パッシブスピーカーの選び方とおすすめ7選【初心者向け|接続の基本知識も解説】

パッシブスピーカーの選び方とおすすめ7選【初心者向け|接続の基本知識も解説】
オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家
折原 一也

オーディオ&ビジュアル専門誌『AV REVIEW』『プレミアムヘッドホンガイドマガジン』や、モノ雑誌『家電批評』『MONOQLO』『GoodsPress』『MonoMax』『DIME』『日経トレンディ』等、Webでは『Phileweb』『日経トレンディネット』『価格.comマガジン』『@DIME』『&GP』等の媒体で、レビュー、解説で活躍する1979年生まれの若手評論家。 日々、新製品発表会や欧米のIT・家電関連イベントを取材しデジタル家電のトレンドにも精通。 高価なハイエンドの機器だけでなく、格安・コスパ志向、ライフスタイル志向の製品までもカバー。 AV家電製品の取材歴が長い事もあり、製品はスペックで判断するだけでなく、実機に触れてクオリティをチェックした上でのレコメンドを心がけている。2009年より音元出版主催のオーディオビジュアルアワード「VGP」審査員。

オーディオ&ビジュアルライターである折原一也さんへの取材のもと、おすすめのパッシブスピーカーをご紹介していきます。自宅に置いた本格的なオーディオシステムから音楽を流す……。そのように高音質を追求した音楽リスニングをする機器はHi-Fiオーディオと呼ばれています。Hi-Fiオーディオで用いるスピーカーは、スピーカーを駆動するアンプを内蔵せずに、スピーカーユニットと筐体による音の響きをコントロールして音楽を流す役割を担う、非常に重要な役割を持つアイテムです。本記事を参考にパッシブスピーカーを選び、快適な音楽空間を作り出してください!


パッシブスピーカーとは?

アンプが内蔵されていないスピーカーのことを一般的にパッシブスピーカーと呼びます。好きな音楽のジャンルや音質に合わせてアンプ変えることで、自分の好きな音質を楽しむことができる、カスタマイズ性が魅力です。

さまざまな種類があり、高音質を求めたり、インテリアとして設置できるなど、組み合わせ次第でさまざまな楽しみ方が生まれます。

スピーカーを拡大した画像
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

商品を選ぶ前に、そもそもパッシブスピーカーとはどんなものなのか、理解を深めることで、自分に合った商品を購入できますよ!

アクティブスピーカーとの違いは?

一般に販売されているスピーカーには大きく分けて2種類のスピーカーがあります。1つは「パッシブスピーカー」。もう1つが「アクティブスピーカー」です。まずは、この2つの商品の違いについて解説いたします。

拡大した白いスピーカーの画像
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

一般的に安価で接続がかんたんなものはアクティブスピーカー。音にこだわりたい方向けの商品がパッシブスピーカーになります。

パッシブスピーカーとは

パッシブスピーカーはアンプを内蔵していないスピーカーのこと。
高音質で自分好みの音にカスタマイズできる点が特徴的。高音域に優れたもの、低音域に優れたもの、パワフルなサウンドを感じられるものなど、種類も豊富です。しかし、アンプを別途用意したり、接続が少々難しく、値段も高価なのが難点。

アクティブスピーカーとは

アクティブスピーカーはアンプを内蔵しているスピーカーのこと。
iPhoneやAndroidなどのスマホやPCをBluetoothや専用コードに接続するだけで音を出せるのが特徴的。つまり、設置が比較的かんたんです。また、低価格なものが多いです。しかし、音質や音の出力が低い傾向があるのがデメリットです。

音質にこだわらない方はアクティブスピーカー、音質にこだわりたい方はパッシブスピーカーがピッタリです。

アンプとは?|接続の基本構成を解説

コンポのアンプ部分を拡大した画像
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

パッシブスピーカー選びで失敗しないよう、オーディオ機器、アンプ、スピーカーのそれぞれの役割も知っておきましょう。

パッシブスピーカーはアンプを内蔵していないスピーカーと説明しましたが、では、アンプとは一体何を指すのでしょうか。

かんたんに役割を解説すると、アンプは音の電気信号(情報)を増幅させ、スピーカーに届ける役割。スピーカーはアンプから来た電気信号を音として発信する役割。

そもそも、オーディオ機器から発しているのは音ではなく、電気信号(音の情報)です。その電気信号は非常に小さく、スピーカーに接続しても音として発信することができません。

