トレーニングベンチおすすめ5選|【筋トレの必需品&折り畳みが人気】

トレーニングベンチおすすめ5選|【筋トレの必需品&折り畳みが人気】
ランニングインストラクター・パーソナルトレーナー
田子 政昌

普段はランニング・かけっこなど「走り」を中心にトレーニング指導を行うトレーナー・コーチ活動を行っています。 日本スポーツ協会アスレティックトレーナーなど国内外の数多くのライセンスを保有しております。 現在も現役でトラック・フィールド競技に出場しており、選手としての自身の目線や大手スポーツ量販店での社員経験を活かして様々な商品の紹介をしていきたいと思っています。 また、スポーツ教室・健康運動教室・各種講演会などのご依頼もお請けしております。

パーソナルトレーナーの田子政昌さんに、トレーニングベンチの選び方とおすすめ商品についてうかがいました。自宅で気軽にトレーニングができるトレーニングベンチですが、選ぶ際に気をつけるべきポイントがいくつかあります。この記事では選び方のコツやおすすめの商品を紹介しているので、迷ったときにはぜひ参考にしてみてください。


トレーニングベンチの選び方 パーソナルトレーナーが解説!

パーソナルトレーナーの田子政昌さんに、トレーニングベンチを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。

ダンベル・バーベルなど高荷重のトレーニングをするなら安定性のしっかりしたものを選びたいですね。

まずはなんといっても安定性

ランニングインストラクター・パーソナルトレーナー

最大耐重量を確認する

トレーニングベンチは通常のイスのようにただ座るだけでなく、その上で仰向け(あおむけ)など、上を向いて寝た状態になったり、バーベルなどを持って身体を動かしたりすることから、非常に強い負荷がトレーニングベンチの各パーツにかかります。

ちょっとしたぐらつきでも、トレーニング中に気になるどころか、ある程度の重量を使用したトレーニング時には危険度がとても高まるので、まずは接地面の構造や最大耐重量土台とシートのパーツ構造の仕組みが高重量のトレーニングに対応ができるかどうかをチェックしておくといいでしょう。

比較的低重量のトレーニング種目を行なう方でも、安定性が高いものであれば、より安全にトレーニングできるはずです。

eSPORTS『リーディングエッジ マルチポジションベンチ(LE-B80)』

三点支持フレーム構造にスチールフレームで補強された8cm厚のシートで、トレーニング時もしっかり安定!

>> Amazonで詳細を見る

収納できるタイプは使いやすい

ランニングインストラクター・パーソナルトレーナー

自宅のトレーニングスペースを有効に活用できる

強度的な問題はありますが、折りたためるタイプは家庭用のベンチ台としては使いやすいです。

自宅にトレーニング環境を整えたい方の多くは、ほかにも面積をとるトレーニング器具を保有している場合が多く、それらが同じ室内にあるとトレーニングを行ないにくいばかりか、安全性にも関わります。

折りたたむことで不使用時には別のトレーニング機材を使ったりするなど、トレーニングスペースを有効に活用することができるのでおすすめです。

BangTong&Li『FOLDING FLAT BENCH(折たたみ式フラットベンチ)』

耐荷重300kgまであり高荷重のダンベルトレーニングに適したフラットベンチ。脚がたためるので収納に便利◎

>> Amazonで詳細を見る

ベンチの性能なども確認してみる

ランニングインストラクター・パーソナルトレーナー

スポーツジムなどにあるベンチ台の多くはシートの角度が変えられるタイプになっています。シートの角度を変えることで、バーベルやダンベルを上にあげた際、身体との角度を調節し、ほかの筋肉に刺激をかけたりすることができます。

よりきめ細かい部位にトレーニング効果を求めたいと思う上級者の方には、シート角度を変えられるタイプが、トレーニング経験に関わらず「自宅にトレーニング環境」をはじめて作りたいという方には、ベンチ台にバーベルを置けるラックなどがついているタイプがそれぞれおすすめです。

