【しっかりキャッチ!】アク取りのおすすめ5選|料理講師に取材

【しっかりキャッチ!】アク取りのおすすめ5選|料理講師に取材

料理講師・フードコーディネーター:宇野(山下) 彩花
料理講師・フードコーディネーター
宇野(山下) 彩花

大手料理教室にて6年間勤務。和洋中様々な料理人や料理家の助手を経て培った、豊富な経験や知識を強みに料理講師・フードコーディネーター として活動中。 少人数制レッスンから企業様向け大規模講座やキッズレッスン、大手百貨店様にてワークショップを手がけるなど幅広く活躍中です。誰でも手軽に美味しく見た目よく、時代に合わせた〝作り手目線のレシピ開発″が得意。笑顔いっぱいの幸せな食卓へ。 お料理教室『やまちゃんの幸せごはん』主催。

鍋料理や煮込み料理などを作るときにでてくる「アク」。おいしく食べるためにも、隅々まで取りたいですよね。そんなときに便利なのが「アク取り」です。網目がこまかいものだと、しっかりアクをキャッチしてくれます。また、シリコンや紙製のアク取りシートもあり、料理によって使い分けるのが大切です。本記事では、料理講師・フードコーディネーターの宇野(山下)彩花さんに、アク取りの選び方とおすすめの商品を教えてもらいました。ぜひ参考にして、使いやすいアク取りを見つけてくださいね。


アク取り選びのポイントは? 料理講師に聞いた!

料理講師・フードコーディネーターの宇野(山下)彩花さんに、アク取りを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。

鍋料理
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

アク取りを使って、鍋料理をおいしく食べましょう。

こまかいアクもしっかりキャッチできるか

料理講師・フードコーディネーター

スープや鍋物など、汁がしっかり澄んだ状態に仕上げたいときには、網じゃくしがおすすめです。網目が大きいとこまかなアクが逃げてしまいますので、こまかい網目のものを選ぶといいでしょう。

また、鍋の隅々までアクが取れるよう、大きいサイズのアク取りよりも、小回りが利く小さめサイズのアク取りがおすすめです。柄が熱くならないものを選ぶとよりよいでしょう。

OXO(オクソー)GOOD GRIPS(グッドグリップス)『カスアゲ 小 ファインメッシュ 1057996』

ステンレス製のアク取りです。網目部分がこまかく使いやすいのがポイント。

>> Amazonで詳細を見る

煮物料理にはアク取りシートがおすすめ

料理講師・フードコーディネーター

作る料理によってアク取りのアイテムも変えてみると、より効率的に料理ができます。煮魚や筑前煮などの煮物には、シリコン製や紙状のアク取りシートがおすすめです。

アク取りシートは、煮汁を対流させて味しみをよくしてくれる落とし蓋の役割も果たしつつ、ほどよくアクも取ってくれるすぐれものです。鍋につきっきりにならなくていいので、煮ている間にほかの料理の準備ができてとても便利でしょう。

サンファミリー『サイズが変わるあく取り落とし蓋』

シリコン製のアク取りシート。落し蓋や蒸し器のサナ代わりにも使えて便利な商品です。

>> Amazonで詳細を見る

お手入れのしやすさ・衛生面もチェック!

料理講師・フードコーディネーター

やはり気になるのは、お手入れのしやすさや衛生面ですよね。網じゃくしの場合、網目はこまかいほうがていねいにアクをキャッチできますが、その分網目に汚れが付着してお掃除がたいへんに……。最近では、お手入れがしやすいパンチング式で網目がこまかめの商品も発売されています。材質は熱に強く、サビにくいステンレス製がおすすめです。

アク取りシートの場合は、使い捨ての紙状の製品ならお手入れは不要、シリコン製のものは煮汁が着色しやすいという点もありますが、くり返し使えるため非常に経済的といえるでしょう。

アク取りおすすめ5選! 料理講師がセレクト

上で紹介したアク取りの選び方のポイントをふまえて、料理講師・フードコーディネーターの宇野(山下)彩花さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。アク取りといってもお玉型に限らずタイプはさまざま。自分にあったアク取りがないかぜひ参考にしてみてください。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

