【プロ厳選ランキング】iPhone用イヤホンおすすめ25選|マイク機能つきや高音質なイヤホンで日常を豊かに!

【プロ厳選ランキング】iPhone用イヤホンおすすめ25選|マイク機能つきや高音質なイヤホンで日常を豊かに!
モバイルが大好物のITライター
傍島 康雄

モバイルデバイスが大好物。それで動くアプリの開発に喜びを感じている。 スマートフォン前夜のWindows Mobile,PalmOSのアプリに情熱を傾けていたが、最近は停滞気味でコードを書くよりも文章を書く機会が多くなっており、文章を書くのも、プログラミングと同じくらい奥深い作業だと感じている。

高音質の製品からリーズナブルなものまで、選べるモデルが多いiPhone用イヤホン。フィット感にすぐれたものや、ワイヤレスで耳から外れにくくスポーツシーンでも音楽を楽しめるものもあります。ちょっとした選び方のコツさえつかめば、自分のライフスタイルにぴったりなイヤホンが手に入ります。この記事では、iPhone用イヤホンを選ぶときのポイントを解説し、ITライターの傍島康雄さんと編集部が選んだおすすめの25商品をご紹介します。


iPhone用イヤホンの選び方 接続方法・機能性・仕様

iPhoneの横に置かれたワイヤレスイヤフォン

Photo by Jess Bailey on Unsplash

iPhoneユーザーの多くが利用しているiPhone用イヤホン。探してみると、多機能で高品質の製品がたくさん販売されていることに驚く人も多いのでは。

まずは、選ぶうえでポイントとなる項目を詳しくご紹介していきます。数あるなかから、自分にぴったりのものを見つけ、日々の生活をより豊かにしていきましょう。

接続方法から選ぶ

接続方法には無線接続と有線接続があり、それぞれのメリットとデメリットを知ったうえで、より自分に合ったイヤホンを見つけましょう。

ワイヤレスが好み、音質重視など、外せないポイントをいくつかイメージしておくと選び方がスムーズになります

Bluetooth接続

Bluetoothを使用した無線接続。ワイヤレスのため煩わしさがないのが大きなメリットです。iPhoneで使えるワイヤレスイヤホンは大きくふたつのタイプに分かれます。

ミニマルでスタイリッシュな完全ワイヤレス型と、連続使用時間が比較的長くて落下するリスクが少ないネックバンド型。どちらもメリット・デメリットがあるので、用途などに合わせて選びましょう。

Lightning接続

イヤホンジャックを省いた設計になっているiPhone 7以降の機種には、有線で接続するLightning対応のイヤホンが販売されています。

ワイヤレスタイプと比較すると音の遅延がなく高音質なので、音楽はもちろん映画やゲームなどを思いっ切り楽しめるのがメリット。しかし、高価になりやすいというのがデメリットです。

機能性から選ぶ

音楽や映像を重視、または通話がメインなど、イヤホンに求める機能は人それぞれ。通勤や通学の時間を有効に活用したい人は、連続再生時間も気になりますよね。

ここでは、それぞれのニーズに合ったイヤホンを見つけるためのチェックポイントをご紹介します

対応コーデックをチェック

Bluetooth接続で楽曲データを伝送する際のデータの圧縮形式のことをコーデックと呼びます。iPhoneとイヤホンの両方が対応している必要がありますが、多くのイヤホンが標準でSBCコーデックに対応しています。

SBCは、高音域消失やノイズが発生する場合があるため、気になる人は、高音質で音の遅延が少ないAAC対応モデルが向いています

マイクが内蔵されているか

マイク機能が搭載されていれば、イヤホンで音楽を聴いているときに電話がかかってきても、すぐに応答でき便利です。仕事やプライベートで通話の機会が多い人が重宝する機能です。マイク感度の高い製品も増えてきているので、高性能なものを選べばよりスムーズに会話ができます。

連続再生時間はどのくらいか

Bluetooth接続のイヤホンを通勤や通学などで長時間使用する場合は、連続再生時間の長さに注目して選びましょう。それぞれのシチュエーションにもよりますが、目安としては、5時間以上の連続再生が可能かどうか。5時間ほどあれば、移動時間の行き帰りに充分使用できそうです。

仕様から選ぶ

使いたい場面は人それぞれ。とくに日常的に、あるいは、長時間使う人は、故障やトラブルがなく使うために便利な仕様もチェックして、選ぶポイントとしておさえておきましょう。

MFi認証に対応

MFi(Made For iPhone/iPad/iPod)認証とは、Appleの定めた性能基準を満たしている製品ということをあらわしています。この認証を取得した製品は、比較的故障しにくく、iOSのアップデートにも対応しているのが特徴です。やや高価になりがちなのは気になりますが、より安心して使用できるというメリットがあります。

防水・防滴機能

音楽を聴きながらランニングやスポーツをする人は、防水・防滴機能もチェックしましょう

防水・防滴性能は「IPX」に続く数字であらわされ、数字が大きいほど能力が高くなります。汗に対してはIPX4以上、シャワー中も使用したい人はIPX5以上を目安にして選ぶといいですよ。

完全ワイヤレスタイプのものがおすすめ ITライターからのアドバイス

モバイルが大好物のITライター

イヤホンは、いまやスマホを利用している人には必需品です。有線と無線のものがありますが、私は両耳間のコードがない完全ワイヤレスのイヤホンをおすすめします。これを一度体験すると世界が変わりますよ。

【Bluetooth接続】iPhone用イヤホンおすすめ15選 ワイヤレスで使い勝手のよい

まずは、ワイヤレスで使い勝手のよいiPhone用イヤホンをご紹介します。移動中や運動中、家事をしながら音楽を楽しんだり電話をしたりと、気軽に時間を有効活用できる商品が豊富にそろっています。

モバイルが大好物のITライター

音質やノイズキャンセルだけでなく、使い勝手などの総合的な体験まで含めると、アップル『AirPods Pro』の右に出るイヤホンは多くありません。iPadやMacで使うときには、メニューからかんたんに切り替えができ、ほかのイヤホンにない使い勝手のよさです

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Apple(アップル)『AirPods Pro』

Apple(アップル)『AirPodsPro』 Apple(アップル)『AirPodsPro』 Apple(アップル)『AirPodsPro』 Apple(アップル)『AirPodsPro』 Apple(アップル)『AirPodsPro』 Apple(アップル)『AirPodsPro』 Apple(アップル)『AirPodsPro』 Apple(アップル)『AirPodsPro』

