らっきょう酢のおすすめ7選|ピクルスやマリネも作れる優秀な酢!

内堀醸造『昆布だし・はちみつ入り らっきょう酢』
出典:楽天市場


らっきょうを漬ける際に使うらっきょう酢は、1本あると何かと重宝する調味料です。らっきょう漬けはもちろん、ピクルスやドレッシングも簡単に作ることができます。

本記事では、らっきょう酢の選び方のポイントとおすすめ商品をご紹介。上手にらっきょう酢を利用して、料理のバリエーションを広げましょう!


目次

この記事を担当するエキスパート

トータルフードアドバイザー
内藤 まりこ

埼玉県出身。4人の子育て中のワーキングママ。 学生のころから美味しいものに目覚め、管理栄養士と料理講師の二足のわらじで、栄養相談・メニュー開発、講演会活動、フードコーディネートまで様々なジャンルで活動中。 趣味は家庭菜園と子どもが喜ぶ満足度の高い公園探し。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:生活雑貨・日用品
吉川 優美

「食品・ドリンク」「ペット」カテゴリーを担当。犬とネットショッピングをこよなく愛する主婦編集者。主婦仲間から情報収集をし、家族が喜ぶおいしい食べ物や調味料を探すのが日課となっている。

◆本記事の公開は、2019年08月30日です。記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

らっきょう酢の選び方


それでは、らっきょう酢の基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記の3つ。

【1】ベースのお酢で選ぶ
【2】容器・容量で選ぶ
【3】甘さをチェックする


上記の3つのポイントを抑えることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】ベースのお酢で選ぶ

 

一般的にらっきょう酢などの調合酢は、米から造った米酢をベースにしたものや、小麦や大麦、コーンや酒粕などから造られた穀物酢をベースにしたものがあります。

米酢の特徴は酸味がやわらかくコクがあり、一方、穀物酢は色も米酢より薄く酸味はキリっとしていてさっぱりとしています。らっきょう酢のベースになるお酢なので、仕上がりが多少左右されることから好みの酸味で選んでみましょう。

【2】容器・容量で選ぶ

 

らっきょう酢には少量のパウチや瓶タイプと大容量のボトルタイプがあります。らっきょう以外にもふだんから漬物や酢の物などで調味酢を使っている方には、お得でリーズナブルなボトルタイプがおすすめです。

らっきょう漬けだけに使いたい場合、生のらっきょうは出回る期間が短いためボトルタイプでは使い残してしまうことも。来年まで置いてしまうと温度や日光で品質が低下したり、せっかくのお酢の香りが楽しめなくなったりするので、使いきりタイプのパウチや瓶タイプがおすすめです。

【3】甘さをチェックする

 

らっきょう酢はほどよい酸味とマイルドな甘味がバランスよく配合されていますよね。ベースの酢以外にも甘味は味を決めるうえでとても重要な調味料です。

購入する際は、ラベルを見てみましょう。らっきょう酢の中には、上白糖やはちみつが配合されたものもありますが、りんご酢や果糖など素材のほのかな甘みを生かした製品も多く見受けられます。またベースの酢が米酢の場合も酸味がやわらかいので選ぶ際の参考にしてみてください。

らっきょう酢のおすすめ7選


上記で紹介したらっきょう酢の選び方のポイントをふまえて、おすすめ商品を紹介します。

エキスパートのおすすめ

ミツカン『らっきょう酢』

トータルフードアドバイザー:内藤 まりこ

トータルフードアドバイザー

使い勝手がいい定番メーカーのらっきょう酢

ミツカンと言えば醸造酢メーカーとして有名です。こちらのらっきょう酢は酢と昆布だしをベースに糖分や塩分がちょうどよく配合された調合酢です。らっきょう以外にも酢の物・ピクルス・マリネなどいろいろなお酢料理に使うことができます。

大容量にもかかわらず、買い求めやすいリーズナブルな価格設定もうれしいポイントですね。

エキスパートのおすすめ

内堀醸造『昆布だし・はちみつ入り らっきょう酢』

トータルフードアドバイザー:内藤 まりこ

トータルフードアドバイザー

酸味がマイルドでピクルス作りにもぴったり!

こちらのらっきょう酢は果実酢や洋食にも合うビネガー、漬物液などさまざまな酢商品を販売している内堀醸造のものです。創業は明治という古くからのメーカーで酢だけを専門に製造しているだけあり、このらっきょう酢には、旨みのもと利尻昆布エキスとコクだしのはちみつが使われています。

酸味がマイルドなので、和風ピクルスなどでほかの野菜を漬け込んでもおいしいです。

エキスパートのおすすめ

宝福一『健康酢』

トータルフードアドバイザー:内藤 まりこ

トータルフードアドバイザー

リンゴ酢ベースのさっぱりとしたらっきょう酢

宝福一の健康酢はらっきょう用の専門酢ではありませんが、りんごと果糖のさわやかな味と香りが特徴なので、らっきょうをはじめ、ピクルスやビネガードリンクなど幅広い用途で使用できるのが特徴です。

試行錯誤を重ねて飲みやすい酢を造るために、甘味料や添加物は一切使用せずりんご酢のほのかな香りを生かし甘味に果糖を加えています。

塩漬けしたらっきょうを漬け込めば、浅漬けのようにさっぱりといただけておすすめです!

