PR(アフィリエイト)

飲みやすい【無調整豆乳】おすすめ13選|低カロリーでからだにいい!

飲みやすい【無調整豆乳】おすすめ13選|低カロリーでからだにいい!
飲みやすい【無調整豆乳】おすすめ13選|低カロリーでからだにいい!

◆本記事はプロモーションが含まれています。
◆本記事は2019年02月22日に公開された記事です。

健康飲料として注目されている「無調整豆乳」。調味料などが加えられている調製豆乳と比べると「飲みにくい」「おいしくない」と感じている方もいらっしゃるでしょう。

しかし、無調整豆乳は大豆の風味をまるごと味わえるのが魅力。料理などにも幅広く使えます。

本記事では、フードスタイリストの池ももこさんへの取材をもとに、無調整豆乳の選び方とおすすめ商品をご紹介します。


この記事を担当するエキスパート

料理家・フードスタイリスト・テーブルウェアスタイリスト
池 ももこ
お米もまともに炊けない料理オンチの状態から独学で華やか家庭料理・スイーツのプロに。 食事制限ゼロ、おいしい食事で−15kgのダイエットにも成功し、ファッション誌の読者モデルなどとしても活動中。 きれいとおいしいはつくれる”を活動テーマとし、料理教室「4step kitchen」を主宰。4stepで食卓がパッと華やぐお手軽レシピに定評がある。 料理教室を運営する傍ら、メディア出演・企業でのメニュー開発や食空間スタイリング・イベント講師・コラム執筆など幅広く活動中。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:食品・ドリンク
沼田 裕貴

「食品・ドリンク」カテゴリーを担当する40代編集者。好奇心旺盛で「何事にもまずは試してみる」をモットーにしてる。最近は格闘技好きが高じて、ボクシングや柔術を習っている。休日はスーパーでお買い得品を探すのも趣味。新商品には目がないので、ついつい買いすぎてしまうのが悩み。

無調整豆乳とは?

無調整豆乳、ソイミルクのイメージ
無調整豆乳、ソイミルクのイメージ
Pixabayのロゴ

「豆乳」は豆腐の原料になる液体。水に浸した大豆をすりつぶし、出てきた液体をこし取ったものです。そして、豆乳はJAS規格で無調整豆乳、調製豆乳、豆乳飲料の3種類に定義づけされています。

無調整豆乳は低カロリーなのに栄養たっぷり

 
マルサン ひとつ上の豆乳 成分無調整 200ml×24本
マルサン ひとつ上の豆乳 成分無調整 200ml×24本

「無調整豆乳」とは、大豆と水だけのシンプルな材料でできた豆乳のことです。油脂や塩分・糖分などが加えられておらず、大豆固形分が8%以上のものをいいます。

「無調整豆乳」は、調味料が加えられていないため、大豆の自然の風味をまるごと味わえるのが魅力。最近は、大豆の産地や品種の工夫により、飲みやすい無調整豆乳もぞくぞくと登場しています。

ポタージュスープやクリームシチューなどの料理に使う場合も、コクがあり濃厚な「無調整豆乳」がぴったりです。

適度な栄養価の調製豆乳は飲みやすい

「調製豆乳」とは、無調整豆乳に糖分や塩分などを少量加えた飲料のことです。なにも加えていない無調整豆乳よりも、飲みやすくされているのが特徴。

調製豆乳は、日本農林規格(JAS)で「大豆固形分6%以上」と定められており、大豆たんぱく質に換算すると3%以上になります。「調整豆乳」ではなく、「調製豆乳」と書きます。「製」と「整」が違います。

豆乳飲料ははじめて豆乳を飲む人向け

豆乳飲料は、砂糖や塩を加えた調製豆乳に、さらに果汁や紅茶などのフレーバーをプラスして、味つけした飲料を指します。

大豆固形分は果汁系で2%以上、そのほかは4%以上と定められており、無調整豆乳や調製豆乳よりも、大豆成分の割合が少ないです。フレーバーがついているぶん飲みやすいため、豆乳独特の風味が苦手な人や、はじめて豆乳を飲む人でも利用しやすいでしょう。

豆乳に含まれる栄養素は?

