【ノイズキャンセリングイヤホン】おすすめ商品6選|AV評論家が選び方も解説

【ノイズキャンセリングイヤホン】おすすめ商品6選|AV評論家が選び方も解説

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家:折原 一也
オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家
折原 一也

オーディオ&ビジュアル専門誌『AV REVIEW』『プレミアムヘッドホンガイドマガジン』や、モノ雑誌『家電批評』『MONOQLO』『GoodsPress』『MonoMax』『DIME』『日経トレンディ』等、Webでは『Phileweb』『日経トレンディネット』『価格.comマガジン』『@DIME』『&GP』等の媒体で、レビュー、解説で活躍する1979年生まれの若手評論家。 日々、新製品発表会や欧米のIT・家電関連イベントを取材しデジタル家電のトレンドにも精通。 高価なハイエンドの機器だけでなく、格安・コスパ志向、ライフスタイル志向の製品までもカバー。 AV家電製品の取材歴が長い事もあり、製品はスペックで判断するだけでなく、実機に触れてクオリティをチェックした上でのレコメンドを心がけている。2009年より音元出版主催のオーディオビジュアルアワード「VGP」審査員。

ノイズキャンセリングイヤホンは、マイクで周囲の騒音を分析し、逆位相の音を出すことで雑音を聴こえにくくする効果があるイヤホンです。SONYやBOSEといったメーカーがノイズキャンセリング製品で知られます。この機能さえあれば、騒がしい電車の中などでも快適に音楽をたのしむことが可能となります。そこで、オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家の折原一也さんにお話をうかがい、ノイズキャンセリングイヤホンの選び方とおすすめ商品を紹介していきます。最後に売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひチェックしてみてくださいね!


ノイズキャンセリングイヤホンを選ぶときのポイント|AV評論家による徹底解説

AV評論家でオーディオ&ビジュアルライターの折原さんに、ノイズキャンセリングイヤホンを選ぶときのポイントを4つ教えてもらいました。ここで紹介する機能からどれを重視するかをあらかじめ決めておけば、スムーズに商品選びができるようになるはずです。

ノイズキャンセリングイヤホン
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

スマートフォンや携帯音楽プレイヤーなどで音楽をたのしむ際、周囲の騒音が気になってしまうことがあります。ノイズキャンセリングイヤホンなら周囲の雑音にわずらわされず音楽をたのしめます。

スマホや音楽プレイヤーとの接続方法

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

通勤・通学の電車やバス、飛行機の機内で騒音を軽減してくれるノイズキャンセリングイヤホン。まずは、通常のイヤホンと同じく、スマホや音楽プレイヤーとの接続方法を考えましょう。

現在の主流は、Bluetoothのワイヤレスイヤホンにノイズキャンセル機能が内蔵されているタイプ。無線タイプは手軽で利便性が高い点が魅力です。有線タイプは、iPhone/iPad用のLightning端子や、Androidスマホ用のUSB Type-Cで接続するタイプが登場しています。こちらのタイプは、バッテリー残量を気にせず使えることがメリットです。

Pioneer『RAYZ Pro(SE-LTC7R-B)』

iOSに対応しており、付属のマイクを通じてSiriを使用し、再生などの指示が可能です。

ワイヤレスの装着スタイル

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

Bluetoothで接続するワイヤレスのノイズキャンセリングイヤホンを選ぶ際には、装着スタイルも考えておきましょう。もっとも多いタイプが、ネックバンド型と呼ばれる首にバンドをかけるタイプで、ノイズキャンセル性能としてもバリエーションが豊富。

外で身につけるアイテムとして、ネックバンド型以外の装着スタイルを選びたい人は、完全ワイヤレスタイプがおすすめです。ほかにも、リモコンからイヤホンが伸びるタイプも一部発売されています。

ノイズキャンセル性能の高さ

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

ノイズキャンセリングイヤホンのノイズキャンセル性能を調べるには、ANC(アクティブ騒音制御)処理をおこなうための集音マイクの搭載数に注目しましょう。スタンダードなタイプは左右のイヤホンに1基ずつで、合計2基のマイクを搭載しています。それに対し、高性能なタイプは片側のイヤホンの外側と内側に1基ずつ、左右合計4基のマイクを搭載している機種が中心。

ノイズキャンセルの性能をあらわす指標として、以前は騒音軽減率という数値が用いられていました。現在は、実態に即さないスペックとされ、公表しないメーカーがほとんど。本当にどの製品のノイズキャンセルの性能がすぐれているかは、個別にチェックしてみるしかありません。