出典:Amazon

接続タイプ Bluetooth
対応コーデック AAC
マイク・リモコン あり
MFi認証 -
防水機能 -
連続再生時間 最大4.5時間
Siri 対応

驚くほど軽いノイズキャンセリングイヤホン

Apple純正品のこちらは、包み込むような高品質なサウンドを楽しめるため、音楽や動画を楽しみたい人にイチオシのアイテム。

周囲の音が聞こえる外部音取り込みモードも装備。移動中などにまわりの音も聞こえるように設定できます。3タイプのシリコン製イヤーチップにより、好みのフィット感に仕上げることができます。

モバイルが大好物のITライター

ソニー『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM3)』は、私も愛用しています。音質はさすがのソニー製です。

ノイズキャンセル機能は、飛行機の機内など常時ノイズがある環境で使うとストレスが大幅に低減されるので手放せません。難点をあげるならば、ケースが大きいことでしょうか。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM3)』

SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM3)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM3)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM3)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM3)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM3)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM3)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM3)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM3)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM3)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM3)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM3)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM3)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM3)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM3)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM3)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM3)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM3)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM3)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM3)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM3)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM3)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM3)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM3)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM3)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM3)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM3)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM3)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM3)』

出典:Amazon

接続タイプ Bluetooth
対応コーデック SBC、AAC
マイク・リモコン あり
MFi認証 -
防水機能 -
連続再生時間 最大6時間(ノイズキャンセリングON)
Siri -

2020年ワイヤレス大賞受賞

コーデックはSBCとAAC対応で、音質にこだわりたい人にぴったり。高性能チップ「QN1e」を搭載し、高いノイズキャンセリング性能を感じられる本格派高音質イヤホンです。状況に合わせて外音取り込みが可能な自由度の高さも魅力。

本体のみで連続再生時間は6時間と充分なスペック。忙しい日々のなかでも、気軽に本格的な音質の音楽で、リフレッシュ効果も感じられそうなアイテムです。

モバイルが大好物のITライター

サウンドピーツ『Truefree+』は、入門機として、4,000円以下で購入できる完全ワイヤレスイヤホンとしておすすめの選択です。イヤホンがコンパクトなので、耳が小さな人でも負担なく使えます

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

SOUNDPEATS(サウンドピーツ)『Truefree+』

SOUNDPEATS(サウンドピーツ)『Truefree+』 SOUNDPEATS(サウンドピーツ)『Truefree+』 SOUNDPEATS(サウンドピーツ)『Truefree+』 SOUNDPEATS(サウンドピーツ)『Truefree+』 SOUNDPEATS(サウンドピーツ)『Truefree+』 SOUNDPEATS(サウンドピーツ)『Truefree+』 SOUNDPEATS(サウンドピーツ)『Truefree+』

出典:Amazon

接続タイプ Bluetooth
対応コーデック SBC
マイク・リモコン あり
MFi認証 -
防水機能 IPX4
連続再生時間 最大4時間
Siri -

片耳と両耳やステレオモードを選べる自由度の高さ

Bluetooth5.0対応で、混雑した街なかでも安定した接続が可能なイヤホンです。通勤や通学中も気になる音の乱れやノイズを軽減してくれます。

再生時間は最大4時間とやや短いものの、充電ケースと合わせると最大35時間まで連続再生が可能。コンパクトな小型イヤホンで、日常生活になじみやすいのも魅力です。

Beats(ビーツ)『Powerbeats Pro』

Beats(ビーツ)『PowerbeatsPro』 Beats(ビーツ)『PowerbeatsPro』 Beats(ビーツ)『PowerbeatsPro』 Beats(ビーツ)『PowerbeatsPro』 Beats(ビーツ)『PowerbeatsPro』 Beats(ビーツ)『PowerbeatsPro』 Beats(ビーツ)『PowerbeatsPro』 Beats(ビーツ)『PowerbeatsPro』 Beats(ビーツ)『PowerbeatsPro』 Beats(ビーツ)『PowerbeatsPro』 Beats(ビーツ)『PowerbeatsPro』

出典:Amazon

接続タイプ Bluetooth
対応コーデック -
マイク・リモコン あり
MFi認証 -
防水機能 -
連続再生時間 最大9時間
Siri 対応

耳にぴったりフィット! ワークアウト向けイヤホン

スポーツをしながら音楽を楽しみたい人にぴったり。激しい動きをしても、落ちる心配が少ない耳かけタイプです。さらに、耐汗・耐水仕様なので汗による故障リスクを軽減。

長時間のトレーニングでも安心な最長9時間再生できる点も大きなメリットです。これで、より集中してトレーニングができますね。豊富なカラーラインアップで、トレーニングウエアと合わせるなど、スタイリッシュに決めることもできますよ。

BOSE(ボーズ)『SoundSport Free wireless headphones』

BOSE(ボーズ)『SoundSportFreewirelessheadphones』 BOSE(ボーズ)『SoundSportFreewirelessheadphones』 BOSE(ボーズ)『SoundSportFreewirelessheadphones』 BOSE(ボーズ)『SoundSportFreewirelessheadphones』 BOSE(ボーズ)『SoundSportFreewirelessheadphones』 BOSE(ボーズ)『SoundSportFreewirelessheadphones』 BOSE(ボーズ)『SoundSportFreewirelessheadphones』 BOSE(ボーズ)『SoundSportFreewirelessheadphones』 BOSE(ボーズ)『SoundSportFreewirelessheadphones』 BOSE(ボーズ)『SoundSportFreewirelessheadphones』 BOSE(ボーズ)『SoundSportFreewirelessheadphones』 BOSE(ボーズ)『SoundSportFreewirelessheadphones』 BOSE(ボーズ)『SoundSportFreewirelessheadphones』

出典:Amazon

接続タイプ Bluetooth
対応コーデック -
マイク・リモコン -
MFi認証 -
防水機能 IPX4
連続再生時間 最大5時間
Siri 対応

万が一紛失しても専用アプリで追跡可能

BOSEは、アメリカに本社を置く音響メーカー。スマホがポケットやバッグに入っていても、音割れやノイズのない安定したサウンドが楽しめます。

さらに、ランニングやトレーニング中の汗や雨にも強いIPX4の防滴仕様。急な雨でも安心です。もうひとつの特徴は、独自開発のイヤーチップ。軽量なうえに外れにくく、安心のフィット感です。

Jabra(ジャブラ)『ELITE ACTIVE 65t(100-9901000)』

Jabra(ジャブラ)『ELITEACTIVE65t(100-9901000)』 Jabra(ジャブラ)『ELITEACTIVE65t(100-9901000)』 Jabra(ジャブラ)『ELITEACTIVE65t(100-9901000)』 Jabra(ジャブラ)『ELITEACTIVE65t(100-9901000)』 Jabra(ジャブラ)『ELITEACTIVE65t(100-9901000)』 Jabra(ジャブラ)『ELITEACTIVE65t(100-9901000)』 Jabra(ジャブラ)『ELITEACTIVE65t(100-9901000)』 Jabra(ジャブラ)『ELITEACTIVE65t(100-9901000)』 Jabra(ジャブラ)『ELITEACTIVE65t(100-9901000)』

