クラリネットのおすすめ10選|種類や値段の目安をプロが解説【初心者必見】

クラリネットのおすすめ10選|種類や値段の目安をプロが解説【初心者必見】

吹奏楽やオーケストラに欠かせない、音色がやわらかく美しい「クラリネット」。材質による音色の違いや、人気のヤマハなどメーカーごとの特徴を知っておくと購入する際に役立ちます。

楽器は高価なものだからこそ、間違いのない商品を選びたいですよね。そこで楽器に詳しい、レコーディングエンジニアの小野寺孝樹さんに取材のもと、クラリネットの選び方とおすすすめ商品を紹介します。

通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


目次

この記事を担当するエキスパート

レコーディングエンジニア
小野寺 孝樹

1989年株式会社ゼロスタジオに入社。 アシスタントを経て、1992年チーフエンジニアに昇格。 その後、数々のレコーディングに携わる。 2001年ゼロスタジオを退社、フリーランスとなる。 以降、レコーディング・ミックスからプログラミングまで、またアイドルソングからプログレまでなんでもこなす便利な人として、活躍中。"

マイナビおすすめナビ編集部

担当:ホビー
水貝 英斗

「ホビー」カテゴリーを担当。小学校から大学まで柔道に明け暮れた元体育会系であり、大のゲーム・アニメ好き。その他、広告関連記事の制作にも携わり、SEOの知見を活かし商品販促のプランニングも行っている。

◆本記事の公開は、2019年08月08日です。記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

クラリネットの選び方 はじめて購入する方や初心者必見!

クラリネットを演奏する人の画像
Pixabayのロゴ

選ぶポイントを参考に、自分にぴったりのクラリネットを見つけましょう!

楽器に詳しい、レコーディングエンジニアの小野寺孝樹さんに、クラリネットを選ぶときのポイントを解説してもらいました。ポイントは下記の5つ。

【1】初心者モデルからスタート
【2】材質
【3】メーカー
【4】値段
【5】試奏や奏者からのアドバイス

クラリネットをはじめて買う方も、新しく買い替える予定の方も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

初心者モデルも多い「B♭クラリネット」からはじめよう

クラリネットと楽譜
Pixabayのロゴ

B♭クラリネットは、明るくやわらかで軽やかな音を出します。

クラリネットといっても、E♭クラリネット・B♭クラリネット・アルトクラリネット・バスクラリネットと音高によってわかれています。初心者であれば、スタンダードなB♭クラリネットを選ぶとよいでしょう。B♭クラリネットはオーケストラにたとえるとバイオリンのような立場で、管弦楽でも主役となれる楽器です。

クラリネットらしい明るい音色と、幅広い音域があるのであらゆるジャンルで活躍します。

目的に応じて材質を選ぶ

コインと計算機
Pixabayのロゴ

クラリネットによって、価格に幅があります。限られた予算のなかで自分にぴったりのクラリネットを選びましょう。

クラリネットに使用される素材は、おおきく「木」と「プラスチック(ABS樹脂)」にわかれます。それぞれに特徴があるので、紹介していきます。

クラシックを演奏するなら木製の楽器がおすすめ

 

演奏するジャンルや演奏形態によっても、選ぶべきクラリネットは変わってきます。

演奏するのがおもにクラシックなら、やはり木製のものがおすすめです。優しくささやくようなピアニッシモから激しいフォルテッシモまで、破綻(はたん)することなく鳴らせるのは木製ならでは。そのかわり、よい音を鳴らすのにはそれなりに技術が必要です。

また、グレードの高い木製の楽器は、メンテナンスをしっかりすることで末永く使えますが、価格的に手が出しづらく、よい音を鳴らすのも難しいため、初心者にはハードルが高いかもしれません。

初心者には手頃なABS樹脂製(プラスチック)がおすすめ

 

これからクラリネットを始めてみたい、とりあえず吹いてみたいという方には、価格がお手ごろなABS樹脂製(プラスチック製)のものがおすすめ。木製に比べて温度や湿度の変化に強く取り扱いやすいうえ、ビギナーでも比較的音を出しやすいという特徴があります。

ジャズやポップスなどで、明るく軽やかに鳴らすのであれば、ABS樹脂製のものを選ぶのも選択肢のひとつ。木製に比べて演奏しやすく、湿度や温度変化にも強いので屋外での演奏にも向いています。

価格も比較的リーズナブルなものが多いので、木製とABS樹脂製の両方を、状況に応じて使い分けるのもよいでしょう。

ただし音に深みがなく、高度な演奏表現には対応しづらい面もありますので、長く続けていく場合、ゆくゆくグレードアップすることも念頭に置いておく必要があります。

定評のあるメーカーから選ぶ 初心者はYAMAHA(ヤマハ)が安心!