SONY『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WI-C600N)』

ノイズキャンセリングといえばSONY。完全ワイヤレスイヤホンならケーブルが邪魔になることもありません。

バッテリー持続時間の確認も忘れずに

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

ノイズキャンセリングイヤホンはバッテリー駆動なので、バッテリーが持続する連続駆動時間を要チェック。通勤・通学の電車やバスで使う場合には、6時間以上持続するものだと数日に1度の充電で済むようになり、扱いやすいでしょう。

飛行機のフライトで装着する場合には、とくにバッテリー持続時間が重要になります。たとえば、東京からソウルまでなら約2時間半ですが、東京からニューヨークまでなら、直行便で約12時間半と、フライト区間によって所要時間はさまざま。できれば、10時間近いバッテリー持続時間を確保したいところです。

ノイズキャンセリングイヤホンのおすすめ6選|AV評論家が厳選

上で紹介したノイズキャンセリングイヤホンの選び方のポイントをふまえて、折原さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。すべて、折原さんが実際にノイズキャンセリング効果と音質を確認したうえで、自信をもっておすすめしている商品です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

SONY『 ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WI-C600N)』

出典:Amazon

通信方式
Bluetooth4.2
連続音楽再生時間
最大6.5時間(NC ON時)、最大7.5時間(NC OFF時)
充電時間
約2.5時間
重さ
約34g (本体:約27g)
Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d
オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

ネックバンド型のスタンダード

手ごろな価格でノイズキャンセリングイヤホンを使いたい人向けのスタンダードなモデル。やわらかいネックバンド型のワイヤレスイヤホンで、重さは約34gと軽いため、身につけていても気になりにくいでしょう。ノイズキャンセル性能は、マイク数が片側につき1基だけなので上位機種ほどではありませんが、電車やバス内での使用など、カジュアルな用途の騒音軽減に役立ちます。

「外音コントロール」の機能により、ノイズキャンセルをしつつ外の音も聴こえるので、装着したままでも電車やバスのアナウンスを聞き逃しません。手軽で使い勝手のいいモデルですね。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

SB C&S GLIDiC『Sound Air(WS-7000NC)』

出典:Amazon

通信方式
Bluetooth4.0
連続音楽再生時間
約9時間
充電時間
約2.5時間
重さ
約27g
Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d
オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

遮音性を重視したノイズキャンセリングイヤホン

小型音楽プレイヤーのような外見の本体がついており、それをポケットに入れたまま装着することができるワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン。電車やバスの騒音に特化しており、周囲の騒音を約94%遮音する機能が備わっています。さらに、遮音性にすぐれた「Comply(弾力のあるウレタン素材)」のイヤーピースを採用。外の騒音を軽減しつつ、音楽を聴ける工夫がされています。

本体がリモコンを兼ねていて、再生や停止、音量操作、スキップなどが手もとで操作できるので、満員電車などでスマホをかばんに入れたまま音楽を聴きたい人におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

SONY『ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000X』

出典:Amazon

通信方式
Bluetooth4.1
連続音楽再生時間
最大3時間(NC ON)/最大3時間(NC OFF)
充電時間
本体約1.5時間、充電ケース約3時間
重さ
本体のみ(左右各)約6.8g、充電ケース約70g
Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d
オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

完全ワイヤレスでノイズキャンセル対応

現在のワイヤレスイヤホンのトップトレンドは、ケーブルのわずらわしさから開放される左右分離の完全ワイヤレスイヤホン。完全ワイヤレスイヤホンを出しているメーカーのなかでも、自社開発のチップによって音楽リスニングでノイズキャンセル対応を果たしているブランドがソニーです。通話用マイクではなく音楽リスニングでノイズキャンセル対応の完全ワイヤレスは、ちゃんと探してみると他社にはほとんどありません。

こちらの「WF-1000X」は、マイク数が片耳に1基ずつと、ソニーのノイズキャンセリングイヤホンとしてはスタンダードですが、遮音効果は充分感じられます。「アンビエントサウンド(外音取り込み)」機能もあるので、公共交通や路上でも安心して使用可能。ただし、イヤホン本体のみのバッテリー持続時間は最大3時間ほどと短いので、短時間の移動がメインの人におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

SONY『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WI-1000X)』

出典:Amazon

通信方式
Bluetooth4.1
連続音楽再生時間
最大10時間(NC ON時)、最大13 時間(NC OFF時)
充電時間
約3.5時間
重さ
約71g (本体: 約61g)
Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d
オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

