【アンプ内蔵スピーカー】おすすめ商品7選|AV評論家に聞く選び方

【アンプ内蔵スピーカー】おすすめ商品7選|AV評論家に聞く選び方
オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家
折原 一也

オーディオ&ビジュアル専門誌『AV REVIEW』『プレミアムヘッドホンガイドマガジン』や、モノ雑誌『家電批評』『MONOQLO』『GoodsPress』『MonoMax』『DIME』『日経トレンディ』等、Webでは『Phileweb』『日経トレンディネット』『価格.comマガジン』『@DIME』『&GP』等の媒体で、レビュー、解説で活躍する1979年生まれの若手評論家。 日々、新製品発表会や欧米のIT・家電関連イベントを取材しデジタル家電のトレンドにも精通。 高価なハイエンドの機器だけでなく、格安・コスパ志向、ライフスタイル志向の製品までもカバー。 AV家電製品の取材歴が長い事もあり、製品はスペックで判断するだけでなく、実機に触れてクオリティをチェックした上でのレコメンドを心がけている。2009年より音元出版主催のオーディオビジュアルアワード「VGP」審査員。

音量を増幅させるアンプが内蔵されている「アンプ内蔵スピーカー」。アンプが内蔵されていないスピーカーよりもより迫力のある大きな音で音楽を楽しませてくれる機器です。しかし、種類が多くてどれを買うべきか迷う方も多いのではないでしょうか。そこで、オーディオ&ビジュアルライターでAV評論家でもある折原一也さんへの取材をもとに、アンプ内蔵スピーカーの選び方とおすすめの商品をご紹介いたします!


アンプ内蔵スピーカーの選び方|AV評論家に聞く

AV評論家・折原一也さんに、アンプ内蔵スピーカーを選ぶときのポイントを4つ教えてもらいました。

スピーカー
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

アンプ内蔵スピーカーは家のなかはもちろん、屋外でも大活躍するアイテムです。

PC用スピーカーは設置場所に応じて選ぶ

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

アンプ内蔵スピーカーのなかで、もっとも人気のあるカテゴリがPC用の外づけスピーカーです。PCのアナログオーディオ端子やUSB端子に接続するタイプで、Creative、Logicool、サンワサプライ、バッファローなどPC周辺機器メーカー、JBL、YAMAHAといった音響機器メーカーも製品を販売しています。

PC用スピーカー選ぶ際には、音質はもちろん、デスク上に置きやすいサイズかどうか、また接続がステレオミニ端子かUSB端子か、電源の接続がUSBバスパワーかコンセントなどもチェックしてください。

自身が希望する設置場所に応じて扱いやすいものを選びましょう。

音楽制作やDTM向けのスピーカーも

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

DTMやプロによる音楽制作に用いるパワードタイプのモニタースピーカーでも、アンプ内蔵スピーカーの出番です。YAMAHA、FOSTEX、Roland、TASCAMといった楽器系メーカーが個人のDTM向け製品を発売しています。

厳密には製品個別に異なりますが、モニタースピーカーは音楽制作の過程で音を確認する目的のスピーカーなので、味つけなくストレートに情報を出すタイプがほとんどです。

接続端子はRCA端子、XLR端子、PHONE端子など音楽制作向けの端子が一般的。あらかじめ接続したい機器とどんなケーブルで繋げるのかを確認して選んでください。

SONY(ソニー)『SRS-XB41』

ワイヤレスでスマホに接続! さらにバッテリー内蔵で、最大24時間の再生も可能!!

>> 楽天市場で詳細を見る

Hi-Fiオーディオ用のアクティブスピーカー

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

音楽を超高音質に楽しむHi-Fiオーディオの趣味の世界は、アンプを内蔵しないタイプのスピーカーが主流です。

しかし、Wi-Fiのネットワーク機能まで一体化し、ハイレゾの高音質再生にも対応したアンプ内蔵スピーカーも存在しています。

ヤマハ、クリプトン、KEFといった国内外のメーカーによるHi-Fiオーディオとして作られているので、価格は数万円~数十万円と高価です。音楽リスニング用にとにかく高音質に音楽を聴きたい方なら、選択肢にいれてください。