 
キッコーマン 北海道産大豆 無調整豆乳 1000ml×6本
キッコーマン 北海道産大豆 無調整豆乳 1000ml×6本

ここからは、豆乳の栄養素をチェックしましょう。

大切な栄養素の「たんぱく質」

 
【2ケースセット】大塚食品 スゴイダイズ無調整タイプ 950ml紙パック×6本入×(2ケース)
【2ケースセット】大塚食品 スゴイダイズ無調整タイプ 950ml紙パック×6本入×(2ケース)

たんぱく質は、大豆の33%を占めている代表的な栄養素です。大豆たんぱく質なら、動物性食品よりもカロリーが低いのが特徴。

また、大豆たんぱく質は、吸収率が高く、吸収・分解するまで時間がかかるため、満足感が得やすいのもメリットのひとつです。豆乳にも大豆たんぱく質が豊富に含まれているため、豆乳を飲むことでタンパク質を効率よく摂取できるでしょう。

必須脂肪酸を含む「大豆レシチン」

豆乳
豆乳
Pixabayのロゴ

栄養豊富な大豆レシチンは、コレステロールが含まれていないのが特徴です。

レシチンは、リン酸と脂質が結合した栄養成分で、体調維持にかかわるさまざまな働きを持っています。

とくに大豆レシチンには、必須脂肪酸が多く含まれているのが特徴です。必須脂肪酸は体内で作られないため、食品から摂取する必要があり、豆乳なら手軽に利用しやすいでしょう。また大豆レシチンは、コレステロールを含んでいません。

女性向け栄養素の「大豆イソフラボン」

大豆イソフラボンは、とくに大豆の胚芽に多く含まれるポリフェノールの一種です。女性ホルモンの「エストロゲン」と似た分子構造になっているのが特徴。「植物性エストロゲン」とも呼ばれており、女性が注目したい栄養素といえます。

豆腐やきなこなど、さまざまな大豆食品に含まれていますが、ドリンクとしてそのまま飲める豆乳なら、より継続して摂取しやすいでしょう。

ビフィズス菌をサポートする「オリゴ糖」

お腹
お腹
Pixabayのロゴ

豆乳を飲むとオリゴ糖が摂取できます。

豆乳には、大豆由来のオリゴ糖が含まれています(100gあたり0.50g)。オリゴ糖は、小腸で吸収されずに、大腸まで届くのが特徴です。

また、ビフィズス菌や乳酸菌のエサにもなります。そのため、ふだんからビフィズス菌・乳酸菌を含む、ヨーグルトなどの食品を利用している人にとっては、うれしい成分でしょう。

ビタミンE・B1などのビタミン類も

ミルク
ミルク
Pixabayのロゴ

豆乳には、ビタミン類も含まれています。

ビタミンE・K・B1・B2・B6といったさまざまな種類のビタミン類も、豆乳に含まれる栄養素として挙げられます。

なかでもビタミンEは、豆腐よりも多く含まれているのが特徴です。食生活の乱れなどからビタミン不足が気になる人も、豆乳から摂取できるのがうれしいポイント。ビタミンを補う食品のひとつとして、上手に活用しましょう。

無調整豆乳の選び方

フードスタイリストの池 ももこさんへの取材をもとに、無調整豆乳を選ぶときのポイントをご紹介します。

ポイントは下記。

【1】目的に適した栄養成分のものを選ぶ
【2】カロリー&糖質もチェックしよう
【3】大豆の産地や「遺伝子組み換え」をチェック
【4】「用途」に合わせて選ぶのもアリ
【5】豆乳は新鮮なうちに飲みきれる「容量」を選んで

上記のポイントを押さえることで、自分にあった無調整豆乳を選ぶことができます。

【1】目的に適した栄養成分のものを選ぶ

豆乳に含まれる栄養素は商品のパッケージに表示されています。目的によって、商品に含まれる栄養素に注目してみましょう。

女性サポートならイソフラボンの量に注目

豆乳
豆乳
Pixabayのロゴ

大豆イソフラボンを含む無調整豆乳は、女性にぴったりの飲料です。商品ごとに含まれている大豆イソフラボンの量は多少異なるため、気になる場合はパッケージや商品説明をチェックしましょう。

