パッシブスピーカーおすすめ9選【小型・ブックシェルフタイプなど】接続の基礎知識・高音質向けの選び方も

パッシブスピーカーおすすめ9選【小型・ブックシェルフタイプなど】接続の基礎知識・高音質向けの選び方も

アンプが内蔵されていない「パッシブスピーカー」。アンプから選び、自分の好みの音質に組み替える楽しみがある商品です。この記事では、パッシブスピーカーの失敗しない選び方、そして、タイプ別のおすすめ商品をご紹介。記事後半には通販サイトの人気ランキングもあります。ぜひ参考にしてください。


マイナビおすすめナビ編集部

担当:家電・AV機器
平野 慎也

「家電・AV機器」カテゴリーを担当。ストレス解消に料理をすることが多く、時短できる家電やアイテムはついチェックしてしまう30代編集者。通勤時に音楽を楽しむため、さまざまなイヤホンやヘッドホンを試している。

記事中の本文・商品の選定・ランキングなどのコンテンツは、すべて編集部の責任において制作され、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

パッシブスピーカーとは

 

アンプが内蔵されていないスピーカーのことを一般的にパッシブスピーカーと呼びます。好きな音楽のジャンルや音質に合わせてアンプを変えることで、自分の好きな音質を楽しむことができる、カスタマイズ性が魅力です。

さまざまな種類があり、高音質を求めたり、インテリアとして設置できるなど、組み合わせ次第でさまざまな楽しみ方が生まれます。

アクティブスピーカーとの違い

 

アクティブスピーカーはアンプを内蔵しているスピーカーのこと。

iPhoneやAndroidなどのスマホやPCをBluetoothや専用コードに接続するだけで音を出せるのが特徴。つまり、設置が比較的かんたんです。また、低価格なものが多いです。しかし、音質や音の出力が低い傾向があるのがデメリットです。

音質にこだわらない方はアクティブスピーカー、音質にこだわりたい方はパッシブスピーカーがピッタリです。

そもそもアンプとは?|接続の基本構成を解説

コンポのアンプ部分を拡大した画像
ペイレスイメージズのロゴ

パッシブスピーカーはアンプを内蔵していないスピーカーと説明しましたが、では、アンプとは一体何を指すのでしょうか。

かんたんに役割を解説すると、アンプは音の電気信号(情報)を増幅させ、スピーカーに届ける役割。スピーカーはアンプから来た電気信号を音として発信する役割。

そもそも、オーディオ機器から発しているのは音ではなく、電気信号(音の情報)です。その電気信号は非常に小さく、スピーカーに接続しても音として発信することができません。そのため、アンプを媒介にすることで電気信号を増幅させ、音として発信できる大きさにし、スピーカーで音として発信させるのです。それが私たちが聞くスピーカーの「音」なのです。

本記事でご紹介しているのはアンプの内蔵されていない「パッシブスピーカー」。そのため、アンプがなければ作動しませんのでご注意ください。

オーディオ・アンプ・スピーカーの接続構成を図解した画像

Photo by マイナビおすすめナビ

パッシブスピーカーの種類

パッシブスピーカーの形状には、大きく分けて「ブックシェルフ型」「トールボーイ型」「フロア型」の3種類があります。一つひとつ解説していきます。

コンパクトなブックシェルフ型

向き合ったスピーカーの画像
ペイレスイメージズのロゴ

「ブックシェルフ=本棚」の名前の通り、コンパクトで本棚にも収まる大きさが特徴的なのがブックシェルフ型のパッシブスピーカーです。インテリアとの一体感を演出でき、扱いやすいのがポイント。設置場所を小さくしたい方にぴったりです。