そのため、アンプを媒介にすることで電気信号を増幅させ、音として発信できる大きさにし、スピーカーで音として発信させるのです。それが私たちが聞くスピーカーの「音」なのです。

本記事でご紹介しているのはアンプの内蔵されていない「パッシブスピーカー」。そのため、アンプがなければ作動しませんのでご注意ください。

オーディオ・アンプ・スピーカーの接続構成を図解した画像

Photo by マイナビおすすめナビ

音の電気信号は、アンプを通って音になり、そしてスピーカーから私たちの耳に響いてきます。パッシブスピーカー・アクティブスピーカーの違いを理解しましょう!

パッシブスピーカーの種類

オーディオ&ビジュアルライターの折原一也さんによると、パッシブスピーカーは大きく分けて2つの種類があります。折原さんの取材をもとにそれぞれ解説していきます。

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

本格的なHi-Fiオーディオで用いられるスピーカーは、スピーカースタンドや棚などに設置する「ブックシェルフ型」と、床に直接置ける「トールボーイ型」(フロアスタンディング型とも呼ばれます)に分けられます。

各社とも一番小さく安価なスピーカーはブックシェルフ型ですが、よい音を聴くためのセッティングには別途スピーカースタンドが必要です。トールボーイ型なら買ったスピーカーを床に直接設置できますが、サイズが大きくやや高価。利用シーンと設置方法に応じて選びましょう。

「ブックシェルフ型スピーカー」とは

「ブックシェルフ=本棚」の名前の通り、コンパクトで本棚にも収まる大きさが特徴的なのがブックシェルフ型のパッシブスピーカーです。インテリアとの一体感を演出でき、また、比較的扱いやすいです。設置場所を小さくしたい方にピッタリです。

向き合ったスピーカーの画像
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

コンパクトなスピーカーを求めている方は「ブックシェルフ型」がピッタリです。

「トールボーイ型スピーカー」とは

スピーカー自体が大きく、また、設置場所にスペースが必要なのがトールボーイ型のパッシブスピーカーです。スピーカーユニットも複数内蔵しているので、豊かでパワフルな音質を堪能できます。テレビとの連携で映画鑑賞を楽しんだり、音楽観賞の専用スペースを持ちたいと考えている方にピッタリです。

テレビの横に大型で縦長のスピーカーを設置した写真
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

テレビや映画鑑賞など、映像作品の音にこだわりたい場合は「トールボーイ型」がピッタリです。

パッシブスピーカーの選び方 オーディオ&ビジュアルライターの折原一也さんに聞く

上記の基礎知識をおさえた上で、オーディオ&ビジュアルライターの折原一也さんにパッシブスピーカーを選ぶときのポイントを3つ教えていただきました。

スピーカー特性で選ぶ

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

パッシブスピーカーを選ぶ方は、やはり音質にこだわる方が多いでしょう。スピーカーの定格スペックのなかの「周波数特性」は再生できる低音から高音の音域幅をあらわしていて、数値の幅が大きいほど定格上すぐれています。高域側を40kHz(キロヘルツ)以上までカバーするものは、ハイレゾ音源を再現するための基準を満たしているため、ハイレゾ対応などと呼ばれますね。

スピーカーの鳴らしやすさをあらわす能率や、オーディオ機器とそろえるのが基本のインピーダンスの数値も確認しておきましょう。

ユニット構成で選ぶ

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

スピーカーはドライバーと呼ばれる太鼓のようなユニットを振動させて音を鳴らします。安価なモデルはひとつのユニットですべての帯域をカバーするフルレンジという機構が基本。

上位機種になると高域を再生するツィーターと中低域を担当するウーファーによる2ウェイ、さらに中域をミッドウーファー、低域をウーファーと3つに分けた3ウェイとユニットが増えていきます。

ユニット数の多いスピーカーはいずれも大型のもので、とくにユニット数が多い機種ほど低音の再生能力が高いものが多いようです。

ブランドや音色で選ぶ

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

スピーカー選びの際の基礎知識としてスペックについて解説しましたが、スペックはあくまで参考値。どの機種からどんな音が聴けるかは、ブランドの個性によります。スピーカーを購入する方の決め手は、実際にショールームや専門店、家電量販店の店頭で試聴したり、Webや雑誌の記事を参考にしたりとさまざま。

また、ブランドによる音作りの方向性を信頼して購入する人もいらっしゃいます。買いものはスピーカー選びの情報収集をしっかりしてからにしましょう。

パッシブスピーカーおすすめ7選 オーディオ&ビジュアルライターの折原一也さんが選ぶ

スピーカー(黒)
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

一体どんなパッシブスピーカーがおすすめなのでしょうか。「ブックシェルフ型」「トールボーイ型」それぞれ見て、参考にしてください!

