキーの倍から3倍が目安です。

好みでオレンジなどの柑橘類やシナモンなどのスパイス、甘いものが好きな人はジャムやドライフルーツをトッピングしてもよいでしょう。

スコッチウイスキーにトッピングのフレーバーがプラスされ、より複雑な味わいが楽しめます。

料理の味わいを引き立てる「ハイボール」

スコッチウイスキー本来の味わい・コクを引き出したいなら、ハイボールを作りましょう。ハイボールは爽快なのどごしで、料理との相性もよいです。

作り方はかんたんで、冷やしたグラスにウイスキーを適量注ぎ、ウイスキー1に対して3~4の炭酸水を注いで軽く混ぜるだけ。

混ぜすぎると炭酸ガスが抜けて爽快感が失われてしまうので、混ぜすぎないように注意してください。よりウイスキーの甘みやうまみを楽しみたいときは、氷なしで作ってみてもよいでしょう。

トニックウォーターやジンジャーエールで割ったり、レモンの皮で香りづけしたりすると、炭酸だけで作るのとは違った味わいが楽しめます。

冷涼感がたまらない「スコッチミスト」

ミストは、グラスの表面に霧がつく様子から名づけられた飲み方です。グラスにクラッシュドアイスをたっぷり入れて、その上からウイスキーを注ぎ、よく混ぜます。好みでレモンピールで香りをつけましょう。よく冷えたスコッチウイスキーは、暑い時期のリラックスタイムにぴったりです。

ミストはウイスキーの個性がしっかりと感じられる飲み方なので、個性が強いシングルモルトよりも穏やかなブレンデッドウイスキーを使うと、よりおいしく仕上がります。

「ゴッドファーザー」などカクテルにして楽しむ

同名の映画が由来の「ゴッドファーザー」や「錆びた釘」という意味の「ラスティネール」といったカクテルにしてスコッチウイスキーを楽しむのもよいでしょう。カクテルにすることでウイスキーの味わい方が広がり、さまざまなシーンで楽しめるようになります。

ウイスキーを使ったカクテルの種類は多く、チェリーリキュールと合わせるだけのシンプルなものもあります。ぜひ、さまざまなカクテルにチャレンジしてみてください。

そのほかのウイスキーはこちら!

ウイスキー好きが集まる銀座BARの店長であり、バーテンダーとして活躍されている大出義彰さんに、おすすめのジャパニーズウイスキーを6つ教えてもらいました。ウイスキーが「外国のお酒」「洋酒の代表」といわれたのは、もうはるか昔のこと。テレビドラマの影響もあって、今ではジャパニーズウイスキーに注目が集...

銀座のBAR「Moon Shine」店長で、バーテンダー・大出義彰さんに初心者向けウイスキーのおすすめ5選と選び方を教えてもらいました。ウイスキー初心者の方でも飲みやすくて手ごろなものを厳選して紹介します。それぞれのウイスキーの特徴をまじえて、銀座のバーテンダー・大出義彰さんに詳しく教えていた...

ウイスキー好きが集まる銀座のバー「Moon Shine」の店長・大出義彰さんに、プレゼント高級ウイスキーを選ぶときのポイントやおすすめを教えてもらいました。ブームのためになかなか手に入りにくくなっているウイスキー。その希少価値ゆえプレゼントにする人も増えています。ウイスキーってなにを基準に選ん...

JSA認定ソムリエの数寄monoライター・杉浦直樹さんと編集部が選んだおすすめカナディアンウイスキー10選をご紹介します。カナディアンウイスキーはスコッチなどと並ぶ世界の5大ウイスキーとして親しまれています。クセがないソフトな口あたりが人気です。記事後半には、楽天やヤフーの人気売れ筋ランキング...

ハイボールに合うウイスキーを日本ソムリエ協会認定ワインエキスパートの石関華子さんと編集部がご紹介します。自宅でもおいしく飲めるハイボールの作り方や、ウイスキーの種類などを解説します。記事後半には、Amazonや楽天、ヤフーの人気売れ筋ランキングもありますのでぜひチェックしてみてください。

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパートの石関華子さんと編集部が選んだ、アイラウイスキーを9商品ご紹介します。ウイスキー好きが一度は訪れたいアイラ島が産地の蒸留酒です。アイラ島のウイスキーは、泥炭(ピート)で炊いていることが特徴で独特の香りが愛好家に人気です。有名な蒸留所だと、アードベック、ラフ...

「溶けない氷」として知られるアイスキューブ。近年とくにお酒を飲む方から支持を集めています。ステンレス、プラスチック、石製と、素材別に特徴が異なるので購入前に違いをよく把握しておきましょう。この記事では、料理研究家・指宿さゆりさんへの取材をもとに、アイスキューブ選びのポイントとおすすめ商品を紹介...

スコッチウイスキーのスモーキーなフレーバーに酔いしれて

ピート(泥炭)を使ったことによるスモーキーなフレーバーが魅力のスコッチウイスキーは、初心者にはハードルが高いウイスキーと思われがちです。しかし、初心者でも飲みやすいスコッチウイスキーはたくさんあるので、ぜひ気になる銘柄を見つけて味わってみましょう。

スコッチウイスキー選びに迷ったときは、記事中で紹介した選び方のポイントや杉浦さんのアドバイスを思い出してみてください。

個性豊かなスコッチウイスキーを、ハイボールやカクテルなどさまざまな飲み方で楽しみましょう。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(制作協力:結城助助、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


市販のウイスキーおすすめ24選【初心者にも!】飲みやすい銘柄は? サントリー山崎や白州、響も!

