【トライポッド】の選び方&おすすめ15選|アウトドアライターと編集部が商品を厳選!

【トライポッド】の選び方&おすすめ15選|アウトドアライターと編集部が商品を厳選!
アウトドア&旅ライター・編集者
大森 弘恵

オートキャンプ雑誌、アウトドア雑誌の編集部を経て、フリーランスに。 現在はアウトドア(おもにキャンプとウインターアクティビティ、野外料理)、旅をテーマに雑誌やWEBマガジンで活動。 趣味は30年ほど前からはじめた国内外でのオフロード・ツーリング&キャンプ。最近、ハンモック泊の心地よさに感激。

アウトドア&旅ライターが選ぶトライポッド15選をご紹介します。たき火の上で鍋やケトルを吊るす役割の三脚、トライポッド。料理の際にたき火の火力調整ができますし、なんといっても安定した調理場の設営ができるので、たき火まわりがグッとグレードアップします。キャプテンスタッグ、コールマン、ロゴスなどのアウトドアメーカーから、よい商品がたくさん発売されていますが、自分にとって最適なのがどれかというと、なかなか判断がつかないものです。そこで、アウトドア&旅ライターの大森弘恵さんにお話をうかがい、トライポッドの選び方とおすすめの商品をご紹介いたします。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


トライポッドの選び方 アウトドアライターが解説!

アウトドアライターの大森弘恵さんに、トライポッドを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。

焚き火でトライポッドを使用して鍋を煮る
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

たき火まわりがグッとグレードアップし、安定した調理場が確保できるトライポッド。

使いたい鍋+食材の重量を知ろう

アウトドア&旅ライター・編集者

トライッポッドを使う目的は、焚き火での調理時の鍋の安定性のためしょう。トライポッドには、それぞれ静止耐荷重が記されています。

たとえば、10インチのダッチオーブンは、容量約5L。食材をいれると、総重量は12〜15kg程度になります。静止耐荷重は文字通り、鍋などをトライポッドの頂点より静かに吊るした状態で耐えられる重さのこと。

そう考えると、10インチのダッチオーブンを使うなら耐荷重は20kgあると安心です。

一部、トライポッドの脚に網などを取りつけられるものがあります。この場合は吊るすときの静止耐荷重とは異なるので、カタログを確認してください。

チェーンの長さ調整をしやすいものがベスト

アウトドア&旅ライター・編集者

トライポッドのチェーンの多くは両端がS字フックになっていて、片側のフックを鍋に、反対側のフックをチェーンの輪に引っかけて長さを調整します。

薪や炭の状態だけではなく、熱源からの距離によって火力を調整できるのがトライポッドの魅力ですが、このS字フック状のチェーンの調整は結構、面倒です。ピンや金具などストッパーを使って簡単に調整できる製品がベターです。

少しでも軽くしたいなら3本脚

アウトドア&旅ライター・編集者

トライ(トライアングル)ポッドと言いますが、現在は3本脚だけでなく4本脚タイプもあります。

3本脚タイプは、4本脚タイプとくらべて脚の数が1本少ないので、その分、軽量化に役立ちますし、焚き火台まわりがスッキリします。一方、4本脚タイプは脚の数が増えるので安定感が高まります。

ただし、いずれのタイプでも脚がじゃまに思えることはあります。その場合は、焚き火台を囲う焚き火テーブルと併用すれば、トライポッドの脚を蹴飛ばす不安を軽減できます。

トライポッドおすすめ商品8選 アウトドアライターがセレクト!

ここまで紹介したトライポッドの選び方のポイントをふまえて、大森弘恵さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。

キャンプでトライポッドを使用した焚き火
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

ピンや金具などストッパーを使ってチェーンの長さが調整しやすいものがベスト。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)『CSブラックラベル 焚火 三脚(UG-9)』

CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)『CSブラックラベル焚火三脚(UG-9)』 CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)『CSブラックラベル焚火三脚(UG-9)』 CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)『CSブラックラベル焚火三脚(UG-9)』 CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)『CSブラックラベル焚火三脚(UG-9)』 CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)『CSブラックラベル焚火三脚(UG-9)』 CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)『CSブラックラベル焚火三脚(UG-9)』 CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)『CSブラックラベル焚火三脚(UG-9)』 CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)『CSブラックラベル焚火三脚(UG-9)』 CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)『CSブラックラベル焚火三脚(UG-9)』

出典:Amazon

使用時サイズ 幅70.0×奥行60.0×高さ143.5cm
収納時サイズ 幅15×奥行6×高さ28cm
重量 2.4kg
材質 脚部・固定金具・ストッパー:鉄(焼付塗装)、チェーン:鉄(亜鉛メッキ)
耐荷重 20kg
付属品 チェーン、キャップ、収納バッグ

