トラベルシステム対応チャイルドシートのおすすめ6選【公認チャイルドシート指導員が厳選|便利な理由も紹介

トラベルシステム対応チャイルドシートのおすすめ6選【公認チャイルドシート指導員が厳選|便利な理由も紹介
自動車生活ジャーナリスト
加藤 久美子

下関市出身 大学在学中に車に目覚め、大学時代は神奈川県内のトヨタディーラーで納車引き取りのアルバイトを経験。大学卒業後、日刊自動車新聞社に編集記者として入社。 1989年FIA 公認のクロスカントリーラリー「オーストラリアン・サファリ」に出場。 1995年会社を辞めてフリーランスの道へ。 1999-2000日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。 2000年に第一子出産後、妊婦のシートベルト着用を推進する会を立ち上げ、チャイルドシートと共に胎児と赤ちゃんの命を守る啓発活動を展開している。 月刊誌『MONOQLO』(晋遊舎)、All About、citrus、オートックワン、乗りものニュース、くるまのニュース、JAFMATEなどに自動車生活関連(運転マナー、車の税金、維持費、メンテナンス、カスタム、海外車事情など)の記事を年間300本以上寄稿している。 また、(一財)日本交通安全教育普及協会公認チャイルドシート指導員としてチャイルドシートの正しい装着や子連れドライブの楽しみ方と危険回避に関する講演、啓発活動なども積極的に行っている。

チャイルドシート、ベビーカー、キャリーなど、赤ちゃん連れでのお出かけにマルチで使える「トラベルシステム」。家の中でもバウンサーのように使える便利さで人気を集め、商品数が増えて選択肢が広がってきました。この記事では公認チャイルドシート指導員の加藤久美子さんにうかがった、トラベルシステムに対応するチャイルドシートの選び方とおすすめ商品をご紹介します。マキシコシやブリタックス・レーマー、サイベックス、ジョイー等の欧州メーカー製が主流ですが、アップリカや日本育児からもトラベルシステム対応のチャイルドシート(ベビーシート)やベビーカーが発売されています。各商品の特徴や便利な理由も解説するので参考にしてください。


トラベルシステム対応のチャイルドシートの選び方 公認チャイルドシート指導員に聞く

公認チャイルドシート指導員の加藤久美子さんに、トラベルシステムに対応するチャイルドシートの選び方を3つ教えてもらいました。自分に適した商品選びの参考にしてみてくださいね。

トラベルシステム対応のベビーシートで赤ちゃんを運ぶイメージ写真
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

赤ちゃんを起こすことなく、シートに乗せたままで乗せ降ろしができることは、トラベルシステムのメリットの一つです。

使いたいチャイルドシートとベビーカーがドッキングできるか確認!

自動車生活ジャーナリスト

ドッキングが可能なのはメーカー指定ベビーカーのみ

トラベルシステム対応のチャイルドシートは、特定のベビーカーと一緒に使うことでドッキングが可能となります。原則として指定されたベビーカー以外はドッキングはできない仕様になっています(一部他社OEMなどで使える場合もあります)。

ベビーカーをもとに選ぶか、チャイルドシートをもとに選ぶかはとても重要です。どうしても買いたいチャイルドシートの機種や好みのデザインのものがある場合は、先にチャイルドシートを決めて、それにドッキングできるベビーカーのフレームを選びましょう。

サイベックス『cbx Shima(シービーエックス シマ)』

同メーカーのベビーカー「Etu(エトゥ)」とドッキングさせて使えるチャイルドシートです。

>> Amazonで詳細を見る

ベビーキャリーとして使うなら軽量タイプを

自動車生活ジャーナリスト

軽いほど持ち運ぶときの負担が軽減

チャイルドシートはベビーキャリーとしても使うことになります。車では後ろ向きで使う乳児専用チャイルドシートとして使用。赤ちゃんが眠っている場合などは寝かせたまま車から降ろして家まで手で持って運んだり、ベビーカーにドッキングしたりという方法で使います。

ベビーキャリーとして使う機会が多い場合は、できるだけ軽いものを選んだほうが無難です。新生児の頃は、5kgのチャイルドシート+赤ちゃん3kg=8kgだとしても、生後6カ月には6~7kgに成長します。そうするとチャイルドシート+赤ちゃんで11~12kgほどにもなり、ママが運ぶのはかなりの重労働となります。

チャイルドシートには3~4kg台のものもあり、中には3kg以下の超軽量タイプもあるので、購入のさいは本体の重さもしっかりとチェックしましょう。

アップリカ『スムーヴTS インファントカーシート』

2.6kgと軽量なので、ベビーキャリーとしても使いやすい機種です。

>> 楽天市場で詳細を見る

車のシートから脱着しやすいものを選ぶ|ISO-FIXがおすすめ

自動車生活ジャーナリスト

車がISO-FIXに対応しているかは事前に確認を

乳児専用チャイルドシートの多くは、単体でシートベルトで固定して使うことができますが、ISO-FIX対応のシートはISO-FIXベースを使って固定することになります。