パソコンを見て悩む女の子
Pixabayのロゴ

はじめてクラリネットを選ぶ際にはどのメーカーがいいかわからなくて困るかもしれませんが、聞いたことがあるメーカーのものから選ぶのもいいでしょう。

クラリネットは、さまざまなメーカーで作られています。しかし、価格も音もばらばらで初心者にはどれを選べばいいかわからなくなるかもしれません。

そんなときは、名前がよく知られているようなメーカーや口コミで評判の良かったメーカーのものを選ぶのも方法のひとつです。

初心者でも吹きやすい「YAMAHA(ヤマハ)」

 

「YAMAHA(ヤマハ)」の楽器は少ない息でも吹奏しやすく、音程も比較的一定しているので、初心者でも安定した演奏が可能です。

しかし音色の個性や操作性などは海外一流メーカーに及ばない部分もあり、ソロを取ったりメロディを演奏するよりも、吹奏楽やオケなどで合奏するのに向いているでしょう。

優美な音色が特徴の「Buffet Crampon(ビュッフェ・クランポン)」

 

「Buffet Crampon(ビュッフェ・クランポン)」はフランスの伝統あるメーカーで、やわらかく丸く優美な音色が特徴。合奏でも周りの音色とよく調和します。

ただ吹奏感はほかのメーカーと比べると抵抗があるように感じるので、中学生などにはあまりおすすめできません。

ソロやリードに最適な「Henli SELMER Paris(ヘンリー・セルマー・パリ)」

 

同じフランスのメーカーでこちらも歴史のある「Henli SELMER Paris(ヘンリー・セルマー・パリ)」ですが、輪郭がくっきりとして前に出てくるような音色が特徴。ソロ演奏やリードクラリネットには最適な楽器です。

楽器店オリジナルでコスパもよい「MARCATO(マルカート)」

 

レコーディングエンジニアの小野寺孝樹さん推奨のメーカー以外にもよく知られているクラリネットのメーカーやブランドはあります。

1937年創業の「下倉楽器」が、現場の奏者の意見を取り入れながら作った「MARCATO(マルカート)」はリーズナブルな価格と高い品質にこだわったシリーズです。まだ知名度が低いですが、素直で正確な音階を奏で、演奏しやすいクラリネットです。

まずはコスト重視という方は選んでみてはいかがでしょう。

300年近い歴史をもつメーカー「Leblanc(ルブラン)」

日本での知名度はそれほど高くはないメーカーですが、1750年創業の世界に知られたクラリネットのメーカーのひとつです。

キーの反応がよく、正確な音階が奏でられることで、演奏家たちにとって希望どおりの楽器とまでいわれるほどの製品を作り続けています。

息がとおりやすい軽快な吹奏感は初心者にもぴったりでしょう。

値段にも注目して選ぶ グレードアップは10~20万円を目安に

お金の画像

ビギナーのうちはABS樹脂製の鳴らしやすい楽器で演奏するといいのですが、演奏力が高くなるにつれ、それではもの足りなくなってくると思います。

最初のグレードアップには、10〜20万円ぐらいで鳴らしやすく、比較的取り扱いやすい木製のものがありますので、そちらがおすすめです。

木製のクラリネットは、グラナディラという木材で作られています。水に沈むほどの重量があり密度が高く、非常にかたいことが特徴です。目の詰まった材質のものほどクラリネットには向いているとされますが、希少なので手に入れにくく、さらに数年間もかけて乾燥させるため、よい材質の楽器ほど高級になります。

30万円前後かそれ以上のものになると、さらに耐久性や音色、演奏性のよさなど、上級者まで対応できるモデルがありますが、よい音を鳴らすのに技術を要するのと、日常の手入れやメンテナンス、さらには保管する温度や湿度にまで気を配る必要がありますので、それなりの注意と覚悟が必要です。