Thumb lg d2773db1 52e6 43a2 b3f0 a6660de68ebb

アウトドア&旅ライター・編集者

元祖! 日本初のトライポッド

日本ではじめてキャンプ用焚き火三脚を作ったのがキャプテンスタッグ。

オリジナルは鉄にクロムメッキを施していますが、こちらは人気のブラック焼きつけ塗装でキャンプサイトをピリッと引き締めます。

脚はジョイントされている上部と下部の2分割で、持ち運び・組み立てはカンタンですし耐荷重は20kgなので気軽にダッチオーブン料理を楽しみたい人向けのトライポッドとなっています。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Coleman(コールマン)『ファイアープレイススタンド(2000021888)』

Coleman(コールマン)『ファイアープレイススタンド(2000021888)』 Coleman(コールマン)『ファイアープレイススタンド(2000021888)』 Coleman(コールマン)『ファイアープレイススタンド(2000021888)』 Coleman(コールマン)『ファイアープレイススタンド(2000021888)』

出典:Amazon

使用時サイズ 幅78×奥行78×高さ140cm
収納時サイズ 幅13×奥行13×高さ58cm
重量 約3.2kg
材質 スチール
耐荷重 約20kg
付属品 チェーン、ぺグ、収納ケース

Thumb lg d2773db1 52e6 43a2 b3f0 a6660de68ebb

アウトドア&旅ライター・編集者

チェーン調整や安全対策など細部まで配慮

4本脚のトライポッドは安定感良好ですし、脚の先端にはピンペグで固定できるホールつきですので安心感アップ。子どもと焚き火をしたいファミリーにありがたい設計となっています。

鍋を吊るすチェーンは、反対側がストッパー用の金具がついています。自在金具と同じで、鍋を吊るすと重みで金具のエッジがスタンドにくい込むという仕組みのため、焚き火の勢いがよくても、チェーンの長さ調整=火力調整がラクにできます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

LOGOS(ロゴス)『アイアンクワトロハイポッド(No.81064135)』

LOGOS(ロゴス)『アイアンクワトロハイポッド(No.81064135)』 LOGOS(ロゴス)『アイアンクワトロハイポッド(No.81064135)』 LOGOS(ロゴス)『アイアンクワトロハイポッド(No.81064135)』 LOGOS(ロゴス)『アイアンクワトロハイポッド(No.81064135)』 LOGOS(ロゴス)『アイアンクワトロハイポッド(No.81064135)』 LOGOS(ロゴス)『アイアンクワトロハイポッド(No.81064135)』 LOGOS(ロゴス)『アイアンクワトロハイポッド(No.81064135)』 LOGOS(ロゴス)『アイアンクワトロハイポッド(No.81064135)』 LOGOS(ロゴス)『アイアンクワトロハイポッド(No.81064135)』 LOGOS(ロゴス)『アイアンクワトロハイポッド(No.81064135)』 LOGOS(ロゴス)『アイアンクワトロハイポッド(No.81064135)』 LOGOS(ロゴス)『アイアンクワトロハイポッド(No.81064135)』 LOGOS(ロゴス)『アイアンクワトロハイポッド(No.81064135)』 LOGOS(ロゴス)『アイアンクワトロハイポッド(No.81064135)』 LOGOS(ロゴス)『アイアンクワトロハイポッド(No.81064135)』

出典:Amazon

使用時サイズ 約幅98×奥行98×高さ175cm
収納時サイズ 約幅53.5×奥行16.5×高さ10.0cm
重量 約5.2kg
材質 スチール
耐荷重 約100kg
付属品 チェーン、収納バッグ

Thumb lg d2773db1 52e6 43a2 b3f0 a6660de68ebb

アウトドア&旅ライター・編集者

ハイポジション派待望のスタンド

ロゴスは調理が楽なハイポジションのテーブルや焚き火台をラインアップしていますが、待望のハイポジトライポッドが誕生しました。

焚き火での調理でいちいちしゃがむことなく立ったまま作業しやすいので、ツーバーナーでの料理と焚き火料理を並行していくつも調理を進行したい人は特に便利な機能です。

使用時の高さは175cmですが、4分割でコンパクトに持ち運べますし、1本抜けば通常のトライポッドと同じ高さになります。

特筆すべきは静止耐荷重。スチール製で、分割式でありながら約100kgとなっています。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

CAMP MANIA PRODUCTS(キャンプマニアプロダクツ)『BONFIRE COOKING STAND(ボンファイヤークッキングスタンド) L』

CAMPMANIAPRODUCTS(キャンプマニアプロダクツ)『BONFIRECOOKINGSTAND(ボンファイヤークッキングスタンド)L』

出典:camp-mania.com

使用時サイズ -
収納時サイズ ポール:112cm(2本)、ハンドルバー:112cm、フック:①18.5cm ②28.5cm ③50cm(チェーン)
重量 約5.7kg
材質
耐荷重 -
付属品 ポール、ハンドルバー、フック(チェーン式フック×1、S字型フック×2)

Thumb lg d2773db1 52e6 43a2 b3f0 a6660de68ebb

アウトドア&旅ライター・編集者

ファイヤーハンガーにもなる二刀流

2本のポールを地面に刺してバーを渡せばファイヤーハンガー、ポールとバーを組み替えるとトライポッドになる可変タイプです。

トライポッドとして使うには、チェーンを巻き付け、U型ペグで地面に固定する必要がありますが、大きめの焚き火台や2台並べるようなときにはハンガー、小さく焚き火を楽しむときにはトライポッドと2タイプで使えるのはお得な気分になります。

