アウトドア キャンプ用 焚き火台おすすめ21選|定番ブランドや選び方をご紹介!

アウトドア キャンプ用 焚き火台おすすめ21選|定番ブランドや選び方をご紹介!
アウトドアカフェBASE CAMP代表
A-suke

アウトドアをコンセプトにしたカフェ&バー「BASE CAMP」の店主。 雑誌などのアウトドア系メディアで活躍中。幅広いアウトドア経験と知識を持ち、元プロダクトデザイナーという経歴を生かしてコトやモノをプロデュースしている。調理人でもあるので燻製やダッチオーブン料理などにも造詣が深い。

環境保護の観点から、地面に直接火を焚く「直火」を禁止するキャンプ場が増えています。そこで、必需品となってきたのが焚き火台。暖を取る、火を囲んで談笑する、調理するなど多彩に活躍してくれます。そんな焚き火台の選び方とおすすめ商品を、アウトドアカフェBASE CAMPの代表で幅広い経験と知識があるエキスパート、A-sukeさんがご紹介します。


キャンプスタイルに合う焚き火台の選び方とは|A-sukeさんに聞く!

アウトドアカフェBASE CAMP代表、A-sukeさんに焚き火台を選ぶときの大事なポイントを4つ教えてもらいました。購入を検討されている方は、ぜひ参考にしてください。

使用人数に合ったサイズと収納サイズのバランス

アウトドアカフェBASE CAMP代表

まずは大きさが重要です。どんなキャンプシーンで使うのかをしっかり見極めて購入するようにしましょう。キャンプは大きくわけて、3つのパターンに分類されます。ファミリーなどの4人前後のキャンプ、それ以上の人数のグループキャンプ、そしてソロキャンプ。このどれかで選択肢は大きく変わってきます。

また、使用時のサイズだけではなく収納サイズも気にするべきポイントです。家での収納時はもちろん、移動時の車のサイズにも影響します。バイクや徒歩の場合は、あるいは収納サイズの方が重要かもしれません。

キャンプ風景、焚き火のイメージ写真
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

ソロキャンプか、ファミリーか、グループか、参加する人数によって、最適な焚き火台が変わります

重量タイプで剛性重視か、軽量タイプを使い倒すか

アウトドアカフェBASE CAMP代表

意外なほど違いがあるのが重さ。これは使っている素材の厚みによるところが大きいです。素材の厚さが増えると重くはなりますが、剛性が増してガッシリとした造りになるので焚き火台に不安定感がなくなります。また、熱による変形が少ないので、いつまでも買ったときと同じ形で使い続けられるということも大きな利点です。

一方、軽いものは場合によっては華奢でデリケートに扱う必要もあるかもしれません。熱による変形も大きいので、使用には問題ないもののベコベコになっていくこともあります。

スノーピーク(snow peak)『焚火台 M(ST-033R)』

焚き火台のパイオニアにして、長く使える商品としても知られる。

>> Amazonで詳細を見る

折りたたみ式の構造は頑丈さに影響あり

アウトドアカフェBASE CAMP代表

一般的に焚き火台は折りたたみ式ですが、組み立て方がシンプルなものはすぐ使えて頑丈な傾向があり、逆に複雑なものは組み立ての手間はかかるものの、収納サイズが小さくなるものが多いです。

個人的にはデリケートなモノよりも、ガシガシと使っても壊れないシンプルな構造のものが好きですが、これも一長一短あるので自分のスタイルを見極めましょう。また、剛性や形にも影響するので、「使い方」も変わってきます。

焚き火以外に使いたい用途を考えよう

アウトドアカフェBASE CAMP代表

焚き火台は薪を燃やして焚き火だけをするものではありません。BBQグリルとして炭に火をつけて網をのせて肉を焼いたり、ダッチオーブンなど重い鍋などを載せて調理したりすることもできます。

焚き火台と網だけでBBQができるのか、オプションでどんなものが販売されているのか、ダッチオーブンを直で載せられる耐荷重かどうかなど、それぞれの用途にあわせて選ぶことをおすすめします。

ロゴス(LOGOS)『LOGOS the ピラミッドTAKIBI L』

部品数は多くなるが、BBQの強い味方にもなる。機能的価値を考えれば、これを選ぶ選択もあり。

>> Amazonで詳細を見る

ここにも注目! キャンプで役立つ焚き火台を選ぶときのポイント

A-sukeさんが教えてくれたポイント以外にも、注目したいポイントはいくつもあります。ぜひ頭に入れておきましょう。

さまざまな魅力あり! 個性的な機能で選んでみる

1台で多彩な調理が楽しめる

焚き火台でできる調理法は、焼く、煮る、蒸すなど多彩。上記であげたBBQグリルにダッチオーブンはもはや定番で、ほかにもピザが焼けちゃうかまどタイプや、蓋をして全体を蒸し焼きにできるものも登場しています。多機能な1台で思う存分料理を楽しんでみては。

充電ができる焚き火台!?

焚き火台の機能性は年々高まっています。炎の燃焼を電力に変換し、スマホの充電ができる製品も登場して話題を呼びました。停電時の防災道具としても注目です。

燃焼効果が高いと暖を取るのが快適に

急に肌寒くなることもあるのが屋外キャンプ。夏でも夜は暖を取るのに焚き火台は不可欠です。燃焼効果を上げる工夫がされている焚き火台なら、炎がしっかり燃え上がり、体を温める力も高くなります。

焚き火台初心者向け、覚えておきたい日本の老舗ブランド3選

焚き火台という新ジャンルを切り開いたスノーピーク(snow peak)

地表へのダメージを防ぐための焚き火台を提案した元祖のメーカー。1980年代からキャンプ事業をスタートし、現在も熱心なファンを持つ。機能的で頑丈なものづくりがポリシー。アフターケアや修理サービスも充実しています。

炎(Flame)を名前に冠したユニフレーム(UNIFLAME)

1985年に生まれた新潟の企業。日本の風土を考えた製品づくりが特徴です。元はガスを使用した商品を作っていたため、火を扱う製品づくりには一日の長ありです。

キャンプ文化を多角的に展開するロゴス(LOGOS)

1928年に船舶用品店としてスタートし、1980年代からキャンプ事業に参入。テントからアウトドアファッションまで製品展開しています。2018年にはキャンプをコンセプトにしたテーマパーク「LOGOS LAND」も開設しました。

アウトドアキャンプには欠かせないアイテムのウッドストーブ。暖をとったり調理に使用したりと、季節を問わずさまざまな用途に活躍するアウトドア用品です。素材やサイズ、機能などさまざまな種類があり、どれを選べばよいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。ここでは、アウトドアやキャンプのエキス...