なお食品安全委員会は、毎日かつ長期間摂取する場合、大豆イソフラボンから糖が分離した「大豆イソフラボンアグリコン」の状態で、1日70~75mgが摂取目安量の上限値としているので、参考にしてください。

体調維持のためならレシチンをチェック

体調や栄養面を意識したい場合は、大豆に含まれるレシチンに注目しましょう。レシチン自体は、大豆加工食品以外に、卵黄や肉類にも含まれている成分。

しかし、卵黄・肉類由来のレシチンと違って、大豆レシチンにはコレステロールが含まれていないのが大きな特徴です。そのため、豆乳ならコレステロールを気にすることなく、レシチンが摂取できます。

ダイエットするならたんぱく質を確認

 
キッコーマン飲料 おいしい無調整豆乳 200ml×18本
キッコーマン飲料 おいしい無調整豆乳 200ml×18本

豆乳には、豊富なたんぱく質が含まれています。肉や魚・卵にもたんぱく質は含まれていますが、大豆由来のたんぱく質なら、よりカロリーが抑えられるのがメリットです。

また、ゆっくり吸収・分解されて満腹感が得やすいため、食べ過ぎが気になる場合は、食事の前に豆乳を飲むのもいいでしょう。食事のたんぱく源が動物性に偏っている人は、豆乳を活用して植物性たんぱく質も上手に摂取してください。

【2】カロリー&糖質もチェックしよう

 
キッコーマン 北海道産大豆 無調整豆乳 1000ml×6本
キッコーマン 北海道産大豆 無調整豆乳 1000ml×6本

ひと口に無調整豆乳といっても、商品ごとに成分が異なるため、カロリーにも差があります。そのため、ダイエット中の場合は、カロリーもきちんと確認しましょう。

また糖質を制限している人は、糖質の量についてもチェックしてください。炭水化物とは糖質と食物繊維の合計であるため、通常、その欄に糖質の記載がされています。商品によっては、糖質と食物繊維が別々に記載されている場合もあります。

【3】大豆の産地や「遺伝子組み換え」をチェック

 

こちらはキッコーマン『おいしい無調整豆乳』の表示です。遺伝子組み換え大豆かどうかは必ずパッケージに記載されています。

健康志向の方なら、無調整豆乳を選ぶときに大豆の産地や栽培方法を気にされる方もいらっしゃいますよね。遺伝子組み換え大豆かどうか、「有機JASマーク」があるかなどをチェックしましょう。

農薬や化学肥料を一定期間以上、続けて使用していないなどの厳しい基準をクリアし、登録認証機関から認証を受けて表示できるマークに「有機JASマーク」があります。

有機JASは、コーデックスという食品の国際規格を定める機関のガイドラインに準拠しています。そのため、海外のオーガニック認証と同等であると認められていて、有機JAS認証を受けた商品はEU、スイス、米国、カナダなどでも有機栽培と表示することが可能です。

【4】「用途」に合わせて選ぶのもアリ

大豆と豆乳
大豆と豆乳
Pixabayのロゴ

無調整豆乳の加工過程はメーカーによって異なります。大豆の産地はもちろん、大豆固形成分の割合によって風味や濃さなども変わります。

お料理に使うのであれば、大豆の風味や味わいをしっかりと感じられる豆乳を選びましょう。パスタソースやグラタンなどの料理にコクをプラスし、まろやかに仕上げることができます。

お菓子づくりに使うときは、サラッとして風味にクセの少ない豆乳がおすすめです。

そのまま飲む場合も、ご自身の好みに合う「味わい」や「風味」が感じられるもの、または飲み比べて飲みやすさを意識して選んでみてもいいでしょう。

【5】豆乳は新鮮なうちに飲みきれる「容量」を選んで

 
マルサン タニタ カフェ監修 オーガニック 無調整豆乳 1000ml×6本
マルサン タニタ カフェ監修 オーガニック 無調整豆乳 1000ml×6本

豆乳は、鮮度が落ちて腐敗するとドロッとした液体に変化し、放置すると酸っぱい異臭を放ちます。豆乳はメーカーにもよりますが、未開封なら常温より高温にならない場所での保管が可能です。しかし、一度開封すると豆乳の酸化が進み腐敗します。そのため、開封後は2~4日以内(※季節や保存環境にもよる)で使い切りましょう。