ただし、コンパクトな分、迫力のある低音を出すのは得意ではありません。低音を重視したい人は、大きめのブックシェルフ型スピーカーを選ぶとよいでしょう。

パワフルな音のトールボーイ型

テレビの横に大型で縦長のスピーカーを設置した写真
ペイレスイメージズのロゴ

スピーカー自体が大きく、また、設置場所にスペースが必要なのがトールボーイ型のパッシブスピーカーです。スピーカーユニットも複数内蔵しているので、豊かでパワフルな音質を堪能できます。テレビと連携させて映画鑑賞を楽しんだり、音楽観賞の専用スペースを持ちたいと考えている人にぴったりです。

大きなスピーカーによる圧迫感を感じたくない人は、スリムタイプを選ぶとよいでしょう。

再現力や迫力にすぐれたフロア型

木製のスピーカー
Pixabayのロゴ

床に直接置くフロア型のパッシブスピーカーは、音の再現性や迫力にすぐれており、音質にこだわる人に適したタイプです。映画や音楽への没入感を味わいたい人は、フロア型のスピーカーを選ぶとよいでしょう。

サイズはほかのタイプより大きなものが多く、設置には場所を取ります。フロア型のパッシブスピーカーを選ぶ際は、スピーカーの性能に見合ったアンプも合わせてそろえると、より臨場感のある音が楽しめるでしょう。

有名メーカー・ブランドの特徴

パッシブスピーカーを選ぶにあたって、おもなメーカーの特徴を紹介しましょう。それぞれのメーカーの特徴をふまえて、自分好みの機種を選んでください。

ラインナップが豊富なヤマハ(YAMAHA)

 

楽器なども手掛けるヤマハ(YAMAHA)のパッシブスピーカーは、豊富なラインナップが特徴です。音楽制作に携わる人が使うようなものから、個人が家庭でカジュアルに楽しむためのものまで、幅広い機種がそろっています。

価格帯も幅広いので、豊富な選択肢の中からこだわりのパッシブスピーカーを選びたいという人にぴったりです。

音割れやノイズが少ないジェイビーエル(JBL)

 

音割れやノイズのない、クリアな音質で音を楽しみたい人には、ジェイビーエル(JBL)のスピーカーがよいでしょう。コンサートホールのスピーカーにも採用されているジェイビーエルの製品は、音量を大きくしても音が割れたりノイズが入っていたりすることが少なく、音への没入感が得られるのがポイントです。

音に集中したい人・音質にこだわりがある人に適したメーカーといえるでしょう。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
YAMAHA(ヤマハ)『NS-B330』
KEF Q Series『Q350 2-wayブックシェルフスピーカー』
JBL『4312MII』
Micca(ミッカ)『COVO-S(0741360331471)』
ハーマンインターナショナル『スピーカー(4429)』
ハーマンインターナショナル『Stage A120』
DENON(デノン)『スピーカーシステム(SC-M41)』
MONITOR AUDIO(モニターオーディオ)『BRONZE 5』
YAMAHA(ヤマハ)『NS-F350(NS-F350)』
商品名 YAMAHA(ヤマハ)『NS-B330』 KEF Q Series『Q350 2-wayブックシェルフスピーカー』 JBL『4312MII』 Micca(ミッカ)『COVO-S(0741360331471)』 ハーマンインターナショナル『スピーカー(4429)』 ハーマンインターナショナル『Stage A120』 DENON(デノン)『スピーカーシステム(SC-M41)』 MONITOR AUDIO(モニターオーディオ)『BRONZE 5』 YAMAHA(ヤマハ)『NS-F350(NS-F350)』
商品情報
特徴 ナチュラルサウンドの定番 英国の人気スピーカーブランド JBLのモニタースピーカーを家庭に コンパクトなので置き場所に困らない プロが愛用するスピーカー ライブに来たような迫力と臨場感 DENONのアンプと併せたいならコレ 低音までパワフルな英国スピーカー どんな音域でも自然な響き
形状 ブックシェルフ型 ブックシェルフ型 ブックシェルフ型 ブックシェルフ ブックシェルフ ブックシェルフ ブックシェルフ トールボーイ型 トールボーイ
周波数特性 再生周波数帯域:55Hz~45kHz(-10dB)~100kHz(-30dB)、クロスオーバー周波数:2.8kHz 再生周波数帯域:63Hz~28kHz(±3dB)、周波数特性:42Hz(-6dB)、クロスオーバー周波数:2.5kHz 周波数特性:55Hz〜50kHz(−6dB)、クロスオーバー周波数 :7kHz、12kHz 90Hz-20kHz 再生周波数帯域(L):38Hz / 再生周波数帯域(H):45000Hz / クロスオーバー周波数:800/7000Hz 60Hz ~ 40kHz 45 Hz~40 kHz 周波数特性:37Hz~30kHz、クロスオーバー周波数:600Hz、2,800Hz 35Hz~45kHz(-10dB)~100kHz(-30dB)
ユニット数 2(13cmコーン型ウーファー、3cmアルミドーム型ツィーター) 2(25mmベンテッド・アルミニウム・ドーム HF、165mmアルミニウム Uni-Q) 3(133mm径ピュアバルブ・ホワイトコーン・ウーファー、19mm径テンパード・ピュアチタン・ドーム・ツィーター ほか) 3 3(25mm Gold dome C-CAM ツィーター×1、140mm C-CAM Bass/Mid ドライバー×1 ほか)
ハイレゾ対応 対応 非対応 対応 非対応
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年2月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年2月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年2月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年2月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年2月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年2月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年2月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年2月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年2月7日時点 での税込価格