別々に購入すると手間がかかるばかりか、他社製品同士だとサイズ感などが合わず結果的に使いづらい場合があります。

ラックがついていることで立位でのバーベル種目なども行ないやすくなるため、トレーニング環境が充実します。

クロスプラネット『ファイティングロード ハードベンチ』

ベンチにラックがついたベンチプレスにぴったりなトレーニングベンチ。ラックの高さは調整可能で、ベンチはシットアップにもなります。

>> Amazonで詳細を見る

トレーニングベンチのおすすめ5選 パーソナルトレーナーが選ぶ

ここまで紹介したトレーニングベンチの選び方のポイントをふまえて、パーソナルトレーナーの田子 政昌さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

eSPORTS『リーディングエッジ マルチポジションベンチ(LE-B80)』

eSPORTS『リーディングエッジマルチポジションベンチ(LE-B80)』 eSPORTS『リーディングエッジマルチポジションベンチ(LE-B80)』 eSPORTS『リーディングエッジマルチポジションベンチ(LE-B80)』 eSPORTS『リーディングエッジマルチポジションベンチ(LE-B80)』 eSPORTS『リーディングエッジマルチポジションベンチ(LE-B80)』 eSPORTS『リーディングエッジマルチポジションベンチ(LE-B80)』 eSPORTS『リーディングエッジマルチポジションベンチ(LE-B80)』 eSPORTS『リーディングエッジマルチポジションベンチ(LE-B80)』

出典:Amazon

本体サイズ 幅54×奥行125×高さ42~123cm
重さ (約)18kg
耐荷重 300kg
角度調節 背面:6段階、座面:3段階
折りたたみ
Thumb lg 10920ecf bbaa 43bc 8c49 b68952fcb575

ランニングインストラクター・パーソナルトレーナー

シート角度調節可能な使いやすいタイプ

フラット状態での使用のほか、70度までのインクラインから-12度までのデクライン状態が作れる万能タイプ。

シートの角度を変えることで、フラット状態(通常の仰向け状態)で行なうダンベルプレス(ダンベルを上に押し上げる動き)で刺激をかけにくい大胸筋の上部・下部など、よりパーツを意識してトレーニングを行なえることから、しっかり身体づくりをしたい方にはシートの角度を変えられるタイプがおすすめです。

3点支持構造のためぐらつきが少ないことと、高い最大耐重量に設計されているので中・上級者にもおすすめできる構造になっています。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

WASAI(ワサイ)『マルチベンチ(MK035)』

WASAI(ワサイ)『マルチベンチ(MK035)』 WASAI(ワサイ)『マルチベンチ(MK035)』 WASAI(ワサイ)『マルチベンチ(MK035)』 WASAI(ワサイ)『マルチベンチ(MK035)』 WASAI(ワサイ)『マルチベンチ(MK035)』 WASAI(ワサイ)『マルチベンチ(MK035)』 WASAI(ワサイ)『マルチベンチ(MK035)』

出典:Amazon

本体サイズ 展開後:幅38×奥行160×高さ110cm
重さ (約)13kg
耐荷重 150kg
角度調節 5段階
折りたたみ -
Thumb lg 10920ecf bbaa 43bc 8c49 b68952fcb575

ランニングインストラクター・パーソナルトレーナー

座位でのトレーニング種目が充実する構造

通常のトレーニングベンチとしてではなく、下段のバーにダンベル・バーベル用のプレートを装着することで脚を鍛える「レッグエクステンション」「レッグカール」および付属のチェーンつきのハンドルを装着することで背中を鍛える「シーデッドローイング」などが可能になる構造になっているので、さまざまなトレーニングをしたい方におすすめです。

ベンチの構造もインクライン・デクラインのシート角度にすることができ、通常のダンベル・バーベル種目も幅広く実施することが可能な一台です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

クロスプラネット『ファイティングロード ハードベンチ』

クロスプラネット『ファイティングロードハードベンチ』 クロスプラネット『ファイティングロードハードベンチ』 クロスプラネット『ファイティングロードハードベンチ』 クロスプラネット『ファイティングロードハードベンチ』 クロスプラネット『ファイティングロードハードベンチ』

出典:Amazon

本体サイズ 本体:幅62×奥行126×高さ85~105cm、折り畳み:幅62×奥行49×高さ123cm
重さ 25kg
耐荷重 ラック部:150kg、シート部:200kg
角度調節 5段階
折りたたみ
Thumb lg 10920ecf bbaa 43bc 8c49 b68952fcb575