大小いろいろなサイズの焚き火台を持っていて、シーンに合わせて使い分けているような人にありがたい設計です。ハンガーのときには、ハンドルを回すと鍋を吊したチェーンを巻き上げられるのもおもしろいですね。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

LODGE(ロッジ)『トライポッド 3TP2』

LODGE(ロッジ)『トライポッド3TP2』 LODGE(ロッジ)『トライポッド3TP2』 LODGE(ロッジ)『トライポッド3TP2』 LODGE(ロッジ)『トライポッド3TP2』

出典:Amazon

使用時サイズ 高さ110cm
収納時サイズ -
重量 約3.7kg
材質
耐荷重 -
付属品 チェーン

Thumb lg d2773db1 52e6 43a2 b3f0 a6660de68ebb

アウトドア&旅ライター・編集者

重量級ダッチオーブンをしっかり支える

120年以上、キャストアイアン調理器具を手がけているロッジですから、当然、トライポッドも重いダッチオーブンに対応します。

このトライポッドは分割なしで、広げるだけで準備完了。分割式のようにジョイント部分でぐらつく不安はないので大型ダッチオーブンを使いたい人向きのトライポッドとなっています。

脚を3分割にできる『アジャスタブルトライポッド』もラインアップされていますが、『トライポッド(3TP2)』より重くなるので収納時の長さに問題がないなら本商品の方が扱いやすいでしょう。

ソロやバイクキャンプだけれどタフなものがほしいならアジャスタブルを選択し、場合によっては1本節を抜いて使うという方法もあります。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

solo stove(ソロストーブ )『トライポッド』

solostove(ソロストーブ)『トライポッド』 solostove(ソロストーブ)『トライポッド』 solostove(ソロストーブ)『トライポッド』 solostove(ソロストーブ)『トライポッド』 solostove(ソロストーブ)『トライポッド』 solostove(ソロストーブ)『トライポッド』

出典:Amazon

使用時サイズ 高さ110cm
収納時サイズ -
重量 約0.538kg
材質 アルミニウム
耐荷重 -
付属品 収納袋

Thumb lg d2773db1 52e6 43a2 b3f0 a6660de68ebb

アウトドア&旅ライター・編集者

ねじ込み式のジョイントで信頼度が高い


4分割式のアルミ製トライポッドで、3節でも使えます。ジョイント部は差し込むだけではなく、しっかりねじこむので非常に軽量ですが頼りになります。

静止耐荷重は公表されておらず、同社対応クッカーは約354g・1.8Lとなっています。5Lのファミリー用鍋ではなく中〜小型の鍋を吊すことを想定しているためソロやカップル向きです。

チェーンの長さは、上部から抜き出したチェーンにピンを通すので、比較的調節が簡単です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

MURACO(ムラコ)『AFRICAN EAGLE(I001)』

MURACO(ムラコ)『AFRICANEAGLE(I001)』 MURACO(ムラコ)『AFRICANEAGLE(I001)』 MURACO(ムラコ)『AFRICANEAGLE(I001)』

出典:楽天市場

使用時サイズ 幅65×奥行65×高さ120cm
収納時サイズ 幅5.5×高さ53cm
重量 0.62kg(付属品スタッフサック込)
材質 本体:アルミニウム合金、付属品(チェーン):ステンレス304
耐荷重 5kg(カラビナ使用時)
付属品 荷架用チェーン、ロープ、V-SHAPED PEG 2本、TRIANGLE TENTIONER 2個、アルミカラビナ 2個

Thumb lg d2773db1 52e6 43a2 b3f0 a6660de68ebb

アウトドア&旅ライター・編集者

軽いのに最大耐荷重は約12kg

620gという超軽量トライポッドなのに、カラビナ使用で約5kg、カラビナを使わない場合は約12kgまで吊り下げることができる力持ちのトライポッドです。

アルミ合金製の脚は、内側にコードが入っているので組み立ては非常に簡単ですし、付属のダイニーマロープやペグでしっかり固定できるなど安全性にも配慮しています。唯一、残念なのが焚き火や直火には対応していないことです。

河原など石が多くて不安定な地面ではバーナーを水平にすることが難しい場面がありますが、そんなときでもトライポッドに鍋を吊せば水平になり、鍋を倒す不安を軽減できます。

焚き火料理のためではなく、どこでも安心して調理をしたい徒歩キャンパー向きです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

belmont(ベルモント)『DHトライポッドバンドル(BM-142)』

belmont(ベルモント)『DHトライポッドバンドル(BM-142)』 belmont(ベルモント)『DHトライポッドバンドル(BM-142)』 belmont(ベルモント)『DHトライポッドバンドル(BM-142)』