おすすめ7選|ブックシェルフ型

それでは、パッシブスピーカーのおすすめ商品をご紹介いたします。まずは、ブックシェルフ型の商品です。ぜひ参考にしてください。

YAMAHA(ヤマハ)『NS-B330』

ナチュラルサウンドの定番

パッシブスピーカーのなかでもお手ごろな価格で信頼できる製品を展開しているのが、日本を代表するスピーカーブランドのひとつであるヤマハ。もとは音楽制作スタジオで使われていたモニタースピーカーがルーツの『NS-B330』は、ハイレゾ対応のロゴを取得していて、ワイドレンジが特徴です。

ヤマハのサウンドは、「ナチュラルサウンド」とも呼ばれる心地よく瑞々しい自然なサウンドが特徴。小型のブックシェルフ型で、自然に聴けてくせの少ないサウンドを求めている方におすすめです。

KEF Q Series『Q350 2-wayブックシェルフスピーカー』

KEFブックシェルフスピーカーサランネット別売Q350Bブラック[2本/2ウェイスピーカー] KEFブックシェルフスピーカーサランネット別売Q350Bブラック[2本/2ウェイスピーカー] KEFブックシェルフスピーカーサランネット別売Q350Bブラック[2本/2ウェイスピーカー] KEFブックシェルフスピーカーサランネット別売Q350Bブラック[2本/2ウェイスピーカー] KEFブックシェルフスピーカーサランネット別売Q350Bブラック[2本/2ウェイスピーカー] KEFブックシェルフスピーカーサランネット別売Q350Bブラック[2本/2ウェイスピーカー] KEFブックシェルフスピーカーサランネット別売Q350Bブラック[2本/2ウェイスピーカー]
出典:Amazon この商品を見るview item

英国の人気スピーカーブランド

BBC(英国放送協会)向けに放送用モニタースピーカーを送りだした老舗として、日本でも人気の英国スピーカーブランドがKEFです。高域用のツィーターと低域用のウーファーを同一軸上に配置する、独自の同軸ユニット「Uni-Qドライバー」を用いたスピーカー設計で知られています。

『Q350』はKEFの主力シリーズでもっともコンパクトな機種ですが、同軸スピーカーユニットらしく、すべての音を淀(よど)みなく正確に定位する再現性は本物です。小型ながら低音も見た目以上に出せる実力派のスピーカー。定位感と低音にこだわりのある方にもおすすめです。

