ショアジギングリールおすすめ5選|シマノやダイワなど定番ブランドもご紹介!

ショアジギングリールおすすめ5選|シマノやダイワなど定番ブランドもご紹介!
キャンプ/釣りライター
中山 一弘

青年期に始めた釣り新聞への寄稿を始めとして、サイトAllAboutでのフィッシングガイドを務める。 ほかにも雑誌『Salty!(ソルティ)』やアウトドア系の雑誌やWeb媒体などでの執筆多数。 今も休日には必ず海山湖を駆けまわっている自然派で、あらゆるジャンルの釣りを体験し、季節に合わせて日本中の旬な魚を追っている。 キャンプ用品は、あえて払い下げのミリタリー系ギアで揃えるマニアな一面も。

ショアジギングは、岸からメタルジグなどを投げて青物をメインに狙うゲームです。サーフや堤防、磯などさまざまなシチュエーションで手軽に大物が狙えるため、とても人気が高まっている釣りです。ただ、見るからにリールには過酷な釣りに見えますが、実際はどうなのでしょう。釣りライターの中山一弘さんに、ショアジギング用のリールの選び方とおすすめ製品を聞いてみました。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


ショアジギングリールの選び方は? 釣りライターに聞いた

釣りライターの中山一弘さんに、ショアジギングリールを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。

魚のアタリを待つ

Photo by Tyson Dudley on Unsplash

サーフや堤防など、さまざまなシチュエーションで手軽に大物が狙えるショアジギング。

やりたいショアジギでリールを選ぶ!

キャンプ/釣りライター

ショアジギングは軽くて小さいメタルジグを中心に、小~中型魚を狙うライトなものから、サーフで思いきり遠投して中型魚を狙うオーソドックスなもの、磯や堤防で深みにヘビーウエイトのジグを投げて大型魚を狙うタイプまで、いろいろなフィールドがあります。

それぞれに適切なサイズがありますが、汎用(はんよう)スピニングリールでシマノは4,000番、ダイワは3,500番を中心に考えればよいです。ライトなものはシーバスタックルが流用できることもありますので柔軟に考えてよいですが、大型魚を狙っていくならそれなりの危険も伴うのでしっかりした装備をしましょう。

シマノ『ツインパワー XD 4000XG』

優れた耐久性を追求したモデルで、過酷な環境にもしっかり対応する強度を実現。高い防水性も備え、初心者からベテランまでおすすめの製品です。

>> Amazonで詳細を見る

ドラグ力、パワーハンドル、ギア比は? 機能をしっかり吟味しよう

キャンプ/釣りライター

ショアジギングは、ライトショアジギングでも大型魚が掛かる可能性がある釣りなので、選ぶリールのドラグ力は高いに越したことはありません。魚の強い引きに対応できる、しっかりしたドラグを持っている製品を選ぶのは最重要ポイントです。

また、投げて巻くを繰り返す釣りなので疲れにくいパワーハンドルが有利です。ギア比に関してはそれぞれの考え方もありますが、ナブラなどのチャンスをものにしていくには回収が早いハイギアが最適です。

一日に何度もないチャンスタイムのときに、ルアーが水中からなかなか戻ってこないもどかしさはあまり味わってほしくありません。アクションの幅も広くなりますから、ギア比の高いものを選ぶのがよいです。

ベイトリールも人気に!

キャンプ/釣りライター

タックルの進化でショアジギングでも狙える魚が大きくなってきたこともあって、ベイトリールを使う人も増えてきました。

キャストのしやすさやファイトを有利にできるなど、ベイトリールにはさまざまなメリットがありますが、絡んでしまうとほどきづらいPEラインを使用するので、完璧なサミングが求められます。

重いメタルジグで調整するので、あまりバックラッシュは起こらないと思いますが、もしベイトリールをはじめて使うのであれば、ナイロンラインなどで練習してから本番に臨むのがおすすめです。

シマノ『ヴァンキッシュ C5000XG』

徹底した軽量化を行い、操作性と感度がアップ。軽くて疲れにくいだけでなく、ボディの剛性さやギア耐久性を両立しています。

>> Amazonで詳細を見る

ショアジギングリールのおすすめ5選! 釣りライターが厳選

上で紹介したショアジギングリールの選び方のポイントをふまえて、釣りライターの中山一弘さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

シマノ『ツインパワー XD 4000XG』

シマノ『ツインパワーXD4000XG』

出典:Amazon

ギア比 6.2:1
ドラグ 11kg
糸巻量 PE1.5号320m、2号210m
自重 290g
Thumb lg 9e85a6da 7fe7 4063 b6de e73f47b48d34

キャンプ/釣りライター

初心者からベテランまでおすすめ!

