チタン製の焚き火台おすすめ5選|軽くて丈夫な人気のチタン素材の商品をご紹介!

チタン製の焚き火台おすすめ5選|軽くて丈夫な人気のチタン素材の商品をご紹介!

近年アウトドアの人気からソロやご家族でキャンプに行く方もいらっしゃるるのではないでしょうか。キャンプ用品も各メーカーから多数販売されていますが、特に「直火」を禁止するキャンプ場も増えてきているので、焚き火台は必須のアイテムとなっています。

この記事では、軽くて頑丈なチタン素材の焚き火台おすすめ商品ご紹介しています。近年のキャンプブームに合わせて、さまざまばメーカーからたくさんの種類の商品が販売されていますので是非、参考にしてみてください。


マイナビおすすめナビ編集部

担当:アウトドア・キャンプ
天野 駿太郎

「アウトドア・キャンプ」カテゴリーを担当。元雑誌編集者で、アウトドアギアやファッションに親しむ。休日は愛車のロードバイクでツーリングがてらキャンプをしたり、野山やアルプスで登山を楽しんだりする。軽量&コンパクトなギアに目がない。

記事中の本文・商品の選定・ランキングなどのコンテンツは、すべて編集部の責任において制作され、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

チタン製の焚き火台の特徴は?

チタン 焚き火台 特徴
ペイレスイメージズのロゴ

チタン製の焚き火台の最大の特徴はその軽さ。ステンレス製のものと比べるとその重さは60%程で、持ち運びがしやすいので女性でもストレスなく持ち運びが出来ます。重い荷物はキャンプにとっては大変なストレスなので、その軽さは最大の魅力ですね。

チタンはステンレスや他の金属と比べても錆びにくく、雨や海水などにも強いのでキャンプにとても適した素材と言えます。また、強度も鉄の2倍、アルミの3倍とも言われており、衝撃にも強い素材なうえにしなりやすく、少し曲がっても元にも戻る復元力があるため、長く愛用することが出来るでしょう。価格はステンレス製などと比べるとやや高いですが、お気に入りの焚き火台を見つけて長く愛用することができますよ。

キャンプ用焚き火台の選び方

コンパクトサイズの焚き火台をご紹介する前に基本的な焚き火台を選び方をご紹介します。大事なポイントは主に下記の5点です。

【1】使用人数に合ったサイズと収納サイズのバランス
【2】重量タイプで剛性重視か、軽量タイプを使い倒すか
【3】折りたたみ式の構造は頑丈さに影響あり
【4】焚き火以外に使いたい用途を考えよう
【5】その他のポイントもチェック

詳細は下記の記事でご紹介をしているので気になる方は是非チェックをしてみてください。

チタン製の焚き火台おすすめ5選

ここからは実際にチタン製の焚き火台をご紹介していきます。

ベルモント(Belmont)『焚き火台 TABI』

ベルモント(Belmont)焚き火台TABI(収納ケース付).BM-263 ベルモント(Belmont)焚き火台TABI(収納ケース付).BM-263 ベルモント(Belmont)焚き火台TABI(収納ケース付).BM-263 ベルモント(Belmont)焚き火台TABI(収納ケース付).BM-263 ベルモント(Belmont)焚き火台TABI(収納ケース付).BM-263
出典:Amazon この商品を見るview item

広い火床で迫力ある焚き火が楽しめる!

側板を外すことで、市販の薪をそのまま投入できる広い火床が特徴的。コンパクトな焚き火台は火床が小さく、別の燃料を使ったりしなければいけませんが「TABI」はその必要はありません。火床の耐荷重も15㎏あるので、迫力ある焚き火が楽しめますよ!

焼き網部分も耐荷重が5㎏なのでフライパンなどを使った調理も可能。折り畳むと1.5㎝の薄さになり、重さはペットボトル以下の423gととても軽量。ソロキャンプでもグループキャンプでもあらゆる場面で活躍してる商品です。

Bush Craft (ブッシュクラフト)『 ウルトラライト ファイヤースタンド』

BushCraftブッシュクラフトウルトラライトファイヤースタンド35×44Ver.1.029205 BushCraftブッシュクラフトウルトラライトファイヤースタンド35×44Ver.1.029205 BushCraftブッシュクラフトウルトラライトファイヤースタンド35×44Ver.1.029205 BushCraftブッシュクラフトウルトラライトファイヤースタンド35×44Ver.1.029205 BushCraftブッシュクラフトウルトラライトファイヤースタンド35×44Ver.1.029205 BushCraftブッシュクラフトウルトラライトファイヤースタンド35×44Ver.1.029205 BushCraftブッシュクラフトウルトラライトファイヤースタンド35×44Ver.1.029205 BushCraftブッシュクラフトウルトラライトファイヤースタンド35×44Ver.1.029205
出典:Amazon この商品を見るview item