出典:Amazon

使用時サイズ 幅19×高さ6.7cm
収納時サイズ 幅19×高さ2.5cm
重量 0.27kg
材質 18-8ステンレス
耐荷重 7kg
付属品 収納ケース

Thumb lg d2773db1 52e6 43a2 b3f0 a6660de68ebb

アウトドア&旅ライター・編集者

半DIYなトライポッド

3つの三角部分に木を差し込めば、野趣あふれるトライポッドです。

訪れた森で木を拾ってきてもいいですし、気に入った流木を使い回してもよし。ホームセンターで木を手に入れて好みの長さにカットしてもOK。

こうしたトライポッド作りはロープワークでも対応できますが、DHトライポッドバンドルなら差し込むだけで準備完了です。また、使わないときはバーナーのゴトクや鍋敷きとしても活用できます。

不器用だけどオリジナルの道具がほしい人、そしてブッシュクラフトの雰囲気を味わいたい人に適しています。

持ち運びやすさと強度のバランスを考えて

アウトドア&旅ライター・編集者

トライポッドは川原など砂利混じりで不安定な地面でも鍋を水平に保つことができるので、焚き火料理はもちろん、シングルバーナーでの調理でも活躍します。

当然のことですが、脚が分割できるものは持ち運びしやすいのの、きちんとジョイントできないとぐらついてしまいます。その半面、広げるだけでいいタイプのトライポッドは安定感抜群。

小さく分割できる軽量なトライポッドは、中型鍋でも頼りなくぐらつくものがあります。トライポッドは収納サイズだけでなく、強度や安定感とのバランスを考えて選びましょう。

ソロからファミリーキャンプまで使えるトライポッド5選 まだまだある!

コンパクトに収納できるものや耐荷重があるものなど、商品により特徴はさまざまです。ここではいろいろくらべてみたい方のために、特徴別にトライポッドをご紹介していきます。

LOGOS(ロゴス)『miniトライポッド』

LOGOS(ロゴス)『miniトライポッド』 LOGOS(ロゴス)『miniトライポッド』 LOGOS(ロゴス)『miniトライポッド』 LOGOS(ロゴス)『miniトライポッド』 LOGOS(ロゴス)『miniトライポッド』 LOGOS(ロゴス)『miniトライポッド』 LOGOS(ロゴス)『miniトライポッド』 LOGOS(ロゴス)『miniトライポッド』

出典:Amazon

使用時サイズ 約幅50×奥行43×高さ80cm
収納時サイズ 約幅35×奥行5×高さ5cm
重量 約0.5kg
材質 アルミ、ステンレス
耐荷重 約20kg
付属品 収納バッグ

ソロからファミリーキャンプまで活躍する一品

軽量でコンパクト設計なため持ち運びに便利。ソロキャンプにもうってつけです。耐荷重は20kgとタフな作りをしているので、ダッチオーブンや飯ごう、ランタンを吊るすのにも適しています。

材質はアルミとステンレスなのでお手入れもカンタン。ソロキャンパーだけでなくファミリーキャンプでも活躍してくれるでしょう。

DOD(ディーオーディー)『ビッグファイアクレードル (FT5-513)』

DOD(ディーオーディー)『ビッグファイアクレードル(FT5-513)』 DOD(ディーオーディー)『ビッグファイアクレードル(FT5-513)』 DOD(ディーオーディー)『ビッグファイアクレードル(FT5-513)』 DOD(ディーオーディー)『ビッグファイアクレードル(FT5-513)』 DOD(ディーオーディー)『ビッグファイアクレードル(FT5-513)』 DOD(ディーオーディー)『ビッグファイアクレードル(FT5-513)』 DOD(ディーオーディー)『ビッグファイアクレードル(FT5-513)』

出典:Amazon

使用時サイズ 約幅82×奥行71×高さ122(88)cm
収納時サイズ 約直径9×高さ54cm
重量 約1.3kg(付属品含む)
材質 ポール:アルミ、 焚き火網:ステンレス
耐荷重 フック:20kg、焚き火網:5kg
付属品 収納バッグ

焚き火台にもなるすぐれもの!

焚き火台として使える耐火メッシュがついているのが魅力。直火が禁止となっているキャンプ場や雨上がりの地面であっても焚き火ができるので、キャンプで強い味方になってくれそうです。

メッシュを取り外せば通常のトライポッドとして使えます。耐荷重が20kgあるのでダッチオーブンを吊るすこともできますよ。安定した熱源を確保できる1台2役のトライポッドです。

PETROMAX(ペトロマックス)『クッキングトライポッドD1 (12551)』

PETROMAX(ペトロマックス)『クッキングトライポッドD1(12551)』 PETROMAX(ペトロマックス)『クッキングトライポッドD1(12551)』 PETROMAX(ペトロマックス)『クッキングトライポッドD1(12551)』 PETROMAX(ペトロマックス)『クッキングトライポッドD1(12551)』

出典:Amazon

使用時サイズ 高さ88~144cm
収納時サイズ 幅12×高さ98cm
重量 4.25kg
材質 スチール亜鉛メッキ
耐荷重 40kg
付属品 -

耐荷重量40kgだから大人数キャンプにも!

