エギングラインおすすめ13選!コスパ最強PEラインの選び方【釣りライター厳選】

エギングラインおすすめ13選!コスパ最強PEラインの選び方【釣りライター厳選】

アオリイカをはじめ、イカやタコを狙う人気の釣り「エギング」。一度ハマれば奥深い面も見えてきますし、食べたら食通もうなるおいしい獲物が釣れるのですからたまりません。ハマり度120%の釣りですから、今でも入門者は増え続けています。

しかし、PEとナイロン、太さや長さ、色など、種類が豊富で迷ってしまいますよね。

本記事では、エギングラインの選び方のコツとおすすめ商品を、釣りライターの中山一弘さんにうかがいました。リーダーとの結び方や通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


目次

この記事を担当するエキスパート

キャンプ/釣りライター
中山 一弘

青年期に始めた釣り新聞への寄稿を始めとして、サイトAllAboutでのフィッシングガイドを務める。 ほかにも雑誌『Salty!(ソルティ)』やアウトドア系の雑誌やWeb媒体などでの執筆多数。 今も休日には必ず海山湖を駆けまわっている自然派で、あらゆるジャンルの釣りを体験し、季節に合わせて日本中の旬な魚を追っている。 キャンプ用品は、あえて払い下げのミリタリー系ギアで揃えるマニアな一面も。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:アウトドア・キャンプ、スポーツ・自転車
沼田 裕貴

「アウトドア・キャンプ」「スポーツ・自転車」を担当する40代編集者。学生の頃から国内海外問わず一人旅に夢中。旅・アウトドア関連グッツに精通している。趣味は筋トレや格闘技。まずは見た目からとモットーにスポーツ用具やウエア選びにも余念がない。

◆本記事の公開は、2019年08月27日です。記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

エギングラインの選び方 イカ釣りの基本

それでは、エギングラインの基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記の6つ。

【1】細くてエギをアクションさせやすい「PE」ラインを選ぶ
【2】フロートタイプとサスペンドタイプを使い分ける
【3】初心者は0.8号が安心
【4】PEの撚り数は特徴を知ってから考える
【5】ラインの巻き量(長さ)は150mがおすすめ
【6】エギングラインは視認性の高い色を選ぶ


上記の6つのポイントをおさえることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】細くてエギをアクションさせやすい「PE」ラインを選ぶ

 

エギングでメインとして使われるのは「PEライン」です。高感度なうえに細く、水切れがよいのでエギ(エギングで使用するルアー)をアクションさせやすいというのが大きな理由です。ナイロンラインもありますが、PEラインをおすすめします。

【2】フロートタイプとサスペンドタイプを使い分ける

 

高感度なうえに細く、水切れがよいのでエギ(エギングで使用するルアー)をアクションさせやすいというのが大きな理由ですが、PEラインは基本的に水に浮きます。手前に藻や岩礁(がんしょう)があるようなポイントではラインが引っ掛かりにくいので使いやすいですが、急深のポイントや潮が早いところでは使いにくいです。

そのようなポイントでは潮によくなじむ高比重で沈むタイプのPEラインがあると、釣りがラクになります。釣り場に合ったPEラインを選びましょう。

【3】初心者は0.8号が安心 エギングラインの太さは? 何号がおすすめ?

 

ラインは細ければ細いほど水の抵抗を受けないのでエギングには有利になりますが、エギの重量やアオリイカのサイズを考えると0.6号ぐらいが扱いやすさの限界になってきます。

ただし0.6号は初心者が扱うには少し細すぎます。ライン切れやバックラッシュなどのトラブルを少しでも減らすことを考え、0.8号以上の太さから使いはじめるのがベストですし、場合によっては1号でも構いません。

まずは扱いやすいと感じる太さのラインでトラブルを減らして、キャスト回数を増やした方が上達への近道になりますよ。

【4】PEの撚り数は特徴を知ってから考える 4本撚りか8本撚りか

PEラインには撚(よ)り数によっていくつかの種類があり、主に4本撚りと8本撚りに分かれます。

▼コストを重視するなら4本撚り

 

4本撚りは原糸が太く、何よりもコストを抑えることができます。撚り数が増えれば耐久性もあがっていきますが、個々の製品によっては技術でそれをカバーする製品もありますので、コスト重視ならこちらがおすすめです。