A-sukeさんのおすすめ焚き火台8選

ここからはA-sukeさんに、おすすめの焚き火台を8つ紹介してもらいます。それぞれ特徴がありますので、自分にあったものを選んでください。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

スノーピーク(snow peak)『焚火台 M(ST-033R)』

総重量 3.5kg
使用時サイズ 350×350×248mm
収納時サイズ 450×515×32mm
素材 本体/ステンレス、ケース/ナイロン

Thumb lg 99dce706 87cf 491a b56f 984d13675890

アウトドアカフェBASE CAMP代表

迷ったらコレで間違いない

この商品が「焚き火台」というジャンルを世に打ち出した初めての商品であり、そして今も同じデザインのまま売られているという事実。これを聞けば、いかに完成度の高い商品なのかわかるのではないでしょうか。シンプルで剛性も高く、ガンガン使っても10年も20年も同じ姿のまま使い続けられます。

サイズもオプションも充実していてBBQにも対応。サイズは、Sはソロ、Mはファミリー、Lはグループと思えばいいでしょう。個人的にSとLを両方持っていますが、Mをおすすめしますね。しかし、厚みのある材を使っているぶん、かなり重いというのも特徴。特にBBQ用オプションの炭床と焼網を一緒にすると想像よりも重いので覚悟が必要です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ユニフレーム(UNIFLAME)『ファイアグリル(UNI-683040)』

ユニフレーム(UNIFLAME)『ファイアグリル(UNI-683040)』

出典:Amazon

総重量 約2.7kg
使用時サイズ 約430×430×330(網高)mm
収納時サイズ 約380×380×70mm
素材 ステンレス鋼スタンド

Thumb lg 99dce706 87cf 491a b56f 984d13675890

アウトドアカフェBASE CAMP代表

バランスに優れた優等生

複雑すぎない構造で比較的軽い重量、大きな面積、十分な耐荷重と使いやすさを実現した非の打ち所がない優等生。オプションも充実していて比較的買い求めやすい価格なのも、この商品の良さです。材が薄いので、熱変形でロストル(火がよく燃えるようにするための、炭の下にひく「火格子」)はベコベコになりますが、使用するのには問題ないでしょう。むしろ、その使いこんだ感じを楽しめる人向けかもしれませんね。

大きさは2種あり、普通のサイズはファミリーに、グループにはラージをおすすめします。もしくは、普通のサイズを2個買うのもおすすめできます。2つを重ねて収納できるから収納サイズはほとんど変わらないというのは、この商品だけが持つ特徴かもしれません。ひとつの大きな焚き火を囲みたいなら、もちろんラージがおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

コールマン(Coleman)『ファイアーディスクプラス(2000032516)』

コールマン(Coleman)『ファイアーディスクプラス(2000032516)』 コールマン(Coleman)『ファイアーディスクプラス(2000032516)』 コールマン(Coleman)『ファイアーディスクプラス(2000032516)』 コールマン(Coleman)『ファイアーディスクプラス(2000032516)』 コールマン(Coleman)『ファイアーディスクプラス(2000032516)』 コールマン(Coleman)『ファイアーディスクプラス(2000032516)』 コールマン(Coleman)『ファイアーディスクプラス(2000032516)』

出典:Amazon

総重量 約3.2kg
使用時サイズ 約φ600×230(h)mm
収納時サイズ 約φ600×100(h)mm
素材 ステンレス

Thumb lg 99dce706 87cf 491a b56f 984d13675890

アウトドアカフェBASE CAMP代表

極限シンプルを使いこなせ

シンプルなラウンドしたディスクに、折り畳み式の脚が3本付いただけの商品です。脚を引き出すだけで使えるシンプル構造が、十分な収納性と剛性を作り出しています。穴も空いてない緩やかなラウンドが必要最低限の空気を焚き火に送り込む仕組みで、至れり尽くせりとは対照的なワイルドさが魅力的な商品となっています。

ほかの焚き火台は隅々まで洗って使い続けるのは至難の業ですが、この商品はサイズ的に大きいもののとにかく洗うのが楽。収納サイズは厚みがありますが、意外と重量も軽めです。サイズ展開は通常サイズとプラスの2種。ファミリー4人用が通常サイズと思えばいいでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

パーゴワークス(PaaGo WORKS)『ニンジャ ファイアスタンド(NJ-04-SV)』

パーゴワークス(PaaGoWORKS)『ニンジャファイアスタンド(NJ-04-SV)』 パーゴワークス(PaaGoWORKS)『ニンジャファイアスタンド(NJ-04-SV)』 パーゴワークス(PaaGoWORKS)『ニンジャファイアスタンド(NJ-04-SV)』

出典:Amazon

総重量 約280g
使用時サイズ 360 x 360 x 280(h)mm
収納時サイズ 390×直径約60mm
素材 ステンレス

Thumb lg 99dce706 87cf 491a b56f 984d13675890

アウトドアカフェBASE CAMP代表

どこにでも連れていける超軽量焚き火台

バックパッキングなどでも焚き火をしたい人におすすめなのがこのニンジャ ファイアスタンド。構造はシンプルで超小型&超軽量です。それでいて、鍋やケトルを置くことのできる構造は、ほかにはなかなかない商品です。

しかし、ほかの焚き火台と比べると、軽量化と引き換えに剛性をスポイルしています。必要最低限の剛性なのでラフに扱う気にはなりませんし、五徳の上に鍋を置くときも気を遣います。軽量化を優先してこのデリケートさを楽しめる人にこそ使っていただきたい焚き火台です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ロゴス(LOGOS)『LOGOS the ピラミッドTAKIBI L(81064162)』

ロゴス(LOGOS)『LOGOStheピラミッドTAKIBIL(81064162)』 ロゴス(LOGOS)『LOGOStheピラミッドTAKIBIL(81064162)』 ロゴス(LOGOS)『LOGOStheピラミッドTAKIBIL(81064162)』 ロゴス(LOGOS)『LOGOStheピラミッドTAKIBIL(81064162)』

出典:Amazon

総重量 約3.1kg
使用時サイズ 約390×385×280(h)mm
収納時サイズ 約420×265×750(h)mm
素材 ステンレス、スチール、ポリエステル

