エギングリールおすすめ19選|イカ釣りに!初心者から上級者まで【シマノ・ダイワも】

エギングリールおすすめ19選|イカ釣りに!初心者から上級者まで【シマノ・ダイワも】

おもにアオリイカをターゲットとするエギングは、初心者でも手軽に楽しめる釣りとして人気があります。エギングには、釣り竿(ロッド)をはじめ釣り具(タックル)をそろえる必要がありますが、リール選びも重要です。ここでは、エギングに使用するリールの選び方とおすすめの19商品をご紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


エギングの魅力 イカ釣りに!

リールを使って釣りをする人の後ろ姿。

Photo by Vince Fleming on Unsplash

初心者も気軽に楽しめるエギング。まずはその魅力やエギングリールの特徴をおさえておきましょう。

エギングとはエギと呼ばれる疑似餌を使用し、おもにアオリイカを狙う釣りのことです。最盛期は春と秋ですが地域によっては年間を通して楽しむことができます。船からはもちろん、堤防や磯などの岸からかんたんな仕掛けで手軽に楽しめることや、季節や釣り場によって攻め方が変わる奥深さが、釣り初心者でも楽しめるポイントです。

また、イカは触手を使って抱きこむようにエサを捕らえるので、ほかの魚とは違った独特なかけひきも魅力です。

エギングリールの特徴 普通のリールとの違い

エギング専用のリールは普通のリールに比べてスプールの溝が浅くなっています。エギング専用のリールでは、細めのPEラインを使用するため、浅溝でラインキャパシティ(糸巻量)が少ないスプールの機種を選んだほうが、飛距離が稼げてライントラブルも少なくなります。

また、「エギング専用」として販売されているものもありますが、基本的にエギングにしか使えないというわけではありません。エギング以外にも楽しみたいという方は、このことを頭に入れておくといいでしょう。

エギングリールの選び方 重量や番手など

リールの選び方のポイントには、「重量」「番手」「ギアの比率」などがあります。ほかにもシマノ、ダイワなどの「主要メーカー」で選ぶこともできますよ。

一般的に番手はリールの大きさをあらわすもので、番手が大きいほどラインキャパシティも大きくなります。

まずは重量を確認

使いやすいエギングリールの条件のひとつとして重要なのは、ロッドと組み合わせたときのバランスで、「持ち重り」しないことです。200g前後であれば問題ないでしょう

エギングではロッドを頻繁に操作しますので、重いなと感じたりバランスが悪いと、俊敏なアクションが難しくなってしまいます。

迷ったら、番手・サイズは2000番から3000番

エギングに使用するリールのサイズ「番手」は、メーカーによっても変わりますが、2000~3000番が適しているといわれています。数字が大きくなればリールのサイズも大きくなり、リール自体の重量も重くなっていきますが、そのぶん糸を巻ける量が増えます。

エギングでは極細のPEラインを使用しますが、慣れていないという方は、リールのスプール部分にラインの巻ける目安が書いてありますので参考にしてください。

ギア比で選ぶ

エギングリールにはギアの比率によって「ノーマルギア」「ハイギア」とわかれています。ハンドルを回したときのラインの巻取り量が、ハイギアのほうが多くなります

どちらのギアにもメリットとデメリットがありますので、自分の体力と攻め方や釣り方で選ぶといいでしょう。

安定したライン操作ができる「ノーマルギア」

ノーマルギアは、ラインの巻取り量が少ないので、ラインを巻き取りすぎず安定した操作ができ、潮流の抵抗が大きくてもラクにラインを巻くことが可能。一方、ラインスラック(糸のたるみ)が大きい場合や、エギをハイピッチでしゃくる必要がある場合などは、リールを巻くスピードを速くする必要があります。

釣りに慣れていない方は、安定して操作できるノーマルギアから入ったほうが無難でしょう。

素早くラインを巻ける「ハイギア」

ハイギアのリールは巻取り量が多いので、ラインスラックの回収を頻繁に行なう場合にラクです。また、エギを素早く回収できるため手返しがよくなり、エギをすぐに打ちなおすことが可能

一方、潮流の抵抗が強いところでは、ラインの巻き取り負荷が大きくなることに。巻きすぎによるロッドティップの破損には注意しましょう。

ハンドルの形状で選ぶ

エギングリールを選ぶ際、ハンドルにもぜひ注目してみてください。ノブがひとつだけのシングルハンドルタイプ、ふたつついたダブルハンドルタイプがあります

エギングにはダブルハンドルが有利といわれることもありますが、特徴を知って自分に合ったものを選びましょう。

重量の軽い「シングルハンドル」

シングルハンドルはよくある一般的なタイプ。ダブルハンドルに比べてやや軽量で、一般的にグリップも大きめなので、巻き取りのときに手にかかる負荷が小さくて済みます。また、回転にブレが生じやすいので慣れが必要です。