この製品は、耐久性を高めるためのチューニングが施されたスペシャルモデルです。これによってショアジギングのように、リールには過酷な釣りでも十分対応できる強さを身につけています。

もともと、シマノのスタンダードモデルとして人気のモデルだったので、ベースモデルから継承される品質と信頼性は上位機種には負けません。大物と渡り合うためのすべてが詰まったおすすめの製品です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ダイワ『BG 3500H』

ダイワ『BG3500H』

出典:Amazon

ギア比 5.7:1
ドラグ 8kg
糸巻量 PE2号300m
自重 400g
Thumb lg 9e85a6da 7fe7 4063 b6de e73f47b48d34

キャンプ/釣りライター

タフネスとコストパフォーマンスが両立

上位機種ゆずりのタフネスと信頼のドラグで、ショアジギングに幅広く対応できる製品。価格からは信じられない仕上がりで、ドラグも間違いなく優秀です。

大きめのハンドルも握りやすく、リーリングはもちろん長時間のファイトでも疲れにくい作りです。入門機としては文句なく、長く使える一台といえるでしょう。

ラインキャパシティも十分なので、オフショアもいけます!

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

シマノ『ヴァンキッシュ C5000XG』

シマノ『ヴァンキッシュC5000XG』

出典:Amazon

ギア比 5.8:1
ドラグ 6.4kg
糸巻量 PE1.5号150m
自重 294g
Thumb lg 9e85a6da 7fe7 4063 b6de e73f47b48d34

キャンプ/釣りライター

軽さと強さが武器になるショアジギング最強モデル

このリールのすごさは高精度なギアと強靭(きょうじん)な作りを持ちながら、圧倒的軽さを実現しているところにあります。ショアジギングは、メタルジグを繰り返し長時間投げ続けるゲームですから、疲労対策も必要です。

しかし、このリールをセットすれば疲れにくいだけでなく、ロッドアクションもつけやすくなり、リズムよく攻めることができます。ショアジギングに夢中になったらぜひ手に入れてほしい製品です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

アブガルシア『スーペリア 4000SH』

アブガルシア『スーペリア4000SH』

出典:Amazon

ギア比 6.2:1
ドラグ 7kg
糸巻量 PE2号220m
自重 288g
Thumb lg 9e85a6da 7fe7 4063 b6de e73f47b48d34

キャンプ/釣りライター

スペアスプール付きでお得! 入門機に最適

十分な機能と軽量ボディで、使いやすさ抜群のショアジギング対応スピニングリール「SUPERIOR(スーペリア)」です。コストパフォーマンスが高く、価格帯からは想像できない仕上がりです。

パワーハンドルを最初から装備しているので、リトリーブを繰り返すショアジギングに最適です。また、6.2:1のハイギアなので巻き取りもスピーディー。手返しが重要な釣りなので、ハイギアは散発的に表れるナブラ撃ちをする際の必須条件です。

入門用としてはもちろん、ベテランの予備機としてもおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

テイルウォーク『エラン スーパーワイドパワー 71BR』

テイルウォーク『エランスーパーワイドパワー71BR』

出典:Amazon

ギア比 7.1:1
ドラグ 14kg
糸巻量 PE2号500m
自重 450g
Thumb lg 9e85a6da 7fe7 4063 b6de e73f47b48d34

キャンプ/釣りライター

さらに強力になったベイトキャスティングリール

ショアジギ用ベイトリールとして有名な「ELAN(エラン)」ですが、同シリーズを1サイズアップし、ドラグもさらに強力になっているモデルがこちらです。

14kgとこれまにない強力なドラグは引き出すことが困難なほど。大型魚に一切のアドバンテージを与えず力でねじ伏せる。そんなストロングスタイルな釣りにこのリールは欠かせません。