業界最高クラスのノイズキャンセリング性能

ソニーのノイズキャンセル製品のなかでも、最高クラスの技術「デュアルノイズセンサーテクノロジー」を搭載したワイヤレスノイズキャンセリングイヤホンです。周囲の騒音に応じてモードを自動選択する「フルオートAIノイズキャンセリング機能」対応。電車やバスはもちろん、航空機の中でも静寂を作り出す、圧倒的なノイズキャンセル性能を誇ります。

「アンビエントサウンド(外音取り込み)」は、カスタマイズも可能な上位仕様です。サウンドはハイレゾ対応の高音質。装着スタイルはネックバンド型で、サイズが大きめなのでやや存在感がありますが、高性能のワイヤレスノイズキャンセリングイヤホンを探している人に使ってほしい機種です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

BOSE『QuietControl 30 wireless headphones』

出典:Amazon

通信方式
Bluetooth、NFCペアリング
連続音楽再生時間
最長10時間
充電時間
約3時間
重さ
65g
Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d
オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

ノイズコントロールにも対応

ノイズキャンセルヘッドホンの定番ブランドBOSEによる、ノイズキャンセリングイヤホン「QuietControl 30 wireless headphones」。最大の特徴は、6基のマイクを内蔵する点と、騒音を低減するだけでなく、音楽と外の環境音とのバランスを12段階で調整できるカスタム対応している点です。騒音低減を最大にすればしっかりとした静寂を得られますし、公共交通機関のアナウンスや外の喧騒が聞こえる程度と、リモコンのボタンやスマホアプリで時と場合に応じて調整できます。

高精度なノイズキャンセリングイヤホンのなかでも、とくにノイズコントロールに興味がある人におすすめします。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Pioneer『RAYZ Pro(SE-LTC7R-B)』

出典:Amazon

通信方式
有線(Lightning/USB Type-C)
連続音楽再生時間
-
充電時間
-
重さ
25g(Lightning変換ケーブル使用時)/26g(USB Type-C変換ケーブル使用時)
Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d
オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

Lightning/USB-C対応の有線タイプ

有線タイプのノイズキャンセリングイヤホンを探している人には、スマホに直結できてバッテリー不要な、Lightning/USB-C対応のものがおすすめです。

パイオニアの「RAYZ Pro」は、スマホのアプリでノイズキャンセルの強さを調整する機能もあって、騒音低減効果も充分。バッテリーの心配がないので、スマホやタブレット、PCと一緒に飛行機で使いたい人にもぴったりです。

一覧表でおすすめ商品を比較する

画像

SONY『 ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WI-C600N)』
SB C&S GLIDiC『Sound Air(WS-7000NC)』
SONY『ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000X』
SONY『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WI-1000X)』
BOSE『QuietControl 30 wireless headphones』
Pioneer『RAYZ Pro(SE-LTC7R-B)』

商品

SONY『 ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WI-C600N)』 SB C&S GLIDiC『Sound Air(WS-7000NC)』 SONY『ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000X』 SONY『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WI-1000X)』 BOSE『QuietControl 30 wireless headphones』 Pioneer『RAYZ Pro(SE-LTC7R-B)』

特徴

ネックバンド型のスタンダード 遮音性を重視したノイズキャンセリングイヤホン 完全ワイヤレスでノイズキャンセル対応 業界最高クラスのノイズキャンセリング性能 ノイズコントロールにも対応 Lightning/USB-C対応の有線タイプ

価格

Amazon : ¥ 12,000
楽天市場 : ¥ 13,629
Yahoo!ショッピング : ¥ 13,629
※各社ECサイトの 2019年7月4日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 5,159
Yahoo!ショッピング : ¥ 7,256
※各社ECサイトの 2019年7月4日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 14,864
楽天市場 : ¥ 16,580
Yahoo!ショッピング : ¥ 18,191
※各社ECサイトの 2019年7月4日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 34,245
楽天市場 : ¥ 37,670
Yahoo!ショッピング : ¥ 37,670
※各社ECサイトの 2019年7月4日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 29,700
楽天市場 : ¥ 34,560
Yahoo!ショッピング : ¥ 34,560
※各社ECサイトの 2019年7月4日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 15,351
楽天市場 : ¥ 20,390
Yahoo!ショッピング : ¥ 20,390
※各社ECサイトの 2019年7月4日時点 での税込価格

