【タックルボックス】選び方&おすすめ5選|アウトドアライターが商品を厳選

【タックルボックス】選び方&おすすめ5選|アウトドアライターが商品を厳選

作家/アウトドアライター:夏野 栄
作家/アウトドアライター
夏野 栄

作家、マルチクリエイター、アウトドア・ファッションのライター・エディターとして活躍。 アウトドア誌やファッション誌でジャンルを超えて連載。ライトノベルやゲームシナリオを執筆。 アウトドアでは『キャンプチャリ』の制作やキャンプ場プロデュースを手掛ける。またファッションマーケットの企画運営からプロダクト開発まで幅広く活動。山岳部出身、海育ちのテンカラ師。 『BE-PAL』や『camp hack』、『OCEANS』や『MonoMax』『Fine』といったメンズ誌のほか、女性ファッション誌にも参加。

アウトドアライターが選ぶタックルボックス5選をご紹介します。タックルボックスは、道具を収納するために使う便利なアイテムです。たとえば釣り用具を使いやすいように分類したり、保管するのにおすすめ。ですが、タックルボックスは大きさや機能がメーカーや商品によってさまざまなので、どう選べばよいか迷ってしまいますよね。そこで、アウトドアライター・夏野 栄さんにおすすめのタックルボックスと選び方のポイントをについてお話をうかがいました。タックルボックスを比較検討する時にぜひ参考にしてみてください。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひチェックしてみてくださいね。


タックルボックスを選ぶポイント|アウトドアライターに聞く

アウトドアライター・夏野 栄さんに、タックルボックスを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。釣りをする時に必要な道具がわかりやすく収納されていると使いやすくなりますよね。自分の釣りスタイルに合ったタックルボックスを選んで、釣りをより楽しみましょう!

タックルボックスと釣り道具
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

タックルボックスは道具を収納するための箱。その形や収納形態はさまざまで、どのタックルボックスを選ぶかで持てる道具の量や機動力が変わってくる。

釣りのスタイルから選ぶ

作家/アウトドアライター

各釣りのカテゴリをはじめ、それぞれの釣り方にいたるまで釣りにはさまざまなスタイルがあります。カテゴリによって道具が異なり、釣り方によって道具の携帯方法と量が異なります。まずはどの釣りでどんな釣り方をするのかという点を明確にします。

道具を大量に持ち込み同じ場所で長時間おこなう釣りと、移動しながら軽快にポイントを変える釣りでは同じ釣りでも必要なタックルボックスは変わります。移動の多い釣りや、ルアーでのランガンと言われる広範囲をスピーディーに探る釣りの場合には携帯性を優先したタックルボックスを選びましょう。

また使うルアーが決まっているホームフィールドや、アクセスの悪いフィールドに少数精鋭のルアーを運ぶ場合にはさらにコンパクトなタックルボックスを選びます。

メイホウ『VS-3080』

携帯性や収納力などのバランスがよいアタッシェケースタイプのタックルボックス。仕切りをカスタマイズすることで道具を種類ごとに小分けして収納できる。

>> Amazonで詳細を見る

釣り具の量・収納力から選ぶ

作家/アウトドアライター

タックルボックスの用途は「道具の収納」です。バックパックなどと同じく、道具の量がタックルボックス選びに直結します。タックルボックスを使う該当のシーンごとに収納したい道具の量を決め、マッチしたサイズのタックルボックスを選びましょう。

フィールドに多くの道具を持ち込むと機動力が落ちるため、事前に厳選した「一軍」の道具だけをセレクトしておくことが重要。刻々(こくこく)と状況がかわる自然に対応するには変化を感知する能力と機動力が大切です。

たとえば半径10m以内で数分間だけ魚にスイッチが入るというような状況はざらです。「なるべく少ない道具」という点を踏まえつつ、現場に持ち込む道具の量に合わせてマッチするサイズのタックルボックスを選びましょう。

保管場所から選ぶ

作家/アウトドアライター

タックルボックスは釣り場で使うだけではなく、自宅保管や車内をメインで使う場合もあります。道具の整理方法を覚え、各所に適したタックルボックスを選ぶことでより釣りの効率がアップします。道具の整理はパソコンのフォルダ管理と同じです。