ベースは別売りで高額なので、購入を迷う方も多いと思いますが、トラベルシステムを頻繁に使うなら、ISO-FIXベースがあったほうが便利で安全です。ISO-FIXなら、いちいちシートベルトで固定したり外したりする手間がないですし、赤ちゃんの乗せ降ろしのときに、シートベルトが邪魔になるということもありません。脱着がとてもかんたんで確実です。

トラベルシステム対応のチャイルドシート6選 公認チャイルドシート指導員が選ぶ

ご紹介したトラベルシステムに対応したチャイルドシートの選び方のポイントをふまえて、公認チャイルドシート指導員の加藤久美子さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。安全に、安心して使える商品を選びましょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

マキシコシ『ぺブルプラス』

マキシコシ『ぺブルプラス』 マキシコシ『ぺブルプラス』 マキシコシ『ぺブルプラス』 マキシコシ『ぺブルプラス』 マキシコシ『ぺブルプラス』 マキシコシ『ぺブルプラス』 マキシコシ『ぺブルプラス』 マキシコシ『ぺブルプラス』 マキシコシ『ぺブルプラス』 マキシコシ『ぺブルプラス』 マキシコシ『ぺブルプラス』 マキシコシ『ぺブルプラス』 マキシコシ『ぺブルプラス』 マキシコシ『ぺブルプラス』 マキシコシ『ぺブルプラス』

出典:Amazon

対象(月齢、体重、身長) 0~15カ月ごろ、身長45~75cm
重量 4.55kg
ISO-FIX対応 別売りISO-FIXベースが必要
用途 ベビーキャリー、バウンサー、ベビーチェア、ベビーカー
対応ベビーカー 「エアバギー ココシリーズ」(COCO DOUBLE以外)、「クイニー ザップシリーズ」

Thumb lg 215d8bc1 f953 429f ba05 2170e1bdcb32

自動車生活ジャーナリスト

安全で使いやすいトラベルシステムの代表的ブランド

トラベルシステムの代名詞とも言えるのが、こちらのマキシコシです。人気のベビーカーである「エアバギー ココシリーズ」(COCO DOUBLE以外)や、「クイニー ザップシリーズ」とドッキングして使えることでも人気があります。

トラベルシステムに対応しているマキシコシのシートのうち、最新モデルの「ぺブルプラス」。別売りの車載専用ベースメント「2WayFix(2ウェイフィックス)」と一緒に使用することで、欧州最新安全基準「i-Size(アイサイズ)・R129」に準拠した世界ではじめての製品となります。

高い安全性もさることながら、使いやすさの点でも、新米ママ向きの製品といえるでしょう。とくに、赤ちゃんを乗せるさいに非常に便利な先進的機構「ウィングハーネス」と「スプリングクロッチ」は、世界中のママ・パパから高い評価を受けています。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

doona(ドゥーナ)『インファントカーシート&ストローラー』

doona(ドゥーナ)『インファントカーシート&ストローラー』 doona(ドゥーナ)『インファントカーシート&ストローラー』 doona(ドゥーナ)『インファントカーシート&ストローラー』 doona(ドゥーナ)『インファントカーシート&ストローラー』 doona(ドゥーナ)『インファントカーシート&ストローラー』 doona(ドゥーナ)『インファントカーシート&ストローラー』 doona(ドゥーナ)『インファントカーシート&ストローラー』

出典:Amazon

対象(月齢、体重、身長) 体重1.8~13kg未満
重量 7kg
ISO-FIX対応 別売りISO-FIXベースが必要
用途 ベビーカー、チャイルドシート
対応ベビーカー (一体型)

Thumb lg 215d8bc1 f953 429f ba05 2170e1bdcb32

自動車生活ジャーナリスト

チャイルドシートになるベビーカー!

これまでの乳児専用チャイルドシートとベビーカーのフレームが一緒になっているという、トラベルシステムの方式とはまったく異なるユニークなチャイルドシートが、この製品。ドッキングさせるのではなく、1台でベビーカー&チャイルドシートに変化し、それぞれが最新の安全基準に適合しています。

チャイルドシートは、ベルト固定とISO-FIXの両方の固定が可能です。ISO-FIXで固定する場合には別売りのISO-FIXベースが必要ですが、これがあれば、がちゃっとはめ込むだけで確実に装着できるのでおすすめです。航空機内での使用もできる認可を受けているので(※)、赤ちゃんを旅行に連れていきたいという方に使ってほしい製品です。

※米国および欧州当局による航空機内での使用認定を受けています。メーカーでは、飛行機内に持ち込む場合は事前に航空会社に連絡をすることを推奨しています。


Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Joie(ジョイー)『インファントカーシート juva(ジュバ)』

Joie(ジョイー)『インファントカーシートjuva(ジュバ)』 Joie(ジョイー)『インファントカーシートjuva(ジュバ)』

出典:楽天市場

対象(月齢、体重、身長) 新生児~体重13kg
重量 2.9kg
ISO-FIX対応 別売りISO-FIXベースが必要
用途 チャイルドシート、バウンサー、ローチェア、ベビーキャリー、ベビーカー
対応ベビーカー Joie製ベビーカー(適合ベビーカーに限る)