OXO(オクソー)GOOD GRIPS(グッドグリップス)『カスアゲ 小 ファインメッシュ 1057996』

出典:Amazon

サイズ
約 縦28×横9×高さ9cm
素材
ヘッド:ステンレススチール、グリップ:ポリプロピレン、熱可塑性エラストマー(サントプレーンR)
耐熱・耐冷温度
耐熱:120℃
Thumb lg 906b75cd b2d7 4e92 98ab 1c03158a9bb5
料理講師・フードコーディネーター

使いやすさとお手入れのしやすさが両立したアク取り

OXOの商品は、利き手や老若男女関わらず、さまざまな人が使いやすいデザインを研究し、製品化されています。とくにこちらのカスアゲは、日本人向けにグリップ部分を改良しており、指にフィットしてくれるので濡れた手でも滑りにくく、持ち手も熱くならないので安心です。

網目部分もこまかいため、こまかいアクもしっかりキャッチしてくれます。丈夫なステンレス製で食洗機も使用可能。価格、利便性、お手入れのしやすさのバランスがいいアク取りを探している方におすすめしたい商品です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ライオン『リード アクも油もとるシート』

出典:Amazon

サイズ
中:直径20cm、大:直径26cm
素材
-
耐熱・耐冷温度
-
Thumb lg 906b75cd b2d7 4e92 98ab 1c03158a9bb5
料理講師・フードコーディネーター

シートタイプで使い捨て可能なアク取り

お鍋に入れておくだけでアクを取ってくれるタイプを検討している方におすすめなのがこちら。アクだけではなく余分な油も吸着してくれるため、カロリーカットにもつながります。水を弾いて油だけを吸ってくれる特殊素材を使用しているため、煮汁が減る心配はありません。

中央に切り込みが入っており、煮汁を対流させて落とし蓋の役割も果たしてくれるので、火通りも味しみもよくしてくれます。煮魚や煮物にぴったりなアク取りです。面倒なお手入れは一切なく、使ったらポイと捨てられるのもとってもラクですね。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

サンファミリー『サイズが変わるあく取り落とし蓋』

出典:Amazon

サイズ
広げたとき:約 直径20×高さ1cm、閉じたとき:約 直径15×高さ1.8cm
素材
シリコーン
耐熱・耐冷温度
耐熱:150℃、耐冷:-40℃
Thumb lg 906b75cd b2d7 4e92 98ab 1c03158a9bb5
料理講師・フードコーディネーター

アク取り兼落とし蓋で料理のおいしさを引き立てる

こちらの商品は、さまざまな大きさの鍋に対応できるのが大きな特徴です。煮魚はフライパンで、肉じゃがは雪平鍋で……というように、料理に使う鍋に合わせてサイズを調整して使用することが可能。紙状のアク取りシートと同様に、アク取りと落とし蓋どちらの役割も果たしてくれます。

また、蒸し器のサナの代わりにもなるので、耐熱皿さえあれば電子レンジでかんたんにスチーム料理も楽しめて、一台3役! シリコン製なので熱に強く、洗ってくり返し使用できるので、とっても経済的。コスパの高い商品をお探しの方におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ベルメゾン『パンチングメッシュを使ったあくとり』

出典:楽天市場

サイズ
約 全長29×幅7.3cm
素材
18-8ステンレス
耐熱・耐冷温度
-
Thumb lg 906b75cd b2d7 4e92 98ab 1c03158a9bb5
料理講師・フードコーディネーター

お手入れしやすい形状でこまかいアクも逃さない

目詰まりしにくく、お手入れがしやすいパンチングメッシュを使用しているのが特徴的な商品です。

一般的なパンチングタイプは穴が大きめで、こまかいアクは逃げていってしまうのですが、こちらはパンチングでありながらも目がこまかくサイズも小さめで小回りが利くタイプ。煮込み料理でも鍋もの用の卓状アク取りとしても大活躍するでしょう。ステンレス製なのでサビにくく長持ちするので、お手入れが苦手な方におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

無印良品『ステンレス あくとり(38328810)』

サイズ
約 幅8×長さ23.5cm
素材
ステンレス
耐熱・耐冷温度
-
Thumb lg 906b75cd b2d7 4e92 98ab 1c03158a9bb5
料理講師・フードコーディネーター

シンプルかつおしゃれで使いやすいアク取り

こちらのアク取りは、網目の部分と枠に段差が少ないためアクをスムーズに取ることができ、汚れが溜まりにくく衛生的です。オールステンレスで見た目もスタイリッシュ。持ち手が二重になっているので、見せる収納として、キッチンにかけておいてもオシャレですね。

