PR(アフィリエイト) article type icon アンケート・調査

アイラウイスキーおすすめ13選|タリスカーやボウモアなど人気銘柄を紹介!口コミも

Ardbeg(アードベッグ)『アードベッグ 10年』
出典:Amazon
Ardbeg(アードベッグ)『アードベッグ 10年』
出典:Amazon

◆本記事はプロモーションが含まれています。
◆本記事は2020年06月05日に公開された記事です。

スコッチウイスキーの聖地ともいわれるアイラウイスキー。

聞いたことはあるけれども「アイラウイスキーってなに?」「アイラウイスキーの美味しい銘柄は?」と思っているひとも多いのではないでしょうか。

この記事では、ウイスキー好きが一度は訪れたいといわれるアイラ島の蒸留所を9つを徹底紹介!そのほかアイラウイスキーの選び方や編集部が厳選した商品の紹介、おいしい飲み方まで解説。

記事の最後には、Amazonや楽天、ヤフーの人気売れ筋ランキングや比較一覧表もありますのでぜひチェックしてみてください。


目次

全てを見る全てを見る

この記事を担当するエキスパート

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート
石関 華子
埼玉県出身、高知県在住。一児の母。慶應義塾大学文学部仏文科卒。三越日本橋本店の洋酒担当を経てワインやビール、ウィスキーなどの洋酒全般の知識を培い、2016年、J.S.Aワインエキスパートの資格を取得。 現在はOffice Le Lionの代表として、高知県内のワイナリーのアドバイザーやワイン検定の講師を務める一方、ワインに関連する記事やコラム等の執筆も多数手がけています。2019年、日本ソムリエ協会高知支部副支部長に就任。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:食品・ドリンク
沼田 裕貴

「食品・ドリンク」カテゴリーを担当する40代編集者。好奇心旺盛で「何事にもまずは試してみる」をモットーにしてる。最近は格闘技好きが高じて、ボクシングや柔術を習っている。休日はスーパーでお買い得品を探すのも趣味。新商品には目がないので、ついつい買いすぎてしまうのが悩み。

アイラウイスキーとは?

アイラ島の場所を示すイギリスの地図

出典:マイナビおすすめナビ

アイラ島の場所を示すイギリスの地図

出典:マイナビおすすめナビ

アイラウイスキーとは、スコッチウイスキーのなかでもアイラ島でつくられているシングルモルトウイスキーの総称。有名な蒸留所が多く、スコッチウイスキーの聖地と呼ばれています。

アイラ島は「ビート」という泥炭に覆われていることと、ほとんどの蒸留所が海に面しているという特徴があります。そのため、潮を思わせるビート香とスモーキーな香りを有し、個性的な味わいを楽しむことができます。

初心者でも飲みやすいといわれる「カリラ」「ボウモア」。クセの強い「アードベッグ」「ラフロイグ」など、世界的にも有名な銘柄が目白押しのアイラウイスキー。

アイラ島にある9つすべての蒸留所の特徴についても説明していきますので、ぜひアイラウイスキーを選ぶときの参考にしてみてください。

アイラウイスキーの選び方

 

アイラウイスキーを選ぶ際のポイントは下記になります。

【1】蒸留所から選ぶ
【2】「シングルモルト」か「ブレンデッド」かを選ぶ
【3】「オフィシャル」「ボトラーズ」の違いもチェック!
【4】予算を決めて選ぶ

上記のポイントを押さえることで、より欲しい商品をみつけることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】蒸留所から選ぶ

アイラウイスキーはピート(泥炭)の香りが強いのが特徴ですが、なかには潮気を感じるものや、フルーティーさを感じるものまであります。蒸留所は下記の9つになります。

・アードベック蒸留所
・ラフロイグ蒸留所
・ラガブーリン蒸留所
・ボウモア蒸留所
・カリラ蒸留所
・ブルイックラディ蒸溜所
・ブナハーブン蒸留所
・キルホーマン蒸留所
・アードナッホ蒸留所

それぞれの蒸留所の特徴を紹介していきます。

アードベック蒸留所

アードベック蒸留所
ペイレスイメージズのロゴ
アードベック蒸留所
ペイレスイメージズのロゴ

スコットランド、アイラ島の町、ポート・エレンの東に位置する蒸溜所です。1974年よりポート・エレンで生産されたピーテッド・モルトを使用しており、アードベック蒸留所でのモルティングは1977年より行っていないようです。