Thumb lg 99dce706 87cf 491a b56f 984d13675890

アウトドアカフェBASE CAMP代表

かゆいところに手が届くギミック満載焚き火台

ほかの焚き火台と違い、格子状のワクがあるおかげで薪を立てかけて燃やすことができたり、直接ダッチオーブンを載せられたり、串焼きの肉や魚を立てることのできる穴が付いていたり、BBQ網が半分にたためたりとギミックが満載されています。

パーツは少し多いですが、ギミックの割には構造も難しくなく、収納サイズも薄くてなかなかコンパクトです。サイズ展開はM、L、XLと3種類で、Lがファミリー4人用と思えばいいでしょう。オプションも豊富で使いこなす楽しみにあふれている焚き火台です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

モノラル(MONORAL)『ワイヤフレーム(MT-0010)』

モノラル(MONORAL)『ワイヤフレーム(MT-0010)』 モノラル(MONORAL)『ワイヤフレーム(MT-0010)』 モノラル(MONORAL)『ワイヤフレーム(MT-0010)』

出典:楽天市場

総重量 980g
使用時サイズ 360×360×280(h)mm
収納時サイズ φ9×L370mm
素材 特殊耐熱クロス/ステンレス

Thumb lg 99dce706 87cf 491a b56f 984d13675890

アウトドアカフェBASE CAMP代表

元祖! 連れて歩く焚き火台

この焚き火台が出たときの衝撃を未だに覚えています。フルサイズの焚き火台なのに、1Lのペットボトルくらいのサイズに折りたためるなんて、ほかにありませんでした。なにより焚き火をする面が布です。もちろん燃えない特殊な耐熱クロスなのですが、見た目のインパクトも大きかったです。同じような焚き火台はほかになく、オリジナリティにあふれています。

特殊クロスがいつまでも持つわけではないので、ある程度定期的に交換する必要がありますが、ステンレスメッシュに変えることもでますし、五徳を付ければ調理もばっちりできます。五徳は付かないものの、少し小型なワイヤフレームライトも出ています。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

UCO(ユーコ)『ミニフラットパックポータブル グリル&ファイヤーピット(27175)』

UCO(ユーコ)『ミニフラットパックポータブルグリル&ファイヤーピット(27175)』 UCO(ユーコ)『ミニフラットパックポータブルグリル&ファイヤーピット(27175)』 UCO(ユーコ)『ミニフラットパックポータブルグリル&ファイヤーピット(27175)』 UCO(ユーコ)『ミニフラットパックポータブルグリル&ファイヤーピット(27175)』 UCO(ユーコ)『ミニフラットパックポータブルグリル&ファイヤーピット(27175)』 UCO(ユーコ)『ミニフラットパックポータブルグリル&ファイヤーピット(27175)』

出典:Amazon

総重量 1.75kg
使用時サイズ 340×254×285(h)mm
収納時サイズ 375×270×350(h)mm
素材 ステンレス

Thumb lg 99dce706 87cf 491a b56f 984d13675890

アウトドアカフェBASE CAMP代表

中庸なことは素晴らしい

比較的新しくて少しマイナーですが素晴らしい焚き火台です。主にソロの方におすすめですが、ファミリーでもいいかもしれません。フルサイズの薪が載せられるのに「ある程度」軽量でかなり薄く折りたためます。

さらには、ほとんどのパーツが連結されているので、パッと広げるだけで簡単に組み立てられるのも嬉しいところ。小型化しすぎるとパーツが多くなり組み立てが面倒なのですが、この商品はそこを見事に解決しています。

また、ノートPC大に「薄く」収納することで、大きさの割に持ち運びやすいです。車の荷室でもバックパックでも、隙間にスッとしまえます。ソロにしか使わないのであれば、さらに小型なミニもおすすめですね。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

笑's-sho's- 『笑's コンパクト焚き火グリル B-6君(SHO-0004)』

笑's-sho's-『笑'sコンパクト焚き火グリルB-6君(SHO-0004)』

出典:Amazon

総重量 約500g
使用時サイズ 約215×122×165mm
収納時サイズ 約181×122×18mm
素材 0.6mm厚ステンレス

Thumb lg 99dce706 87cf 491a b56f 984d13675890

アウトドアカフェBASE CAMP代表

小粒でもピリリと辛い超絶変形焚き火台

なんといっても収納サイズが小さいのが特徴です。ポケットに入ってしまうほどのサイズですが耐荷重が1kgなので、ダッチオーブンだって載せられます。持ってみるとサイズが小さいので重く感じますが、500g程度なので十分すぎるほど軽量です。

組み上げても結構小型なので、薪を小割にしたり小さめの枝をたくさん燃やしたり少し忙しくはなるものの、変形ロボをいじるようなガジェット感は、ほかの焚き火台にはない楽しさがあります。少し大きめのサイズなら、「B-GO」もいいでしょう。

自分のスタイルを見極めて|A-sukeさんからのアドバイス

大事なのは焚き火を楽しむこと! 迷ったら4人用を

アウトドアカフェBASE CAMP代表

まずは自分のスタイルを見極めましょう。まだ自分のスタイルがわからないという方は、まずは4人用の焚き火台を買ってみると良いと思います。たくさん焚き火をしていれば、そのうち自分のスタイルが見えてくることでしょうし、たとえ違うスタイルで焚き火をしていたとしても、長い時間のなかでまた4人用の焚き火台を使う日も来るはずです。

一番重要なことは、焚き火台を買うことではなく、焚き火をするということです。みなさん、良い焚き火を!

