ハイレゾ対応スピーカーおすすめ12選|タイプごとの特徴や機能も解説

SONY(ソニー)『3ウェイ・スピーカーシステム』
出典:Amazon

ダイナミックなサウンドを高音質で楽しめるハイレゾ対応スピーカー。近年では、高音質の音楽空間を作る方も増え、人気のあるデバイスとなっています。

しかし実は、出力方式や形状などチェックすべきポイントはいくつかあり、一つひとつチェックすることで、最上の音楽空間に近づくんです。

本記事では、ハイレゾ対応スピーカーの選び方やおすすめ商品をご紹介。種類や機能・接続タイプなど、詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。


目次

この記事を担当するエキスパート

音響機器メーカー・時計輸入販売「株)ムジカコーポレーション」代表
眞壁 征生

専門は音響アンプの電子回路設計。筐体設計。真空管回路設計。2005年音響機器を開発・製造・販売する会社を設立。国内はもとより、欧州を中心に37ケ国に輸出。 2007年プロオーディオ事業、2013年ログハウス事業、2015年コンサート企画運営事業を開始。2018年から新規事業としてロシア製軍用時計の輸入を始める。その後、数ケ国の機械式腕時計や懐中時計をラインナップ。 2008年よりFM岐阜の長寿番組である『ムジカスタイル』(毎週木曜18:30~)のナビゲーターに。コラム等の執筆多数。総アクセス数370万を超えるブログは、現在も100万アクセス/年のペースで進行中。 ローカル鉄道養老鉄道支援組織『乗って残そう揖斐養老線実行委員会』会長。大垣ケーブルテレビ番組審議委員。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:家電・AV機器
平野 慎也

「家電・AV機器」カテゴリーを担当。ストレス解消に料理をすることが多く、時短できる家電やアイテムはついチェックしてしまう30代編集者。通勤時に音楽を楽しむため、さまざまなイヤホンやヘッドホンを試している。

記事中の本文・商品の選定・ランキングなどのコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作され、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