中級者~上級者におすすめの価格帯は、だいたい40万円前後からでしょう。

試奏や奏者からのアドバイスも参考に選ぶ

クラリネットの演奏
ペイレスイメージズのロゴ

クラリネットには、素材・価格・メーカーなどさまざまな選択肢があり、初心者には選びにくいかもしれません。近くに楽器店があったり、演奏している方がいたりするのであれば、試奏をしてみると、自分が望むクラリネットの姿がつかみやすくなるでしょう。

しかし、試奏できる環境が近くにない場合は、憧れのクラリネット奏者が使用している楽器のメーカーを調べたり、口コミのサイトなどをみて研究するのもよいでしょう。まずはどんな音をどのように演奏したいかを明確にして、思い描く音に近い音を出すクラリネットを選ぶようにしましょう。

購入後の湿度変化に要注意! レコーディングエンジニアから使い方のアドバイス

レコーディングエンジニア

とくに木製の楽器は環境の変化に影響されやすいです。なかでも湿度の変化には敏感で、急激な変化があると、ひどいときにはひび割れてしまうことがあります。

新しく買った際には、ついついうれしくて触りたくなってしまいますが、そこはこらえましょう。いきなりたくさん吹くようなことはせず、一日30〜40分程度ずつ、1カ月くらいは徐々に慣らして演奏していくことが重要です。

クラリネットのおすすめ10選 マウスピースやリガチャーといった付属品にも注目

うえで紹介したクラリネットの選び方のポイントをもとに、楽器に詳しい、レコーディングエンジニアの小野寺孝樹さんと編集部がおすすめする商品を紹介します。

Kaerntner(ケルントナー)『KCL27』

Kaerntner(ケルントナー)KCL27クラリネット新品ABS樹脂製管体スタンダードB♭本体初心者管楽器ケースマウスピース付属clarinetKCL-27送料無料 Kaerntner(ケルントナー)KCL27クラリネット新品ABS樹脂製管体スタンダードB♭本体初心者管楽器ケースマウスピース付属clarinetKCL-27送料無料 Kaerntner(ケルントナー)KCL27クラリネット新品ABS樹脂製管体スタンダードB♭本体初心者管楽器ケースマウスピース付属clarinetKCL-27送料無料
出典:楽天市場 この商品を見るview item

手軽にクラリネットを体験してみたい方に

リーズナブルな価格のクラリネットのなかでも、とくにコストパフォーマンスが高いのが、ケルントナーのクラリネット。まったくのビギナーの方で、「とにかくクラリネットを体験してみたい」という方におすすめです。

また、廉価(れんか)機種の特徴でもあるABS樹脂製なので、温度や湿度管理に神経を使うことがなく、気楽に演奏できるのが魅力。メインとして木製の楽器は持っているけれど、アクティブに野外演奏を楽しみたい方にもおすすめです。

Jマイケル(ジェイマイケル)『クラリネット(CL-350)』

JマイケルクラリネットCL-350 JマイケルクラリネットCL-350 JマイケルクラリネットCL-350 JマイケルクラリネットCL-350
出典:Amazon この商品を見るview item

音の調節が可能なバレルつき

愛知県にあるマックコーポレーションのオリジナルブランドが作っているクラリネットです。木製ではないので、音色は少し変わりますが木製に近い音色が出ます。息が通りやすいようにできているので、簡単に音が出るのも特徴です。

練習用に長時間使いたいときなどに、活躍するでしょう。木製でないことで管理が楽なのもポイントの1つ。また、長さの違うバレルが2種類ついているので、使い分けることで音の調整つを簡単にすることができます。練習用に1本欲しい方や、管理を簡単に済ませたい方におすすめです。

YAMAHA(ヤマハ)『YCL-255』

ヤマハYAMAHABフラットクラリネットスタンダードYCL-255 ヤマハYAMAHABフラットクラリネットスタンダードYCL-255 ヤマハYAMAHABフラットクラリネットスタンダードYCL-255 ヤマハYAMAHABフラットクラリネットスタンダードYCL-255
出典:Amazon この商品を見るview item