スーパーでよくみかける1Lパックはファミリーに向いており、コンビニにある200mlは1回で飲み切れる容量で単身者やランチタイムにおすすめです。最近は豆乳市場も広がり、料理に使いやすい500mlパックもみかけるようになりました。

健康や美容のために飲むなら、新鮮なうちに飲み切れるように目的やライフスタイルに適した容量を選んでおいしくいただきましょう。

無調整豆乳のおすすめ13選

うえで紹介した無調整豆乳の選び方のポイントをふまえて、フードスタイリストの池 ももこさんおすすめ無調整豆乳などを紹介します。有機栽培の商品もチェックしてみてください!

エキスパートのおすすめ

大塚チルド食品『スゴイダイズ 無調整タイプ』

料理家・フードスタイリスト・テーブルウェアスタイリスト:池 ももこ

料理家・フードスタイリスト・テーブルウェアスタイリスト

北海道産大豆を100%使用! 料理にも使えて便利

なめらかな口あたりで飲みやすい豆乳。大豆固形成分10%以上でほどよい濃さが特徴。厳選された北海道産の大豆を使用するなど、こだわりがみえて個人的にとてもおすすめの商品です。

無調整なのに大豆特有の風味もほとんどないので、そのままでもおいしく飲めて、料理にも使いやすいところがおすすめポイントです。

北海道産大豆100%のまろやかな豆乳ですので、無調整豆乳をはじめて飲まれる方も飲みやすいですよ! ぜひ一度お試しください。

原材料 大豆粉(北海道産、遺伝子組み換えでない)
容量 950ml×12本

原材料 大豆粉(北海道産、遺伝子組み換えでない)
容量 950ml×12本

エキスパートのおすすめ

マルサンアイ『有機豆乳無調整』

料理家・フードスタイリスト・テーブルウェアスタイリスト:池 ももこ

料理家・フードスタイリスト・テーブルウェアスタイリスト

有機JAS認証! さらりと飲みやすい豆乳

遺伝子組み換えではない有機大豆だけを使用して作られています。大豆本来のおいしさを堪能したい方におすすめの豆乳です。

大豆固形成分9%でさらりとしたのど越しはもちろん、大豆特有の風味もほとんど感じません。飲みやすさが重視された豆乳ですので、毎日気軽に飲み続けることができる豆乳をお探しの方にとくにおすすめしたい商品です。

原材料 有機大豆(遺伝子組み換えでない)
容量 1L×12本

原材料 有機大豆(遺伝子組み換えでない)
容量 1L×12本

エキスパートのおすすめ

キッコーマン『おいしい無調整豆乳』

キッコーマン『おいしい無調整豆乳』 キッコーマン『おいしい無調整豆乳』 キッコーマン『おいしい無調整豆乳』 キッコーマン『おいしい無調整豆乳』 キッコーマン『おいしい無調整豆乳』 キッコーマン『おいしい無調整豆乳』 キッコーマン『おいしい無調整豆乳』
出典:Amazon この商品を見るview item
料理家・フードスタイリスト・テーブルウェアスタイリスト:池 ももこ

料理家・フードスタイリスト・テーブルウェアスタイリスト

大豆がほのかに香るすっきりとした味わい

醤油でおなじみのキッコーマンの豆乳です。スーパーや小売店での取り扱いが多いので、手に入りやすく価格も手ごろでコスパも◎。容量もバリエーションが豊富なので、シーンやライフスタイルに合わせて選べます

大豆の香りや風味をふわっと感じられるだけではなく、口当たりもさっぱりとして飲みやすいのが特徴です。美容と健康のために飲み続けられる無調整豆乳をお探しの方におすすめです。