たとえばフィールドで今日使う一軍道具だけをしまうケースが、細分化したフォルダの最下層に該当します。最上層の「釣り道具」フォルダに該当する部分が自宅保管用の大型タックルボックスとなり、次に下の階層となる「今シーズンor特定のポイントの道具」フォルダに該当するのが車載用タックルボックスとなります。

できれば車載用とフィールド用のタックルボックスを別に用意し、車載用から厳選した道具だけを小分けにした「本日の一軍道具」フォルダに該当する道具のみを、フィールドで使うタックルボックスに収納します。フィールド用は移動に適したタックルボックスを選びましょう。「どこに保管する用途か?」という面にも注目して選ぶとより最適なタックルボックスが見つかります。

メイホウ『バケットマウス BM-7000』

耐久性のあるコーポリマー製で屋外でも安心して使用できるタックルボックス。フタが90度の直角で止まる直角ストッパーが採用されていて、船上など不安定なところでも扱いやすいのがポイント。

>> Amazonで詳細を見る

タックルボックスおすすめ5選|アウトドアライターが厳選

ここまで紹介したタックルボックスの選び方のポイントをふまえて、アウトドアライター・夏野 栄さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。タックルボックスはメーカーにより、その特徴や機能が違います。こちらでは商品ごとに特徴をまとめてあるので、自分のスタイルに合ったタックルボックスを選ぶ参考にしてみてください。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

メイホウ『VERSUS VS-3080』

出典:Amazon

素材
本体:耐衝撃性コーポリマー、フタ:インパクトスチロール
サイズ
480(W)×356(H)×186mm(D)
重量
-
Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61
作家/アウトドアライター

カスタマイズ性が高くマルチに使える

携帯性と収納力、サイズ感などトータルのバランスがいいタックルボックスです。オーソドックスなアタッシェケース型で、2段の層に分けて収納できます。上の層は仕切りをカスタマイズすることでプラグやワームなど、さまざまな形状やサイズの道具を小分けに収納できます。

また下の層は深さがあり、ラックを使用することでスピナーベイトを縦向きに収納できます。本体は耐衝撃性コーポリマー製で強度があり、車内でも野外でも気兼ねなく使用可能。またカスタマイズ性が高いため、バス釣りだけではなく、さまざまな釣りの道具箱として機能します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

PLANO『タックルボックス(1354-30)』

出典:Amazon

素材
-
サイズ
279(W)×254(H)×184mm(D)
重量
1.25kg
Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61
作家/アウトドアライター

収納力が高く世界観も魅力

「プラノ」といえばバス釣りからミリタリー界隈まで幅広く注目を集めるストレージブランド。「オールドプラノ」という言葉があり、旧モデルにはプレミア価格がつくほど世界で人気のタックルボックスです。現在購入できて幅広い用途にハマり、かつプラノの世界観を楽しめるのがこちら。

4段式で収納性と収納力が高く、ジャストサイズのクリアケースがセットなのでインナーストレージを買い足す必要もありません。バス釣りにはもちろん、ほかの釣りからキャンプやガレージの道具収納にもぴったりです。趣味の部屋の道具箱として、車内ストレージとしてもジャストなタックルボックスです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

メイホウ『バケットマウス BM-7000』

出典:Amazon

素材
耐衝撃性コーポリマー
サイズ
475(W)×335(H)×320mm(D)
重量
2,74kg
Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61
作家/アウトドアライター

座れてランガンに最適

国内のタックルボックスシーンで独創的かつ精力的に商品開発をおこなっている「メイホウ」。なかでも主力ともいうべきランガンに特化して開発されたタックルボックスが「バケットマウスシリーズ」。

短手方向にはメイホウのクリアケース「VS3020シリーズ」のサイズが、長手方向には「VS3043シリーズ」がジャストで収納できる設計。座れるほど強靭なつくりで、ランガンを意識し持ち運びやすいハンドルや作業台にできる天板など、各種使い勝手を計算されたギミックが満載。

シーバス釣りでは、タックルベストに入れて持ち出すクリアケースの母艦として、車内ストレージとしての使い方もおすすめです。ロッドスタンドやドリンクホルダー、ベルト等の拡張パーツも多数販売されているためそれぞれのスタイルに合わせて最適化できる点も魅力です。ランガンスタイルのルアーマンはもちろん、さまざまな動きのあるスタイルの釣りにマッチするタックルボックスです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