▼キャスト重視や根がかりが心配なら8本撚り

8本撚りは原糸は細くなりますが、本数が多いため耐久性が向上します。また、表面が滑らかになるので飛距離が向上するため、キャストのしやすさが向上しますが、8本撚りはコストが高めです。

そのため、コストよりアキュラシー(投げの正確さ)を優先するなら迷わず8本撚りがおすすめです。

【5】ラインの巻き量(長さ)は150mがおすすめ

 

エギング用のラインを見ていると、150m巻きと200m以上の巻き量がある製品があることに気がつきます。

岸からキャストする通常のエギングでは150m巻きがベストです。エギのサイズや風にもよりますが、飛距離が最大で50mプラスアルファとして、釣り場の深さを考えると最低でも70mは必要です。

例えば、100mしかスプールに巻いてないとき、70mのラインを出した状態でリール付近で切れてしまったら……釣りは続行不可能ですよね? なので、150m巻いておけば、70m以上は残るので釣りが続けられるというわけです。

200m以上巻いてある製品は船から狙うティップランやイカメタルなどの深さや流す距離が長い釣りをやるときのものです。興味があったらそちらのゲームもやってみると楽しいですよ!

【6】エギングラインは視認性の高い色を選ぶ

 

エギングは昼夜問わず楽しめる釣りです。そのため、夜間でも視認性がよい蛍光カラーや白色のラインを選んでおくことをおすすめします。とくに多数の色で構成されるマルチカラータイプのPEラインは、どんなシチュエーションでも何かしらの色は視認できるため、エギングの主流となっています。

エギングラインのおすすめ13選 人気のダイワ・シマノだけじゃない!よつあみやゴーセン、ユニチカなど

上で紹介したエギングラインの選び方のポイントをふまえて、釣りライターの中山一弘さんと編集部が選んだおすすめ商品を紹介します。

ダイワ(DAIWA) 『PEライン UVFエメラルダスデュラセンサー×8LD+Si2 0.8号 200m』

ダイワ(DAIWA)『PEラインUVFエメラルダスデュラセンサー×8LD+Si20.8号200m』 ダイワ(DAIWA)『PEラインUVFエメラルダスデュラセンサー×8LD+Si20.8号200m』 ダイワ(DAIWA)『PEラインUVFエメラルダスデュラセンサー×8LD+Si20.8号200m』 ダイワ(DAIWA)『PEラインUVFエメラルダスデュラセンサー×8LD+Si20.8号200m』 ダイワ(DAIWA)『PEラインUVFエメラルダスデュラセンサー×8LD+Si20.8号200m』
出典:Amazon この商品を見るview item

イカメタルやボートエギング、ティップランに最適

ダイワこだわりのTOUGH PE×Si2は、自社調べにおいて耐摩耗性が300%以上という高密度を実現。200mのロングタイプかつ、10mおき5色のカラーパターンで、ディープエリアも攻略可能です。イカメタルやボートエギング、ティップランにも最適なPEラインです。

エキスパートのおすすめ

シマノ『セフィア G5 PE 0.6号』

シマノ『セフィアG5PE0.6号』 シマノ『セフィアG5PE0.6号』
出典:Amazon この商品を見るview item
キャンプ/釣りライター:中山 一弘

キャンプ/釣りライター

比重が高く水に沈むPEライン

高比重で潮にとてもよくなじむPEライン『Sephia(セフィア) G5 PE』です。

上潮が早い日はフォール中のエギをラインが引っ張ってしまうようなことがありますが、この製品ならそれを激減させることができます。また、風が強い日でも海面のPEラインがふけてしまうようなことも少ないです。悪条件な時こそ真価を発揮してくれるラインといえます。

10mごと5色に分けられたカラーも見やすく、アオリイカをラインで攻略したい人におすすめです。

ユニチカ(UNITIKA) 『キャスライン エギングスーパーPEIII 210m 0.6号』

ユニチカ(UNITIKA)『キャスラインエギングスーパーPEIII210m0.6号』 ユニチカ(UNITIKA)『キャスラインエギングスーパーPEIII210m0.6号』
出典:Amazon この商品を見るview item

