初心者向けに使い方も解説!手芸におすすめなハトメパンチ6選

初心者向けに使い方も解説!手芸におすすめなハトメパンチ6選

ひとつあれば、紙や革などさまざまな素材にかんたんにハトメがつけられるハトメパンチ。おしゃれなDIYやキャンプなどでも楽しめるため、DIYを行う方は購入を考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

本記事では、レザークラフト作家のHARUさん監修のもと、ハトメパンチの基礎知識や使い方、選ぶポイント、そして、おすすめ商品をご紹介。両面タイプやお得なセット商品までピックアップしています。

初心者向けに基礎知識からしっかり解説しているので、ぜひ参考にしてくださいね。


この記事を担当するエキスパート

リフォーム設計プランナー/レザークラフト作家
HARU

住宅リフォームをメインにプランニング経験を積み、リフォーム設計プランナーとして独立。 誰にとっても使いやすいユニバーサルデザイン住宅を目指し、賃貸でも出来るリフォームの提案や、福祉住環境コーディネーターの資格を活かし、介護改修に力を入れている。 また、住まいだけでなく身につけるものや持ち物も自分好みにしたいと、趣味でレザークラフトを始め、現在ではオーダーメイドで作る、レザークラフト作家としても活躍中。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:家具・インテリア,住まい・DIY
加藤 佑一

「家具・インテリア」「住まい・DIY」カテゴリーを担当。ホテルライクな部屋が好きな30代編集者。しかし、生活感のないレイアウトを目指すも、実現にはまだまだかかりそう。飼い猫のために、キャットトンネルを段ボールで自作する工作好きな面も実現しない要因のひとつ。記事制作を行いながら、好みの家具を探すのが趣味の一環になっている。

記事中の本文・商品の選定・ランキングなどのコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作され、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

商品詳細がすぐに見たいという方は、下記の「『おすすめ商品』を今すぐ見る」ボタンをクリックしてください。本記事の商品紹介箇所にジャンプします。

『おすすめ商品』を今すぐ見る

選び方からじっくり読みたいという方は、ぜひ、そのままスクロールして読み進めてくださいね。

また、「『おすすめ商品』を今すぐ見る」ボタンは記事の各所に設置していますので、こちらも、ぜひご利用ください。

それでは、選び方やおすすめ商品を解説していきます。

ハトメ・ハトメパンチの基礎知識

■そもそもハトメとは?

容器に入ったハトメの画像
ペイレスイメージズのロゴ

布や革、紙などに穴をあけて紐をつけて使う場合、なにか補強をしないとかんたんに壊れて穴が広がってしまいます。そこで、穴の補強をするために「ハトメ」と呼ばれる円形の金具を取りつけます。ハトメには、金属部品がふたつにわかれていて、ハトメを取りつけたい素材を両側からはさみ込む両面ハトメと、部品がひとつで構成されている片面ハトメがあります。

■ハトメを取り付ける工具がハトメパンチ

 

ハトメにはいくつか種類・大きさがありますが、どのハトメの場合でも取りつける際は、しっかりした台ではさみ込み、いきおいよく圧力をかけることが重要です。このハトメを取りつける道具がハトメパンチです。工具専門店から文房具店などでも取り扱われており、ハトメそのものの種類も非常に豊富です。

ハトメはブルーシートや靴ひも、書類、ペーパータグなど、さまざまな素材に取りつけることができます。

■ハトメの種類

ハトメが2個付いたタグの画像
Pixabayのロゴ

ハトメには、両面ハトメと片面ハトメの2種類があります。それぞれの種類を詳しくみていきましょう。

▼両面ハトメ

・ハトメ(丸つぶし):文具や雑貨でもっとも一般的に使われる形状で、裏面の金具が二重になって固定されます。

・両面ハトメ:服飾品や装飾品に使われることが多く、表側と裏側が同じように仕上がります。

・アイレット(大きいハトメ):ハトメカーテン、テント、旗、シェードなどに使われる大きいサイズのハトメです。

・グロメット(歯つきハトメ):座金に歯(ツメ)が付いているハトメです。

▼片面ハトメ

・電気ハトメ(かけるのハトメ):電子機器の基盤にも使用できるハトメ。ハトメの軸を素材にとおしたあとに、ハトメパンチなどでつぶして丸め、素材と固定させます。

・菊割れハトメ:ハトメの軸を素材にとおしたあとに、ハトメパンチなどで軸をつぶして固定します。金属部分が菊の花のようにわれて広がりながら素材を固定する特徴があります。