ソロキャンプにもぴったり! コンパクトな焚き火台7選をご紹介

収納時にも幅をとらない便利なコンパクトタイプをご紹介していきます。

ソロストーブ(Solo Stove)『Solo Stove』

ソロストーブ(SoloStove)『SoloStove』 ソロストーブ(SoloStove)『SoloStove』 ソロストーブ(SoloStove)『SoloStove』 ソロストーブ(SoloStove)『SoloStove』 ソロストーブ(SoloStove)『SoloStove』

出典:Amazon

総重量 約255g
使用時サイズ 約φ108×145(h)mm
収納時サイズ 約φ108×100(h)mm
素材 ステンレススチール(SUS304)、ニクロムワイヤー

少ない燃料でも高火力

小枝を集めて燃料にして、特殊な燃焼構造により高い火力を出すことができます。サイズは最小のライト、ライトより一回り大きいタイタン、ファミリー対応可のキャンプファイヤー、最も大きいボンファイヤーの4種類。ほかでは見ない筒型のデザインも個性的です。中は2重壁になっていて、燃焼効率が上がる仕組みとなっています。

ファイヤーボックス(FIREBOX)『 GEN2 ナノストーブ 』

ファイヤーボックス(FIREBOX)『GEN2ナノストーブ』 ファイヤーボックス(FIREBOX)『GEN2ナノストーブ』 ファイヤーボックス(FIREBOX)『GEN2ナノストーブ』 ファイヤーボックス(FIREBOX)『GEN2ナノストーブ』 ファイヤーボックス(FIREBOX)『GEN2ナノストーブ』 ファイヤーボックス(FIREBOX)『GEN2ナノストーブ』 ファイヤーボックス(FIREBOX)『GEN2ナノストーブ』 ファイヤーボックス(FIREBOX)『GEN2ナノストーブ』

出典:Amazon

総重量 113g
使用時サイズ 80×120(高さ)mm
収納時サイズ 6.35mm
素材 チタン

コンパクト収納 + 組み立てもかんたん!

難しい組み立てが必要ないチタン素材の製品です。170gと軽く、持ち運びもストレスフリー。フラットに折りたたむことができるので、収納時も邪魔になりません。アルコールや固定燃料を使って着火できることはもちろん、横の穴から木をくべて燃やすこともできます。

カップなどをあたためるちょっとした焚き火台として重宝しそう。携帯性にすぐれた手軽な逸品です。

ユニフレーム(UNIFLAME)『ネイチャーストーブ』

ユニフレーム(UNIFLAME)『ネイチャーストーブ』 ユニフレーム(UNIFLAME)『ネイチャーストーブ』

出典:Amazon

総重量 約320g
使用時サイズ (約)140×140×160(高さ)mm
収納時サイズ (約)130×130×15(厚さ)mm
素材 ステンレス鋼(メッシュ部のみ耐熱鋼)

調理もできる火力! 収納時の厚さわずか15mm

約14mm四方のコンパクトな焚き火台で、小枝や落ち葉などを入れて燃やします。足がX字で、底面がメッシュなので空気を取り込んでスムーズに火力が高まる構造となっているのがポイント。

上に専用のゴトクを置けば、フライパン調理なども可能です。収納時の厚さはわずか約15mmで、収納ケースに入れて手軽に携帯できます。

バーゴ(VARGO)『ヘキサゴンウッドストーブ』

バーゴ(VARGO)『ヘキサゴンウッドストーブ』 バーゴ(VARGO)『ヘキサゴンウッドストーブ』 バーゴ(VARGO)『ヘキサゴンウッドストーブ』 バーゴ(VARGO)『ヘキサゴンウッドストーブ』

出典:Amazon

総重量 約116g
使用時サイズ 76(上部)×127(底部)×101mm
収納時サイズ -
素材 チタン

アルコールストーブの風防としても使える!

その名のとおり六角形の形をした焚き火台。折りたたみ式で組み立てもかんたんです。コンパクトに折りたためて、収納ケースつきなので持ち運びもラク。落ち葉や枝など燃料として使用できます。

焚き火を楽しめることはもちろん、アルコールストーブの風防にも使用可能。チタン製で軽量なことに加え、見た目もスタイリッシュです。

ソト(SOTO) 『ミニ焚き火台 テトラ(ST-941)』

ソト(SOTO)『ミニ焚き火台テトラ(ST-941)』 ソト(SOTO)『ミニ焚き火台テトラ(ST-941)』 ソト(SOTO)『ミニ焚き火台テトラ(ST-941)』 ソト(SOTO)『ミニ焚き火台テトラ(ST-941)』 ソト(SOTO)『ミニ焚き火台テトラ(ST-941)』

出典:Amazon

総重量 122g
使用時サイズ 88×88×79(h)mm
収納時サイズ 88×80×4(h)mm
素材 ステンレス

お財布が燃え尽きない低コスト焚き火台

もともとキャンプ雑誌の付録だったものが話題を呼び、製品化された商品。収納するとポケットサイズになってしまう、超小型の焚き火台です。価格は1,000円+消費税と驚くほどリーズナブルですが、日本製で精度が高く、安心して使うことができます。小枝などの燃料のほか、ジェル状の固形燃料などを使えばテーブルの上でミニコンロとして使うこともできます。

スイスSTC『ピコグリル398』

スイスSTC『ピコグリル398』 スイスSTC『ピコグリル398』 スイスSTC『ピコグリル398』

出典:Amazon

総重量 442g、(専用袋)47g
使用時サイズ 385×260×245mm
収納時サイズ 335mm×235mm×10mm
素材 ステンレス鋼

シンプルで美しくもパワフル

重量442gとノートPCよりも軽量な焚き火台です。小さくても大きい薪をくべることができ、空気がよく通る構造のおかげで火力は十分。専用のスピット(串形五徳)を火の上に立てれば鍋を置いて調理もできます。ステンレス板を組み合わせただけのような、シンプルなデザインの1台です。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)『ステンレス イージーファイアベース(UG-6)』

キャプテンスタッグ(CAPTAINSTAG)『ステンレスイージーファイアベース(UG-6)』 キャプテンスタッグ(CAPTAINSTAG)『ステンレスイージーファイアベース(UG-6)』 キャプテンスタッグ(CAPTAINSTAG)『ステンレスイージーファイアベース(UG-6)』 キャプテンスタッグ(CAPTAINSTAG)『ステンレスイージーファイアベース(UG-6)』 キャプテンスタッグ(CAPTAINSTAG)『ステンレスイージーファイアベース(UG-6)』

出典:Amazon

総重量 約200g
使用時サイズ (約)最大時外径260×高さ75mm
収納時サイズ (約)外径170×高さ50mm
素材 本体・脚部:ステンレス鋼

脚は脱着式でコンパクト! 長く愛用できる

スライド式に開閉できる、シンプルな焚き火台。脚は脱着式でコンパクトに収納することができます。そのまま焚き火台として使うだけでなく、網の下に設置する炭置きとしても使用可能。地面を炭で汚すことなくバーベキューができて、あと片づけもラクに行なえます。