ワイヤレススピーカーやスマートスピーカーも

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

Bluetoothで接続するワイヤレススピーカー、Amazon EchoやGoogleホームといったスマートスピーカーも分類上はアンプ内蔵スピーカーです。

アンプ内蔵を条件として考えると、ウェアラブルネックスピーカーなどもアンプ内蔵スピーカーに含まれるなど、広くとらえたときのジャンルの広がりは無限にあります。

これらを探す場合「Bluetoothスピーカー」「ワイヤレススピーカー」のように別のキーワードで探すとさまざまなラインナップが見つかります。

アンプ内蔵スピーカー7選|AV評論家のおすすめ

上で紹介したアンプ内蔵スピーカーの選び方のポイントをふまえて、AV評論家・折原一也さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。

スピーカー

Photo by Avel Chuklanov on Unsplash

アンプ内蔵スピーカーは、YouTubeや映像配信をPCで視聴するぶんにはじゅうぶんなほどの高音質です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

CREATIVE(クリエイティブ)『Creative Pebble』

CREATIVE(クリエイティブ)『CreativePebble』 CREATIVE(クリエイティブ)『CreativePebble』 CREATIVE(クリエイティブ)『CreativePebble』 CREATIVE(クリエイティブ)『CreativePebble』 CREATIVE(クリエイティブ)『CreativePebble』 CREATIVE(クリエイティブ)『CreativePebble』

出典:Amazon

音声入出力 φ3.5mmステレオライン出力
スピーカーのユニット構成 左右セパレート型 ステレオ スピーカー
アンプ出力 最大4.4W RMS
音響システム -
総合出力 最大4.4W RMS
電源タイプ USBバスパワー

Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

格安・高音質・扱いやすいの三拍子

上向きのスピーカーユニットが特徴の小型PC用スピーカー。見た目には小さなスピーカーですが、PCデスク上に置くとちょうど耳に向けて音が出てくる絶妙な設計です。

ゲームや音楽再生、YouTubeや映像配信をPCで視聴する人なら「もうこれでじゅうぶん」と言いたくなるほどの高音質。

接続は3.5ミリのステレオミニ端子で電源はUSBバスパワーという変則的な仕様ですが、ノートPCと組み合わせて持ち歩きも可能です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

JBL『JBL Pebbles(JBLPEBBLESBLKJN)』

JBL『JBLPebbles(JBLPEBBLESBLKJN)』 JBL『JBLPebbles(JBLPEBBLESBLKJN)』 JBL『JBLPebbles(JBLPEBBLESBLKJN)』 JBL『JBLPebbles(JBLPEBBLESBLKJN)』 JBL『JBLPebbles(JBLPEBBLESBLKJN)』 JBL『JBLPebbles(JBLPEBBLESBLKJN)』 JBL『JBLPebbles(JBLPEBBLESBLKJN)』 JBL『JBLPebbles(JBLPEBBLESBLKJN)』

出典:Amazon

音声入出力 USBコネクタ×1、外部入力(3.5mmステレオ ミニジャック)×1
スピーカーのユニット構成 50mm 径フルレンジドライバー× 2
アンプ出力 -
音響システム -
総合出力 -
電源タイプ USB 2.5W

Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

5000円で購入できる超高音質PCスピーカー

米国の老舗音響機器ブランドのJBLによる、PC用スピーカーの大ヒットモデル。

デジタルアンプと50mmのフルレンジドライバーの組み合わせ、そしてUSB DACとして音声信号も伝送する仕様によって、常識を覆すほどのクリアで情報量豊富な高音質を実現しています。

個人的にはこのJBL Pebblesで聴いて以来、PC用スピーカーとしての音質向上もいき着く所まで来たと考えてしまったほどの逸品です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ONKYO(オンキヨー)『GX-D90(Y/B)パワードスピーカーシステム』

ONKYO(オンキヨー)『GX-D90(Y/B)パワードスピーカーシステム』

出典:Amazon

音声入出力 デジタル入力×2(光/同軸 切換)、アナログ入力×1(ステレオRCA)、サブウーファー出力×1(モノラルRCA) ほか
スピーカーのユニット構成 OMFダイヤフラム採用9cmウーファー
アンプ出力 15W+15W(4Ω)
音響システム 「VLSC」
総合出力 15W+15W(4Ω)
電源タイプ 100V(50/60Hz)

Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

PC用スピーカーの域を超えた重低音

2002年からの超ロングセラーになっている大型のデスクトップスピーカー。メーカーによる分類上はPCスピーカーですが、43x29x18cmというサイズはデスク上に置くにはかなり大きめです。

PCとの接続向けステレオミニ端子がなく、光/同時期デジタルやRCA端子しかないというのも例外的な存在。それでもロングセラーの理由は、9cmウーファーによる圧倒的な重低音再生能力にあります。

