【リールケースおすすめ5選】釣りライター厳選|しっかり保管・ハードタイプや複数収納タイプも

【リールケースおすすめ5選】釣りライター厳選|しっかり保管・ハードタイプや複数収納タイプも
キャンプ/釣りライター
中山 一弘

青年期に始めた釣り新聞への寄稿を始めとして、サイトAllAboutでのフィッシングガイドを務める。 ほかにも雑誌『Salty!(ソルティ)』やアウトドア系の雑誌やWeb媒体などでの執筆多数。 今も休日には必ず海山湖を駆けまわっている自然派で、あらゆるジャンルの釣りを体験し、季節に合わせて日本中の旬な魚を追っている。 キャンプ用品は、あえて払い下げのミリタリー系ギアで揃えるマニアな一面も。

リールをそのままの状態で保管していたり、釣り場へ持っていったりすると、どうしても傷が入ります。車への搬入中や釣り場についてからタックルの準備をする間に落としたりすると、破損の恐れさえあります。それを回避するためのアイテムが「リールケース」です。さまざまな種類がありますが、どのような製品を選べばよいのでしょう? 釣りライターの中山一弘さんに解説してもらいます。


リールケースの選び方|釣りライターに聞いた!

釣りライターの中山一弘さんに、リールケースを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。

リールケースの上に置かれたリールとロッド
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

大切なリールを保護するリールケース。さまざまなタイプがあるので、サイズや収納性をチェックしましょう。

収納性・収納個数を見極める

キャンプ/釣りライター

リールケースを選ぶときに最初に注意する点は、何個のリールをケースにしまいたいかです。たとえば、竿とリールだけを安全に釣り場へ持っていきたいのであれば、コンパクトな製品がいいですし、自宅や倉庫にしまう時にがっちり守りたいなら、大きめのハードケースがいいです。まずは、ケースに収納したいリールの個数を明確にしておきましょう。

プラノ『1404-02 リールケース』

ハードケースタイプのリールケース。しっかりとリールを保護することができます。

>> Amazonで詳細を見る

リール本体とケースのサイズにも注意

キャンプ/釣りライター

リールと一口にいっても、スピニングリール、ベイトリール、フライリールなどでサイズ感は変わってきますし、番手でも大きさは違いますから、小型のスピニングリール専用のリールケースに大型のスピニングリールは入りません。

また、同じ容量のケースでも小型なら6個入るものの、大型は4個しか入らないということもあります。ケースに収納したいリールのサイズは事前に把握しておきましょう。

シマノ『リールガード(スピニング用)S』

ロッドにリールをセットしたまま収納できる製品もあります。

>> Amazonで詳細を見る

リールの保護を考える

キャンプ/釣りライター

リールケースにはネオプレーンのみで作られた簡易なものから、ハードケースにスポンジクッションが入ったものまでたくさんの種類があります。

単純に運搬中に傷が入るのを防止するだけならシンプルな保護機能で充分ですが、飛行機を使った遠征や、長期保管を考えるとがっちりした保護機能がほしくなります。どのようなシーンでリールを守りたいか決めておくとよいでしょう。

リールケースのおすすめ5選|釣りライターが厳選

うえで紹介したリールケースの選び方のポイントをふまえて、釣りライターの中山一弘さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ダイワ『HD リールカバー(A)』

ダイワ『HDリールカバー(A)』

出典:Amazon

タイプ ハードシェル
サイズ 16×16×10cm(SP-M)
製品ラインアップ スピニング3アイテム、ベイト1アイテム
Thumb lg 9e85a6da 7fe7 4063 b6de e73f47b48d34

キャンプ/釣りライター

ハードシェルでリールをしっかりガード

耐衝撃効果の高いハードシェル構造でリールをしっかり守るリールケースです。なかはクッション素材なので、保護は万全。中仕切りとしてクッションシートも入っているので、リールとハンドルを個別に収納できます。

ひとつのリールを収納するタイプのリールケースの中でも安心感の高い製品です。リールのサイズによって4つのタイプから選べるのもいいところです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

