トラベルシステムのおすすめ10選【ベビーカーにもなる!】 デメリットや先輩ママの体験談も

トラベルシステムのおすすめ10選【ベビーカーにもなる!】 デメリットや先輩ママの体験談も

チャイルドシートとしてだけではなく、チャイルドシート、ベビーカー、キャリーなど、赤ちゃん連れでのお出かけにマルチで使える「トラベルシステム」。家の中でもバウンサーのように使える便利さで人気です。日本ではあまり聞き馴染みがないかもしれませんが、欧米では主流なチャイルドシートです。

この記事では、公認チャイルドシート指導員の加藤久美子さんへの取材をもとに、トラベルシステム対応チャイルドシートの選び方とおすすめ商品をご紹介。マキシコシや、サイベックス、Joie等の欧州メーカー製が主流ですが、アップリカなど国内メーカーからも発売されています。各商品の特徴や便利な理由も解説するので、ぜひ参考にしてくださいね。


自動車生活ジャーナリスト
加藤 久美子

下関市出身 大学在学中に車に目覚め、大学時代は神奈川県内のトヨタディーラーで納車引き取りのアルバイトを経験。大学卒業後、日刊自動車新聞社に編集記者として入社。 1989年FIA 公認のクロスカントリーラリー「オーストラリアン・サファリ」に出場。 1995年会社を辞めてフリーランスの道へ。 1999-2000日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。 2000年に第一子出産後、妊婦のシートベルト着用を推進する会を立ち上げ、チャイルドシートと共に胎児と赤ちゃんの命を守る啓発活動を展開している。 月刊誌『MONOQLO』(晋遊舎)、All About、citrus、オートックワン、乗りものニュース、くるまのニュース、JAFMATEなどに自動車生活関連(運転マナー、車の税金、維持費、メンテナンス、カスタム、海外車事情など)の記事を年間300本以上寄稿している。 また、(一財)日本交通安全教育普及協会公認チャイルドシート指導員としてチャイルドシートの正しい装着や子連れドライブの楽しみ方と危険回避に関する講演、啓発活動なども積極的に行っている。

トラベルシステムとは? 汎用性が高く車移動が多い人に便利!

日本ではあまり聞かない「トラベルシステムチャイルドシート」。じつは、欧米では定番なチャイルドシートです。トラベルシステムとは、チャイルドシートの役割だけではなく、ベビーキャリー、バウンサー、ベビーカーシートなどの役割を持つ多機能なアイテムのこと。ベビーカーとドッキングして兼用できるのが大きな魅力です。

そのため、赤ちゃんが移動中に眠ってしまっても、起こすことなく車やベビーカーへの乗せ替え、自宅への移動が可能に。またチャイルドシートに赤ちゃんを乗せたまま家まで運び、そのままベビーラックとして使うこともできます。

新生児から1歳までの使用を想定したものが多いのも特徴なので、ふだん車での移動が多い方はぜひチェックしてみてください!

トラベルシステム対応のベビーシートで赤ちゃんを運ぶイメージ写真
ペイレスイメージズのロゴ

トラベルシステムのメリット・デメリット 新生児用ベビーカーとしても使える!

ここではさらに詳しくトラベルシステムに対応チャイルドシートのメリットを解説! 気になるデメリットについてもお答えします。

『トラベルシステムのおすすめ商品』を今すぐ見る

ベビーカーやバウンサーと兼用でき出費を抑えられる メリット1

「トラベルシステムは値段が高くて手を出しづらい」と思われるかもしれませんが、チャイルドシートやベビーカー、バウンサーなどを別々にそろえれば、それなりに費用がかかるものです。

ふだんから赤ちゃんとの移動が多く、別でベビーカーやバウンサーも購入したいと思っている方には、トラベルシステムが便利でしょう。

新生児用ベビーカーとして使用できる メリット2

トラベルシステム

Photo by マイナビおすすめナビ

トラベルシステムに対応しているチャイルドシートは、新生児から使えるタイプがほとんど。ベビーカーは生後1カ月から使えるタイプが多いため、実は新生児を乗せられる機種は少ないのです。ベビーカーを早く使いたいなら、トラベルシステムが便利です。

ドッキングの対応機種が限られている デメリット1

ベビーカーとドッキングできるトラベルシステム対応チャイルドシートですが、原則として指定されたベビーカー以外はドッキングできません。商品数も多いわけではないので、豊富な選択肢がないのはデメリットといえるでしょう。