音の情報量を出すタイプではありませんが、設置性も確保できて、とにかく低音重視という人なら今でも選択肢に入る商品です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Fostex(フォステクス)『PM0.3』

Fostex(フォステクス)『PM0.3』 Fostex(フォステクス)『PM0.3』 Fostex(フォステクス)『PM0.3』 Fostex(フォステクス)『PM0.3』 Fostex(フォステクス)『PM0.3』 Fostex(フォステクス)『PM0.3』

出典:Amazon

音声入出力 INPUT A:RCAピンジャック、360mV(入力感度)、INPUT B:ステレオミニジャック、650mV(入力感度)
スピーカーのユニット構成 7.5cm(3インチ)コーンスピーカーウーハー、1.9cm(3/4インチ)ソフトドームツィーター
アンプ出力 15W+15W(RMS)/可変ボリューム付
音響システム -
総合出力 15W+15W(RMS)/可変ボリューム付
電源タイプ DC15V(付属の専用ACアダプターを使用)

Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

DTMにも使えるアクティブスピーカー

スピーカー設計の老舗のFOSTEXによる15W+15Wデジタルアンプと2ウェイスピーカーを搭載したハイレゾ対応のパーソナル・アクティブスピーカー・システム。

PC用やDTM用のように用途を指定したモデルではないのですが、FOSTEXのスピーカーは極めて精緻でストレートなサウンドを特徴としているので、用途としてはDTMを中心とした音楽制作や落ち着いた音楽リスニングに向き。

入力端子はRCA端子とステレオミニ端子が揃うので、DTM用の機器だけでなくPCとも直接接続できます。

並のPCスピーカーでは満足できない人にも試してほしい機種ですね。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

YAMAHA(ヤマハ)『NX-N500』

YAMAHA(ヤマハ)『NX-N500』 YAMAHA(ヤマハ)『NX-N500』 YAMAHA(ヤマハ)『NX-N500』 YAMAHA(ヤマハ)『NX-N500』 YAMAHA(ヤマハ)『NX-N500』 YAMAHA(ヤマハ)『NX-N500』

出典:Amazon

音声入出力 アナログ×1(ステレオミニ)、デジタル音声×2(光デジタル、USB端子)、Network×2(イーサネット、Wi-Fi)
スピーカーのユニット構成 13cmコーン型ウーファー、3cmドーム型ツィーター
アンプ出力 45W + 45W
音響システム ハイレゾ音源
総合出力 45W + 45W
電源タイプ AC

Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

PC接続もWi-Fi再生もこなすオールインワン

Hi-Fiオーディオ発のアンプ内蔵スピーカーのなかでも注目モデルがYAMAHAのNX-N500です。

一見すると左右独立したパワードスピーカーですが、Wi-Fi内蔵でハイレゾのネットワーク再生やSpotifyの音楽配信にも対応。PCと直結すればハイレゾのなかの上位仕様となる384kHz/24bit、もちろんアナログ入力にも対応。

高音質なだけではなくアンプ内蔵スピーカーの可能性を凝縮したマルチな一台です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

KEF『LS50 WIRELESS』

KEF『LS50WIRELESS』 KEF『LS50WIRELESS』

出典:楽天市場

音声入出力 2.4GHz/5GHz デュアルバンドWi-Fiネットワーク、aptX®コーデックUSB タイプB ほか
スピーカーのユニット構成 Uni-Qドライバーアレイ:HF:25mm、ベンテッド・アルミドームLF/MF:130mmマグネシアム/アルミ合金
アンプ出力 LF: 200W、HF: 30W
音響システム -
総合出力 (SPL) 106 dB
電源タイプ -

Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

英国オーディオブランドのアンプ内蔵スピーカー

高音質での音楽リスニングを目指す趣味性の高いHi-Fiオーディオ。そのなかでも珍しいアンプ内蔵スピーカーで、高音質を目指すモデルとして評価されているのが、KEFのLS50 WIRELESSです。

KEFは英国の人気スピーカーブランド。音を精緻に再現する「Uni-Qドライバー」という独自のスピーカー設計が得意で、ベースモデルのLS50もベストセラー。LS50 WIRELESSはそんなLS50にWi-FiやBluetooth、USB DACといった現代的な入力をすべて搭載しました。

高級オーディオらしい超高音質サウンドと使い勝手を両立したスピーカーです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