Thumb lg 215d8bc1 f953 429f ba05 2170e1bdcb32

自動車生活ジャーナリスト

わずか2.9kgの超軽量タイプで扱いがラクラク

英国の育児用品ブランド、ジョイーのトラベルシステムはとにかく軽く扱いやすいのが特徴です。チャイルドシートの重さはわずか2.9kg、対応するベビーカーも5kgのものもあり、こちらも軽量。

ベビーカーとドッキングしたときの座面の高さは対面状態で55cm(※)とハイシートとなり、ママ・パパが自然な姿勢で赤ちゃんの顔を見ることができます。ISO-FIXベースをつけてISO-FIX固定できる点が便利ですが、ベルト固定も可能です。

家の中ではゆりかごのように使えますが、アームを固定すればローチェアとしても使えます。リーズナブルで汎用性の高い製品を探している方におすすめです。

※Joie ベビーカーAire(エア)とドッキングした場合

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

サイベックス『cbx Shima(シービーエックス シマ)』

サイベックス『cbxShima(シービーエックスシマ)』 サイベックス『cbxShima(シービーエックスシマ)』 サイベックス『cbxShima(シービーエックスシマ)』 サイベックス『cbxShima(シービーエックスシマ)』 サイベックス『cbxShima(シービーエックスシマ)』 サイベックス『cbxShima(シービーエックスシマ)』 サイベックス『cbxShima(シービーエックスシマ)』 サイベックス『cbxShima(シービーエックスシマ)』 サイベックス『cbxShima(シービーエックスシマ)』 サイベックス『cbxShima(シービーエックスシマ)』 サイベックス『cbxShima(シービーエックスシマ)』

出典:Amazon

対象(月齢、体重、身長) 新生児~18カ月頃、体重13kgまで
重量 3.6kg
ISO-FIX対応 別売りISO-FIXベースが必要
用途 チャイルドシート、ベビーキャリー、ベビーカー
対応ベビーカー cbxベビーカー「Etu」

Thumb lg 215d8bc1 f953 429f ba05 2170e1bdcb32

自動車生活ジャーナリスト

対応ベビーカーがスリムで使いやすい

高い安全性に加えて、リーズナブルな価格とデザイン、カラーバリエーションの多さも魅力のドイツの育児用品ブランド「サイベックス」のセカンドラインブランドcbxの製品です。ベビーカー「Etu(エトゥ)」とドッキングしてベビーカーとして使えます。

このチャイルドシートには独立したキャノピー(ほろ)が標準装備されています。従来のようにハンドルにキャノピーが装着されているタイプとは異なり、ハンドルを倒してもキャノピーは連動せずとても使いやすい仕様となっています。

なお、対応するベビーカーは横幅わずか42.5cmで超スリムなので、電車やタクシーなど公共交通機関で使う際にもストレスがありません。移動の多い方におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

アップリカ『スムーヴTS インファントカーシート』

アップリカ『スムーヴTSインファントカーシート』 アップリカ『スムーヴTSインファントカーシート』 アップリカ『スムーヴTSインファントカーシート』

出典:楽天市場

対象(月齢、体重、身長) 新生児~12カ月頃まで、身長50~70cm、体重2.5kg~13kgまで
重量 2.6kg
ISO-FIX対応 別売りISO-FIXベースが必要
用途 チャイルドシート、ベビーキャリー、ベビーチェア、ロッキングチェア、ベビーカー
対応ベビーカー アップリカ「スムーヴ トラベルシステム」

Thumb lg 215d8bc1 f953 429f ba05 2170e1bdcb32

自動車生活ジャーナリスト

国内最軽量2.6kgの乳児専用チャイルドシート

アップリカ製3輪ベビーカー「スムーヴ トラベルシステム」に装着できるチャイルドシート。注目すべきはその重量で、乳児専用チャイルドシートとしては国内最軽量クラスの2.6kgという、非常に軽いシートです。

赤ちゃんの自然な姿勢をキープするため、シートの内角は130度に設定されており、首やおなかへの負担を少なくしています。また、ベビーカー単体での使用では地面から58cm、ここにチャイルドシートを載せると赤ちゃんの高さは63cmとなり、ママ・パパが自然な姿勢で赤ちゃんと対面することが可能となります。

真夏のアスファルトの熱さからも遠ざける理想的な高さとなるため、赤ちゃんの熱中症・日射病を防ぎたい方におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

日本育児『スマートキャリー ISOFIX ベースセット』

日本育児『スマートキャリーISOFIXベースセット』 日本育児『スマートキャリーISOFIXベースセット』 日本育児『スマートキャリーISOFIXベースセット』

出典:楽天市場

対象(月齢、体重、身長) 新生児~15カ月頃、体重13kgまで
重量 約3.5kg(ISO-FIXベースセットは約5kg)
ISO-FIX対応 対応
用途 チャイルドシート、ベビーキャリー、ロッキングチェア、ベビーカー
対応ベビーカー 日本育児「スマートキャリー専用ベビーカーフレーム」