チャイルドシートとして使用できる期間が短い デメリット2

トラベルシステム

Photo by マイナビおすすめナビ

トラベルシステム対応チャイルドシートは、後ろ向きで使う乳児専用のチャイルドシートなので、体重13kgくらいまで(1歳半頃まで)が使用上限になります。それ以降は前向きの幼児用チャイルドシートへの買い換えが必要に。

一方で、トラベルシステム対応ベビーカーは3歳頃までの使用を目安につくられています。赤ちゃんが成長してチャイルドシートが使えなくなったあとはベビーカー単体で使用しましょう。

トラベルシステムの選び方

ここからは、トラベルシステム対応のチャイルドシートの選び方のポイントをを詳しく解説していきます。

『トラベルシステムのおすすめ商品』を今すぐ見る

安全基準をクリアしているかチェック

赤ちゃんの手の写真
Pixabayのロゴ

大前提として、チャイルドシートを選ぶときには、安全基準を満たしたものを適切に使用しないと本来の役割を発揮できません。安全基準を満たしているマークのついているものを選びましょう。

安全基準は、「R44」もしくは新安全基準の「R129」があります。

「対象年齢」「対象体重」を確認しよう

 

トラベルシステム対応のチャイルドシートは、製品によって対象年齢・月齢が異なります。新生児から1歳前後の使用を対象にしたものが多いですが、コンパクトな形状のため5~6カ月までしか使えないものや、逆に15カ月前後まで使用できるものもあります。

このほか体重による使用制限もあるので、年齢・月齢だけでなくどれくらいの体重まで使えるかも確認してください。

取り付けや乗せ降ろしがラクな「ISOFIX」固定がおすすめ

 

トラベルシステム対応のチャイルドシートは、製品によって取り付け方が異なります。車への取り付けは、シートベルト固定か、ISOFIX専用のベースを使うかになります。

シートベルトで取り付ける場合、乗せ下ろしのたびにチャイルドシートをシートベルトで着け外しする作業がともないます。面倒なく確実に乗せ下ろしがしたいなら、ISOFIX固定方式のチャイルドシートと専用ベースを選びましょう。

乳児専用チャイルドシートの多くは、単体でシートベルトで固定して使うことができますが、ISOFIX対応のシートはISOFIXベースを使って固定することになります。ベースは別売りで高額なので、購入を迷う方も多いと思いますが、トラベルシステムを頻繁に使うなら、ISOFIXベースがあったほうが便利で安全です。

どのベビーカーにドッキングできるか確認を

 

トラベルシステム対応のチャイルドシートは、特定のベビーカーと一緒に使うことでドッキングが可能となります。原則として、指定されたベビーカー以外はドッキングはできない仕様になっています(一部他社OEMなどで使える場合もあります)。

ベビーカーをもとに選ぶか、チャイルドシートをもとに選ぶかはとても重要です。どうしても買いたいチャイルドシートの機種や好みのデザインのものがある場合は、先にチャイルドシートを決めて、それにドッキングできるベビーカーのフレームを選びましょう。

1台何役? 汎用性の高さで選ぼう

 

トラベルシステム対応のチャイルドシートのなかには、ベビーカーのシート、チャイルドシート、ベビーキャリア以外の用途で使える機能がそろっているものもあります。たとえばクーファン、バウンサー、ローチェアなどとしても使えるものもあります。

せっかくトラベルシステム対応のものを購入するなら便利に使いたい場合、ほかの用途で使えるかもチェックしておきましょう。

軽さ重視の方は「安全性」にも注目して

 

トラベルシステム対応のチャイルドシートは、ある程度の重量があるものがほとんど。それは、安全性を重視し、できるだけ長い期間使用できるようにサイズを大きくしているからです。なので、軽さを重視するあまり、安全性を損なった商品を選ばないように注意したいところ。

しかし、ベビーキャリーとして使う機会が多い場合は、できるだけ軽いものを選んだほうが無難です。新生児の頃は、5kgのチャイルドシート+赤ちゃん3kg=8kgだとしても、生後6カ月には6~7kgに成長します。そうするとチャイルドシート+赤ちゃんで11~12kgほどにもなり、ママが運ぶのはかなりの重労働となります。

自家用車に対応しているかも忘れずチェック

 

トラベルシステム対応チャイルドシートは、ほとんどの国産車には適合するようになっています。ただし、サイズによっては取り付けられない場合があるため、メーカーが公開している適合車種リストなどを参考に、自家用車に取り付けできるかどうかを事前に調べておきましょう。

また、シートベルト取り付けのものは、3点式には対応しているのに2点式では取り付けできないことがあります。ここも事前に要チェックです!

トラベルシステムのおすすめ8選 人気のアップリカやJoieなど厳選!