サビに強いステンレス素材なので、1台あれば長く愛用できるでしょう。

焼き網つき! 料理もできる焚き火台4選をご紹介

焚き火台としても調理台としてもつかえる商品をご紹介していきます。

ロゴス(LOGOS)『LOGOS the KAMADO シリーズ』

ロゴス(LOGOS)『LOGOStheKAMADOシリーズ』 ロゴス(LOGOS)『LOGOStheKAMADOシリーズ』 ロゴス(LOGOS)『LOGOStheKAMADOシリーズ』 ロゴス(LOGOS)『LOGOStheKAMADOシリーズ』 ロゴス(LOGOS)『LOGOStheKAMADOシリーズ』 ロゴス(LOGOS)『LOGOStheKAMADOシリーズ』

出典:Amazon

総重量 約8.5kg
使用時サイズ 約515×510×570(h)mm
収納時サイズ 約485×390×125(h)mm
素材 ステンレス、スチール

鍋もオーブンも同時に! 料理好きにおすすめ

その名の通り、窯とかまどを合体させた、鍋料理とオーブン料理が同時にできる料理向けの焚き火台。BBQグリルや焚き火台としての使用もでき、これ1台でさまざまな使いでがあります。窯を備えた存在感のあるフォルムが目を引きますし、ピザを焼いたり鍋を乗せたりなど、色々な用途にとても楽しく使えることでしょう。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 『カマド スマートグリル B5型(UG-42)』

キャプテンスタッグ(CAPTAINSTAG)『カマドスマートグリルB5型(UG-42)』 キャプテンスタッグ(CAPTAINSTAG)『カマドスマートグリルB5型(UG-42)』 キャプテンスタッグ(CAPTAINSTAG)『カマドスマートグリルB5型(UG-42)』 キャプテンスタッグ(CAPTAINSTAG)『カマドスマートグリルB5型(UG-42)』 キャプテンスタッグ(CAPTAINSTAG)『カマドスマートグリルB5型(UG-42)』 キャプテンスタッグ(CAPTAINSTAG)『カマドスマートグリルB5型(UG-42)』 キャプテンスタッグ(CAPTAINSTAG)『カマドスマートグリルB5型(UG-42)』 キャプテンスタッグ(CAPTAINSTAG)『カマドスマートグリルB5型(UG-42)』 キャプテンスタッグ(CAPTAINSTAG)『カマドスマートグリルB5型(UG-42)』 キャプテンスタッグ(CAPTAINSTAG)『カマドスマートグリルB5型(UG-42)』 キャプテンスタッグ(CAPTAINSTAG)『カマドスマートグリルB5型(UG-42)』 キャプテンスタッグ(CAPTAINSTAG)『カマドスマートグリルB5型(UG-42)』

出典:Amazon

総重量 1.4kg
使用時サイズ 255×180×255mm
収納時サイズ 幅275×奥行185×厚さ45mm(グリルのみ)、幅350×奥行230×厚み45mm(バッグ収納時)
素材 本体・炭受け:ステンレス鋼、ゴトク・アミ・目皿:鉄(クロムめっき)

幅広い料理に対応するミニサイズグリル

網やゴトクがセットになった焚き火台。幅が240mmでソロキャンプにもちょうどいいサイズ感です。バーベキューグリルとして使えるだけでなく、ゴトクの上に調理器具を置いて煮物や焼き物を作ることも可能。

一見すると組み立てが難しそうですが、ネジを用いないので設置もかんたんです。B5サイズに折りたためてコンパクトに収納できます。

ディーオーディー(DOD)『秘密のグリルさん(Q5-574-SL)』

ディーオーディー(DOD)『秘密のグリルさん(Q5-574-SL)』 ディーオーディー(DOD)『秘密のグリルさん(Q5-574-SL)』 ディーオーディー(DOD)『秘密のグリルさん(Q5-574-SL)』 ディーオーディー(DOD)『秘密のグリルさん(Q5-574-SL)』 ディーオーディー(DOD)『秘密のグリルさん(Q5-574-SL)』 ディーオーディー(DOD)『秘密のグリルさん(Q5-574-SL)』 ディーオーディー(DOD)『秘密のグリルさん(Q5-574-SL)』

出典:Amazon

総重量 約2.2kg
使用時サイズ 約470×470×250mm
収納時サイズ 約420×130×75mm
素材 ステンレス

秘密道具みたいに便利

初心者でも組み立て簡単で、コンパクトに収納できるBBQグリル兼、焚き火台です。ソロキャンプからファミリーまで対応可能なちょうどいいサイズで、丸洗いできるなど使いやすさもこだわっています。また複数の網が標準でついてくるので、色々な組み合わせを楽しむことができます。もう一回り小さく、ポケッ卜に入るコンパクトさの「秘密のグリルちゃん」もおすすめ。

バイオライト(BioLite)『ファイヤーピット アウトドア スモークレス』

バイオライト(BioLite)『ファイヤーピットアウトドアスモークレス』 バイオライト(BioLite)『ファイヤーピットアウトドアスモークレス』 バイオライト(BioLite)『ファイヤーピットアウトドアスモークレス』 バイオライト(BioLite)『ファイヤーピットアウトドアスモークレス』 バイオライト(BioLite)『ファイヤーピットアウトドアスモークレス』 バイオライト(BioLite)『ファイヤーピットアウトドアスモークレス』 バイオライト(BioLite)『ファイヤーピットアウトドアスモークレス』

出典:Amazon

総重量 8.98kg
使用時サイズ 330×686×401(h)mm
収納時サイズ 330×686×267(h)mm
素材 耐熱塗装炭素鋼(本体) ステンレス鋼(焼き網、燃料ラック)

性能自慢で炎の見せ方もロマンチック

この焚き火台は、燃料を入れる燃焼室の金網がメッシュ状になっており、薪や木炭が燃える様子が金網越しに見えます。さらに煙を少なくする4段階調整の送風ファンがあり、本体とスマホをBluetoothペアリングすれば、離れたところからでも片手で操作できるのが特徴です。燃料ラックの高さも調整可能なので、薪も木炭も使えるという優れもの。また、充電機能も持ち、多機能性も持ち合わせた焚き火台です。

焚き火を囲んで語りあおう! 焚き火台テーブル2選をご紹介

焚き火を囲みながらみんなで語り合うのもアウトドアの醍醐味。ここでは設置がカンタンかつ収納しやすい焚き火台テーブルをご紹介してます。

コールマン(Coleman) 『ファイアープレーステーブル』

コールマン(Coleman)『ファイアープレーステーブル』 コールマン(Coleman)『ファイアープレーステーブル』 コールマン(Coleman)『ファイアープレーステーブル』

出典:Amazon

総重量 約6kg
使用時サイズ (約)1000×1000×高さ270mm
収納時サイズ (約)1000×170×高さ110mm
素材 ステンレス、他

オールステンレス製だからさびに強い!