Thumb lg 215d8bc1 f953 429f ba05 2170e1bdcb32

自動車生活ジャーナリスト

ISO-FIXベースとセットで納得の価格

ISO-FIX対応の乳児専用チャイルドシートでは、その多くがISO-FIXベースを必要とします。ISO-FIXベースは基本的に高額ですが、こちらの製品はリーズナブルな価格が最大の魅力。それでいてISO-FIX対応のシートならではの、脱着のしやすさ、高い安全性などを実感することができるのがうれしいポイントです。

チャイルドシートとしての使い勝手も良好で、ハーネスは4段階、5点式ハーネスベルトのバックルは2段階に調整が可能。大型の日よけも標準装備されていますので、日中のお出かけが多い方におすすめです。

体重13kgくらいからは幼児・学童兼用タイプのチャイルドシートが必要 公認チャイルドシート指導員のアドバイス

自動車生活ジャーナリスト

赤ちゃんと家族のライフスタイルに合った製品を

トラベルシステムに対応しているチャイルドシートは、後ろ向きで使う乳児専用のチャイルドシートで、体重13kgくらいまでが上限です。それ以降は前向きの幼児用チャイルドシートを使うことになるので、トラベルシステムは使えなくなります。ここからは、幼児・学童兼用タイプのチャイルドシートを使うのがおすすめです。

脱着のしやすさや安全性など、赤ちゃんと触れ合ううえで気にしなければいけない点が何かを考え、それに合った製品を選ぶことで、毎日ストレスなく使用することができるでしょう。

トラベルシステム3商品をご紹介 ベビーカーとチャイルドシートのセットで購入できる

ベビーカーとセットになったトラベルシステム商品を3つご紹介します。ぜひチェックしてみてくださいね。

Joie(ジョイー)『ベビーカーTourist+ベビーシートgemm+i-Anchor++ジュニアシート Elevate』

トラベルシステムベビーカーツーリストTourist+チャイルドシートジェムGemm+i-Baseアイ-ベース+ジュニアシートエレべートElevateコンパクト軽量ジョイーJoieカトージkatoji トラベルシステムベビーカーツーリストTourist+チャイルドシートジェムGemm+i-Baseアイ-ベース+ジュニアシートエレべートElevateコンパクト軽量ジョイーJoieカトージkatoji トラベルシステムベビーカーツーリストTourist+チャイルドシートジェムGemm+i-Baseアイ-ベース+ジュニアシートエレべートElevateコンパクト軽量ジョイーJoieカトージkatoji

出典:楽天市場

対象(月齢、体重、身長) チャイルドシート:新生児~体重13kg(1歳半頃)、ベビーカー:1カ月~15kg(36カ月頃)、ジュニアシート:モードによる
重量 チャイルドシート:約3.8kg、ベビーカー:9.3kg、ジュニアシート:モードにより変動
ISO-FIX対応 対応(i-Baseがセット)
用途 チャイルドシート、ベビーカー、ローチェア、ロッキングチェア、キャリー
対応ベビーカー

ジュニアシートもセット! 長く使えます

ベビーカー、ローチェア、ロッキングチェア、キャリーとしても使える、トラベルシステム対応の便利なチャイルドシート。さらに、1歳から12歳頃まで使用できるジュニアシートもセットになっています。ジュニアシートは取り外して洗えるので、もし飲み物や食べ物をこぼしてしまっても安心です。

チャイルドシートとジュニアシートを一緒にそろうので、あとで買い替えについて悩まずにすみます。長く使えるものを探している方や、ベビー用品をまとめてそろえておきたい方にぴったりのセットです。

<セット内容>
・ベビーカーTourist(ツーリスト)
・ベビーシートgemm(ジェム)
・i-Anchor
・ジュニアシート Elevate(エレベート)

nuna『ベビーカーtavo caviar+チャイルドシートpipa lite with ISOFIX Base』

nuna『ベビーカーtavocaviar+チャイルドシートpipalitewithISOFIXBase』 nuna『ベビーカーtavocaviar+チャイルドシートpipalitewithISOFIXBase』 nuna『ベビーカーtavocaviar+チャイルドシートpipalitewithISOFIXBase』

出典:楽天市場

対象(月齢、体重、身長) チャイルドシート:新生児~13kg(1歳半頃目安)、ベビーカー:新生児~体重20kg(身長114cmまで)
重量 ベビーシート+ISOFIX Base:約8.9kg 、ベビーカー:約11kg
ISO-FIX対応 対応
用途 チャイルドシート、ベビーカー、ローチェア、ロッキングチェア(バウンサー)、キャリー
対応ベビーカー nuna「ベビーカー tavo caviar」

赤ちゃんへの衝撃を最低限に抑える機能を搭載

チャイルドシートとしてはもちろん、ベビーカーやバウンサー、ローチェアなど、さまざまなシーンで活用できます。トラベルシステム対応のメリットを充分に生かしたチャイルドシートです。

