【Wi-Fi内蔵スピーカー】おすすめ商品5選|オーディオ&ビジュアルライターが解説

【Wi-Fi内蔵スピーカー】おすすめ商品5選|オーディオ&ビジュアルライターが解説
オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家
折原 一也

オーディオ&ビジュアル専門誌『AV REVIEW』『プレミアムヘッドホンガイドマガジン』や、モノ雑誌『家電批評』『MONOQLO』『GoodsPress』『MonoMax』『DIME』『日経トレンディ』等、Webでは『Phileweb』『日経トレンディネット』『価格.comマガジン』『@DIME』『&GP』等の媒体で、レビュー、解説で活躍する1979年生まれの若手評論家。 日々、新製品発表会や欧米のIT・家電関連イベントを取材しデジタル家電のトレンドにも精通。 高価なハイエンドの機器だけでなく、格安・コスパ志向、ライフスタイル志向の製品までもカバー。 AV家電製品の取材歴が長い事もあり、製品はスペックで判断するだけでなく、実機に触れてクオリティをチェックした上でのレコメンドを心がけている。2009年より音元出版主催のオーディオビジュアルアワード「VGP」審査員。

Wi-Fi内蔵スピーカーは、便利で快適なミュージックライフを我々に提供してくれます。SpotifyもGoogle Musicもインターネットラジオも、あらゆる音楽コンテンツをいつでも気軽に聴くことができる、そんな音楽にあふれた生活に憧れませんか。この記事では、オーディオ&ビジュアルライターでAV評論家の折原一也さんにWi-Fi内蔵スピーカーについてお話をうかがい、おすすめ商品を紹介していただきます。ぜひ選び方の参考にしてください。


Wi-Fi内蔵スピーカーの選び方|オーディオ&ビジュアルライターに聞く

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家の折原一也さんに、Wi-Fi内蔵スピーカーを選ぶときのポイントを5つ教えてもらいました。数ある製品のなか、それぞれに特徴があってどれを選べばよいのか迷いますね。快適なミュージックライフを手に入れるためにも、選び方を参考にしてください。

2つの大きなスピーカー
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

暮らしの中に音楽があると、気持ちにゆとりが生まれてハッピーになれます。どうせなら、音楽はやっぱり高音質で聴きたいものですね。

Wi-Fi内蔵スピーカーの特徴と使用用途を確認する

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

Wi-Fi内臓スピーカーの特徴は大きく分けて2つあります。ひとつはAirPlayやDLNA、Chromecast built-inで家庭内の機器同士を連携させて音楽を聴く機能。日本ではハイレゾの高音質再生でネットワークが注目されたこともあり、高級オーディオの流れを受けた製品も健在です。

もうひとつはSpotifyに代表される定額音楽配信と、インターネットラジオへの対応。これはBluetoothスピーカーから発展して、定額配信をより便利に聴くスピーカーとして、海外先行で発展してきました。

現在売られているWi-Fiスピーカーは、家庭内音楽再生と定額音楽配信の両方に対応した製品が主流ですが、自分が使いたい機能がついているか確認して選びましょう。

BOSE(ボーズ)『SoundTouch 20 wireless speaker』

リモコンだけでなくスマホやタブレットからも操作できる一体型のスピーカーで、BOSEの迫力あるサウンドを楽しめますね。

>> 楽天市場で詳細を見る

家庭内音楽配信は対応形式を確認する

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

スマホやPCと連携させての音楽再生を考えてWi-Fiスピーカーを探している人は、対応するホームネットワークの種類を確認してみましょう。メジャーなものはアップルによるAirPlay、GoogleによるChromeCast、そして多くのメーカーが対応するDLNAです。

とくにiPhone/iPadから音楽を流すなら、アプリ不要でiOSから認識するAirPlay対応が便利、同様にAndroidスマホならChromeCast対応が便利。両対応のWi-Fiスピーカーも増えています。

なお、各スピーカー純正のアプリを利用すれば、この組み合わせから外れていても音楽再生可能なので、そこまでの心配は不要です。

定額音楽配信なら対応サービスを確認する

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

Wi-Fiスピーカーで定額音楽配信を聴くなら、サービスごとにスピーカー側の対応を確認してみましょう。定額音楽配信でメジャーなSpotifyは、Spotify Connect対応スピーカーの利用がシンプルですが、スマホ・タブレットからAirPlay/ChromeCast経由で再生も可能です。