ランニングインストラクター・パーソナルトレーナー

ラックもついている折りたたみ式の家庭用ベンチ

バーベル系の種目(ベンチプレスなど)も行ないたい方はトレーニングベンチだけでなくバーベルラックが必要となります。

ファイティングロードのトレーニングベンチはラックつきのタイプもあり、折りたたみもできる家庭用のトレーニングベンチとしては、これ一台でトレーニング環境が一気に整うことになるので、自宅にトレーニング環境をはじめて作りたい方におすすめです。

シートの角度変更も可能となっており、シートについているバンドに足を通すことでシットアップベンチとしても使用可能です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

BangTong&Li『FOLDING FLAT BENCH(折たたみ式フラットベンチ)』

BangTong&Li『FOLDINGFLATBENCH(折たたみ式フラットベンチ)』 BangTong&Li『FOLDINGFLATBENCH(折たたみ式フラットベンチ)』 BangTong&Li『FOLDINGFLATBENCH(折たたみ式フラットベンチ)』 BangTong&Li『FOLDINGFLATBENCH(折たたみ式フラットベンチ)』 BangTong&Li『FOLDINGFLATBENCH(折たたみ式フラットベンチ)』 BangTong&Li『FOLDINGFLATBENCH(折たたみ式フラットベンチ)』 BangTong&Li『FOLDINGFLATBENCH(折たたみ式フラットベンチ)』

出典:Amazon

本体サイズ (約)幅38×奥行109×高さ44cm、折り畳み:(約)幅27×奥行105×高さ18cm
重さ 8.5kg
耐荷重 300kg
角度調節 -
折りたたみ
Thumb lg 10920ecf bbaa 43bc 8c49 b68952fcb575

ランニングインストラクター・パーソナルトレーナー

シンプルな構造でも高い耐重量がポイント

シンプルな構造のベンチを求めている方におすすめのフラットベンチ。滑り止めのついた安定性の高い接地面のほか、厚めのシートが骨組みとしっかり固定している構造。

耐荷重も300kgなので、トレーニング中に身体がぐらつくことが少なく、脚を浮かせた状態での仰向けの種目も安心して行なうことができます。

脚部は内側に折りたたむことができるため、収納時にはかなりコンパクトになるのもうれしいポイントです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

CuteeFox『マルチシットアップベンチ』

CuteeFox『マルチシットアップベンチ』 CuteeFox『マルチシットアップベンチ』 CuteeFox『マルチシットアップベンチ』 CuteeFox『マルチシットアップベンチ』 CuteeFox『マルチシットアップベンチ』 CuteeFox『マルチシットアップベンチ』 CuteeFox『マルチシットアップベンチ』 CuteeFox『マルチシットアップベンチ』 CuteeFox『マルチシットアップベンチ』

出典:Amazon

本体サイズ (約)幅42×奥行130×高さ40〜102cm
重さ (約)14kg
耐荷重 350kg
角度調節 7段階
折りたたみ
Thumb lg 10920ecf bbaa 43bc 8c49 b68952fcb575

ランニングインストラクター・パーソナルトレーナー

アームカールなども行なえる多機能ベンチ

多機能という点でおすすめなのがこちらのトレーニングベンチ。通常のトレーニングベンチとしての使用のほかに、上腕をしっかり鍛えるためのアームカール台がついているタイプとなりますので、上腕部も鍛えたい方におすすめです。

下部のバーに足を通すことで、シットアップベンチとしての使用のほか、バックエクステンション(背筋)台としての使用もできるため、体幹部のトレーニング種目も実施しやすい構造となっています。