ここまでに紹介したパッシブスピーカーの選び方のポイントをふまえて、オーディオ&ビジュアルライターの折原一也さんに選んでもらった、おすすめのパッシブスピーカーをご紹介していきます。

【ブックシェルフ型】おすすめ商品

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

YAMAHA(ヤマハ)『NS-B330』

YAMAHA(ヤマハ)『NS-B330』

出典:Amazon

形状 ブックシェルフ型
周波数特性 再生周波数帯域:55Hz~45kHz(-10dB)~100kHz(-30dB)、クロスオーバー周波数:2.8kHz
ユニット数 2(13cmコーン型ウーファー、3cmアルミドーム型ツィーター)
ハイレゾ対応 対応
Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d
オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家
ナチュラルサウンドの定番

パッシブスピーカーのなかでもお手ごろな価格で信頼できる製品を展開しているのが、日本を代表するスピーカーブランドのひとつであるヤマハ。もとは音楽制作スタジオで使われていたモニタースピーカーがルーツの『NS-B330』は、ハイレゾ対応のロゴを取得していて、ワイドレンジが特性です。

ヤマハのサウンドは、「ナチュラルサウンド」とも呼ばれる心地よく瑞々しい自然なサウンドが特徴。小型のブックシェルフ型で、自然に聴けてくせの少ないサウンドを求めている方におすすめです。

※各社通販サイトの 2019年7月31日時点 での税込価格

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Bowers & Wilkins(バウワース アンド ウィルキンス) 600 Series『607 スタンドマウントスピーカー』

Bowers & Wilkins(バウワース アンド ウィルキンス) 600 Series『607 スタンドマウントスピーカー』

出典:Amazon

形状 ブックシェルフ型
周波数特性 再生周波数帯域:40Hz~33kHz(-6dB)、周波数特性:52Hz~28kHz(±3dB)
ユニット数 2(25mmアルミニウム・ドーム・トゥイーター、130mmコンティニュアム・コーン・ミッドバス)
ハイレゾ対応 非対応
Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d
オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家
憧れの高音質オーディオブランド

オーディオファンの選ぶ憧れのブランドのひとつが、アビー・ロード・スタジオでも採用されている、Bowers & Wilkins。ブックシェルフ型の入門モデルにあたる『607』も、小型の見た目からは想像がつかないほどの空間再現力で、スピーカーの存在が消えて空間のなかで音が鳴るような体験ができます。本格的なHi-Fiオーディオ入門としておすすめしたいスピーカーです。

※各社通販サイトの 2019年7月31日時点 での税込価格

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

KEF Q Series『Q350 2-wayブックシェルフスピーカー』

KEF Q Series『Q350 2-wayブックシェルフスピーカー』

出典:Amazon

形状 ブックシェルフ型
周波数特性 再生周波数帯域:63Hz~28kHz(±3dB)、周波数特性:42Hz(-6dB)、クロスオーバー周波数:2.5kHz
ユニット数 2(25mmベンテッド・アルミニウム・ドーム HF、165mmアルミニウム Uni-Q)
ハイレゾ対応 非対応
Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d
オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家
英国の人気スピーカーブランド

BBC(英国放送協会)向けに放送用モニタースピーカーを送りだした老舗として、日本でも人気の英国スピーカーブランドがKEFです。高域用のツィーターと低域用のウーファーを同一軸上に配置する、独自の同軸ユニット「Uni-Qドライバー」を用いたスピーカー設計で知られています。

『Q350』はKEFの主力シリーズでもっともコンパクトな機種ですが、同軸スピーカーユニットらしく、すべての音を淀(よど)みなく正確に定位する再現性は本物です。小型ながら低音も見た目以上に出せる実力派のスピーカー。定位感と低音にこだわりのある方にもおすすめです。