コスパ抜群なのに信頼性抜群

安価なラインはあまり信用することができないと考えている方も多いかもしれませんが、こちらは低価格ながら口コミ評価も非常に高い信頼性抜群のエギング専用PEラインです。視認性もとてもよく、根掛かり時などにも安心の強度です。コストパフォーマンスに優れたエギングラインを探しているという方に1度試していただきたいラインです。

エキスパートのおすすめ
キャンプ/釣りライター:中山 一弘

キャンプ/釣りライター

夜に見やすいホワイトカラーのエギングライン

この製品は夜釣りでとくに見やすいホワイトをベースにしたエギングラインです。

10mごとに3色、5mに1色マークが入っているので、飛距離も把握しやすく、エギの位置がよくわかります。釣れた距離が分かれば、一度釣れたエリアを覚えておいて、そこを重点的にピンポイントで狙っていけます。

特に春のアオリイカは2杯以上の群れでいることが多いですから、距離の把握はとても大切です。ラインマーカーを活かした釣りを覚えるのに最適なラインですね。

DUEL(デュエル)『HARDCORE X8』

DUEL(デュエル)『HARDCOREX8』 DUEL(デュエル)『HARDCOREX8』 DUEL(デュエル)『HARDCOREX8』 DUEL(デュエル)『HARDCOREX8』 DUEL(デュエル)『HARDCOREX8』
出典:Amazon この商品を見るview item

エギングからライトショアジギングまで楽しめる

PEラインの欠点である擦れにもつよく、安心して使用することのできるエギングラインです。商品名にエギングと入っているだけあって、当然エギング向けとなっていますが、強度もあり使い勝手もいいのでライトショアジョギングなどまで楽しめる万能型のラインとなっています。コストと性能のバランスの良いラインを探している方におすすめです。

ゴーセン(GOSEN) 『ライン PEエギ人SP 8ブレイド』

ゴーセン(GOSEN)ラインPEエギ人SP8ブレイド200m0.4号(11lb)GS82004 ゴーセン(GOSEN)ラインPEエギ人SP8ブレイド200m0.4号(11lb)GS82004
出典:Amazon この商品を見るview item

アオリイカ特化のエギング専用PEライン

高密度の8本撚りで、ハリとコシを保ちつつも強さとしなやかさを実現したゴーセンのアオリイカ特化型ラインです。SG加工により初期伸度を抑制することで正確なアタリを体感できつつも、高操作性とライントラブルの抑制を両立。視認性の高いクリスタルイエローで夜釣りにも適しています。

クレハ(KUREHA)『PEライン シーガー PE X8 150m 0.6号』

クレハ(KUREHA)『PEラインシーガーPEX8150m0.6号』 クレハ(KUREHA)『PEラインシーガーPEX8150m0.6号』 クレハ(KUREHA)『PEラインシーガーPEX8150m0.6号』 クレハ(KUREHA)『PEラインシーガーPEX8150m0.6号』
出典:Amazon この商品を見るview item

8本組のコスパ最強PEライン

クレハのPEシリーズでももっとも伸びが少ないグランドマックスと呼ばれるPEを採用することで高感度を実現。同時に8本組による強度も兼ね備えながら、低価格でコストパフォーマンスに優れているのが魅力です。また、青物などの大物にも対応できる0.6号~6号までのラインナップも充実しており、エギングだけではなく、あらゆるジギングに対応してくれます。

よつあみ(YGK) 『ガリス ウルトラWX8 GesoX 160m 0.6号 8本』

よつあみ(YGK)『ガリスウルトラWX8GesoX160m0.6号8本』 よつあみ(YGK)『ガリスウルトラWX8GesoX160m0.6号8本』
出典:Amazon この商品を見るview item

イカ釣りエギングからシーバスにも対応

エギングだけでなくシーバスアングラーまで、その絶対的な強度と操作性で絶大な支持を得ているウルトラGesoX WX8。ユーザーから要望の要望によりこの160m巻が追加されました。春イカモンスターにぜひためしたくなるPRラインです。さらに、ベース色の蛍光ピンクにたいし、10m間隔で染色されたパープル色のピッチマーキングで、ラインの長さをわかりやすく示してくれます。

VARIVAS(バリバス)『アバニ エギング マックスパワーPE X8 150m 0.8号』

VARIVAS(バリバス)『アバニエギングマックスパワーPEX8150m0.8号』 VARIVAS(バリバス)『アバニエギングマックスパワーPEX8150m0.8号』 VARIVAS(バリバス)『アバニエギングマックスパワーPEX8150m0.8号』
出典:Amazon この商品を見るview item