JBL『4312MII』

JBLのモニタースピーカーを家庭に

音楽制作のスタジオに置かれたプロフェッショナル向けのJBLのモニタースピーカーのスタイルを、家庭にそのまま届けるコンパクトモニター。133mm径の大型ウーファーをレイアウトしたサウンドは、JBLらしくヌケがよくエネルギッシュです。そのまま床に設置でき、家庭で使用すれば存在感抜群。自宅にJBLのモニタースピーカーを所有するという満足感から、愛好家にも人気です。

Micca(ミッカ)『COVO-S(0741360331471)』

【世界中でロングセラー】MiccaCOVO-Sコンパクト2ウェイブックシェルフスピーカー本棚サラウンド小型スピーカー 【世界中でロングセラー】MiccaCOVO-Sコンパクト2ウェイブックシェルフスピーカー本棚サラウンド小型スピーカー 【世界中でロングセラー】MiccaCOVO-Sコンパクト2ウェイブックシェルフスピーカー本棚サラウンド小型スピーカー 【世界中でロングセラー】MiccaCOVO-Sコンパクト2ウェイブックシェルフスピーカー本棚サラウンド小型スピーカー 【世界中でロングセラー】MiccaCOVO-Sコンパクト2ウェイブックシェルフスピーカー本棚サラウンド小型スピーカー
出典:Amazon この商品を見るview item

コンパクトなので置き場所に困らない

コンパクトなブックシェルフ型スピーカーです。スピーカーの中ではリーズナブルに手に入れられるので、学生の方でも購入できるのがポイントです。シンプルなデザインなので、どんなお部屋でも置きやすくインテリアとしても違和感がありません。場所も取らないので、置き場所に困ることがないでしょう。比較的手ごろな値段で手に入れたい方や、スペースの確保が難しい方におすすめです。

ハーマンインターナショナル『スピーカー(4429)』

プロが愛用するスピーカー

プロがマスタリングをする際に使うモニタースピーカーです。マスタリングの際に使われるものなので、1つ1つの音がはっきりと聞こえるのが特徴です。高性能にもかかわらず、あまり場所を取らないのもポイントです。インテリアとしてもおしゃれなので、どんなお部屋でも合わせることができます。スタジオで使用したい方や、曲の作成・編集をしたい方におすすめです。

ハーマンインターナショナル『Stage A120』

JBLSTAGEA1202ウェイブックシェルフ型スピーカー背面バスレフウッド/ブラックJBLA120W JBLSTAGEA1202ウェイブックシェルフ型スピーカー背面バスレフウッド/ブラックJBLA120W JBLSTAGEA1202ウェイブックシェルフ型スピーカー背面バスレフウッド/ブラックJBLA120W JBLSTAGEA1202ウェイブックシェルフ型スピーカー背面バスレフウッド/ブラックJBLA120W
出典:Amazon この商品を見るview item

ライブに来たような迫力と臨場感

自宅でまるでライブ会場にいるかのような音源が楽しめるスピーカーです。独自の機能で、迫力と臨場感を感じさせる音色に仕上げてあります。ライブ映像と合わせれば、自宅がライブ会場に早変わり。また、ボディは木製で出来ていて高級感を感じさせます。インテリアにこだわりのある方でも、お部屋に置きやすいデザインでしょう。躍動感のある音楽や、ライブ映像を見るときに使いたい方におすすめです。

DENON(デノン)『スピーカーシステム(SC-M41)』

デノンDenonSC-M412.5cmソフトドームツイーター12cmウーファー高剛性キャビネットバナナプラグ対応大型スクリュー式スピーカー端子ブラックSC-M41BKEM デノンDenonSC-M412.5cmソフトドームツイーター12cmウーファー高剛性キャビネットバナナプラグ対応大型スクリュー式スピーカー端子ブラックSC-M41BKEM デノンDenonSC-M412.5cmソフトドームツイーター12cmウーファー高剛性キャビネットバナナプラグ対応大型スクリュー式スピーカー端子ブラックSC-M41BKEM デノンDenonSC-M412.5cmソフトドームツイーター12cmウーファー高剛性キャビネットバナナプラグ対応大型スクリュー式スピーカー端子ブラックSC-M41BKEM デノンDenonSC-M412.5cmソフトドームツイーター12cmウーファー高剛性キャビネットバナナプラグ対応大型スクリュー式スピーカー端子ブラックSC-M41BKEM デノンDenonSC-M412.5cmソフトドームツイーター12cmウーファー高剛性キャビネットバナナプラグ対応大型スクリュー式スピーカー端子ブラックSC-M41BKEM
出典:Amazon この商品を見るview item