※各社通販サイトの 2019年7月31日時点 での税込価格

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

JBL『4312MII』

JBL『4312MII』

出典:楽天市場

形状 ブックシェルフ型
周波数特性 周波数特性:55Hz〜50kHz(−6dB)、クロスオーバー周波数 :7kHz、12kHz
ユニット数 3(133mm径ピュアバルブ・ホワイトコーン・ウーファー、19mm径テンパード・ピュアチタン・ドーム・ツィーター ほか)
ハイレゾ対応 対応
Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d
オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家
JBLのモニタースピーカーを家庭に

音楽制作のスタジオに置かれたプロフェッショナル向けのJBLのモニタースピーカーのスタイルを、家庭にそのまま届けるコンパクトモニター。133mm径の大型ウーファーをレイアウトしたサウンドは、JBLらしくヌケがよくエネルギッシュです。そのまま床に設置でき、家庭で使用すれば存在感抜群。自宅にJBLのモニタースピーカーを所有するという満足感から、愛好家にも人気です。

※各社通販サイトの 2019年7月31日時点 での税込価格

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ELAC(エラック)『BS263』

ELAC(エラック)『BS263』

出典:Amazon

形状 ブックシェルフ型
周波数特性 周波数特性:41Hz~50kHz、クロスオーバー周波数:2500Hz
ユニット数 2(JET V、150mm パルプ/アルミ・ハイブリッドAS XR CONE)
ハイレゾ対応 対応
Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d
オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家
小型サイズで驚きの高音質

高音質を追求するパッシブスピーカー選びでは、候補となるスピーカーは大型のものになりがちですね。それとは逆に小型サイズで超高音質をつきつめるのが、ドイツのスピーカーブランドELACによる『BS 263』。独自の「JET V」のツィーターを特徴とする高解像・ハイスピードなサウンドで、見た目のサイズ以上の空間再現力を備えています。サイズに頼らず小型スピーカーで高音質を追求したい方におすすめです。

※各社通販サイトの 2019年7月31日時点 での税込価格

【トールボーイ型】おすすめ商品

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

MONITOR AUDIO(モニターオーディオ)『BRONZE 5』

MONITOR AUDIO(モニターオーディオ)『BRONZE 5』

出典:Amazon

形状 トールボーイ型
周波数特性 周波数特性:37Hz~30kHz、クロスオーバー周波数:600Hz、2,800Hz
ユニット数 3(25mm Gold dome C-CAM ツィーター×1、140mm C-CAM Bass/Mid ドライバー×1 ほか)
ハイレゾ対応 非対応
Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d
オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家
低音までパワフルな英国スピーカー

有力スピーカーブランドが多数存在する英国のなかでも、自社ですべてのスピーカーパーツを製造するブランドが、MONITOR AUDIO。『BORONZE 5』は、同社の入門向けシリーズのなかでも中型のトールボーイスピーカーで、金属素材を用いた独自のC-CAM振動板を搭載しています。

サウンドは歯切れがよくダイナミック。日本の住宅ではじゅうぶんすぎるほどにパワフルでボリューム感たっぷりの低音。存在感ある大きめのトールボーイスピーカーを探している方におすすめです。

※各社通販サイトの 2019年7月31日時点 での税込価格

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Bowers & Wilkins (バウワース アンド ウィルキンス) 600 Series『603 スピーカー』

Bowers & Wilkins (バウワース アンド ウィルキンス) 600 Series『603 スピーカー』

出典:Amazon

形状 トールボーイ型
周波数特性 再生周波数帯域:29Hz~33kHz(-6dB)、周波数特性:48Hz~28kHz(±3dB)、クロスオーバー周波数:400Hz
ユニット数 3(25mmアルミニウム・ドーム・トゥイーター、165mmペーパー・コーン・ウーファーx2基 ほか)
ハイレゾ対応 非対応
Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d
オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家
中価格帯でも人気のB&W

B&Wのスピーカーにはブックシェルフ型の『607』もありますが、より大きな部屋でスケールの大きなサウンドを聴きたい方には、トールボーイ型の『603』もおすすめです。『607』との違いは、ウーファーを2基追加した構成による低音の沈み込みと、パワーを増したサウンド。