サイズは小ぶりで小回りが利き、持ち手と網目部分が絶妙な角度で取りつけられているので、湯気が手にあたりにくくできています。使いやすくて、オシャレなアク取りがほしい方にピッタリです。

一覧表でおすすめ商品を比較する

画像

OXO(オクソー)GOOD GRIPS(グッドグリップス)『カスアゲ 小 ファインメッシュ 1057996』
ライオン『リード アクも油もとるシート』
サンファミリー『サイズが変わるあく取り落とし蓋』
ベルメゾン『パンチングメッシュを使ったあくとり』
無印良品『ステンレス あくとり(38328810)』

商品

OXO(オクソー)GOOD GRIPS(グッドグリップス)『カスアゲ 小 ファインメッシュ 1057996』 ライオン『リード アクも油もとるシート』 サンファミリー『サイズが変わるあく取り落とし蓋』 ベルメゾン『パンチングメッシュを使ったあくとり』 無印良品『ステンレス あくとり(38328810)』

特徴

使いやすさとお手入れのしやすさが両立したアク取り シートタイプで使い捨て可能なアク取り アク取り兼落とし蓋で料理のおいしさを引き立てる お手入れしやすい形状でこまかいアクも逃さない シンプルかつおしゃれで使いやすいアク取り

価格

Amazon : ¥ 1,620
楽天市場 : ¥ 1,620
Yahoo!ショッピング : ¥ 1,620
※各社通販サイトの 2019年7月17日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 266
楽天市場 : ¥ 228
Yahoo!ショッピング : ¥ 248
※各社通販サイトの 2019年7月10日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 1,281
楽天市場 : ¥ 1,280
Yahoo!ショッピング : ¥ 1,280
※各社通販サイトの 2019年7月10日時点 での税込価格
楽天市場 : ¥ 918
Yahoo!ショッピング : ¥ 918
※各社通販サイトの 2019年7月10日時点 での税込価格
公式サイト : ¥ 790
※各社通販サイトの 2019年7月10日時点 での税込価格

サイズ

約 縦28×横9×高さ9cm 中:直径20cm、大:直径26cm 広げたとき:約 直径20×高さ1cm、閉じたとき:約 直径15×高さ1.8cm 約 全長29×幅7.3cm 約 幅8×長さ23.5cm

素材

ヘッド:ステンレススチール、グリップ:ポリプロピレン、熱可塑性エラストマー(サントプレーンR) - シリコーン 18-8ステンレス ステンレス

耐熱・耐冷温度

耐熱:120℃ - 耐熱:150℃、耐冷:-40℃ - -

商品情報

ECサイトのアク取りランキングを参考にする

Amazon、Yahoo!ショッピングでのアク取りの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:かす揚げ・あく取りランキング
Yahoo!ショッピング:アク取りランキング

※上記リンク先のランキングは、各ECサイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

そもそもアクとは? 料理講師が取り方も伝授

料理講師・フードコーディネーター

加熱した際、肉・魚介類などの臭み成分や血液に含まれるタンパク質が凝固したものや、野菜のえぐみ・苦味・渋みが、煮汁の表面に泡状に現れた状態をアク(灰汁)と呼びます。ある程度取り除いてあげると、お料理が雑味なく澄んだ味わいになり、いつものお料理がワンランクアップします。

灰汁を取るときは、ボウルにぬるま湯を用意してとったアクを入れ、そのお湯でアクとりを洗うようにしてあげると、次のアクを取る際に綺麗な状態で使用できますよ。しかし取り除きすぎると、旨みやコクまでなくなってしまいますので、取り過ぎには注意しましょう!

ライフスタイルや料理に合わせてチョイスしてみて! 料理講師からアドバイス

料理講師・フードコーディネーター

しゃぶしゃぶなど卓状の鍋もののように、都度アクを取りたい場合には網目タイプ。煮込み料理には落とし蓋形状のアク取りを使用するなど、お料理に合わせて使い分けるとより便利にアク取りを活用できます。

ちなみに、上記で紹介していない刷毛(はけ)状の商品もあります。刷毛状タイプのアク取りは、なでるだけでアクが取れて便利なのですが、付着した汚れが取りづらく、使用後はしっかり乾かさないと雑菌が繁殖する原因になってしまいます。使用後のお手入れには注意をしましょう。