原材料 大豆(カナダ産、遺伝子組み換えでない)
容量 200ml×18本

原材料 大豆(カナダ産、遺伝子組み換えでない)
容量 200ml×18本

エキスパートのおすすめ

マルサンアイ『ソイプレミアム ひとつ上の豆乳 成分無調整』

マルサンアイ『ソイプレミアムひとつ上の豆乳成分無調整』 マルサンアイ『ソイプレミアムひとつ上の豆乳成分無調整』 マルサンアイ『ソイプレミアムひとつ上の豆乳成分無調整』 マルサンアイ『ソイプレミアムひとつ上の豆乳成分無調整』 マルサンアイ『ソイプレミアムひとつ上の豆乳成分無調整』 マルサンアイ『ソイプレミアムひとつ上の豆乳成分無調整』
出典:Amazon この商品を見るview item
料理家・フードスタイリスト・テーブルウェアスタイリスト:池 ももこ

料理家・フードスタイリスト・テーブルウェアスタイリスト

大豆好きに捧げる、国産プレミアム大豆使用

しっかりとコクがあるのに、大豆特有の風味が気にならない豆乳です。とろりとリッチな口あたりが特徴で甘みも感じられます。お豆腐の一歩手前のような濃厚なおいしさは、無調整豆乳のなかでもまさにプレミアムといえるでしょう。

大豆の味が好きな方にはもちろん、大豆製品や無調整豆乳を苦手と感じている人にもおすすめの商品です。濃いめの抹茶やココアとも相性がいいのでぜひお試しください。

原材料 大豆(国産、遺伝子組み換えでない)
容量 200ml×24本

原材料 大豆(国産、遺伝子組み換えでない)
容量 200ml×24本

エキスパートのおすすめ

めいらく『スジャータ 豆乳もできます 有機豆乳』

料理家・フードスタイリスト・テーブルウェアスタイリスト:池 ももこ

料理家・フードスタイリスト・テーブルウェアスタイリスト

有機JAS認定工場製造で GABA(※)入り

豆乳製品のなかでもかなり濃厚でこっくりとした味わいが特徴の商品です。厳選された有機大豆を100%使用。「大豆イソフラボン」や「GABA」も多く含まれています。

かなりしっかりとした味わいなので、料理にもおすすめです。さらりとした口あたりのスープよりも、シチューやポタージュなどコクをプラスしたいときに重宝します。豆乳ココアやスムージーなどを作るときも、こちらの豆乳を使えば飲みごたえも抜群で満足感をえられるでしょう。

容量によって保存方法が異なり、330ml以外はすべて冷蔵庫での保存が必須ですのでご注意ください。

(※)ガンマアミノ酪酸で、天然アミノ酸のひとつ

原材料 有機大豆(カナダ又はアメリカ、遺伝子組換えでない)
容量 330ml×12本

原材料 有機大豆(カナダ又はアメリカ、遺伝子組換えでない)
容量 330ml×12本

ヤマキ醸造『豆乳で元気』

国内産の特別栽培大豆を使用! 甘くてコクがある

『豆乳で元気』は、国内産の大豆を使った無調整豆乳を毎日飲みたい人に向いています。のど越しはさらりとしているので、無調整豆乳がはじめてでも飲みやすいでしょう。パッケージも1回で飲みやすい125mlパックとなっています。

また、そのまま飲むだけでなく朝食のシリアルにかけたり、スムージーにしたりとアレンジも楽しめます。未開封なら常温で半年間は保存できます。まとめ買いにも向いています。

原材料 特別栽培大豆(国産、遺伝子組み換えでない)
容量 125ml×48本

原材料 特別栽培大豆(国産、遺伝子組み換えでない)
容量 125ml×48本

マルサンアイ『タニタカフェ監修 オーガニック 無調整豆乳』

マルサンアイ『タニタカフェ監修オーガニック無調整豆乳』 マルサンアイ『タニタカフェ監修オーガニック無調整豆乳』 マルサンアイ『タニタカフェ監修オーガニック無調整豆乳』 マルサンアイ『タニタカフェ監修オーガニック無調整豆乳』 マルサンアイ『タニタカフェ監修オーガニック無調整豆乳』
出典:Amazon この商品を見るview item