耐荷重が40kgで大型のダッチオーブンでも吊るすことが可能。大きな調理器具が使用できるので、ファミリーや仲間との大人数キャンプ、バーベキューでも活躍してくれます。

三脚部分の長さは無段階で調節が可能なため、足場の悪い場所でも安定して設置することができます。「野外は石などが多くてうまく設置できなさそう」といった不安も、この商品が解決してくれるでしょう。

UJack(ユージャック)『トライポッド』

UJack(ユージャック)『トライポッド』 UJack(ユージャック)『トライポッド』 UJack(ユージャック)『トライポッド』 UJack(ユージャック)『トライポッド』 UJack(ユージャック)『トライポッド』 UJack(ユージャック)『トライポッド』 UJack(ユージャック)『トライポッド』

出典:Amazon

使用時サイズ 幅90×高さ140cm
収納時サイズ 幅60×奥行5×高さ30cm
重量 約3.8kg(ネット・バッグ含)
材質 ステンレススチール
耐荷重 20kg
付属品 収納バッグ

複数のアイテムをまとめて加熱!

着脱可能な付属のトレーを利用することにより、ひとつの熱源で複数の調理器具を加熱することが可能。ポッドでお湯を沸かしつつ、飯ごうでご飯を炊くなんてこともできるので、効率よく調理ができそうです。

アウトドア料理の幅が広がり、ソロキャンプからファミリーキャンプまで幅広く活躍してくれそうです。

LOGOS(ロゴス)『囲炉裏ポッドテーブル』

LOGOS(ロゴス)『囲炉裏ポッドテーブル』 LOGOS(ロゴス)『囲炉裏ポッドテーブル』 LOGOS(ロゴス)『囲炉裏ポッドテーブル』 LOGOS(ロゴス)『囲炉裏ポッドテーブル』 LOGOS(ロゴス)『囲炉裏ポッドテーブル』 LOGOS(ロゴス)『囲炉裏ポッドテーブル』 LOGOS(ロゴス)『囲炉裏ポッドテーブル』

出典:Amazon

使用時サイズ 約幅88×奥行88×高さ134cm
収納時サイズ 約幅75.5×奥行28×高さ16cm
重量 約9.9kg
材質 スチール
耐荷重 クワトロポッド:約200kg、テーブル面:約6kg
付属品 収納バッグ×2

焚き火を囲みながら食事を楽しもう!

焚き火も、食事テーブルも、もちろんダッチオーブンなどの吊るしも、これひとつでまかなえる便利なアイテム。4本の足を持つクワトロポッドなので、安定感は抜群です。

テーブルの組み立ては天板をのせるだけのシンプルな造りになっているので、組み立てもかんたん。みんなで囲炉裏を囲みながら、キャンプならではの至福のひと時を楽みたいですね。

トライポッドとあわせて使いたいアイテム2選 【関連商品】

トライポッドとあわせて使うことで、より楽しく快適にキャンプが過ごせるアイテムをご紹介します。

尾上製作所『マルチファイアテーブル (MT-8317)』

尾上製作所『マルチファイアテーブル(MT-8317)』 尾上製作所『マルチファイアテーブル(MT-8317)』 尾上製作所『マルチファイアテーブル(MT-8317)』 尾上製作所『マルチファイアテーブル(MT-8317)』 尾上製作所『マルチファイアテーブル(MT-8317)』 尾上製作所『マルチファイアテーブル(MT-8317)』 尾上製作所『マルチファイアテーブル(MT-8317)』 尾上製作所『マルチファイアテーブル(MT-8317)』

出典:Amazon

使用時サイズ 約幅100×奥行100×高さ270cm
収納時サイズ 約幅83×奥行17×高さ10cm
重量 約9kg
材質 -
耐荷重 -
付属品 収納バッグ

組み合わせ次第で囲炉裏にもテーブルにも早変わり

四角く囲んで囲炉裏型に、横に並べれば少し大きめなローテーブルに。組み立て方次第で自由自在に変化する「マルチファイアーテーブル」。シンプルな構造なので、設立もとてもかんたんです。

重量はややありますが、その分安定感が増します。ひとつ持っておけば、さまざまなシチュエーションで活躍してくれること間違いなしです。

snow peak(スノーピーク)『 焚火台M 2-3人用(ST-033R)』

snowpeak(スノーピーク)『焚火台M2-3人用(ST-033R)』 snowpeak(スノーピーク)『焚火台M2-3人用(ST-033R)』 snowpeak(スノーピーク)『焚火台M2-3人用(ST-033R)』 snowpeak(スノーピーク)『焚火台M2-3人用(ST-033R)』 snowpeak(スノーピーク)『焚火台M2-3人用(ST-033R)』 snowpeak(スノーピーク)『焚火台M2-3人用(ST-033R)』 snowpeak(スノーピーク)『焚火台M2-3人用(ST-033R)』 snowpeak(スノーピーク)『焚火台M2-3人用(ST-033R)』 snowpeak(スノーピーク)『焚火台M2-3人用(ST-033R)』 snowpeak(スノーピーク)『焚火台M2-3人用(ST-033R)』 snowpeak(スノーピーク)『焚火台M2-3人用(ST-033R)』 snowpeak(スノーピーク)『焚火台M2-3人用(ST-033R)』 snowpeak(スノーピーク)『焚火台M2-3人用(ST-033R)』 snowpeak(スノーピーク)『焚火台M2-3人用(ST-033R)』 snowpeak(スノーピーク)『焚火台M2-3人用(ST-033R)』 snowpeak(スノーピーク)『焚火台M2-3人用(ST-033R)』 snowpeak(スノーピーク)『焚火台M2-3人用(ST-033R)』