「ハイレゾ対応スピーカー」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
JBL(ジェイビーエル)『S3900』
YAMAHA(ヤマハ)『NS-F901』
YAMAHA(ヤマハ)『NS-F700』
DENON(デノン)『SC-T17』
SONY(ソニー)『3ウェイ・スピーカーシステム』
YAMAHA(ヤマハ)『スピーカーパッケージ』
Edifier(エディファイア)『2.0 デスクトップ パワードスピーカー with ハイレゾオーディオ』
FOSTEX(フォステクス)『かんすぴシステム』
SONY(ソニー)『グラスサウンドスピーカー』
Anker(アンカー)『Soundcore Motion+』
Tronsmart(トロンスマート)『Element Mega SoundPulse Bluetooth Speaker』
SONY(ソニー)『ワイヤレスポータブルスピーカー』
商品名 JBL(ジェイビーエル)『S3900』 YAMAHA(ヤマハ)『NS-F901』 YAMAHA(ヤマハ)『NS-F700』 DENON(デノン)『SC-T17』 SONY(ソニー)『3ウェイ・スピーカーシステム』 YAMAHA(ヤマハ)『スピーカーパッケージ』 Edifier(エディファイア)『2.0 デスクトップ パワードスピーカー with ハイレゾオーディオ』 FOSTEX(フォステクス)『かんすぴシステム』 SONY(ソニー)『グラスサウンドスピーカー』 Anker(アンカー)『Soundcore Motion+』 Tronsmart(トロンスマート)『Element Mega SoundPulse Bluetooth Speaker』 SONY(ソニー)『ワイヤレスポータブルスピーカー』
商品情報
特徴 クリアな音質が楽しめる2台1組のスピーカー インテリアになじむデザインのハイレゾスピーカー コスパ抜群! ヤマハのフロア型スピーカー 高音質な重低音が心地よいスリムスピーカー 独自の設計で高音質なダブルスピーカー 重低音が響くスタイリッシュデザインのスピーカー スマホから再生できるBluetoothが便利 木目調デザインでインテリアとしても魅力的 ランプのようなおしゃれなデザインが目を引く アプリ連動で便利! デザインもおしゃれ 連続15時間再生可能! タッチパネル操作が便利 かわいいだけじゃない高機能な逸品
出力タイプ パッシブ パッシブ パッシブ パッシブ パッシブ パッシブ アクティブ パッシブ アクティブ アクティブ アクティブ アクティブ
形状 フロア型 フロア型 フロア型 トールボーイ型 トールボーイ型 5.1ch(フロント×2、センター、サラウンド×2、サブウーファー) ブックシェルフ型 ブックシェルフ型 ポータブル型 ポータブル型 ポータブル型 ポータブル型
再生周波数帯域 33Hz~40kHz 32Hz~50kHz、~100kHz 45Hz~50kHz、~100kHz 45Hz~60kHz 45~50kHz フロントスピーカー:67Hz~30kHz、~100kHz、ほか 55Hz~40kHz 150Hz~40kHz 60Hz~40kHz 50Hz~40KHz 115Hz~13KHz 60Hz~40kHz
ワイヤレス対応 なし なし なし なし なし なし Bluetooth なし Bluetooth、Wi-Fi Bluetooth Bluetooth Bluetooth、Wi-Fi
サイズ 370×368×1007mm(スパイク含まず) 270×425×1060mm(スタンド含む) 354×374×1012mm(スタンド含む) 200×220×920mm 230×260×922mm フロント:230×230×1000mm、サブウーファー:291×341×292mm、ほか 138×168×230mm 100×130×195mm(ターミナル突起部含む) 約直径90×277mm 約257×79×81mm 193×58×80mm 約204×62×60mm
重量 39.0kg(グリル装着時) 30.7kg 25.0kg 5.0kg 約11.5kg フロント:2.8kg、サブウーファー:8.5kg、ほか 約7.5kg 1.1kg 約1.1kg(充電池を含む) 約1.05kg 0.6573kg 約700g
その他機能 ホーン&コンプレッション・ドライバー、ダブルウーファー ベースプレート型スタンド、バナナプラグ対応ネジ式(バイワイヤリング可) バナナプラグ対応ネジ式(バイワイヤリング可) スリムデザイン - スピーカーケーブルの本機格納 ワイヤレスリモコン付属、RCA・Optical・Coaxial・USB・bluetooth入力、調整ダイヤル(低音・高音・音量) - LED(32段階)、キャンドルライトモード、LDAC対応、Spotify Connect対応、DSEE HX IPX7規格防水、イコライザー(アプリ)、USB-C接続対応 タッチパッド(ジェスチャーコントロール)、ボイスアシスタント、NFC対応 Extra Bass、LDAC対応、Spotify Connect対応、DSEE HX
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年4月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年2月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年2月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年2月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年2月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月22日時点 での税込価格

ハイレゾ対応スピーカーとは

 

ハイレゾ対応スピーカーとは、呼び名のとおりハイレゾ音源を再生できるスピーカーのことです。

ハイレゾとは、ハイレゾリューションオーディオの略。通常の音源よりも解像度の高い、つまり情報量の多い音源のことを指します。ハイレゾ対応のスピーカーを使うことで、より臨場感のあるダイナミックなサウンドを楽しむことができます。

ハイレゾ対応スピーカーの選び方


それでは、ハイレゾ対応スピーカーの基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記の3つ。

Step.1:出力タイプを確認
Step.2:用途に合わせた形状を選ぶ
Step.3:機能性をチェックする


上記の3つのポイントを抑えることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

Step.1:出力タイプを確認

パッシブとアクティブの違い

Photo by マイナビおすすめナビ

スピーカーの出力タイプは、大きく分けるとパッシブタイプとアクティブタイプの二種類あります。それぞれの特徴を見ていきましょう。

▼好みの音質に組み合わせ可能なパッシブタイプ

パッシブタイプは、内部にアンプ(増幅器)を内蔵していないスピーカー。お好みの音質のアンプを組み合わせる楽しみがあります。

本格的な分、価格は高くなる傾向にあることは留意しておきましょう。

▼省スペースでリーズナブルなアクティブタイプ

アクティブタイプは省スペースで、価格が比較的リーズナブル。パッシブタイプほど高音質は得られないものの、アンプ内蔵で扱いやすいのが特徴です。

Step.2:用途に合わせた形状を選ぶ


スピーカーは形状もさまざまです。用途に合った形状を選びましょう。

▼音質を追求するならフロア型

フロア型は直接床に設置する、サイズが大きいタイプです。サイズが大きいぶん、ダイナミックなサウンドを楽しむことができます。低音域の再生にすぐれていることも特徴。設置するスペースよりも、音質を追求したスピーカーです。