通信方式

Bluetooth4.2 Bluetooth4.0 Bluetooth4.1 Bluetooth4.1 Bluetooth、NFCペアリング 有線(Lightning/USB Type-C)

連続音楽再生時間

最大6.5時間(NC ON時)、最大7.5時間(NC OFF時) 約9時間 最大3時間(NC ON)/最大3時間(NC OFF) 最大10時間(NC ON時)、最大13 時間(NC OFF時) 最長10時間 -

充電時間

約2.5時間 約2.5時間 本体約1.5時間、充電ケース約3時間 約3.5時間 約3時間 -

重さ

約34g (本体:約27g) 約27g 本体のみ(左右各)約6.8g、充電ケース約70g 約71g (本体: 約61g) 65g 25g(Lightning変換ケーブル使用時)/26g(USB Type-C変換ケーブル使用時)

商品情報

ECサイトのノイズキャンセリングイヤホンランキングを参考にする

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのノイズキャンセリングイヤホンの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Yahoo!ショッピング:ノイズキャンセリングイヤホンランキング

※上記リンク先のランキングは、各ECサイトにより集計期間や集計方法がやや異なる場合があります。

AV評論家の「ここがポイント」|ノイズキャンセリング効果で選ぶなら定評あるメーカーのものを

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

ノイズキャンセリングイヤホンは、以前と比べて選択肢が増えましたが、効果の高いノイズキャンセル効果を実現しているメーカーは限られると思います。とくにノイズキャンセルの実績があるブランドは、大手でいうとSONYとBOSEの2社。ノイズキャンセリングイヤホン選びに迷ったら、この2社のような有名ブランドに選択肢を絞るというのもひとつの方法かもしれません。

なお、低予算で選びたい場合には、上記のブランド以外にも、価格なりのノイズキャンセル効果を発揮してくれるモデルがいくつか登場してきています。今回おすすめした機種は、すべて実機で試して効果を確認した機種。ほかの機種を探す際には、ノイズキャンセル性能の効果を口コミなどでチェックしてみることをおすすめします。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(制作協力:tsuge-line、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)



※2019/7/4 本文記事修正、商品情報の更新、ランキング追加のため記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 名原広雄)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【ガジェットライターが選んだ】イヤモニおすすめ6選|音楽を楽しみたい人に

【ガジェットライターが選んだ】イヤモニおすすめ6選|音楽を楽しみたい人に

ガジェットライターの武者良太さんへの取材をもとに、おすすめのイヤモニ6選と失敗しない選び方をご紹介します。さまざまなスタイルの製品が揃っているイヤホンですが、そのなかのカテゴリーとして注目したいのがこのイヤモニです。正式名称は「インイヤーモニター」。プロミュージシャンがステージ上で自分たちの演奏している音を聴き取るために作られたイヤホンで、動いても外れにくい形状となっているのが特徴です。Hi-Fiな音楽を楽しみたいのであれば、ぜひ手に入れるべき逸品ですので参考にしてみてください。


【USB DAC】の選び方&おすすめ商品6選|オーディオ&ビジュアルライターが解説

【USB DAC】の選び方&おすすめ商品6選|オーディオ&ビジュアルライターが解説

オーディオ&ビジュアルライターが選ぶUSB DACおすすめ商品6選をご紹介します。USB DACはパソコンと接続してパソコンでの音楽鑑賞をより高音質で楽しませてくれる機材です。本記事では、オーディオ&ビジュアルライターでAV評論家の折原一也さんに、USB DACを選ぶ際のポイントについてうかがいました。USB DACの働きとはどんなものか、どんな点に注目して選ぶべきなのかなど、さまざまな疑問点を解決できる内容になっていますので、USB DAC選びの参考にしてください。また、最後にECサイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひチェックしてみてください。


オーディオ・ビジュアル評論家が選ぶ! おすすめのパナソニック製ヘッドホン・イヤホン5選

オーディオ・ビジュアル評論家が選ぶ! おすすめのパナソニック製ヘッドホン・イヤホン5選

本記事では、オーディオ・ビジュアル評論家の野村ケンジさんへの取材をもとに、パナソニック製のヘッドホン・イヤホンの選び方とおすすめ商品5選をご紹介します。家電やAVジャンルにおいては総合メーカーといえる存在のパナソニックですが、ヘッドホンやイヤホンに関しても充実したラインナップをそろえています。商品によって特徴が少しずつ違ってきますので、本記事を参考にお気に入りの商品を見つけてみてくださいね。