ウイスキー愛好家のなかでも、一番好きなウイスキーはアードベック10年といわれることが多い名品です。蒸留所ではランチができるカフェも併設しています。

ラフロイグ蒸留所

ラフロイグ蒸留所
ペイレスイメージズのロゴ
ラフロイグ蒸留所
ペイレスイメージズのロゴ

ラフロイグ蒸留所はアイラ島の南部に位置します。ラガブーリンは、ヨードチンキのような鼻にツーンとくるニオイがあり、やや塩っぽさも感じるウイスキーです。かなり個性が強烈なので、好き嫌いはわかれやすいウイスキーです。

ラガブーリン蒸留所

 

ラガヴーリンは、アイラウイスキーの中でもスモーキーさがあり、その中でもフルーティーさもあわせもっています。また、海藻のような独特な香りも感じることができるでしょう。蒸留所では、テイスティングツアーも開催しているようです。

ボウモア蒸留所

 

島の中央部にある「ボウモア蒸溜所」でつくられる「ウイスキーボウモア」は、ピートがきいていて、その中にも甘みを感じることができる、非常にバランスの取れたウイスキーです。ややマイルドな味なので、ピート感が苦手な方におすすめです。

カリラ蒸留所

 

カリラがシングルモルトウイスキーとして評価され始めたのは2002年ごろです。それまでは、ブレンデッドウイスキーの原酒として用いられてきていました。蒸溜所は1846年から操業しており、島の北東部、アイラ島とジュラ島を見渡せる海峡に面して建っています。

ピートのなかにもフルーティーさがあり、余韻にはスパイシーさも感じることができます。ラフロイグやアードベックが苦手な方におすすめです。

ブルイックラディ蒸溜所

 

1881年に創業した蒸溜所ですが、惜しまれながらも1994年に一度閉鎖をした蒸留所。しかし、2001年に再度操業を再開しました。

ブルイックラディはアイラではめずらしくピートを使わないタイプのウイスキーです。ただ、ピートを使用する量に応じて、ポートシャーロットとオクトモアを作っているので、それぞれを飲み比べてみるのもウイスキーファンにとっては楽しいひとときでしょう。

ブナハーブン蒸留所

 

島の北部の人里離れた入り江にある蒸留所。ブルイックラディ蒸留所と傾向は似ていて、こちらもピートをあまり焚かずにつくられたウイスキーです。アイラ独特の感じはさほどしないので、飲みやすいウイスキーでしょう。

キルホーマン蒸留所

 

2005年創業のキルホーマンは、アイラ島に124年ぶりに誕生した蒸溜所です。また、唯一島の内陸部にある蒸留所としても有名です。アイラ島の蒸留所のほとんどは、海沿いにあるところばかりです。

味わいは実にアイラモルトらしく、フェノール値が50ppmと極めてピーティー&スモーキー。熟成期間は他の蒸留所に比べると若いですが、味の完成度の高さに驚くはずです。

アードナッホ蒸留所

アードナッホ蒸留所は、アイラ島で一番新しくできた蒸留所です。

まだ熟成されたウイスキーを飲むことはできないかもしれません。しかし、2018年10月には初のスピリッツが蒸溜され、同年11月9日には初の樽詰が行われていたようです。ウイスキーファンにとって、待ち遠しい蒸留所であることは間違いないでしょう。

【2】「シングルモルト」か「ブレンデッド」かを選ぶ

ウイスキーにはシングルモルトウイスキーとブレンデッドウイスキーがあります。初心者はシングルモルトから飲み始め、徐々にブレンデッドの味わいを学ぶのがおすすめです。

ひとつの蒸留所の樽を使った「シングルモルト」

 

シングルモルトウイスキーとはひとつの蒸留所の樽からボトリングされたウイスキーです。アイラウイスキーを選ぶなら、蒸留所の自信のあらわれともいえるシングルモルトを選ぶとよいでしょう。蒸留所の個性をダイレクトに感じることができます。

複数の蒸留所の樽を混ぜた「ブレンデッド」

 

ブレンデッドウイスキーは、複数の蒸留所でつくられたモルトウイスキーなどをブレンドしたものです。アイラウイスキーをブレンデッドしてアイラ産のスモーキーさを売りにしているブレンデッドウイスキーもあります。

ただし、アイラウイスキーはシングルモルトウイスキーのことを指しますので、ブレンデットウイスキーは正式にはアイラウイスキーとは呼びません。

【3】「オフィシャル」「ボトラーズ」の違いもチェック!