▼迫力あるサウンドを楽しめるトールボーイ型

 

トールボーイ型は細長い形をしたスピーカーです。省スペースと迫力あるサウンドを両立します。テレビと組み合わせて映画やMVを楽しむのもGOOD。

▼省スペースでも高音質のブックシェルフ型

 

ブックシェルフ型は小型ですが、新技術や新素材によって、大型スピーカー並みの音質のものも。省スペースですが、床置きの場合はスピーカースタンドが必要です。ハイレゾ対応スピーカーを購入するのがはじめて、という方にもよいでしょう。

▼気軽に持ち運べるポータブル型

 

ポータブル型は持ち運びできるサイズのスピーカーです。場所をとらず、お手ごろ価格のものが多いのが特徴。パソコンやミュージックプレイヤーの再生にも活躍します。小型ではありますが、あるのとないのでは、音質が段違いに変わるでしょう。

Step.3:機能性をチェックする


その他のプラスαの機能も見ていきましょう。ちょっとした機能があるだけで、使い勝手が変わってくるので、こちらも注目したいポイントです。

(a)Bluetooth対応

 

スマートフォンやオーディオ機器とBluetoothで接続できる機能です。接続がかんたんで配線でごちゃごちゃしないので、スマートに使うことができます。置き場所もある程度自由がきくので便利です。

(b)充電機能

バッテリー
ペイレスイメージズのロゴ

本体を充電できるため、コンセントがない場所でも使うことができ、屋外でも使用可能。コンパクトなものであれば、持ち運びするときにも便利です。

(c)防水機能

 

濡れても故障しない防水機能も便利。アウトドアのシーンで使ったりお風呂で使ったりと、使用シーンの幅が広がります。

エキスパートのアドバイス

音響機器メーカー・時計輸入販売「株)ムジカコーポレーション」代表

高域・低域の特性は要チェック

CDのスペックを超える高音質なハイレゾ音源を再生するためには、下記が必要です。
1)40KHz程度まで再生可能な高域特性
2)じゅうぶんに伸びたパワフルな低域
3)24ビット音源をも再現する高分解能

とくに高域特性はじゅうぶんにチェックして選択してください。

フロア型おすすめ3選

JBL(ジェイビーエル)『S3900』

クリアな音質が楽しめる2台1組のスピーカー

ジェイビーエルはアメリカの家庭用スピーカーメーカーで、70年以上の歴史を持っています。こちらは、そんなJBLの2個一組のフロア型スピーカーです。

省スペースな形状ながら独自のキャビネット構造で、高音質を実現するだけの容量を確保。低域・高域、ともに豊かなサウンドを奏でます。シックなデザインで、部屋の景観も損ねません。

YAMAHA(ヤマハ)『NS-F901』

インテリアになじむデザインのハイレゾスピーカー

比較的省スペースのフロア型スピーカーです。床材にも優しい、ヤマハが新開発した木質素材のベースプレートを使用しています。4スピーカー構造で、低音はもちろん中音域も密度の高いサウンドを可能に。透明感のある立体的な音を楽しめます。

仕上げはピアノメーカーのヤマハならではの、黒鏡面ピアノフィニッシュ。高級感のあるデザインが印象的です。

YAMAHA(ヤマハ)『NS-F700』

YAMAHAスピーカーシステム(ピアノブラック)1台売りNS-F700BP YAMAHAスピーカーシステム(ピアノブラック)1台売りNS-F700BP YAMAHAスピーカーシステム(ピアノブラック)1台売りNS-F700BP YAMAHAスピーカーシステム(ピアノブラック)1台売りNS-F700BP YAMAHAスピーカーシステム(ピアノブラック)1台売りNS-F700BP
出典:Amazon この商品を見るview item

コスパ抜群! ヤマハのフロア型スピーカー

フロア型ながら比較的リーズナブルなスピーカーです。はじめてのフロア型スピーカーとしてもいいのではないでしょうか。16cmウーファーと13cmミッドレンジ、DC-ダイヤフラム方式ドームツィーターの3ウェイ構造。パワフルな中低音域とクリアな高音域を楽しめます