お手入れのしやすさ、衛生面、おしゃれさ、コスパのよさなど自分にとっての優先順位を明らかにしていくと、ニーズにぴったりなアク取りが見つかるはず。ぜひご参考になさってくださいね。

揚げ物を作っていると、だんだんと浮いてくる揚げ物の「かす」。小さくてすくいづらいので、処理が面倒だと感じている方も多いのではないでしょうか。かす揚げは、揚げ物のかすを効率的に取り除くことができる道具で、揚げ物のほかに、アク取りや鍋料理などの取りわけにも使うことができます。かす揚げを購入したいけれど、どんな点に注意して商品を検討すべきかわからない方も多いのではないでしょうか。そこで本記事では、料理研究家で料理講師の指宿さゆりさんへの取材をもとに、かす揚げの選び方とおすすめ商品5選をご紹介します。本記事を参考にして揚げ物を快適にしてくれるかす揚げを見つけてみてください。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(制作協力:鈴木郁恵、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/09/17 タグ修正のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 横塚枝緒里)

※2019/09/30 表示されている価格は税込価格ですが、消費税率は掲載時点、あるいは更新時点のものです。(マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【パスタ料理に!】アルミフライパンおすすめ5選|フードコーディネーターに取材

【パスタ料理に!】アルミフライパンおすすめ5選|フードコーディネーターに取材

フードコーディネーターの倉田沙也加さんに聞いた、アルミフライパンの選び方とおすすめ商品5選をご紹介します。数あるフライパンのなかでも、アルミフライパンは軽くて熱伝導率が高いのが大きな特徴です。内面加工がされているものや、持ち手が熱くなりにくい素材のものが使われているものなど、さまざまなアルミフライパンが販売されています。作りたい料理や作る量に合わせてサイズ選びをするのが大切です。初めて購入する方はもちろん、追加や買い替えを検討している方も、ぜひ参考にしてみてください。


おすすめの鉄瓶5選|フードスタイリストが選び方も解説

おすすめの鉄瓶5選|フードスタイリストが選び方も解説

フードスタイリストの水嶋千恵さんへの取材をもとに、鉄瓶のおすすめ商品をご紹介します。鉄分が豊富でまろやかな味のお湯を沸かせると、注目を集めている鉄瓶。購入を検討されている方も多いのではないでしょうか。鉄瓶には大きさや使い勝手など、選択肢がいろいろです。この記事では鉄瓶を選ぶときのポイントや、さらにおすすめの商品をご紹介しています。後半には各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載しています。お手入れ次第で一生モノとして使えるのも鉄瓶の魅力です。はじめて購入する方はもちろん、追加や買い替えを検討している方も参考にして、長く使える一品を見つけてください。


ワインオープナーのおすすめ8選|料理家が選び方も解説

ワインオープナーのおすすめ8選|料理家が選び方も解説

料理家のスヌ子(稲葉ゆきえ)さんへの取材をもとに、ワインオープナーのおすすめ商品を紹介します。最近はスクリューキャップのワインも増えてきてはいますが、まだまだコルク栓のワインは多いもの。コルクがうまく抜けなくて、苦労したことがある方も多いのではないでしょうか。この記事では、ワインオープナーのなかでも失敗しにくいものや、力があまり必要ないものなど使いやすいワインオープナーと選び方のポイントを紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。


【ビールサーバーのおすすめ6選!】家電コンシェルジュに聞く|手軽で手入れもかんたん

【ビールサーバーのおすすめ6選!】家電コンシェルジュに聞く|手軽で手入れもかんたん

家庭でもきめ細やかな泡とビールが楽しめるビールサーバー。業務用のモデルにくらべて省スペースで済むため、気軽に始めやすく、誰でもかんたんに扱えます。仲間を呼んでパーティーを開くときに、ビールサーバーがあると場も盛り上がるはず! 本記事では、モノレビュアー・家電コンシェルジュの松本レイナさんにお話をうかがい、ビールサーバーのおすすめ商品を教えてもらいました。選び方のポイントもあわせて紹介していますので、ぜひチェックしてくださいね。