出典:Amazon

接続タイプ Bluetooth
対応コーデック AAC
マイク・リモコン あり
MFi認証 -
防水機能 IP56
連続再生時間 最大5時間
Siri 対応

良心的な価格と高い防塵防水性

IP56の防塵防水性で急な天候の変化も安心。さらに、アプリ登録で2年間の防塵防水保証つきです。

マイクつきで接続性のよい通話を楽しめることはもちろん、高速充電機能により、わずか15分で1.5時間分のバッテリーを充電できる点もうれしいですね。また、3サイズのイヤージェルから自分に合ったサイズを選べるため、よりフィット感を高められます。

Noble Audio(ノーブルオーディオ)『FALCON(NOB-FALCON)』

NobleAudio(ノーブルオーディオ)『FALCON(NOB-FALCON)』 NobleAudio(ノーブルオーディオ)『FALCON(NOB-FALCON)』 NobleAudio(ノーブルオーディオ)『FALCON(NOB-FALCON)』 NobleAudio(ノーブルオーディオ)『FALCON(NOB-FALCON)』

出典:Amazon

接続タイプ Bluetooth
対応コーデック SBC、AAC、aptX
マイク・リモコン あり
MFi認証 -
防水機能 IPX7
連続再生時間 最大10時間
Siri -

連続再生時間の長さを重視する人は要チェック

連続最大10時間の再生が可能で、付属の充電ケースを使えば最大40時間まで使用できる、完全ワイヤレスながら持久力のあるイヤホンです。こまめに充電できない忙しいビジネスパーソンにもぴったり。

高音質で利便性も高く、AACとaptX&TrueWireless Stereo Plusに対応し、さまざまな機種と接続して使用できます。通話時に周囲の雑音を低減する機能やIPX7の高い防水性能も完備sています。

JPRiDE(ジェイピーライド)『True Wireless Earphones(TWS-520)』

JPRiDE(ジェイピーライド)『TrueWirelessEarphones(TWS-520)』 JPRiDE(ジェイピーライド)『TrueWirelessEarphones(TWS-520)』 JPRiDE(ジェイピーライド)『TrueWirelessEarphones(TWS-520)』

出典:楽天市場

接続タイプ Bluetooth
対応コーデック AAC
マイク・リモコン あり
MFi認証 -
防水機能 IPX5
連続再生時間 最大6.5時間
Siri -

Amazonや楽天で数々のNo.1を受賞

ハイブランドの製品に見劣りしない、魅力的なイヤホンを低価格で提供しているJPRiDE。音楽好きの創業者によって、高音質のイヤホンの製品化を実現。価格と品質のバランスのとれたアイテムです。

ミニマルなデザインでスタイリッシュな仕上がり。男女問わず幅広い世代が、幅広いシーンで使えます。ハイブランドのイヤホンは高価で手が届かないというあなたにおすすめの商品です。

EarFun(イヤーファン)『EarFun Free』

EarFun(イヤーファン)『EarFunFree』 EarFun(イヤーファン)『EarFunFree』 EarFun(イヤーファン)『EarFunFree』 EarFun(イヤーファン)『EarFunFree』 EarFun(イヤーファン)『EarFunFree』 EarFun(イヤーファン)『EarFunFree』 EarFun(イヤーファン)『EarFunFree』 EarFun(イヤーファン)『EarFunFree』 EarFun(イヤーファン)『EarFunFree』

出典:Amazon

接続タイプ Bluetooth
対応コーデック SBC、AAC
マイク・リモコン あり
MFi認証 -
防水機能 IPX7
連続再生時間 最大6時間
Siri -

最大15mの通信距離で安定した接続と低価格を実現

2018年に設立された比較的新しいブランドですが、早くも米国のCES2020イノベーション・アワードで賞を受賞。勢いのある革新的なブランドです。

Bluetooth5.0チップを搭載しており、最大15m離れた場所からも使えるのが大きなメリット。家やオフィスなどでも気軽に使えて、ワイヤレス充電やIPX7の防水対応で使い勝手も非常によいイヤホンです。

AVIOT(アビオット)『TE-D01d mk2』

AVIOT(アビオット)『TE-D01dmk2』 AVIOT(アビオット)『TE-D01dmk2』 AVIOT(アビオット)『TE-D01dmk2』 AVIOT(アビオット)『TE-D01dmk2』 AVIOT(アビオット)『TE-D01dmk2』 AVIOT(アビオット)『TE-D01dmk2』 AVIOT(アビオット)『TE-D01dmk2』

出典:Amazon

接続タイプ Bluetooth
対応コーデック SBC、AAC、aptX
マイク・リモコン あり
MFi認証 -
防水機能 IPX5
連続再生時間 最大11時間
Siri -

日本人の聴覚特性を研究して作られた高音質イヤホン

2019年に完全ワイヤレスイヤホンとして空前のベストセラーとなったTE-D01dをブラッシュアップしたのがこちらの商品。ユーザーの要望に応えてさらに最大120時間の長時間再生を可能としています。

日本メーカーが日本人のために作った上質なイヤホン。サウンドエンジニアやアーティストの意見を反映し、延べ3,000時間以上を費やして作り出されたサウンドを楽しんでみませんか。

ANKER(アンカー)『Soundcore Liberty Neo(A3911)』

ANKER(アンカー)『SoundcoreLibertyNeo(A3911)』 ANKER(アンカー)『SoundcoreLibertyNeo(A3911)』 ANKER(アンカー)『SoundcoreLibertyNeo(A3911)』

出典:楽天市場

接続タイプ Bluetooth
対応コーデック SBC、AAC
マイク・リモコン あり
MFi認証 -
防水機能 IPX7
連続再生時間 最大5時間
Siri 対応

コスパがよくワイヤレスデビューしたい人にぴったり

洗練された音質と安定した接続のハイスペックモデルです。大きな特徴は高い防水性。水没(深さ1mに30分間)させても内部に浸水しないIPX7の防水規格をクリアしており、ランニング中の突然の⾬などの⽔も防ぐことができ天候やシーンを選ばず⾳楽を楽しめます

マイク内蔵によりいつでもハンズフリー通話が可能。価格面で購入に迷っている人にも手の届きやすいリーズナブルな価格設定もうれしいところ。

SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WI-1000XM2)』

SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WI-1000XM2)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WI-1000XM2)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WI-1000XM2)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WI-1000XM2)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WI-1000XM2)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WI-1000XM2)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WI-1000XM2)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WI-1000XM2)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WI-1000XM2)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WI-1000XM2)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WI-1000XM2)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WI-1000XM2)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WI-1000XM2)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WI-1000XM2)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WI-1000XM2)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WI-1000XM2)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WI-1000XM2)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WI-1000XM2)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WI-1000XM2)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WI-1000XM2)』