お皿やコップを置くのにちょうどいい、四角い形のローテーブル。焚き火台を囲んで暖を取ったり、バーベキューテーブルとして使うのに活躍しそうです。

サビに強いオールステンレス製なので、長年に渡って愛用できるでしょう。収納ケースつきで持ち運びや収納もラク。重量も約6kgと、そこまで大荷物にならないのもうれしいポイントです。

ロゴス(LOGOS)『囲炉裏テーブルLIGHT-XL』

ロゴス(LOGOS)『囲炉裏テーブルLIGHT-XL』 ロゴス(LOGOS)『囲炉裏テーブルLIGHT-XL』 ロゴス(LOGOS)『囲炉裏テーブルLIGHT-XL』 ロゴス(LOGOS)『囲炉裏テーブルLIGHT-XL』 ロゴス(LOGOS)『囲炉裏テーブルLIGHT-XL』 ロゴス(LOGOS)『囲炉裏テーブルLIGHT-XL』 ロゴス(LOGOS)『囲炉裏テーブルLIGHT-XL』 ロゴス(LOGOS)『囲炉裏テーブルLIGHT-XL』

出典:Amazon

総重量 (約)7.1kg
使用時サイズ (約)920×920×270mm
収納時サイズ (約)920×130×160mm
素材 スチール

1分で組み立てや収納が可能!車にも積みやすいI型

約92cm四方の焚き火台用テーブルです。中央に焚き火台を設置すれば、囲炉裏(いろり)のようなスタイルでキャンプやバーベキューを楽しむことが可能。食器やコップなどの置き場所として活躍するでしょう。

組み立てや収納にかかる時間はおよそ1分でとてもかんたん。コンパクトに収納できて、キャリーバッグつきなので携帯性にもすぐれています。

「キャンプ用焚き火台」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
スノーピーク(snow peak)『焚火台 M(ST-033R)』
ユニフレーム(UNIFLAME)『ファイアグリル(UNI-683040)』
コールマン(Coleman)『ファイアーディスクプラス(2000032516)』
パーゴワークス(PaaGo WORKS)『ニンジャ ファイアスタンド(NJ-04-SV)』
ロゴス(LOGOS)『LOGOS the ピラミッドTAKIBI L(81064162)』
モノラル(MONORAL)『ワイヤフレーム(MT-0010)』
UCO(ユーコ)『ミニフラットパックポータブル グリル&ファイヤーピット(27175)』
笑's-sho's- 『笑's コンパクト焚き火グリル B-6君(SHO-0004)』
ソロストーブ(Solo Stove)『Solo Stove』
ファイヤーボックス(FIREBOX)『 GEN2 ナノストーブ 』
ユニフレーム(UNIFLAME)『ネイチャーストーブ』
バーゴ(VARGO)『ヘキサゴンウッドストーブ』
ソト(SOTO) 『ミニ焚き火台 テトラ(ST-941)』
スイスSTC『ピコグリル398』
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)『ステンレス イージーファイアベース(UG-6)』
ロゴス(LOGOS)『LOGOS the KAMADO シリーズ』
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 『カマド スマートグリル B5型(UG-42)』
ディーオーディー(DOD)『秘密のグリルさん(Q5-574-SL)』
バイオライト(BioLite)『ファイヤーピット アウトドア スモークレス』
コールマン(Coleman) 『ファイアープレーステーブル』
ロゴス(LOGOS)『囲炉裏テーブルLIGHT-XL』
商品名 スノーピーク(snow peak)『焚火台 M(ST-033R)』 ユニフレーム(UNIFLAME)『ファイアグリル(UNI-683040)』 コールマン(Coleman)『ファイアーディスクプラス(2000032516)』 パーゴワークス(PaaGo WORKS)『ニンジャ ファイアスタンド(NJ-04-SV)』 ロゴス(LOGOS)『LOGOS the ピラミッドTAKIBI L(81064162)』 モノラル(MONORAL)『ワイヤフレーム(MT-0010)』 UCO(ユーコ)『ミニフラットパックポータブル グリル&ファイヤーピット(27175)』 笑's-sho's- 『笑's コンパクト焚き火グリル B-6君(SHO-0004)』 ソロストーブ(Solo Stove)『Solo Stove』 ファイヤーボックス(FIREBOX)『 GEN2 ナノストーブ 』 ユニフレーム(UNIFLAME)『ネイチャーストーブ』 バーゴ(VARGO)『ヘキサゴンウッドストーブ』 ソト(SOTO) 『ミニ焚き火台 テトラ(ST-941)』 スイスSTC『ピコグリル398』 キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)『ステンレス イージーファイアベース(UG-6)』 ロゴス(LOGOS)『LOGOS the KAMADO シリーズ』 キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 『カマド スマートグリル B5型(UG-42)』 ディーオーディー(DOD)『秘密のグリルさん(Q5-574-SL)』 バイオライト(BioLite)『ファイヤーピット アウトドア スモークレス』 コールマン(Coleman) 『ファイアープレーステーブル』 ロゴス(LOGOS)『囲炉裏テーブルLIGHT-XL』
商品情報
特徴 迷ったらコレで間違いない バランスに優れた優等生 極限シンプルを使いこなせ どこにでも連れていける超軽量焚き火台 かゆいところに手が届くギミック満載焚き火台 元祖! 連れて歩く焚き火台 中庸なことは素晴らしい 小粒でもピリリと辛い超絶変形焚き火台 少ない燃料でも高火力 コンパクト収納 + 組み立てもかんたん! 調理もできる火力! 収納時の厚さわずか15mm アルコールストーブの風防としても使える! お財布が燃え尽きない低コスト焚き火台 シンプルで美しくもパワフル 脚は脱着式でコンパクト! 長く愛用できる 鍋もオーブンも同時に! 料理好きにおすすめ 幅広い料理に対応するミニサイズグリル 秘密道具みたいに便利 性能自慢で炎の見せ方もロマンチック オールステンレス製だからさびに強い! 1分で組み立てや収納が可能!車にも積みやすいI型
総重量 3.5kg 約2.7kg 約3.2kg 約280g 約3.1kg 980g 1.75kg 約500g 約255g 113g 約320g 約116g 122g 442g、(専用袋)47g 約200g 約8.5kg 1.4kg 約2.2kg 8.98kg 約6kg (約)7.1kg
使用時サイズ 350×350×248mm 約430×430×330(網高)mm 約φ600×230(h)mm 360 x 360 x 280(h)mm 約390×385×280(h)mm 360×360×280(h)mm 340×254×285(h)mm 約215×122×165mm 約φ108×145(h)mm 80×120(高さ)mm (約)140×140×160(高さ)mm 76(上部)×127(底部)×101mm 88×88×79(h)mm 385×260×245mm (約)最大時外径260×高さ75mm 約515×510×570(h)mm 255×180×255mm 約470×470×250mm 330×686×401(h)mm (約)1000×1000×高さ270mm (約)920×920×270mm
収納時サイズ 450×515×32mm 約380×380×70mm 約φ600×100(h)mm 390×直径約60mm 約420×265×750(h)mm φ9×L370mm 375×270×350(h)mm 約181×122×18mm 約φ108×100(h)mm 6.35mm (約)130×130×15(厚さ)mm - 88×80×4(h)mm 335mm×235mm×10mm (約)外径170×高さ50mm 約485×390×125(h)mm 幅275×奥行185×厚さ45mm(グリルのみ)、幅350×奥行230×厚み45mm(バッグ収納時) 約420×130×75mm 330×686×267(h)mm (約)1000×170×高さ110mm (約)920×130×160mm
素材 本体/ステンレス、ケース/ナイロン ステンレス鋼スタンド ステンレス ステンレス ステンレス、スチール、ポリエステル 特殊耐熱クロス/ステンレス ステンレス 0.6mm厚ステンレス ステンレススチール(SUS304)、ニクロムワイヤー チタン ステンレス鋼(メッシュ部のみ耐熱鋼) チタン ステンレス ステンレス鋼 本体・脚部:ステンレス鋼 ステンレス、スチール 本体・炭受け:ステンレス鋼、ゴトク・アミ・目皿:鉄(クロムめっき) ステンレス 耐熱塗装炭素鋼(本体) ステンレス鋼(焼き網、燃料ラック) ステンレス、他 スチール
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年10月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年10月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年10月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年10月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年10月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年10月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年10月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年10月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年10月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年10月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年10月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年10月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年10月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年10月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年10月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年10月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年10月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年10月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年10月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年10月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年10月15日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 焚き火台の売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでの焚き火台の売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:アウトドア用バーベキューコンロ・焚き火台ランキング
楽天市場:焚き火台ランキング
Yahoo!ショッピング:焚き火台ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【関連記事】そのほかのアウトドアのおすすめ商品はこちら