動作が遅れない「ダブルハンドル」

ダブルハンドルはハンドルの重量バランスが取れているため、自重で回転してラインスラックを作ることもなく、回転のムラもありません。また、一定のスピードで安定したリトリーブが可能なので、エギの動きにムラがなく、イカに警戒心を与えないという大きな特徴があります

ラインで選ぶ

エギングリールでは、PEラインが主流です。PEラインは細くても強度があり、伸びが少ない特徴があります。エギを遠くまで飛ばしたり、機敏にアクションをさせやすくします。

強風にも備えて、PEラインは細いタイプだけでなく太いラインと使い分けるようにしましょう。

スプールもチェック!

エギングリールでは、スプールがシャロスプール(浅溝)であることも重要なポイントです。エギングでは、糸巻量の少ないシャロースプールがおすすめ。

選び方としては、番手のあとに【S】が記載されていることで確認できます

メーカーで選ぶ コスパの良い人気商品も

実際に釣具店や通販サイトを見るとさまざまなメーカーを目にすると思いますが、名前がよく知られているメーカーから選んでいくこともひとつの手です。

メーカーを決めてから、ハンドルやギアを見るという順番でもいいでしょう。今回は代表的な3つのメーカーの特徴を紹介します。

シマノ(SHIMANO)

釣りに関するあらゆる製品を扱うメーカーのシマノ。エギングリールも多数扱っており、特徴的なロゴや名前は釣り番組などで目にすることも多いでしょう

ホームページに釣り具のメンテナンス動画を上げていたり、修理やオーバーホールの相談を受け付けていたりと、釣り愛好家への手厚い対応が特徴です。

ダイワ(DAIWA)

スタイリッシュで凝ったデザインの製品が特徴的な、フィッシンググッズの総合メーカーです。独自のアプリ配信などで、釣りを愛する人のための情報発信を積極的に行なっています。

Abu Garcia(アブ・ガルシア)

シックなデザインに、自然でシンプルなカラーリングアイテムが特徴のアブ・ガルシア。元々は懐中時計などの精密機械メーカーでしたが、釣り具も手がけ、アブの時代にはスウェーデン王室御用達になった実績もあります。

豊かな歴史に裏づけられ、多数のプロとともに時代をリードし、価値ある製品を作り上げているメーカーです。

エギングリール1万円以下おすすめ6選 低価格ではじめてに!

釣りや魚の知識を吸収するのも楽しいですが、やはり見て触れて釣ってほしい。そんな願いを込め、ここからはエギングリールのおすすめ商品をご紹介していきます。

まずは、低価格で初心者の方におすすめしたい1万円以下のエギングリールをご紹介します。

シマノ『サハラ(C3000HG)』

シマノ『サハラ(C3000HG)』 シマノ『サハラ(C3000HG)』 シマノ『サハラ(C3000HG)』 シマノ『サハラ(C3000HG)』 シマノ『サハラ(C3000HG)』 シマノ『サハラ(C3000HG)』 シマノ『サハラ(C3000HG)』

出典:Amazon

ギア比 6.2:1
糸巻量 PE糸巻量(号-m):1-400、1.5-270、2-180
ドラグ 9.0kg
重さ 250g

高性能ベアリングを使用! さびを防げる

ギアの大型化と配置の見直しを図り、強力な巻き上げが可能になった「X-SHIP」を搭載した汎用性の高いエギングリールです。高性能ベアリングを使用しているので、さびを防ぐことができます。

ロッドとの一体感を向上させた「Gフリーボディ」を採用し、投げやすさをアップ。ほかにもスプールまわりの部品配置を改良し、操作性が向上しています。価格が手ごろなので初心者でも購入しやすいですね。

ダイワ『リーガル PE付(2506H-DH)』

ダイワ『リーガルPE付(2506H-DH)』 ダイワ『リーガルPE付(2506H-DH)』 ダイワ『リーガルPE付(2506H-DH)』 ダイワ『リーガルPE付(2506H-DH)』 ダイワ『リーガルPE付(2506H-DH)』