DENONのアンプと併せたいならコレ

デノン製品のアンプと相性がいいスピーカーです。ハイレゾは非対応ですが、繊細で透明感のある音を楽しめるのが特徴です。クリアに音が聞こえるので、楽器の音が際立って聞こえます。比較的リーズナブルに手に入るにもかかわらず、音色には歪みがないのでコスパのいい商品でしょう。デノン製品のアンプを持っている方には特におすすめです。

おすすめ2選|トールボーイ型

続いては、トールボーイ型のパッシブスピーカーです。こちらもぜひ参考にしてください。

MONITOR AUDIO(モニターオーディオ)『BRONZE 5』

低音までパワフルな英国スピーカー

有力スピーカーブランドが多数存在する英国のなかでも、自社ですべてのスピーカーパーツを製造するブランドが、MONITOR AUDIO。『BORONZE 5』は、同社の入門向けシリーズのなかでも中型のトールボーイスピーカーで、金属素材を用いた独自のC-CAM振動板を搭載しています。

サウンドは歯切れがよくダイナミック。日本の住宅ではじゅうぶんすぎるほどにパワフルでボリューム感たっぷりの低音。存在感ある大きめのトールボーイスピーカーを探している方におすすめです。

YAMAHA(ヤマハ)『NS-F350(NS-F350)』

ヤマハフロア型スピーカーハイレゾ音源対応(1台)ブラックNS-F350(B) ヤマハフロア型スピーカーハイレゾ音源対応(1台)ブラックNS-F350(B) ヤマハフロア型スピーカーハイレゾ音源対応(1台)ブラックNS-F350(B) ヤマハフロア型スピーカーハイレゾ音源対応(1台)ブラックNS-F350(B) ヤマハフロア型スピーカーハイレゾ音源対応(1台)ブラックNS-F350(B) ヤマハフロア型スピーカーハイレゾ音源対応(1台)ブラックNS-F350(B)
出典:Amazon この商品を見るview item

どんな音域でも自然な響き

低音から高音まですべての音域を心地よく聴けるスピーカーです。シアターサウンドによって、身体に響くような低音とのびのびした高音を自然に奏でてくれます。ハイレゾに対応しているので、より滑らかな響きを楽しむことができます。スピーカーを置くのに使う面積は、小型のブックシェルフスピーカーほどしか使いません。上質なスピーカーが欲しいけれど、置き場所に困る方におすすめです。

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする パッシブスピーカーの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場でのパッシブスピーカーの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ブックシェルフ型スピーカーランキング
楽天市場:トールボーイ型スピーカーランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

パッシブスピーカーの選び方

それでは、パッシブスピーカーの基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記の6つ。

・サイズ
・ユニット構成
・ワット数
・周波数
・対応端子
・インピーダンス


上記の6つのポイントをおさえることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】サイズをチェック

黒色のスピーカー
Pixabayのロゴ

パッシブスピーカーといっても、その大きさは機種によってさまざまです。パッシブスピーカーを選ぶときは、置く場所の広さに合った大きさのものを選びましょう。

ワンルームなどのコンパクトな部屋であれば、ブックシェルフ型のスピーカーが適しています。デスクに置くのであれば、幅15cm前後のものがぴったりです。

リビングなどの広い場所に設置するのであれば、トールボーイ型やフロア型のパッシブスピーカーを選びましょう。幅の狭いものでも、臨場感のある音が楽しめます。

【2】ユニット構成をチェック

 