日本メーカーならではの、高い安心感

国内メーカーであるヤマハの製品。製品ごとにキー精度などのバラつきがなく安定しているため、購入する際に外れをつかまされるおそれがなく、非常に安心感があります。

管体はABS樹脂製、すなわちプラスチック管なので、しっかりとした作りながらも比較的価格がお手ごろ。さらに温度や湿度の変化に強い特徴がありますので、たとえばマーチングバンドやスポーツの応援などの、屋外での使用にも適しています。

ビギナーの方にも、またブラスバンド部などの練習用に使いたい方にもおすすめです。

NUVO(ヌーボ)『Clarinéo(クラリネオ)2.0(N120CL)』

NUVOヌーボプラスチック製管楽器完全防水仕様フルートC調jFlute2.0White/Black(日本限定カラー)N220JFWB(専用ハードケース付き)【国内正規品】 NUVOヌーボプラスチック製管楽器完全防水仕様フルートC調jFlute2.0White/Black(日本限定カラー)N220JFWB(専用ハードケース付き)【国内正規品】 NUVOヌーボプラスチック製管楽器完全防水仕様フルートC調jFlute2.0White/Black(日本限定カラー)N220JFWB(専用ハードケース付き)【国内正規品】 NUVOヌーボプラスチック製管楽器完全防水仕様フルートC調jFlute2.0White/Black(日本限定カラー)N220JFWB(専用ハードケース付き)【国内正規品】
出典:Amazon この商品を見るview item

軽量でコンパクトな、プラスティック製クラリネット

プラスチック製なので、コンパクトで軽量なのが特徴。さらに一般的なクラリネットがBb調なのに対し、この機種はC調。ピアノやギターなどと合わせて演奏する際に、同じ譜面を読み替えずにそのまま演奏できるのがうれしいところです。

ポップなルックスで、4色のカラーバリエーションが楽しめるのも魅力。趣味としてこれから楽器を始める方、本格的なクラリネットはハードルが高いけれど、クラリネットの雰囲気を手軽に味わってみたい方におすすめです。

Buffet Crampon(ビュッフェ・クランポン)『R-13』

BuffetCrampon(ビュッフェ・クランポン)B♭クラリネットR-13 BuffetCrampon(ビュッフェ・クランポン)B♭クラリネットR-13 BuffetCrampon(ビュッフェ・クランポン)B♭クラリネットR-13
出典:Amazon この商品を見るview item

著名な音楽家も愛用した、クランポンの代名詞

ビュッフェ・クランポンは、フランスの木管楽器の代表的なメーカーで、とくにクラリネットには定評があり、上位機種を中心にプロの愛用者も多いです。この『R-13』は1950年に開発され、かのベニー・グッドマンが愛用した楽器としても有名。

特徴は、音量の大きさ。大きな音量でも音色が破綻することがなく、プレイヤーの息づかいやテクニックにより、多彩な表現が可能です。ビュッフェ・クランポンの代名詞ともいうべきこの製品は、ある程度の技術を持った中級者から上級者の方に、とくにおすすめします。

YAMAHA(ヤマハ)『スタンダードクラリネット(YCL-450)』

YAMAHAヤマハYCL-450Bクラリネットスタンダードグラナディラ製【安心アフターサポート対象】 YAMAHAヤマハYCL-450Bクラリネットスタンダードグラナディラ製【安心アフターサポート対象】 YAMAHAヤマハYCL-450Bクラリネットスタンダードグラナディラ製【安心アフターサポート対象】 YAMAHAヤマハYCL-450Bクラリネットスタンダードグラナディラ製【安心アフターサポート対象】 YAMAHAヤマハYCL-450Bクラリネットスタンダードグラナディラ製【安心アフターサポート対象】 YAMAHAヤマハYCL-450Bクラリネットスタンダードグラナディラ製【安心アフターサポート対象】
出典:Amazon この商品を見るview item

初めて買うクラリネットはこれ

これからクラリネットを始めようと思っている方に最適な1本です。木製のクラリネットならではの温かい音が特徴的で、この価格ながら本格的な演奏が楽しめます。音にクセがないので、初心者の方でも音が出しやすい構造になっており演奏しやすいでしょう。