信頼性が高くおいしさも期待できる無調整豆乳

大豆製品に定評のあるマルサンアイがタニタカフェの監修を受けて発売したコラボ商品。有機大豆を使っており、大豆固形分10%と濃厚な食感が特徴です。

しっかりと大豆の風味を感じられる無調整豆乳は、女性にうれしい「大豆イソフラボン」が豊富に含まれています。料理にも活用できるようメーカーホームページでは、こちらの商品を使ったタニタカフェ監修のレシピを掲載しています。

原材料 有機大豆(遺伝子組み換えでない)
容量 1L×6本

原材料 有機大豆(遺伝子組み換えでない)
容量 1L×6本

ふくれん『九州産ふくゆたか大豆 成分無調整豆乳』

九州産大豆「ふくゆたか」をストレートに味わえます

無調整豆乳をはじめて飲む人向けの商品です。コレステロールはゼロで、大豆イソフラボンやたんぱく質が豊富に含まれています。

丸大豆を独自の製法で搾汁(さくじゅう)しているので、特有の風味はなく、香ばしさと旨みのある豆乳に仕上がっています。豆乳が苦手な人も牛乳代わりに飲めるでしょう。

そのままストレートで飲むもよし、ラテや料理・お菓子作りなど幅広く無調整豆乳を活用したい方に向いています。

原材料 大豆(遺伝子組み換えでない)
容量 1L×12本

原材料 大豆(遺伝子組み換えでない)
容量 1L×12本

キッコーマン『北海道産大豆 無調整豆乳』

キッコーマン『北海道産大豆無調整豆乳』 キッコーマン『北海道産大豆無調整豆乳』 キッコーマン『北海道産大豆無調整豆乳』 キッコーマン『北海道産大豆無調整豆乳』 キッコーマン『北海道産大豆無調整豆乳』 キッコーマン『北海道産大豆無調整豆乳』 キッコーマン『北海道産大豆無調整豆乳』
出典:Amazon この商品を見るview item

甘みのある北海道産大豆を使用

大豆と水のみを使った、無調整豆乳です。大豆のなかでも、とくに強い甘みを持つとされている、北海道産の大豆を厳選して使用しています。

大豆をたっぷり使っており、濃厚な味わいながらも、すっきりとした飲み口が特徴。大豆たんぱく質やイソフラボン・レシチンのほか、大豆サポニンも200mlあたり82mg含まれています。

原材料 大豆(国産、遺伝子組み換えでない)
容量 1L×6本L

原材料 大豆(国産、遺伝子組み換えでない)
容量 1L×6本L

九州乳業『有機豆乳 ORGANIC SOY MILK 成分無調整』

特殊製法で飲みやすい無調整豆乳

アメリカ産の有機大豆で作った、成分無調整の豆乳です。農林水産省が定める、「有機JAS規格」の認定商品。

高温の水と大豆を一気にすりつぶして作る、特殊な製法を採用しているのが特徴で、大豆特有の青くささを抑えながら、香ばしくて飲みやすい味わいに仕上がっています。飲みやすさを重視して選びたいときには、ぴったりでしょう。

原材料 有機大豆(アメリカ、遺伝子組み換えでない)
容量 1L×6本

原材料 有機大豆(アメリカ、遺伝子組み換えでない)
容量 1L×6本

椿き家『国産有機豆乳』

国産有機大豆の贅沢な豆乳

生産量が限られている、貴重な国産有機大豆を使った、無調整豆乳です。大豆を収穫して乾燥したままの丸大豆を使うことで、本来の栄養をできるだけ活かしているほか、非遺伝子組み換え大豆にもこだわっています。

こちらの豆乳は、有機農業に取り組む生産者をサポートするために、生まれた商品。冷蔵タイプで、そのまま飲むのはもちろん、料理や豆腐づくりにも利用できます。上質な国産素材を重視したい人に適しているでしょう。