山や海などのキャンプで必要になるアウトドアテーブル。食事をとるときや、友達や家族などとくつろぐのにも便利ですよね。素材や大きさ、組み立て方など種類はさまざま。チェアを使う場合は座ったときに脚がぶつからない高さかどうかなども重要なポイントになります。そこで、アウトドア&旅ライターの大森弘恵さんに...

キャンプでの食事や休憩で活躍するアウトドアチェア。ゆったり座って自然を満喫できる、キャンプでは必携のアイテムです。しかし、いざ購入しようと思っても、材質や座面の高さ、折りたたみタイプかどうかなど、気にするポイントが多く、何を基準に選べばいいか迷う方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回...

キャンプでは、薪を使ってバーベキューや焚き火などさまざまなことが楽しめます。しかし、いろいろなことを楽しみたいとはいえ、荷物の量は増やしたくないですね。そんなときは、1台で複数の用途に使える多用途グリルがあると便利です。ただし、少しずつ特徴の異なる多用途グリルがたくさん発売されているため、どん...

キャンプ経験者から絶大な人気を誇るワンポールテント。かわいらしい三角形のフォルムと手軽さが人気のテントですが、メーカーごとに機能や特徴が違うので、テント初心者は、どれを買うべきか迷ってしまうこともあるのではないでしょうか?そこで今回は、アウトドア&旅ライターで編集者でもある大森弘恵さんへの取材...

焚き火台を楽しむために覚えておきたいチェックポイント

火起こしが楽になるアイテムを活用しよう

着火剤やバーナーなどを使って火起こしをしますが、ここは初心者がつまずくポイント。着火材とはいえ、初心者にとってはそう簡単に火をつけられるものではありません。そんなときに役立つのが火起こし器です。火起こし器を使うことで「煙突効果」により効率的に火を起こすことができます。薪が湿っていたり、炭がなかなか燃えなかったりするときにも役立ちます。火起こしでつまずかないことが、焚き火をストレスなく楽しむことにもつながります。

アルミホイルを使って、後片付けも効率的に

焚き火の際に焚き火台の内側にアルミホイルを敷いておくことにより、終わったあとにアルミホイルで炭を包めばススなどを落とすこともなく、安全に炭を処理する事ができます。また、アルミホイルが焚き火台の内側を保護してくれることにもなるので、焚き火台の寿命の伸びにつながります。

環境マナーへの意識を忘れずに

焚き火台を使うときは、まわりに燃えやすいものがないかどうか注意すること。焚き火台を使い終わった後の片付けの際、水消火では炭の中の芯まで消火できないことがありますし、焚き火台の内側もススと水でドロドロになってしまいます。そのため、炭は水消火をするよりも火消し壷に入れ、空気を遮断して消すのがベター。水消火よりも周囲を汚さず、まだ使えそうな炭は再利用することもできてエコです。

焚き火台について8つのポイントをおさらい

1)使用人数に合ったサイズを選ぶ
2)迷ったら4人用を購入すると良い
3)オフシーズン時の収納サイズも考慮する
4)素材が厚いと重くなるが、安定感がでて熱による変形も少ない
5)軽いものは熱による変形も大きいので注意
6)組み立て方が簡単なものはすぐ使えて頑丈
7)組み立て方が複雑なものは小さく収納できる
8)焚き火以外に使いたい用途を考えて購入する

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/10/29 コンテンツ追加のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 横尾忠徳)
※2020/04/22 タイトル変更のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 水貝英斗)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


火起こし送風機おすすめ8選|初心者でもかんたんに火を起こせる【電動・手動も】

火起こし送風機おすすめ8選|初心者でもかんたんに火を起こせる【電動・手動も】

キャンプやバーベキューで炭を使って火を起こすとき、うちわであおいでいると時間がかかりますが、火起こし送風機を使えば、効率よく炭に風を送り、かんたんに火を起こすとができます。この記事では、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだ、電動式と手動式それぞれのおすすめ商品をご紹介します。効率よく火を起こして、バーベキューやたき火を快適に楽しみましょう!