ウイスキーにはオフィシャルボトルとボトラーズと呼ばれる商品があります。この2つの違いを理解することでよりウイスキー選びが充実することでしょう。それぞれの特徴を見ていきましょう。

ひとつの蒸留所で一貫して商品化される「オフィシャルボトル」

 

オフィシャルボトルはひとつの蒸留所でウイスキーの生産、熟成、ボトリングまでおこなう商品のことです。蒸留所の強い信念を感じる1本に仕上がっています。初心者はまずオフィシャルボトルから味を知ることでウイスキーの味の特徴を知ることができるでしょう。

企業が蒸留所から樽を購入して商品化される「ボトラーズ」

 

ボトラーズは企業や業者が蒸留所から樽を買い付けし、独自の熟成などをおこないボトリングする商品のことです。オフィシャルのウイスキーがボトラーズになると違う味わいが楽しめます。ボトラーズになると希少性も相まってプレミア値が付くこともあります。オフィシャルに味が慣れてきたら、ボトラーズと比較して味の違いを楽しむのもおすすめです。

【4】予算を決めて選ぶ

電卓とボールペン
ペイレスイメージズのロゴ
電卓とボールペン
ペイレスイメージズのロゴ

ウイスキーは、希少なものほど高級になります。熟成年数が長くボトリングの数が少ないものや、人気がありすぎて市場に出回らなくなったものなどもそうです。

高級だからおいしいというわけではないので、自分の予算にあうウイスキーを少しずつ集めていくのがいいでしょう。

アイラウイスキーのおすすめ13選

蒸溜所それぞれの持ち味が反映された、おすすめのアイラウイスキー商品を紹介します。記事後半には、Amazonや楽天、ヤフーの人気売れ筋ランキングもありますのでぜひチェックしてみてください。

エキスパートのおすすめ

BOWMORE(ボウモア)『ボウモア 12年』

BOWMORE(ボウモア)『ボウモア12年』 BOWMORE(ボウモア)『ボウモア12年』 BOWMORE(ボウモア)『ボウモア12年』 BOWMORE(ボウモア)『ボウモア12年』 BOWMORE(ボウモア)『ボウモア12年』 BOWMORE(ボウモア)『ボウモア12年』 BOWMORE(ボウモア)『ボウモア12年』
出典:Amazon この商品を見るview item
日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート:石関 華子

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

1779年創業のアイラ島最古の蒸留所が生んだ『ボウモア 12年』。スモーキーなフレーバーと潮の香りのバランスが絶妙で、その気品に満ちた味わいから「アイラの女王」とも呼ばれます。

受賞が裏打ち、シェリー感あるスモーキーな味

名誉ある受賞歴も納得の逸品です。ボウモアらしさの象徴であるシェリー樽が生みだしたスイートな風味が、ウイスキーファンにはたまらないところです。

口当たりはきわめてまろやかで、果実やチョコを思わせるほのかな甘み。飲み込んだあとも口のなかに長く味わいが残り、徐々に変化していく様子も、ボウモアの伝統と歴史によって築かれた実力を感じさせてくれます。

【クチコミ・レビュー】
スモーキーで甘い香りがおいしく飲めるウィスキー。スコッチウイスキーとは違う独特な香りがストレートで飲みやすい(60代男性)

蒸留所 ボウモア
原材料 大麦 (モルト)
容量 700ml
熟年数 12年
アルコール度数 40度
全てを見る全てを見る

蒸留所 ボウモア
原材料 大麦 (モルト)
容量 700ml
熟年数 12年
アルコール度数 40度
全てを見る全てを見る

キルホーマン 『マキヤーベイ』

キルホーマン『マキヤーベイ』 キルホーマン『マキヤーベイ』 キルホーマン『マキヤーベイ』 キルホーマン『マキヤーベイ』 キルホーマン『マキヤーベイ』 キルホーマン『マキヤーベイ』 キルホーマン『マキヤーベイ』 キルホーマン『マキヤーベイ』 キルホーマン『マキヤーベイ』
出典:Amazon この商品を見るview item

【クチコミ・レビュー】

・味わいが良くとても飲みやすくまろやかだった(50代男性)
・マキヤーベイはのどごしと旨味、風味が良かった(50代男性)

2番目に新しい蒸留所の個性を味わいたい方に

香りに若さはありますがピートスモークの香りの強さが強く、やわらかく芳しい多種な果実のフレッシュさが心地よく鼻腔をくすぐります。

シトラスフルーツ、バニラの甘さ、そして骨太ながらも洗練されたピートスモークが三位一体となり、舌の上をなでるように流れ落ちていき、フレッシュで小気味良いピーティな余韻が全体をまとめ上げます。