出典:Amazon

ギア比 5.3:1
糸巻量 PE糸巻量(号-m):0.6-180、0.8-130
ドラグ 4.0kg
重さ 295g

PEラインが巻かれているからすぐに使えて便利

エギング初挑戦で「とにかく安価なリールで始めてみたい」という方には、低価格で初心者も購入しやすいこの製品がぴったりです。

エギングで主流となっているPEラインがはじめからスプールに巻いてあるので、購入してすぐに使えます。ラインの巻き方がわからないからと、釣りのスタートを遠慮していた方も安心です。

ダイワ『レブロス(LT2500S)』

ダイワ『レブロス(LT2500S)』 ダイワ『レブロス(LT2500S)』 ダイワ『レブロス(LT2500S)』 ダイワ『レブロス(LT2500S)』 ダイワ『レブロス(LT2500S)』 ダイワ『レブロス(LT2500S)』

出典:Amazon

ギア比 5.3:1
糸巻量 PE糸巻量(号-m):0.6-200
ドラグ 5.0kg
重さ 220g

エギングのみならず幅広い魚種に対応可能

手ごろな価格ながら、エギングのみならず幅広い魚種に対応可能な、使い勝手のいいリールです。魚がヒットした後にラインが切れないよう、一定の力がかかるとラインを放出してくれるドラグシステム「ATD」を搭載しているので、調節を頻繁に行なう手間が省けます。

番手2500、重さ220gと軽量なのもポイントで、釣り慣れしていない方にも使用しやすいように設計されています。

浜田商会『PRO MARINE トランサーエギ(TO2000)』

浜田商会『PROMARINEトランサーエギ(TO2000)』

出典:楽天市場

ギア比 5.5:1
糸巻量 PE糸巻量(号-m):1-100
ドラグ 4.0kg
重さ 242g

はじめてでも使いやすいエギングリール

低価格で基本性能が充実しているのが特徴のリールです。PEラインもセットでついてくるので、はじめての方でも比較的使いやすくなっています

また、シングルハンドルで軽いため、力のあまりない方や女性でも扱いやすい製品です。イカ釣りを気軽に味わいたい方や、初心者に向いているエギングリールといえるでしょう。

アブ・ガルシア『Cardinal II STX(2500SD)』

アブ・ガルシア『CardinalIISTX(2500SD)』

出典:楽天市場

ギア比 5.1:1
糸巻量 PE糸巻量(号-m):0.8-140
ドラグ 6.0kg
重さ 278g

日本人向けのスプールサイズや回転力

スプールサイズや回転力などが日本人向けに作られている製品です。ブルーとパープルの2種類のカラーがあり、どちらも鮮やかな発色。女性でも気軽に使うことができ、エギングをより身近に感じることができます。

ダブルハンドルでハンドルが勝手に回ることがないため獲物に気づかれにくく、このリールならばエギングがより楽しめるでしょう。

浜田商会『PRO MARINE 泳がせアオリ(OA3000RD)』

浜田商会『PROMARINE泳がせアオリ(OA3000RD)』

出典:Amazon

ギア比 5.5:1
糸巻量 3号:180m、4号:150m
ドラグ 5.5kg
重さ 312g

銀色と金色の豪華な色合い!

価格が1000~2000円程度で、コストパフォーマンスが非常にいいリールです。リーズナブルなのでエギングをあまりしない人や、はじめての方も手にしやすい製品ですね。

また、カラーリングもメインの「銀色」とアクセントとなる「金色」により、豪華な色合いとなっています。かっこいい見た目とデザインが男心をくすぐる一品です。

エギングリール1万円台おすすめ5選 機能性重視で経験者に

次は、中級者向けに高い機能性で1万円台のエギングリールをご紹介します。

ダイワ『エメラルダスLT(2500S-H-DH)』

ダイワ『エメラルダスLT(2500S-H-DH)』 ダイワ『エメラルダスLT(2500S-H-DH)』 ダイワ『エメラルダスLT(2500S-H-DH)』 ダイワ『エメラルダスLT(2500S-H-DH)』 ダイワ『エメラルダスLT(2500S-H-DH)』

出典:Amazon

ギア比 5.6:1
糸巻量 PE糸巻量(号-m):0.6‐200
ドラグ 10.0kg
重さ 240g

水没させても使用感が衰えない! マグシールド採用

2019年7月にリリースされたこの製品。糸が切れにくい「ATD(オートマチックドラグシステム)」や、海水や異物の侵入を防ぐ「マグシールド」を採用しており、水没させても使用感が衰えない、初心者にも扱いやすい多機能設計です

番手2500と3000の各サイズにローギアとハイギアがあり、どの季節でも快適なエギングを可能にしたリールといえるでしょう。

ダイワ『カルディア(LT2500S)』

ダイワ『カルディア(LT2500S)』 ダイワ『カルディア(LT2500S)』 ダイワ『カルディア(LT2500S)』 ダイワ『カルディア(LT2500S)』 ダイワ『カルディア(LT2500S)』

出典:Amazon

ギア比 5.3:1
糸巻量 PE糸巻量(号-m):0.6-200
ドラグ 5.0kg
重さ 185g

軽量だから女性でも使いやすい!