プロックス『マルチパーテーションバッグ』

プロックス『マルチパーテーションバッグ』 プロックス『マルチパーテーションバッグ』 プロックス『マルチパーテーションバッグ』

出典:Amazon

タイプ セミハード
サイズ 32×32×12㎝
製品ラインアップ 1アイテム
Thumb lg 9e85a6da 7fe7 4063 b6de e73f47b48d34

キャンプ/釣りライター

複数のリールを安全に運ぶ

軽量かつ強度のあるセミハードタイプの製品です。間仕切りがマルチレイアウトになっているので、リールのサイズに合わせて、収納しやすい形にすることができるのが特長です。

ブラックバス用のリールなら、6個ぐらいは入ります。持ちやすいハンドルがついているので運搬も楽です。リールケースを買うのがはじめての人でも安心ですね。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

シマノ『リールポーチ L』

シマノ『リールポーチL』 シマノ『リールポーチL』 シマノ『リールポーチL』

出典:楽天市場

タイプ ソフトケース
サイズ 31×41×16.5㎝
製品ラインアップ 2アイテム
Thumb lg 9e85a6da 7fe7 4063 b6de e73f47b48d34

キャンプ/釣りライター

大型スピニングリールもたっぷり収納

オフショアジギング用の大型リールを複数収納できるリールケースはあまり多くないですが、こちらは10,000番が4個、20,000番を3個収納できる圧倒的容量が自慢の製品です。

ジギングをやる人はもちろん、GTゲーム(Giant Trevally:ロウニンアジ釣り)や底物遠征など、大型リールを複数持ち歩きたい人におすすめです。ぴっちり入れると結構な重さになりますが、ショルダーベルトがついているので比較的ラクに持ち運べます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

プラノ『1404-02 リールケース』

プラノ『1404-02リールケース』 プラノ『1404-02リールケース』 プラノ『1404-02リールケース』

出典:Amazon

タイプ ハードケース
サイズ 42.5×36.8×15.2㎝
製品ラインアップ 1アイテム
Thumb lg 9e85a6da 7fe7 4063 b6de e73f47b48d34

キャンプ/釣りライター

上下をカバーフォームでしっかり保護

多少の衝撃ではびくともしない頑強なハードケースです。プロテクトフォームでリールを挟み込むように保護するので中でバタつくこともありません。移動用のリールケースとしては最強の部類に入る製品といえます。

これなら、飛行機での海外遠征や、沖磯の瀬泊まりなどにも安心して使えますね。ハードな環境で複数のリールを使う人にぴったりのモデルです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

シマノ『リールガード(スピニング用)S』

シマノ『リールガード(スピニング用)S』

出典:Amazon

タイプ ソフトケース
サイズ #2000~C3000(Sタイプ)
製品ラインアップ 4アイテム
Thumb lg 9e85a6da 7fe7 4063 b6de e73f47b48d34

キャンプ/釣りライター

ロッドにセットしたままリールをガード

デュポン社が開発した合成素材「ネオプレン」のリールケースですが、ロッドにセットしたままのリールを蓋で包むように閉じられるのが特長です。シンプルさと実用度でいえば、最高のアイテムといえます。ちょっとした衝撃や当たり傷を防げれば充分と考えている人にぴったりですね。

リールサイズに合わせてラインアップがあるほか、ベイトリール用の製品もあるので、さまざまな釣りで活躍してくれます。手軽なので最初のリールケースとしても最適です。

「リールケース」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
ダイワ『HD リールカバー(A)』
プロックス『マルチパーテーションバッグ』
シマノ『リールポーチ L』
プラノ『1404-02 リールケース』
シマノ『リールガード(スピニング用)S』
商品名 ダイワ『HD リールカバー(A)』 プロックス『マルチパーテーションバッグ』 シマノ『リールポーチ L』 プラノ『1404-02 リールケース』 シマノ『リールガード(スピニング用)S』
商品情報
特徴 ハードシェルでリールをしっかりガード 複数のリールを安全に運ぶ 大型スピニングリールもたっぷり収納 上下をカバーフォームでしっかり保護 ロッドにセットしたままリールをガード
タイプ ハードシェル セミハード ソフトケース ハードケース ソフトケース
サイズ 16×16×10cm(SP-M) 32×32×12㎝ 31×41×16.5㎝ 42.5×36.8×15.2㎝ #2000~C3000(Sタイプ)
製品ラインアップ スピニング3アイテム、ベイト1アイテム 1アイテム 2アイテム 1アイテム 4アイテム
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年10月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年10月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年10月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年10月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年10月13日時点 での税込価格