市販のウイスキーおすすめ24選【初心者にも!】飲みやすい銘柄は? サントリー山崎や白州、響も!

ウイスキーそれぞれの個性を知ることでウイスキーの楽しみ方も変わってきます。この記事ではJSA認定ソムリエの杉浦直樹さんと編集部がおすすめする市販のウイスキーをご紹介します。幅広い銘柄をご紹介するので、初心者にも飲みやすい1本が見つかるでしょう。記事後半にはAmazonや楽天、ヤフーの人気売れ筋ランキングや口コミもありますのでぜひチェックしてみてくださいね。


ハイボールに合うおすすめのウイスキーをランキング発表|比率が大事!おいしいハイボールの作り方も紹介!

ハイボールに合うおすすめのウイスキーをランキング発表|比率が大事!おいしいハイボールの作り方も紹介!

ハイボールに合うおすすめのウイスキーのおすすめをランキング形式で発表します! さらに、おいしいハイボールの作り方や、ウイスキーの比率、種類などもご紹介します。記事後半には、Amazonや楽天、ヤフーの人気売れ筋ランキングや口コミ、比較一覧表もありますのでぜひチェックしてみてくださいね。


シングルモルトウイスキーのおすすめ26選&売れ筋ランキングも紹介!

シングルモルトウイスキーのおすすめ26選&売れ筋ランキングも紹介!

ジャパニーズ、スコッチ、アメリカン、カナディアン、アイリッシュと5大ウイスキーが定番人気になりつつあるウイスキー業界! 山崎やラフロイグなどの大人気ウイスキーからあまり知られていない美味しいシングルモルトも紹介! 日本ソムリエ協会認定ワインエキスパートの石関華子さんおすすめのシングルモルトウイスキーもチェックしてみてくださいね。


バーボンおすすめランキングTOP10 | 美味しいカクテルレシピも紹介!

バーボンおすすめランキングTOP10 | 美味しいカクテルレシピも紹介!

編集部が選んだ21商品のなかから、JSA認定ソムリエの杉浦直樹さんがおすすめするバーボンTOP10をランキングで発表します。度数は高めですが、ストレートからロック、あるいはカクテルを作ったりと、飲み方もさまざま楽しめます。記事後半には、Amazonや楽天、ヤフーの人気売れ筋ランキングもありますのでぜひチェックしてみてください。


ウイスキーロックグラスのおすすめ12選|プロが選ぶランキングも発表!

ウイスキーロックグラスのおすすめ12選|プロが選ぶランキングも発表!

ソムリエ・杉浦直樹さんと編集部が選んだおすすめのウイスキー用ロックグラス12選を紹介します。ロックグラスは、氷を入れたグラスにウイスキーを注ぐ「オン・ザ・ロック」にぴったり。シンプルな透明なガラス製以外にも、切り子や色ガラスを使ったものなどさまざまなタイプがあります。後半では、おすすめランキングTOP10も発表! ぜひ参考にしてください。


新着記事


毎日開催【Amazonタイムセール】今日のおすすめ|2020年9月30日:「しゃべクル」

毎日開催【Amazonタイムセール】今日のおすすめ|2020年9月30日:「しゃべクル」

Amazonタイムセール、実は毎日開催しているのをご存じですか? そこで、タイムセールのなかから、編集部部員が個人的に欲しいと思う一品を毎日ガチで厳選! 今日のおすすめタイムセールはタカラトミーの「しゃべクル」。新感覚の録音遊びガジェットです!


毎日開催【Amazonタイムセール】今日のおすすめ|2020年9月29日:アウトドアチェア

毎日開催【Amazonタイムセール】今日のおすすめ|2020年9月29日:アウトドアチェア

Amazonタイムセール、実は毎日開催しているのをご存じですか? そこで、タイムセールのなかから、編集部部員が個人的に欲しいと思う一品を毎日ガチで厳選! 今日のおすすめタイムセールは「アウトドアチェア」。キャンプを快適にさせてくれるアイテムです。


毎日開催【Amazonタイムセール】今日のおすすめ|2020年9月28日:モバイルバッテリー

毎日開催【Amazonタイムセール】今日のおすすめ|2020年9月28日:モバイルバッテリー

Amazonタイムセール、実は毎日開催しているのをご存じですか? そこで、タイムセールのなかから、編集部部員が個人的に欲しいと思う一品を毎日ガチで厳選! 今日のおすすめタイムセールはChuda『モバイルバッテリー』。


毎日開催【Amazonタイムセール】今日のおすすめ|2020年9月25日:ワンタッチテント

毎日開催【Amazonタイムセール】今日のおすすめ|2020年9月25日:ワンタッチテント

Amazonタイムセール、実は毎日開催しているのをご存じですか? そこで、タイムセールのなかから、編集部部員が個人的に欲しいと思う一品を毎日ガチで厳選! 今日のおすすめタイムセールはSoarmax『ワンタッチテント』。


毎日開催【Amazonタイムセール】今日のおすすめ|2020年9月24日:空気清浄機

毎日開催【Amazonタイムセール】今日のおすすめ|2020年9月24日:空気清浄機

Amazonタイムセール、実は毎日開催しているのをご存じですか? そこで、タイムセールのなかから、編集部部員が個人的に欲しいと思う一品を毎日ガチで厳選! 今日のおすすめタイムセールはシャープの空気清浄機『プラズマクラスター 7000』。


食品・ドリンクの人気記事


>>もっと見る