オーディオからシアターまで、幅広く活躍できるスピーカーです。

トールボーイ型おすすめ3選

エキスパートのおすすめ

DENON(デノン)『SC-T17』

デノンDenonSC-T17スピーカーフロントトールボーイハイレゾ対応SC-17SC-37シリーズ1台ブラックSC-T17K デノンDenonSC-T17スピーカーフロントトールボーイハイレゾ対応SC-17SC-37シリーズ1台ブラックSC-T17K デノンDenonSC-T17スピーカーフロントトールボーイハイレゾ対応SC-17SC-37シリーズ1台ブラックSC-T17K デノンDenonSC-T17スピーカーフロントトールボーイハイレゾ対応SC-17SC-37シリーズ1台ブラックSC-T17K
出典:Amazon この商品を見るview item

高音質な重低音が心地よいスリムスピーカー

1910年創業の国内メーカー、デノンのスリムスピーカーです。シンプルなピアノブラック・フィニッシュなので、インテリアにさりげなくなじませることができます。

D.D.L.コーン・ウーファーユニットにより、正確なピストンモーションを実現。P.P.D.D.(Push-Pull Dual Driver)方式が重低音を豊かに再生します。価格も比較的安価なので、気軽に購入できるのがうれしいポイントです。

SONY(ソニー)『3ウェイ・スピーカーシステム』

ソニー3ウェイ・スピーカーシステム(1台)SS-CS3SS-CS3MUC ソニー3ウェイ・スピーカーシステム(1台)SS-CS3SS-CS3MUC ソニー3ウェイ・スピーカーシステム(1台)SS-CS3SS-CS3MUC ソニー3ウェイ・スピーカーシステム(1台)SS-CS3SS-CS3MUC ソニー3ウェイ・スピーカーシステム(1台)SS-CS3SS-CS3MUC ソニー3ウェイ・スピーカーシステム(1台)SS-CS3SS-CS3MUC
出典:Amazon この商品を見るview item

独自の設計で高音質なダブルスピーカー

フロア型よりもお手ごろ価格で購入できる、ハイレゾ対応のトールボーイ型スピーカー。ノイズが少ない、クリアでクセのないサウンドを楽しめます。

ソニー独自の広指向性スーパートゥイーターにより豊かなサウンドを再現、奥行きのある音楽を堪能できるでしょう。MRC(発砲マイカ)を使用した振動板により、中低音域の再生にもすぐれています。

YAMAHA(ヤマハ)『スピーカーパッケージ』

ヤマハスピーカーパッケージNS-PA41(B)5.1chトールボーイスタイルブラックNS-PA41(B) ヤマハスピーカーパッケージNS-PA41(B)5.1chトールボーイスタイルブラックNS-PA41(B) ヤマハスピーカーパッケージNS-PA41(B)5.1chトールボーイスタイルブラックNS-PA41(B) ヤマハスピーカーパッケージNS-PA41(B)5.1chトールボーイスタイルブラックNS-PA41(B) ヤマハスピーカーパッケージNS-PA41(B)5.1chトールボーイスタイルブラックNS-PA41(B) ヤマハスピーカーパッケージNS-PA41(B)5.1chトールボーイスタイルブラックNS-PA41(B) ヤマハスピーカーパッケージNS-PA41(B)5.1chトールボーイスタイルブラックNS-PA41(B) ヤマハスピーカーパッケージNS-PA41(B)5.1chトールボーイスタイルブラックNS-PA41(B)
出典:Amazon この商品を見るview item

重低音が響くスタイリッシュデザインのスピーカー

グロスブラック仕上げのスタイリッシュなスピーカー。省スペースなので、部屋を圧迫しません。コードを本機に収納できるので、コードの配線がごちゃごちゃとしないのもポイントです。

A-YSTII方式やツイステッドフレアポートにより、豊かな重低音の再生を可能に。ノイズを低減し、クリアで臨場感のあるサウンドを実現しています。

ブックシェルフ型おすすめ2選

Edifier(エディファイア)『2.0 デスクトップ パワードスピーカー with ハイレゾオーディオ』

【日本正規代理店品】Edifierハイレゾ対応2.0chデスクトップパワードスピーカーED-S880DB 【日本正規代理店品】Edifierハイレゾ対応2.0chデスクトップパワードスピーカーED-S880DB 【日本正規代理店品】Edifierハイレゾ対応2.0chデスクトップパワードスピーカーED-S880DB 【日本正規代理店品】Edifierハイレゾ対応2.0chデスクトップパワードスピーカーED-S880DB 【日本正規代理店品】Edifierハイレゾ対応2.0chデスクトップパワードスピーカーED-S880DB 【日本正規代理店品】Edifierハイレゾ対応2.0chデスクトップパワードスピーカーED-S880DB 【日本正規代理店品】Edifierハイレゾ対応2.0chデスクトップパワードスピーカーED-S880DB 【日本正規代理店品】Edifierハイレゾ対応2.0chデスクトップパワードスピーカーED-S880DB
出典:Amazon この商品を見るview item