「トレーニングベンチ」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
eSPORTS『リーディングエッジ マルチポジションベンチ(LE-B80)』
WASAI(ワサイ)『マルチベンチ(MK035)』
クロスプラネット『ファイティングロード ハードベンチ』
BangTong&Li『FOLDING FLAT BENCH(折たたみ式フラットベンチ)』
CuteeFox『マルチシットアップベンチ』
商品名 eSPORTS『リーディングエッジ マルチポジションベンチ(LE-B80)』 WASAI(ワサイ)『マルチベンチ(MK035)』 クロスプラネット『ファイティングロード ハードベンチ』 BangTong&Li『FOLDING FLAT BENCH(折たたみ式フラットベンチ)』 CuteeFox『マルチシットアップベンチ』
商品情報
特徴 シート角度調節可能な使いやすいタイプ 座位でのトレーニング種目が充実する構造 ラックもついている折りたたみ式の家庭用ベンチ シンプルな構造でも高い耐重量がポイント アームカールなども行なえる多機能ベンチ
本体サイズ 幅54×奥行125×高さ42~123cm 展開後:幅38×奥行160×高さ110cm 本体:幅62×奥行126×高さ85~105cm、折り畳み:幅62×奥行49×高さ123cm (約)幅38×奥行109×高さ44cm、折り畳み:(約)幅27×奥行105×高さ18cm (約)幅42×奥行130×高さ40〜102cm
重さ (約)18kg (約)13kg 25kg 8.5kg (約)14kg
耐荷重 300kg 150kg ラック部:150kg、シート部:200kg 300kg 350kg
角度調節 背面:6段階、座面:3段階 5段階 5段階 - 7段階
折りたたみ -
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年1月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月30日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする トレーニングベンチの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのトレーニングベンチの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ウェイトトレーニングベンチランキング
楽天市場:プレスベンチ・トレーニングベンチランキング
Yahoo!ショッピング:シットアップベンチランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

パーソナルトレーナーからアドバイス トレーニング種目・スペースに合ったアイテム選択を

ランニングインストラクター・パーソナルトレーナー

自宅などにトレーニング環境を整えたい方はとても多いですが、多くの方は実施したいトレーニング種目や実際のトレーニングスペースを考慮せず購入してしまい、「買ったけれどあまり使わない……」という声をよく聞くのがこのようなトレーニングベンチです。

しかし、トレーニングベンチがあることで寝た状態でのバーベル・ダンベル種目は確実に効果が高まります。また、座位でトレーニングをすることで上方向へ持ち上げるトレーニング種目も足や腰に負担をかけずに行なえるため、行なうトレーニング種目のイメージが広がります。

継続してトレーニングを行なう方には必要なアイテムなので、よく比較して購入を検討してみてください。

自宅でトレーニングできる筋トレ製品を紹介 【関連記事】

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

2020/05/22 一部修正のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 横尾忠徳)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


手首サポーターのおすすめ13選|サイズ・素材・タイプで選ぶ!

手首サポーターのおすすめ13選|サイズ・素材・タイプで選ぶ!

手の使いすぎで起こる腱鞘炎や、テニスやバレーボールといったスポーツをするときは、手首サポーターで手首を保護しましょう。本記事では、現役医師・きむらまきこさんと編集部が選んだ手首サポーター13選を紹介します。選ぶ際のポイントも解説していますので、自分に合った手首サポーター選びに役立ててください。


活動量計おすすめ16選|Fitbit/ガーミン/オムロン/タニタ製品を厳選!

活動量計おすすめ16選|Fitbit/ガーミン/オムロン/タニタ製品を厳選!

活動量計を使えば、歩数・歩行距離・消費カロリーなど、日常生活における行動を記録することができます。本記事では、マラソン完走請負人の牧野 仁さんと編集部が選ぶ「Fitbit」「ガーミン」「オムロン」「タニタ」の活動量計おすすめモデル10選+他メーカー番外編6選をご紹介します。さらに、選び方のポイントについても解説していますので、本記事を参考に、ぜひ自分に合った商品を見つけてみてください。


縄跳びおすすめ15選|ダイエットやトレーニングに!【子どもから大人まで】

縄跳びおすすめ15選|ダイエットやトレーニングに!【子どもから大人まで】

フィットネストレーナー講師の曽谷英之さん監修のもと、おすすめの縄跳びを15選紹介します! 縄跳びはロープの素材や留め具の形状などの機能性により、使い勝手や跳び心地が異なるため、自分に合うものを選ぶことが重要です。また自宅でも使えるエア縄跳びも登場しています。この記事では、縄跳びの上手な選び方や上手なトレーニング方法も解説していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。