重さは352gと非常に軽量ながら、40㎝以上の広い火床が特徴です。極限まで地面に近い形状で、直火のような焚き火を味わうことが出来ます。

組立・分解もすぐに出来て、ロール収納でコンパクトに収納することが可能。直火に近い自然な雰囲気の焚き火を、環境にも配慮しながら楽しるのも魅力。

FIREBOX(ファイヤーボックス)『GEN2 ナノストーブ』

FIREBOX(ファイヤーボックス)GEN2ナノストーブチタンウッドストーブ3インチ【日本正規品】 FIREBOX(ファイヤーボックス)GEN2ナノストーブチタンウッドストーブ3インチ【日本正規品】 FIREBOX(ファイヤーボックス)GEN2ナノストーブチタンウッドストーブ3インチ【日本正規品】 FIREBOX(ファイヤーボックス)GEN2ナノストーブチタンウッドストーブ3インチ【日本正規品】 FIREBOX(ファイヤーボックス)GEN2ナノストーブチタンウッドストーブ3インチ【日本正規品】 FIREBOX(ファイヤーボックス)GEN2ナノストーブチタンウッドストーブ3インチ【日本正規品】 FIREBOX(ファイヤーボックス)GEN2ナノストーブチタンウッドストーブ3インチ【日本正規品】 FIREBOX(ファイヤーボックス)GEN2ナノストーブチタンウッドストーブ3インチ【日本正規品】
出典:Amazon この商品を見るview item

軽くて組み立ても簡単!

組み立て式の焚き火台ですが、組み立ての必要はほとんどなく、パッと開くと完成します。ちょうつがいを使用しているので初心者でも簡単に組み立てることができるのは魅力。重量は113gととても軽くフラットに折りたたんだ時の厚さはなんと6mm。持ち運びもらくちんでどこにでも持っていきたくなりますね。

笑's(ショウズ)『笑's コンパクト焚き火グリル B-6君オールチタニウム・グリルプレートセット II(SHO-0059B)』

笑's・B-6君オールチタニウム・グリルプレートセットII/SHO-0059B 笑's・B-6君オールチタニウム・グリルプレートセットII/SHO-0059B
出典:Amazon この商品を見るview item

人気焚き火台のチタンバージョンは更に軽量に!

漫画「ゆるキャン△」の主人公愛用で有名になった、グリルタイプの焚き火台「B-6君」のチタンバージョン。チタンバージョンはゴトクではなく、グリルプレートが付属しています。「B-6君」も500gとかなり軽量でしたが、こちらのチタンバージョンはなんと半分以下の240g。

耐荷重も10㎏あり、小さいサイズのダッチオーブンも使用可能です。焚き火で思う存分調理できますよ。

MONORAL(モノラル)『ワイヤフレームフェザー(MT-0111)』

[MONORAL(モノラル)]ワイヤフレームフェザーMT-0111 [MONORAL(モノラル)]ワイヤフレームフェザーMT-0111 [MONORAL(モノラル)]ワイヤフレームフェザーMT-0111 [MONORAL(モノラル)]ワイヤフレームフェザーMT-0111
出典:Amazon この商品を見るview item

その名の通りまるで羽のような軽さ

重さは収納袋も入れて125gと超軽量3本のアームで安定性もしっかりしています。組み立ても非常に簡単で、気軽に始める焚き火にはピッタリ。

純粋に焚き火を楽しみたい方におすすめの焚き火台です。

「チタン製の焚き火台」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
ベルモント(Belmont)『焚き火台 TABI』
Bush Craft (ブッシュクラフト)『 ウルトラライト ファイヤースタンド』
FIREBOX(ファイヤーボックス)『GEN2 ナノストーブ』
 笑's(ショウズ)『笑's コンパクト焚き火グリル B-6君オールチタニウム・グリルプレートセット II(SHO-0059B)』
MONORAL(モノラル)『ワイヤフレームフェザー(MT-0111)』
商品名 ベルモント(Belmont)『焚き火台 TABI』 Bush Craft (ブッシュクラフト)『 ウルトラライト ファイヤースタンド』 FIREBOX(ファイヤーボックス)『GEN2 ナノストーブ』 笑's(ショウズ)『笑's コンパクト焚き火グリル B-6君オールチタニウム・グリルプレートセット II(SHO-0059B)』 MONORAL(モノラル)『ワイヤフレームフェザー(MT-0111)』
商品情報
特徴 広い火床で迫力ある焚き火が楽しめる! 軽くて組み立ても簡単! 人気焚き火台のチタンバージョンは更に軽量に! その名の通りまるで羽のような軽さ
総重量 約423g(本体:298g、側板:29g、網:96g) 352g 113g 本体約240g+チタンメッシュ約60g 125g(収納袋含む)
使用時サイズ 23.7×36×17cm 35×44×8cm 80×120(高さ)mm 約21.5×12.5×18.8cm(メッシュ装着時) 43.5×37x16.5cm
収納時サイズ 17.8×36×1.5cm 約44×7×7cm 6.35mm 約18.1×12.2×2.9㎝(メッシュ収納時) 13×34cm
素材 チタン、ステンレス フレーム:チタン、火床:ステンレスメッシュ チタン 0.5mm厚チタニウム(純チタン2種 TP340) メッシュ:チタン/本体:ステンレス 、アルミ合金
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年11月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月17日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 焚き火台の売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでの焚き火台の売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:アウトドア用バーベキューコンロ・焚き火台ランキング
楽天市場:焚き火台ランキング
Yahoo!ショッピング:焚き火台ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