そのほかの定額音楽配信サービスは、スピーカー側の対応、またAirPlayかChromeCast対応の事前確認が必須です。なお、Apple MusicをChromeCast経由で聴く組み合わせはできないので要注意。またradiko.jpのラジオにはWi-Fiスピーカー側の対応が必須です。

Bang & Olufsen(バング&オルフセン)『B&O PLAY Beoplay M5』

デザインと高音質と機能性のバランスがよくて、内蔵の360度スピーカーが重厚なサウンドを聴かせてくれますよ。

>> Amazonで詳細を見る

スマートスピーカーとの連携機能があるか確認する

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

スマートスピーカーはWi-Fiスピーカーにも波及(はきゅう)をはじめています。単体で音楽を聴けるスマートスピーカーですが、GoogleHome、Amazon Echoや、ほかのWi-Fiスピーカーとの連携機能もあり、「○○で音楽を流して」と音声操作でWi-Fiスピーカーによる音楽再生ができます。

GoogleHome連携には「work with Google Assistant」対応製品、またAmazon Echo連携には「Works with Alexa」対応のWi-Fiスピーカーが必要になります。家庭内の音楽再生をスマートスピーカーで一元管理したい人は、これらの対応状況も考えてWi-Fiスピーカーを選びましょう。

Wi-Fi以外の接続もできると便利

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

Wi-Fiスピーカー本来の機能はWi-Fiで音楽を聴くことですが、ほかの機器との接続を考えるなら、Wi-Fi以外に音楽を流す方法も確保しておくと便利です。

たとえば、Bluetoothによるワイヤレス接続ができれば、友人や家族のスマホに入った音楽をすぐに流したいときに便利。アナログ入力端子があれば、レコード等の外部機器で音楽を流す応用もできます。もし家庭内でWi-Fiではなく有線LANで接続したいなら、LAN端子があるか確認しておきましょう。

Wi-Fi内蔵スピーカーおすすめ5選|オーディオ&ビジュアルライターによる厳選商品

上で紹介したWi-Fi内蔵スピーカーの選び方のポイントをふまえて、オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家の折原一也さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。5つの製品はそれぞれすぐれた特徴がありますが、よく比較検討して自分の生活に合ったものを選んでくださいね。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

SONY(ソニー)『ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-HG10』

SONY(ソニー)『ワイヤレスポータブルスピーカーSRS-HG10』 SONY(ソニー)『ワイヤレスポータブルスピーカーSRS-HG10』 SONY(ソニー)『ワイヤレスポータブルスピーカーSRS-HG10』 SONY(ソニー)『ワイヤレスポータブルスピーカーSRS-HG10』 SONY(ソニー)『ワイヤレスポータブルスピーカーSRS-HG10』 SONY(ソニー)『ワイヤレスポータブルスピーカーSRS-HG10』 SONY(ソニー)『ワイヤレスポータブルスピーカーSRS-HG10』 SONY(ソニー)『ワイヤレスポータブルスピーカーSRS-HG10』 SONY(ソニー)『ワイヤレスポータブルスピーカーSRS-HG10』 SONY(ソニー)『ワイヤレスポータブルスピーカーSRS-HG10』 SONY(ソニー)『ワイヤレスポータブルスピーカーSRS-HG10』 SONY(ソニー)『ワイヤレスポータブルスピーカーSRS-HG10』 SONY(ソニー)『ワイヤレスポータブルスピーカーSRS-HG10』

出典:Amazon

接続方式 DLNA、Bluetooth
対応定額音楽配信 Spotify、Google Play Music、AWA
スピーカーとの連携 -
サイズ/重量 204×62×60mm/約700g
サイズ/重量 ステレオミニジャック(オーディオ入力端子)、Micro USB端子
ネット接続 無線対応
周波数帯 60Hz-40,000Hz

Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

ハイレゾ対応でバッテリー内蔵

テーブルの上にもコンパクトに置ける、Bluetoothにも対応するハイレゾ対応のWi-Fiスピーカー。

Wi-Fiからのハイレゾ再生だけでなく、アナログ端子での入力や、Bluetooth接続でのLDACにも対応。また、DSEE HX技術でCD音質の音源もハイレゾ化して再生します。連携機能は「Chromecast built-in」、音楽配信は「Spotify Connect」に対応しています。ただし、AirPlayには非対応なので注意しましょう。