スピーカーはドライバーと呼ばれる太鼓のようなユニットを振動させて音を鳴らします。安価なモデルはひとつのユニットですべての帯域をカバーするフルレンジという機構が基本。

上位機種になると高域を再生するツィーターと中低域を担当するウーファーによる2ウェイ、さらに中域をミッドウーファー、低域をウーファーと3つに分けた3ウェイとユニットが増えていきます。

ユニット数の多いスピーカーはいずれも大型のもので、とくにユニット数が多い機種ほど低音の再生能力が高いものが多いようです。

【3】ワット数をチェック

 

スピーカーを使用するときの消費電力は「W(ワット)」で表されます。パッシブスピーカーを選ぶときは、このワット数にも注目しましょう。ワット数が大きなものほど繊細な音までしっかりと表現できます。

屋外で使用するのであれば200W以上のもの、繊細な音の表現まで楽しみたいなら100W前後、カジュアルに音楽や映画を楽しみたいのであれば30~50Wが目安です。

【4】周波数をチェック

 

パッシブスピーカーを選ぶ方は、やはり音質にこだわる方が多いでしょう。スピーカーの定格スペックのなかの「周波数特性」は再生できる低音から高音の音域幅をあらわしていて、数値の幅が大きいほど定格上すぐれています。高域側を40kHz(キロヘルツ)以上までカバーするものは、ハイレゾ音源を再現するための基準を満たしているため、ハイレゾ対応などと呼ばれますね。

スピーカーの鳴らしやすさをあらわす能率や、オーディオ機器とそろえるのが基本のインピーダンスの数値も確認しておきましょう。

【5】対応端子をチェック

木製のアンプ
Pixabayのロゴ

パッシブスピーカーを選ぶときは、再生機器やアンプの対応端子を確認しておきましょう。端子に対応していない機種を選ぶと、せっかく購入したのに使えないということになりかねません。

通常アンプとスピーカーは1本の端子で接続されますが、なかには低音・中音・高音で端子がわかれているものもあります。

パッシブスピーカーでBluetoothに対応しているものはほとんどないので、スピーカーを持ち運んで手軽に映画や音楽を楽しみたいときは、Bluetooth対応のものも多いアクティブスピーカーを選ぶとよいでしょう。

【6】インピーダンスをチェック

マーシャルのスピーカー
Pixabayのロゴ

スピーカーに限らず、電気を流す際は、小さくも大きくも「電気抵抗」が発生します。この電気抵抗を「インピーダンス」と言います。

一般的に「Ω(オーム)」で表記され、このインピーダンス(Ω)が小さいほど、大きい電気が流れます。電気が大きければ故障を引き起こす可能性があるため、アンプよりも大きいインピーダンスのパッシブスピーカーを選ぶようにしましょう。

購入前に気を付けるポイント

スピーカー(ブラウン)
Pixabayのロゴ

選び方の基礎知識としてスペックの解説をしましたが、やはりスピーカーのスペックを見ただけではどんな音色に聴こえるかはわかりません。スピーカーが備えている音色はメーカーや製品ごとに個性があります。お気に入りのスピーカーを選ぶにはそこまで踏み込んで探すべきでしょう。

商品紹介には、私自身のスピーカー試聴経験をもとにしたサウンドの特徴を示しておきました。可能であれば、メーカーのショールームやオーディオ専門店、家電量販店の試聴コーナーなどに足を運び、自分の耳で聴いて、好みに合うスピーカーを探すことを強く推奨します。

さまざまなスピーカーをチェック! 【関連記事】

好みの音質に組み替える楽しみがある

パッシブスピーカーについて、そもそもの接続の基礎知識や失敗しない選び方、そしてタイプ別のおすすめ商品をご紹介しました。

商品を選ぶ際は、パッシブスピーカーとアクティブスピーカーの特徴を抑えた上で、サイズやユニット構成などをチェックしつつ、ワット数、周波数、対応端子、インピーダンスなどもチェックすると、音質も使いやすさもある商品を選べるはずです。

パッシブスピーカーは、アンプから選び、自分の好みの音質に組み替える楽しみがある商品。形状や音質などを確認すれば、理想の空間と音楽を完成させることができるため、ぜひ本記事を参考に、自分にピッタリの商品を見つけてくださいね。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。
※特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。
※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
※商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
※記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。
※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


JBLスピーカーおすすめ15選|種類ごとの特徴をおさえて選ぼう!