スマホから再生できるBluetoothが便利

ポップなデザインが特徴の、2台1組のスピーカーです。チタン製のツィーターユニットが、高感度で高解像度のサウンドを奏でます。

背面に低音・高音・音量調節のダイヤルを搭載しているので、かんたんにサウンドを調整可能。Bluetooth接続ができるのも特徴で、スマホからお気に入りの音楽を、気軽にスピーカー出力できます。

FOSTEX(フォステクス)『かんすぴシステム』

FOSTEXかんすぴスピーカーシステムハイレゾ対応P804-S FOSTEXかんすぴスピーカーシステムハイレゾ対応P804-S FOSTEXかんすぴスピーカーシステムハイレゾ対応P804-S FOSTEXかんすぴスピーカーシステムハイレゾ対応P804-S
出典:Amazon この商品を見るview item

木目調デザインでインテリアとしても魅力的

フォステクスは、国内メーカー・フォスター電機の自社ブランドです。P802-Sは木目調のデザインがおしゃれでコンパクトなスピーカー。手を出しやすい価格設定となっています。

小音量の再生を得意としているため、睡眠時やリラックスタイムでの使用にもよいでしょう。エッジにウレタンフォーム材を使用しているため、低音再生にもすぐれています。

ポータブル型おすすめ4選

SONY(ソニー)『グラスサウンドスピーカー』

ランプのようなおしゃれなデザインが目を引く

まるでランプのようなデザインの、おしゃれなスピーカーです。生演奏のようなサウンドを再現する、「アドバンスド バーティカル ドライブ テクノロジー」を搭載。CDや圧縮音源を高音質で再生できる「DSEE HX」も付いています。

Bluetooth搭載なので、スマホやタブレットにもかんたんに接続。最大再生時間8時間の大容量バッテリーが搭載されているので、長時間音楽を楽しむことができます。

Anker(アンカー)『Soundcore Motion+』

AnkerSoundcoreMotion+Bluetoothスピーカー防水重低音apt-X30W出力12時間連続再生IPX7パッシブラジエーターiPhone&Android対応ブラック AnkerSoundcoreMotion+Bluetoothスピーカー防水重低音apt-X30W出力12時間連続再生IPX7パッシブラジエーターiPhone&Android対応ブラック AnkerSoundcoreMotion+Bluetoothスピーカー防水重低音apt-X30W出力12時間連続再生IPX7パッシブラジエーターiPhone&Android対応ブラック AnkerSoundcoreMotion+Bluetoothスピーカー防水重低音apt-X30W出力12時間連続再生IPX7パッシブラジエーターiPhone&Android対応ブラック AnkerSoundcoreMotion+Bluetoothスピーカー防水重低音apt-X30W出力12時間連続再生IPX7パッシブラジエーターiPhone&Android対応ブラック AnkerSoundcoreMotion+Bluetoothスピーカー防水重低音apt-X30W出力12時間連続再生IPX7パッシブラジエーターiPhone&Android対応ブラック AnkerSoundcoreMotion+Bluetoothスピーカー防水重低音apt-X30W出力12時間連続再生IPX7パッシブラジエーターiPhone&Android対応ブラック AnkerSoundcoreMotion+Bluetoothスピーカー防水重低音apt-X30W出力12時間連続再生IPX7パッシブラジエーターiPhone&Android対応ブラック
出典:Amazon この商品を見るview item

アプリ連動で便利! デザインもおしゃれ

コンパクトながらもHi-Fiサウンドで、低域から高域まで楽しめる製品。防水性能も高いため、お風呂やキッチンなどでも使用可能で、Bluetooth接続も可能。連動アプリによってイコライザーをカスタマイズできます。

また、USBケーブルを使用で、ノートパソコンからゲームまで、さまざまな機器に接続が可能です。カラーバリエーションはブラック、ブルー、レッドの3種類でどれもおしゃれ。