サウンドは繊細志向です。本体が小型でバッテリー内蔵により12時間の音楽再生対応と、外にも持ち出せるWi-Fiスピーカーという時点でなかなか貴重。日本的な発想で作られたWi-Fiスピーカーですね。家のなかの好きな場所や、外でも使いたい方におすすめ。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Sonos(ソノス)『Sonos One』

Sonos(ソノス)『SonosOne』 Sonos(ソノス)『SonosOne』 Sonos(ソノス)『SonosOne』 Sonos(ソノス)『SonosOne』 Sonos(ソノス)『SonosOne』 Sonos(ソノス)『SonosOne』 Sonos(ソノス)『SonosOne』 Sonos(ソノス)『SonosOne』 Sonos(ソノス)『SonosOne』 Sonos(ソノス)『SonosOne』

出典:Amazon

接続方式 Wi-Fi、AirPlay2
対応定額音楽配信 Amazon Music、Spotify、Apple Music
スピーカーとの連携
サイズ/重量 161.45×119.7×119.7mm/1,850g
サイズ/重量 イーサネットポート
ネット接続 無線対応
周波数帯 -

Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

海外では超定番のWi-Fiスピーカー

Sonosは日本より数年早く定額音楽配信が根付いた欧米で大人気となった、Wi-Fiスピーカーのブランド。日本には2018年秋に初上陸しました。

Sonosアプリで多数の定額音楽配信を一元管理できる機能性は、海外の人気ブランドならでは。Wi-Fiスピーカーとは思えないほどの高音質にも定評があります。2019年1月から、なんと本体のみでAmazon Alexaによるスマートスピーカー機能にも対応しており、定額音楽配信中心に使う人にはイチオシです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

SONY(ソニー)『SRS-ZR7』

SONY(ソニー)『SRS-ZR7』 SONY(ソニー)『SRS-ZR7』 SONY(ソニー)『SRS-ZR7』 SONY(ソニー)『SRS-ZR7』

出典:Amazon

接続方式 Wi-Fi、DLNA、AirPlay、Chromecast、Music Center
対応定額音楽配信 Spotify、Google Play Music、AWA
スピーカーとの連携
サイズ/重量 約300×93×86mm/約1,800g
サイズ/重量 ステレオミニジャック(オーディオ入力端子)、LAN端子、USB A端子、USB B端子、HDMI端子
ネット接続 無線対応
周波数帯 60Hz-40,000Hz

Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

ハイレゾ音源を高音質に再生!

1BOXのボディに22.2chの大口径のスピーカーを内蔵し、ハイレゾ音源を高音質に再生する日本のオーディオらしいWi-Fiスピーカー。

Wi-Fiでホームネットワークからハイレゾ音源の再生ができるだけでなく、Bluetooth接続でLDACにも対応。DSEE HX技術ですべての音源をハイレゾ化して再生します。音楽配信は「Spotify Connect」にも対応するので問題ナシ。また、「work with Google Assistant」に対応しており、Google Homeとも連携できます。スマートスピーカーとして使いたい方におすすめです。

繊細な音と低音再生でHi-Fiオーディオ級の高音質を再生するモデルです。しかし、音の向きをしっかり決めて設置してこそ実力を発揮するタイプなので、置き場をよく考えて選びたいですね。

※メーカーでの取り扱いが終了していることを確認しています。購入希望の方はお早めにどうぞ。(2019/7/30)

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

BOSE(ボーズ)『SoundTouch 20 wireless speaker』

BOSE(ボーズ)『SoundTouch20wirelessspeaker』 BOSE(ボーズ)『SoundTouch20wirelessspeaker』 BOSE(ボーズ)『SoundTouch20wirelessspeaker』

出典:楽天市場

接続方式 Wi-Fi、Bluetooth、AirPlay
対応定額音楽配信 Amazon Music、Spotify
スピーカーとの連携
サイズ/重量 188×314×104mm/3,200g
サイズ/重量 φ3.5mmステレオミニジャック、Ethernetポート
ネット接続 無線対応
周波数帯 -

Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

定番BOSEのワイヤレスサウンドシステム

米国の名門ブランドBOSEが発売するコンパクトスピーカーといっても日本人の感覚としては少し大きめの一体型スピーカーがBOSEのSoundTouch 20です。

リモコンが付属していて従来どおりの音楽リスニングもできますが、スマホ・タブレットから「SoundTouch app」で操作も可能。Spotify、Amazon Musicなどの定額音楽配信を利用でき、AirPlayからの連携にも対応しています。