リールとしてのバランスや安定感にすぐれている製品です。カーボンを使用しているので軽量で、女性でもかんたんに扱うことが可能です。軽量な割にタフで耐久性があるため、長時間や過酷な環境での使用にも耐えられます。

スプール構造によってラインがトラブルなく放出されることで飛距離が伸びやすく、うまく遠投をしたい方にぜひ試していただきたいリールです。

シマノ『セフィア BB(C3000SDHHG)』

シマノ『セフィアBB(C3000SDHHG)』 シマノ『セフィアBB(C3000SDHHG)』 シマノ『セフィアBB(C3000SDHHG)』 シマノ『セフィアBB(C3000SDHHG)』 シマノ『セフィアBB(C3000SDHHG)』 シマノ『セフィアBB(C3000SDHHG)』 シマノ『セフィアBB(C3000SDHHG)』 シマノ『セフィアBB(C3000SDHHG)』 シマノ『セフィアBB(C3000SDHHG)』

出典:Amazon

ギア比 6.0:1
糸巻量 PE糸巻量(号-m):0.6-200、0.8-150、1-110
ドラグ 9.0kg
重さ 250g

悪天候でも安心して使える防水機能を搭載

切削なしの高圧プレスで仕上げを施した、高強度な「HAGANEギア」を搭載したエギングリールです。ギアの大径化、適切なギア配置設計によって、軽快で滑らかな巻き心地が長期間続きます。

ダブルハンドルを採用しているのでラインスラックの量をコントロールしやすく、防水性能を向上させる機能「コアプロテクト」により悪天候でも安心して使用可能です。

ダイワ『フリームス(LT2500S-DH)』

ダイワ『フリームス(LT2500S-DH)』 ダイワ『フリームス(LT2500S-DH)』 ダイワ『フリームス(LT2500S-DH)』 ダイワ『フリームス(LT2500S-DH)』 ダイワ『フリームス(LT2500S-DH)』 ダイワ『フリームス(LT2500S-DH)』 ダイワ『フリームス(LT2500S-DH)』

出典:Amazon

ギア比 5.3:1
糸巻量 PE糸巻量(号-m):0.6-200
ドラグ 10.0kg
重さ 220g

すぐれた耐久性で過酷な環境でも使用可能

スプールの素材に高精度な加工が可能なアルミを使用し、リールを巻き続ける釣りをする方にぴったりなエギングリールです。滑らかな回転が持続する防水テクノロジーにより、異物や海水の侵入をケア。ラインがローラーまでスムーズに流れる「エアベール」機能により、糸絡みのトラブルを大幅に軽減します。

さらに、タフデジギアを使用しているので耐久性にすぐれ、長期間の使用や過酷な環境での使用も可能です。

ダイワ『カルディア(LT2500-XH)』

ダイワ『カルディア(LT2500-XH)』 ダイワ『カルディア(LT2500-XH)』 ダイワ『カルディア(LT2500-XH)』 ダイワ『カルディア(LT2500-XH)』 ダイワ『カルディア(LT2500-XH)』

出典:Amazon

ギア比 6.2:1
糸巻量 PE糸巻量(号-m):0.8-200
ドラグ 10.0kg
重さ 190g

長時間使用でも疲れにくい軽量ローターを採用

独自の防水テクノロジー「マグシールド」を採用しており、なめらかな回転が長期間続くと評判のリールです。ノイズレスな回転を助ける「タフデジギヤ」を搭載し、悪天候などの厳しいコンディションでも使用可能となっています。

軽量ローターを使用しており、長時間使っていても疲れない操作性にすぐれた製品です。

エギングリール2万円以上おすすめ8選 プロ並みの上級者に

最後に、プロ御用達で上級者向けの2万円以上エギングリールをご紹介します。

シマノ『ツインパワー(2500SHG)』

シマノ『ツインパワー(2500SHG)』 シマノ『ツインパワー(2500SHG)』 シマノ『ツインパワー(2500SHG)』

出典:Amazon

ギア比 6.0:1
糸巻量 PE糸巻量(号-m):0.6-200、0.8-150、1-120
ドラグ 4.0kg
重さ 210g

HAGANEギアを搭載! 快適な巻き心地を持続

たわみやゆがみ、ねじれを抑制する金属製のローターを採用したリールです。快適な巻き心地を持続することができる強力なギアシステム「HAGANEギア」、不意の衝撃に耐える高剛性ボディ「HAGANEボディ」を搭載し、高い利便性を備えています。