SONY(ソニー)『SRS-XB41』

SONY(ソニー)『SRS-XB41』 SONY(ソニー)『SRS-XB41』 SONY(ソニー)『SRS-XB41』 SONY(ソニー)『SRS-XB41』 SONY(ソニー)『SRS-XB41』 SONY(ソニー)『SRS-XB41』 SONY(ソニー)『SRS-XB41』 SONY(ソニー)『SRS-XB41』 SONY(ソニー)『SRS-XB41』 SONY(ソニー)『SRS-XB41』 SONY(ソニー)『SRS-XB41』 SONY(ソニー)『SRS-XB41』 SONY(ソニー)『SRS-XB41』 SONY(ソニー)『SRS-XB41』 SONY(ソニー)『SRS-XB41』 SONY(ソニー)『SRS-XB41』 SONY(ソニー)『SRS-XB41』 SONY(ソニー)『SRS-XB41』

出典:Amazon

音声入出力 ステレオミニジャック(オーディオ入力端子)
スピーカーのユニット構成 直径約58mm(フルレンジ)×2
アンプ出力 50W(25W+25W)
音響システム ClearAudio+
総合出力 50W(25W+25W)
電源タイプ AC(リチウムイオンバッテリー)

Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

重低音再生がテーマのBluetoothスピーカー

アンプ内蔵スピーカーのなかでも、今最も盛り上がっているジャンルがBluetooth接続のワイヤレススピーカーです。

SRS-XB41は、スマホとワイヤレスで接続できる上にバッテリー内蔵で、最大24時間の音楽再生に対応しています。

PCの前でじっくり音楽を聴くよりもお部屋でガンガン音楽を流したい人は、Bluetoothスピーカーから選ぶといいです。

「アンプ内蔵スピーカー」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
CREATIVE(クリエイティブ)『Creative Pebble』
JBL『JBL Pebbles(JBLPEBBLESBLKJN)』
ONKYO(オンキヨー)『GX-D90(Y/B)パワードスピーカーシステム』
Fostex(フォステクス)『PM0.3』
YAMAHA(ヤマハ)『NX-N500』
KEF『LS50 WIRELESS』
SONY(ソニー)『SRS-XB41』
商品名 CREATIVE(クリエイティブ)『Creative Pebble』 JBL『JBL Pebbles(JBLPEBBLESBLKJN)』 ONKYO(オンキヨー)『GX-D90(Y/B)パワードスピーカーシステム』 Fostex(フォステクス)『PM0.3』 YAMAHA(ヤマハ)『NX-N500』 KEF『LS50 WIRELESS』 SONY(ソニー)『SRS-XB41』
商品情報
特徴 格安・高音質・扱いやすいの三拍子 5000円で購入できる超高音質PCスピーカー PC用スピーカーの域を超えた重低音 DTMにも使えるアクティブスピーカー PC接続もWi-Fi再生もこなすオールインワン 英国オーディオブランドのアンプ内蔵スピーカー 重低音再生がテーマのBluetoothスピーカー
音声入出力 φ3.5mmステレオライン出力 USBコネクタ×1、外部入力(3.5mmステレオ ミニジャック)×1 デジタル入力×2(光/同軸 切換)、アナログ入力×1(ステレオRCA)、サブウーファー出力×1(モノラルRCA) ほか INPUT A:RCAピンジャック、360mV(入力感度)、INPUT B:ステレオミニジャック、650mV(入力感度) アナログ×1(ステレオミニ)、デジタル音声×2(光デジタル、USB端子)、Network×2(イーサネット、Wi-Fi) 2.4GHz/5GHz デュアルバンドWi-Fiネットワーク、aptX®コーデックUSB タイプB ほか ステレオミニジャック(オーディオ入力端子)
スピーカーのユニット構成 左右セパレート型 ステレオ スピーカー 50mm 径フルレンジドライバー× 2 OMFダイヤフラム採用9cmウーファー 7.5cm(3インチ)コーンスピーカーウーハー、1.9cm(3/4インチ)ソフトドームツィーター 13cmコーン型ウーファー、3cmドーム型ツィーター Uni-Qドライバーアレイ:HF:25mm、ベンテッド・アルミドームLF/MF:130mmマグネシアム/アルミ合金 直径約58mm(フルレンジ)×2
アンプ出力 最大4.4W RMS - 15W+15W(4Ω) 15W+15W(RMS)/可変ボリューム付 45W + 45W LF: 200W、HF: 30W 50W(25W+25W)
音響システム - - 「VLSC」 - ハイレゾ音源 - ClearAudio+
総合出力 最大4.4W RMS - 15W+15W(4Ω) 15W+15W(RMS)/可変ボリューム付 45W + 45W (SPL) 106 dB 50W(25W+25W)
電源タイプ USBバスパワー USB 2.5W 100V(50/60Hz) DC15V(付属の専用ACアダプターを使用) AC - AC(リチウムイオンバッテリー)
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年11月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月26日時点 での税込価格