トレーニンググッズのおすすめ21選|専門家と編集部が厳選【自宅で気軽に筋トレ!】

トレーニンググッズのおすすめ21選|専門家と編集部が厳選【自宅で気軽に筋トレ!】

スポーツトレーナーの内田英利さんへの取材をもとに、人気のトレーニンググッズの選び方とおすすめ商品をご紹介します。自宅にトレーニンググッズがあれば、筋トレやシェイプアップをしたいときにいつでも取り組むことができますね。グッズを購入したいと考えたとき、より使いやすいのはどんなグッズか気になる方は多いでしょう。数あるトレーニンググッズから厳選した商品を紹介しますのでぜひ参考にしてください。


ランニングジャージおすすめ8選|動きやすさが重要【撥水・吸水速乾・保温機能も】

ランニングジャージおすすめ8選|動きやすさが重要【撥水・吸水速乾・保温機能も】

マラソン完走請負人の牧野 仁さんに、ランニングジャージの選び方とおすすめ商品についてうかがいました。ランニングを行う際、気軽に着れるウエアとしてジャージがありますが、いざ選ぶとなるとなにを基準に選べばいいのかわからない人も多いのではないでしょうか? 快適なランニングにはシューズだけでなくウエアも大切になってきます。ランニング以外にもトレーニングやちょっとした運動にも使えるので、お気に入りの1着を探してみてはいかがでしょうか?


関連するブランド・メーカー


WASAI(ワサイ) eSPORTS

新着記事


クライミング用アッセンダーおすすめ11選│ハンド用とチェスト用の種類別に徹底比較!

クライミング用アッセンダーおすすめ11選│ハンド用とチェスト用の種類別に徹底比較!

アッセンダーは登高器とも呼ばれるクライミング時に使用するギア。ロープ上に固定し、クライミングを効率よくするものです。この記事では、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだおすすめの商品を紹介します。サイズ・重量・右手用と左手用など、クライミング用アッセンダーの選び方についても解説していますので、ぜひ参考にしてください。


火起こし送風機おすすめ8選|初心者でもかんたん【電動・手動も】

火起こし送風機おすすめ8選|初心者でもかんたん【電動・手動も】

キャンプやバーベキューで炭を使って火を起こすとき、うちわであおいでいると時間がかかりますが、火起こし送風機を使えば、効率よく炭に風を送り、かんたんに火を起こすとができます。この記事では、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだ、電動式と手動式それぞれのおすすめ商品をご紹介します。効率よく火を起こして、バーベキューやたき火を快適に楽しみましょう!


菜切り包丁おすすめ12選|切れ味、ステンレス製で調理効率があがる【お手入れ方法も】

菜切り包丁おすすめ12選|切れ味、ステンレス製で調理効率があがる【お手入れ方法も】

野菜を刻んだり切ったりするときに大活躍する「菜切り包丁」。しかし菜切り包丁といっても素材・大きさがさまざまで、なにを選べばいいか悩んでしまいますよね。この記事では、フードコーディネーターの加治佐由香里さんと編集部が、菜切り包丁の選び方と厳選したおすすめの12商品をご紹介します。


2020年【ギターワイヤレスシステム】おすすめ12選|自宅やライブで!

2020年【ギターワイヤレスシステム】おすすめ12選|自宅やライブで!

ギターとアンプをシールドを使わずに接続できる機材がギターワイヤレスシステム。それぞれ、チャンネル数、使用周波数帯、通信可能範囲などが異な音楽機材です。そこで、 ピアノ講師/元大手楽器メーカー勤務・山野辺祥子さんと編集部で、ギターワイヤレスシステムを選ぶときのポイントと、おすすめ商品12選をご紹介します。


ミニカーのおすすめ商品12選|素材、手押し・プルバック型など厳選!

ミニカーのおすすめ商品12選|素材、手押し・プルバック型など厳選!

子どものとき大好きだったミニカー。大人にとっても単なるオモチャではありません。バス、スポーツカー、パトカー、消防車など、車は今でも男の子の憧れ。そこで、大人と子どもが一緒に遊べるミニカーのおすすめ商品12選を、保育士の武田優希さんと編集部が厳選しました。選び方もあわせてご紹介します。


人気の記事


>>総合ランキングを見る