ラインの巻き取り能力がすぐれており、スピーディーにルアーを投げ回収するといった手返しを重視する釣りをしたい方にぴったりです。

ダイワ『EXIST(LT2500S-XH-DH)』

ダイワ『EXIST(LT2500S-XH-DH)』 ダイワ『EXIST(LT2500S-XH-DH)』 ダイワ『EXIST(LT2500S-XH-DH)』

出典:楽天市場

ギア比 6.2:1
糸巻量 PE糸巻量(号-m):0.6-200
ドラグ 5.0kg
重さ 190g

ダブルハンドル! 動作が遅れないから快適

エギングに適したダブルハンドルを搭載しているので、手元などをいちいち目で確認する必要がありません。

軽さと耐久性をアップし、さらにドライブギアを大口径化させることに成功した「モノコックボディ」の採用により、使いやすくなっています。性能の高い製品をお求めの方向けのエギングリールです。

シマノ『ヴァンキッシュ(C3000SDHHG)』

シマノ『ヴァンキッシュ(C3000SDHHG)』

出典:楽天市場

ギア比 6.0:1
糸巻量 PE糸巻量(号-m):0.6-200、0.8-150、1-120
ドラグ 9.0kg
重さ 175g

遠投性能がすぐれているから本格的に楽しめる

自重&巻きの軽さを徹底的に重視するのであれば、こちらのリールがいいでしょう。手にすると軽すぎて戸惑うほどの軽量で、ロングストローク機能があるので遠投性能にもすぐれています。

軽さに反してメーカー独自の炭素繊維樹脂素材であるCI4+採用のローターと、マグネシウム素材のボディは高い耐久性を誇ります。

シマノ『ストラディック(2500S)』

シマノ『ストラディック(2500S)』 シマノ『ストラディック(2500S)』 シマノ『ストラディック(2500S)』

出典:楽天市場

ギア比 5.3:1
糸巻量 PE糸巻量(号-m):0.6-200、0.8-150、1-120
ドラグ 4.0kg
重さ 220g

巻き心地がいいのでストレスフリー

ノーマルギアでスローな釣りをメインに展開するのに適したモデル。スピニングリールの基本性能である「巻き」「耐久性」「飛び」の能力が高いリールです。マイクロモジュールギア2とサイレントドライブ搭載の効果により、リールの巻き心地がとてもよく設計されています。

ロングストロークスプールを採用することでキャスト性能がアップし、これまでルアーが届かなかったポイントへのアプローチが可能です。

ダイワ『ルビアス(LT3000S-CXH)』

ダイワ『ルビアス(LT3000S-CXH)』 ダイワ『ルビアス(LT3000S-CXH)』 ダイワ『ルビアス(LT3000S-CXH)』

出典:楽天市場

ギア比 6.2:1
糸巻量 PE糸巻量(号-m):0.8-200、1-190
ドラグ 10.0kg
重さ 180g

異物が入りやすいストッパーを除去!

エギングのみならず、ベイエリアのシーバス、イワナ、ヤマメ、アマゴなどさまざまな釣りに対応可能なユーティリティモデルです。水や異物の侵入経路であるストッパーを取り去っているため、異物が入るなどのトラブルがなく長持ちしやすいのが特徴です。

ノイズレスな回転を実現するタフデジギアを採用しているので、ストレスなくエギングを楽しむことができます。

シマノ『セフィア CI4+(C3000SDHHG)』

シマノ『セフィアCI4+(C3000SDHHG)』 シマノ『セフィアCI4+(C3000SDHHG)』 シマノ『セフィアCI4+(C3000SDHHG)』

出典:楽天市場

ギア比 6.0:1
糸巻量 PE糸巻量(号-m):0.6-200、0.8-150、1-110
ドラグ 9.0kg
重さ 195g

ローターの耐性がすぐれているから安心

2~4万円台のミドルモデルと呼ばれる価格帯のなかでも、最高峰のリールといわれています。ローターの耐性がすぐれているので壊れにくく安心です。製品名にもある炭素繊維樹脂素材CI4+をボディ、ローター、ハンドルに採用し、軽量化を図っています。