ダブルハンドル、シングルハンドルが両方付いてきますから、戦いやすいほうをセットしましょう。ストイックなアングラーにおすすめのタフなアイテムです。

「ショアジギングリール」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
シマノ『ツインパワー XD 4000XG』
ダイワ『BG 3500H』
シマノ『ヴァンキッシュ C5000XG』
アブガルシア『スーペリア 4000SH』
テイルウォーク『エラン スーパーワイドパワー 71BR』
商品名 シマノ『ツインパワー XD 4000XG』 ダイワ『BG 3500H』 シマノ『ヴァンキッシュ C5000XG』 アブガルシア『スーペリア 4000SH』 テイルウォーク『エラン スーパーワイドパワー 71BR』
商品情報
特徴 初心者からベテランまでおすすめ! タフネスとコストパフォーマンスが両立 軽さと強さが武器になるショアジギング最強モデル スペアスプール付きでお得! 入門機に最適 さらに強力になったベイトキャスティングリール
ギア比 6.2:1 5.7:1 5.8:1 6.2:1 7.1:1
ドラグ 11kg 8kg 6.4kg 7kg 14kg
糸巻量 PE1.5号320m、2号210m PE2号300m PE1.5号150m PE2号220m PE2号500m
自重 290g 400g 294g 288g 450g
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年10月4日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年10月4日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年10月4日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年10月4日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年10月4日時点 での税込価格

通販サイトのショアジギングリールランキングを参考にする

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのショアジギングリールの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:スピニングリールランキング
楽天市場:スピニングリールランキング
Yahoo!ショッピング:スピニングリールランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

スペアスプールを用意しましょう

キャンプ/釣りライター

製品紹介でも触れていますが、ショアジギングはライン交換をする機会が多い釣りです。ラインの太さを変更するのはもちろん、重たいメタルジグを遠くへ投げるので、手前のブレイクや障害物にラインヒットしやすい条件がたくさんあります。

大型魚が掛かった瞬間に傷んだ部分からプツン……というのは避けたいですよね。いつでも交換できるようスペアスプールに替えのラインを用意しておくとよいです。

【そのほかのリールを検討したい方】こちらの記事もチェック

かんたんに仕掛けやルアーを遠くに飛ばすことができるスピニングリールは、釣りに必須のアイテムです。しかし、その種類は多く、どのように使い分けるのかわからないこともあるでしょう。そこで、釣りライターの中山一弘さんにスピニングリールの種類と選び方のコツ、代表的な製品について話をうかがってみました。

バス釣りで使うベイトリールは、各メーカーからさまざまなものが販売されています。ひと昔前に比べて性能も格段によくなっており、初心者でも簡単に扱えるものなども多く、開発技術が大幅に進歩しています。こちらでは、フィッシングライターのお魚店長に聞いた、バス釣りベイトリールの選び方のポイントとおすすめ商...

ベイトリールはルアーの飛距離をコントロールしやすく、よりタイトにポイントを攻めることができるルアーフィッシング必須のアイテムです。上達すれば障害物ギリギリにソフトに着水させたり、木が水面近くまで生い茂るポイントへルアーをスキップさせてキャストすることも可能になります。この記事では、釣りライター...

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

2020/01/27 一部本文を修正しました。(マイナビおすすめナビ編集部 名原広雄)

※2020/04/28 タイトル変更のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 水貝英斗)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


電動リール用バッテリーおすすめ5選|選び方のポイントもご紹介!

電動リール用バッテリーおすすめ5選|選び方のポイントもご紹介!

沖釣りでは電動リールを使う釣りが人気です。ただ、電動リールはモーターで動きますから電力の供給が必要です。電動リールを使うと釣りがとてもラクになりますが、安心して一日遊ぶためにはどんなバッテリーを用意すればよいのでしょう。こちらの記事では釣りライターの中山一弘さんに、電動リール用バッテリーの選び方のコツとおすすめ製品をうかがいました。


スピニングリールおすすめ5選|磯釣りに最適なものもご紹介!

スピニングリールおすすめ5選|磯釣りに最適なものもご紹介!

かんたんに仕掛けやルアーを遠くに飛ばすことができるスピニングリールは、釣りに必須のアイテムです。しかし、その種類は多く、どのように使い分けるのかわからないこともあるでしょう。そこで、釣りライターの中山一弘さんにスピニングリールの種類と選び方のコツ、代表的な製品について話をうかがってみました。


ダイワ【ベイトリール】おすすめ商品5選|ギア比・ドラッグパワーなど特徴で選ぶ!

ダイワ【ベイトリール】おすすめ商品5選|ギア比・ドラッグパワーなど特徴で選ぶ!