ジェットボイルおすすめ5選|出力最大級! シングルバーナーモデルもご紹介

ジェットボイルおすすめ5選|出力最大級! シングルバーナーモデルもご紹介

テント泊をともなう登山はもちろん、最近多くのファンがいる最小限の装備で旅する「ウルトラライトハイク」などでは、少しでも装備重量を減らしたいもの。テント泊では食料や燃料も持参しなければならないので、そのあたりも軽量化を図りたいものです。そんなとき注目なのが、少ない燃料で効率的にお湯を沸かしたり調理できる『ジェットボイル』というアウトドア用バーナーです。そんなジェットボイルの選び方のコツとおすすめ商品を、キャンプライターの中山一弘さんに伺ってみましたので、ご紹介します。


【着火剤おすすめ5選】山岳写真家に取材|コスパ良好な商品や低臭タイプなども紹介

【着火剤おすすめ5選】山岳写真家に取材|コスパ良好な商品や低臭タイプなども紹介

焚火に欠かせない、火おこしを簡単にする着火剤。ロゴス、キャプテンスタッグなどから、形状や効果時間、さまざまな着火剤が発売されていますが、自分の使用目的にはどの商品が最適か、迷ってしまうのではないでしょうか。そこで数多くの山でキャンプを経験された山岳写真家・荒井祐介さんへの取材をもとに、おすすめの着火剤をご紹介します。この記事を読んで、タイプ別のメリット・デメリットを理解し自分にあった着火剤を選んでみてください。


バーベキュー用の炭おすすめ5選|備長炭やオガ炭、黒炭・白炭・成形炭の違いを解説

バーベキュー用の炭おすすめ5選|備長炭やオガ炭、黒炭・白炭・成形炭の違いを解説

アウトドアでの楽しみといえば、みんなでワイワイ盛り上がるバーベキューだという方も多いでしょう。バーベキューで活躍する燃料といえば炭ですが、黒炭、白炭、成型炭など、種類も使い方もさまざまなタイプのものが販売されています。そのため、どんなものを選べばいいのか悩んでしまいますね。本記事では、キャンプライターの中山一弘さんへの取材をもとに、バーベキュー用炭の選び方とおすすめ商品5選をご紹介します。一般的に使うことの多い、入手しやすいものを中心に選んでいただきましたので、ぜひ参考にしてきてください。


ソロキャンプ道具おすすめ9選|最低限揃えておきたいアイテム!

ソロキャンプ道具おすすめ9選|最低限揃えておきたいアイテム!

アウトドアライターが選ぶソロキャンプ道具9選をご紹介します。大自然をひとり占めできる贅沢さが魅力のソロキャンプですが、道具が充実していれば、より、ひとりだけの醍醐味を満喫することができます。この記事では、アウトドアライターの夏野 栄さんに、ソロキャンプに役立つ道具の選び方と、おすすめの商品を教えてもらいました。自分に合った道具を選んで、ワンランク上のソロキャンプを楽しんでください。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてくださいね。


新着記事


パタゴニアのマウンテンパーカーおすすめ12選|機能・防水性・素材で選ぶ

パタゴニアのマウンテンパーカーおすすめ12選|機能・防水性・素材で選ぶ

パタゴニアは環境保護に注力しているブランドで、リサイクルできる素材やフェアトレードの縫製によるアイテムを数多く展開しています。本記事では、独自素材「H2No」で知られるパタゴニアのマウンテンパーカーの選び方に加え、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだおすすめ12選をご紹介。後半では洗濯方法についても解説します。


メンズ脱毛のおすすめ商品13選|自宅で簡単! 除毛クリーム、脱毛ワックスなど

メンズ脱毛のおすすめ商品13選|自宅で簡単! 除毛クリーム、脱毛ワックスなど

肌の露出が多い夏は、メンズもムダ毛の処理が気になりますね。この記事ではムダ毛脱毛&処理方法の紹介と、自宅で簡単にできるムダ毛ケアの商品を除毛クリームを中心にご紹介します。美容ライター増村ゆかりさんのおすすめ商品ランキングも必見。メンズだって、目指せつるつるすべすべ肌!


【プロ厳選ランキング】ミネラルコンシーラーおすすめ11選|敏感肌の方でも使える、石鹸で落とせるタイプも!

【プロ厳選ランキング】ミネラルコンシーラーおすすめ11選|敏感肌の方でも使える、石鹸で落とせるタイプも!

ミネラルコンシーラーはお肌への負担が少なく、気になるポイントをカバーすることができます記事の後半では、通販サイトの人気売れ筋ランキングやミネラルコンシーラーの上手な使い方も掲載しているので、ぜひチェックして、あなたにぴったりのミネラルコンシーラーをみつけてください!。この記事ではコスメコンシェルジュの中島葉月さんと編集部が選んだ、おすすめの11商品を厳選しました。


映画サントラのおすすめ52選|洋画・邦画から感動の名曲をおとどけ!

映画サントラのおすすめ52選|洋画・邦画から感動の名曲をおとどけ!

映画を盛り上げるのに欠かせないサウンドトラック。誰もが知るアーティストが参加したものや壮大なオーケストラ、登場人物の心情を表現する優しいピアノの旋律まで、内容はさまざま。この記事ではピアノ講師・元大手楽器メーカー勤務の山野辺祥子さんと編集部が選んだおすすめ映画サントラ52選をご紹介します。


靴擦れ防止グッズおすすめ11選|かかとやつま先用など部位に応じて選ぶ!

靴擦れ防止グッズおすすめ11選|かかとやつま先用など部位に応じて選ぶ!

靴擦れ防止グッズは、新品の靴を履いたときやいつもよりたくさん歩いたときなどに、足が擦れて感じる痛みを緩和してくれるアイテムです。本記事では、足と靴のカウンセラーの青山まりさんと編集部が、選び方のポイントとおすすめ商品をご紹介します。用途に合ったものを選んでみてください。


アウトドア・キャンプの人気記事


>>もっと見る