ここからは、公認チャイルドシート指導員の加藤久美子さんと編集部が選ぶ、おすすめのトラベルシステム対応チャイルドシートを紹介します!

エキスパートのおすすめ

Aprica(アップリカ)『スムーヴTS インファントカーシート』

\更に3倍!/正規品アップリカトラベルシステムApricaアップリカスムーヴTSインファントカーシートベビーシートベビーカーオプションチャイルドシートオプション【ナチュラルリビング】 \更に3倍!/正規品アップリカトラベルシステムApricaアップリカスムーヴTSインファントカーシートベビーシートベビーカーオプションチャイルドシートオプション【ナチュラルリビング】 \更に3倍!/正規品アップリカトラベルシステムApricaアップリカスムーヴTSインファントカーシートベビーシートベビーカーオプションチャイルドシートオプション【ナチュラルリビング】

出典:楽天市場

自動車生活ジャーナリスト:加藤 久美子

自動車生活ジャーナリスト

軽量2.6kgの乳児専用チャイルドシート

アップリカ製3輪ベビーカー「スムーヴ トラベルシステム」に装着できるチャイルドシート。注目すべきはその重量で、乳児専用チャイルドシートとしては国内最軽量クラスの2.6kgという、非常に軽いシートです。

赤ちゃんの自然な姿勢をキープするため、シートの内角は130度に設定されており、首やおなかへの負担を少なくしています。また、ベビーカー単体での使用では地面から58cm、ここにチャイルドシートを載せると赤ちゃんの高さは63cmとなり、ママ・パパが自然な姿勢で赤ちゃんと対面することが可能となります。

真夏のアスファルトの熱さからも遠ざける理想的な高さとなるため、赤ちゃんの熱中症・日射病を防ぎたい方におすすめです。

Joie(ジョイー)『ベビーシート ジェム エンバー 』

Joie(ジョイー)ベビーシートジェムエンバー38835 Joie(ジョイー)ベビーシートジェムエンバー38835 Joie(ジョイー)ベビーシートジェムエンバー38835 Joie(ジョイー)ベビーシートジェムエンバー38835 Joie(ジョイー)ベビーシートジェムエンバー38835 Joie(ジョイー)ベビーシートジェムエンバー38835 Joie(ジョイー)ベビーシートジェムエンバー38835

出典:Amazon

一台で5役の多機能チャイルドシート

赤ちゃんを寝かしつける際に便利なバウンシング機能がついていて、車にもベビーカーにもセットできてさまざまな使い方ができます。丸洗い可能なインナークッションはふかふかで、赤ちゃんも快適に過ごせるでしょう。

持ちやすくて重さを感じにくいため、持ち運びが便利です。対応のベビーカー装着時にシートを付けると対面式にもなるため、赤ちゃんを見ながら運べます。

別売りのI-Baseを使えば車にワンタッチでセット可能ですが、ベビーシートだけでシートベルトに取り付けることもできます。

Maxi-Cosi(マキシコシ)『ペブル360』

【日本正規総代理店】マキシコシペブル360[回転式チャイルドシート]/MaxiCosiPebble360[2年保証出産退院ベビーチェアバウンサーベビーシートカーシートトラベルシステムR129カーシェアエアバギー] 【日本正規総代理店】マキシコシペブル360[回転式チャイルドシート]/MaxiCosiPebble360[2年保証出産退院ベビーチェアバウンサーベビーシートカーシートトラベルシステムR129カーシェアエアバギー] 【日本正規総代理店】マキシコシペブル360[回転式チャイルドシート]/MaxiCosiPebble360[2年保証出産退院ベビーチェアバウンサーベビーシートカーシートトラベルシステムR129カーシェアエアバギー]

出典:楽天市場

新生児から回転式チャイルドシートとして使える!

機能性がさらにアップしたマキシコシ最新のベビーシート。別売りの車載ベースメント「FAMILY FIX360」を使えば、回転式のチャイルドシートにもなります。回転が可能になることで、赤ちゃんの乗せおろしが簡単になります。

マキシコシ独自開発の衝撃吸収素材により、側面衝突からの保護性能がさらに向上。赤ちゃんの乗り心地も追及された機能が沢山!