蒸留所 キルホーマン
原材料 大麦 (モルト)
容量 700ml
熟年数 5年
アルコール度数 46度
全てを見る全てを見る

蒸留所 キルホーマン
原材料 大麦 (モルト)
容量 700ml
熟年数 5年
アルコール度数 46度
全てを見る全てを見る

エキスパートのおすすめ

Bunnahabhain(ブナハーブン)『ブナハーブン 12年』

Bunnahabhain(ブナハーブン)『ブナハーブン12年』 Bunnahabhain(ブナハーブン)『ブナハーブン12年』 Bunnahabhain(ブナハーブン)『ブナハーブン12年』 Bunnahabhain(ブナハーブン)『ブナハーブン12年』 Bunnahabhain(ブナハーブン)『ブナハーブン12年』
出典:Amazon この商品を見るview item
日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート:石関 華子

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

アイラウイスキー特有のスモーキーなフレーバーが控えめ。「やわらかな味わいのアイラ」とも言われます。優しい口当たりで飲みやすく、ウイスキー初心者の方にもおすすめです。

ピートをほぼ炊かないフレッシュな風味

アイラ島の蒸溜所のなかでも、ひときわ珍しいつくり方をしているのがブナハーブン蒸溜所。ピートをほとんど炊かないという独自のやり方でつくり出すシングルモルトウイスキーです。

冷却ろ過をおこなわないのも、ウイスキーのオリジナルな味を追求するためです。その結果アルコール度数が高まりつつも、どこまでもフレッシュな味わいのウイスキーに仕上がります。クセが少ないウイスキーがお好みの方には、とくにおすすめです。

蒸留所 ブナハーブン
原材料 大麦 (モルト)
容量 700ml
熟年数 12年
アルコール度数 47度
全てを見る全てを見る

蒸留所 ブナハーブン
原材料 大麦 (モルト)
容量 700ml
熟年数 12年
アルコール度数 47度
全てを見る全てを見る

BRUICHLADDICH(ブルイックラディ)『ポートシャーロット10年』

BRUICHLADDICH(ブルイックラディ)『ポートシャーロット10年』 BRUICHLADDICH(ブルイックラディ)『ポートシャーロット10年』 BRUICHLADDICH(ブルイックラディ)『ポートシャーロット10年』 BRUICHLADDICH(ブルイックラディ)『ポートシャーロット10年』
出典:Amazon この商品を見るview item

【クチコミ・レビュー】

・スコットランド大麦で10年熟成なので飲みごたえもあり香りも良く濃厚な味わいが美味しいと思います(50代男性)
・香りのピート感は良い、そのままストレートで味わいます(50代男性)

100%スコットランド産の大麦で作られた一品

今までは限定販売されていましたが、通常販売が始まって手に入りやすくなりました。ブルックラディ蒸留所らしいエレガントさと、スモーキーな味わいのバランスがとれているアイラウイスキー。香りはポートシャーロット特有のドライな土っぽさがあります。原材料は100%スコットランド産の大麦で、重厚感のある強さを持ちながら、熟成10年の深みを感じられるものとなっています。

蒸留所 ブルックラディ蒸留所
原材料 大麦
容量 700ml
熟年数 10年
アルコール度数 50%
全てを見る全てを見る

蒸留所 ブルックラディ蒸留所
原材料 大麦
容量 700ml
熟年数 10年
アルコール度数 50%
全てを見る全てを見る

CAOL ILA(カリラ)『カリラ 12年』

CAOLILA(カリラ)『カリラ12年』 CAOLILA(カリラ)『カリラ12年』 CAOLILA(カリラ)『カリラ12年』 CAOLILA(カリラ)『カリラ12年』 CAOLILA(カリラ)『カリラ12年』 CAOLILA(カリラ)『カリラ12年』 CAOLILA(カリラ)『カリラ12年』
出典:Amazon この商品を見るview item

【クチコミ・レビュー】

カリラは12年物ですがのみやすくフルーティーな味わいなのでどんなシチュエーションでも合うのが良いです(50代男性)

スモーキーフレーバーの中にフルーティーさを感じる

スコットランドの西岸、アイラ海峡を望む場所にあるカリラ蒸留所。カリラとはゲール語で「アイラ海峡」という意味です。その蒸留所でつくられるカリラ12年はヨード香や塩味を感じるバランスの取れたアイラモルト。