リングスター『 DOCUTTE D-4700』

出典:Amazon

素材
高耐衝撃性コーポリマー
サイズ
333(W)×322(H)×465mm(D)
重量
2,56kg
Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61
作家/アウトドアライター

タフでシンプル、良コスパのシステムボックス

こちらもメイホウのバケットマウス同様、自社メーカーのクリアケースがジャストで収納可能なシステムボックスです。やはり座れる強度で、さらに左右両開きのダブルオープン仕様がうれしいポイント。

ジャストなインナーの母艦にしたい場合にはリングスターのクリアケースですべてそろえることをおすすめします。バケットマウスのような拡張性はないものの、その分シンプルデザインで釣り以外の用途や、DIY塗装などの独自のカスタマイズに向いているタックルボックスです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

メイホウ『ウエストハンター』

出典:Amazon

素材
本体:耐衝撃性コーポリマー、フタ:ABS、止具:ステンレス
サイズ
335(W)×175(H)×85mm(D)
重量
-
Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61
作家/アウトドアライター

軽快なオカッパリに

「オカッパリ」のタックルボックスといえばZEALのウェストボックスがレジェンドギアですが、今手に入る激似のタックルボックスが「メイホウ」の「ウエストハンター」。このタックルボックスに手返しのよさで勝るタックルボックスはおそらくほかにはないでしょう。

収納力は限られますが、厳選した少数精鋭のルアーのみでじゅうぶんという状況では最良のタックルボックス。ヒットルアーは心得ているというホームフィールドや、多くの道具を持ち込めないアクセスの悪いフィールドで厳選ルアーを使って勝負する時におすすめです。

一覧表でおすすめ商品を比較する

画像

メイホウ『VERSUS VS-3080』
PLANO『タックルボックス(1354-30)』
メイホウ『バケットマウス BM-7000』
リングスター『 DOCUTTE D-4700』
メイホウ『ウエストハンター』

商品

メイホウ『VERSUS VS-3080』 PLANO『タックルボックス(1354-30)』 メイホウ『バケットマウス BM-7000』 リングスター『 DOCUTTE D-4700』 メイホウ『ウエストハンター』

特徴

カスタマイズ性が高くマルチに使える 収納力が高く世界観も魅力 座れてランガンに最適 タフでシンプル、良コスパのシステムボックス 軽快なオカッパリに

価格

Amazon : ¥ 4,989
楽天市場 : ¥ 5,066
Yahoo!ショッピング : ¥ 5,443
※各社通販サイトの 2019年9月20日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 5,000
楽天市場 : ¥ 3,564
Yahoo!ショッピング : ¥ 5,900
※各社通販サイトの 2019年9月20日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 2,820
楽天市場 : ¥ 4,360
Yahoo!ショッピング : ¥ 2,864
※各社通販サイトの 2019年9月20日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 2,829
楽天市場 : ¥ 3,650
Yahoo!ショッピング : ¥ 2,026
※各社通販サイトの 2019年9月20日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 1,468
楽天市場 : ¥ 1,490
Yahoo!ショッピング : ¥ 1,920
※各社通販サイトの 2019年9月20日時点 での税込価格

素材

本体:耐衝撃性コーポリマー、フタ:インパクトスチロール - 耐衝撃性コーポリマー 高耐衝撃性コーポリマー 本体:耐衝撃性コーポリマー、フタ:ABS、止具:ステンレス

サイズ

480(W)×356(H)×186mm(D) 279(W)×254(H)×184mm(D) 475(W)×335(H)×320mm(D) 333(W)×322(H)×465mm(D) 335(W)×175(H)×85mm(D)

重量

- 1.25kg 2,74kg 2,56kg -

商品情報

通販サイトのタックルボックスランキングを参考にする

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのタックルボックスの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:釣り用タックルボックスランキング
楽天市場:タックルボックスランキング
Yahoo!ショッピング:釣り用タックルボックスランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

アウトドアライターの「ここがポイント」|釣りのスタイル・道具の量・収納場所で選ぶ

作家/アウトドアライター

タックルボックスにはさまざまなサイズや形、特徴をもったタイプがあります。まずはどういう釣りに使うかを事前に設定します。そして収納する道具の量と、もっともよく使う場所から選びます。