オタフク『らっきょう酢』

オタフクらっきょう酢1.8L オタフクらっきょう酢1.8L オタフクらっきょう酢1.8L
出典:Amazon この商品を見るview item

豊富なサイズでお試しにも使える

お好み焼きソースで有名な「オタフク」が販売しているのがこちら。漬け込むだけで簡単に作れるらっきょう酢です。砂糖の甘味が上品で、浅漬けなら10日目頃から。しっかり漬けがお好みなら、3週間後頃から楽しめます。

500mlから1.8Lまで選べる豊富なサイズがあるためお試しにも最適。らっきょう酢1.8Lで約3kg作れます。甘すぎないあっさりとした味の万能酢。梅や生姜など、季節の野菜などを漬けるのもおすすめです。

エキスパートのおすすめ

福山酢醸造『根こんぶ入りらっきょう酢 全糖甘酢』

らっきょう酢・全糖甘酢(福山酢醸造)1.8L×1本 らっきょう酢・全糖甘酢(福山酢醸造)1.8L×1本 らっきょう酢・全糖甘酢(福山酢醸造)1.8L×1本
出典:楽天市場 この商品を見るview item

醸造メーカーが手間暇かけて作り上げた甘酢!

福山酢醸造は、酢の醸造に適した土地で、さまざまな食酢を製造する醸造メーカーです。人工的なことは行わずに米や麹、水にこだわり手間や時間をかけて丁寧に作られています。

料理の幅を広げてくれる調味料に、こだわりたいという方におすすめ。100%醸造酒で根こんぶが入ったまろやかな甘酢は、らっきょう漬けのほか、南蛮漬けのタレなどにも使用できます。

タマノイ酢『らっきょう酢』

初心者さんでも、素材の旨味を引き出せる本格派

はちみつ黒酢ドリンクや、すしのこで有名な「タマノイ」。同メーカーが販売するらっきょう酢は、おいしさを一番に考えて開発されています。かんたんでおいしいクセになる味が特徴!

酒粕酢を使用したコクのある風味豊かな味で、季節に合わせてニンジンや大根、白菜など好みの野菜を漬けてアレンジができます。はじめて、らっきょう酢を作る初心者さんでもおいしく作れる調味酢といえるでしょう。

豊島屋『らっきょう酢 唐辛子付き!』

旨さが凝縮! 受け継がれてきた「こだわりの味」

享保5年にタテソースで誕生した豊島屋は、地元で愛される調味料の製造販売のメーカーです。今も受け継がれるこだわりのらっきょう酢を使えば、手軽においしいらっきょう漬けが作れます。

シンプルな味で魚の南蛮もおすすめ! らっきょう3kgにらっきょう酢1.8Lの割合で、密閉して貯蔵すれば半年以上持ちます。付属の唐辛子を入れると風味を変えることができるので、飽きずに楽しめるでしょう。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
ミツカン『らっきょう酢』
内堀醸造『昆布だし・はちみつ入り らっきょう酢』
宝福一『健康酢』
オタフク『らっきょう酢』
福山酢醸造『根こんぶ入りらっきょう酢 全糖甘酢』
タマノイ酢『らっきょう酢』
豊島屋『らっきょう酢 唐辛子付き!』
商品名 ミツカン『らっきょう酢』 内堀醸造『昆布だし・はちみつ入り らっきょう酢』 宝福一『健康酢』 オタフク『らっきょう酢』 福山酢醸造『根こんぶ入りらっきょう酢 全糖甘酢』 タマノイ酢『らっきょう酢』 豊島屋『らっきょう酢 唐辛子付き!』
商品情報
特徴 使い勝手がいい定番メーカーのらっきょう酢 酸味がマイルドでピクルス作りにもぴったり! リンゴ酢ベースのさっぱりとしたらっきょう酢 豊富なサイズでお試しにも使える 醸造メーカーが手間暇かけて作り上げた甘酢! 初心者さんでも、素材の旨味を引き出せる本格派 旨さが凝縮! 受け継がれてきた「こだわりの味」
内容量 1,000ml 700ml 400ml 700mlパウチ、500ml、1,000ml、1,800ml 1,800ml 1,800ml 1,800ml
原材料 果糖ぶどう糖液糖、醸造酢、食塩、砂糖、昆布だし/クエン酸 米酢、果糖ぶどう糖液糖、砂糖、米麹調味料、食塩、昆布かつおだし、蜂蜜 リンゴ酢、果糖ぶどう糖液糖、クエン酸 醸造酢(国内製造)、砂糖、食塩、蛋白加水分解物/調味料(アミノ酸等)、(一部に大豆を含む) 醸造酢、砂糖、食塩、こんぶ 糖類(果糖ぶどう糖液糖、砂糖)、醸造酢、食塩、昆布だし/酸味料、調味料(アミノ酸等) -
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年10月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年10月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年10月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年10月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年10月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年10月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年10月19日時点 での税込価格

通販サイトの人気ランキング 酢の売れ筋をチェック

Amazonでの酢の売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:酢・ビネガーランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

らっきょう漬けの作り方

市販のらっきょう酢をつかったらっきょう漬けはとてもカンタン! らっきょう酢にらっきょうを漬け込むだけです。

らっきょうの分量に対してどれくらいのらっきょう酢を使うかは、商品ごとに異なるので、確認してみてください。

らっきょう酢をつかったアレンジレシピ

大根やパプリカなどの野菜でピクルスを作ったり、梅を漬けて甘酢漬けを作ったりと、らっきょう以外にもアレンジしてつかえます!

そのほかの関連記事はこちら 【関連記事】

らっきょう酢の保存方法に注意!


基本的に酢は抗菌効果にすぐれているため、常温保存できる調味料です。しかし、らっきょう酢のように酢以外にも調味料が配合されている場合には、開封後は品質の低下や酸化などの心配があるので、冷蔵庫で保存しましょう。

らっきょうを漬ける場合には容量が多いタイプがいいですが、調味料として使いたい場合は、できるだけ短期間で使いきれる分量を購入されることをおすすめします。

◆記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。◆特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部