通販サイトのリールケースランキングを参考にする

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのリールケースの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:リールケースランキング
楽天市場:リールケースランキング
Yahoo!ショッピング:リール収納ケースランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

リール本体の記事はこちらから

スピニングリール、ショアジギングリール、ベイトリールなど、リール本体をお探しの方は以下の記事も参考にしてください。

かんたんに仕掛けやルアーを遠くに飛ばすことができるスピニングリールは、釣りに必須のアイテムです。しかし、その種類は多く、どのように使い分けるのかわからないこともあるでしょう。そこで、釣りライターの中山一弘さんにスピニングリールの種類と選び方のコツ、代表的な製品について話をうかがってみました。

ショアジギングは、岸からメタルジグなどを投げて青物をメインに狙うゲームです。サーフや堤防、磯などさまざまなシチュエーションで手軽に大物が狙えるため、とても人気が高まっている釣りです。ただ、見るからにリールには過酷な釣りに見えますが、実際はどうなのでしょう。釣りライターの中山一弘さんに、ショアジ...

バス釣りで使うベイトリールは、各メーカーからさまざまなものが販売されています。ひと昔前に比べて性能も格段によくなっており、初心者でも簡単に扱えるものなども多く、開発技術が大幅に進歩しています。こちらでは、フィッシングライターのお魚店長に聞いた、バス釣りベイトリールの選び方のポイントとおすすめ商...

釣り、アウトドアライターが自ら使って選んだベイトリールを紹介しています。ベイトリールはルアーの飛距離をコントロールしやすく、よりタイトにポイントを攻めることができるルアーフィッシング必須のアイテムです。上達すれば障害物ギリギリにソフトに着水させたり、木が水面近くまで生い茂るポイントへルアーをス...

リールの傷はいつ入る? 釣りライターが回答

キャンプ/釣りライター

リールの傷は、いつ入るのでしょう? 個人差があるのでなんともいえませんが、私の経験では釣り場に到着後、準備をしているときが一番多いように感じます。

ロッドにラインを通すときに堤防に立てかけていたのに、ズルズルと滑ったり、無意識に磯の上にリールをセットしたロッドをガチャン! と置いてしまったり、やることが多くてリールのことに集中しきれないときにやってしまいます(苦笑)。

もしリールに傷を入れたくなかったら、釣り場に着いてもしばらくはロッド装着型のリールケースをつけたまま準備をするのも一つの方法ですね。みなさんも自分のクセを見直して、大切なリールをしっかり守ってあげてください。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


ショアジギングリールおすすめ5選|シマノやダイワなど定番ブランドもご紹介!

ショアジギングリールおすすめ5選|シマノやダイワなど定番ブランドもご紹介!

ショアジギングは、岸からメタルジグなどを投げて青物をメインに狙うゲームです。サーフや堤防、磯などさまざまなシチュエーションで手軽に大物が狙えるため、とても人気が高まっている釣りです。ただ、見るからにリールには過酷な釣りに見えますが、実際はどうなのでしょう。釣りライターの中山一弘さんに、ショアジギング用のリールの選び方とおすすめ製品を聞いてみました。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


電動リール用バッテリーおすすめ5選|選び方のポイントもご紹介!

電動リール用バッテリーおすすめ5選|選び方のポイントもご紹介!

沖釣りでは電動リールを使う釣りが人気です。ただ、電動リールはモーターで動きますから電力の供給が必要です。電動リールを使うと釣りがとてもラクになりますが、安心して一日遊ぶためにはどんなバッテリーを用意すればよいのでしょう。こちらの記事では釣りライターの中山一弘さんに、電動リール用バッテリーの選び方のコツとおすすめ製品をうかがいました。


スピニングリールおすすめ5選|磯釣りに最適なものもご紹介!

スピニングリールおすすめ5選|磯釣りに最適なものもご紹介!