■ハトメの材質

ハトメが使われたレースアップの画像
Pixabayのロゴ

ハトメの素材は、真鍮(しんちゅう)、アルミ、プラスチック製などがあります。真鍮は、もっとも一般的なハトメの素材。5円玉などにも使われている銅と亜鉛の合金で、金色に見えます。

アルミはやや高価ですが、やわらかで取り扱いやすく、シルバーの色が美しいです。そのほか、無色透明のハトメがつけられるプラスチック製のハトメなどもあります。

ハトメパンチの使い方

手で握るだけのハトメパンチは手軽ではありますが、慣れるまではうまくできない方もいます。ここでは、ハトメパンチを使う際のポイントをみていきましょう。

『おすすめ商品』を今すぐ見る

■ハトメを付ける手順

ハトメパンチとハトメの画像
ペイレスイメージズのロゴ

ハトメを取りつける際は、まず素材に穴をあけます。平らな場所にカッターマットなどを敷き、素材にあてたポンチをうえからプラスチックハンマーなどで叩き、ポンチを貫通させます。

次に、素材を裏返しにしてハトメを取りつけます。ハトメの表裏が逆になっていると、ハトメがつぶれて正しく固定できないため注意しましょう。

片面ハトメの場合は、素材にハトメをとおし、ハトメパンチではさんでつぶします。このとき、素材の表側にハトメの表がくるようにしてくださいね。

両面ハトメの場合は、ハトメの本体を下からはめ、座金のリングを素材の上座金のリングを置きます。セットできたら、ハトメパンチでグッとプレスして完成です!

■プレスするときの力加減も大事

ハトメパンチを握る人の手の画像
ペイレスイメージズのロゴ

ハトメを取りつける際は、プレスする力加減も大切です。かたいハトメの場合は、一気に力を入れないとじゅうぶんに固定できないことがあります。そんなときは、ハトメパンチの位置を変えながら、ハトメの周囲を2~3回軽く締めつけると、より美しく仕上がります

真鍮やステンレスの両面ハトメはかたいため、はじめての場合は真鍮の片面ハトメが作業しやすいかもしれません。はじめはうまくできないかもしれませんが、何度か練習すれば慣れてきますので、楽しく作業できるようになるでしょう。

ハトメパンチを選ぶポイント

レザークラフト作家・HARUさんのアドバイスをもとに、ハトメパンチの選び方を紹介します。ポイントは下記の4つ。

【1】ハトメの種類・サイズ
【2】使用感
【3】下穴への対応可否
【4】セット商品かどうか


上記の4つのポイントをおさえることで、より具体的に自分に合うハトメパンチを選ぶことができます。一つひとつ解説していきます。

『おすすめ商品』を今すぐ見る

【1】ハトメの種類・サイズをチェック

ハトメとハトメパンチの画像
ペイレスイメージズのロゴ

まずは、使いたいハトメに対応しているかをチェック。使いたいハトメのサイズはもちろん、素材も対応しているか確認するとよいでしょう。

ペーパークラフトやメッセージタグを作りたい場合など、紙に小さなハトメがつけられればよいという場合には、プラスチック製のハトメパンチでもじゅうぶん対応可能。片手に収まるようなホチキス型のハトメパンチは、コンパクトでリーズナブルなので、まずハトメをつけてみたいという場合に便利です。

一方、グリップが付いているものは力が入れやすく、たくさんハトメをつけたい場合や、両面ハトメなど取りつけにある程度の力が必要な場合にも、安定して使用できます。

【2】使用感をチェック

 

ハトメパンチ自体が固く動かしづらくないか、紙にしわがよらないかなど、単にハトメが留められるかだけでなく、仕上がりのきれいさも確認して選びましょう

また、ハトメを取りつける際に、はさみ込んだ素材とハトメがずれないような形状の工夫があるか、ハトメパンチの上下の構造が安定してかみ合うかなどを確かめておくとよいですね。

【3】下穴への対応可否をチェック

 