あわせてスピーカーの存在を消すような、圧倒的な空間スケールの大きさも持ち味ですね。よりスペックの高い「700シリーズ」や「800シリーズ」とも共通する、B&W流の高音質を体験できるスピーカーです。

※各社通販サイトの 2019年7月31日時点 での税込価格

「パッシブスピーカー」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
YAMAHA(ヤマハ)『NS-B330』
Bowers & Wilkins(バウワース アンド ウィルキンス) 600 Series『607 スタンドマウントスピーカー』
KEF Q Series『Q350 2-wayブックシェルフスピーカー』
JBL『4312MII』
ELAC(エラック)『BS263』
MONITOR AUDIO(モニターオーディオ)『BRONZE 5』
Bowers & Wilkins (バウワース アンド ウィルキンス) 600 Series『603 スピーカー』
商品 YAMAHA(ヤマハ)『NS-B330』 Bowers & Wilkins(バウワース アンド ウィルキンス) 600 Series『607 スタンドマウントスピーカー』 KEF Q Series『Q350 2-wayブックシェルフスピーカー』 JBL『4312MII』 ELAC(エラック)『BS263』 MONITOR AUDIO(モニターオーディオ)『BRONZE 5』 Bowers & Wilkins (バウワース アンド ウィルキンス) 600 Series『603 スピーカー』
特徴 ナチュラルサウンドの定番 憧れの高音質オーディオブランド 英国の人気スピーカーブランド JBLのモニタースピーカーを家庭に 小型サイズで驚きの高音質 低音までパワフルな英国スピーカー 中価格帯でも人気のB&W
価格 Amazon : ¥ 28,092
楽天市場 : ¥ 28,639
Yahoo!ショッピング : ¥ 28,200
※各社通販サイトの 2019年7月31日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 97,200
楽天市場 : ¥ 73,670
PayPayモール : ¥ 70,690
※各社通販サイトの 2019年7月31日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 73,400
楽天市場 : ¥ 66,096
Yahoo!ショッピング : ¥ 63,780
※各社通販サイトの 2019年7月31日時点 での税込価格
楽天市場 : ¥ 51,699
Yahoo!ショッピング : ¥ 58,800
※各社通販サイトの 2019年7月31日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 189,500
Yahoo!ショッピング : ¥ 184,800
※各社通販サイトの 2019年7月31日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 103,229
※各社通販サイトの 2019年7月31日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 108,864
楽天市場 : ¥ 128,681
Yahoo!ショッピング : ¥ 109,963
※各社通販サイトの 2019年7月31日時点 での税込価格
形状 ブックシェルフ型 ブックシェルフ型 ブックシェルフ型 ブックシェルフ型 ブックシェルフ型 トールボーイ型 トールボーイ型
周波数特性 再生周波数帯域:55Hz~45kHz(-10dB)~100kHz(-30dB)、クロスオーバー周波数:2.8kHz 再生周波数帯域:40Hz~33kHz(-6dB)、周波数特性:52Hz~28kHz(±3dB) 再生周波数帯域:63Hz~28kHz(±3dB)、周波数特性:42Hz(-6dB)、クロスオーバー周波数:2.5kHz 周波数特性:55Hz〜50kHz(−6dB)、クロスオーバー周波数 :7kHz、12kHz 周波数特性:41Hz~50kHz、クロスオーバー周波数:2500Hz 周波数特性:37Hz~30kHz、クロスオーバー周波数:600Hz、2,800Hz 再生周波数帯域:29Hz~33kHz(-6dB)、周波数特性:48Hz~28kHz(±3dB)、クロスオーバー周波数:400Hz
ユニット数 2(13cmコーン型ウーファー、3cmアルミドーム型ツィーター) 2(25mmアルミニウム・ドーム・トゥイーター、130mmコンティニュアム・コーン・ミッドバス) 2(25mmベンテッド・アルミニウム・ドーム HF、165mmアルミニウム Uni-Q) 3(133mm径ピュアバルブ・ホワイトコーン・ウーファー、19mm径テンパード・ピュアチタン・ドーム・ツィーター ほか) 2(JET V、150mm パルプ/アルミ・ハイブリッドAS XR CONE) 3(25mm Gold dome C-CAM ツィーター×1、140mm C-CAM Bass/Mid ドライバー×1 ほか) 3(25mmアルミニウム・ドーム・トゥイーター、165mmペーパー・コーン・ウーファーx2基 ほか)
ハイレゾ対応 対応 非対応 非対応 対応 対応 非対応 非対応
商品情報