低速ミキサー・スロージューサーおすすめ8選|家電コンシェルジュが解説

低速ミキサー・スロージューサーおすすめ8選|家電コンシェルジュが解説

ゆっくりと低回転で食材をすりつぶすことで、熱による酸化を抑える低速ミキサー・スロージューサー。ビタミンCやポリフェノールといった栄養素を残しつつ、口当たりのよい仕上がりになるのが魅力です。海外メーカーからも多数商品が発売されていて、どれを選んだらよいのか悩んでしまいますよね。そこで本記事では、家電コンシェルジュの松本レイナさんに、低速ミキサーとスロージューサーの違いや選び方、おすすめ商品を教えてもらいました。はじめて低速ミキサーを使うという方でも使いやすい商品がありますので、ぜひ参考にしてみてください。


最新の記事


【グリーンアドバイザーに聞く】おすすめの鉢5選|ガーデニングをオシャレに楽しむ

【グリーンアドバイザーに聞く】おすすめの鉢5選|ガーデニングをオシャレに楽しむ

グリーンアドバイザーのふじ えりこさんに鉢のおすすめ5選と選び方を教えてもらいました。鉢は、コンテナ、ポットとも呼ばれ、サイズが大きいプランターなどもある意味で鉢と呼ばれます。鉢の大きな役割は、地植えではなく、土を入れ植物を人工的に管理できる環境を作ることにあります。そのため、鉢は管理をしやすくするためのものと、植物をより美しく魅せるためのものと大きくふたつにわかれ、用途を使い分けることも大切です。この記事では、さまざまな鉢の中から厳選した商品をご紹介します。ぜひ参考にしてください。


50代におすすめの化粧下地7選【ヘア&メイクアップアーティストが選ぶ】

50代におすすめの化粧下地7選【ヘア&メイクアップアーティストが選ぶ】

年齢を重ねて、本格的に肌の悩みが気になってくる50代。そんな気になる悩みには美容成分がたっぷり入ったものや補色効果で肌の色を明るく見せてくれるもの、乾燥を防いで毛穴の開きをカバーしてくれるものや、UV効果のあるものなどの化粧下地を選んでメイク時間を楽しみたいものです。そこで、本記事ではヘア&メイクアップアーティスト・渡辺みゆきさんへの取材をもとに、50代に適した化粧下地の選び方とおすすめ商品を紹介していきます。


メガネスタンドのおすすめ5選|暮らし専門ライターが解説します

メガネスタンドのおすすめ5選|暮らし専門ライターが解説します

大切なメガネ、掛けていない時はどこに置いていますか。「あれ? どこに置いたっけ?」とすっかり忘れて慌ててしまうこともあることでしょう。こんなときもメガネスタンドがあれば、メガネを探す手間も省けて、より毎日を快適に過ごせるはず。部屋の雰囲気やインテリアに調和するオシャレなものや、キャラクタータイプのかわいらしいものまで、現在ではさまざまなタイプが発売されています。そこでで、本記事では「使い勝手のよさ」にフォーカスして、おすすめのメガネスタンドをご紹介します! 「家事中年男子」&家事ライターの東海林ミノルさんへの取材をもとにメガネスタンドの選び方を解説するとともにおすすめ商品を紹介します。


【美容に使える!】ベビーパウダーのおすすめ6選|美容ライターに取材

【美容に使える!】ベビーパウダーのおすすめ6選|美容ライターに取材

汗や皮脂を吸収して、赤ちゃんの敏感な肌をサラサラに保ってくれるベビーパウダー。最近は赤ちゃんだけではなく、美容アイテムとして大人の女性からも人気を集めています。この記事では、美容ライターの田島えり子さんへの取材をもとに、美容アイテムとしてベビーパウダーを使いたい人向けに、その選び方とおすすめ商品6つをピックアップして紹介。さらに記事の最後では、通販サイトのベビーパウダーランキングも掲載しています。ぜひ商品選びの参考にしてくださいね。


【モンブラン万年筆】おすすめ商品6選! 文具のプロに聞く

【モンブラン万年筆】おすすめ商品6選! 文具のプロに聞く

フリーランスライターで文具に詳しい出雲義和さんに聞いた、モンブラン万年筆の選び方のポイントとおすすめ商品を紹介します。万年筆といえばモンブランという答えがかえってくるほど、モンブランは万年筆にあまり詳しくない人にも知られている有名なブランドです。そんなモンブランの万年筆は「マイスターシュテュックシリーズ」が代表的でしょう。ペン先の仕様やインク補充の方式など、注目すべきポイントはたくさんあります。本記事を参考に、お気に入りの品をみつけてくださいね。記事の最後には、通販サイトの万年筆ランキングも紹介しています。