バリバスのエギングラインフラグシップモデル

アオリイカ狙いで愛用者も多いバリバスのマックスパワーPE X8。0.6号でも強度が高いと評判で、フロロカーボンリーダーとも相性がよいとの声も。耐久性、感度、操作性のバランスのとれたPEラインで、エギング初心者にもおすすめのモデルです。

DUEL(デュエル) 『アーマード F+ Pro エギング』

DUEL(デュエル)PEライン0.6号アーマードF+Proエギング150M0.6号クリアーオレンジエギングH4088 DUEL(デュエル)PEライン0.6号アーマードF+Proエギング150M0.6号クリアーオレンジエギングH4088 DUEL(デュエル)PEライン0.6号アーマードF+Proエギング150M0.6号クリアーオレンジエギングH4088 DUEL(デュエル)PEライン0.6号アーマードF+Proエギング150M0.6号クリアーオレンジエギングH4088 DUEL(デュエル)PEライン0.6号アーマードF+Proエギング150M0.6号クリアーオレンジエギングH4088 DUEL(デュエル)PEライン0.6号アーマードF+Proエギング150M0.6号クリアーオレンジエギングH4088
出典:Amazon この商品を見るview item

とにかく擦れに強い!

デュエルのエギングラインは擦れへの強さに定評がありますが、こちらはさらに擦れに対する耐久性を向上させたものです。従来のPEラインと比較すると対摩擦性が2倍となっています。また、ライン表面にフロロ粒子を分散することによって滑りもとてもいいので、非常に使いやすいラインに仕上がっています。強く、使いやすいラインを求める方におすすめです。

エキスパートのおすすめ

東レ『ソルトライン(R) PE スーパーエギング F4』

東レ『ソルトライン(R)PEスーパーエギングF4』 東レ『ソルトライン(R)PEスーパーエギングF4』 東レ『ソルトライン(R)PEスーパーエギングF4』 東レ『ソルトライン(R)PEスーパーエギングF4』
出典:Amazon この商品を見るview item
キャンプ/釣りライター:中山 一弘

キャンプ/釣りライター

キャストトラブルを激減させるPEライン

PEラインをコーティングすることでコシを持たせる製品とは若干違い、こちらはPEの撚りを密にすることでハリを持たせたラインです。

PEラインの使い心地はそのまま、コシが強くなった感覚なのでベテランはこちらのほうが気に入ると思います。もちろん、密撚りラインの効果は抜群でキャストトラブルを大きく減らしてくれます。

あらゆるエギンガーにおすすめできるラインです。

メジャークラフト『PEライン 弾丸ブレイド 4本編み エギング 150m』

メジャークラフトPEライン弾丸ブレイド4本編みエギングDBE4-150/0.5PKピンク150M/0.5号 メジャークラフトPEライン弾丸ブレイド4本編みエギングDBE4-150/0.5PKピンク150M/0.5号
出典:Amazon この商品を見るview item

視認性抜群でアタリを目視しやすい

低価格ながら高品質のコストパフォーマンスに優れたフィッシングツールを製造・販売していることで知られるメジャークラフトのエギングラインです。150m巻きで1000円前後という価格帯ながら安心の日本製です。水中や水面での視認性が非常に高いのでエギングを楽しむ上で欠かせないアタリの目視をしっかりできるのもポイントです。

サンライン(SUNLINE)『PEライン ソルティメイト PEエギ ULT HS4 180m』

サンライン(SUNLINE)『PEラインソルティメイトPEエギULTHS4180m』 サンライン(SUNLINE)『PEラインソルティメイトPEエギULTHS4180m』 サンライン(SUNLINE)『PEラインソルティメイトPEエギULTHS4180m』
出典:Amazon この商品を見るview item

従来品と比較して耐摩耗性がアップ!