BOSEが得意とする、ゆったりとした重低音サウンドで部屋を満たしたい人にピッタリです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Bang & Olufsen(バング&オルフセン)『B&O PLAY Beoplay M5』

Bang&Olufsen(バング&オルフセン)『B&OPLAYBeoplayM5』 Bang&Olufsen(バング&オルフセン)『B&OPLAYBeoplayM5』 Bang&Olufsen(バング&オルフセン)『B&OPLAYBeoplayM5』 Bang&Olufsen(バング&オルフセン)『B&OPLAYBeoplayM5』 Bang&Olufsen(バング&オルフセン)『B&OPLAYBeoplayM5』 Bang&Olufsen(バング&オルフセン)『B&OPLAYBeoplayM5』 Bang&Olufsen(バング&オルフセン)『B&OPLAYBeoplayM5』 Bang&Olufsen(バング&オルフセン)『B&OPLAYBeoplayM5』 Bang&Olufsen(バング&オルフセン)『B&OPLAYBeoplayM5』

出典:Amazon

接続方式 Bluetooth、AirPlay、Chromecast、Beolink Multiroom、QPlay2.0(中国のみ)
対応定額音楽配信 Spotify、Deezer、Tuneln(インターネットラジオ)、QQMusic(中国のみ)
スピーカーとの連携 -
サイズ/重量 165×185×165mm/2,540g
サイズ/重量 イーサネット、ライン入力端子(3.5mmジャックアナログ/オプティカル)
ネット接続 無線対応
周波数帯 37~22,000Hz

Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

北欧ブランドにしかない上質なデザイン

デンマークの高級オーディオブランドBang & Olufsenの展開するB&O PLAYは、近代的デザインと高音質、機能性が揃うライフスタイル志向の強いブランドです。

BeoPlay M5は直径16.5cmの円筒形ボディに、ファブリック素材のカバーという上質なデザインに360度スピーカーを内蔵しています。定額音楽配信はSpotifyやAirPlay、Chromecast built-inにまで対応。リッチな低音で部屋を満たしてくれるサウンドの実力派ですが、上質なデザインのプロダクトとしても選びたいモデルですね。デザインのいいWi-Fiスピーカーを探している方におすすめ。

「Wi-Fi内蔵スピーカー」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
SONY(ソニー)『ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-HG10』
Sonos(ソノス)『Sonos One』
SONY(ソニー)『SRS-ZR7』
BOSE(ボーズ)『SoundTouch 20 wireless speaker』
Bang & Olufsen(バング&オルフセン)『B&O PLAY Beoplay M5』
商品名 SONY(ソニー)『ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-HG10』 Sonos(ソノス)『Sonos One』 SONY(ソニー)『SRS-ZR7』 BOSE(ボーズ)『SoundTouch 20 wireless speaker』 Bang & Olufsen(バング&オルフセン)『B&O PLAY Beoplay M5』
商品情報
特徴 ハイレゾ対応でバッテリー内蔵 海外では超定番のWi-Fiスピーカー ハイレゾ音源を高音質に再生! 定番BOSEのワイヤレスサウンドシステム 北欧ブランドにしかない上質なデザイン
接続方式 DLNA、Bluetooth Wi-Fi、AirPlay2 Wi-Fi、DLNA、AirPlay、Chromecast、Music Center Wi-Fi、Bluetooth、AirPlay Bluetooth、AirPlay、Chromecast、Beolink Multiroom、QPlay2.0(中国のみ)
対応定額音楽配信 Spotify、Google Play Music、AWA Amazon Music、Spotify、Apple Music Spotify、Google Play Music、AWA Amazon Music、Spotify Spotify、Deezer、Tuneln(インターネットラジオ)、QQMusic(中国のみ)
スピーカーとの連携 - -
サイズ/重量 204×62×60mm/約700g 161.45×119.7×119.7mm/1,850g 約300×93×86mm/約1,800g 188×314×104mm/3,200g 165×185×165mm/2,540g
サイズ/重量 ステレオミニジャック(オーディオ入力端子)、Micro USB端子 イーサネットポート ステレオミニジャック(オーディオ入力端子)、LAN端子、USB A端子、USB B端子、HDMI端子 φ3.5mmステレオミニジャック、Ethernetポート イーサネット、ライン入力端子(3.5mmジャックアナログ/オプティカル)
ネット接続 無線対応 無線対応 無線対応 無線対応 無線対応
周波数帯 60Hz-40,000Hz - 60Hz-40,000Hz - 37~22,000Hz
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年11月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月27日時点 での税込価格