こちらのチャイルドシートには、高機能素材「エアロフレックスフォーム」が使用されており、赤ちゃんへの衝撃をやわらげる役割を持っています。また、側面衝突時の衝撃を抑える機能として「サイドインパクトプロテクション」も装備。思わぬ事故など、いざというときの備えを考えている方に心強い機能を搭載しています。

<セット内容>
・ベビーカーtavo caviar(タボ キャビア)
・チャイルドシートpipa lite(ピパ ライト)with ISOFIX Base

コンビ『F2plus AF + F2用トラベルシステムキット』

コンビ『F2plusAF+F2用トラベルシステムキット』 コンビ『F2plusAF+F2用トラベルシステムキット』 コンビ『F2plusAF+F2用トラベルシステムキット』 コンビ『F2plusAF+F2用トラベルシステムキット』 コンビ『F2plusAF+F2用トラベルシステムキット』 コンビ『F2plusAF+F2用トラベルシステムキット』 コンビ『F2plusAF+F2用トラベルシステムキット』 コンビ『F2plusAF+F2用トラベルシステムキット』 コンビ『F2plusAF+F2用トラベルシステムキット』 コンビ『F2plusAF+F2用トラベルシステムキット』 コンビ『F2plusAF+F2用トラベルシステムキット』 コンビ『F2plusAF+F2用トラベルシステムキット』 コンビ『F2plusAF+F2用トラベルシステムキット』

出典:Amazon

対象(月齢、体重、身長) チャイルドシート:体重10kg未満(1カ月~1歳頃目安)、ベビーカー:体重15kg未満(1カ月~36カ月頃目安)
重量 チャイルドシート:3.4kg(アタッチメント:0.67kg) 、ベビーカー:約3.8kg
ISO-FIX対応 -
用途 チャイルドシート、ベビーカー、キャリー、ゆりかご&ロッキングチェア
対応ベビーカー コンビ「F2plus AF」

超・衝撃吸収素材で赤ちゃんの頭を守る

ベビーカー、チャイルドシートのほか、キャリー、お部屋のなかで使うゆりかご&ロッキングチェアとして使用できるベビーカーとのセット商品です。

3mの高さから卵を落としても割れないという衝撃の吸収力を持つ「エッグショック」を採用しており、赤ちゃんの頭を守ります。

また、セットのベビーカー『F2plus AF』はフルリクライニングやビッグサンシェードなどがついています。片手でらくに押したり曲がれたりするところが便利です。

<セット内容>
・F2プラス AF(フルリクライニングバギー)
・F2用トラベルシステムキット

「トラベルシステム対応チャイルドシート」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
マキシコシ『ぺブルプラス』
doona(ドゥーナ)『インファントカーシート&ストローラー』
Joie(ジョイー)『インファントカーシート juva(ジュバ)』
サイベックス『cbx Shima(シービーエックス シマ)』
アップリカ『スムーヴTS インファントカーシート』
日本育児『スマートキャリー ISOFIX ベースセット』
Joie(ジョイー)『ベビーカーTourist+ベビーシートgemm+i-Anchor++ジュニアシート Elevate』
nuna『ベビーカーtavo caviar+チャイルドシートpipa lite with ISOFIX Base』
コンビ『F2plus AF + F2用トラベルシステムキット』
商品名 マキシコシ『ぺブルプラス』 doona(ドゥーナ)『インファントカーシート&ストローラー』 Joie(ジョイー)『インファントカーシート juva(ジュバ)』 サイベックス『cbx Shima(シービーエックス シマ)』 アップリカ『スムーヴTS インファントカーシート』 日本育児『スマートキャリー ISOFIX ベースセット』 Joie(ジョイー)『ベビーカーTourist+ベビーシートgemm+i-Anchor++ジュニアシート Elevate』 nuna『ベビーカーtavo caviar+チャイルドシートpipa lite with ISOFIX Base』 コンビ『F2plus AF + F2用トラベルシステムキット』
商品情報
特徴 安全で使いやすいトラベルシステムの代表的ブランド チャイルドシートになるベビーカー! わずか2.9kgの超軽量タイプで扱いがラクラク 対応ベビーカーがスリムで使いやすい 国内最軽量2.6kgの乳児専用チャイルドシート ISO-FIXベースとセットで納得の価格 ジュニアシートもセット! 長く使えます 赤ちゃんへの衝撃を最低限に抑える機能を搭載 超・衝撃吸収素材で赤ちゃんの頭を守る
対象(月齢、体重、身長) 0~15カ月ごろ、身長45~75cm 体重1.8~13kg未満 新生児~体重13kg 新生児~18カ月頃、体重13kgまで 新生児~12カ月頃まで、身長50~70cm、体重2.5kg~13kgまで 新生児~15カ月頃、体重13kgまで チャイルドシート:新生児~体重13kg(1歳半頃)、ベビーカー:1カ月~15kg(36カ月頃)、ジュニアシート:モードによる チャイルドシート:新生児~13kg(1歳半頃目安)、ベビーカー:新生児~体重20kg(身長114cmまで) チャイルドシート:体重10kg未満(1カ月~1歳頃目安)、ベビーカー:体重15kg未満(1カ月~36カ月頃目安)
重量 4.55kg 7kg 2.9kg 3.6kg 2.6kg 約3.5kg(ISO-FIXベースセットは約5kg) チャイルドシート:約3.8kg、ベビーカー:9.3kg、ジュニアシート:モードにより変動 ベビーシート+ISOFIX Base:約8.9kg 、ベビーカー:約11kg チャイルドシート:3.4kg(アタッチメント:0.67kg) 、ベビーカー:約3.8kg
ISO-FIX対応 別売りISO-FIXベースが必要 別売りISO-FIXベースが必要 別売りISO-FIXベースが必要 別売りISO-FIXベースが必要 別売りISO-FIXベースが必要 対応 対応(i-Baseがセット) 対応 -
用途 ベビーキャリー、バウンサー、ベビーチェア、ベビーカー ベビーカー、チャイルドシート チャイルドシート、バウンサー、ローチェア、ベビーキャリー、ベビーカー チャイルドシート、ベビーキャリー、ベビーカー チャイルドシート、ベビーキャリー、ベビーチェア、ロッキングチェア、ベビーカー チャイルドシート、ベビーキャリー、ロッキングチェア、ベビーカー チャイルドシート、ベビーカー、ローチェア、ロッキングチェア、キャリー チャイルドシート、ベビーカー、ローチェア、ロッキングチェア(バウンサー)、キャリー チャイルドシート、ベビーカー、キャリー、ゆりかご&ロッキングチェア
対応ベビーカー 「エアバギー ココシリーズ」(COCO DOUBLE以外)、「クイニー ザップシリーズ」 (一体型) Joie製ベビーカー(適合ベビーカーに限る) cbxベビーカー「Etu」 アップリカ「スムーヴ トラベルシステム」 日本育児「スマートキャリー専用ベビーカーフレーム」 nuna「ベビーカー tavo caviar」 コンビ「F2plus AF」
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年12月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月4日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする トラベルシステム対応チャイルドシートの売れ筋をチェック