随所に強力なシーリングを施しているので水の侵入を遮断でき、デザインはシングルハンドルとダブルハンドルがあるので好みに合わせて選べます。

シマノ『ステラ(C3000SDHHG)』

シマノ『ステラ(C3000SDHHG)』 シマノ『ステラ(C3000SDHHG)』 シマノ『ステラ(C3000SDHHG)』 シマノ『ステラ(C3000SDHHG)』 シマノ『ステラ(C3000SDHHG)』 シマノ『ステラ(C3000SDHHG)』 シマノ『ステラ(C3000SDHHG)』 シマノ『ステラ(C3000SDHHG)』 シマノ『ステラ(C3000SDHHG)』

出典:Amazon

ギア比 6.0:1
糸巻量 PE糸巻量(号-m):0.6-200、0.8-150、1-120
ドラグ 9.0kg
重さ 215g

初心者や子どもも扱いやすい低摩擦ローラー

回転が軽い低摩擦ローラーを採用しているリールです。ラインローラーとボディ部分に「非接触型X-プロテクト」を搭載し、撥水効果とラビリンス構造を複合させ、回転の軽さを損なわずに耐久性と耐水性を大幅にアップさせています

「永遠に変わらない滑らかな巻きごこち」を目指して設計されているため、初心者だけでなく子どもにも扱いやすい製品です。

ダイワ『エメラルダス AIR(LT3000S-CXH-DH)』

ダイワ『エメラルダスAIR(LT3000S-CXH-DH)』 ダイワ『エメラルダスAIR(LT3000S-CXH-DH)』 ダイワ『エメラルダスAIR(LT3000S-CXH-DH)』 ダイワ『エメラルダスAIR(LT3000S-CXH-DH)』 ダイワ『エメラルダスAIR(LT3000S-CXH-DH)』

出典:Amazon

ギア比 6.2:1
糸巻量 PE糸巻量(号-m):0.8‐200
ドラグ 10.0kg
重さ 195g

腐食に強いので長く愛用できる

ボディ、スプール、ハンドルなど細部まで徹底した軽量化を図り、軽快な操作が可能なエギングリールです。リールの心臓部となるギアとボディのマテリアルを強化することで耐久性を高めており、さらにはカーボン繊維が織り込まれているので、腐食に強く長く愛用できます。