出典:Amazon

使用時サイズ 幅35×奥行35×高さ24.8cm
収納時サイズ 幅51.5×奥行3.2×高さ45cm
重量 3.5kg
材質 ステンレス
耐荷重 -
付属品 収納バッグ

アウトドアの醍醐味でもある「火」をもっと楽しもう

「焚き火台」の元祖モデル。焚き火台があれば地面の状況を問わず、直火が禁止されているキャンプ場でも使えます。ステンレス素材で丈夫なので強大な熱量にも負けません。

サイズはS・M・Lの3種類展開されており、Mサイズでも女性が運びやすい大きさになっています。ぜひトライポッドと合わせて使ってみてはいかがでしょうか。

「トライポッド」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)『CSブラックラベル 焚火 三脚(UG-9)』
Coleman(コールマン)『ファイアープレイススタンド(2000021888)』
LOGOS(ロゴス)『アイアンクワトロハイポッド(No.81064135)』
CAMP MANIA PRODUCTS(キャンプマニアプロダクツ)『BONFIRE COOKING STAND(ボンファイヤークッキングスタンド) L』
LODGE(ロッジ)『トライポッド 3TP2』
solo stove(ソロストーブ )『トライポッド』
MURACO(ムラコ)『AFRICAN EAGLE(I001)』
belmont(ベルモント)『DHトライポッドバンドル(BM-142)』
LOGOS(ロゴス)『miniトライポッド』
DOD(ディーオーディー)『ビッグファイアクレードル (FT5-513)』
PETROMAX(ペトロマックス)『クッキングトライポッドD1 (12551)』
UJack(ユージャック)『トライポッド』
LOGOS(ロゴス)『囲炉裏ポッドテーブル』
尾上製作所『マルチファイアテーブル (MT-8317)』
snow peak(スノーピーク)『 焚火台M 2-3人用(ST-033R)』
商品名 CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)『CSブラックラベル 焚火 三脚(UG-9)』 Coleman(コールマン)『ファイアープレイススタンド(2000021888)』 LOGOS(ロゴス)『アイアンクワトロハイポッド(No.81064135)』 CAMP MANIA PRODUCTS(キャンプマニアプロダクツ)『BONFIRE COOKING STAND(ボンファイヤークッキングスタンド) L』 LODGE(ロッジ)『トライポッド 3TP2』 solo stove(ソロストーブ )『トライポッド』 MURACO(ムラコ)『AFRICAN EAGLE(I001)』 belmont(ベルモント)『DHトライポッドバンドル(BM-142)』 LOGOS(ロゴス)『miniトライポッド』 DOD(ディーオーディー)『ビッグファイアクレードル (FT5-513)』 PETROMAX(ペトロマックス)『クッキングトライポッドD1 (12551)』 UJack(ユージャック)『トライポッド』 LOGOS(ロゴス)『囲炉裏ポッドテーブル』 尾上製作所『マルチファイアテーブル (MT-8317)』 snow peak(スノーピーク)『 焚火台M 2-3人用(ST-033R)』
商品情報
特徴 元祖! 日本初のトライポッド チェーン調整や安全対策など細部まで配慮 ハイポジション派待望のスタンド ファイヤーハンガーにもなる二刀流 重量級ダッチオーブンをしっかり支える ねじ込み式のジョイントで信頼度が高い 軽いのに最大耐荷重は約12kg 半DIYなトライポッド ソロからファミリーキャンプまで活躍する一品 焚き火台にもなるすぐれもの! 耐荷重量40kgだから大人数キャンプにも! 複数のアイテムをまとめて加熱! 焚き火を囲みながら食事を楽しもう! 組み合わせ次第で囲炉裏にもテーブルにも早変わり アウトドアの醍醐味でもある「火」をもっと楽しもう
使用時サイズ 幅70.0×奥行60.0×高さ143.5cm 幅78×奥行78×高さ140cm 約幅98×奥行98×高さ175cm - 高さ110cm 高さ110cm 幅65×奥行65×高さ120cm 幅19×高さ6.7cm 約幅50×奥行43×高さ80cm 約幅82×奥行71×高さ122(88)cm 高さ88~144cm 幅90×高さ140cm 約幅88×奥行88×高さ134cm 約幅100×奥行100×高さ270cm 幅35×奥行35×高さ24.8cm
収納時サイズ 幅15×奥行6×高さ28cm 幅13×奥行13×高さ58cm 約幅53.5×奥行16.5×高さ10.0cm ポール:112cm(2本)、ハンドルバー:112cm、フック:①18.5cm ②28.5cm ③50cm(チェーン) - - 幅5.5×高さ53cm 幅19×高さ2.5cm 約幅35×奥行5×高さ5cm 約直径9×高さ54cm 幅12×高さ98cm 幅60×奥行5×高さ30cm 約幅75.5×奥行28×高さ16cm 約幅83×奥行17×高さ10cm 幅51.5×奥行3.2×高さ45cm
重量 2.4kg 約3.2kg 約5.2kg 約5.7kg 約3.7kg 約0.538kg 0.62kg(付属品スタッフサック込) 0.27kg 約0.5kg 約1.3kg(付属品含む) 4.25kg 約3.8kg(ネット・バッグ含) 約9.9kg 約9kg 3.5kg
材質 脚部・固定金具・ストッパー:鉄(焼付塗装)、チェーン:鉄(亜鉛メッキ) スチール スチール アルミニウム 本体:アルミニウム合金、付属品(チェーン):ステンレス304 18-8ステンレス アルミ、ステンレス ポール:アルミ、 焚き火網:ステンレス スチール亜鉛メッキ ステンレススチール スチール - ステンレス
耐荷重 20kg 約20kg 約100kg - - - 5kg(カラビナ使用時) 7kg 約20kg フック:20kg、焚き火網:5kg 40kg 20kg クワトロポッド:約200kg、テーブル面:約6kg - -
付属品 チェーン、キャップ、収納バッグ チェーン、ぺグ、収納ケース チェーン、収納バッグ ポール、ハンドルバー、フック(チェーン式フック×1、S字型フック×2) チェーン 収納袋 荷架用チェーン、ロープ、V-SHAPED PEG 2本、TRIANGLE TENTIONER 2個、アルミカラビナ 2個 収納ケース 収納バッグ 収納バッグ - 収納バッグ 収納バッグ×2 収納バッグ 収納バッグ
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年11月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月26日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする トライポッドの売れ筋をチェック