購入前に気を付けるポイント オーディオ&ビジュアルライターの折原一也さんが伝える

スピーカー(ブラウン)
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

パッシブスピーカーは決して安い商品ではありません。しっかり吟味して、後悔しない商品選択をしましょう。

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

しっかり試聴してから購入しましょう

選び方の基礎知識としてスペックの解説をしましたが、やはりスピーカーのスペックを見ただけではどんな音色に聴こえるかはわかりません。スピーカーが備えている音色はメーカーや製品ごとに個性があります。お気に入りのスピーカーを選ぶにはそこまで踏み込んで探すべきでしょう。

商品紹介には、私自身のスピーカー試聴経験をもとにしたサウンドの特徴を示しておきました。可能であれば、メーカーのショールームやオーディオ専門店、家電量販店の試聴コーナーなどに足を運び、自分の耳で聴いて、好みに合うスピーカーを探すことを強く推奨します。

通販サイトのランキングを参考にする パッシブスピーカーの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場でのパッシブスピーカーの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ブックシェルフ型スピーカーランキング
楽天市場:トールボーイ型スピーカーランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【関連記事】さまざまなスピーカーをチェック!

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【開放型イヤホン】選び方&おすすめ5選|有線・ワイヤレス/リモコンの有無に注目

【開放型イヤホン】選び方&おすすめ5選|有線・ワイヤレス/リモコンの有無に注目

IT・家電ジャーナリストが選ぶ開放型イヤホンおすすめ商品5選をご紹介します。イヤホンはその形状によって音質が変わるのをご存じですか? 移動や通勤時に音楽やラジオを聴く人も多いと思います。最近のイヤホンは耳栓タイプのカナル型が主流ですが、開放型イヤホンはカナル型では味わえない音を楽しむことができるんです。本記事では、IT・家電ジャーナリストの安蔵靖志さんに開放型イヤホンの選び方について解説していただきます。最後に、各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、あわせて参考にしてみてください。


【Bluetoothヘッドホン】のおすすめ6選|音質・バッテリー駆動時間で選ぶ!

【Bluetoothヘッドホン】のおすすめ6選|音質・バッテリー駆動時間で選ぶ!

オーディオ・ビジュアル評論家が選ぶBluetoothヘッドホン6選をご紹介します。ウォークマンなどの専用プレーヤーよりもスマートフォンで音楽を聴くことが主流となった現在は、ヘッドホンは有線モデルよりもBluetoothワイヤレスが多数を占めるようになりました。しかし、ワイヤレスゆえに気をつけるポイントがいくつかあります。そこで、オーディオ・ビジュアル評論家の野村ケンジさんにBluetoothヘッドホンの選び方のコツについて教えてもらいました。最後に各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、ぜひ参考にしてみてください。


PS4アンプおすすめ5選【初心者が間違えやすい注意点と選び方】

PS4アンプおすすめ5選【初心者が間違えやすい注意点と選び方】

ITライターの海老原 昭さんに、PS4アンプの選び方とおすすめ商品についてうかがいました。サウンドに興味を持ち、いざ設置しようとしても、初心者だと何を基準に機器を選べばいいのか分かりませんよね。本記事では、アンプの特徴や選び方、注意点などを解説しています。ぜひ、参考にしてみてくださいね!


ウォークマン向けのイヤホンおすすめ6選【ハイレゾ音源・リケーブル対応製品も】

ウォークマン向けのイヤホンおすすめ6選【ハイレゾ音源・リケーブル対応製品も】

オーディオ・ビジュアル評論家の野村ケンジさんに、ウォークマン向けイヤホンの選び方とおすすめ商品を紹介してもらいました。いまやDAP(デジタルオーディオプレーヤー)の代表的な存在となっているウォークマンですが、そのラインナップにはさまざまなモデルが用意されています。そのなかでも、特に人気を集めているのがハイレゾ音源に対応したモデルです。この記事では、ハイレゾ対応モデルの新製品「A100」シリーズ、「ZX500」シリーズにあうイヤホンを選ぶときのポイントやおすすめの商品を紹介していますので参考にしてみてください。