出典:Amazon

接続タイプ Bluetooth
対応コーデック SBC, AAC, LDAC
マイク・リモコン あり
MFi認証 -
防水機能 -
連続再生時間 最大10時間(ノイズキャンセリングON)
Siri 対応

ハンズフリー通話やSiri対応など忙しい人の味方

気圧の変化にもノイズキャンセリング機能が対応して飛行機のなかでも美しい音が楽しめます。シリコン製のやわらかいネックバンドを採用し、安心の装着感と軽量化を実現。持ち運ぶ際も、丸めてコンパクトに収納できます。旅行や出張で飛行機を頻繁に利用する人にもぴったりの商品です。

コーデックもACCに加えて日本オーディオ協会認定のLDACに対応しているので、さらなる高音質を感じられます。

Beats(ビーツ)『PowerBeats』

Beats(ビーツ)『PowerBeats』 Beats(ビーツ)『PowerBeats』 Beats(ビーツ)『PowerBeats』 Beats(ビーツ)『PowerBeats』 Beats(ビーツ)『PowerBeats』 Beats(ビーツ)『PowerBeats』

出典:Amazon

接続タイプ Bluetooth
対応コーデック -
マイク・リモコン あり
MFi認証 -
防水機能 -
連続再生時間 最大15時間
Siri 対応

外したいときは首にかけられる柔軟な丸型ケーブル

AppleのH1チップを内蔵しているので、iPhoneとの連携やほかのアップル機器との切り替えもスムーズ。最長15時間の再生が可能な点も魅力的。

さらに、オーディオ共有機能で2台のBeatsイヤホンまたはAirPodsを同じiPhoneにペアリングでき、音楽や映画、Podcastを一緒に楽しめます。iPhoneユーザーにうれしい機能満載の商品です。

ambie(アンビー)『ambie wireless earcuffs』

ambie(アンビー)『ambiewirelessearcuffs』 ambie(アンビー)『ambiewirelessearcuffs』 ambie(アンビー)『ambiewirelessearcuffs』 ambie(アンビー)『ambiewirelessearcuffs』 ambie(アンビー)『ambiewirelessearcuffs』 ambie(アンビー)『ambiewirelessearcuffs』

出典:Amazon

接続タイプ Bluetooth
対応コーデック SBC、CVSD、MSBC
マイク・リモコン あり
MFi認証 -
防水機能 -
連続再生時間 最大6時間
Siri -

外部の音も聞こえるイヤホン

イヤホンの耳をふさぐ装着感が長時間は耐えられないと感じているあなたにぴったり。こちらは、斬新なイヤーカフタイプで、耳をふさがないため装着中もまわりの音や声を聞き取れ、会話もできます。

鼓膜への負担が少なく、長時間使用していても疲れにくいのがメリット。よりナチュラルに、音を生活に取り入れることができます。

AfterShokz(アフターショックス)『AEROPEX(AS800)』

AfterShokz(アフターショックス)『AEROPEX(AS800)』 AfterShokz(アフターショックス)『AEROPEX(AS800)』 AfterShokz(アフターショックス)『AEROPEX(AS800)』

出典:楽天市場

接続タイプ Bluetooth
対応コーデック -
マイク・リモコン あり
MFi認証 -
防水機能 IP67
連続再生時間 最大8時間
Siri -

骨を通して音の振動を脳に伝える骨伝導タイプ

耳をふさがずに音楽を楽しめるイヤホン。自動車の走行音やアラームなど、装着したまま周囲の音も聞こえてくるので安全性も高まります。

片耳ずづ分かれている完全ワイヤレスイヤホンは、紛失の不安があるという人にも向いています。耳かけ型で安定感もあり、歩行中の使用にも便利。マイクつきでハンズフリー通話も可能ですよ。

【Lightning接続】iPhone用イヤホンおすすめ10選 イヤホンの充電切れの心配がない

直接iPhoneにつなぐため、イヤホンの充電切れの心配がないLightning接続タイプのおすすめ商品をご紹介します。有線がさほど気にならない、価格や音質重視の人に向いています。

モバイルが大好物のITライター

アップル『EarPods with Lightning Connector』は、当然ですが純正ならではの安心感があります。しかし、これを選ぶ理由は、その見た目。白のイヤホンはAppleが作り出したトレンドです。

毎日使うものなのでiPhoneとのマッチングにもこだわりたい人には、EarPodsはぴったりの選択です

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Apple(アップル)『EarPods with Lightning Connector』

Apple(アップル)『EarPodswithLightningConnector』 Apple(アップル)『EarPodswithLightningConnector』 Apple(アップル)『EarPodswithLightningConnector』 Apple(アップル)『EarPodswithLightningConnector』 Apple(アップル)『EarPodswithLightningConnector』 Apple(アップル)『EarPodswithLightningConnector』

出典:Amazon

接続タイプ Lightning
対応コーデック -
マイク・リモコン あり
MFi認証 -
防水機能 -
連続再生時間 -
Siri -

アップルならではのミニマルデザインで値段も手ごろ

iPhone購入時に付属してくるイヤホンを使い慣れている人にとっては、なじみやすいイヤホンではないでしょうか。耳の形状にもとづくデザインは、よりフィット感を得られます。

EarPods内部のスピーカーは、音の劣化をできるだけ抑えるように設計されているので高音質。コードの長さもカバンやポケットにiPhoneを収納して音楽を楽しむのに充分です。

モバイルが大好物のITライター

音響メーカーとしては老舗のパイオニア製『RAYZ Plus(SE-LTC5R-T/S)』は、音途切れの心配がない有線イヤホンでノイズキャンセル機能が特徴

ノイズキャンセル機能がほしい場合は、RAYZ PlusかBOSEのQC20が候補になります。QC20に比べてRAYZ Plusは安価に購入できるのが魅力です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Pioneer(パイオニア)『RAYZ Plus(SE-LTC5R-T/S)』

Pioneer(パイオニア)『RAYZPlus(SE-LTC5R-T/S)』 Pioneer(パイオニア)『RAYZPlus(SE-LTC5R-T/S)』 Pioneer(パイオニア)『RAYZPlus(SE-LTC5R-T/S)』 Pioneer(パイオニア)『RAYZPlus(SE-LTC5R-T/S)』 Pioneer(パイオニア)『RAYZPlus(SE-LTC5R-T/S)』 Pioneer(パイオニア)『RAYZPlus(SE-LTC5R-T/S)』