一般的なハトメパンチは、素材のどこにハトメを取りつけるか決めたあとは、あらかじめポンチという道具を使って穴あけをおこないます。

下穴はポンチとハンマーでかんたんに作れるので、慣れればそれほど難しいことではありません。しかし、ふたつの道具を使い分けるそのひと手間が負担に感じる場合があるかもしれません。

そういう意味で、穴あけとハトメの取りつけもひとつの道具で対応できるハトメパンチは作業性がいいといえます。

【4】セット商品かどうかチェック

 

ハトメパンチのなかには、対応するサイズのハトメがセットになっている商品もあります。ハトメは材質や形状の種類が豊富で、なにを選んでいいかわからないという場合にもうれしいですね。

ハトメとハトメパンチがセットになっている商品であれば、すぐに作業が進められます。とくに最初のうちはうまくハトメがつけられない場合があるため、これと決めたハトメがある場合の練習に活用することも可能です。

エキスパートのアドバイス

リフォーム設計プランナー/レザークラフト作家

力の入れやすさで仕上がりの美しさが決まる

ハトメはただ取りつけられればよいというだけではなく、取りつけ後の見栄えも重要なポイントです。ハトメ全体に均一に力が入らなければ、留まってはいるものの、穴がつぶれてしまったり、きれいな円になっていなかったり、ハトメそのものが割れて外れてしまったりという事もあります。

自分の握力や手のサイズを考慮して、均一に力が入りやすい大きさや形のハトメパンチを選べば、きれいに取りつける事が出来ます。

ハトメパンチおすすめ6選

ここからは、レザークラフト作家・HARUさんと編集部がセレクトしたおすすめのハトメパンチをご紹介します。ここまでご紹介したハトメパンチの選び方を参考に、自分にあった商品を選びましょう。

トラスコ中山 TRUSCO『ハトメパンチ本体(THP-P)』

TRUSCOハトメパンチ本体 TRUSCOハトメパンチ本体 TRUSCOハトメパンチ本体
出典:Amazon この商品を見るview item

軽量コンパクトなポリプロピレン製ハトメパンチ

アルミ・真鍮製の両面ハトメに対応できるハトメパンチです。ハトメコマをつけ替えることで、4~15mmのハトメに対応可能です。

高さは4cm程度と、手のひらにも乗る非常にコンパクトなハトメパンチ。ポリプロピレン製のため、軽量で取り扱いやすい点が特徴。使用する際は、ハトメや素材をセットして、木づちやプラスチックハンマーなどでうえからたたいて固定します。

藤原産業『SK11 両面ハトメパンチ(#950 12MM)』

SK11両面ハトメパンチハトメ穴径12.0mmNo.950 SK11両面ハトメパンチハトメ穴径12.0mmNo.950 SK11両面ハトメパンチハトメ穴径12.0mmNo.950 SK11両面ハトメパンチハトメ穴径12.0mmNo.950
出典:Amazon この商品を見るview item

アルミ製ハトメに対応! 10組のハトメ付き

これだけですぐにハトメがつけられる、手軽な商品。ハトメ穴径約12.0mm、最大取付厚約3.5mmに対応するハトメパンチです。12.0mmの下穴ポンチと両面ハトメが10組付属しています。

対応するハトメは、さびにくく取りつけしやすいアルミ製のもの。真鍮ハトメは使用できませんので注意が必要です。シリーズで、穴径8mm、最大取付厚約2.5mmのハトメに対応するNo.900もあります。

KOKUYO(コクヨ)『ハトメパンチ 穴あけ枚数15枚直径5mm(ヒン-M200)』

コクヨハトメパンチ15枚穴径5mmヒン-M200 コクヨハトメパンチ15枚穴径5mmヒン-M200 コクヨハトメパンチ15枚穴径5mmヒン-M200 コクヨハトメパンチ15枚穴径5mmヒン-M200 コクヨハトメパンチ15枚穴径5mmヒン-M200 コクヨハトメパンチ15枚穴径5mmヒン-M200
出典:Amazon この商品を見るview item