そのほかのスピーカーのおすすめはこちら 【関連記事】

用途で選びましょう|AV評論家からのアドバイス

スピーカー

Photo by Ingo Schulz on Unsplash

自分の聴きたい音がわかれば、製品の選択肢も狭まり決めやすくなります。

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

冒頭にアンプ内蔵スピーカーについて解説した通り、アンプ内蔵スピーカーは用途が様々。自分が再生する音楽をどんな目的で聴きたいのかによって、製品選びの選択肢がガラリと変わります。今回は僕なりに各分野イチオシの機種を選出しました。

より専門的な情報で検討したい人は、PC用のスピーカーを探しているならPCスピーカー、音楽制作用ならモニタースピーカー、そして、スマホと組み合わせて音楽を聴くワイヤレススピーカーのおすすめナビの記事も併せてチェックしてみてください。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/11/26 コンテンツの追加・修正のため、記事を更新しました(マイナビおすすめナビ編集部 花島優史)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【2020年】コンポおすすめ14選|音質とデザインにこだわる【ワイヤレス化やハイレゾ対応も】

【2020年】コンポおすすめ14選|音質とデザインにこだわる【ワイヤレス化やハイレゾ対応も】

本記事ではオーディオ&ビジュアルライター/AV評論家の折原一也さんに、おしゃれなデザインで音質のいいコンポの選び方、おすすめ12選をご紹介していただきました。最近では、BluetoothやWi-Fiに対応したワイヤレス化、音質にこだわるなら欠かせないハイレゾ対応されたモデルが多く、性能や使い勝手が格段に向上しています。記事後半には、Amazonなどの人気売れ筋ランキングや口コミ、スペック比較表もあるので、ぜひチェックしてみてください。


ホームシアタースピーカーおすすめ21選|【ド迫力音源で映画を楽しむ】ch数の違いも解説

ホームシアタースピーカーおすすめ21選|【ド迫力音源で映画を楽しむ】ch数の違いも解説

オーディオライターでAV機器に詳しい折原一也さんへの取材をもとに、2020年版ホームシアタースピーカー21選をご紹介します。初心者の方にも役立つバータイプスピーカーやサラウンドスピーカーの商品をご紹介しています。記事後半には、Amazonなどの人気売れ筋ランキングや口コミ、スペック比較表もあるので、ぜひチェックしてみてください。


ミニコンポおすすめ12選|高音質でインテリアにもなるおしゃれなものを選ぼう!

ミニコンポおすすめ12選|高音質でインテリアにもなるおしゃれなものを選ぼう!

普段持ち歩いてるスマホで好きな音楽を手軽に楽しめる時代です。ですが、スピーカーから出る音を空間で楽しむことも音楽の醍醐味。そんなときにミニコンポは活躍してくれます。この記事では、音響機器メーカー「株式会社ムジカコーポレーション」CEOの眞壁征生さん編集部が選んだおすすめ商品を紹介。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


【コンパクト・軽量】小型スピーカーおすすめ11選|パッシブ・アクティブ型もご紹介!

【コンパクト・軽量】小型スピーカーおすすめ11選|パッシブ・アクティブ型もご紹介!

音楽・オーディオ評論家が選ぶ小型スピーカー5選をご紹介します。音楽を聴くのが趣味で、小型スピーカーを探している人はいませんか。小型スピーカーはさまざまなメーカーが出しており、ブックシェルフ型パッシブスピーカーやアンプ内蔵アクティブスピーカーなど、製品にもそれぞれの特徴があります。この記事では、音楽・オーディオ評論家の岩田由記夫さんにお話をうかがい、おすすめの小型スピーカーについて教えてもらいました。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


【2020最新】Bluetooth(ブルートゥース)イヤホンおすすめ18選&選び方|高コスパから人気モデルまで!

【2020最新】Bluetooth(ブルートゥース)イヤホンおすすめ18選&選び方|高コスパから人気モデルまで!