フィールド用、車内用、自宅用の3タイプを用意するのが理想です。フィールド用はタフでモバイルに適したタックルボックスがベストです。車載用には今シーズン、あるいは頻度高く行くポイントの一軍道具をすべて収納しておく収納力のあるタイプがおすすめです。

また、タックルベストを使うシーバスやクリアケースのみを持ち出す釣りの場合、クリアケースの母艦として収納できるシステムボックスを車載用に選びましょう。残りの道具やシーズン外、ポイント外の道具をすべて収納する目的として、自宅保管用には大容量のタックルボックスがおすすめです。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(制作協力:やきさんま、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/09/30 表示されている価格は税込価格ですが、消費税率は掲載時点、あるいは更新時点のものです。(マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【トレッキング用リュックおすすめ5選!】アウトドアライターに聞く|フィットする商品の選び方

【トレッキング用リュックおすすめ5選!】アウトドアライターに聞く|フィットする商品の選び方

アウトドアライターの夏野 栄さんに、トレッキング用リュックのおすすめ商品5選と選び方を教えてもらいました。山へ行くのに欠かすことができないアイテムといえば、まずはリュックですよね。疲れや身体への負担を軽くするためにも体型や目的に合ったものを使う必要がありますが、各ブランドから数多くのモデルが販売されていて選ぶのが難しいと感じている人も多いようです。そこで、アウトドアライターの夏野 栄さんにお話しをうかがい、トレッキング用リュックを選ぶポイントを解説していただきました。後半では各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、ぜひトレッキング用リュック選びの参考にしてください。


【アウトドアライターに聞く!】登山用のザックカバーおすすめ5選|軽量・防水

【アウトドアライターに聞く!】登山用のザックカバーおすすめ5選|軽量・防水

アウトドアライターの夏野 栄さんに登山用ザックカバーの選び方とおすすめの商品を教えていただきました。登山用のザックを購入するなら、あわせてそろえておきたいのがザックカバーです。山の天気は変わりやすいもの。ザックカバーは雨や雪はもちろん、ときにはホコリや砂からも大切な荷物を守ってくれます。後半では各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載しています。備えあれば憂いなし。いざというとき頼りになる登山用ザックカバー選びの参考にしてください。


【アタックザック】の選び方&おすすめ5選|アウトドアライターが商品を厳選!

【アタックザック】の選び方&おすすめ5選|アウトドアライターが商品を厳選!

アウトドアライターの夏野 栄さんが選ぶアタックザックのおすすめ5選をご紹介します。登山では山小屋やベースキャンプから頂上を目指す場合などに、最小限の荷物だけを持って挑むことがあります。こうしたときに役立つのが「アタックザック」や「サミットパック」と呼ばれる、携帯性にすぐれた予備のザックです。糸や生地の品質に加えてザックそのものの性能が向上し、各メーカーから軽量でコンパクトな製品が数多くリリースされています。そこで、夏野さんにアタックザックを選ぶポイントをうかがい、おすすめの商品について解説していただきました。記事後半の各通販サイトの売れ筋ランキングとあわせて参考にしてみてください。


【クライミングロープ】のおすすめ商品5選|アウトドアライターが選び方を解説

【クライミングロープ】のおすすめ商品5選|アウトドアライターが選び方を解説

アウトドアライターの夏野 栄さんが選ぶクライミングロープ5選をご紹介します。クライミングにもさまざまな種類があり、それぞれ適したロープがあります。命を預けることになるロープなので、安全性を考慮して商品を選びたいですよね。そこで、夏野さんに選ぶときに気をつけるポイントとおすすめの商品について教えてもらいました。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


キャンプライターが選ぶ【DODテント5選】| 個性的なテントを求めるキャンパーにもおすすめ!

キャンプライターが選ぶ【DODテント5選】| 個性的なテントを求めるキャンパーにもおすすめ!