ハトメの取りつけと下穴作成が一台で完了

穴あけと、ハトメの取りつけがこれ一台でできるハトメパンチ。あけられる穴径は5mmです。

穴あけは、PPC用紙換算で約15枚分の穿孔能力があります。5~14mmの奥行き調整ゲージがあるため、ハトメの取りつけ位置がずれるリスクを減らすことができますよ。

別売りのコクヨのハトメ『ヒン-200』に対応しています。

トラスコ中山『TRUSCO 両面ハトメパンチ プライヤー型(THP-PH)』

TRUSCO(トラスコ)両面ハトメパンチプライヤー型THP-PH TRUSCO(トラスコ)両面ハトメパンチプライヤー型THP-PH TRUSCO(トラスコ)両面ハトメパンチプライヤー型THP-PH TRUSCO(トラスコ)両面ハトメパンチプライヤー型THP-PH
出典:Amazon この商品を見るview item

ハトメコマのつけ替えで多くのハトメに対応

カーテン、衣類、バッグなどの穴の補強やアクセントに活用できるハトメパンチ。ハトメをはさみ込む機構部品であるハトメコマを交換することで、すべてのサイズの電気ハトメに対応しています。

プライヤー型のため、握りこむ際の負担を軽減。連続作業に向いています。いろいろなサイズのハトメを活用したい場合に便利です。

藤原産業『SK11 両面ハトメパンチ 15mm(NO.1100)』

SK11両面ハトメパンチハトメ穴径約15.0mmNo.1100 SK11両面ハトメパンチハトメ穴径約15.0mmNo.1100 SK11両面ハトメパンチハトメ穴径約15.0mmNo.1100 SK11両面ハトメパンチハトメ穴径約15.0mmNo.1100
出典:Amazon この商品を見るview item

テントやシート向けの大きめハトメを使用したい方に

アルミ製、真鍮製、両方のハトメに対応できるハトメパンチ。ハトメ穴径約15.0mm、最大取付厚約4.0mmに対応可能。16.0mmの下穴ポンチと両面ハトメが10組付属しています。

テント・シートなど、厚めで紐をしっかり固定させたいものでも大丈夫。シリーズで、穴径12mm、最大取付厚約3.5mmのハトメに対応する『No.1000』もあります。

イチネンMTM『ファミリーツール 両面ハトメパンチセット 10mm』

15組のハトメ&ポンチつきですぐに使える

DIY用品などを多数販売する、イチネンMTMのブランド「ファミリーツール」。家庭用の小物づくりアイテムを多数展開しています。

こちらは、アルミ製の両面ハトメ専用のハトメパンチです。アルミ製ハトメが15組と、ポンチが付属しています。素材の厚さは約約3.0mmまで対応、布製品などの制作に便利です。

商品特徴・価格の比較一覧表

画像
トラスコ中山 TRUSCO『ハトメパンチ本体(THP-P)』
藤原産業『SK11 両面ハトメパンチ(#950 12MM)』
KOKUYO(コクヨ)『ハトメパンチ 穴あけ枚数15枚直径5mm(ヒン-M200)』
トラスコ中山『TRUSCO 両面ハトメパンチ プライヤー型(THP-PH)』
藤原産業『SK11 両面ハトメパンチ 15mm(NO.1100)』
イチネンMTM『ファミリーツール 両面ハトメパンチセット 10mm』
商品名 トラスコ中山 TRUSCO『ハトメパンチ本体(THP-P)』 藤原産業『SK11 両面ハトメパンチ(#950 12MM)』 KOKUYO(コクヨ)『ハトメパンチ 穴あけ枚数15枚直径5mm(ヒン-M200)』 トラスコ中山『TRUSCO 両面ハトメパンチ プライヤー型(THP-PH)』 藤原産業『SK11 両面ハトメパンチ 15mm(NO.1100)』 イチネンMTM『ファミリーツール 両面ハトメパンチセット 10mm』
商品情報
特徴 軽量コンパクトなポリプロピレン製ハトメパンチ アルミ製ハトメに対応! 10組のハトメ付き ハトメの取りつけと下穴作成が一台で完了 ハトメコマのつけ替えで多くのハトメに対応 テントやシート向けの大きめハトメを使用したい方に 15組のハトメ&ポンチつきですぐに使える
重量 16g 300g 300g 275g 320g 304g
素材 ポリプロピレン(PP) ニッケルメッキ パンチ部:亜鉛ダイカスト、ハンドル部:鋼板 本体:スチール、グリップ部:エラストマー - -
ハトメの種類 アルミ製:4・5・7・8・10・12・15mm、真鍮製:4・5・7・8・10・12・15mm アルミ製:12mm 真鍮製:5mm アルミ製:4・5・7・8・10・12・15mm、真鍮製:4・5・7・8mm アルミ製:15mm、真鍮製15mm アルミ製
下穴あけ機能 なし なし(ポンチ付属) あり:直径5mm なし なし(ポンチ付属) なし(ポンチ付属)
付属ハトメ なし アルミ製:10組 なし なし アルミ製:5組、真鍮製:5組 アルミ製:15組
商品リンク