Amazonでのトラベルシステム対応チャイルドシートの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:トラベルシステムランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

「トラベルシステム対応」だとなにが便利?

トラベルシステムに対応したチャイルドシートには、どんなメリットがあるのでしょうか? ここでは、メリットや便利な理由について解説していきます。

眠る赤ちゃん
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

トラベルシステム対応なら赤ちゃんの眠りを妨げずスムーズに移動できます!

「新生児から使えるベビーカー」やバウンサーとして使用できる!

トラベルシステムに対応しているチャイルドシートは、そのままベビーカーにドッキングして載せたり、バウンサーやクーファンとしても兼用できます。わざわざバウンサーなどを買い足す必要がないのでお得感もあり、省スペースにもつながります。

また、車からベビーカーへ、あるいは車から室内へなど、赤ちゃんを抱きあげずに寝かせたまま移動できるのも大きなメリット。ママ・パパにも、赤ちゃんにもストレスがかかりにくく、移動の際の負担が減ります。

毎日のように赤ちゃんを車に乗せるなら「トラベルシステム対応」がらく

赤ちゃんを車に乗せる機会が多い、家から駐車場まで距離がある、というような場合は赤ちゃんとの移動を負担に感じやすいものです。眠っている赤ちゃんを抱き起こした際に泣かせてしまったり、ベビーカーの準備に手間取ってしまったりと、なかなか大変ですよね。

そんなときにトラベルシステム対応であれば、チャイルドシートごと持ち運びできるので、移動がとてもスムーズになります。赤ちゃんとのお出かけが多いママ・パパには、とくに役立つアイテムなんですよ。

回転式チャイルドシートは座面を回転させることができるため、赤ちゃんを乗せやすく、お世話がしやすいといったメリットがあります。自動車生活ジャーナリストで日本交通安全教育普及協会公認チャイルドシート指導員の加藤久美子さんへの取材をもとに、回転式チャイルドシートの選び方とおすすめ商品をご紹介します。

トラベルシステム対応のチャイルドシートはいつまで使える?

トラベルシステム対応のチャイルドシートを買うときに、「何歳まで使えるの?」と気になる方も多いのではないでしょうか。

赤ちゃんの手を握る写真

Photo by Unsplash


移動に便利なトラベルシステム対応のチャイルドシート。できれば長く使えるとうれしいですよね。

チャイルドシートとして使えるのは新生児から1歳半頃まで

メーカーや商品によって違いはありますが、トラベルシステム対応のチャイルドシートは一般的に適応体重は2.5k~13kg(新生児から1歳半頃)までになっている商品が多いです。

また、トラベルシステムに対応しているベビーカーはだいたい3歳頃までの使用を目安につくられています。ベビーカーについては、赤ちゃんが成長してチャイルドシートが使えなくなったあとはベビーカー単体での使用となります。