Amazon、Yahoo!ショッピングでのトライポッドの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:アウトドア用オーブン小物・スタンドランキング
Yahoo!ショッピング:トライポッドランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

そのほかのおすすめ関連商品はこちら 【関連記事】

気持ちよく晴れた青空の下で、ダッチオーブンを使った本格的な料理を楽しむ……。アウトドアレジャーにおける楽しみのひとつですね。アウトドアライターであるSAMさんへの取材のもと、アウトドアやキャンプに使うダッチオーブンの選び方とおすすめ商品をご紹介します。

自然のなか、赤々と燃える火を囲んでくつろぐのはアウトドアの醍醐味です。この記事では、アウトドアライターでありキャンプブロガーのSAMさんへの取材をもとに、焚き火テーブルの選び方とおすすめの商品をご紹介していきます。

環境保護の観点から、地面に直接火を焚く「直火」を禁止するキャンプ場が増えています。そこで、必需品となってきたのが焚き火台。焚き火台の選び方とおすすめ商品を、アウトドアカフェBASE CAMPの代表で幅広い経験と知識があるエキスパート、A-sukeさんがご紹介します。

トライポッドについて6つのポイントをおさらい

1)10インチのダッチオーブンを使うなら耐荷重20kgあると安心
2)チェーンの長さ調整をしやすいものがよい
3)3本脚タイプは荷物を軽量化でき、焚き火台まわりがスッキリする
4)4本脚タイプは脚の数が増えるので安定感が高まる
5)焚き火テーブルと併用すれば、トライポッドの脚を蹴飛ばす不安を軽減できる
6)収納サイズだけでなく、強度や安定感とのバランスを考えて選ぶがよい

トライポッドはテントサイト、特に火の近くに設置することが大半なので、安全のためにこれらのポイントはぜひおさえて、キャンプライフを楽しんでくださいね。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(マイナビおすすめナビ編集部 関口信太郎)

※2019/12/03 コンテンツ追加、本文修正のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 名原広雄)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


マルチツールおすすめ17選|アウトドアに必携! レザーマンも、ビクトリノックス

マルチツールおすすめ17選|アウトドアに必携! レザーマンも、ビクトリノックス

アウトドアやちょっとした日常の作業用にあると便利なマルチツール。ナイフやドライバーなど多くの機能が付いています。本記事では、アウトドアライター・高橋庄太郎さんと編集部が厳選したマルチツールのおすすめ商品とその選び方をご紹介します。


【登山用クッカー】選び方&おすすめ15選|山岳ライターと編集部による厳選商品!

【登山用クッカー】選び方&おすすめ15選|山岳ライターと編集部による厳選商品!

登山用に軽く丈夫につくられているものが多い調理器具「クッカー」。コッヘルとも呼ばれ、長期登山に欠かせない相棒のような存在です。さまざまな種類のクッカーが販売されているため、どれが自分に適した商品なのかわからなくなることもあります。そこで、山岳ライターの高橋庄太郎さんにお話をうかがい、登山用クッカーの選び方とおすすめ商品について解説してもらいます。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてくださいね。


スモークウッドのおすすめ5選&選び方|自家製の燻製が楽しめる!