出典:Amazon

接続タイプ Lightning
対応コーデック -
マイク・リモコン あり
MFi認証 -
防水機能 -
連続再生時間 -
Siri -

iPhoneを充電しながら通話や音楽を楽しめる

Lightningイヤホンの弱点のひとつでもある同時充電に対応しています。頻繁に通話する、長時間音楽を聴き続けるという人にぴったり。就寝前にイヤホンで音楽を楽しみながら充電も忘れず行なうことができ、うっかり充電し忘れたというトラブルを軽減できます。

スマートボタンを搭載し、アプリの起動やマイクの調整もかんたんに操作可能です。

モバイルが大好物のITライター

オウルテック『Lightningコネクタから音楽を聴けるイヤホン リモコン+マイク付き(OWL-EPLT01)』は、Lightning接続で安価なイヤホンがほしい場合は有力な候補です。

このイヤホンはMFi認証を取得しているので、iOSのバージョンアップ後も安心して使えます。ブラック、シルバー、ローズゴールド、シャンパンゴールド、ネイビーの5色展開で、好みの色が選べるのもポイントです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Owltech(オウルテック)『Lightningコネクタから音楽を聴けるイヤホン リモコン+マイク付き(OWL-EPLT01)』

Owltech(オウルテック)『Lightningコネクタから音楽を聴けるイヤホンリモコン+マイク付き(OWL-EPLT01)』 Owltech(オウルテック)『Lightningコネクタから音楽を聴けるイヤホンリモコン+マイク付き(OWL-EPLT01)』 Owltech(オウルテック)『Lightningコネクタから音楽を聴けるイヤホンリモコン+マイク付き(OWL-EPLT01)』 Owltech(オウルテック)『Lightningコネクタから音楽を聴けるイヤホンリモコン+マイク付き(OWL-EPLT01)』 Owltech(オウルテック)『Lightningコネクタから音楽を聴けるイヤホンリモコン+マイク付き(OWL-EPLT01)』 Owltech(オウルテック)『Lightningコネクタから音楽を聴けるイヤホンリモコン+マイク付き(OWL-EPLT01)』 Owltech(オウルテック)『Lightningコネクタから音楽を聴けるイヤホンリモコン+マイク付き(OWL-EPLT01)』

出典:Amazon

接続タイプ Lightning
対応コーデック -
マイク・リモコン あり
MFi認証 取得
防水機能 -
連続再生時間 -
Siri -

AppleからMFiを取得した安心の品質

AppleのMFi認証を取得していて、長い期間安心しての使用が期待できます。イヤーピースは3サイズが付属しています。価格と品質のバランスもよく、コスパにすぐれた商品です。

リモコンとマイクにより、ハンズフリー通話が可能。低音がパワフルに再生できるため、ロックなどを聴く人にもぴったり。外出先でも、迫力のある音楽が楽しめます。

LEPLUS(ルプラス)『極の音域 Digital Feel 匠(LP-LNE03GD)』

LEPLUS(ルプラス)『極の音域DigitalFeel匠(LP-LNE03GD)』 LEPLUS(ルプラス)『極の音域DigitalFeel匠(LP-LNE03GD)』 LEPLUS(ルプラス)『極の音域DigitalFeel匠(LP-LNE03GD)』 LEPLUS(ルプラス)『極の音域DigitalFeel匠(LP-LNE03GD)』 LEPLUS(ルプラス)『極の音域DigitalFeel匠(LP-LNE03GD)』 LEPLUS(ルプラス)『極の音域DigitalFeel匠(LP-LNE03GD)』 LEPLUS(ルプラス)『極の音域DigitalFeel匠(LP-LNE03GD)』

出典:Amazon

接続タイプ Lightning
対応コーデック -
マイク・リモコン あり
MFi認証 取得
防水機能 -
連続再生時間 -
Siri -

リーズナブルなのに高級感のあるビジュアルが魅力的

ダイナミックドライバーが搭載されていて、とても高音質なイヤホンに仕上がっています。きれいな音で音楽を楽しみたい人にもぜひ試してほしいアイテム。おしゃれでスタイリッシュなデザインを求めている人にもぴったりです。

iPhoneカバーなどのアクセサリー小物と色を合わせてファッション感覚で取り入れるのもいいですね。

radius(ラディウス)『Neシリーズ iPhone用 Lightningイヤホン アルミハウジングモデル(HP-NEL21)』

radius(ラディウス)『NeシリーズiPhone用Lightningイヤホンアルミハウジングモデル(HP-NEL21)』 radius(ラディウス)『NeシリーズiPhone用Lightningイヤホンアルミハウジングモデル(HP-NEL21)』 radius(ラディウス)『NeシリーズiPhone用Lightningイヤホンアルミハウジングモデル(HP-NEL21)』 radius(ラディウス)『NeシリーズiPhone用Lightningイヤホンアルミハウジングモデル(HP-NEL21)』 radius(ラディウス)『NeシリーズiPhone用Lightningイヤホンアルミハウジングモデル(HP-NEL21)』 radius(ラディウス)『NeシリーズiPhone用Lightningイヤホンアルミハウジングモデル(HP-NEL21)』 radius(ラディウス)『NeシリーズiPhone用Lightningイヤホンアルミハウジングモデル(HP-NEL21)』 radius(ラディウス)『NeシリーズiPhone用Lightningイヤホンアルミハウジングモデル(HP-NEL21)』 radius(ラディウス)『NeシリーズiPhone用Lightningイヤホンアルミハウジングモデル(HP-NEL21)』

出典:Amazon

接続タイプ Lightning
対応コーデック -
マイク・リモコン あり
MFi認証 取得
防水機能 -
連続再生時間 -
Siri 対応

MFiライセンスを取得している製品

ディープマウントイヤーピースは、耳のより奥でイヤーピースがフィットするため、安定した装着感と豊かな低音再生を実現。洗練されたデザインで、無駄がなくすっきりとしたフォルムが美しいイヤホンです。カラーはブラック、シルバー、レッド、ブルー、ゴールドの5色。

小型で軽く使い勝手もよく、男女を問わずどんなシーンでもご使用できるイヤホンです。

RHA(アールエイチエー)『MA650i with Lightning』

RHA(アールエイチエー)『MA650iwithLightning』 RHA(アールエイチエー)『MA650iwithLightning』 RHA(アールエイチエー)『MA650iwithLightning』 RHA(アールエイチエー)『MA650iwithLightning』 RHA(アールエイチエー)『MA650iwithLightning』 RHA(アールエイチエー)『MA650iwithLightning』 RHA(アールエイチエー)『MA650iwithLightning』 RHA(アールエイチエー)『MA650iwithLightning』 RHA(アールエイチエー)『MA650iwithLightning』 RHA(アールエイチエー)『MA650iwithLightning』 RHA(アールエイチエー)『MA650iwithLightning』 RHA(アールエイチエー)『MA650iwithLightning』 RHA(アールエイチエー)『MA650iwithLightning』 RHA(アールエイチエー)『MA650iwithLightning』 RHA(アールエイチエー)『MA650iwithLightning』