レンタルを選ぶという手も

トラベルシステムに対応したチャイルドシートは1歳半頃までを対象としているため、使用できる期間が短いと感じる方もいるかもしれません。ベビーカーが3歳頃まで使えるとしても、決して安くはない買い物だけに購入をためらう方もいることでしょう。

そんなときに便利なのが、レンタルサービス。購入するよりリーズナブルに商品をレンタルできます。また、気になる商品を実際に使ってみることで、購入前の検討にも活用できますよ。

トラベルシステムは外でも家でもマルチに使える

トラベルシステム対応のチャイルドシートは、ベビーカーとのドッキングやバウンサーとの兼用が魅力。外出先でも室内でも赤ちゃんを寝かせたまま移動できて便利です。

ベビーカーに乗せられた赤ちゃん
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

外出が多いママ・パパには、使い勝手のいいトラベルシステム対応のチャイルドシートがぴったり!

ベビーカーやバウンサーを別に購入予定の方は選択肢に入れてみては?

「トラベルシステムは値段が高くて手を出しづらい」と思われるかもしれませんが、チャイルドシートやベビーカー、バウンサーなどを別々にそろえれば、それなりに費用がかかるものです。

快適性や利便性を兼ね備えたトラベルシステムは、車での移動、ベビーカーへの乗せ替え、目の届く場所に寝かせておきたいときなどに大活躍。ママ・パパの負担をグッと軽くしてくれます。

ふだんから赤ちゃんとの移動が多く、ベビーカーやバウンサーも購入したいと思っている方は、便利なトラベルシステムもぜひ検討してみてくださいね。

ベビーカーに詳しい、親子のコミューターガイドの遠藤まさ子さんに選び方のポイントとおすすめのベビーカー5選を教えていただきました。さらに、ママ・パパへのアンケートをもとに実際のユーザーの声を踏まえた人気のベビーカー20選をご紹介します。

トラベルシステムで赤ちゃんとの移動を快適に!

公認チャイルドシート指導員で自動車生活ジャーナリストの加藤久美子さんに、トラベルシステム対応のチャイルドシートの選び方や商品を解説していただきました。トラベルシステム対応のチャイルドシートは、ママ・パパの負担を減らし、赤ちゃんとの移動をらくにしてくれる便利でうれしいアイテムです。

スムーズに移動できるので、赤ちゃんとのお出かけがもっと楽しみになりますよ。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/12/27 コンテンツを一部修正しました。(制作協力:春野 凛、掲載:マイナビおすすめナビ編集部 花島優史)

※2020/07/29 コンテンツを一部修正しました(マイナビおすすめナビ編集部 花島優史)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


ママ・パパの負担を減らす!チャイルドシートの選び方&おすすめランキング

ママ・パパの負担を減らす!チャイルドシートの選び方&おすすめランキング

本記事では、公認チャイルドシート指導員の加藤久美子さんへの取材と先輩ママ・パパ300人へのアンケート調査をもとに、チャイルドシートの選び方と、【新生児から用】【1歳から用】のおすすめチャイルドシートをご紹介します。どこに注目すれば安心で、楽チンか。いつまで使用するべきかなどの基本知識も紹介しています。ぜひ参考にしてください!


回転式チャイルドシートおすすめ6選【公認チャイルドシート指導員が解説】新生児から使える!

回転式チャイルドシートおすすめ6選【公認チャイルドシート指導員が解説】新生児から使える!

回転式チャイルドシートは座面を回転させることができるため、赤ちゃんを乗せやすく、お世話がしやすいといったメリットがあります。しかし、大きくて重いもの、小型なものなどのサイズや本体の重量、回転しやすさ、取け付け方法や取り外し方法など商品によって異なるので、購入するときはチェックが必要です。そこで「たくさん出まわっている商品のなかから、どう選べばいいのかわからない!」というママやパパのために、自動車生活ジャーナリストで日本交通安全教育普及協会公認チャイルドシート指導員の加藤久美子さんに、回転式チャイルドシートの選び方とおすすめ商品をうかがいました。コンビやアップリカなど人気メーカーをはじめとして、本当におすすめできる商品をご紹介します。


新生児用チャイルドシートのおすすめ5選+α|公認チャイルドシート指導員が厳選

新生児用チャイルドシートのおすすめ5選+α|公認チャイルドシート指導員が厳選

新生児であっても車に乗せるためには必要なチャイルドシート(ベビシート)。選ぼうと思うと、適応体重や月齢・年齢、設置する向き、シートベルトやISO-FIXといった固定方法、ベッド機能の有無、キャリータイプ機能の有無など、気になるポイントがいっぱいです。この記事では、自動車生活ジャーナリストで公認チャイルドシート指導員である加藤久美子さんへの取材をもとに、おすすめの新生児用チャイルドシートをご紹介いたします! さらにいろいろな商品を比べて選びたい人のために、ベッド型や回転式のシート型新生児用チャイルドシートなど、幅広く紹介しています。