スモークウッドのおすすめ5選&選び方|自家製の燻製が楽しめる!

スモークと聞くと難しそうなイメージがありますが、スモークウッドを使えば初心者でもかんたんに燻製を作ることができます。手頃な価格で購入できるスモークウッドも多いので、気軽に挑戦してみましょう。ここでは、アウトドアカフェBASE CAMP代表A-sukeさんと編集部が選んだおすすめのスモークウッドと選び方のポイントについてご紹介します。


【2020年版】トングのおすすめ12選|おしゃれで使いやすいアイテムをご紹介!

【2020年版】トングのおすすめ12選|おしゃれで使いやすいアイテムをご紹介!

この記事では、暮らしスタイリスト・料理家の河野真希さんへの取材をもとに、トングの選び方とおすすめ商品をご紹介します。普段の調理やバーベキューなどのアウトドア、料理を取り分けたりと幅広い用途で使えるトング。シリコン素材でフライパンをキズつけにくいものや、食材をつかみやすい小さいトングなど、さまざまな種類の商品をピックアップしました。ぜひ参考にしてください。


ウッドストーブのおすすめ4選+14商品! アウトドアのプロ厳選|キャンプや防災にも使える優れもの

ウッドストーブのおすすめ4選+14商品! アウトドアのプロ厳選|キャンプや防災にも使える優れもの

アウトドアキャンプには欠かせないアイテムのウッドストーブ。ここでは、アウトドアやキャンプのエキスパートである大森弘恵さんへにお話をうかがい、ウッドストーブの選び方のコツと、おすすめの商品をご紹介します。動画によるお湯の沸かし方も解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


新着記事


丸大豆せんべいはホッとする味? 実際に食べて口コミや評判を検証しました

丸大豆せんべいはホッとする味? 実際に食べて口コミや評判を検証しました

三幸製菓が販売している「丸大豆せんべい」。どこか懐かしさを覚えるようなパッケージに安心感が芽生えます。インターネットで口コミや評判を調査してみても、味や食感に満足している人が目立ちますが、実際はどうなのか気になるところ。そこで、今回は丸大豆せんべいを実食してみます。口コミや評判と比較しながら、味や食感について検証してみました。


MicrosoftのArc Mouseは使いやすいのか? 実際に使用して検証してみた

MicrosoftのArc Mouseは使いやすいのか? 実際に使用して検証してみた

折り曲げて使うという従来のマウスとはまったく違うデザインがひときわ目を引くMicrosoftの『Arc Mouse』。ただ奇抜なデザインというだけでなく、薄くて軽量なのでバッグなどに収納しやすく、持ち運びがしやすいというメリットも。外出先で使うのに役立ちそうな『Arc Mouse』ですが、使い心地はどうでしょうか。この記事では、実際に『Arc Mouse』を購入し、商品の特徴や操作性などを検証してみました。


ELECOMのMXGM10DBは使いやすい? 実際に使用して検証してみた

ELECOMのMXGM10DBは使いやすい? 実際に使用して検証してみた

ELECOMのワイヤレスマウス『MXGM10DB』。手の形状をもとにした握りやすいフォルムで、使う場所を選ばないBlueLED搭載などをウリにしています。そしてなんといっても魅力的なのは、選びやすい価格。安いうえに機能性にもすぐれたコストパフォーマンスのいい商品です。この記事ではそんな『MXGM10DB』を実際に購入して、商品の特徴や操作性などを検証してみました。


幅広いシーンで活躍する! 『ケイト アイブロウ』使用感や落ちやすさを検証レビュー

幅広いシーンで活躍する! 『ケイト アイブロウ』使用感や落ちやすさを検証レビュー

顔の印象を決めるといわれるほど重要なまゆ。メイクの中で、まゆに多くの時間を割く女性も多いのではないでしょうか。現在は、ペンシルやリキッド、まゆマスカラなど、さまざまな種類のアイブロウアイテムがあるので、どれが自分に合っているのかわからない人も多いはずです。そこで今回は、プチプラで注目を集めるケイトのアイブロウを紹介します。実際にケイトのアイブロウを使った人の口コミや評判も紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。


ブルボン バタークッキーの評判や口コミの真実は? 実際に食べて徹底レポート

ブルボン バタークッキーの評判や口コミの真実は? 実際に食べて徹底レポート

ブルボンから発売されている『バタークッキー』は、赤いパッケージに小麦と商品の実物の画像が描かれていて、明るくておいしそうなイメージ。インターネットの評判を見るとよい評価がたくさん見られますが、はたしてそのレビューは信じてもいいのでしょうか。そこで、『バタークッキー』を実際に購入して、口コミの是非を徹底検証しました。クッキー好きの方は、ぜひ見逃さずにご覧ください。


アウトドア・キャンプの人気記事


>>もっと見る