cybex(サイベックス)『Aton S2 i-Size』

cybex[サイベックス]AtonS2i-Size[エイトンエスツー]ソーホーグレー取り外し可能な新生児インレイ搭載「最新の安全基準を満たす新生児から乳児までのベビーシート」 cybex[サイベックス]AtonS2i-Size[エイトンエスツー]ソーホーグレー取り外し可能な新生児インレイ搭載「最新の安全基準を満たす新生児から乳児までのベビーシート」 cybex[サイベックス]AtonS2i-Size[エイトンエスツー]ソーホーグレー取り外し可能な新生児インレイ搭載「最新の安全基準を満たす新生児から乳児までのベビーシート」 cybex[サイベックス]AtonS2i-Size[エイトンエスツー]ソーホーグレー取り外し可能な新生児インレイ搭載「最新の安全基準を満たす新生児から乳児までのベビーシート」 cybex[サイベックス]AtonS2i-Size[エイトンエスツー]ソーホーグレー取り外し可能な新生児インレイ搭載「最新の安全基準を満たす新生児から乳児までのベビーシート」 cybex[サイベックス]AtonS2i-Size[エイトンエスツー]ソーホーグレー取り外し可能な新生児インレイ搭載「最新の安全基準を満たす新生児から乳児までのベビーシート」 cybex[サイベックス]AtonS2i-Size[エイトンエスツー]ソーホーグレー取り外し可能な新生児インレイ搭載「最新の安全基準を満たす新生児から乳児までのベビーシート」

出典:Amazon

高い安全性とデザイン性が魅力

優れた安全性と高いデザイン性を誇るドイツブランドのベビーシートです。万が一衝突した際にも柔軟素材と構造が衝撃を吸収するため、赤ちゃんの安全が守られます

折りたたみ収納が可能なサンキャノピーが付いていて、風や日差し・花粉などを防いでくれます。サンキャノピーは、ハンドルが動いても連動しない独立したタイプです。対応ベビーカーへのドッキングで、両対面式ベビーカーとして使えるので移動がスムーズに行えます。チャイルドシートとして使う際も、車に簡単に装着できます。

エキスパートのおすすめ

Joie(ジョイー)『 i-snug(アイ スナグ)』

Joie(ジョイー)シートベルト固定ベビーシートアイ・スナググレーフランネル0か月~()38006 Joie(ジョイー)シートベルト固定ベビーシートアイ・スナググレーフランネル0か月~()38006 Joie(ジョイー)シートベルト固定ベビーシートアイ・スナググレーフランネル0か月~()38006

出典:Amazon

自動車生活ジャーナリスト:加藤 久美子

自動車生活ジャーナリスト

わずか3.25kgの超軽量タイプで扱いがラクラク

英国の育児用品ブランド、ジョイーのトラベルシステムはとにかく軽く扱いやすいのが特徴です。チャイルドシートの重さはわずか3.25kg、対応するベビーカーも5kgのものもあり、こちらも軽量。

ベビーカーとドッキングしたときの座面の高さは対面状態で55cm(※)とハイシートとなり、ママ・パパが自然な姿勢で赤ちゃんの顔を見ることができます。ISO-FIXベースをつけてISO-FIX固定できる点が便利ですが、ベルト固定も可能です。

家の中ではゆりかごのように使えますが、アームを固定すればローチェアとしても使えます。リーズナブルで汎用性の高い製品を探している方におすすめです。

アップリカ『Air Carry エアキャリー』

Aprica(アップリカ)シートベルト固定新生児から使えるチャイルドシート1台5役のトラベルシステムエアキャリーAirCarryブラック(BK)0カ月~2160904 Aprica(アップリカ)シートベルト固定新生児から使えるチャイルドシート1台5役のトラベルシステムエアキャリーAirCarryブラック(BK)0カ月~2160904 Aprica(アップリカ)シートベルト固定新生児から使えるチャイルドシート1台5役のトラベルシステムエアキャリーAirCarryブラック(BK)0カ月~2160904 Aprica(アップリカ)シートベルト固定新生児から使えるチャイルドシート1台5役のトラベルシステムエアキャリーAirCarryブラック(BK)0カ月~2160904 Aprica(アップリカ)シートベルト固定新生児から使えるチャイルドシート1台5役のトラベルシステムエアキャリーAirCarryブラック(BK)0カ月~2160904 Aprica(アップリカ)シートベルト固定新生児から使えるチャイルドシート1台5役のトラベルシステムエアキャリーAirCarryブラック(BK)0カ月~2160904 Aprica(アップリカ)シートベルト固定新生児から使えるチャイルドシート1台5役のトラベルシステムエアキャリーAirCarryブラック(BK)0カ月~2160904

出典:Amazon

ドッキングできるベビーカーの種類が豊富

最新の安全規則R129に適合したベビーシート。シートベルト固定、ISOFIX固定の両方でR129に対応しています。(ISOFIX固定には別売りのISO-FIXベースを購入する必要があります)