オーディオ&ビジュアルライターからの助言|音楽配信中心ならスマートスピーカーも要検討

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

高音質に家庭内の音源や定額音楽配信を流せるWi-Fiスピーカーですが、定額音楽配信による音楽リスニングの機能性なら音声アシスタントで選曲までできるスマートスピーカーの方が便利。

2万円以下の予算で探しているなら、最初からスマートスピーカーのなかから選んだ方がマッチするかもしれません。そこであえてWi-Fiスピーカーを選ぶ理由は、ハイレゾ対応機種もある高音質と、その高音質で定額配信まで聴けるところにあります。

自分の求める高音質へのこだわりと、機能性を両立できる一台を探してみてくださいね。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/12/09 コンテンツ追加・修正と価格を更新しました(マイナビおすすめナビ編集部 花島優史)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


スピーカースタンドおすすめ5選|デザイン性豊かなもので、さらに音質をあげよう!

スピーカースタンドおすすめ5選|デザイン性豊かなもので、さらに音質をあげよう!

せっかく高価なスピーカーを買ったのに、床やラックの上に無造作に置いたまま……なんてことはありませんか? オーディオシステムのなかでも、スピーカーはユーザーの個性をもっとも反映させることができる部分であり、スピーカースタンドはその一部です。スタンドの選択の良し悪しで、スピーカーは価格以上のクオリティを発揮することがありますし、逆もまた然りです。ここでは、アンプやスピーカーなどオーディオ機器を制作・販売する株式会社ムジカコーポレーションCEOの眞壁征生さんへの取材をもとに、スピーカースタンドの選び方とおすすめ商品を紹介します。


【2020年】コンポおすすめ14選|音質とデザインにこだわる【ワイヤレス化やハイレゾ対応も】

【2020年】コンポおすすめ14選|音質とデザインにこだわる【ワイヤレス化やハイレゾ対応も】

本記事ではオーディオ&ビジュアルライター/AV評論家の折原一也さんに、おしゃれなデザインで音質のいいコンポの選び方、おすすめ12選をご紹介していただきました。最近では、BluetoothやWi-Fiに対応したワイヤレス化、音質にこだわるなら欠かせないハイレゾ対応されたモデルが多く、性能や使い勝手が格段に向上しています。記事後半には、Amazonなどの人気売れ筋ランキングや口コミ、スペック比較表もあるので、ぜひチェックしてみてください。


ホームシアタースピーカーおすすめ21選|【ド迫力音源で映画を楽しむ】ch数の違いも解説

ホームシアタースピーカーおすすめ21選|【ド迫力音源で映画を楽しむ】ch数の違いも解説

オーディオライターでAV機器に詳しい折原一也さんへの取材をもとに、2020年版ホームシアタースピーカー21選をご紹介します。初心者の方にも役立つバータイプスピーカーやサラウンドスピーカーの商品をご紹介しています。記事後半には、Amazonなどの人気売れ筋ランキングや口コミ、スペック比較表もあるので、ぜひチェックしてみてください。


ミニコンポおすすめ12選|高音質でインテリアにもなるおしゃれなものを選ぼう!

ミニコンポおすすめ12選|高音質でインテリアにもなるおしゃれなものを選ぼう!

普段持ち歩いてるスマホで好きな音楽を手軽に楽しめる時代です。ですが、スピーカーから出る音を空間で楽しむことも音楽の醍醐味。そんなときにミニコンポは活躍してくれます。この記事では、音響機器メーカー「株式会社ムジカコーポレーション」CEOの眞壁征生さん編集部が選んだおすすめ商品を紹介。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


【コンパクト・軽量】小型スピーカーおすすめ11選|パッシブ・アクティブ型もご紹介!

【コンパクト・軽量】小型スピーカーおすすめ11選|パッシブ・アクティブ型もご紹介!