スモーキーさに加えて、ほのかなベリーのような果実味を感じさせ、全体的に柔らかいイメージが印象的。アイラの中でも軽やかな舌ざわり、ゴールド色の上品な見た目からも女性的とも言われています。

蒸留所 カリラ
原材料 大麦 (モルト)
容量 700ml
熟年数 12年
アルコール度数 43度
全てを見る全てを見る

蒸留所 カリラ
原材料 大麦 (モルト)
容量 700ml
熟年数 12年
アルコール度数 43度
全てを見る全てを見る

BRUICHLADDICH(ブルイックラディ)『ザ・クラシック・ラディ』

BRUICHLADDICH(ブルイックラディ)『ザ・クラシック・ラディ』 BRUICHLADDICH(ブルイックラディ)『ザ・クラシック・ラディ』 BRUICHLADDICH(ブルイックラディ)『ザ・クラシック・ラディ』 BRUICHLADDICH(ブルイックラディ)『ザ・クラシック・ラディ』 BRUICHLADDICH(ブルイックラディ)『ザ・クラシック・ラディ』 BRUICHLADDICH(ブルイックラディ)『ザ・クラシック・ラディ』
出典:Amazon この商品を見るview item

ノンピートシングルモルトの個性を飲み干せ

「伝説の男」とまで呼ばれた蒸溜責任者、ジム・マッキュワン氏によってきわめられた、ブルイックラディの伝統を形にしたようなアイラウイスキー。花の香りがする、優雅でクラス感のあるシングルモルトウイスキーです。

スコットランドの大麦を100%使用。ノンピートの製法によって、希少で微妙な奥ゆかしいフレーバーがもたらされた、クラシックなアイラウイスキーともいえるでしょう。

蒸留所 ブルイックラディ
原材料 大麦 (モルト)
容量 700ml
熟年数 2年
アルコール度数 50度
全てを見る全てを見る

蒸留所 ブルイックラディ
原材料 大麦 (モルト)
容量 700ml
熟年数 2年
アルコール度数 50度
全てを見る全てを見る

LAPHROAIG(ラフロイグ)『ラフロイグ 10年』

LAPHROAIG(ラフロイグ)『ラフロイグ10年』 LAPHROAIG(ラフロイグ)『ラフロイグ10年』 LAPHROAIG(ラフロイグ)『ラフロイグ10年』 LAPHROAIG(ラフロイグ)『ラフロイグ10年』 LAPHROAIG(ラフロイグ)『ラフロイグ10年』
出典:Amazon この商品を見るview item

【クチコミ・レビュー】

初めて飲んだときは、クセがやたら強いので一口飲んでちょっと躊躇したけど、飲み慣れてくるとそのクセが良くなるという、そんなお酒です。飲み屋で飲むととても高いです(60代男性)

潮風を感じさせる爽快なピート香

アイラウイスキーらしさとも言える、海藻や潮風を感じさせるフレーバーのあるウイスキーをつくるラフロイグ蒸溜所。そのなかでも人気の高い『シングルモルト10年』は、スモーキーさだけではなく、甘さとまろやかさを堪能できる1本です。

少し塩気を感じる乾いた後味は、好みが大きく分かれるテイストかもしれませんが、アイラウイスキーらしさが存分に味わえます。

蒸留所 ラフロイグ
原材料 大麦 (モルト)
容量 750ml
熟年数 10年
アルコール度数 43度
全てを見る全てを見る

蒸留所 ラフロイグ
原材料 大麦 (モルト)
容量 750ml
熟年数 10年
アルコール度数 43度
全てを見る全てを見る

Ardbeg(アードベッグ)『アードベッグ 10年』

Ardbeg(アードベッグ)『アードベッグ10年』 Ardbeg(アードベッグ)『アードベッグ10年』 Ardbeg(アードベッグ)『アードベッグ10年』 Ardbeg(アードベッグ)『アードベッグ10年』
出典:Amazon この商品を見るview item

【クチコミ・レビュー】

スモーキーな香りと少しピリッとした刺激があって好きです(40代女性)

偉大な蒸溜所が生んだ完全な味わい

スモーキーでかつ柑橘系の香りも含まれ、海から吹く潮風を連想させる香りを持つウイスキーです。かすかながらチョコレートやシナモンのような香りも感じられます

軽い刺激がある飲み口を、あとから追いかける重厚な味はウイスキーアードベッグの伝統そのものです。「ドライフィニッシュ」とよくいわれますが、後口は深みのあるピートの香りに満たされます。箱入りなのでギフトにもいいでしょう。