シートの角度は赤ちゃんが自然な姿勢を保てる、内角130度。首やおなかが苦しそうに見える、という心配が減ります。

本体が2.6kgと軽量なので、シートを持ち運ぶ機会が多いママ・パパにはうれしいですね。また、ドッキングできるベビーカーは、スムーヴシリーズ、ルーチェシリーズ、ラクーナシリーズとラインナップが多いのもポイントです。

エキスパートのおすすめ

doona(ドゥーナ)『インファントカーシート&ストローラー』

doonaISOFIX・シートベルト固定両対応インファントカーシート【日本正規品/世界初チャイルドシートにもなるベビーカー】ニトロブラック0か月~(2年保証)758015 doonaISOFIX・シートベルト固定両対応インファントカーシート【日本正規品/世界初チャイルドシートにもなるベビーカー】ニトロブラック0か月~(2年保証)758015 doonaISOFIX・シートベルト固定両対応インファントカーシート【日本正規品/世界初チャイルドシートにもなるベビーカー】ニトロブラック0か月~(2年保証)758015 doonaISOFIX・シートベルト固定両対応インファントカーシート【日本正規品/世界初チャイルドシートにもなるベビーカー】ニトロブラック0か月~(2年保証)758015 doonaISOFIX・シートベルト固定両対応インファントカーシート【日本正規品/世界初チャイルドシートにもなるベビーカー】ニトロブラック0か月~(2年保証)758015 doonaISOFIX・シートベルト固定両対応インファントカーシート【日本正規品/世界初チャイルドシートにもなるベビーカー】ニトロブラック0か月~(2年保証)758015 doonaISOFIX・シートベルト固定両対応インファントカーシート【日本正規品/世界初チャイルドシートにもなるベビーカー】ニトロブラック0か月~(2年保証)758015 doonaISOFIX・シートベルト固定両対応インファントカーシート【日本正規品/世界初チャイルドシートにもなるベビーカー】ニトロブラック0か月~(2年保証)758015

出典:Amazon

自動車生活ジャーナリスト:加藤 久美子

自動車生活ジャーナリスト

チャイルドシートになるベビーカー

これまでの乳児専用チャイルドシートとベビーカーのフレームが一緒になっているという、トラベルシステムの方式とはまったく異なるユニークなチャイルドシートが、この製品。ドッキングさせるのではなく、1台でベビーカー&チャイルドシートに変化し、それぞれが安全基準に適合しています。

チャイルドシートは、ベルト固定とISO-FIXの両方の固定が可能です。ISO-FIXで固定する場合には別売りのISO-FIXベースが必要ですが、これがあれば、がちゃっとはめ込むだけで確実に装着できるのでおすすめです。

航空機内での使用もできる認可を受けているので(※)、赤ちゃんを旅行に連れていきたいという方に使ってほしい製品です。

※米国および欧州当局による航空機内での使用認定を受けています。メーカーでは、飛行機内に持ち込む場合は事前に航空会社に連絡をすることを推奨しています。

コンビ『F2plus AF + F2用トラベルシステムキット』

コンビF2・Ageシリーズ用トラベルシステムキットブラック(新生児~1歳頃まで対象) コンビF2・Ageシリーズ用トラベルシステムキットブラック(新生児~1歳頃まで対象) コンビF2・Ageシリーズ用トラベルシステムキットブラック(新生児~1歳頃まで対象) コンビF2・Ageシリーズ用トラベルシステムキットブラック(新生児~1歳頃まで対象) コンビF2・Ageシリーズ用トラベルシステムキットブラック(新生児~1歳頃まで対象) コンビF2・Ageシリーズ用トラベルシステムキットブラック(新生児~1歳頃まで対象) コンビF2・Ageシリーズ用トラベルシステムキットブラック(新生児~1歳頃まで対象) コンビF2・Ageシリーズ用トラベルシステムキットブラック(新生児~1歳頃まで対象)