JBLスピーカーおすすめ15選|種類ごとの特徴をおさえて選ぼう!

家庭向けからプロフェッショナル向けまで70年以上に渡り数多くの名機、傑作オーディオ機器を開発してきたJBLは、スピーカーの先駆者として、オーディオの歴史を築いてきました。本記事では、JBLスピーカーについて、種類ごとの特徴や選び方をご紹介。記事後半には、通販サイトの口コミや評判、最新人気ランキングやスペック比較表もありますので、ぜひチェックしてみてください。

tag icon Bluetoothスピーカー , パソコン周辺機器 , スピーカー

USBスピーカーおすすめ15選|お手軽な安いものから高音質なものまで

USBスピーカーおすすめ15選|お手軽な安いものから高音質なものまで

アナログ接続と比べてノイズや音質の劣化が少なく、パソコンの音楽再生をよりいい音で聞けるUSBスピーカー。USBケーブル1本で接続できるものも多く、オーディオに不慣れな方でも簡単に接続できます。本記事では、USBスピーカーの選び方とおすすめ商品をご紹介。エレコム、サンワサプライなどのおなじみのサプライメーカーのほか、JBLやヤマハ、クリプトンなどのオーディオメーカーなどの高性能モデルも厳選しています。記事後半には、通販サイトの口コミや評判、最新人気ランキングやスペック比較表もありますので、ぜひチェックしてみてください。

tag icon スピーカー , オーディオ

【2022年】重低音スピーカーおすすめ9選|高音質・持ち運び・デザインで選ぶ

【2022年】重低音スピーカーおすすめ9選|高音質・持ち運び・デザインで選ぶ

映画や音楽、ゲームをより大迫力で臨場感を味わいたい場合に重要なのが、重低音域に特化したスピーカーかどうか。Bluetooth対応の有無なども重要な判断基準です。本記事では、重低音スピーカーの選び方とおすすめ商品をご紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。

tag icon Bluetoothスピーカー , スピーカー , オーディオ

スピーカースタンドおすすめ10選|デザイン性豊かで低音も表現する!

スピーカースタンドおすすめ10選|デザイン性豊かで低音も表現する!

せっかく高価なスピーカーを買ったのに、床やラックの上に無造作に置いたまま……なんてことはありませんか?オーディオシステムのなかでも、スピーカーはユーザーの個性をもっとも反映させることができる部分であり、スピーカースタンドはその一部です。スタンドの選択の良し悪しで、スピーカーは価格以上のクオリティを発揮することがありますし、逆もまた然りです。この記事では、スピーカースタンドの選び方とおすすめ商品を紹介します。デザイン性の高いものや機能的なものまで紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

tag icon スピーカー , AVアクセサリ , オーディオ

シアターバーおすすめ9選|壁掛けタイプや高コスパ商品も紹介

シアターバーおすすめ9選|壁掛けタイプや高コスパ商品も紹介

「シアターバー」は、薄型TVと組み合わせて、映画やゲームで採用されているサラウンド音響を家庭で再現できるアイテム。「サウンドバー」と呼ばれる製品と一部重複しますが、とくにシアターバーは、バーチャルサラウンド技術5.1ch、7.1chのサラウンドや最新の立体音響に対応していて、本格的に映画やゲームのサラウンドの再現を目指した製品を指します。本記事では、シアターバーを選ぶポイントと、映画やゲームのサラウンド再現を重視したおすすめ製品をご紹介。ぜひ参考に、シアターバーを導入して迫力あるサウンドをぜひ楽しんでください。

tag icon サウンドバー , テレビ , スピーカー

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。