PR(アフィリエイト)

トレーニングラダーおすすめ5選|瞬発力アップの練習に効果的

トレーニングラダーおすすめ5選|瞬発力アップの練習に効果的
トレーニングラダーおすすめ5選|瞬発力アップの練習に効果的

◆本記事はプロモーションが含まれています。
◆本記事は2019年11月19日に公開された記事です。


ラダートレーニングというと、はしご状になった道具の上で素早くステップを踏むなど、ステップワークを繰り替えし行なうことを想像する方が多いと思います。

また、敏捷性やリズム感、バランス感覚、判断力のほか、トレーニングの強度を高めることで瞬発力などを意識したトレーニングを行なうことができ、商品のなかには、多角形タイプや収納袋付き4点セットもあります。

本記事では、トレーニングラダーの選び方とおすすめ商品をご紹介。記事後半には、通販サイトの口コミや評判、最新人気ランキングやスペック比較表もありますので、ぜひチェックしてみてください。


目次

トレーニングラダーの選び方 トレーニングラダーおすすめ5選 ラダーのマス目のサイズ感も気にする
全てを見る全てを見る

この記事を担当するエキスパート

ランニングインストラクター・パーソナルトレーナー
田子 政昌
日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナーをはじめ国内外の数多くの指導ライセンスを保有しており、神奈川県内でランニング・かけっこのスクール事業を展開しながら、パーソナルジムの経営を行っています。 現在も現役で陸上競技大会に出場しており、選手としての自身の目線や大手スポーツ量販店での社員経験・これまでの運動指導経験を活かして様々なスポーツ関連の記事執筆に関わってきました。 各種スポーツ教室・健康運動教室・講演会などのご依頼もお請けしております。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:スポーツ・自転車、アウトドア・キャンプ、自動車・バイク
大熊 武士

「スポーツ・自転車」「アウトドア・キャンプ」「自動車・バイク」カテゴリーを担当。休日は車やバイクでドライブ・ツーリングを満喫し、ゴルフ、釣り、キャンプといったアウトドア全般を楽しむパパ編集者。おすすめルートは草津から志賀高原に抜ける日本一高い国道292号線。元WEBデザイナーでIT編集者という経歴も持つ。

トレーニングラダーの選び方

それでは、トレーニングラダーの基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記の3つ。

【1】長さのコントロールができるものがおすすめ
【2】設置後絡まったり、ズレたりしにくいものを
【3】ほかのトレーニング器具とセットで使えるとなおよし


上記の3つのポイントを押さえることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】長さのコントロールができるものがおすすめ

トレーニングをする女子選手

Photo by Jeffrey F Lin on Unsplash

トレーニングをする女子選手

Photo by Jeffrey F Lin on Unsplash

ランニングインストラクター・パーソナルトレーナー:田子 政昌

ランニングインストラクター・パーソナルトレーナー

ラダートレーニングで訓練する動作は比較的素早い動作が多く、あまり反復する回数(時間)が多いとトレーニングの1セットを行なう最中に、動作の質が下がってしまうことがあります。

トレーニング種目や行なう方のレベルによって、トレーニングの量をコントロールできることは重要となるため、ラダー本体を分割併合できたり、はしご部分の間隔を調節できるようなタイプであれば、幅広いレベルの方に使いやすくおすすめです。

【2】設置後絡まったり、ズレたりしにくいものを

 
ランニングインストラクター・パーソナルトレーナー:田子 政昌

ランニングインストラクター・パーソナルトレーナー

トレーニングラダーによっては、はしご部分がプラスチックかつ空洞で軽量のため、足が当たるだけでかんたんにズレたりひっくりかえってしまうものがあります。

ある程度構造に重量があることで設置後安定するため、トレーニング最中に修正するわずらわしさは減るように思えます。また、アタッチメント(留め具)がついているタイプは収納の際に絡まりを防ぎ、長く使う際には使いやすくおすすめです。

【3】ほかのトレーニング器具とセットで使えるとなおよし

 
ランニングインストラクター・パーソナルトレーナー:田子 政昌

ランニングインストラクター・パーソナルトレーナー

トレーニングラダーを使った運動のほかにも、さまざまなステップ動作やランニング動作を行なうことが、より高いトレーニング効果を出すコツとなります。

さまざまな器具とあわせてトレーニングを行なうことで、よりバリエーションに富んだトレーニングを行なうことができます。ほかの機材とセットになっているタイプは、いくつかのトレーニング種目をパッケージして実施できるのでおすすめです。