高級イヤホンのおすすめ9選! オーディオ&ビジュアルライターに取材

高級イヤホンのおすすめ9選! オーディオ&ビジュアルライターに取材

オーディオ&ビジュアルライターの折原一也さんに聞いた、高級イヤホンの選び方とおすすめの商品を紹介しています。ひとくちに高級イヤホンといっても、2万円ほどのものから10万円以上するものまでさまざま。機能や音質などもメーカーごとに異なり、どれを購入すればいいのか迷ってしまうでしょう。高級イヤホンを買ってみたいという方も、まだ見ぬ新しい高級イヤホンとの出会いを求めている方も、本記事を参考にしてみてくださいね。


オーディオ・ビジュアル評論家が選ぶ! おすすめのオーディオテクニカ製イヤホン5選

オーディオ・ビジュアル評論家が選ぶ! おすすめのオーディオテクニカ製イヤホン5選

本記事では、オーディオ・ビジュアル評論家の野村ケンジさんへの取材をもとに、オーディオテクニカ製イヤホンの選び方とおすすめ商品5選をご紹介します。オーディオテクニカは、エントリークラスからハイエンドモデル、有線タイプから完全ワイヤレスタイプまで、数多くのイヤホンを取りそろえています。その分、商品を購入しようとなると、次から次へと目移りしてしまいますね。本記事を参考にして、好みの音質やライフスタイルにあった商品を見つけてみてください。


最新の記事


Amazonタイムセール祭りは9月20日9時開始! 増税前、最後のラストチャンスを制する攻略術

Amazonタイムセール祭りは9月20日9時開始! 増税前、最後のラストチャンスを制する攻略術

消費税増税前のラストチャンス、87時間連続のAmazonのタイムセール祭りについて、攻略法などをご紹介します。今回はポイント還元イベントなどが盛りだくさんなので、かなりお得なセールですよ。また、ワーママショッパーMINAMIさんに、消費税前に買っておきたいアイテムに関してコメントをもいただきました。ぜひ参考にしてみてください。


Amazonタイムセール祭り【2019年9月】衝撃の98%割引も!!|エキスパートが教える本当に買うべき目玉商品

Amazonタイムセール祭り【2019年9月】衝撃の98%割引も!!|エキスパートが教える本当に買うべき目玉商品

増税前のラストチャンス! なんと98%割引商品も飛び出すビッグセールがいよいよスタート。商品選びのエキスパートが、本当に買うべき商品をご紹介します。


【漫画】一生餅はSO COOL!!~「買っちゃいました!」な育児DAYS~

【漫画】一生餅はSO COOL!!~「買っちゃいました!」な育児DAYS~

ブログやインスタグラムで大人気! イラストレーターあきばさやかさんによる、ネットショッピングに頼りまくりな育児漫画の連載がスタートです! 1歳の息子「おっくん」との毎日を楽しみつつイラストレーターとしての仕事もこなすあきばさやかさん、買わなきゃいかないものはたくさんあるけど、買い物に行く時間はなかなかとれなくて……というわけで、毎日のようにネットショッピングで買ったものがピンポーン♪と届く日々。買ったはいいけど、ときどき(?)失敗しちゃうことも。そんなリアルな子育て&ネットショッピングDAYSを、クスッと笑える漫画とともに、隔週でお届けします。連載第1回のお買い物は、「一生餅」です。


戸建てやアパートでもOK! 宅配ボックスの種類や設置方法と「置き配」を解説

戸建てやアパートでもOK! 宅配ボックスの種類や設置方法と「置き配」を解説

外出中でも荷物を受け取れる「宅配ボックス」の種類や自分で設置する方法と、不在時に指定した場所に荷物を置いてくれる「置き配」の活用方法について紹介します。ダイヤル式や電気式などタイプ別の使い方と、盗難防止のための注意点などもご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。


おすすめテント30選! ファミリーやキャンプ初心者でも安心、用途別やタイプ別の選び方

おすすめテント30選! ファミリーやキャンプ初心者でも安心、用途別やタイプ別の選び方

キャンプを知り尽くしたマイナビおすすめナビのエキスパート5人がタイプ別、用途別、使用人数別に選び方と特選テント、併用アイテムを36個ご紹介。キャンプ用、運動会用、ソロ用、多人数用など、さまざまな角度から、テントをどのように選ぶのが良いか、結局どれがおすすか、しっかりご紹介します。