R129(i-Size)対応チャイルドシートおすすめ8選【公認チャイルドシート指導員が解説】

R129(i-Size)対応チャイルドシートおすすめ8選【公認チャイルドシート指導員が解説】

自動車生活ジャーナリストで公認チャイルドシート指導員の加藤久美子さんにR129(i-Size)対応チャイルドシートの選び方とおすすめ商品をうかがいました。法律で義務づけられているチャイルドシート。その中でも、「R129(i-Size)」は、ISOFIX対応のチャイルドシートに関わる最新の安全基準です。これまでの、子どもの「体重」を基準としていたものから「身長」を目安に使用をすることになります。日本国内ではまだ「R129(i-Size)」に対応した機種は少なめですが、欧州ブランドを中心に増えてきています。新しい基準のチャイルドシートだけに、どのように選んだらいいか迷う方もいるでしょう。ぜひこちらの記事を参考にしてください。


ISOFIX対応のチャイルドシートおすすめ10選【公認チャイルドシート指導員に取材】

ISOFIX対応のチャイルドシートおすすめ10選【公認チャイルドシート指導員に取材】

取り付けがかんたんでしっかりと車に固定できるのが、ISOFIX(アイソフィックス)対応チャイルドシート。装着方法、ISOFIXベース、シートベルト固定との違いなど、注意すべき点が多くて選び方がわからないという人も多いのではないでしょうか。さらに日本で採用されているヨーロッパの安全基準「R44」や、前方だけなく側面からの衝撃緩和にも着目した新しい基準の「R129(i-Size)」といった安全性も気になるところですね。自動車生活ジャーナリスト・公認チャイルドシート指導員の加藤久美子さんに取材をして、選び方とおすすめのISOFIX対応チャイルドシートを教えてもらいました。


新着記事


【2020年9月21日20時~】楽天お買い物マラソン|クーポン付き目玉商品を厳選!

【2020年9月21日20時~】楽天お買い物マラソン|クーポン付き目玉商品を厳選!

楽天市場では、「楽天お買い物マラソン」が2020年9月21日(月)20:00~2020年9月26日(土)1:59の期間で開催中。複数のショップを買いまわることでポイント還元率が最大10倍になるお得なキャンペーンです。この記事では、9月21〜26日のクーポンまたは特典付き目玉商品をご紹介していきます。


【2020年9月21日20時~】楽天お買い物マラソン|事前準備でポイントアップ!

【2020年9月21日20時~】楽天お買い物マラソン|事前準備でポイントアップ!

2020年9月21日(月)20:00~2020年9月26日(土)1:59の期間で開催される「楽天お買い物マラソン」。複数のショップを買いまわることでポイント還元率を最大10倍にアップできるお得な機会です。そこで、この記事では、事前にやっておくべき準備からポイント獲得についての情報をご紹介していきます。


【プロ厳選ランキング】PS4向けUSBメモリおすすめ15選|3.0以上の高性能な商品をご紹介!

【プロ厳選ランキング】PS4向けUSBメモリおすすめ15選|3.0以上の高性能な商品をご紹介!

プロの家電販売員 兼 家電・ITライターである、たろっささんへの取材をもとに、PS4向けのUSBメモリのおすすめ商品と選び方をご紹介します。「PS4のセーブデータをUSBメモリにバックアップしておきたい」「ゲーム動画をUSBメモリに録画保存して配信したい」など、さまざまな理由でUSBメモリがほしい方もいるのではないでしょうか。PS4で選びたいUSBは3.0以上。容量によって使い勝手が異なるので、用途や目的に合った商品を選ぶことが大切です。


【プロ厳選ランキング】ASUSタブレットおすすめ6選|学習用からビジネス用まで幅広くご紹介

【プロ厳選ランキング】ASUSタブレットおすすめ6選|学習用からビジネス用まで幅広くご紹介

スマートフォンでは画面が小さいけれど、パソコンを持ち歩くのは大変……そんな方にちょうどいいのが、機能性と適度な大きさを兼ね備えたタブレット。ただ、購入しようとなると、学校でも使われているシンプルな機能のものから、ビジネスに活用しやすい2in1タイプのものまで、種類が幅広くどれにしようか迷ってしまいますよね。そこでここでは、数あるブランドのなかからASUSのタブレットにスポットを当て、ITライターの酒井麻里子さんと編集部が選んだおすすめの8商品をご紹介します。選び方の解説とあわせて、ぜひ参考にしてみてください。


ニコンのカメラ交換レンズおすすめ21選|【単焦点・広角・望遠ズーム】厳選

ニコンのカメラ交換レンズおすすめ21選|【単焦点・広角・望遠ズーム】厳選

カメラ本体が手に入ったら、次はレンズ。風景やポートレートなどのシチュエーションによって、より理想的な写真を撮るためにはレンズを替えてみるのもひとつの方法です。この記事ではカメラマンの三浦一紀さんに、使いやすさや焦点距離などに着目した選び方と、おすすめの商品を紹介してもらいます。


ベビー・キッズの人気記事


>>もっと見る