音楽・オーディオ評論家が選ぶ小型スピーカー5選をご紹介します。音楽を聴くのが趣味で、小型スピーカーを探している人はいませんか。小型スピーカーはさまざまなメーカーが出しており、ブックシェルフ型パッシブスピーカーやアンプ内蔵アクティブスピーカーなど、製品にもそれぞれの特徴があります。この記事では、音楽・オーディオ評論家の岩田由記夫さんにお話をうかがい、おすすめの小型スピーカーについて教えてもらいました。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


新着記事


独自の漂白活性化剤配合!『ワイドハイター EXパワー』ニオイの原因菌を分解!? 検証レビュー

独自の漂白活性化剤配合!『ワイドハイター EXパワー』ニオイの原因菌を分解!? 検証レビュー

タオルの生乾きのニオイ対策や黄ばみの漂白としても使用されることが多い『ワイドハイター EXパワー』。独自の漂白活性化剤がプラスされているので、ワイドハイターよりも洗浄力がアップ! さらにニオイや黄ばみ対策に期待ができますね。お店や通販でも、さまざまな種類の漂白剤が並んでいるので、どの汚れにどの漂白剤を使用したらいいのか迷ってしまいますが、汚れ落ちの効果はもちろんのこと、やはり日常的に使いやすいのは、「入れるだけ」の手軽さではないでしょうか? ニオイの原因菌の増殖を抑えたり、食べこぼし汚れにも期待できる『ワイドハイター EXパワー』を使用した後に感じたことをご紹介します!


ユニ アルファゲルは疲れにくい&集中が続く! グリップのかたさのちがいも試して検証

ユニ アルファゲルは疲れにくい&集中が続く! グリップのかたさのちがいも試して検証

『ユニ アルファゲル』は、三菱鉛筆が販売する握りやすさを追求したシャーペンです。やわらかなゲルグリップは疲れにくく、たくさん文字を書くひとにはぴったりのアイテム。集中力維持にも効果が期待できます。今回は、『ユニ アルファゲル』を実際に試したレビューをご紹介していきます。3種類ラインナップされたグリップのかたさも、すべて試して使い心地を比較。『ユニ アルファゲル』に興味があるひとや、どのかたさのグリップにするか悩んでいるひとは、ぜひ記事を読んで購入の際の参考にしてくださいね。


セラミックナイフもOK!『ダイヤモンドロールシャープナー』簡単な動作で使える研ぎ心地を検証レビュー

セラミックナイフもOK!『ダイヤモンドロールシャープナー』簡単な動作で使える研ぎ心地を検証レビュー

『ダイヤモンドロールシャープナー』は、セラミックナイフOKの両刃用手動シャープナーで、とても簡単に包丁を研ぐことができます。刃を傷めないバネ構造を採用しており、包丁研ぎになれていない人にも安心の商品です。しかし、口コミをみると「切れるようにならない」「刃がかけた」など悪い評価もあります。評判を気にして購入をためらっている人もいそうですね。そこで、口コミが正しいのか、実際に購入して試してみました。包丁の切れ味は復活するのか、安全性に問題はないのか、見極めてください!


鋭い切れ味が長持ち!『関孫六包丁』刃先にこだわった包丁の使い心地を検証レビュー

鋭い切れ味が長持ち!『関孫六包丁』刃先にこだわった包丁の使い心地を検証レビュー

『関孫六包丁』は、総合刃物メーカー「貝印」の包丁。大型スーパーやホームセンターなどでもみかける機会が多く、比較的身近な商品になります。有名メーカーの製品で、さらに安心の国産。信頼度は高そうですが、口コミをみると「切れない」などの悪い評価も挙がっています。口コミが気になって購入に踏み切れない人もいるかもしれませんね。実際のところはどうなのか、商品を実際に購入して試してみました。『関孫六包丁』を見極める材料にしてください。


【2021】『EDiT手帳』の口コミは本当? どんな使い方をする人に向いているかを徹底検証!

【2021】『EDiT手帳』の口コミは本当? どんな使い方をする人に向いているかを徹底検証!

『EDiT手帳』が気になっているけれど、どんな手帳なのかわからない人や、自分に合っているのかが事前にわかればいいのに! と思っている人もいるのではないでしょうか。インターネット上の口コミも気になるところですよね。そこでここでは、『EDiT手帳』の口コミを調査するとともに、『EDiT手帳』を実際に購入し、カバーや見た目、気になる手帳の中身を徹底レビューしていきます。『EDiT手帳』とはどんな手帳なのか、どんな使い方をする人に合っているのかどうかもくわしくお伝えします。最後までぜひお読みください。


家電・AV機器の人気記事


>>もっと見る