トレーニングラダーおすすめ5選

上記でご紹介した選び方のポイントをふまえて、おすすめトレーニングラダーをご紹介。それぞれのスペックを見比べて、用途にあった商品を探してみてくださいね。

エキスパートのおすすめ

Fungoal 『スピードヘキサゴン』

Fungoal『スピードヘキサゴン』 Fungoal『スピードヘキサゴン』 Fungoal『スピードヘキサゴン』 Fungoal『スピードヘキサゴン』 Fungoal『スピードヘキサゴン』 Fungoal『スピードヘキサゴン』 Fungoal『スピードヘキサゴン』 Fungoal『スピードヘキサゴン』
この商品を見るview item 出典:Amazon
Fungoal『スピードヘキサゴン』 Fungoal『スピードヘキサゴン』 Fungoal『スピードヘキサゴン』 Fungoal『スピードヘキサゴン』 Fungoal『スピードヘキサゴン』 Fungoal『スピードヘキサゴン』 Fungoal『スピードヘキサゴン』 Fungoal『スピードヘキサゴン』
この商品を見るview item 出典:Amazon
ランニングインストラクター・パーソナルトレーナー:田子 政昌

ランニングインストラクター・パーソナルトレーナー

さまざまな方向へステップ動作を習得しやすいタイプ

海外ではすでにメジャーになりつつあるヘキサゴン(六角形)トレーニングラダー。通常のトレーニングラダーと同様の使い方はもちろん、1マスごとに脱着することができるため、さまざまな方向につなげ、トレーニングの刺激や強度を都度変えることが可能です。

同じ方向へのステップ動作はトレーニングの基本ですが、実際のスポーツ動作では、方向転換が加わり、それに対応することを求められるので、近年この商品を使う方が多くなってきています。使い方がわからないという方にも安心な、18種類のマニュアルが付録されています。

ラダーサイズ 一辺39cmの六角形(6つ並べると294cm)
マスの調整機能
素材 ポリプロピレン
その他、付属品 トレーニングマニュアル

ラダーサイズ 一辺39cmの六角形(6つ並べると294cm)
マスの調整機能
素材 ポリプロピレン
その他、付属品 トレーニングマニュアル

LICLI『ラダー』

LICLI『ラダー』 LICLI『ラダー』 LICLI『ラダー』 LICLI『ラダー』 LICLI『ラダー』 LICLI『ラダー』 LICLI『ラダー』
この商品を見るview item 出典:Amazon
LICLI『ラダー』 LICLI『ラダー』 LICLI『ラダー』 LICLI『ラダー』 LICLI『ラダー』 LICLI『ラダー』 LICLI『ラダー』
この商品を見るview item 出典:Amazon

相手よりも素早く動くためのサポート

俊敏性・敏捷性をアップさせたい人におすすめの商品です。足腰のトレーニング、ボディバランスのトレーニングなどに使用可能です。

ワンタッチで長さが簡単に調節できるのも特徴です。複数購入することで、より長いラダーにすることができるので便利です。

収納サイズも小さい為、持ち運びも簡単にできるのでおすすめです。

ラダーサイズ 横42cm 幅0.4cm、長さ5m 7m 9m
マスの調整機能
素材 PPプラスチック
その他、付属品 収納袋

ラダーサイズ 横42cm 幅0.4cm、長さ5m 7m 9m
マスの調整機能
素材 PPプラスチック
その他、付属品 収納袋

エキスパートのおすすめ

SKLZ『エレベーションラダー』

SKLZ『エレベーションラダー』 SKLZ『エレベーションラダー』 SKLZ『エレベーションラダー』 SKLZ『エレベーションラダー』 SKLZ『エレベーションラダー』 SKLZ『エレベーションラダー』 SKLZ『エレベーションラダー』 SKLZ『エレベーションラダー』 SKLZ『エレベーションラダー』
この商品を見るview item 出典:Amazon
SKLZ『エレベーションラダー』 SKLZ『エレベーションラダー』 SKLZ『エレベーションラダー』 SKLZ『エレベーションラダー』 SKLZ『エレベーションラダー』 SKLZ『エレベーションラダー』 SKLZ『エレベーションラダー』 SKLZ『エレベーションラダー』 SKLZ『エレベーションラダー』
この商品を見るview item 出典:Amazon
ランニングインストラクター・パーソナルトレーナー:田子 政昌

ランニングインストラクター・パーソナルトレーナー

トレーニング強度が上がるエレベーションラダー

通常のトレーニングラダーとして使うことはもちろん、ワンタッチで高さ10cmのミニハードル状の形に変形させることが可能。ちょっとした高さが加わることで、ステップの難度(脚をしっかり引き上げないといけない)が高まり、ランニングフォームを習得する際には、その動作を意識しやすくなります。