おしゃれなBluetoothスピーカーおすすめ6選【インテリアにもピッタリ】

おしゃれなBluetoothスピーカーおすすめ6選【インテリアにもピッタリ】

オーディオ・ビジュアル評論家の野村健司さんにおしゃれなBluetoothスピーカーの選び方とおすすめ商品について聞きました。最近では、さまざまなデザインのスピーカーがたくさん登場していて、どれを買おうか迷っている方も多いのではないでしょうか。インテリアとしても、アウトドアに使えるものもご紹介していますので、ぜひ参考にしてください!


新着記事


ベビーマットおすすめ5選【助産師に聞いた】選び方も詳しく解説

ベビーマットおすすめ5選【助産師に聞いた】選び方も詳しく解説

助産師の河井恵美さんに、ベビーマットについて詳しくお話をうかがいました。ベビーマットには、寝返り前の赤ちゃんを寝かせるマットや、転倒したときの衝撃を軽くする目的で床に敷く大きめのマットなど、さまざまなタイプのものがあります。家庭の環境やメンテナンスのしやすさなども考えながら、用途に合ったものを選びたいですね。この記事では助産師であり、保育士の資格もお持ちの河井さんに、ベビーマットの選び方とおすすめの商品を教えていただきました。後半に掲載した各通販サイトの売れ筋ランキングと合わせて、赤ちゃんが快適に過ごせるマット選びにお役立てください。


キッズ用ラッシュガードおすすめ5選【保育士ライターに聞いた】紫外線から子どもの肌を守る

キッズ用ラッシュガードおすすめ5選【保育士ライターに聞いた】紫外線から子どもの肌を守る

紫外線から肌を守り、ケガの予防にもなるラッシュガード。海やプールのレジャーはもちろん、子どもたちは水泳の授業でも着用することが多くなりました。さまざまなタイプがあるラッシュガードですが、購入するにはどのような点に着目したらよいのでしょうか。この記事では保育士ライターのすぎ けいこさんに、キッズ用のラッシュガードの選び方とおすすめの商品を教えていただきました。後半には各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載しています。子どもにぴったりのラッシュガードを選ぶ参考にしてみてください。


バスライトおすすめ6選|くつろぎのひとときに【アロマやプラネタリウムを楽しむ】

バスライトおすすめ6選|くつろぎのひとときに【アロマやプラネタリウムを楽しむ】

家電コンシェルジュの松本レイナさんに、バスライトの選び方とおすすめ商品についてうかがいました。備え付けの照明と違って、落ち着いた空間にもきらびやかな空間にもしてくれるバスライト。デザインやカラーもさまざまで、1つ買うといろいろな種類を試してみたくなるバスグッズのひとつです。興味はあるけれども、どの商品を選んだらよいか迷っている方も多いのではないでしょうか。本記事を参考に、自分好みの商品を見つけてみてください。


スイッチングハブおすすめ6選|通信速度を快適に!【LANポートを増やす】

スイッチングハブおすすめ6選|通信速度を快適に!【LANポートを増やす】

家電コンシェルジュの松本レイナさんに、スイッチングハブのおすすめ商品と選び方を教えてもらいました。ゲーム機やテレビなど、LANケーブルで複数の機器を接続したい場合に役立つスイッチングハブ。ルーターのLANポートと繋げるだけで、かんたんにポートの増設ができます。自分の家にはどの商品があっているのか、ぜひ本記事を参考にして選んでみてください。


【ミネラル豊富な塩】おすすめ5選! 塩料理研究家が選び方も解説

【ミネラル豊富な塩】おすすめ5選! 塩料理研究家が選び方も解説

塩料理研究家の青山志穂さんに聞いた、ミネラル豊富な塩を選ぶポイントと、おすすめの商品を紹介します。塩を構成する主たるミネラルには、「ナトリウム」「マグネシウム」「カルシウム」「カリウム」があります。塩の主成分である塩化ナトリウムもミネラルですが、本記事では「ナトリウム以外のミネラル」を多く含んだ塩にスポットを当てました。記事後半には各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、合わせて塩選びの参考にしてみてください。


人気の記事


>>総合ランキングを見る