蒸留所 アードベッグ
原材料 大麦 (モルト)
容量 700ml
熟年数 10年
アルコール度数 46度
全てを見る全てを見る

蒸留所 アードベッグ
原材料 大麦 (モルト)
容量 700ml
熟年数 10年
アルコール度数 46度
全てを見る全てを見る

エキスパートのおすすめ

Lagavulin(ラガヴーリン)『ラガヴーリン 16年』

Lagavulin(ラガヴーリン)『ラガヴーリン16年』 Lagavulin(ラガヴーリン)『ラガヴーリン16年』 Lagavulin(ラガヴーリン)『ラガヴーリン16年』 Lagavulin(ラガヴーリン)『ラガヴーリン16年』 Lagavulin(ラガヴーリン)『ラガヴーリン16年』 Lagavulin(ラガヴーリン)『ラガヴーリン16年』
出典:Amazon この商品を見るview item
日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート:石関 華子

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

強いピート香に、ヨードやウッド、フルーツなどの香味が加わった複雑さも魅力。アイラウイスキーの特徴がよく現れており、アイラファンなら一度は飲んでおきたい1本です。

2回の熟成による力強いピートの香り

ラガヴーリン蒸溜所で生まれた、独自のダブルマチュレーションによって際立った個性を持ったアイラウイスキー。ダブルマチュレーションとは、熟成を2回おこなうという意味です。

ピートの香りはあくまでも力強く、ひと口含むだけでもシェリー感で口のなかが満たされることは間違いないでしょう。アルコール度数も43度と高めなので、休日の楽しみにしたいですね。

蒸留所 ラガヴーリン
原材料 大麦 (モルト)
容量 700ml
熟年数 16年
アルコール度数 43度
全てを見る全てを見る

蒸留所 ラガヴーリン
原材料 大麦 (モルト)
容量 700ml
熟年数 16年
アルコール度数 43度
全てを見る全てを見る

BRUICHLADDICH(ブルイックラディ)『アイラ・バーレイ』

【クチコミ・レビュー】

スコッチウイスキー独特の癖が少なく、スコッチウイスキーが苦手だと言う人にもかなり飲みやすいほうだとと思います(50代男性)

ノンピートで飲みやすくバランス良好

アイラ島の北側に位置するブルイックラディ蒸溜所から生まれたウイスキーです。飲みやすさが特徴で、アイラウイスキービギナーにも向いています

バーレイとは大麦のこと。ネーミングのとおりアイラ島で栽培された大麦だけを使って、ノンピートで製造されています。だからこそ、ピュアでナチュラルかつさわやかな味わいが楽しめるといえるでしょう。

蒸留所 ブルイックラディ
原材料 大麦(モルト)
容量 700ml
熟年数 -
アルコール度数 50度
全てを見る全てを見る

蒸留所 ブルイックラディ
原材料 大麦(モルト)
容量 700ml
熟年数 -
アルコール度数 50度
全てを見る全てを見る

ハンターレイン『スカラバス』

【クチコミ・レビュー】

甘さとスモーキーさが好きですね。お店で飲んで好きになりました(40代女性)

アイラの秘境にちなんだミステリアスなウイスキー

スカラバスは、古ノルド語で「岩の多い場所」という意味で、アイラにある秘境の地名に由来しています。製造している蒸留所と熟成した年数は明かされていないので、どこの蒸留所で作られたものなのか想像を膨らませながら楽しむのもこのウイスキーの醍醐味です。口に含んだときに感じられる温かみのあるレザーの風味と、甘いバニラの風味が特徴です。

蒸留所 不詳
原材料 -
容量 700ml
熟年数 非公開
アルコール度数 46度
全てを見る全てを見る

蒸留所 不詳
原材料 -
容量 700ml
熟年数 非公開
アルコール度数 46度
全てを見る全てを見る

C.S.ジェームス&ソンズ『アイラストーム 700ml 40度』

C.S.ジェームス&ソンズ『アイラストーム700ml40度』 C.S.ジェームス&ソンズ『アイラストーム700ml40度』
出典:Amazon この商品を見るview item

嵐の名の如くパワフルで強烈なアイラストーム



スコットランドに拠点を置くC.S.ジェームス&ソンズ社から販売されているアイラ・ストーム。蒸留所未公表というミステリアスなウイスキーです。アイラモルトの華やかなコクと甘味を感じつつ、重厚でスモーキーな味わいです。ホッグスヘッド樽で熟成されており、ピーティー、スモーキー、潮の香りが感じられます。