Tronsmart(トロンスマート)『Element Mega SoundPulse Bluetooth Speaker』

連続15時間再生可能! タッチパネル操作が便利

最大連続再生時間15時間と、大容量のバッテリーを搭載しているのが特徴。40Wの高出力オーディオドライバー搭載なので、小さなサイズながらも大音量でサウンドを再生できます。

Bluetooth搭載なので、スマホやタブレットとの接続もスムーズ。操作はタッチパネル式なので、感覚的に操作できるのも魅力です。

SONY(ソニー)『ワイヤレスポータブルスピーカー』

ソニーワイヤレスポータブルスピーカーSRS-HG10:Bluetooth/Wi-Fi/LDAC/ハイレゾ/専用スマホアプリ対応2018年モデル/マイク付き/グレイッシュブラックSRS-HG10B ソニーワイヤレスポータブルスピーカーSRS-HG10:Bluetooth/Wi-Fi/LDAC/ハイレゾ/専用スマホアプリ対応2018年モデル/マイク付き/グレイッシュブラックSRS-HG10B ソニーワイヤレスポータブルスピーカーSRS-HG10:Bluetooth/Wi-Fi/LDAC/ハイレゾ/専用スマホアプリ対応2018年モデル/マイク付き/グレイッシュブラックSRS-HG10B ソニーワイヤレスポータブルスピーカーSRS-HG10:Bluetooth/Wi-Fi/LDAC/ハイレゾ/専用スマホアプリ対応2018年モデル/マイク付き/グレイッシュブラックSRS-HG10B ソニーワイヤレスポータブルスピーカーSRS-HG10:Bluetooth/Wi-Fi/LDAC/ハイレゾ/専用スマホアプリ対応2018年モデル/マイク付き/グレイッシュブラックSRS-HG10B ソニーワイヤレスポータブルスピーカーSRS-HG10:Bluetooth/Wi-Fi/LDAC/ハイレゾ/専用スマホアプリ対応2018年モデル/マイク付き/グレイッシュブラックSRS-HG10B ソニーワイヤレスポータブルスピーカーSRS-HG10:Bluetooth/Wi-Fi/LDAC/ハイレゾ/専用スマホアプリ対応2018年モデル/マイク付き/グレイッシュブラックSRS-HG10B ソニーワイヤレスポータブルスピーカーSRS-HG10:Bluetooth/Wi-Fi/LDAC/ハイレゾ/専用スマホアプリ対応2018年モデル/マイク付き/グレイッシュブラックSRS-HG10B ソニーワイヤレスポータブルスピーカーSRS-HG10:Bluetooth/Wi-Fi/LDAC/ハイレゾ/専用スマホアプリ対応2018年モデル/マイク付き/グレイッシュブラックSRS-HG10B ソニーワイヤレスポータブルスピーカーSRS-HG10:Bluetooth/Wi-Fi/LDAC/ハイレゾ/専用スマホアプリ対応2018年モデル/マイク付き/グレイッシュブラックSRS-HG10B ソニーワイヤレスポータブルスピーカーSRS-HG10:Bluetooth/Wi-Fi/LDAC/ハイレゾ/専用スマホアプリ対応2018年モデル/マイク付き/グレイッシュブラックSRS-HG10B ソニーワイヤレスポータブルスピーカーSRS-HG10:Bluetooth/Wi-Fi/LDAC/ハイレゾ/専用スマホアプリ対応2018年モデル/マイク付き/グレイッシュブラックSRS-HG10B
出典:Amazon この商品を見るview item

かわいいだけじゃない高機能な逸品

オーガニックな5種類のカラーバリエーションがあるポータブルスピーカー。コンパクトながらも低音から高音まで豊かに奏でることができます。

Wi-Fi接続でスマホやタブレット、PCなどの音楽を楽しむことが可能。場所を選ばないので、アウトドアでも気軽に使用できるでしょう。「Extra Bass」ボタンを押すと、低音を強化することが可能。より迫力あるサウンドを楽しめます。

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ハイレゾ対応スピーカーの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのハイレゾ対応スピーカーの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ブックシェルフスピーカーランキング
楽天市場:スピーカーランキング
Yahoo!ショッピング:アクティブスピーカーランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

まとめ


本記事では、ハイレゾ対応スピーカーの選び方、そしてタイプ別のおすすめ商品をご紹介しましたが、いかがでしたか?商品を選ぶ際は、下記の3つのステップで商品を見ていきましょう。