出典:Amazon

接続タイプ Lightning
対応コーデック -
マイク・リモコン あり
MFi認証 取得
防水機能 -
連続再生時間 -
Siri 対応

豊富なイヤーチップと3年保証が魅力

8種類のイヤーチップが付属してしており、カナル型のイヤホンが耳に合わなかったという方でも好みのフィット感が見つかりそうなアイテムです。3年保証つきで、万が一の故障やトラブルにも対応してくれて安心です。

マイクを搭載したリモコンを使って、Siriや音楽再生アプリをコントロールできます。ハンズブリーで使用したい人にもうれしい機能です。

PALOVUE『iPhone イヤホン Lightning』

PALOVUE『iPhoneイヤホンLightning』 PALOVUE『iPhoneイヤホンLightning』 PALOVUE『iPhoneイヤホンLightning』 PALOVUE『iPhoneイヤホンLightning』 PALOVUE『iPhoneイヤホンLightning』 PALOVUE『iPhoneイヤホンLightning』 PALOVUE『iPhoneイヤホンLightning』

出典:Amazon

接続タイプ Lightning
対応コーデック -
マイク・リモコン あり
MFi認証 取得
防水機能 -
連続再生時間 -
Siri 対応

折り曲げ3万回以上のテストをクリアしたコード

iPhoneをカバンのなかに入れながら通話をしたり、音楽を聴いたりすることが多い人にうれしい耐久性の高いコードが使われています。折り曲げても劣化しにくい構造で、長持ちが期待できます。

イヤーピースの反対側にはマグネットがついていて、コードの絡み防止に効果的。持ち運ぶときはスッキリまとまり、使うときはスマートにほどけます。もちろん高音質でマイクつき、さらにMFi認証を取得するなど機能面も充実しています。

ELECOM(エレコム)『MFi認証 Lightning接続ハイレゾオーディオヘッドホン(EHP-LCH1010MGD)』

ELECOM(エレコム)『MFi認証Lightning接続ハイレゾオーディオヘッドホン(EHP-LCH1010MGD)』 ELECOM(エレコム)『MFi認証Lightning接続ハイレゾオーディオヘッドホン(EHP-LCH1010MGD)』 ELECOM(エレコム)『MFi認証Lightning接続ハイレゾオーディオヘッドホン(EHP-LCH1010MGD)』 ELECOM(エレコム)『MFi認証Lightning接続ハイレゾオーディオヘッドホン(EHP-LCH1010MGD)』 ELECOM(エレコム)『MFi認証Lightning接続ハイレゾオーディオヘッドホン(EHP-LCH1010MGD)』 ELECOM(エレコム)『MFi認証Lightning接続ハイレゾオーディオヘッドホン(EHP-LCH1010MGD)』

出典:Amazon

接続タイプ Lightning
対応コーデック -
マイク・リモコン あり
MFi認証 取得
防水機能 -
連続再生時間 -
Siri 対応

音質を重視したいならハイレゾオーディオヘッドホン

直径9.8mmのダイナミックドライバーにより、力強い低音と伸びやかな中高音を再現しています。多機能リモコンマイクを搭載していて、通話の多い人にもうれしいモデル。

ハンズフリーで通話ができるうえに、音量調節や音楽の再生・停止などをスマートに操作可能。また、リモコンのセンターボタンを2秒以上長押しするとSiriが起動します。

Beats(ビーツ)『urBeats3イヤフォン(Lightningコネクタ付き)』

Beats(ビーツ)『urBeats3イヤフォン(Lightningコネクタ付き)』 Beats(ビーツ)『urBeats3イヤフォン(Lightningコネクタ付き)』 Beats(ビーツ)『urBeats3イヤフォン(Lightningコネクタ付き)』 Beats(ビーツ)『urBeats3イヤフォン(Lightningコネクタ付き)』 Beats(ビーツ)『urBeats3イヤフォン(Lightningコネクタ付き)』 Beats(ビーツ)『urBeats3イヤフォン(Lightningコネクタ付き)』

出典:Amazon

接続タイプ Lightning
対応コーデック -
マイク・リモコン あり
MFi認証 -
防水機能 -
連続再生時間 -
Siri 対応

6色から選べる豊富なカラーバリエーション

「1つ上の音楽を」をコンセプトに、高精度に設計されたスピーカーが格別なサウンドを届けてくれます。ミニマルなデザインのリモコンもおしゃれ。

ボタン操作ひとつで内蔵マイクを使って通話をしたり音楽を操作したりするだけでなく、Siriを起動することもできます。外出先やリモートワークにも活躍しそうなイヤホンです。

UiiSii『I8 ライトニング ハイレゾ イヤホン』

UiiSii『I8ライトニングハイレゾイヤホン』 UiiSii『I8ライトニングハイレゾイヤホン』 UiiSii『I8ライトニングハイレゾイヤホン』 UiiSii『I8ライトニングハイレゾイヤホン』 UiiSii『I8ライトニングハイレゾイヤホン』 UiiSii『I8ライトニングハイレゾイヤホン』 UiiSii『I8ライトニングハイレゾイヤホン』 UiiSii『I8ライトニングハイレゾイヤホン』

出典:Amazon

接続タイプ Lightning
対応コーデック -
マイク・リモコン あり
MFi認証 取得
防水機能 -
連続再生時間 -
Siri -

価格重視で探しているあなたにもぴったり

比較的リーズナブルなイヤホンですが、ハイレゾ音源に対応しているため気軽に高音質を楽しめるのが大きなメリットです。また、シリコンチップマイクを採用し高感度でノイズの少ない通話が可能