マウスピースやリードもセットになっているので、これだけ買えばすぐに練習が始められます。初めてクラリネットを買う人で悩んでいる場合は、これがおすすめです。

Buffet Crampon(ビュッフェ・クランポン)『B♭クラリネット バックパックパッケージ(E12F)』

BuffetCramponE12FBクラリネットバックパックパッケージ(ビュッフェクランポン) BuffetCramponE12FBクラリネットバックパックパッケージ(ビュッフェクランポン) BuffetCramponE12FBクラリネットバックパックパッケージ(ビュッフェクランポン) BuffetCramponE12FBクラリネットバックパックパッケージ(ビュッフェクランポン) BuffetCramponE12FBクラリネットバックパックパッケージ(ビュッフェクランポン) BuffetCramponE12FBクラリネットバックパックパッケージ(ビュッフェクランポン) BuffetCramponE12FBクラリネットバックパックパッケージ(ビュッフェクランポン) BuffetCramponE12FBクラリネットバックパックパッケージ(ビュッフェクランポン) BuffetCramponE12FBクラリネットバックパックパッケージ(ビュッフェクランポン)
出典:Amazon この商品を見るview item

高い品質で信頼できるクラリネット

管体をフランスで、キーの組み立てと品質管理をドイツで行っていて、高い品質が保証されています。正確な音程と滑らかな音が、心地よい音色を奏でます。スムーズに息を吹き込めるので力まずに演奏することができます。

また、ベルリングがなくなっていることでボディの軽量化にも成功し、重さが気になる方でも軽い力で持つことができます。品質が気になる方や、なるべく軽いもので演奏したい方におすすめです。

YAMAHA(ヤマハ)『プロフェッショナルモデル B♭管(YCL-650)』

安定の大人気を誇る1本

ヤマハのスタンダードタイプよりもグレードの上がったクラリネットです。少し息を吹き込んだだけでも音が鳴るので、力がいらずに演奏できます。音色としてはメリハリがあるものなので、存在感や個性をアピールできるのがポイントです。

また、奏者が自分の持ちやすい位置に指かけを調整することができ、自分仕様のクラリネットにすることが可能です。音色に存在感や個性を出したい方、メリハリのある演奏をしたい方におすすめです。

MAXTONE(マックストーン)『 クラリネット B♭管(CL-40)』

MAXTONEクラリネットB♭管ベーム式ABS樹脂管体CL-40ハードケース付 MAXTONEクラリネットB♭管ベーム式ABS樹脂管体CL-40ハードケース付 MAXTONEクラリネットB♭管ベーム式ABS樹脂管体CL-40ハードケース付 MAXTONEクラリネットB♭管ベーム式ABS樹脂管体CL-40ハードケース付 MAXTONEクラリネットB♭管ベーム式ABS樹脂管体CL-40ハードケース付 MAXTONEクラリネットB♭管ベーム式ABS樹脂管体CL-40ハードケース付 MAXTONEクラリネットB♭管ベーム式ABS樹脂管体CL-40ハードケース付 MAXTONEクラリネットB♭管ベーム式ABS樹脂管体CL-40ハードケース付 MAXTONEクラリネットB♭管ベーム式ABS樹脂管体CL-40ハードケース付
出典:Amazon この商品を見るview item

お子さまの練習用にもぴったり

かなりリーズナブルに手に入れられるクラリネットです。そのわけはプラスチックでできているからです。価格の安さを感じさせない柔らかい音が鳴るので、コスパのよい1本といえるでしょう。

手入れも簡単で壊す心配も少ないことから、お子さんの練習用に向いています。気軽に楽しく吹くことができるので、初心者の方でも扱いやすいでしょう。とりあえず1本欲しい方や、お子さんのはじめてのクラリネットにおすすめです。

Selmer『Prologue』

Selmer/PROLOGUEセルマープロローグBクラリネット Selmer/PROLOGUEセルマープロローグBクラリネット Selmer/PROLOGUEセルマープロローグBクラリネット Selmer/PROLOGUEセルマープロローグBクラリネット Selmer/PROLOGUEセルマープロローグBクラリネット Selmer/PROLOGUEセルマープロローグBクラリネット Selmer/PROLOGUEセルマープロローグBクラリネット Selmer/PROLOGUEセルマープロローグBクラリネット
出典:Amazon この商品を見るview item

お手ごろながら本格的な音色

セルマーといえば、サックスを思い浮かべる方も多いかもしれませんが、創業者のアンリ・セルマーはもともとクラリネット奏者だったこともあり、クラリネットの作りや細部へのこだわりは強く、深い知見から数々の名機を生み出しています。