原材料 有機丸大豆(国産、遺伝子組み換えでない)
容量 180g×8本

原材料 有機丸大豆(国産、遺伝子組み換えでない)
容量 180g×8本

太子食品 『北の大豆 無調整豆乳 (にがり付)』

太子食品『北の大豆無調整豆乳(にがり付)』 太子食品『北の大豆無調整豆乳(にがり付)』 太子食品『北の大豆無調整豆乳(にがり付)』 太子食品『北の大豆無調整豆乳(にがり付)』 太子食品『北の大豆無調整豆乳(にがり付)』 太子食品『北の大豆無調整豆乳(にがり付)』 太子食品『北の大豆無調整豆乳(にがり付)』
出典:Amazon この商品を見るview item

イソフラボンが豊富な北海道大豆を使用

イソフラボンが豊富な、北海道産の丸大豆「北の大豆」を使用しています。大豆固形分が12%以上もあり、濃厚なのが特徴。イソフラボンは、100gあたり46mg含まれています。

また、独自の技術によって、コク深くミルキーな味わいに仕上がっていて飲みやすいでしょう。ペットボトルタイプなので、その都度、必要なぶんだけ飲めるのも便利です。

原材料 豆乳:丸大豆(北海道産、遺伝子組み換えでない)、添付品:塩化マグネシウム(にがり)
容量 500ml×6本

原材料 豆乳:丸大豆(北海道産、遺伝子組み換えでない)、添付品:塩化マグネシウム(にがり)
容量 500ml×6本

藤清『おいしい豆腐ができる豆乳』

藤清『おいしい豆腐ができる豆乳』 藤清『おいしい豆腐ができる豆乳』
出典:Amazon この商品を見るview item

京都の地下水と国産大豆の豆乳

京都でこんにゃくや大豆加工品を製造するメーカーの無調整豆乳です。木津川周辺の自然に囲まれた立地で、国産大豆と地下水を使って作られています。大豆固形分は12%以上と、高濃度です。