蒸留所 不詳
原材料 大麦(モルト)
容量 700ml
熟年数 -
アルコール度数 40%
全てを見る全てを見る

蒸留所 不詳
原材料 大麦(モルト)
容量 700ml
熟年数 -
アルコール度数 40%
全てを見る全てを見る

フィンラガン 『オリジナルピーティー 40度 700ml 』

香りが良くて、ロックでもソーダで割ってもとてもおいしかった(40代女性)

独特な塩辛さとフルーティーな味わいが特徴

ヴィンテージモルト社の少し変わった風味のシングルモルトです。
アイラの蒸留所で製造されているのですが詳細が明らかにされていないので、「秘密のアイラモルト」とも呼ばれています。フィンラガンという名の由来はアイラ島にあった古城の名前です。香りはかなり強めのヨード香とピート香です。味はスモーキーで独特な塩辛さの中にフルーティで華やかな味わいがあります。

蒸留所 不詳
原材料 大麦(モルト)
容量 700ml
熟年数 -
アルコール度数 40度
全てを見る全てを見る

蒸留所 不詳
原材料 大麦(モルト)
容量 700ml
熟年数 -
アルコール度数 40度
全てを見る全てを見る

「アイラウイスキー」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
BOWMORE(ボウモア)『ボウモア 12年』
キルホーマン 『マキヤーベイ』
Bunnahabhain(ブナハーブン)『ブナハーブン 12年』
BRUICHLADDICH(ブルイックラディ)『ポートシャーロット10年』
CAOL ILA(カリラ)『カリラ 12年』
BRUICHLADDICH(ブルイックラディ)『ザ・クラシック・ラディ』
LAPHROAIG(ラフロイグ)『ラフロイグ 10年』
Ardbeg(アードベッグ)『アードベッグ 10年』
Lagavulin(ラガヴーリン)『ラガヴーリン 16年』
BRUICHLADDICH(ブルイックラディ)『アイラ・バーレイ』
 ハンターレイン『スカラバス』
C.S.ジェームス&ソンズ『アイラストーム 700ml 40度』
フィンラガン 『オリジナルピーティー 40度 700ml 』
商品名 BOWMORE(ボウモア)『ボウモア 12年』 キルホーマン 『マキヤーベイ』 Bunnahabhain(ブナハーブン)『ブナハーブン 12年』 BRUICHLADDICH(ブルイックラディ)『ポートシャーロット10年』 CAOL ILA(カリラ)『カリラ 12年』 BRUICHLADDICH(ブルイックラディ)『ザ・クラシック・ラディ』 LAPHROAIG(ラフロイグ)『ラフロイグ 10年』 Ardbeg(アードベッグ)『アードベッグ 10年』 Lagavulin(ラガヴーリン)『ラガヴーリン 16年』 BRUICHLADDICH(ブルイックラディ)『アイラ・バーレイ』 ハンターレイン『スカラバス』 C.S.ジェームス&ソンズ『アイラストーム 700ml 40度』 フィンラガン 『オリジナルピーティー 40度 700ml 』
商品情報
特徴 受賞が裏打ち、シェリー感あるスモーキーな味 【クチコミ・レビュー】 ピートをほぼ炊かないフレッシュな風味 【クチコミ・レビュー】 【クチコミ・レビュー】 ノンピートシングルモルトの個性を飲み干せ 【クチコミ・レビュー】 【クチコミ・レビュー】 2回の熟成による力強いピートの香り 【クチコミ・レビュー】 【クチコミ・レビュー】 嵐の名の如くパワフルで強烈なアイラストーム 独特な塩辛さとフルーティーな味わいが特徴
蒸留所 ボウモア キルホーマン ブナハーブン ブルックラディ蒸留所 カリラ ブルイックラディ ラフロイグ アードベッグ ラガヴーリン ブルイックラディ 不詳 不詳 不詳
原材料 大麦 (モルト) 大麦 (モルト) 大麦 (モルト) 大麦 大麦 (モルト) 大麦 (モルト) 大麦 (モルト) 大麦 (モルト) 大麦 (モルト) 大麦(モルト) - 大麦(モルト) 大麦(モルト)
容量 700ml 700ml 700ml 700ml 700ml 700ml 750ml 700ml 700ml 700ml 700ml 700ml 700ml
熟年数 12年 5年 12年 10年 12年 2年 10年 10年 16年 - 非公開 - -
アルコール度数 40度 46度 47度 50% 43度 50度 43度 46度 43度 50度 46度 40% 40度
商品リンク