かんたんに仕掛けやルアーを遠くに飛ばすことができるスピニングリールは、釣りに必須のアイテムです。しかし、その種類は多く、どのように使い分けるのかわからないこともあるでしょう。そこで、釣りライターの中山一弘さんにスピニングリールの種類と選び方のコツ、代表的な製品について話をうかがってみました。


ダイワ【ベイトリール】おすすめ商品5選|ギア比・ドラッグパワーなど特徴で選ぶ!

ダイワ【ベイトリール】おすすめ商品5選|ギア比・ドラッグパワーなど特徴で選ぶ!

釣りライターが選ぶベイトリールおすすめ商品5選をご紹介します。あらゆる釣り人に人気のベイトリールメーカーといえば真っ先にダイワが思い浮かびます。コストパフォーマンスモデルから、トッププロが愛用するハイエンドモデルまで幅広いラインナップも魅力ですが、どのような製品を選べばよいか難しい部分もあります。そこで、釣りライターの中山一弘さんに、ダイワのベイトリールの選び方とおすすめ商品について教えてもらいました。最後に各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、ぜひ参考にしてみてください。


釣りライターがおすすめ【ベイトフィネスロッド5選】|軽量ルアーの釣りを極める

釣りライターがおすすめ【ベイトフィネスロッド5選】|軽量ルアーの釣りを極める

10g以下の軽量リグや軽量ルアーをある程度太いラインでも扱えるベイトフィネスは、ブラックバスフィッシングに欠かせないメソッドになりました。また、ベイトタックルの高いコントロール性を活かせるトラウトフィッシングでもベイトフィネスが人気です。専用ロッドがたくさん出ていますが、どのように選べばよいのでしょうか。釣りライターの中山一弘さんに選び方のコツとおすすめ製品を聞いてみました。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


新着記事


アウトドア背負子おすすめ11選|素材・フィット感・耐荷重で選ぶ

アウトドア背負子おすすめ11選|素材・フィット感・耐荷重で選ぶ

背負子は荷物の形状を問わず積載できる便利アイテム。本格的なタイプから使い勝手抜群の多機能タイプまであります。この記事では、背負子の特徴を含め、素材や形状、スペックなど選び方のポイントと、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだおすすめ商品を紹介します。


【サムライ】香水おすすめ12選|清涼感・香りなど解説! 男女兼用も

【サムライ】香水おすすめ12選|清涼感・香りなど解説! 男女兼用も

サムライ香水は気軽に使えるさわやかな香りのイメージですが、スパイシーな香りやセクシーで官能的な香りの香水も発売されています。本記事では、香りと味の研究所(株)DMR Lab代表 K.Denny B.さんと編集部が選んだおすすめ商品12選と、サムライ香水の選び方を紹介します。


クロエの香水のおすすめ12選! 王道の香りや人気シリーズをご紹介

クロエの香水のおすすめ12選! 王道の香りや人気シリーズをご紹介

上品な大人の女性をイメージさせるハイブランドのクロエ。バッグやアクセサリーに加えて香水の人気も高く、多くの女性から愛され続けています。この記事では、香りと味の研究所(株)DMR Lab代表K.Denny B.さんと編集部が選んだクロエの香水のおすすめ12選と選び方をご紹介していきます。


ウクレレ初心者楽譜のおすすめ12選|楽譜のわかりやすさ・掲載曲数で選ぶ

ウクレレ初心者楽譜のおすすめ12選|楽譜のわかりやすさ・掲載曲数で選ぶ

ウクレレはコンパクトで価格も高額ではないため、趣味として人気が高まっている楽器です。本記事では、ピアノ講師・山野辺祥子さんと編集部がウクレレ初心者楽譜の選び方やおすすめ12商品をご紹介します。これから、ウクレレ初心者楽譜を購入予定の人は、ぜひ参考にしてみてください。


ブラケットライトおすすめ18選|おしゃれなデザインやコンセント式も紹介

ブラケットライトおすすめ18選|おしゃれなデザインやコンセント式も紹介

ブラケットライトは、リビングや玄関をおしゃれな空間に演出してくれる壁掛け灯です。配線工事が必要なものも多いですが、なかには取りつけがかんたんなコンセントタイプもあります。ここでは、ブラケットライトを選び方のポイントを解説し、インテリアコーディネーターの坂口 愛さんと編集部が選ぶおすすめ18商品をご紹介します。


人気の記事


>>総合ランキングを見る