この記事では、家電製品総合アドバイザーの福田満雄さんへの取材をもとに、Bluetoothイヤホンの選び方とおすすめ商品18選をご紹介していきます! 最近はイヤホンジャックのないスマートフォンも多く登場しているので、今後ますます注目が高まる予感。高コスパ、高音質、長時間連続再生などおすすめの人気モデルを厳選! 通販サイトの売れ筋人気ランキングとあわせてチェックしてくださいね。


新着記事


独自の漂白活性化剤配合!『ワイドハイター EXパワー』ニオイの原因菌を分解!? 検証レビュー

独自の漂白活性化剤配合!『ワイドハイター EXパワー』ニオイの原因菌を分解!? 検証レビュー

タオルの生乾きのニオイ対策や黄ばみの漂白としても使用されることが多い『ワイドハイター EXパワー』。独自の漂白活性化剤がプラスされているので、ワイドハイターよりも洗浄力がアップ! さらにニオイや黄ばみ対策に期待ができますね。お店や通販でも、さまざまな種類の漂白剤が並んでいるので、どの汚れにどの漂白剤を使用したらいいのか迷ってしまいますが、汚れ落ちの効果はもちろんのこと、やはり日常的に使いやすいのは、「入れるだけ」の手軽さではないでしょうか? ニオイの原因菌の増殖を抑えたり、食べこぼし汚れにも期待できる『ワイドハイター EXパワー』を使用した後に感じたことをご紹介します!


ユニ アルファゲルは疲れにくい&集中が続く! グリップのかたさのちがいも試して検証

ユニ アルファゲルは疲れにくい&集中が続く! グリップのかたさのちがいも試して検証

『ユニ アルファゲル』は、三菱鉛筆が販売する握りやすさを追求したシャーペンです。やわらかなゲルグリップは疲れにくく、たくさん文字を書くひとにはぴったりのアイテム。集中力維持にも効果が期待できます。今回は、『ユニ アルファゲル』を実際に試したレビューをご紹介していきます。3種類ラインナップされたグリップのかたさも、すべて試して使い心地を比較。『ユニ アルファゲル』に興味があるひとや、どのかたさのグリップにするか悩んでいるひとは、ぜひ記事を読んで購入の際の参考にしてくださいね。


セラミックナイフもOK!『ダイヤモンドロールシャープナー』簡単な動作で使える研ぎ心地を検証レビュー

セラミックナイフもOK!『ダイヤモンドロールシャープナー』簡単な動作で使える研ぎ心地を検証レビュー

『ダイヤモンドロールシャープナー』は、セラミックナイフOKの両刃用手動シャープナーで、とても簡単に包丁を研ぐことができます。刃を傷めないバネ構造を採用しており、包丁研ぎになれていない人にも安心の商品です。しかし、口コミをみると「切れるようにならない」「刃がかけた」など悪い評価もあります。評判を気にして購入をためらっている人もいそうですね。そこで、口コミが正しいのか、実際に購入して試してみました。包丁の切れ味は復活するのか、安全性に問題はないのか、見極めてください!


鋭い切れ味が長持ち!『関孫六包丁』刃先にこだわった包丁の使い心地を検証レビュー

鋭い切れ味が長持ち!『関孫六包丁』刃先にこだわった包丁の使い心地を検証レビュー

『関孫六包丁』は、総合刃物メーカー「貝印」の包丁。大型スーパーやホームセンターなどでもみかける機会が多く、比較的身近な商品になります。有名メーカーの製品で、さらに安心の国産。信頼度は高そうですが、口コミをみると「切れない」などの悪い評価も挙がっています。口コミが気になって購入に踏み切れない人もいるかもしれませんね。実際のところはどうなのか、商品を実際に購入して試してみました。『関孫六包丁』を見極める材料にしてください。


【2021】『EDiT手帳』の口コミは本当? どんな使い方をする人に向いているかを徹底検証!

【2021】『EDiT手帳』の口コミは本当? どんな使い方をする人に向いているかを徹底検証!

『EDiT手帳』が気になっているけれど、どんな手帳なのかわからない人や、自分に合っているのかが事前にわかればいいのに! と思っている人もいるのではないでしょうか。インターネット上の口コミも気になるところですよね。そこでここでは、『EDiT手帳』の口コミを調査するとともに、『EDiT手帳』を実際に購入し、カバーや見た目、気になる手帳の中身を徹底レビューしていきます。『EDiT手帳』とはどんな手帳なのか、どんな使い方をする人に合っているのかどうかもくわしくお伝えします。最後までぜひお読みください。


家電・AV機器の人気記事


>>もっと見る