出典:Amazon

超・衝撃吸収素材で赤ちゃんの頭を守る

チャイルドシートのほか、キャリー、お部屋のなかで使うゆりかご&ロッキングチェアとして使用できる商品です。

3mの高さから卵を落としても割れないという衝撃の吸収力を持つ「エッグショック」を採用しており、赤ちゃんの頭を守ります。

トラベルシステムのおすすめ商品比較一覧表

画像
Aprica(アップリカ)『スムーヴTS インファントカーシート』
Joie(ジョイー)『ベビーシート ジェム エンバー 』
Maxi-Cosi(マキシコシ)『ペブル360』
cybex(サイベックス)『Aton S2 i-Size』
Joie(ジョイー)『 i-snug(アイ スナグ)』
アップリカ『Air Carry エアキャリー』
doona(ドゥーナ)『インファントカーシート&ストローラー』
コンビ『F2plus AF + F2用トラベルシステムキット』
商品名 Aprica(アップリカ)『スムーヴTS インファントカーシート』 Joie(ジョイー)『ベビーシート ジェム エンバー 』 Maxi-Cosi(マキシコシ)『ペブル360』 cybex(サイベックス)『Aton S2 i-Size』 Joie(ジョイー)『 i-snug(アイ スナグ)』 アップリカ『Air Carry エアキャリー』 doona(ドゥーナ)『インファントカーシート&ストローラー』 コンビ『F2plus AF + F2用トラベルシステムキット』
商品情報
特徴 軽量2.6kgの乳児専用チャイルドシート 一台で5役の多機能チャイルドシート 新生児から回転式チャイルドシートとして使える! 高い安全性とデザイン性が魅力 わずか3.25kgの超軽量タイプで扱いがラクラク ドッキングできるベビーカーの種類が豊富 チャイルドシートになるベビーカー 超・衝撃吸収素材で赤ちゃんの頭を守る
対象(月齢、体重、身長) 新生児~12カ月頃、身長50~70cm、体重2.5kg~13kg 0~18カ月頃、体重13kgまで 0~15カ月頃(40cm~83cm) 0~18カ月ごろ、体重13kgまで 新生児~体重13kg 身長:40~70cm(新生児~12カ月頃、体重10kgまで) 体重1.8~13kg未満 チャイルドシート:体重10kg未満(1カ月~1歳頃目安)、ベビーカー:体重15kg未満(1カ月~36カ月頃目安)
重量 2.6kg 3.8kg 4.3kg 4.6kg 3.25kg 2.8kg 7kg チャイルドシート:3.4kg(アタッチメント:0.67kg) 、ベビーカー:約3.8kg
ISO-FIX対応 別売りISO-FIXベースが必要 別売りI-Base(ISOFIX対応)ベースが必要 別売りISOFIXベースが必要 別売りISO-FIXベースが必要 別売りISO-FIXベースが必要 別売りISO-FIXベースが必要 -
用途 チャイルドシート、ベビーキャリー、ベビーチェア、ロッキングチェア、ベビーカー ベビーキャリー、バウンサー、ベビーチェア、チャイルドシート、ベビーカー - ベビーキャリー、ベビーチェア、ベビーカー チャイルドシート、バウンサー、ローチェア、ベビーキャリー、ベビーカー チャイルドシート、ベビーキャリー、ロッキングチェア、ベビーカー、ローチェア ベビーカー、チャイルドシート チャイルドシート、ベビーカー、キャリー、ゆりかご&ロッキングチェア
対応ベビーカー アップリカ『スムーヴシリーズ』 Joie製ベビーカー エアバギーココシリーズ cbxベビーカー「gb」 Joie製ベビーカー(適合ベビーカーに限る) アップリカ『スムーヴシリーズ』『ルーチェシリーズ』『ラクーナシリーズ』 - コンビ「F2plus AF」
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年8月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月19日時点 での税込価格

『トラベルシステム×ベビーカー』のセットおすすめ2選

Joie(ジョイー)『トラベルシステム 3ホイール ベビーカー セット』

【セット買い】Joie(ジョイー)三輪ベビーカーライトトラックスオリーブ+ベビーシートジェムエンバー 【セット買い】Joie(ジョイー)三輪ベビーカーライトトラックスオリーブ+ベビーシートジェムエンバー 【セット買い】Joie(ジョイー)三輪ベビーカーライトトラックスオリーブ+ベビーシートジェムエンバー 【セット買い】Joie(ジョイー)三輪ベビーカーライトトラックスオリーブ+ベビーシートジェムエンバー 【セット買い】Joie(ジョイー)三輪ベビーカーライトトラックスオリーブ+ベビーシートジェムエンバー 【セット買い】Joie(ジョイー)三輪ベビーカーライトトラックスオリーブ+ベビーシートジェムエンバー 【セット買い】Joie(ジョイー)三輪ベビーカーライトトラックスオリーブ+ベビーシートジェムエンバー

出典:Amazon

ジェム エンバーと3輪ベビーカーのセット!