従来の4ブレイドのラインと比較すると、耐摩耗性が高くなったことによって、ガイドや浮遊物に接触しても安心してファイトを楽しむことのできるエギングラインとなっています。耐久性が高いので、あまりエギングに慣れていない方が多少無理をしても問題ありません。視認性の高いカラーマークを採用し、しっかりとフッキングできるのもポイントです。

「エギングライン」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
ダイワ(DAIWA) 『PEライン  UVFエメラルダスデュラセンサー×8LD+Si2 0.8号 200m』
シマノ『セフィア G5 PE 0.6号』
ユニチカ(UNITIKA) 『キャスライン エギングスーパーPEIII 210m 0.6号』
ユニチカ『キャスライン(R) エギングスーパーPEIII WH 0.6号』
DUEL(デュエル)『HARDCORE X8』
ゴーセン(GOSEN) 『ライン PEエギ人SP 8ブレイド』
クレハ(KUREHA)『PEライン シーガー PE X8 150m 0.6号』
よつあみ(YGK) 『ガリス ウルトラWX8 GesoX 160m 0.6号 8本』
VARIVAS(バリバス)『アバニ エギング マックスパワーPE X8 150m 0.8号』
DUEL(デュエル) 『アーマード F+ Pro エギング』
東レ『ソルトライン(R) PE スーパーエギング F4』
メジャークラフト『PEライン 弾丸ブレイド 4本編み エギング 150m』
サンライン(SUNLINE)『PEライン ソルティメイト PEエギ ULT HS4 180m』
商品名 ダイワ(DAIWA) 『PEライン UVFエメラルダスデュラセンサー×8LD+Si2 0.8号 200m』 シマノ『セフィア G5 PE 0.6号』 ユニチカ(UNITIKA) 『キャスライン エギングスーパーPEIII 210m 0.6号』 ユニチカ『キャスライン(R) エギングスーパーPEIII WH 0.6号』 DUEL(デュエル)『HARDCORE X8』 ゴーセン(GOSEN) 『ライン PEエギ人SP 8ブレイド』 クレハ(KUREHA)『PEライン シーガー PE X8 150m 0.6号』 よつあみ(YGK) 『ガリス ウルトラWX8 GesoX 160m 0.6号 8本』 VARIVAS(バリバス)『アバニ エギング マックスパワーPE X8 150m 0.8号』 DUEL(デュエル) 『アーマード F+ Pro エギング』 東レ『ソルトライン(R) PE スーパーエギング F4』 メジャークラフト『PEライン 弾丸ブレイド 4本編み エギング 150m』 サンライン(SUNLINE)『PEライン ソルティメイト PEエギ ULT HS4 180m』
商品情報
特徴 イカメタルやボートエギング、ティップランに最適 比重が高く水に沈むPEライン コスパ抜群なのに信頼性抜群 夜に見やすいホワイトカラーのエギングライン エギングからライトショアジギングまで楽しめる アオリイカ特化のエギング専用PEライン 8本組のコスパ最強PEライン イカ釣りエギングからシーバスにも対応 バリバスのエギングラインフラグシップモデル とにかく擦れに強い! キャストトラブルを激減させるPEライン 視認性抜群でアタリを目視しやすい 従来品と比較して耐摩耗性がアップ!
撚り数 8本 5本撚り - 8本 8本 8本 8本 - 4本 4本
太さラインアップ 0.4号~0.8 0.5~1号(4アイテム) 0.4~0.8号 0.4~1号(6アイテム) 0.6~1.2号 0.4号~0.8号 0.6号~6号 0.6号~1号 0.6号~1号 0.6~1号 0.6~1号(3アイテム) 0.4~0.8号 0.6号
巻き量 200m 150m、200m(200mは0.8号まで) 210m 150m、210m 150m 150m/200m 150m 160m 150m 150m 150m 150m 180m
商品リンク

※各社通販サイトの 2023年1月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年1月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年1月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年1月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年1月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年1月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年1月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年1月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年1月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年1月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年1月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年1月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年1月24日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする エギングラインの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場でのエギングラインの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:釣り用PEラインランキング
楽天市場:PEラインランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

エギングに関するそのほかの釣具はこちら ルアーやリール、ロッドなど

エギングラインとショックリーダーの結び方 ワンポイントアドバイス

強いショックリーダーを使っていても、PEラインとの結び方が弱ければほどけたり切れたりしてしまいます。そのため、リーダーとの結び方にもこだわることで、結果としてエギングを楽しむことができます。代表的な結び方には「電車結び」「SFノット」「FGノット」などがあります。動画などで分かりやすく解説しているものもあるので、ライン選びとあわせてチェックしておきましょう。

◆記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。◆特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部