※各社通販サイトの 2024年04月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年04月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年4月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年04月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年04月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年04月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年04月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年04月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年04月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年04月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年04月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年04月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年04月10日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする アイラウイスキーの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場でのアイラウイスキーの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:アイラウイスキーランキング
楽天市場:スコッチウイスキーランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

アイラウイスキーの香りの特徴について 臭いと感じる人も

ウイスキー
Pixabayのロゴ
ウイスキー
Pixabayのロゴ

アイラウイスキーは大麦を原料に作られるモルトウイスキーで、ピート(野草や水生植物などが炭化した泥炭)を燃やして大麦を乾燥させるために、強いにおいが特徴でもあります。

煙臭さというだけではなくアイラウイスキー特有の何ともいえない薬品に似たにおいがあります。このにおいはピートの中の海藻に含まれているヨードが原因。他のウイスキーと決定的に違うのはこのピートのにおい。臭いと感じる人も中には居るかもしれませんが、このにおいにハマる人が多いのです。

アイラウイスキーのおいしい飲み方

個性豊かなアイラウイスキーのおすすめの飲み方をご紹介します。度数がとても高いお酒なので、量などは好みで調整してみてくださいね。それでは、みていきましょう。

ハイボール(ソーダ割り)

ハイボール
ペイレスイメージズのロゴ
ハイボール
ペイレスイメージズのロゴ

昨今のハイボールブームにより、ウイスキーといえばこの飲み方が定番化したのではないでしょうか。

まずは、氷をグラスに入れます。その氷の霜をとるために、一度氷を水でさっと洗います。そうしたら、ウイスキーをグラスの3割程度(自分の好みでOK)入れ、強炭酸水をグラスのフチからそそぎます。このとき、炭酸水を目いっぱいそそがないでください。4割程度炭酸水をいれると、アイラウイスキーの個性をこわすことなく、味わうことができるでしょう。

マドラーで氷を一回くるっと回せば完成です。

ロック

オンザロックのウイスキー
ペイレスイメージズのロゴ
オンザロックのウイスキー
ペイレスイメージズのロゴ

バーなどでよく見るのは、グラスに入った丸くてきれいな氷ではないでしょうか。自宅でこの氷を用意することはハードルが高いので、なるべく大きめの氷を準備するようにしましょう。

ウイスキーが氷につかないよう、グラスのフチからそそぎます。その後、マドラーで氷を1回くるっと回せばOkです。最初はアルコール感が強いですが、徐々に氷がとけていき、アイラウイスキーがまろやかな味に変化していくことでしょう。

水割り

ウイスキーのグラス
ペイレスイメージズのロゴ
ウイスキーのグラス
ペイレスイメージズのロゴ

水割りといえば焼酎が有名ですが、ウイスキーでも定番の飲み方。

作り方は、まず冷えたグラスに氷をいれてからアイラウイスキーを注ぎます。冷たい水をいれてマドラーでかき混ぜましょう。水はできればミネラスウォーターを使ってください。

水割りはアイラウイスキーのアルコール度数を調整することで、味をまろやかにします。疲れたときにスッと身体にしみ込んで、料理にもよくあうのでおすすめですよ。

ストレート

ストレートのウイスキー
ペイレスイメージズのロゴ
ストレートのウイスキー
ペイレスイメージズのロゴ

ウイスキーの味が一番わかる飲み方はストレート。

アイラウイスキーのピート感を味わうなら、ストレートがおすすめです。グラスにそそいで、ゆっくりウイスキーを回します。グラスの内側から、ウイスキーならではのワクシーさを目で見ることができます。

まずは鼻でアイラウイスキーの香りを楽しみ、口に含んで味を楽しみます。喉を通って鼻に抜けるとき感じる香りや味わいもまた違ったものを感じることができるでしょう。

しかし、ウイスキーはアルコールが40%以上と非常に高め。飲む際は水をチェイサーとして飲むようにしましょう。

オフィシャルボトルのシングルモルトからがおすすめ

アイラウイスキーの選び方について解説しましたが、いかがでしたか?

ウイスキーといってもシングルモルトやブレンデッド、オフィシャルボトルからボトラーズまで選ぶためのポイントがたくさんあります。アイラウイスキーをまず飲もうとしているなら、オフィシャルボトルのシングルモルトウイスキーを購入することをおすすめします。

まずがオリジナル商品の味を知ることで、より広い味覚でウイスキーを楽しむことができるでしょう。

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button