DODは日本のアウトドア用品メーカーですが、従来はドッペルギャンガーアウトドアというブランド名で知られていました。2018年2月からはDOD(ディーオーディー)にブランド名が変更され、今ではウサギとDODが組み合わされたロゴマークのテントやタープでおなじみです。ちなみに現在ではドッペルギャンガーというブランドは、同社の自転車ブランド名になっています。DODは幅広いアウトドア用品を提供していますが、テーブル・チェアや焚火用品をはじめ、ユニークな名前や機能を持つ製品が多いのも特徴です。この記事では、キャンプライターの中山一弘さんがDODテントの選び方のコツとおすすめ商品を紹介します。


最新の記事


【グリーンアドバイザーに聞く】おすすめの鉢5選|ガーデニングをオシャレに楽しむ

【グリーンアドバイザーに聞く】おすすめの鉢5選|ガーデニングをオシャレに楽しむ

グリーンアドバイザーのふじ えりこさんに鉢のおすすめ5選と選び方を教えてもらいました。鉢は、コンテナ、ポットとも呼ばれ、サイズが大きいプランターなどもある意味で鉢と呼ばれます。鉢の大きな役割は、地植えではなく、土を入れ植物を人工的に管理できる環境を作ることにあります。そのため、鉢は管理をしやすくするためのものと、植物をより美しく魅せるためのものと大きくふたつにわかれ、用途を使い分けることも大切です。この記事では、さまざまな鉢の中から厳選した商品をご紹介します。ぜひ参考にしてください。


50代におすすめの化粧下地7選【ヘア&メイクアップアーティストが選ぶ】

50代におすすめの化粧下地7選【ヘア&メイクアップアーティストが選ぶ】

年齢を重ねて、本格的に肌の悩みが気になってくる50代。そんな気になる悩みには美容成分がたっぷり入ったものや補色効果で肌の色を明るく見せてくれるもの、乾燥を防いで毛穴の開きをカバーしてくれるものや、UV効果のあるものなどの化粧下地を選んでメイク時間を楽しみたいものです。そこで、本記事ではヘア&メイクアップアーティスト・渡辺みゆきさんへの取材をもとに、50代に適した化粧下地の選び方とおすすめ商品を紹介していきます。


メガネスタンドのおすすめ5選|暮らし専門ライターが解説します

メガネスタンドのおすすめ5選|暮らし専門ライターが解説します

大切なメガネ、掛けていない時はどこに置いていますか。「あれ? どこに置いたっけ?」とすっかり忘れて慌ててしまうこともあることでしょう。こんなときもメガネスタンドがあれば、メガネを探す手間も省けて、より毎日を快適に過ごせるはず。部屋の雰囲気やインテリアに調和するオシャレなものや、キャラクタータイプのかわいらしいものまで、現在ではさまざまなタイプが発売されています。そこでで、本記事では「使い勝手のよさ」にフォーカスして、おすすめのメガネスタンドをご紹介します! 「家事中年男子」&家事ライターの東海林ミノルさんへの取材をもとにメガネスタンドの選び方を解説するとともにおすすめ商品を紹介します。


【美容に使える!】ベビーパウダーのおすすめ6選|美容ライターに取材

【美容に使える!】ベビーパウダーのおすすめ6選|美容ライターに取材

汗や皮脂を吸収して、赤ちゃんの敏感な肌をサラサラに保ってくれるベビーパウダー。最近は赤ちゃんだけではなく、美容アイテムとして大人の女性からも人気を集めています。この記事では、美容ライターの田島えり子さんへの取材をもとに、美容アイテムとしてベビーパウダーを使いたい人向けに、その選び方とおすすめ商品6つをピックアップして紹介。さらに記事の最後では、通販サイトのベビーパウダーランキングも掲載しています。ぜひ商品選びの参考にしてくださいね。


【モンブラン万年筆】おすすめ商品6選! 文具のプロに聞く

【モンブラン万年筆】おすすめ商品6選! 文具のプロに聞く

フリーランスライターで文具に詳しい出雲義和さんに聞いた、モンブラン万年筆の選び方のポイントとおすすめ商品を紹介します。万年筆といえばモンブランという答えがかえってくるほど、モンブランは万年筆にあまり詳しくない人にも知られている有名なブランドです。そんなモンブランの万年筆は「マイスターシュテュックシリーズ」が代表的でしょう。ペン先の仕様やインク補充の方式など、注目すべきポイントはたくさんあります。本記事を参考に、お気に入りの品をみつけてくださいね。記事の最後には、通販サイトの万年筆ランキングも紹介しています。