ハンドルノブもシングルからダブルへ交換可能など、機能満載なハイスペックな製品です。

「エギング リール」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
シマノ『サハラ(C3000HG)』
ダイワ『リーガル PE付(2506H-DH)』
ダイワ『レブロス(LT2500S)』
浜田商会『PRO MARINE トランサーエギ(TO2000)』
アブ・ガルシア『Cardinal II STX(2500SD)』
浜田商会『PRO MARINE 泳がせアオリ(OA3000RD)』
ダイワ『エメラルダスLT(2500S-H-DH)』
ダイワ『カルディア(LT2500S)』
シマノ『セフィア BB(C3000SDHHG)』
ダイワ『フリームス(LT2500S-DH)』
ダイワ『カルディア(LT2500-XH)』
シマノ『ツインパワー(2500SHG)』
ダイワ『EXIST(LT2500S-XH-DH)』
シマノ『ヴァンキッシュ(C3000SDHHG)』
シマノ『ストラディック(2500S)』
ダイワ『ルビアス(LT3000S-CXH)』
シマノ『セフィア CI4+(C3000SDHHG)』
シマノ『ステラ(C3000SDHHG)』
ダイワ『エメラルダス AIR(LT3000S-CXH-DH)』
商品名 シマノ『サハラ(C3000HG)』 ダイワ『リーガル PE付(2506H-DH)』 ダイワ『レブロス(LT2500S)』 浜田商会『PRO MARINE トランサーエギ(TO2000)』 アブ・ガルシア『Cardinal II STX(2500SD)』 浜田商会『PRO MARINE 泳がせアオリ(OA3000RD)』 ダイワ『エメラルダスLT(2500S-H-DH)』 ダイワ『カルディア(LT2500S)』 シマノ『セフィア BB(C3000SDHHG)』 ダイワ『フリームス(LT2500S-DH)』 ダイワ『カルディア(LT2500-XH)』 シマノ『ツインパワー(2500SHG)』 ダイワ『EXIST(LT2500S-XH-DH)』 シマノ『ヴァンキッシュ(C3000SDHHG)』 シマノ『ストラディック(2500S)』 ダイワ『ルビアス(LT3000S-CXH)』 シマノ『セフィア CI4+(C3000SDHHG)』 シマノ『ステラ(C3000SDHHG)』 ダイワ『エメラルダス AIR(LT3000S-CXH-DH)』
商品情報
特徴 高性能ベアリングを使用! さびを防げる PEラインが巻かれているからすぐに使えて便利 エギングのみならず幅広い魚種に対応可能 はじめてでも使いやすいエギングリール 日本人向けのスプールサイズや回転力 銀色と金色の豪華な色合い! 水没させても使用感が衰えない! マグシールド採用 軽量だから女性でも使いやすい! 悪天候でも安心して使える防水機能を搭載 すぐれた耐久性で過酷な環境でも使用可能 長時間使用でも疲れにくい軽量ローターを採用 HAGANEギアを搭載! 快適な巻き心地を持続 ダブルハンドル! 動作が遅れないから快適 遠投性能がすぐれているから本格的に楽しめる 巻き心地がいいのでストレスフリー 異物が入りやすいストッパーを除去! ローターの耐性がすぐれているから安心 初心者や子どもも扱いやすい低摩擦ローラー 腐食に強いので長く愛用できる
ギア比 6.2:1 5.3:1 5.3:1 5.5:1 5.1:1 5.5:1 5.6:1 5.3:1 6.0:1 5.3:1 6.2:1 6.0:1 6.2:1 6.0:1 5.3:1 6.2:1 6.0:1 6.0:1 6.2:1
糸巻量 PE糸巻量(号-m):1-400、1.5-270、2-180 PE糸巻量(号-m):0.6-180、0.8-130 PE糸巻量(号-m):0.6-200 PE糸巻量(号-m):1-100 PE糸巻量(号-m):0.8-140 3号:180m、4号:150m PE糸巻量(号-m):0.6‐200 PE糸巻量(号-m):0.6-200 PE糸巻量(号-m):0.6-200、0.8-150、1-110 PE糸巻量(号-m):0.6-200 PE糸巻量(号-m):0.8-200 PE糸巻量(号-m):0.6-200、0.8-150、1-120 PE糸巻量(号-m):0.6-200 PE糸巻量(号-m):0.6-200、0.8-150、1-120 PE糸巻量(号-m):0.6-200、0.8-150、1-120 PE糸巻量(号-m):0.8-200、1-190 PE糸巻量(号-m):0.6-200、0.8-150、1-110 PE糸巻量(号-m):0.6-200、0.8-150、1-120 PE糸巻量(号-m):0.8‐200
ドラグ 9.0kg 4.0kg 5.0kg 4.0kg 6.0kg 5.5kg 10.0kg 5.0kg 9.0kg 10.0kg 10.0kg 4.0kg 5.0kg 9.0kg 4.0kg 10.0kg 9.0kg 9.0kg 10.0kg
重さ 250g 295g 220g 242g 278g 312g 240g 185g 250g 220g 190g 210g 190g 175g 220g 180g 195g 215g 195g
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年9月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月29日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする エギング リールの売れ筋をチェック

Amazon、Yahoo!ショッピングでのエギング リールの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:エギング用釣具・釣り用品ランキング
Yahoo!ショッピング:スピニングリールランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

アオリイカは居付きと回遊の2タイプ

アオリイカには、居付きと回遊の2タイプがいます。居付きは、夜に沖から堤防周りなどで、隠れてエサを待ち伏せしています。回遊は、普段は沖で生活していますがエサを求め、潮の流れに乗って回遊してきます。

居付きと回遊は、それぞれ狙い方も違うので釣り時の状況でどちらを狙うのか攻略が必要です。

エギングリール関連のそのほかの記事も参考にしてみてください

編集部からひと言

エギングリールのおすすめ19商品をご紹介しました。

各メーカーのホームページを見ると、商品説明や海に行ってロッドを振ってみたくなる動画が満載なのでぜひチェックしてみてください。

この記事を参考に、ぜひあなたにぴったりのエギングリールを探してみてくださいね。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2021/03/15 コンテンツ追加のため、記事を更新しました(マイナビおすすめナビ編集部 福本航大)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


ランディングネットおすすめ9選|折りたたみ可能タイプで持ち運びもラク!

ランディングネットおすすめ9選|折りたたみ可能タイプで持ち運びもラク!