Step.1:出力タイプを確認
Step.2:用途に合わせた形状を選ぶ
Step.3:機能性をチェックする


上記のポイントを抑えることで、より使いやすいハイレゾ対応スピーカーを選べるはずです。

ハイレゾは今まで以上に質の高い音楽を楽しむための機能。そして、ハイレゾ対応スピーカーは、より快適な音楽空間を作ることが可能になります。現在販売されているスピーカーは、Bluetoothや最高音質など、様々な機能がついている商品も多いです。そのため、ぜひ本記事を参考に、自分にピッタリの商品を見つけ、最高の音楽空間を作り上げてくださいね。

【関連記事】その他のスピーカーをチェック

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。
※特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。
※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
※商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
※記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。
※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


JBLスピーカーおすすめ15選|種類ごとの特徴をおさえて選ぼう!

JBLスピーカーおすすめ15選|種類ごとの特徴をおさえて選ぼう!

家庭向けからプロフェッショナル向けまで70年以上に渡り数多くの名機、傑作オーディオ機器を開発してきたJBLは、スピーカーの先駆者として、オーディオの歴史を築いてきました。本記事では、JBLスピーカーについて、種類ごとの特徴や選び方をご紹介。記事後半には、通販サイトの口コミや評判、最新人気ランキングやスペック比較表もありますので、ぜひチェックしてみてください。

tag icon Bluetoothスピーカー , パソコン周辺機器 , スピーカー

USBスピーカーおすすめ15選|お手軽な安いものから高音質なものまで

USBスピーカーおすすめ15選|お手軽な安いものから高音質なものまで

アナログ接続と比べてノイズや音質の劣化が少なく、パソコンの音楽再生をよりいい音で聞けるUSBスピーカー。USBケーブル1本で接続できるものも多く、オーディオに不慣れな方でも簡単に接続できます。本記事では、USBスピーカーの選び方とおすすめ商品をご紹介。エレコム、サンワサプライなどのおなじみのサプライメーカーのほか、JBLやヤマハ、クリプトンなどのオーディオメーカーなどの高性能モデルも厳選しています。記事後半には、通販サイトの口コミや評判、最新人気ランキングやスペック比較表もありますので、ぜひチェックしてみてください。

tag icon スピーカー , オーディオ

【2022年】重低音スピーカーおすすめ9選|高音質・持ち運び・デザインで選ぶ

【2022年】重低音スピーカーおすすめ9選|高音質・持ち運び・デザインで選ぶ

映画や音楽、ゲームをより大迫力で臨場感を味わいたい場合に重要なのが、重低音域に特化したスピーカーかどうか。Bluetooth対応の有無なども重要な判断基準です。本記事では、重低音スピーカーの選び方とおすすめ商品をご紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。

tag icon Bluetoothスピーカー , スピーカー , オーディオ

スピーカースタンドおすすめ10選|デザイン性豊かで低音も表現する!

スピーカースタンドおすすめ10選|デザイン性豊かで低音も表現する!

せっかく高価なスピーカーを買ったのに、床やラックの上に無造作に置いたまま……なんてことはありませんか?オーディオシステムのなかでも、スピーカーはユーザーの個性をもっとも反映させることができる部分であり、スピーカースタンドはその一部です。スタンドの選択の良し悪しで、スピーカーは価格以上のクオリティを発揮することがありますし、逆もまた然りです。この記事では、スピーカースタンドの選び方とおすすめ商品を紹介します。デザイン性の高いものや機能的なものまで紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

tag icon スピーカー , AVアクセサリ , オーディオ

シアターバーおすすめ9選|壁掛けタイプや高コスパ商品も紹介

シアターバーおすすめ9選|壁掛けタイプや高コスパ商品も紹介

「シアターバー」は、薄型TVと組み合わせて、映画やゲームで採用されているサラウンド音響を家庭で再現できるアイテム。「サウンドバー」と呼ばれる製品と一部重複しますが、とくにシアターバーは、バーチャルサラウンド技術5.1ch、7.1chのサラウンドや最新の立体音響に対応していて、本格的に映画やゲームのサラウンドの再現を目指した製品を指します。本記事では、シアターバーを選ぶポイントと、映画やゲームのサラウンド再現を重視したおすすめ製品をご紹介。ぜひ参考に、シアターバーを導入して迫力あるサウンドをぜひ楽しんでください。

tag icon サウンドバー , テレビ , スピーカー

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。