また、にがりも添付されており、そのまま飲むだけでなく豆腐づくりもかんたんに楽しめるでしょう。冷蔵タイプで、賞味期限は60日です。

原材料 大豆(国内産)、水、炭酸マグネシウム(消泡剤)、にがり(塩化マグネシウム)
容量 300g

原材料 大豆(国内産)、水、炭酸マグネシウム(消泡剤)、にがり(塩化マグネシウム)
容量 300g

おすすめ商品の比較一覧表

画像
大塚チルド食品『スゴイダイズ 無調整タイプ』
マルサンアイ『有機豆乳無調整』
キッコーマン『おいしい無調整豆乳』
マルサンアイ『ソイプレミアム ひとつ上の豆乳 成分無調整』
めいらく『スジャータ 豆乳もできます 有機豆乳』
ヤマキ醸造『豆乳で元気』
マルサンアイ『タニタカフェ監修 オーガニック 無調整豆乳』
ふくれん『九州産ふくゆたか大豆 成分無調整豆乳』
キッコーマン『北海道産大豆 無調整豆乳』
九州乳業『有機豆乳 ORGANIC SOY MILK 成分無調整』
椿き家『国産有機豆乳』
太子食品 『北の大豆 無調整豆乳 (にがり付)』
藤清『おいしい豆腐ができる豆乳』
商品名 大塚チルド食品『スゴイダイズ 無調整タイプ』 マルサンアイ『有機豆乳無調整』 キッコーマン『おいしい無調整豆乳』 マルサンアイ『ソイプレミアム ひとつ上の豆乳 成分無調整』 めいらく『スジャータ 豆乳もできます 有機豆乳』 ヤマキ醸造『豆乳で元気』 マルサンアイ『タニタカフェ監修 オーガニック 無調整豆乳』 ふくれん『九州産ふくゆたか大豆 成分無調整豆乳』 キッコーマン『北海道産大豆 無調整豆乳』 九州乳業『有機豆乳 ORGANIC SOY MILK 成分無調整』 椿き家『国産有機豆乳』 太子食品 『北の大豆 無調整豆乳 (にがり付)』 藤清『おいしい豆腐ができる豆乳』
商品情報
特徴 北海道産大豆を100%使用! 料理にも使えて便利 有機JAS認証! さらりと飲みやすい豆乳 大豆がほのかに香るすっきりとした味わい 大豆好きに捧げる、国産プレミアム大豆使用 有機JAS認定工場製造で GABA(※)入り 国内産の特別栽培大豆を使用! 甘くてコクがある 信頼性が高くおいしさも期待できる無調整豆乳 九州産大豆「ふくゆたか」をストレートに味わえます 甘みのある北海道産大豆を使用 特殊製法で飲みやすい無調整豆乳 国産有機大豆の贅沢な豆乳 イソフラボンが豊富な北海道大豆を使用 京都の地下水と国産大豆の豆乳
原材料 大豆粉(北海道産、遺伝子組み換えでない) 有機大豆(遺伝子組み換えでない) 大豆(カナダ産、遺伝子組み換えでない) 大豆(国産、遺伝子組み換えでない) 有機大豆(カナダ又はアメリカ、遺伝子組換えでない) 特別栽培大豆(国産、遺伝子組み換えでない) 有機大豆(遺伝子組み換えでない) 大豆(遺伝子組み換えでない) 大豆(国産、遺伝子組み換えでない) 有機大豆(アメリカ、遺伝子組み換えでない) 有機丸大豆(国産、遺伝子組み換えでない) 豆乳:丸大豆(北海道産、遺伝子組み換えでない)、添付品:塩化マグネシウム(にがり) 大豆(国内産)、水、炭酸マグネシウム(消泡剤)、にがり(塩化マグネシウム)
容量 950ml×12本 1L×12本 200ml×18本 200ml×24本 330ml×12本 125ml×48本 1L×6本 1L×12本 1L×6本L 1L×6本 180g×8本 500ml×6本 300g
商品リンク

※各社通販サイトの 2024年1月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月15日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 豆乳の売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場での豆乳の売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:豆乳ランキング
楽天市場:豆乳ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

カロリー、栄養素、価格、容量などトータルで選んで

料理家・フードスタイリスト・テーブルウェアスタイリスト:池 ももこ

料理家・フードスタイリスト・テーブルウェアスタイリスト

トータルバランスのよさで選びましょう

美容や健康にもいい成分が含まれている「無調整豆乳」。ヘルシーな身体づくりのために飲むなら、品質はもちろん、自分の求めているおいしさや栄養素が多く含まれているものを選びましょう。

また、継続して飲めるように価格や容量なども含めてトータルバランスがベストなものを選べると失敗も少ないはず。今回ご紹介させていただいた選び方を参考にして、ご自身の好みや目的に合うベストな無調整豆乳を選んでくださいね!

無調整豆乳に関するQ&A

question icon無調整豆乳のカロリーはどのくらい?

answer icon

コップ1杯(180ml)とすると、無調整豆乳は80kcal程度。調整豆乳は115kcal程度。無調整豆乳のほうが調整豆乳よりもカロリーが低いことになります。糖質についても、調整豆乳のほうが無調整豆乳よりも砂糖が使われている分高くなります。

question icon豆乳ダイエットとは?

answer icon

間食をお菓子から豆乳1杯に切り替えることで、カロリーや糖質が抑えられます。また、朝食に豆乳1杯を取り入れることで、大豆に含まれるたんぱく質を摂取できるので代謝が上がり健康的な食生活を送ることができるでしょう。

豆乳好きにおすすめの飲料やアイテムを紹介

今はおいしい無調整豆乳もいっぱい!

少し前までは、「においが苦手」「おいしくない」などの声も多かった無調整豆乳。でも最近では、ストレートでもおいしく飲める無調整豆乳も多く販売されています。

今回はフードスタイリストの池 ももこさんへの取材をもとに、無調整豆乳の選び方とおすすめ商品をご紹介しました。大豆の栽培方法にも着目した無調整豆乳なら、健康と美容を気づかう人も納得して飲み続けることができるでしょう。お好みの無調整豆乳を選んでみてくださいね。

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button