釣りライターが選ぶベイトリールおすすめ商品5選をご紹介します。あらゆる釣り人に人気のベイトリールメーカーといえば真っ先にダイワが思い浮かびます。コストパフォーマンスモデルから、トッププロが愛用するハイエンドモデルまで幅広いラインナップも魅力ですが、どのような製品を選べばよいか難しい部分もあります。そこで、釣りライターの中山一弘さんに、ダイワのベイトリールの選び方とおすすめ商品について教えてもらいました。最後に各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、ぜひ参考にしてみてください。


釣りライターがおすすめ【ベイトフィネスロッド5選】|軽量ルアーの釣りを極める

釣りライターがおすすめ【ベイトフィネスロッド5選】|軽量ルアーの釣りを極める

10g以下の軽量リグや軽量ルアーをある程度太いラインでも扱えるベイトフィネスは、ブラックバスフィッシングに欠かせないメソッドになりました。また、ベイトタックルの高いコントロール性を活かせるトラウトフィッシングでもベイトフィネスが人気です。専用ロッドがたくさん出ていますが、どのように選べばよいのでしょうか。釣りライターの中山一弘さんに選び方のコツとおすすめ製品を聞いてみました。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


【フィッシングライターが厳選】バス釣りベイトリールのおすすめ8選

【フィッシングライターが厳選】バス釣りベイトリールのおすすめ8選

バス釣りで使うベイトリールは、各メーカーからさまざまなものが販売されています。ひと昔前に比べて性能も格段によくなっており、初心者でも簡単に扱えるものなども多く、開発技術が大幅に進歩しています。こちらでは、フィッシングライターのお魚店長に聞いた、バス釣りベイトリールの選び方のポイントとおすすめ商品を紹介します。


新着記事


司法書士事務所のおすすめ11選|債務整理の費用からそれ以外の相談まで

司法書士事務所のおすすめ11選|債務整理の費用からそれ以外の相談まで

最近は実にたくさんの法律事務所が、過払い金請求のCMなどで宣伝をしています。しかし債務整理の相談はデリケートな問題であり、周囲に知られたくないという方もいるでしょう。また、CMなどで有名なところよりも、さらに実績があって信頼できる司法書士事務所もたくさんあります。そこで本記事では、司法書士事務所のおすすめ11選をFP2級技能士の逆瀬川勇造さんの解説とともにご紹介します。債務整理以外の相談ができるところもありますので、ぜひ参考にしてくださいね。


クライミング用アッセンダーおすすめ11選│ハンド用とチェスト用の種類別に徹底比較!

クライミング用アッセンダーおすすめ11選│ハンド用とチェスト用の種類別に徹底比較!

アッセンダーは登高器とも呼ばれるクライミング時に使用するギア。ロープ上に固定し、クライミングを効率よくするものです。この記事では、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだおすすめの商品を紹介します。サイズ・重量・右手用と左手用など、クライミング用アッセンダーの選び方についても解説していますので、ぜひ参考にしてください。


火起こし送風機おすすめ8選|初心者でもかんたん【電動・手動も】

火起こし送風機おすすめ8選|初心者でもかんたん【電動・手動も】

キャンプやバーベキューで炭を使って火を起こすとき、うちわであおいでいると時間がかかりますが、火起こし送風機を使えば、効率よく炭に風を送り、かんたんに火を起こすとができます。この記事では、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだ、電動式と手動式それぞれのおすすめ商品をご紹介します。効率よく火を起こして、バーベキューやたき火を快適に楽しみましょう!


菜切り包丁おすすめ12選|切れ味、ステンレス製で調理効率があがる【お手入れ方法も】

菜切り包丁おすすめ12選|切れ味、ステンレス製で調理効率があがる【お手入れ方法も】

野菜を刻んだり切ったりするときに大活躍する「菜切り包丁」。しかし菜切り包丁といっても素材・大きさがさまざまで、なにを選べばいいか悩んでしまいますよね。この記事では、フードコーディネーターの加治佐由香里さんと編集部が、菜切り包丁の選び方と厳選したおすすめの12商品をご紹介します。


2020年【ギターワイヤレスシステム】おすすめ12選|自宅やライブで!

2020年【ギターワイヤレスシステム】おすすめ12選|自宅やライブで!

ギターとアンプをシールドを使わずに接続できる機材がギターワイヤレスシステム。それぞれ、チャンネル数、使用周波数帯、通信可能範囲などが異な音楽機材です。そこで、 ピアノ講師/元大手楽器メーカー勤務・山野辺祥子さんと編集部で、ギターワイヤレスシステムを選ぶときのポイントと、おすすめ商品12選をご紹介します。


人気の記事


>>総合ランキングを見る