そのほかのアウトドアのおすすめ商品はこちら 【関連記事】

チタン製の焚き火台は使うほどに味が出る!

軽量で耐久性が高く、手入れも簡単なものが多いのがチタン焚き火台の特徴です。その分スチールやその他の素材のものより高価ではありますが、長く使い続けることが出来るのでコストパフォーマンスを考えると充分お得と言えるでしょう。

使えば使うほど味が出てくるのもチタン製の魅力の一つですので、お気に入りのチタン焚き火台を見つけてキャンプを楽しんでみましょう!

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。
※特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。
※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
※商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
※記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。
※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


キャンプ用薪ストーブおすすめ11選|テントでも使える!コンパクトなモデルや日本製も!

キャンプ用薪ストーブおすすめ11選|テントでも使える!コンパクトなモデルや日本製も!

最近ではキャンプ用薪ストーブの種類が増えて入手しやすくなりました。キャンプ用の薪ストーブは収納性もよく、持ち運びしやすいのが特長です。ここでは、キャンプライター・中山一弘さんと編集部が選んだ薪ストーブのおすすめと選び方のコツ、使い方についてご紹介します。記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

tag icon キャンプ用薪・炭・着火剤・火おこし器 , キャンプ用調理器具 , ファミリーキャンプ

着火剤のおすすめ17選|初心者も火起こししやすいタイプを紹介!

着火剤のおすすめ17選|初心者も火起こししやすいタイプを紹介!

アウトドアの焚火やバーベキューの火起こしを簡単にする着火剤。ロゴス、キャプテンスタッグなどのキャンプメーカーからはもちろん、最近ではダイソーなど100均からも販売されています。本記事では、着火剤の選び方やおすすめ商品をご紹介します。通販サイトにおける最新人気ランキングもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。

tag icon キャンプファイヤー , アウトドア・キャンプ

ファイヤースターターおすすめ7選|雨天時も簡単に着火できる! 使い方も紹介

ファイヤースターターおすすめ7選|雨天時も簡単に着火できる! 使い方も紹介

アウトドアで火をおこしたい時に便利なのがファイヤースターター。ライターなどの道具とくらべて低温の環境や悪天候の際に強いほか、燃料切れの心配もありません。本記事では、ファイヤースターターを選ぶ時のポイント、おすすめ商品と選び方をご紹介。記事後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミもぜひ確認してみてください。

tag icon 焚き火グッズ , キャンプファイヤー , アウトドア・キャンプ

アウトドアに便利な固形燃料おすすめ8選|種類ごとの特徴や選び方も解説

アウトドアに便利な固形燃料おすすめ8選|種類ごとの特徴や選び方も解説

キャンプやアウトドアで、手軽に調理を楽しめる「固形燃料」。旅館での料理や災害時の備えとしても人気のアイテムです。しかし、種類や燃焼時間、保存方法など、さまざまな固形燃料があるため何を選べばいいか悩んでしまいますね。本記事では、固形燃料の種類ごとの特徴や選び方、そしておすすめ商品をご紹介。さらに、通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。

tag icon キャンプ用薪・炭・着火剤・火おこし器 , キャンプ用調理器具 , ソロキャンプ

バーベキュー用の炭おすすめ13選|臭いや煙のでない成形炭も紹介

バーベキュー用の炭おすすめ13選|臭いや煙のでない成形炭も紹介

バーベキューやキャンプで便利な燃料といえば炭ですが、種類も使い方もさまざまなタイプのものが販売されています。調理時や後片付けがしやすい、臭いや煙の出ないオガ炭も紹介します。さらamazonやヤフーの人気売れ筋ランキングや比較一覧表もありますのでぜひチェックしてみてください。

tag icon キャンプ用薪・炭・着火剤・火おこし器 , キャンプ用調理器具 , ファミリーキャンプ

関連するブランド・メーカー


belmont(ベルモント)

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。