シーバスや大物トラウトといった大型魚狙いの釣りに必須の「ランディングネット」。高い堤防や岩場、渓流などで活躍します。人気メーカーのものが多く、メジャークラフトやトーマスなど種類はさまざま。ここでは、ランディングネットの選び方とおすすめ商品を紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


【大物を釣り上げよう!】タモおすすめ13選|コンパクトタイプや折りたたみタイプも

【大物を釣り上げよう!】タモおすすめ13選|コンパクトタイプや折りたたみタイプも

タモは「玉網(たもあみ)」「タモ網」「ランディングネット」などさまざまな名前で呼ばれますが、掛けた魚をすくうために使う道具です。持ち運びやすくてコンパクトな折りたたみタイプもご紹介。この記事では、タモを選ぶ際のコツとおすすめ商品を紹介します。記事後半には、通販サイトの口コミや評判、最新人気ランキングやスペック比較表もありますので、ぜひチェックしてみてください。


PEラインおすすめ人気ランキング40選|釣りたい魚ごとに号数別で紹介

PEラインおすすめ人気ランキング40選|釣りたい魚ごとに号数別で紹介

「いろんなラインを使ってきて、そろそろPEラインに挑戦したい」「初めてだから、PEラインを選ぶ基準が分からない」上記のように考える方も多いのではないでしょうか。実際、PEラインは少々扱いが難しく、初心者にとっては敬遠されがちなラインです。しかし、PEラインの特性をしっかり掴んで使用すると、釣果も上がる、心強いラインなんです。本記事では、PEラインに挑戦したい方向けに、釣り・アウトドアライターの中山一弘さんへの取材と501名へのアンケート調査をもとに、PEラインの特徴と、シーバス釣りやエギングなど、ターゲット別のおすすめランキングを紹介いたします。本記事を一通り読めば、PEラインの全体像を掴めるので、ぜひ参考に商品を選んでみてくださいね。


シーバスロッドおすすめ11選|シーバスの基礎知識からロッドの選び方まで解説

シーバスロッドおすすめ11選|シーバスの基礎知識からロッドの選び方まで解説

「バス釣りなどを経験して、次はシーバスをターゲットにしたい」「海釣りのスタートはシーバスがやりやすいらしい」「シーバス釣りを始めたいが、専用のものを購入した方がいいのだろうか」エギングやジギング、バス釣りなど、釣りにおいてはそれぞれ専用のものが出ており、ターゲットごとにロッドやリール、ラインといったタックル、そのほかのルアーやアイテムなども専用に揃えたいと思うのはごく自然のこと。シーバスロッドもそのひとつです。シーバスロッドは、シーバス(スズキ)を釣るための専用のロッドのこと。シーバスをルアーフィッシングで釣りやすいよう、ルアーを遠くに投げるための遠投性や、ルアーを動かしやすくするための操作性、大物がバイトしても釣り上げられるパワーなど、さまざまな改良がされています。しかし、『シーバスロッド 初心者』と検索して出てきたものを購入すれば、シーバスを釣りやすいかというとそうでもありません。実はシーバスロッドの中にも、重さや硬さ、長さなどに種類があり、釣りをするポイントごとに相性の良さが発生します。もちろん、実際に使った際の自分との相性もありますよね。さらに、シーバスの生態もあるため、釣りをする時間帯や季節によっても選ぶべきロッドは変わります。初心者向けのオーソドックスなシーバスロッドを購入するのもひとつの手ですが、よりシーバスを釣って楽しむためには、シーバスの生態や釣るポイント、どんなロッドの種類があるのか、といった基本知識も見ておいた方が有利なのです。本記事では、シーバス釣り初心者の方向けに、シーバスはどんな魚なのか、どのポイントで釣れるのか、釣りのスタイルの種類はあるのかといった、シーバスの基礎知識をしっかりと解説いたします。その上で、後半からは、重さや硬さ、長さなど、シーバスロッド自体のスペックに注目し、初心者が見るべき選ぶポイントを解説いたします。そして最後に、初心者向けシーバスロッドのおすすめ商品をご紹介いたします。本記事を読めば、シーバスについて、そしてシーバスロッドについて、全体の大枠を知ることができるはずです。ゆっくりでいいので、ぜひ読んでみてくださいね!それでは、シーバスについての基礎知識から確認していきましょう!


釣り用メジャーおすすめ22選【バス釣りに必須!】巻き取り・ステッカータイプも!

釣り用メジャーおすすめ22選【バス釣りに必須!】巻き取り・ステッカータイプも!

釣った魚のサイズを測るのに便利な「釣り用メジャー」。別名はフィッシングメジャーともいい、大会に参加するときに必要な場合もあります。大会へ参加するアングラーのなかには、釣ってすぐに測るため、メジャーを選ぶときに使い勝手にこだわる人も多いです。この記事では、釣り用メジャーの選び方とおすすめの商品を紹介します。幅がスリムなものやワイドなもの、巻き取りタイプやステッカータイプなど、さまざまな商品をピックアップしています。記事後半には、Amazonや楽天市場など通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも合わせてチェックしてみてくださいね。


関連するブランド・メーカー


DAIWA(ダイワ) SHIMANO(シマノ)

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。