※joie(ジョイー)の『Gemm ジェム』ベビーシートとドッキングできるベビーカーのセットになります。

AirBuggy (エアバギー)『ココ プレミア フロムバース×マキシコシ ペブル 360 3点セット』

\更に3倍!/期間限定プレゼント付きベビーカーマキシコシペブルファミリアフィックスのセット正規品送料無料新生児エアバギーココブレーキフロムバース+マキシコシペブル360+FamilyFix3603点セットベビーシートチャイルドシートベビーカー \更に3倍!/期間限定プレゼント付きベビーカーマキシコシペブルファミリアフィックスのセット正規品送料無料新生児エアバギーココブレーキフロムバース+マキシコシペブル360+FamilyFix3603点セットベビーシートチャイルドシートベビーカー \更に3倍!/期間限定プレゼント付きベビーカーマキシコシペブルファミリアフィックスのセット正規品送料無料新生児エアバギーココブレーキフロムバース+マキシコシペブル360+FamilyFix3603点セットベビーシートチャイルドシートベビーカー

出典:楽天市場

エアバギーとマキシコシのセット!

※Maxi-Cosi(マキシコシ)の『プベル360°』とエアバギー『ココフロムバース』、 FamilyFix 360 の3点セットになります。

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする トラベルシステム対応チャイルドシートの売れ筋をチェック

Amazonでのトラベルシステム対応チャイルドシートの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:トラベルシステムランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【後悔?】実際にトラベルシステムを使ってどうだった? 【先輩ママの体験談】

ここからは、実際にトラベルシステムを使っていた先輩ママの口コミを紹介していきます! 購入を迷っている方は参考にしてみてくださいね。

新生児から使えるベビーカーになるのは便利すぎた

対面式のベビーカーになるのは電車移動の際はありがたかったです。ママのお顔が見れる分安心してくれたのか、電車移動は問題なし。新幹線にに乗る際もベビーカーから外し、そのままベビーシートを隣の席に乗せてあげられるので、ぐずることも少なかった!

ワンオペのお買い物でもぜんぜん大丈夫! 帰宅後寝てしまっていても、そのままバウンサー替わりに使用してママ時間もちゃっかり作れたり。買って後悔はありません!(Nさん/1歳女の子ママ)

運転中、子どもの顔が見えないのが唯一のマイナス点

子供と2人で車でお出かけするときに、ベビーシートに乗っている子供の様子が気になってしまうのですが、シートベルト固定の商品だと、様子が見えないんですよね…。泣き出したり、静かすぎる時なんかは、近くの駐車場に急いで車を停車して様子をみたりしていました。

商品によっては、赤ちゃんを後ろ向き(進行方向と逆向き)にしか固定できず、運転しながらは様子を見られません。回転式のトラベルシステムもあるみたいなので、様子が気になる方は、そちらを検討してみた方がいいかも!(Sさん/2歳男の子ママ)

使用期限は? いつからいつまで使える?

 

トラベルシステム対応のチャイルドシートを買うときに、「何歳まで使えるの?」と気になる方も多いのではないでしょうか。ここではそんな疑問にお答えします!

チャイルドシートとして使えるのは「新生児から1歳半頃まで」

メーカーや商品によって違いはありますが、トラベルシステム対応のチャイルドシートは一般的に適応体重は2.5k~13kg(新生児から1歳半頃)までになっている商品が多いです。

また、トラベルシステムに対応しているベビーカーはだいたい3歳頃までの使用を目安につくられています。赤ちゃんが成長してチャイルドシートが使えなくなったあとはベビーカー単体で使用しましょう。

「体重13kg」を超えるとチャイルドシートの買い替えが必要

トラベルシステムに対応しているチャイルドシートは、後ろ向きで使う乳児専用のチャイルドシートで、体重13kgくらいまでが上限です。それ以降は前向きの幼児用チャイルドシートを使うことになるので、トラベルシステムは使えなくなります。

そのあとは幼児・学童兼用タイプのチャイルドシートを使うのがおすすめです。脱着のしやすさや安全性など、赤ちゃんと触れ合ううえで気にしなければいけない点が何かを考え、それに合った製品を選ぶことで、毎日ストレスなく使用することができるでしょう。

迷ったらレンタルという選択肢もアリ!

荷物を受け取る女性
ペイレスイメージズのロゴ

トラベルシステムに対応したチャイルドシートは1歳半頃までを対象としているため、使用できる期間が短いと感じる方もいるかもしれません。ベビーカーが3歳頃まで使えるとしても、決して安くはない買い物だけに購入をためらう方もいることでしょう。

そんなときに便利なのが、レンタルサービス。購入するよりリーズナブルに商品をレンタルできます。また、気になる商品を実際に使ってみることで、購入前の検討にも活用できますよ。

チャイルドシート関連グッズのおすすめはこちら 関連記事

トラベルシステムで赤ちゃんとの移動を快適に!