また、両サイドの部分はロープではないので絡まらず、この部分を折りたたんで収納することもできます。使いやすさに考慮しているのもうれしいポイントです。

ラダーサイズ 幅66×長さ213cm
マスの調整機能
素材 ABS樹脂、ポリプロピレン、ポリエステル
その他、付属品 収納バッグ

ラダーサイズ 幅66×長さ213cm
マスの調整機能
素材 ABS樹脂、ポリプロピレン、ポリエステル
その他、付属品 収納バッグ

エキスパートのおすすめ
ランニングインストラクター・パーソナルトレーナー:田子 政昌

ランニングインストラクター・パーソナルトレーナー

置くだけで使用できるスティックタイプ

両サイドがベルトで留まっているラダーが一般的ですが、これは中央のはしご部分だけが留まっているアイテムです。一見ただのプラスチックの棒ですが、頑丈で踏みつけても破損しにくくなっています。

自由に設置することができるため、トレーニング刺激を大きく可変することが可能。ステップ動作のほかにも、広め(トレーニングを行なう方の身長程度)に設置すると全力のスプリントトレーニングに使用でき、規則的なフォームづくりや、正しい足運びを習得したいときに役立ちます。

ラダーサイズ 幅3×高さ1.3×長さ40cm
マスの調整機能 -
素材 -
その他、付属品 ソフトケース

ラダーサイズ 幅3×高さ1.3×長さ40cm
マスの調整機能 -
素材 -
その他、付属品 ソフトケース

トーエイライト『カラースピードラダー』

トーエイライト『カラースピードラダー』 トーエイライト『カラースピードラダー』 トーエイライト『カラースピードラダー』
この商品を見るview item 出典:Amazon
トーエイライト『カラースピードラダー』 トーエイライト『カラースピードラダー』 トーエイライト『カラースピードラダー』
この商品を見るview item 出典:Amazon

俊敏性を高めるトレーニングに効果的

脳から身体への情報伝達速度を上げ、俊敏性を高めるトレーニングに効果的なトレーニングラダーです。4色のカラーを使用しているので見た目も鮮やかで楽しみながらトレーニングが出来ます。

耐久性、柔軟性があるので、割れる心配がなく、簡単に使用することができます。

携帯用キャリーバック付きで4本まとめて入るので、持ち運びも便利です。

ラダーサイズ 長さ260cm、幅50cm
マスの調整機能
素材 ナイロンベルト、プレートPE樹脂製
その他、付属品 連結用ベルト4本、ジョイント16個、固定用クイ8本、吸盤8個、携帯用キャリーバッグ

ラダーサイズ 長さ260cm、幅50cm
マスの調整機能
素材 ナイロンベルト、プレートPE樹脂製
その他、付属品 連結用ベルト4本、ジョイント16個、固定用クイ8本、吸盤8個、携帯用キャリーバッグ

おすすめ商品の比較一覧表

画像 Fungoal 『スピードヘキサゴン』 LICLI『ラダー』 SKLZ『エレベーションラダー』 CramerJapan『スティックラダー』 トーエイライト『カラースピードラダー』
商品名 Fungoal 『スピードヘキサゴン』 LICLI『ラダー』 SKLZ『エレベーションラダー』 CramerJapan『スティックラダー』 トーエイライト『カラースピードラダー』
商品情報
特徴 さまざまな方向へステップ動作を習得しやすいタイプ 相手よりも素早く動くためのサポート トレーニング強度が上がるエレベーションラダー 置くだけで使用できるスティックタイプ 俊敏性を高めるトレーニングに効果的
ラダーサイズ 一辺39cmの六角形(6つ並べると294cm) 横42cm 幅0.4cm、長さ5m 7m 9m 幅66×長さ213cm 幅3×高さ1.3×長さ40cm 長さ260cm、幅50cm
マスの調整機能 -
素材 ポリプロピレン PPプラスチック ABS樹脂、ポリプロピレン、ポリエステル - ナイロンベルト、プレートPE樹脂製
その他、付属品 トレーニングマニュアル 収納袋 収納バッグ ソフトケース 連結用ベルト4本、ジョイント16個、固定用クイ8本、吸盤8個、携帯用キャリーバッグ
商品リンク

※各社通販サイトの 2023年9月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年9月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年9月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年9月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年9月5日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする トレーニングラダーの売れ筋をチェック

Amazonでのトレーニングラダーの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:トラック競技用品ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

ラダーのマス目のサイズ感も気にする

ランニングインストラクター・パーソナルトレーナー:田子 政昌

ランニングインストラクター・パーソナルトレーナー

これまで、トレーニングラダーは球技系の選手などがウォーミングアップで行なうケースが多い傾向でしたが、とくに最近では子ども向けのスポーツスクールでも実施するケースがあるようです。

40cmを超える大きさのマス目だと子どもでは上手にトレーニング動作ができなかったり、逆に30cm程度だと大人では足を入れにくく使いづらい場合があります。

どんなトレーニング動作を行なうかにもよりますが、トレーニングラダーを選ぶ際に比較するスペックとして、ひとマスごとのサイズについても気にしておくといいでしょう。

関連記事

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button