そのなかでもこの『Prologue』はコストパフォーマンスにすぐれています。セルマーならではのずっしりとした太い音色をたもちつつも、比較的鳴らしやすく、快適な吹きごこちを実現。本格的な音色を持ちながら手に入れやすい価格なので、中級者の方におすすめできるモデルです。

「クラリネット」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
Kaerntner(ケルントナー)『KCL27』
Jマイケル(ジェイマイケル)『クラリネット(CL-350)』
YAMAHA(ヤマハ)『YCL-255』
NUVO(ヌーボ)『Clarinéo(クラリネオ)2.0(N120CL)』
Buffet Crampon(ビュッフェ・クランポン)『R-13』
YAMAHA(ヤマハ)『スタンダードクラリネット(YCL-450)』
Buffet Crampon(ビュッフェ・クランポン)『B♭クラリネット バックパックパッケージ(E12F)』
YAMAHA(ヤマハ)『プロフェッショナルモデル B♭管(YCL-650)』
MAXTONE(マックストーン)『 クラリネット B♭管(CL-40)』
Selmer『Prologue』
商品名 Kaerntner(ケルントナー)『KCL27』 Jマイケル(ジェイマイケル)『クラリネット(CL-350)』 YAMAHA(ヤマハ)『YCL-255』 NUVO(ヌーボ)『Clarinéo(クラリネオ)2.0(N120CL)』 Buffet Crampon(ビュッフェ・クランポン)『R-13』 YAMAHA(ヤマハ)『スタンダードクラリネット(YCL-450)』 Buffet Crampon(ビュッフェ・クランポン)『B♭クラリネット バックパックパッケージ(E12F)』 YAMAHA(ヤマハ)『プロフェッショナルモデル B♭管(YCL-650)』 MAXTONE(マックストーン)『 クラリネット B♭管(CL-40)』 Selmer『Prologue』
商品情報
特徴 手軽にクラリネットを体験してみたい方に 音の調節が可能なバレルつき 日本メーカーならではの、高い安心感 軽量でコンパクトな、プラスティック製クラリネット 著名な音楽家も愛用した、クランポンの代名詞 初めて買うクラリネットはこれ 高い品質で信頼できるクラリネット 安定の大人気を誇る1本 お子さまの練習用にもぴったり お手ごろながら本格的な音色
材質 ABS樹脂製 ABS樹脂製 ABS樹脂製 プラスチック製 木製(グラナディラ) 木製(グラナディラ) 木製(グラナディラ) 木材(グラナディラ) ABS樹脂製 木製(グラナディラ)
付属品 専用ケース、スワブ、リード、マウスピースほか クラリネット本体/ケース/マウスピース(リガチャー、キャップ付)/リード2枚/クリーニングクロス/スワブ/コルクグリス/サムレス 付属マウスピース、ケースバッグ 専用セミハードケース、説明書、運指表、リード、リードケース、クリーニング用スワブ、Oリング用グリス マウスピース 、〈HB〉リガチャー&キャップ、コルク・グリス、リード、スクリュードライバー、〈BC〉オリジナル・スワブほか マウスピース、リード コルク・グリース、リード、スクリュードライバー、BCオリジナル・スワブ、クリーニング・クロス、「標準パッケージ」エルゴノミック“ - マウスピース、リガチャー、キャップ、リード、スワブ、手袋、グリス、ハードケース、保証書 専用ケース、SELMER製マウスピース Focus、リード1枚、クリーニングスワブ、コルクグリス
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年12月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年12月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年12月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年12月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年12月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年12月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年12月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年12月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年12月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年12月20日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする クラリネットの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのクラリネットの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:クラリネットランキング
楽天市場:クラリネットランキング
Yahoo!ショッピング:クラリネット本体ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

クラリネットに必要なそのほかのアイテムもチェック

徐々にグレードアップしていくのがおすすめ

ここまでクラリネットの選び方とおすすめの商品を紹介してきました。

まずは初心者用のエントリーモデルからはじめて、徐々にグレードアップしていくのがおすすめです。決して安い買い物ではないクラリネットだからこそ、あなたにぴったりの1台を見つけ、演奏を楽しんでみてはいかがでしょうか。

◆記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。◆特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部