公認チャイルドシート指導員で自動車生活ジャーナリストの加藤久美子さんに、トラベルシステム対応のチャイルドシートの選び方や商品を解説していただきました。トラベルシステム対応のチャイルドシートは、ママ・パパの負担を減らし、赤ちゃんとの移動をらくにしてくれる便利でうれしいアイテムです。

スムーズに移動できるので、赤ちゃんとのお出かけがもっと楽しみになりますよ。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

3歳児の育児に奮闘するズボラな30代ママ。主に『ベビー・キッズ、生活雑貨、ファッション、ペット、家具インテリア』のカテゴリを担当。普段の家事をラクにしてくれるグッズに飛びつきがち。唯一の癒しタイムが某動画配信サービスで映画やドラマを見ること。海外リアリティ番組が特にお気に入り。

関連する記事


新生児用チャイルドシートおすすめ15選【長く使える】安全な乗せ方や向きも解説!

新生児用チャイルドシートおすすめ15選【長く使える】安全な乗せ方や向きも解説!

新生児から使えるチャイルドシートは様々なメーカーから販売されていますが、安全性や使い勝手、成長しても長く使えるかなど、色々気になりますよね。そこでこの記事では、公認チャイルドシート指導員である加藤久美子さんに取材のもと、新生児用チャイルドシートの選び方とおすすめ商品を紹介! 通販の人気ランキングや口コミも掲載しています。さらに安全な乗せ方や乗せる向き、法律についても解説するので、ぜひ参考にしてくださいね。

tag icon チャイルドシート(ベビーシート) , チャイルドシート(自動車) , ベビー用品

チャイルドシート人気メーカー7社のおすすめ商品18選|種類・特徴・口コミも解説!

チャイルドシート人気メーカー7社のおすすめ商品18選|種類・特徴・口コミも解説!

子どもが生まれると、早い家庭では産院を退院するときから必要となるチャイルドシート。大切なわが子を守るシート選びは慎重におこないたいですよね。この記事では、ママたちが選んだチャイルドシートのおすすめメーカー7社をピックアップ。各メーカーから厳選したチャイルドシート19商品と合わせてご紹介します。それぞれのおすすめポイントもまとめているので、ぜひ購入検討の参考にしてみてくださいね。

tag icon チャイルドシート(ベビーシート) , チャイルドシート(幼児用) , チャイルドシート(ジュニアシート)

ISOFIX対応のチャイルドシートおすすめ16選【新生児から12歳頃まで使える】ジュニアシートも紹介!

ISOFIX対応のチャイルドシートおすすめ16選【新生児から12歳頃まで使える】ジュニアシートも紹介!

取り付けが簡単でしっかりと車に固定できる、ISOFIX(アイソフィックス)対応チャイルドシート。装着方法も、ISOFIXベースや、シートベルトでも固定できるタイプなどさまざまあります。この記事では、公認チャイルドシート指導員の加藤久美子さん監修のもと、選び方とおすすめの商品をご紹介! 通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみてくださいね。

tag icon チャイルドシート(ベビーシート) , チャイルドシート(幼児用) , チャイルドシート(ジュニアシート)

回転式チャイルドシートおすすめ13選【ISOFIX対応】コンビやアップリカをご紹介

回転式チャイルドシートおすすめ13選【ISOFIX対応】コンビやアップリカをご紹介

公認チャイルドシート指導員の加藤久美子さんへの取材をもとに、回転式チャイルドシートの選び方とおすすめ商品を紹介します。サイズや本体の重量、回転しやすさ、取り付け方法や取り外し方法など商品によって異なるので、選び方が重要です。記事後半の通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミも確認してみてください。

tag icon チャイルドシート(ベビーシート) , チャイルドシート(幼児用) , チャイルドシート(自動車)

ベッド型チャイルドシートおすすめ5選|人気のアップリカ&コンビから厳選!

ベッド型チャイルドシートおすすめ5選|人気のアップリカ&コンビから厳選!

日本独自仕様のベッド型チャイルドシート。人気国内メーカーの「アップリカ」や「コンビ」から発売されています。選択肢はそう多くはありませんが、赤ちゃんを守るものだからこそしっかり納得して選びたいですよね。そこでこの記事では、公認チャイルドシート指導員の加藤久美子さんに取材のもと、ベッド型チャイルドシートの選び方とおすすめ商品を紹介。通販の人気ランキングや口コミもぜひ参考にしてくださいね。

tag icon チャイルドシート(ベビーシート) , チャイルドシート(幼児用) , ベビー用品

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。