※各社通販サイトの 2021年6月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月24日時点 での税込価格

各通販サイトのランキングを見る ハトメパンチの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのハトメパンチの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:皮ポンチ・ハトメランキング
楽天市場:ポンチランキング
Yahoo!ショッピング:ハトメ、ハトメパンチランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【関連記事】そのほかのDIYに関連する記事はこちら

まとめ

ハトメは真鍮やアルミなどで作られていて、片面ハトメと両面ハトメとではそれぞれ仕上がりが異なります。なかにはハトメコマが交換可能な製品もありますが、ハトメパンチはハトメの材質や穴径により使い分ける必要があります。

あらかじめハトメが付属しているものを選べば、対応できないハトメを誤って買ってしまうリスクが減らせます。用途に応じて、自分にあったハトメパンチを使い分けましょう。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。
※特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。
※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
※商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
※記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。
※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


バールおすすめ5選|解体向けや日常向けまで、使いやすい商品を紹介

バールおすすめ5選|解体向けや日常向けまで、使いやすい商品を紹介

叩く、引き抜く、はがすなど、span class="text_mark text_strong">さまざまな使い方ができる工具の万能選手ともいえるバール。使いこなすためには目的にぴったり合った商品を選ぶことが大切です。本記事では、バールの選び方とおすすめ商品をご紹介。さらに、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、ぜひ売れ筋や口コミを確認してみてください。

tag icon 工具 , DIY

クランプおすすめ14選|しっかり固定できるタイプや設置しやすいモデルも

クランプおすすめ14選|しっかり固定できるタイプや設置しやすいモデルも

DIYで木材などの材料を固定するクランプ。切断するときのビビリやズレを解消できたり、接着するとき材料を押さえたりと、活躍する機会の多いアイテムです。現在はダイソーなど100均でもよく見かけますが、CクランプやFクランプなどの形状や固定方法の種類が多いため、選び方をしっかりと見ていきましょう。本記事では、おすすめのクランプと選び方のポイントを紹介します。通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。

tag icon 工具 , 作業用品 , DIY

基礎から解説!高速切断機の選び方&おすすめ10選|有名メーカー・人気商品を紹介

基礎から解説!高速切断機の選び方&おすすめ10選|有名メーカー・人気商品を紹介

DIY作業や仕事でパイプや金属、ワイヤーロープなどを切断するのに使用する高速切断機。本記事では、高速切断機の基礎知識や選び方、そしておすすめ商品をご紹介。初心者向けに、マキタやハイコーキをはじめとした人気メーカーの商品をピックアップしていますので、ぜひ、参考にしてくださいね。

tag icon 工具 , DIY

ハンドグラインダーおすすめ9選│金属やガラス向け、軽作業向けのセット商品も紹介

ハンドグラインダーおすすめ9選│金属やガラス向け、軽作業向けのセット商品も紹介

金属や木材などの加工に使う電動工具のハンドグラインダー。ミニルーターやリューターと呼ばれることもあります。研磨・切断・切削などの作業ができ、趣味やDIYでも活躍してくれる便利なアイテムです。本記事では、ハンドグラインダーの選び方とおすすめ商品をご紹介。後半には通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。

tag icon 工具 , DIY

騒音計おすすめ10選│簡易的に使える安価モデル・精密な計測ができる商品も

騒音計おすすめ10選│簡易的に使える安価モデル・精密な計測ができる商品も

音の大きさを数値化して測定してくれる「騒音計」。オフィスや自宅まわりで、工事などの騒音に悩まされている場合などに役立つでしょう。本記事では、騒音計の選び方とおすすめ商品をご紹介。さらに、記事の後半にはAmazonなどの通販サイトの人気ランキングもあるので、売れ筋や口コミをチェックしてみてくださいね。

tag icon 測定器 , 工具 , 作業用品

関連するタグ


工具 DIY

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。