5種類のイヤーピースによりフィット感も自由自在。クールで上品なデザインなので、ビジネスシーンにおいても使いやすいアイテムです。

「iPhone用イヤホン」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
Apple(アップル)『AirPods Pro』
SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM3)』
SOUNDPEATS(サウンドピーツ)『Truefree+』
Beats(ビーツ)『Powerbeats Pro』
BOSE(ボーズ)『SoundSport Free wireless headphones』
Jabra(ジャブラ)『ELITE ACTIVE 65t(100-9901000)』
Noble Audio(ノーブルオーディオ)『FALCON(NOB-FALCON)』
JPRiDE(ジェイピーライド)『True Wireless Earphones(TWS-520)』
EarFun(イヤーファン)『EarFun Free』
AVIOT(アビオット)『TE-D01d mk2』
ANKER(アンカー)『Soundcore Liberty Neo(A3911)』
SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WI-1000XM2)』
Beats(ビーツ)『PowerBeats』
ambie(アンビー)『ambie wireless earcuffs』
AfterShokz(アフターショックス)『AEROPEX(AS800)』
Apple(アップル)『EarPods with Lightning Connector』
Pioneer(パイオニア)『RAYZ Plus(SE-LTC5R-T/S)』
Owltech(オウルテック)『Lightningコネクタから音楽を聴けるイヤホン リモコン+マイク付き(OWL-EPLT01)』
LEPLUS(ルプラス)『極の音域 Digital Feel 匠(LP-LNE03GD)』
radius(ラディウス)『Neシリーズ iPhone用 Lightningイヤホン アルミハウジングモデル(HP-NEL21)』
RHA(アールエイチエー)『MA650i with Lightning』
PALOVUE『iPhone イヤホン Lightning』
ELECOM(エレコム)『MFi認証 Lightning接続ハイレゾオーディオヘッドホン(EHP-LCH1010MGD)』
Beats(ビーツ)『urBeats3イヤフォン(Lightningコネクタ付き)』
UiiSii『I8 ライトニング ハイレゾ イヤホン』
商品名 Apple(アップル)『AirPods Pro』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM3)』 SOUNDPEATS(サウンドピーツ)『Truefree+』 Beats(ビーツ)『Powerbeats Pro』 BOSE(ボーズ)『SoundSport Free wireless headphones』 Jabra(ジャブラ)『ELITE ACTIVE 65t(100-9901000)』 Noble Audio(ノーブルオーディオ)『FALCON(NOB-FALCON)』 JPRiDE(ジェイピーライド)『True Wireless Earphones(TWS-520)』 EarFun(イヤーファン)『EarFun Free』 AVIOT(アビオット)『TE-D01d mk2』 ANKER(アンカー)『Soundcore Liberty Neo(A3911)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WI-1000XM2)』 Beats(ビーツ)『PowerBeats』 ambie(アンビー)『ambie wireless earcuffs』 AfterShokz(アフターショックス)『AEROPEX(AS800)』 Apple(アップル)『EarPods with Lightning Connector』 Pioneer(パイオニア)『RAYZ Plus(SE-LTC5R-T/S)』 Owltech(オウルテック)『Lightningコネクタから音楽を聴けるイヤホン リモコン+マイク付き(OWL-EPLT01)』 LEPLUS(ルプラス)『極の音域 Digital Feel 匠(LP-LNE03GD)』 radius(ラディウス)『Neシリーズ iPhone用 Lightningイヤホン アルミハウジングモデル(HP-NEL21)』 RHA(アールエイチエー)『MA650i with Lightning』 PALOVUE『iPhone イヤホン Lightning』 ELECOM(エレコム)『MFi認証 Lightning接続ハイレゾオーディオヘッドホン(EHP-LCH1010MGD)』 Beats(ビーツ)『urBeats3イヤフォン(Lightningコネクタ付き)』 UiiSii『I8 ライトニング ハイレゾ イヤホン』
商品情報
特徴 驚くほど軽いノイズキャンセリングイヤホン 2020年ワイヤレス大賞受賞 片耳と両耳やステレオモードを選べる自由度の高さ 耳にぴったりフィット! ワークアウト向けイヤホン 万が一紛失しても専用アプリで追跡可能 良心的な価格と高い防塵防水性 連続再生時間の長さを重視する人は要チェック Amazonや楽天で数々のNo.1を受賞 最大15mの通信距離で安定した接続と低価格を実現 日本人の聴覚特性を研究して作られた高音質イヤホン コスパがよくワイヤレスデビューしたい人にぴったり ハンズフリー通話やSiri対応など忙しい人の味方 外したいときは首にかけられる柔軟な丸型ケーブル 外部の音も聞こえるイヤホン 骨を通して音の振動を脳に伝える骨伝導タイプ アップルならではのミニマルデザインで値段も手ごろ iPhoneを充電しながら通話や音楽を楽しめる AppleからMFiを取得した安心の品質 リーズナブルなのに高級感のあるビジュアルが魅力的 MFiライセンスを取得している製品 豊富なイヤーチップと3年保証が魅力 折り曲げ3万回以上のテストをクリアしたコード 音質を重視したいならハイレゾオーディオヘッドホン 6色から選べる豊富なカラーバリエーション 価格重視で探しているあなたにもぴったり
接続タイプ Bluetooth Bluetooth Bluetooth Bluetooth Bluetooth Bluetooth Bluetooth Bluetooth Bluetooth Bluetooth Bluetooth Bluetooth Bluetooth Bluetooth Bluetooth Lightning Lightning Lightning Lightning Lightning Lightning Lightning Lightning Lightning Lightning
対応コーデック AAC SBC、AAC SBC - - AAC SBC、AAC、aptX AAC SBC、AAC SBC、AAC、aptX SBC、AAC SBC, AAC, LDAC - SBC、CVSD、MSBC - - - - - - - - - - -
マイク・リモコン あり あり あり あり - あり あり あり あり あり あり あり あり あり あり あり あり あり あり あり あり あり あり あり あり
MFi認証 - - - - - - - - - - - - - - - - - 取得 取得 取得 取得 取得 取得 - 取得
防水機能 - - IPX4 - IPX4 IP56 IPX7 IPX5 IPX7 IPX5 IPX7 - - - IP67 - - - - - - - - - -
連続再生時間 最大4.5時間 最大6時間(ノイズキャンセリングON) 最大4時間 最大9時間 最大5時間 最大5時間 最大10時間 最大6.5時間 最大6時間 最大11時間 最大5時間 最大10時間(ノイズキャンセリングON) 最大15時間 最大6時間 最大8時間 - - - - - - - - - -
Siri 対応 - - 対応 対応 対応 - - - - 対応 対応 対応 - - - - - - 対応 対応 対応 対応 対応 -
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年10月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月6日時点 での税込価格

ITライターのおすすめランキング iPhone用イヤホンのTOP3はこれ!

ご紹介した商品のなかから、ITライターの傍島康雄さんがおすすめする商品ランキングを発表します。iPhone用イヤホン選びの参考にしてみてください。

3位 SOUNDPEATS(サウンドピーツ)『Truefree+』

2位 Apple(アップル)『AirPods Pro』

1位 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM3)』

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする iPhone用イヤホンの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのiPhone用イヤホンの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:イヤホン・ヘッドホン本体ランキング
楽天市場:ヘッドホン・イヤホンランキング
Yahoo!ショッピング:イヤホン本体ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

iPhone用イヤホン関連のそのほかの記事も参考にしてみてください

編集部からひと言

iPhoneイヤホンのおすすめ25選をご紹介しました。最後に選び方のポイントをおさらいしましょう。

まず使い勝手に直結する接続方法を選びましょう。性能面ではマイクの有無や連続再生時間、仕様面では防水対応など、自分にとって必要な機能をチェック。音質重視やミニマルな見た目重視など、使う場面をイメージしながら、あなたがほしいiPhone用イヤホンを選んでみてくださいね。


※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


ハイレゾ対応イヤホンおすすめ20選|高音質から日常でも音楽を楽しもう!

ハイレゾ対応イヤホンおすすめ20選|高音質から日常でも音楽を楽しもう!

高音質なハイレゾ音源を聞くために必要なハイレゾ対応イヤホン。一見ハイレゾ対応でないイヤホンと違いがなく、価格帯もバラバラのため、どういった基準で選べばいいのか迷っている人も多いでしょう。ここでは、オーディオ&ビジュアル製品のエキスパートである折原一也さんへの取材をもとに、おすすめのハイレゾ対応イヤホンとその選び方をご紹介します。


【2020最新版】イヤホン延長ケーブルおすすめ11選|種類別に選び方も紹介

【2020最新版】イヤホン延長ケーブルおすすめ11選|種類別に選び方も紹介

「タブレットやPCをテーブルに置いて椅子に座って映画を観たい、でもイヤホンのケーブルが短い……」なんてことはありませんか。イヤホン延長ケーブルを使えば、そんな状況でもより快適に楽しむことができます。そこで、SONYストア正規代理店「コール」徳島店店長の野田博之さんと編集部が選ぶおすすめのイヤホン延長ケーブル11選と選び方をご紹介します。イヤホン延長ケーブルを購入したいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。


【2020年】ゲーミングイヤホンおすすめ20選|ワイヤレス・有線ごとに紹介

【2020年】ゲーミングイヤホンおすすめ20選|ワイヤレス・有線ごとに紹介

ゲーミングイヤホンは、家族が寝静まった深夜や、敵の足音や銃声などが重要なFPSゲームに欠かせないアイテムです。高コスパ品からプロ仕様まで本記事では、ガジェットレビュアーの東雲八雲さんと編集部が選んだゲーミングイヤホンのおすすめと選び方のポイントについてご紹介します。


2020年【中華イヤホン】おすすめ14選|ワイヤレス・リケーブルなど厳選! 人気のkzモデルも紹介!

2020年【中華イヤホン】おすすめ14選|ワイヤレス・リケーブルなど厳選! 人気のkzモデルも紹介!

中華イヤホンの特長は、高性能で音質が良く、デザイン性にすぐれ低価格なところです。この記事では、KZ(Knowledge Zenith)・JPRiDE・TFZなど各中華イヤホンメーカーの特徴や選び方を解説。あわせて、家電販売員のたろっささんと編集部のおすすめ商品をご紹介します。記事後半には各イヤホンの比較一覧表もありますのでチェックしてみてくださいね!


AirPodsケースおすすめ11選|防水、つけたまま充電、おしゃれ、キズ防止【AirPods Pro用ケースも紹介】

AirPodsケースおすすめ11選|防水、つけたまま充電、おしゃれ、キズ防止【AirPods Pro用ケースも紹介】

『AirPods』はイヤホンをケースに入れた状態で充電するため、ふだんからケースの携帯が必要です。真っ白で美しいデザインのケースですが、そのままバッグやリュックに放り込むと、いつのまにかケースの表面がキズだらけになってしまいます。そこで活用したいのが、サードパーティーから販売されているAirPodsケースです。この記事では、電脳系フリーライターの早川厚志さんと編集部が選んだ、おすすめ商品を紹介します。


新着記事


【プロ厳選ランキング】メンズスノーボードウェアのおすすめ21選|GORE-TEX素材のウェアもご紹介!

【プロ厳選ランキング】メンズスノーボードウェアのおすすめ21選|GORE-TEX素材のウェアもご紹介!

保温性にすぐれており、ウインタースポーツで活躍するメンズスノーボードウェア。さまざまな商品が販売されており、素材や機能性も異なるのでどれを選べばいいか迷ってしまいますね。そこでここでは、メンズスノーボードウェアの選び方のポイントをご紹介していきます。プロスノーボードコーチの出口 超さんと編集部が選んだ、デザイン性と機能性にすぐれたおすすめの商品も一緒にご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。


レディーススノーボードウェアのおすすめ21選|選び方も徹底解説

レディーススノーボードウェアのおすすめ21選|選び方も徹底解説

冬に楽しみたいレジャーは「スノーボード」という方も多いでしょう。スノーボードを思い切り楽しむためにはウェア選びは重要です。おしゃれなウェアを身にまとうと、さらにテンションが上がりますよね。しかし「滑っているうちにびしょ濡れになった」など、ウェア選びに失敗したことがある方も多いようです。この記事では、レディーススノーボードウェアの選び方を解説し、プロスノーボードコーチの出口 超さんと編集部が選んだ、おすすめ21商品をご紹介します。


【プロ厳選ランキング】リーシュコードのおすすめ11選|絡みにくいコードの選び方も解説!

【プロ厳選ランキング】リーシュコードのおすすめ11選|絡みにくいコードの選び方も解説!

サーフィンをするときに忘れてはいけないのが、サーフボードを体につなぎとめておくリーシュコードです。ただ、「大事なのは知っているけれど、どう選べばいいのかわからない」という声もよく聞かれます。リーシュコードは長さや太さなどの種類が多く、なにを選べばいいのか悩む方が多いようです。この記事ではリーシュコードの選び方を解説し、ワイルドライフクリエーターの荒井裕介さんと編集部が選んだ、おすすめの11商品をご紹介します。


【プロ厳選ランキング】サーフィングローブのおすすめ11選|水温に合わせた選び方もご紹介!

【プロ厳選ランキング】サーフィングローブのおすすめ11選|水温に合わせた選び方もご紹介!

寒い地域や冬場のサーフィンに欠かせない「サーフィングローブ」。防寒だけではなく、紫外線やけがなども防いでくれる便利なアイテムです。しかし、各メーカーからさまざまな商品が販売されているので、どれを選べばよいか迷ってしまう人も多いですよね。ここでは、サーフィングローブの選び方のポイントを解説し、ワイルドライフクリエーターの荒井裕介さんと編集部が選んだおすすめ11商品をご紹介します。自分にぴったりのグローブを見つけて、快適にサーフィンを楽しみましょう!


【プロ厳選ランキング】サーフボードケースのおすすめ11選|ニットケースからトラベルケースまでご紹介!

【プロ厳選ランキング】サーフボードケースのおすすめ11選|ニットケースからトラベルケースまでご紹介!

衝撃や紫外線、潮風などで傷みやすいサーフボードを守るために欠かせない「サーフボードケース」。購入しようと思うと種類が多く、サイズやデザインもさまざまで正直どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。この記事では、サーフボードケースの選び方を解説し、ワイルドライフクリエーターの荒井裕介さんと編集部が選んだ、おすすめの11商品をご紹介します。


家電・AV機器の人気記事


>>もっと見る